2017-10

買いポジション整理

19月19日(木)21:00

大引け

日経平均株価

21450.04(9:00)

21503.85(11:30)

21381.52(13:19)

21448.52(15:00)

前日比△85.47 +0.40%

TOPIX

1730.32(9:00)

1733.77(11:20)

1725.96(13:19)

1730.04(15:00)

前日比△5.40 +0.31%


値上がり銘柄数 813

値下がり銘柄数 1096

新高値銘柄数 100

新安値銘柄数 3 

騰落レシオ25D 121.0

日経平均25D乖離率 +4.17

TOPIX25D乖離率 +2.86


日経平均株価は13日続伸

前日の米国株主要3指数はそろって史上最高値更新
為替が1ドル113円台の円安に振れ、買い先行で始まりました

寄付 21450.04(9:00)△86.99

前場半ば過ぎからじりじりと上げ幅を拡大
21,500円台に乗せて前引けを迎えました

高値 21503.85(11:30)△140.80
前引 21503.85(11:35)△140.80 本日高値 高値更新

後場は上値の重い展開となり売り買いが交錯
前日終値に近付く場面がありました

安値 21381.52(13:19)△18.47

売り一巡後は切り返しに転じ、狭いレンジでのもみ合いになり
取引を終了

大引 21448.52(15:00)△85.47

日経平均株価は13日続伸して引けました

前引けに付けた高値は、ザラ場、大引けベースで
年初来高値更新となりました。



10/22(日)投開票

投開票日直前は、10/20(金)です。
衆議院解散から投開票日までは高いというアノマリーは
見事に当たりましたが、選挙後ではなく投開票日10/20まで
高いということになります。
10/23(月)以降は、用心します。

昨日は少々、本日かなりの買いポジションを利食いました。
安値で買った6077Nフィールドように強い銘柄はこのまま保有しますが
上値が重くなった銘柄、急上昇中の銘柄は、思い切って利食いました。
本日で13連騰ですが、もうこれ以上欲をかかず、私が売った後
買う投資家に利益の一部をおすそ分けするくらいの気持ちで
バッサリと利食いました。

選挙結果を受けて、10/23の相場がどうなるかわかりませんが
自公与党の優勢を株価は織り込んでいます。
米国株がさらに上昇し、円安が進めば上値余地はありますが
人間の欲に負けないようにして、「欲もほどほど」にしました。
「腹八分目に医者いらず」とは名言で、私自身日々食事制限を厳格に
しているため、持病である難病以外は、風邪一つひきません。
株式投資においても「腹八分目」とします。

10/23(月)以降の相場の場味を見たうえで、好業績増額含み銘柄
テーマ株、成長株で調整が進んでいる銘柄をさらに厳選して
買う準備を進めてあります。

今月中に日経平均は22,000円に乗せるかもしれませんが
それなりに利益が上がりましたので、これで良しと考えました。

10/23(月)以降もこのまま上昇するかどうか分からなくなったこともあります。

株式投資において
欲をかきすぎてはいけない
迷ったときは、即刻利食う
分からなくなった時は即刻利食う

最も大切なことは、できる限り損をしないこと
儲けそこないは良いのです。
現金ポジションさえあれば、次のチャンスを生かすことができます。

株式投資は、
買って、売って、休む。 が大切ですが
日銀ETF買いが相場をいびつにして、天底で売買がしにくいため
どうしても、買って、売って、また買って、の繰り返しになりがちです。
一呼吸整える意味でも、買いポジションの整理を思い切って行いました。

株式投資勝利の法則入門編講座臨時配信 22時ごろまでに行います。



次回は、10/20(金)15:30 頃更新いたします。

可能性としては、年内22,000円
日経平均EPS1430円として算出
日経平均22,000円÷EPS1430円=PER15.38倍

すべての銘柄が上昇するわけではありませんので
初心者の投資家は、焦ってむやみに買わないようにご注意ください。

10/22投開票で、いったん材料出尽くしになる可能性があります。

相場格言

利食い千人力

利食いに迷えば半手仕舞い

欲もほどほどに 

腹八分目に医者いらず


日経平均PERのレンジ13.5倍~16.5倍
17.0倍 買われすぎ
16.5倍 高値圏
15.0倍 適正水準
13.5倍 底値圏
13.0倍 売られすぎ

2015年6/24日経平均株価
終値 20868.03円
高値 20952.71円
1ドル124.10円
日経平均PER 16.51倍 高値圏16.5倍
日経平均EPS 1269.09円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

スポンサーサイト

日経平均12連騰売り買い交錯

10月18日(水)15:35

大引け

日経平均株価

21374.66(9:00)

21402.76(14:32)

21317.67(9:36)

21363.05(15:00)

前日比△26.93 +0.13%

TOPIX

1724.81(9:00)

1726.44(9:10)

1720.75(9:36)

1724.64(15:00)

前日比△1.27 +0.07%


日経平均株価は12連騰

前日のNYダウは続伸し、史上最高値更新
ドル円相場は112円台前半で落ち着き
良好な外部環境を背景に続伸して始まりました

寄付 21374.66(9:00)△38.54

寄り付き直後に21,400円台に乗せる場面がありましたが
利益確定売りに押されマイナス圏に転落

安値 21317.67(9:36)▼18.45

やや切り返して前引けを迎えました

前引 21354.56(11:35)△18.44

後場は上値が重く前日終値付近での値動きになりました
大引けにかけて前場高値を試す展開になり

高値 21402.76(14:32)△66.64

日経平均株価は12連騰して引けました

大引 21363.05(15:00)△26.93


前日のNYダウ、S&P500は、史上最高値更新
ナスダック指数は反落、3指数最高値水準での推移が
続いていますが、やや上値が重くなった感があります。
同様に日経平均株価も昨日までの11連騰で高値警戒感と
押し目を拾う動きの売り買い交錯になっており
ここからさらに勢いよく、大きく上昇するとは
言い切れないところです。

間もなく発表になる9月中間期決算発表には期待がある半面
日経平均、主力大型株は、ここからさらに買い上がる動きは
限定的となりそうです。
現在は、中小型株よりも主力大型株優勢になっていますが
決算発表を境に、再び個別株物色になる可能性大と考えます。

直近の相場において、個人投資家が大型株に資金を
シフトさせているようですが、海外投資家や国内機関投資家と
同じ投資行動を行っても不利になります。
下手をすると高値掴みになって「労多くして儲け少なし」
儲けが少ないのはまだよいのですが、「高値掴みの塩漬け」
になりかねません。
初心者の個人投資家は、ここから大型株の高値を買うべきではありません。

1年に1度~2度の「良い銘柄を底値付近のバーゲン価格」で買うのが
理想的で最も堅実な投資手法ですが、日銀ETF買いにより
バーゲン価格のチャンスがほとんどなくなりました。
初心者の個人投資家にとって難しい相場はしばらく続きそうです。

私自身現時点では、欲を抑えて利食い千人力として
買いポジションの縮小を行っています。
むやみに売るといったことではなく、上値が重くなったものや
わからなくなったものや迷いが生じたものは、即刻利食いとしています。

安値付近で買った6077Nフィールドのように相場が強い物は
持続して様子見しています。
投開票日直前は、10/20(金)ですが
衆議院解散から投開票日までは高いというアノマリーは
10/20まで高いということになります。
10/23(月)以降は、やや軟調に推移する可能性があることを
頭の片隅にとどめて、明日明後日の相場に臨みます。
買ってもよい銘柄がありますが、今週はよほどのことがない限り
自粛するつもりです。 



コメントのご返事

日本坩堝
先生いつもご指導をありがとうございます
今年はバーゲンセールがないまま優良株を買えませんでしたが、来年に期待します
さて、日本坩堝を、180円で、単位のみ保有しています。
先生のお陰で、利確出来そうです。
ありがとうございました。

8月の高値では、売れなかったですが、今日は出来高が増えて上がっています。
3月の配当金を取るつもりでしたが、
先生なら、やはり利食い千人力でしょうか?
もう少し様子をみるでしょうか?
知恵を頂きたく宜しくお願いします。

来週は、子供食堂のボランティア参加です
先生のお陰で株式投資の儲けの少しの寄付は、私のライフワークになりました。
ありがとうございました。
先生、地域により、インフルエンザが流行っています。
どうぞ、お身体をご自愛下さい。

コメントありがとうございます。
5355日本ルツボは、引き続き相場がくすぶっています。
チャートを見ると相場は生きています。
8/3高値276円の上ヒゲのしこりは多くなさそうです。
あとはこの銘柄を仕掛けている本尊と提灯がどのくらいつくかです。
現在の相場は、インデックス、主力大型株主導の相場になっているため
このような材料株が仕掛けづらいところです。
材料株の地合いが悪い中、堅調に推移しています。
買いコストが安いためしばらく様子見でよいと考えます。
配当は6円ですので、6円高く売れれば相殺です。
いまだに割高感がなく、トレンドは上方向に向いているため
260円~276円くらいの目標でよいと考えます。
売るときは、板を見て成り行きに限ります。

子供食堂のボランティア頑張ってください。
少子高齢化の日本において、皆で子供を育てることこそ
最大の国益につながります。
未来の日本を支える子供たちこそ国の宝です。
食品廃棄率の高い日本において、満足に食事をとれない貧困層の子供が
7人に1人いること自体、あってはならないことです。
1日3食の普通の食事と学びたい子供には教育の無償化は必須です。
過剰人員の地方議員や国会議員、無駄な海外視察は即刻廃止して
その無駄を将来の日本を支える子供に、普通の食事と学びたい子供への
教育無償化こそ、真の政治と考えます。
ますますのご活躍お祈り申し上げます。



次回は、10/19(木)20:00~21:00頃更新いたします。

可能性としては、年内22,000円
日経平均EPS1430円として算出
日経平均22,000円÷EPS1430円=PER15.38倍

すべての銘柄が上昇するわけではありませんので
初心者の投資家は、焦ってむやみに買わないようにご注意ください。

10/22投開票で、いったん材料出尽くしになる可能性があります。

相場格言

利食い千人力

利食いに迷えば半手仕舞い

欲もほどほどに 

腹八分目に医者いらず


日経平均PERのレンジ13.5倍~16.5倍
17.0倍 買われすぎ
16.5倍 高値圏
15.0倍 適正水準
13.5倍 底値圏
13.0倍 売られすぎ

2015年6/24日経平均株価
終値 20868.03円
高値 20952.71円
1ドル124.10円
日経平均PER 16.51倍 高値圏16.5倍
日経平均EPS 1269.09円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

11連騰 利食い千人力

10月17日(火)20:55

大引け

日経平均株価

21352.17(9:00)

21393.96(9:10)

21230.67(10:58)

21336.12(15:00)

前日比△80.56 +0.38%

TOPIX

1727.09(9:00)

1728.97(9:10)

1717.18(11:00)

1723.37(15:00)

前日比△4.19 +0.24%


値上がり銘柄数 971

値下がり銘柄数 931

新高値銘柄数 140

新安値銘柄数 1

騰落レシオ25D 138.6

日経平均25D乖離率 +4.34

TOPIX25D乖離率 +2.99


日経平均株価は11日続伸

前日の米国株は主要株価3指数そろって最高値更新
好調な外部環境を背景に買い優勢で始まりました

寄付 21352.17(9:00)△96.61

高値 21393.96(9:10)△138.40

寄り付き直後に21,400円に迫る水準まで買われましたが
買い一巡後は利益確定売りに押されマイナス圏に転落
やや切り返して前引けを迎えました

安値 21230.67(10:58)▼24.89

前引 21260.89(11:35)△5.33

後場寄り付きはマイナス圏でのスタートになりましたが
直後切り返しに転じ21,300円台でのもみ合いになりました

大引 21336.12(15:00)△80.56

日経平均株価は11連騰で引けました
TOPIXは、7連騰で引けました

日経平均株価は寄り付き直後に△138.40 まで買われましたが
買い一巡後は、昨日までの10連騰からの反落を警戒し
下げに転じました。
マイナス圏では押し目買いが入り後場寄り付き直後に切り返し
再び株価は、21,300円台での推移に戻りました。

直近の上昇相場は日経平均先物が相場の主導になっていましたが
本日の下げ過程において、現物買いが入り相場は切り返しに転じ
持ち直したそうです。

日経平均は、21年ぶりの高値圏まで買われていますが
TOPIXは、2006年、2007年の高値を超えていません。
2007年2/26高値1816.97 2006年4/7高値1783.72
TOPIX直近高値10/17 1728.97

今後日経平均優勢の相場から、TOPIX優勢の相場に変われば
TOPIXの上値余地が2006年2007年水準までありますが
投開票までは相場が強いというアノマリーも含めて考えますと
10/23(月)以降の相場は買い一巡後の調整ということも考えられます。

連日の海外投資家の買いで日経平均は11連騰、TOPIXは
7連騰ですが、ここで何か需給要因によることや外部環境の悪化が
あるとすると 「高値圏ではしごを外さる」可能性もあることを
忘れてはいけません。

4592サンバイオ
本日前場2124円を付けた後、売り優勢になったため
成り行きで利食いました。

6077Nフィールドは、海外ファンドの買いが断続的に入っている
ようですのでこのまま様子見とします。

相場は高値圏での推移が続いています。
増額修正含みの銘柄で株価が強いものは持続して様子見として
順張りで買ったもので上値が重くなったものは腹8分目で
利食い優先とします。
本日も直近順張りで買った銘柄は、欲もほどほど
利食い千人力としました。



コメントのご返事

工藤先生
いつもブログの更新ありがとうございます。
3091ブロンコビリーを2993円で持っております。
本日、急騰いたしております。3000円で売りを考えておりますが
先生のご見解をいただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。
朝晩と冷えてまいりましたが、どうかお体ご自愛下さい。

コメントありがとうございます。
3091ブロンコビリーは
炭焼きステーキ等を提供する郊外型高価格レストラン
豪州産牛肉を用いた厚切りステーキと自社調理工場で
ミンチして作るハンバーグに特色
魚沼産コシヒカリを独自のかまど炊きでおいしく炊き
充実したサラダバーが人気で、客単価は1480円高水準を
維持しています。
人件費高騰、原材料費高騰、そしてこの業界の競争激化で
10/13減額修正を発表しました。

株価は4月から直近まで株価は低迷していました。
3053ペッパーフード、7581サイゼリアの増額修正からの
株価上昇、串カツ田中の上昇もあり、同社の出遅れ感と割安感が出て
10/16高値2924円△196円まで買われました。
本日10/17も続伸となりましたが出来高が増加しません。

単位百万円 EPSは円
    売上  営業益  経常益 税引益 EPS
単17.12予 20,500 3,080 3,150 2,200 145.97 6/16時点会社側予想値

単17.12予 20,000 2,680 2,750 1,910 126.73 10/13減額修正

2900円以上には戻り売りが待ち構えています。
今回の上昇が、増額修正による上昇ではなく、出遅れ感、割安感による
上昇のため、ここからの上値は重くなりそうです。
しかし本日は、安値2842円からあ切り返して、ほぼ高値引けのため
相場は生きています。
出来高が少ないのが気になるところですが、今週の戻りでいったん手仕舞い
レンジ下限の2500円台より2640円くらいで再投資なさり、3000円に近付いた時に
利食う策が良いと考えます。
レンジ下限 2500円台~2640円買い
レンジ上限 2900円超 利食い

厳しい食事制限ですが、勉強方々実店舗に何度か行っています。
炭火焼ハンバーグとかまど炊きの魚沼コシヒカリとサラダバーは
多くのリピーターがいます。
今後も突っ込みは、買いと判断します。




10/17日経平均EPS1430.99円 PER14.91倍

可能性としては、年内22,000円
日経平均EPS1430円として算出
日経平均22,000円÷EPS1430円=PER15.38倍

すべての銘柄が上昇するわけではありませんので
初心者の投資家は、焦ってむやみに買わないようにご注意ください。

10/22投開票で、いったん材料出尽くしになる可能性があります。

相場格言

利食い千人力

利食いに迷えば半手仕舞い

欲もほどほどに 

腹八分目に医者いらず


次回は、10/18(水)15:30 頃更新いたします。

日経平均PERのレンジ13.5倍~16.5倍
17.0倍 買われすぎ
16.5倍 高値圏
15.0倍 適正水準
13.5倍 底値圏
13.0倍 売られすぎ

2015年6/24日経平均株価
終値 20868.03円
高値 20952.71円
1ドル124.10円
日経平均PER 16.51倍 高値圏16.5倍
日経平均EPS 1269.09円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

利食いに迷えば半手仕舞い

10月15日(月)15:40

大引け

日経平均株価

21221.27(9:00)

21347.07(9:58)

21187.93(9:02)

21255.56(15:00)

前日比△100.38 +0.47%

TOPIX

1713.33(9:00)

1724.20(13:20)

1711.37(9:02)

1718.18(15:00)

前日比△10.56 +0.62%


日経平均株価は10日続伸

先週末の米国主要3指数はそろって上昇し
史上最高値を更新
世論調査で与党優勢の報道もあり
買い優勢で始まりました

寄付 21221.27(9:00)△66.09

安値 21187.93(9:02)△32.75

大型株を中心に買いが優勢
先物に断続的に買いが入り上げ幅を拡大し
200円に迫る上げ幅になりました

高値 21347.07(9:58)△191.89

買い一巡後は、利益確定売りに押され上値が重くなり
前引けを迎えました

前引 21288.12(11:35)△132.94

後場は前引け水準でのもみ合いになりましたが
大引けにかけて上げ幅を縮小しました

大引 21255.56(15:00)△100.38

日経平均株価は10日続伸して引けました


先週末の米国主要3指数はそろって上昇し史上最高値を更新
NYダウ 22871.72ドル△30.71ドル 
NASDAQ 6605.80△14.29 
S&P500 2553.17△2.24  
為替の円安は、ドルの上値が重くなっていますが
米国株史上最高値圏での強い値動き、まもなく発表になる
日本企業9月中間期決算の増収増益見込み、報道される自公与党
優勢の政局安定期待から、海外投資家主導の株高が進行中です。

メインプレーヤー海外投資家売買動向
      東証1部現物
10/2~10/6  △6575億円
9/25~9/29  △2018億円  
9/19~9/22  ▼ 611億円
9/11~9/15  ▼4173億円      
9/4~9/8   ▼2949億円
8/28~9/1  ▼ 614億円
8/21~8/25  ▼1529億円
8/14~8/18  ▼2057万株
8/7~8/10  ▼2747万株  
7/31~8/4  ▼295万株
7/24~7/28  ▼1283万株

海外投資家の売買動向
今回の上昇相場の始まりは、9月中旬の先物の買戻しに始まり
直近まで先物主導の買いが続いていました。
一方9/22まで、9週連続で東証1部現物を売り越していました。
9/25~9/29は、10週ぶりに買い越しに転じ、10/2~10/6 は
さらに大幅買い越しになりました。
先週の売買動向は今週末発表になりますが、間違いなく海外投資家が
日本株を買いあがっています。

今までドル円相場に連動していた日経平均は、為替感応度が
低下しています。
米国10年債利回り10/6 2.37%直近のピーク
先週末米国10年債利回り2.275%まで低下
再び111円台後半まで円高方向に振れています。

過熱感が気になる水準ですが、海外投資家次第といえます。
海外投資家が大きく買い越しに転じると通常は、2カ月くらい
上昇が続きます。
今回の上昇の起点が9月中旬の先物主導の買い(買戻し)とすると
11月中旬くらいまでが期間2カ月になります。
10月下旬から好調な9月中間期決算発表が11月上旬まででそろって
きますが、その内容を織り込むのも11月中旬くらいです。

10/22投開票の衆議院選挙
自公の与党優勢300議席前後
自公の与党優勢300議席超
与党優勢の内容が発表されています。

今後の動向はメインプレーヤー海外投資家次第ですが
10/23(月)以降は、日経平均主導の上昇は一服して、好業績銘柄に
物色が広がるのではないかと考えています。
腹八分目で利食い千人力として、上値が重くなったものは少しずつ
整理を進めて、一定水準の現金ポジションを確保したうえで
次の局面に備えることにします。

「利食いに迷えば半手仕舞い」

10/22の投開票結果を10/23以降の相場がどのように織り込むか
見定めてから次の方針を決めます。

日経平均株価は10連騰
アベノミクス以来最高は、12連騰です。

相場格言

利食い千人力

利食いに迷えば半手仕舞い


10/13(金)記載
10/16(月)~10/20(金)まで日経平均上昇の場合は
順張りで8628松井証券を10/16寄付き買い
10/20(金)までの高いところを利食うのも一策です。
注:順張り投資のためリスクを伴います
  日経平均上昇が止まった場合は下落することになります
8628松井証券10/16寄付894円 終値904円


可能性としては、年内22,000円
日経平均EPS1425円
日経平均22,000円÷EPS1425円=PER15.44倍

すべての銘柄が上昇するわけではありませんので
初心者の投資家は、焦ってむやみに買わないようにご注意ください。


次回は、10/17(火)20:00~21:00 頃更新いたします。

日経平均PERのレンジ13.5倍~16.5倍
17.0倍 買われすぎ
16.5倍 高値圏
15.0倍 適正水準
13.5倍 底値圏
13.0倍 売られすぎ

2015年6/24日経平均株価
終値 20868.03円
高値 20952.71円
1ドル124.10円
日経平均PER 16.51倍 高値圏16.5倍
日経平均EPS 1269.09円

10/12日経平均株価
終値 20954.72円
高値 20994.40円
1ドル112.34円
日経平均PER 14.70倍 適正水準15.0倍
日経平均EPS 1425.49円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

海外投資家の先物買い主導

10月13日(金)15:30

大引け

日経平均株価

20959.66(9:00)

21211.29(13:15)

20933.00(9:30)

21155.18(15:00)

前日比△200.46 +0.96%

TOPIX

1697.93(9:00)

1713.65(13:15)

1695.06(9:29)

1708.62(15:00)

前日比△8.49 +0.50%


週末10/13(金)日経平均株価は大幅高で9日続伸

前日の米国株反落、円相場も強含みとなったことで
様子見となり、前日終値付近で寄り付きました

寄付 20959.66(9:00)△4.94

安値 20933.00(9:30)▼21.72

寄り後小安くなる場面がありましたが、ジリジリと切り返し
心理的な節目である21,000円に乗せ高値圏で前引けを迎えました

前引 21003.50(11:35)△48.78

後場は先物主導で急速に上げ幅を拡大
250円を超える上げ幅まで買われました

高値 21211.29(13:15)△256.57

買い一巡後は高値圏でのもみ合いになり
やや上げ幅を縮小
日経平均株価は大幅高で9日続伸して引けました

大引 21155.18(15:00)△200.46


前場に1996年12月6日以来約20年10カ月ぶりに
節目である2万1000円台を回復し、後場はさらに上げ幅を拡大しました。

日経平均寄与度上位銘柄
ファストリ +74.24円
東京エレクトロン +11.13円
ファナック +10.02円

ソフトバンクGなどの個人投資家好みのコア銘柄に
資金が向かっています。
インデックス、日経平均寄与度上位銘柄優勢のため
中小型株への資金需要が乏しくなっています。
中小型株、新興銘柄でも、明らかに海外ファンドが拾っていると
思われる銘柄は、高値圏に位置していても新高値を切り上げています。

6077Nフィールド 10/13終値1935円△92円 高値引け
10/3高値1889円形成後、10/6安値1710円まで押しが入りましたが
10/11、10/12、10/13 3連続陽線で新高値をとってきました。
心理的節目2000円を超えると前回高値が射程圏に入ってきます。
2016年5/10高値2050円
2015年6/15高値2109円
大陰線が入るまで持続方針。

4592サンバイオ 10/13終値2084円△174円 高値2088円
完全な上昇トレンドに入りました。
前回高値が射程圏に入ってきました。
2016年6/10高値2119円
2015年5/13高値2117円
大陰線が入るまで持続方針。

これだけの上昇にもかかわらず、証券株が思うように上がりません。

8601大和証券G本社 10/13終値657.5円△11.5円
前回高値2016年12/12高値785円
直近安値9/8安値593.7円

8604野村HD 10/13終値648.5円△4.9円
前回高値2016年12/12高値784円
直近安値9/8安値567.7円

8628松井証券 10/13終値891円△10円
前回高値2016年12/21高値1040円
直近安値9/8安値820円

10/16(月)~10/20(金)まで日経平均上昇の場合は
順張りで8628松井証券を10/16寄付き買い
10/20(金)までの高いところを利食うのも一策です。
注:順張り投資のためリスクを伴います
  日経平均上昇が止まった場合は下落することになります

数年前までは、証券株だけで飯が食えるといっても
過言ではありませんでした。
日銀ETF買いで相場がいびつになり、株価形成に変化が出てきたことと
証券会社の収益が低下していることが原因と考えますが、現在の上昇相場が
先物主導の上昇ということも証券各社の上昇幅を限定的にしているのでしょう。

同様にメガバンクも上値が重くなっています。
金利上昇が限定的になっているため、思うように上がりません。

先物主導の日経平均上昇のため、個人投資家が保有している銘柄の大半が
相場についていきません。
思うような投資成果が出ていないこのような時に、焦ってむやみに
買いに出てはいけません。
海外短期筋と同じ行動をしても、彼らの餌食になるだけです。

投開票日直前10/20(金)くらいまで相場は堅調に推移しそうですが
投開票直後の10/23(月)以降の相場は不透明。
強いものは、トレンドが続く限り保有し続け、他の銘柄は
利食い千人力 利益確定売り優先に、一定の現金ポジションを高めて
年末相場に臨む方針です。

可能性としては、年内22,000円
日経平均EPS1425円
日経平均22,000円÷EPS1425円=PER15.44倍

今回の上昇相場は先物主導のため、日経平均上昇に
各銘柄の上昇がついていけません。
ここからの銘柄選択はさらに難しくなりますので
初心者の投資家は、焦ってむやみに買わないようにご注意ください。


次回は、10/16(月)15:30 頃更新いたします。

日経平均PERのレンジ13.5倍~16.5倍
17.0倍 買われすぎ
16.5倍 高値圏
15.0倍 適正水準
13.5倍 底値圏
13.0倍 売られすぎ

2015年6/24日経平均株価
終値 20868.03円
高値 20952.71円
1ドル124.10円
日経平均PER 16.51倍 高値圏16.5倍
日経平均EPS 1269.09円

10/12日経平均株価
終値 20954.72円
高値 20994.40円
1ドル112.34円
日経平均PER 14.70倍 適正水準15.0倍
日経平均EPS 1425.49円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1230)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR