FC2ブログ

2013-03

続外国人投資家動向

3月31日14:20


3月29日(金)大引け

日経平均株価

12405.53(9:00)

12425.96(14:28)

12319.75(9:44)

12397.91(15:28)

前日比 △61.95 +0.5%


TOPIX

1039.69(9:00)

1040.16(9:01)

1028.66(12:38)

1034.71(15:00)

前日比 ▼2.07 -0.2%



値上がり銘柄数 443

値下がり銘柄数 1179


新高値銘柄数 116

新安値銘柄数 7


騰落レシオ25D 118.2


日経平均25D乖離率 2.58


週末の日経平均株価は反発。

TOPIXは小反落しました。

キプロス、イタリアの蒸し返し材料がはやされました。

一部の外国人投資家が売り越してきました。(下記参照)

3月25日~3月29日のデーターがまだ分かりませんが

大きく買い越した形跡は全くありません。



以下は3月28日の記事です。

先物に売り仕掛け的な手口が出ました。

外国人投資家が売り越しました。


3月18日~3月22日

株式売買状況 海外投資家 

東証1部 全55社ベース

▼103,253,752,000円


3市場、1部、2部総合証券会社ベース

概算▼919億円

以上が3月28日の記事です。




直近の外国人投資家が売り越している銘柄

4502武田薬品 

7267ホンダ

7751キャノン

8802三菱地所

8316三井住友FG

8306三菱UFJFG

8411みずほFG

8766東京海上

8801三井不動産

8830住友不動産

8001伊藤忠商事

8002丸紅

8058三菱商事

6326クボタ

5401新日鉄住金




「株式投資勝利の法則」試作中の売りサインの検証

数年前から短期売りサインの研究をやっています。

現在も「試作中」ですが一部公開します。

もう少し精度を上げて「株式投資勝利の法則入門編」の

教材に使おうと思っています。


5401新日鉄住金 3/26大引け239円 翌日寄付き242円で空売り

8058三菱商事 3/22大引け1840円 翌日寄付き1855円で空売り

8766東京海上 3/29大引け2650円 4月1日寄り付き空売り

4502武田薬品 3/29「下落注意サイン」空売りではなく保有株売却サイン




8001伊藤忠商事(ブログで書いた記憶があります)

「個別銘柄指数表」で検証

2012/11/19 800円 追撃買い

2013/3/29 1131円 保有株売却サイン

空売りサインは出ていません。


2768双日(ブログで書いた記憶があります)

「個別銘柄指数表」で検証

2012/11/20 102円 追撃買いサイン

2013/3/29 145円 保有株売却サイン



以下はアベノミクス相場の前に書いた記事です。

11月8日参考銘柄記事

参考銘柄 6503三菱電機 576円

ここから日経平均が大きく下がった日に

つれ安したら、買い。

時価買いでも可。

560円台で買えれば儲けものです。




11月6日参考銘柄記事

8411みずほFG 124円

定期預金を解約して、みずほFGを買えが

年率10%はいくでしょう。

誰も騒いでいない今がチャンスです。

成り行きではなく122円で差し値をして

買えたら儲けものです。

追いかけてはいけません。

チャンスはこれからもたくさんやってきます。

お金は、大切にする人によってきます。

株式投資は良い銘柄を、安く買う人に

富をもたらします。





11月4日参考銘柄記事


参考銘柄4社(株価は11月2日終値)


①1605国際帝石 4400円 押し目待ち430000近辺

②5802住友電工 841円 押し目待ち820円近辺

③6501日立 427円 420円以下

④7752リコー 656円 640円台

リコー以外は底値圏です。


以上はアベノミクス相場の前に書いた記事です。





6503三菱電機 

2012/11/19 追撃買いサイン623円 翌日寄付き627円

2013/3/22 794円保有株売却サイン 翌日寄付き777円


現在13:30

ブログを書くために久々にチャートを見ました。

今までに上がっていた主力銘柄が少しまずいことになっています。



私は普段はあまりチャートは見ませんが、本日厳密に主力銘柄の

「個別銘柄指数表」で検証したところ、かなりの銘柄に「保有株売却サイン」が出ていました。


外国人投資家がかなり、益出ししている証拠です、

4月4日予定の日銀黒田新総裁の発言に注目は当たり前ですが

その前に外国人投資家が、主要銘柄を利食っていることは間違いありません。

当ブログでは、以前から現金ポジションを高めるようにおすすめしていました。

日経平均株価よりも個別銘柄が崩れだしています。

相場の節目に入っています。

何事もメインプレーヤーの外国人投資家次第です。

少し調整が必要な時期です。

4月は天王山です。



コメント
初めまして。いつも参考にさせて頂いています。
おかげさまで今週は自重して押し目買いをせずに済みました。
普段の私なら、今週前半に押し目買いに向かってストレス玉にしていた気がします。
ありがとうございます。

ところで今月の中頃に取り上げられたハザマが結構押してきましたが、
どんな感じでしょうか?相場が微妙なので少しだけ拾って様子を見てみるつもりです。
| 2013-03-29 22:52 | めい


コメントありがとうございます。

少し様相が変わりつつあります。

数日は様子見が良いでしょう。

取り越し苦労で、儲けそこないなら良いのですが

外国人投資家が、日経平均を意図的に押し上げ

個別の主力銘柄を売っています。





はじめまして。

何か久々に波長が合うblogに感じコメントさせて頂いてます。

2008年 9月より本格相場参戦し、
2008年10/27よりどっぷり相場に足を踏み入れ今に到る素人兼業投資家です。

過去、
最多に出動したのが,10/28日経6900円の時なのですが、
当時は証券マンにまで制止されていました。

歴史的暴落に成ると、実損が無い証券マンでも平常を維持できなくなるのですね! (笑)

追伸/

批難され続けながら超長期逆張りを継続しましたが、
世界1安く買う事に主幹を置き戦ってきた事は、
今のところ成功しています。

ただし、
含みは含み~

未だ勝ってはいません‥(^^ゞ

また昨今は
高過ぎて遣ることが無いので、
士気の維持を図るため、数万円優待で短期勝負していますが、
大抵,数百円~数千円負けています⇒戒め効果には成ってます。

| 2013-03-30 10:09 | 相模の介


コメントありがとうございます。

おっしゃる通り、株式投資で勝つための唯一の方法は

良い銘柄を1年に1度のバーゲン価格で買うことと

トレンドに逆らわないことだと思います。

「利食い千人力」のお忘れなく。

ご健闘お祈り申し上げます。




はじめまして

外国人投資家が直近に売り越している銘柄
外国人が直近に買い越している銘柄
日経225寄与度の高い銘柄は本日も外国人投資家の買いが入っています

こういう情報はどこから得られるものなのでしょうか。
大量保有報告ですか?

| 2013-03-30 13:29


コメントありがとうございます。

情報ソースは明かせませんが、昔から機関投資家、投資顧問、証券会社幹部の方から

相談を持ちかけられることが多々あります。

昭和49年高校1年からこの世界で相場を張っていますので、最低限の情報網はあります。

ですが昔のような情報ではなく、私自身が開発した「指数表」「株式投資勝利の法則」

私独自のチャート(25D 26)が投資の武器です。

情報がなくても外国人投資家を相手に勝ち残ることはできると確信しています。

1年に1度の大底で買い、数か月後の皆が騒ぎ出したころを「保有株売却サイン」で

売るだけです。

あとは何もしないことが大事です。

1年は12か月

最大の目標は、2勝0敗10休です。

相場に100%は存在しませんので、常に謙虚に

ほどほどの利益を確保したら、あとは次に買った人へ譲る気持ちで

投資に臨んでいます。




本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日の大引け前に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」


外国人動向

3月29日13:00

前引け段階

日系平均株価

12405.53(9:00)

12408.98(9:01)

12319.75(9:44)

12881.44(11:36)

前日比 ▼4.52


TOPIX(前引け)

1030.56 ▼6.22


外国人投資家の売り越しが相場の勢いを失速させたようです。

まだ1週間ですので、このまま売り越しが続くかどうかは微妙なところです。


昨日も書きましたが

3月18日~3月22日

株式売買状況 海外投資家 

東証1部 全55社ベース

▼103,253,752,000円


3市場、1部、2部総合証券会社ベース

概算▼919億円


8316三井住友FG ▼25(前引け)

8411みずほFG ▼2(前引け)

完全に25D移動平均 マイナス乖離になっていますが

本日反発しなければ調整局面に入りそうです。


以前にもコメントしましたが

私の「指数表」は昨年11月16日に追撃買いサインが出て

インデックスは、昨日現在で86日間上昇トレンドを続けています。

しかし、今迄先行して上昇してきたコア銘柄

メガバンク3行、大手証券2社、中でも三井住友FG、みずほFGが

調整局面に入りつつあります。


外国人投資家の売りがその要因です。

このまま売り越しが続くのか?

再び買い越してくるのかはもうしばらく見なければわかりませんが

リスクが高まっていることは確かです。

今迄のように安心して押し目を買うことには懐疑的になっています。




外国人投資家が直近に売り越している銘柄


三菱商事

電通

JXHD

みずほFG

第一生命

コマツ

東京海上

中外製薬

新生銀行

大東建託

いすゞ自動車

日野自動車

三井住友FG

NTTドコモ

NTT



外国人が直近に買い越している銘柄


ソフトバンク

三越伊勢丹HD

小野薬品

大日本住友製薬

クボタ

三井住友トラスト

日清食品HD

東急電鉄

村田製作所

横浜銀行

静岡銀行

千葉銀行

東レ




昨日現在の日経平均25D乖離率は、2.44

インデックス以上に主要銘柄の動きがさえません。


「指標銘柄」

9984ソフトバンク 4335円 △15(前引け)

9983ファーストリテイリング 30350円 △420(前引け)

日経225寄与度の高い銘柄は本日も外国人投資家の買いが入っています。


来週の日銀金融政策会合で、黒田総裁がありきたりの発言をすれば、

一気に調整局面に入りかねないですが、黒田総裁は市場の動きに精通していますので

超積極発言が出るかもしれません。

4/3 4/4までは動きづらい局面になりそうです。

ヘッジファンドが売り仕掛けをしてくることも考慮しなければいけません。

株式初心者の方は手出し無用です。




コメント
いつも拝見しております。
今日の分析から、潮目が変わったと感じるのですが、
いかがでしょうか?

指標銘柄に変調はありますでしょうか?
| 2013-03-29 00:21 |


コメントありがとうございます。

潮目が変わったというよりも、外国人投資家がここからの高値を

今迄のようにすんなりと大幅買い越しするかどうか? です。

外国人投資家は慈善事業ではありません。

儲けるために投資しています。

昨年11月から始まったアベノミクス相場の押し目無き上昇は4か月半を経過しました。

仮に15000円を目指すとしても、日柄調整、値幅調整、が必要です。

どんに強い相場でも、4か月~6か月で日柄、値幅調整に入りその後第2ラウンドが始まります。

私の「指数表」では昨日でインデックス上昇トレンドが立会日数86日間維持しています。

以前にもコメントしましたが、4月の中旬ごろまでには全体相場が調整に入ることを

覚悟しなければならないでしょう。

その前に4/3 4/4が一つの山場です。



今日も少しでも参考になった方は、お手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、3月31日(日)18時までに更新します。

外国人投資家売り越し

3月28日20:40


日経平均株価(大引け)

12457.13(9:00)

12462.86(9:05)

12286.37(12:30)

12335.96(15:28)

前日比 ▼157.83円 ー1.3%



TOPIX

1044.59(9:00)

1045.18(9:00)

1029.39(12:30)

1036.78(15:00)

前日比 ▼9.69 -0.9%


値上がり銘柄数 538

値下がり銘柄数 1099

新高値銘柄数 166

新安値銘柄数 7

騰落レシオ25D 119.9

25D乖離率 2.44


イタリアの債務不安を蒸し返し、円高、ユーロ安が進み

売りが先行して大幅反落しました。


先物に売り仕掛け的な手口が出ました。

外国人投資家が売り越しました。


3月18日~3月22日

株式売買状況 海外投資家 

東証1部 全55社ベース

▼103,253,752,000円


3市場、1部、2部総合証券会社ベース

概算▼919億円




「指標銘柄」

8306三菱UFJFG 564 565 549 564 0 

8316三井住友FG 3850 3855 3755 3840 ▼40

8411みずほFG 205 205 199 201 ▼5

8601大和証券 671 672 650 662 ▼10

8604野村HD 591 591 575 580 ▼9


25D乖離率

8306三菱UFJFG +3.15

8316三井住友FG ー0.96 

8411みずほFG -2.82 

8601大和証券 +5.82

8604野村HD +2.63


三井住友FG 日足連続陰線12本

明日、本日安値3755円を割らなければ切り返す可能性大。

3700円を割ると厳しい展開。


みずほFG 日足連続陰線6本

下値抵抗ラインぎりぎりまで下落。

189円を割ると厳しい展開。




日経平均寄与度+

ソフトバンク +6.61

KDDI +1.50

セブン&アイ +1.20

キッコーマン +0.68

キリンHD +0.68



日経平均寄与度ー

ファナック -14.02

京セラ -10.42

ファーストリテイリング -8.81

ホンダ -4.81

キャノン -4.51




3月18日~3月22日

株式売買状況 海外投資家 

東証1部 全55社ベース

▼103,253,752,000円

外国人投資家が売り越したことがわかりました。

3月25日以降も大きく買い越した形跡はありません。





以下は3月26日の記事です。

新高値銘柄数が減少しています。

現在のモミ合いは、外国人投資家が3月第1週に

週間ベース史上最高の1兆173億円買い越したことに

原因があります。


投資主体はロングポジションの外国人投資家の買い物が多かったのですが

彼らが買った後、すぐに配当利回りより株価が上がったことです。

厳密に説明しますが、3/4 3/5 3/6 3/7 3/8の5日間で

1兆173億円買い越しました。

3/4 11695.45 11767.68 11613.59 11652.29 △45.91 V31.19

3/5 11732.57 11779.42 11666.38 11683.45 △31.16 V30.79

3/6 11811.06 11933.82 11803.09 11932.27 △248.82 V29.91 

3/7 12037.25 12069.60 11946.01 11968.08 △35.81 V31.90 

3/8 12066.50 12283.62 12065.09 12283.62 △315.54 V48.36

上記の期間に1兆173億円買ったので、ロングポジションと言っても

短期間で日経平均が12650.26円(3/21 H)まで上がったのですから

利益確定売りを出すのは当然です。

現物はほとんど売っていないようで、先物を断続的に売っています。

そのようなわけで、3月11日から立会日数11日間高値圏でもみ合っています。

次のステップはこの利益確定売りが落ち着いてからになります。



投資のヒント

新高値銘柄数

2013年

3/21 471

3/11 496

3/4 393


2012年

4/2 208


2011年

2/15 133

1/12 137


2010年

4/26 380

4/12 392

4/5 394


以上が3月26日の記事です



本日は売り仕掛け的な先物売りが出ました。

イタリア、キプロスの蒸し返し材料に市場が敏感に反応しています。

メガバンク2行が売られているのが気になりますが、下値抵抗ラインを

割り込んだわけではないので数日間様子を見なければわかりません。

外国人投資家が三井住友、みずほを売って、地銀株を買っています。

静岡銀行、ふくおかFG、横浜銀行、千葉銀行です。


ユーロ安も今日に始まったわけではなく、蒸し返しです。

上記3月26日記事に書いたように、

3月1週の史上最大規模1兆円(週間)大幅買い越し後の

断続的な先物売りの最終局面ならば切り返すでしょうが

調整局面に入るかは

「指標銘柄」

9983ファーストリテイリング(13日間高値圏でモミ合い中)の

値動きで判明するはずです。

3月1週に外国人投資家が買ったコア銘柄だからです。

3/13 L 29290円を大きく割り込むかどうか監視をしています。



以前からお伝えしておりますが、高値圏はあまりもうかりません。

そしてリスクも増大しています。

今後日経平均が15000円を目指すとしても

どこかで調整することも考慮して現金ポジションを高めるのが最善策と思われます。

空売りは、相場が完全に崩れた時に行うもので

現在はその時期ではありません。


回転の速いヘッジファンドが一時的に売り仕掛けをかけていることも予想されます。


株式投資はバーゲン価格の大底で、一流銘柄を買った投資家が

いつの時代も1%の勝ち組投資家なのです。

少なくても1%の勝ち組投資家は、現在のような高値波乱時に

市場には参加していません。


ここから切り返すとしても、リスクが増大していることをお忘れなく。

「休むも相場」とはよく言ったものです。



今日も少しでも参考になった方は、お手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

明日は大引け前に更新します。

株式初心者の方はご用心

3月27日13:10



ブログを書き始めたのが昨年の9月です。

早いもので6か月経過しました。

読者の皆様からたくさんの応援メッセージも頂きました。


直近では連日1000人以上の方がブログを読んで下さり

「感謝」「感謝」です。

これからも体調管理に十分注意をして、連日更新して

皆様に少しでもお役にたてるブログにしてまいります。



ブログを書き始めた昨年の9月から11月ごろは

日本株が世界一叩き売られていて、

昨年11月の衆議院解散後のアベノミクス相場がここまで日本株を

上昇させるとは誰にも予測できなかったことです。

昨年は、有名株式情報誌まで廃刊に追い込まれ、外国人投資家による

連日の空売りが続き、日本市場は誰もが疑心暗鬼でした。



「谷深ければ山高し」

久々の大相場になりました。

おそらくこの上昇波動が、日本市場の最後の光になるでしょうが。





私は両親の影響で、物心つく前から母親におんぶされて

証券会社に行っていました。

小学校6年の時(昭和45年)には、「会社四季報」を読むようになり

中学1年の夏休みから学校が休みの時には父親の受け渡しに

証券会社に1人で行くようになりました。


中学時代から大学卒業までほとんど学校の勉強はせず

「株式投資」の勉強だけやりました。

高校1年の11月(昭和49年 1974年)

父親からようやくお許しが出て、200万円借りて株式投資を

始めました。


始めた時期がタイミングよく、オイルショックの大暴落直後でしたので

面白いように儲かりました。


最初に買った銘柄は、山下汽船 川崎汽船 小西六(コニカミノルタ)

甜菜糖 不二家 日産化学です。


高校時代には運用資金が1000万円を超え、大志を抱くようになりました。

大学時代には信用取引をはじめ、大学へはあまり行かずに証券会社に

出社していました。

当時の証券会社店頭では私のような学生はどこにもいなかったので

他の顧客に可愛がられました。

立会時間中に来店する方々は、普通のサラリーマンではなく

会社の経営者、役員がほとんどでした。

19歳の時に出会ったのが、当時名の知れた相場師のS氏でした。

S氏は証券会社で一番の大口客で、当時の数十億円単位の資金を

仕手株中心に売買していました。

年齢は私より11歳年上で当時30歳でした。

S氏にはものすごい情報網があり、自らも「仕手筋の中心人物」でした。


S氏は「場立ち」(当時はシステム商いではなく場立ちによる手サインの相対取引でした)を

使って、情報収集をしていました。

S氏担当の証券会社A次長は「場立ち」出身で証券取引所の「場立ち」から一目置かれていました。

「場立ち」は顧客からの売買伝票を見て商いを成立させるのが仕事です。

他の仕手筋の機関店を掌握していましたので、数人の「場立ち」に諜報活動をさせていました。

それと各銘柄主要証券会社別の「手口」(証券会社ごとの売買状況)で確かめると

「仕手筋」の動きがほぼわかりました。

「仕手筋」がアンダーで種玉を仕込み始めると、「場電」(証券取引所直通の電話)を通じて

A次長に情報が入りました。

証券会社1番の大口客のS氏にその情報が入り、S氏はその場で私に教えてくれました。


愚かな私は、それがきっかけで「仕手株専門」の投資家になってしまいました。

その頃の私は20台で数十億位は稼げると信じていました。

19歳の時に投資顧問業を始めようと準備しましたが、父親の反対で

断念したこともあります。


そんな時期も長くは続きませんでした。



大学4年の時の「K氏」銘柄の崩壊です。

「K氏」に東京地検特捜部が入り、当時の仕手系株すべてが

大暴落しました。

大学4年の時に、当時の金額5000万円やられました。

「S氏」は、30億円以上やられこの世界から姿を消しました。

今から33~34年前の話です。


愚かな私はその後もこの世界に戻り、再び「仕手株」専門の投資家として

稼ぎました。


昔から仕手株で最後まで財を成した人はいない。

仕手株で大儲けするとその10倍やられる。

などと言われますが、全くその通りです。

私は30台で10億近くの損出をしました。


当時の私の近辺では

数百億円規模でやられた方2名。

数十億円規模でやられた方10名以上いました。

私以外は「株式投資」の世界から消えました。




そこで初めて自分自身に自問自答しました。

株式投資は1年に1度の誰もが恐怖でおびえている大底で買って

数か月後の皆が熱くなって買いだしたときにすべて売却するのが

投資の基本ではないか?


その後「株式投資勝利の法則」ができました。


良い銘柄をバーゲン価格で買う。

それ以外は買い出動しない。

天井から崩れたことを確認して「空売り}する。

1年は12か月

2勝0敗10休

1勝0敗11休

そんな投資スタイルになりました。


今日は最近ブログを読み始めた方への

私からの自己紹介を書きました。




昨日のコメントのご返事の続きです。


三井住友FG
金融株を勧めておられますが、三井住友FGは伸びが悪いように感じます。
過去かなりの増資での含み損を抱えたプレイヤーが順次利確しているためかとも懸念しております。
果たしてこの重しを跳ね返すだけのエネルギーはあるでしょうか? 
是非お考えを頂戴したく思います。 
宜しくお願い致します。 
| 2013-03-26 01:39 | なな


昨日のコメントが中途半端で申し訳ありませんでした。

ズバリお答えします。

私の「指標銘柄」

8306三菱UFJFG

8411みずほFG

8316三井住友FG

8601大和証券

8604野村HD

この5銘柄はどんな相場の時も必ず見ます。

日経平均、TOPIX、業界を代表する銘柄「指標銘柄」と

「指数表」とチャートだけですべてを判断します。

私は本日自己紹介の記事で書きましたが、

大暴落の大底買い専門の投資家に生まれ変わり今日に至っております。

底値付近以外は買いませんが、ブログ読者の方は順張り投資家の方が

多いので、時々参考銘柄を掲載しています。

過去のブログをご覧下さい。




以下は10月31日の記事です。


そこは大きなチャンスとして、

8058三菱商事

8001伊藤忠商事

8002丸紅

を買えば、6か月以内に20%以上の利確を狙えるでしょう。

8001伊藤忠商事

8002丸紅

は、日経平均株価、TOPIXをコピーしたような株価動向になっており、

チャートを比較することで、指数の動きも読みやすくなります。

仮にここから再び9000円に乗せても、

よほど腕に覚えのある投資家以外は、

順張りは危険です。

相場とは不思議な世界で、高くなると買いたくなり、

安くなると投げたくなります。

いつの時代も、1年に1度の暴落で買う投資家が

1%の勝ち組投資家なのです。


以上が10月31日の記事です。





以下が11月6日の記事です。


8411みずほFG 124円

定期預金を解約して、みずほFGを買えば

年率10%はいくでしょう。

誰も騒いでいない今がチャンスです。

成り行きではなく122円で差し値をして

買えたら儲けものです。

追いかけてはいけません。

チャンスはこれからもたくさんやってきます。

お金は、大切にする人によってきます。

株式投資は良い銘柄を、安く買う人に

富をもたらします。

99%の負け組と、1%の勝ち組


以上が11月6日の記事です。




以下は11月11日の記事です。


6339新東工業 523円 2007年7月高値1844円

6963ローム 2289円 1999年12月高値44000円

4100戸田工業 226円 2011年1月高値947円

1834大和小田急建設 149円 2010年1月高値330円

5482愛知製鋼 278円 2006年2月高値1320円

9076セイノーHD444円 2006年9月高値1428円

4901富士フィルム1273円 2007年11月高値5710円

6947図研486円 2006年2月高値1528円

4078大1堺化学工業205円 2007年7月高値998円

4968荒川化学工業597円 2007年2月高値1558円

3105日清紡HD496円 2007年6月高値1805円

6490日本ピラー工業480円 2006年9月高値1557円

5191東海ゴム708円 2007年9月高値2455円

8140リョーサン1337円 2006年1月高値 3560円

6584三桜工業453円 2007年6月高値 1149円

2602日清オイリオ288円 2006年3月高値944円


以上が11月11日の記事です。

その他アベノミクス相場前のブログをご参照ください。



本日はコメントが大変長くなりましたが

高値付近で買う場合は、買う前に必ずロスカット値を決めることが鉄則です。

順張り投資は、どんなに強い相場でも高値近辺を買うリスクが付きまといます。

株式投資は儲けることが重要ですが、損を最小限に抑えることも重要です。


初心者の方は極力高値での投資をやめて、1年に1度のバーゲン価格で

買うことをお勧めします。

8316三井住友FG本日12:49 3880円 ▼20

3月12日高値4255円から本日で立会日数11日間調整中。

下値抵抗の25D平均線まで下がりました。

投資家のほとんどが、買値を割ると不安になってきます。

皆不安で売りたくなるのが投資家心理です。

逆の考え方をすると、不安になり投げると上昇したりします。

この大相場でこの押し目は上昇途中の調整と考えられます。

昨日も書きましたが、3700円を割ると弱いです。

メガバンクの相場はこの程度では終わらないと私は考えています。

しかし、株式投資には100%はありません。

高値で買えばリスクは増大します。

次はもっとバーゲン価格でお買いになったらいかがですか?

説教じみた回答で申し訳ありませんでした。

外国人投資家も個人投資家もハンデなしで戦う株式市場です。

底値買いこそ外国人投資家を相手に勝ち抜く投資手法だと思います。




本日は3月期決算配当権利落ちでした。

13時現在、日経平均、TOPIXともにプラス圏です。

強い相場です。

目先の上げ下げに振り回されては勝てません。

順張り投資家の皆さんは「ロスカットルール」守るようにしてください。

回転が速い分リスクも増大します。

時にはポジションをゼロにすることも大切です。


今日も少しでも参考になった方は、お手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

明日は20時~21時に更新します。

新高値銘柄数

3月26日20:50


日経平均株価(大引け)

12461.79(9:00)

12540.12(10:19)

12456.04(13:55)

12471.62(15:26)

前日比 ▼74.84 -0.6%


TOPIX(大引け)

1041.50(9:00)

1048.53(14:34)

1041.37(9:00)

1044.42(15:00)

前日比 ▼2.87 -0.3%


値上がり銘柄数 774 ▼153

値下がり銘柄数 831 △189

新高値銘柄数 129 ▼66

新安値銘柄数 0 

騰落レシオ25D 133.5 ▼10.4

25D乖離率 4.26



本日は3月期決算銘柄権利付き最終売買日で

下値では、権利取り狙いの買いが入りましたが

後場には、先物に売りが出て12500円割れで引けました。

3月11日から立会日数11日間高値圏でもみ合っています。

キプロス問題もひとまずは落ち着きましたが

新高値銘柄数が減少しています。


現在のモミ合いは、外国人投資家が3月第1週に

週間ベース史上最高の1兆173億円買い越したことに

原因があります。


投資主体はロングポジションの外国人投資家の買い物が多かったのですが

彼らが買った後、すぐに配当利回りより株価が上がったことです。

厳密に説明しますが、3/4 3/5 3/6 3/7 3/8の5日間で

1兆173億円買い越しました。

3/4 11695.45 11767.68 11613.59 11652.29 △45.91 V31.19

3/5 11732.57 11779.42 11666.38 11683.45 △31.16 V30.79

3/6 11811.06 11933.82 11803.09 11932.27 △248.82 V29.91 

3/7 12037.25 12069.60 11946.01 11968.08 △35.81 V31.90 

3/8 12066.50 12283.62 12065.09 12283.62 △315.54 V48.36

上記の期間に1兆173億円買ったので、ロングポジションと言っても

短期間で日経平均が12650.26円(3/21 H)まで上がったのですから

利益確定売りを出すのは当然です。

現物はほとんど売っていないようで、先物を断続的に売っています。

そのようなわけで、3月11日から立会日数11日間高値圏でもみ合っています。

次のステップはこの利益確定売りが落ち着いてからになります。



投資のヒント

新高値銘柄数

2013年

3/21 471

3/11 496

3/4 393


2012年

4/2 208


2011年

2/15 133

1/12 137


2010年

4/26 380

4/12 392

4/5 394



「株式投資勝利の法則」

新高値銘柄数がピークアウトすると相場が崩れる。



ゴールデンチャートで無料チャートが見れますので

上記のピーク後の株価を株価をご覧ください。


現在の相場のスケールは非常に大きく、

ここから大暴落になる可能性は少ないと思います。

上がるも下がるもメインプレーヤー外国人投資家次第です。


月足陽線が、昨年8月から今月で連続8本目になります。

仮に、日経平均が15000円、1ドル100円を目指すとしても

どこかで押す局面を想定しなければ、この世界で生き残れません。


常に心に余裕を持たなければ、

「己の欲望に負け、相場ににも負ける」

株式投資は丁半博打ではありません。

高値圏では確実にリスクも高くなります。



外国人投資家がさらに上値を買うとすれば

自動車と自動車関連を買ってくるでしょう。

確実に上方修正が出るからです。




決算前に
こんばんわ。
少ししくじりました。先週うまく逃げる予定でしたが、逃げ遅れました。
とはいえ、逃げとかないといけないので、半分ちかくは損切り。なかなか
資金が入ってくる銘柄をうまく見つけられるようになりたいところです。
ではでは


| 2013-03-25 18:28 | 寛 |


いつもコメントありがとうございます。

現在の相場のスケールの大きさは想像以上です。

ですが、本日の記事にも書きましたが少し冷静になる時期とも思います。

「休むも相場」とは良く言ったもので

お金にも休養させてみたらいかがでしょう。

お金を大切にして、休養してもらえば、次のチャンスで

しっかり働いてもらえます。

心も冷静になります。

私は迷った時は、ポジションをゼロにします。

そしてご先祖様のご供養をします。





三井住友FG
金融株を勧めておられますが、三井住友FGは伸びが悪いように感じます。
過去かなりの増資での含み損を抱えたプレイヤーが
順次利確しているためかとも懸念しております。
果たしてこの重しを跳ね返すだけのエネルギーはあるでしょうか? 
是非お考えを頂戴したく思います。 
宜しくお願い致します。 
| 2013-03-26 01:39 | なな


コメントありがとうございます。

私の「指標銘柄」メガバンク3社

8306三菱UFJFG

8316三井住友FG

8411みずほFG


投資魅力的には、

8306三菱UFJFG

8411みずほFG

8316三井住友FG

の順番です。

3/26 3900円 ▼30 トレンドは崩れていませんが、25D平均線の下限にいます。

ひとまず3/12H 4255円が高値になっています。

外国人の買いは、3/11 3/12 がピークで

直近は、外国人投資家が買っているのは地銀のほうです。

メガバンク3行の中でも、一番株価が重い銘柄です。

3700円を大きく割るといけません。

時間、値幅、波動、需給、地合いから考えますと

そろそろ次の動きになりそうです。

買値が3000円ぐらいでしたらこのまま様子見ですが

4000円前後の買いでしたら心配ですね。

現在のところは売りサインは出ていません。

今日はコメントの確認が20:30を過ぎてしまいましたので

申し訳ありませんが、明日の日中にこの続きを書きます。





今日も少しでも参考になった方は、お手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

明日は、大引け前の更新になります。

8604野村HD

3月25日12:15


キプロス支援が原則合意に達したことでリスク回避的な円買いが縮小し

朝方から買い先行で始まりました。


(前引け)

日経平均株価 12517.49円 △178.96 +1.5%

TOPIX 1047.49 △8.92 +0.8%


今週は3月期の配当権利取りと、翌週初の日銀金融政策会合での

黒田新総裁の手腕が試されることになります。

黒田総裁ほどの方が、材料出尽くしになるような

愚策を発表することはないと思われますが、

思惑が交差することになりそうです。


4月は、円安メリット銘柄が一斉に増額修正を出してきます。

日本の優良企業は、常に控えめな決算数値を出します。

外国人投資家もそのことは十分に理解しています。

4月は、自動車、自動車関連の優良企業に外国人買いが入るのでは?

為替レートを1ドル80円台で想定している場合、かなりの増額修正になるでしょう。



3月22日大引け

8601大和証券 671円 ▼20

8604野村HD 588円 ▼2

大和証券の株価が野村HDの株価を抜いてかなりになります。

そろそろ野村HDの逆襲になりそうです。


(前引け)

8604野村HD

O 599(9:00)

H 608(9:13)

L 599(9:00)

C 604(11:30)

前日比△15 +2.5%


8601大和証券

O 678(9:00)

H 682(9:06)

L 659(9:38)

C 672(11:30)

前日比△1 +0.1%


外国人投資家は、直近まで大和証券を大量に買っていました。

外国人投資家は賢明で、何が割安か、何が割高か常に見ています。

割安感が出た野村HDを買ってくることになりそうです。



虎視眈々
こんばんは
相場が崩れるのは
意外と早いかも、、、、、

そのときは、信用売りですね
7月なのか、意外と6月かも、、、、、
| 2013-03-24 20:49 | ミヤケ


コメントありがとうございます。

株価が高値圏になってくると今まで以上に悪材料を

評価するようになります。

現在の市場は、委託売買シェアの30%近くが

ハイフリ(高頻度売買)です。

したがって上昇する時は、実態以上に買われ

下落する時は、異常なまでにたたき売られます。

為替も1ドル96円程度ではトレンド転換しそうもありません。

まだ円安方向へののりしろが残っているように思えます。

円安=日本株買い

3月期決算で円安メリット株の増額修正があるはずです。

4月相場の柱は円安メリット株(優良株)そのあとに

調整があってもおかしくないと思います。

それもメインプレーヤーの外国人投資家次第ですが。




いつも参考にさせていただいています。
うねり取りという投資手法があるようです。
優良銘柄をこのやり方で安全に儲けることは
可能ではないかと思いますがいかがでしょうか。
| 2013-03-25 00:31 | リンゴ


コメントありがとうございます。

私は短期売買はやりませんが、おっしゃる通り

円安メリット優良株の増額修正の時期には面白いです。

日本の輸出型企業は、ここまで円安が進んでも

控えめな数値しか出さないのが特徴です。

4月はそのような銘柄の増額修正が多く出ることが予想されます。

3月第1週に外国人投資家の買い越し金額が1週間で1兆円を超えました。

時価総額の上位銘柄の現物を大量に買いました。

当然のことですが、配当権利取りの思惑はあります。

その後の増額修正予測も算出済みのはずです。

その場合は、自動車と自動車関連が中心になると思います。

そのことはまたあらためてコメントさせていただきます。



今日も少しでも参考になった方は、お手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

明日は、20時~21時に更新します。

時価総額上位銘柄ランキング

3月24日16:10

先週末の日経平均株価、TOPIXは大幅安で引けました。

キプロスの金融支援策難航で円高に振れたことや

3月上旬に大きく買い越した玉の利益確定売りも出たことが要因です。

(月)は買い優勢のスタートになりそうですが、高値近辺での

利益確定売りと押し目を買う買い方との攻防になりそうです。




時価総額上位銘柄  3/22終値 25D乖離率

 1 トヨタ自動車   4880円  1.04%

 2 三菱UFJFG  563円  4.14% 

 3 ホンダ      3670円  2.53%

 4 NTTドコモ  149200円  3.67%

 5 三井住友FG   3930円  1.84%

 6 みずほFG    209円  1.34%

 7 キャノン     3500円  3.34%

 8 ソフトバンク   3760円  5.20%

 9 日産自動車    946円  -0.63%

 10 武田薬品    5190円  4.80%




時価総額5000億円以上 25D乖離率上位銘柄


 1 三越伊勢丹   1307円  18.95%

 2 大日本住友薬  1683円  18.81%

 3 東急電鉄    713円  17.29%

 4 ソニー     1660円  15.00%

 5 クボタ     1334円  13.23%

 6 小田急電鉄   1176円  11.72%

 7 京浜急行電鉄  982円  11.53%

 8 野村総研    2431円  11.52%

 9 積水ハウス   1272円  11.38%

10 三井住友トラスト 436円  11.21%

11 大和証券G本社  671円  10.66%

12 横浜銀行     541円  10.15%

13 静岡銀行     1055円  9.63% 

14 阪急阪神HD   1914円  9.55%

15 セガサミーHD  1914円  9.43%

16 りそなHD    507円  9.40%

17 村田製作所   6950円  9.38%

18 OLC    15510円  9.37%

19 住友不動産   3525円  9.06%

20 旭化成     637円  8.77%

21 協和発酵キリン 1060円  8.75%

22 東レ      633円  8.43%

23 大阪ガス    405円  8.37%

24 千葉銀行    672円  8.32%

25 小野薬品   5460円  8.16% 



 地銀、医薬品、電鉄、百貨店、その他優良株が上位になっています。

昨年11月ごろに書いたと記憶していますが、外国人投資家は昨年10月ごろまでに

約5兆円の日本株組み入れ比率を引き下げて売り越していました。

要するに、国際分散投資においては、日本株を5兆円買い戻して

ようやくニュートラルになるわけです。


3月第1週にロングポジションの外国人投資家を中心に

1週間で過去最高の1兆円の買い越しになりました。

時価総額上位銘柄は、その前にかなり買い越しました。

直近では地銀、医薬品、電鉄、百貨店まで買っています。

ニュートラルまで買い戻す為の最終段階に近づいてきた感じです。

昨年11月から5兆円以上買い越しています。

ここからは、買い越す意味が違ってきます。

日本株組み入れ比率を上げることになるからです。


外国人投資家がこれからも買い越すとしたら

円安メリットのある国際優良銘柄(増額修正)

その次には、TOPIXを押し上げる時価総額上位銘柄

になるはずです。

そのためには、1ドル100円の円安になることが前提です。


相場はかなりの高水準になっています。

そろそろ押し目が必要なのかもしれません。

ここからの投資は、リスクが大きくなります。

市場参加投資家の方はくれぐれもご用心ください。


今日も少しでも参考になった方は、お手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

明日の更新は大引け前の予定です。

先物主導の相場展開

3月22日13:30


日経平均(前引け)12446.68円 ▼189.01円

TOPIX(前引け)1048.16 ▼9.94


昨日の欧米市場の反落の流れで売り先行で始まりました。

寄り付き後には先物でまとまった売り物が出ました。

また例のごとく、キプロス問題が浮上し市場の動揺をあおっているようです。

配当権利取りまでは様々な思惑が交差し、値動きが荒くなるかもしれません。


3月第1週に外国人投資家が、過去最大規模の買いを入れました。

週間ベースで1兆円の買いです。

3月配当取りの思惑があるのでしょうが、その時の日経平均は

12000円以下、TOPIXは980ポイント付近です。

投資主体はロングポジションの外国人投資家と聞いていますが

それはどうであれ、買いコストが

日経平均ベース 11800円~12000円

TOPIXベース 980~1000



短期間でこれだけ上昇すれば利益確定したくもなるでしょう。

配当を取らずに2週間で配当利回り分の利確ができれば申し分なしです。

直近の上下波動が荒いのは、3月第1週に買った外国人投資家が

とりあえず先物を売っているということのようです。


第一回目の日銀金融政策会合を間近に控え、日本株を大きく売るわけにも行きません。

しばらくは、大きく上がれば、利確に押されて下がり、

下がれば押し目狙いの買いが入る。

といった展開になるのではないでしょうか。


いずれにせよすぐに天井は打たないまでも、株価水準も良いところまで来ています。

「利食い千人力」

現金ポジション比率を上げる時期に来ているのでしょう。

4月中旬以降が1つの山場になるような予感がします。

しかし、現在の相場のスケールは大きく、常識で判断できない相場に

入っていく可能性もあります。


個人投資家の売買シェアが30%を超えたそうです。

それでもメインプレーヤーは外国人投資家であり

外国人投資家が買えば上昇し

外国人投資家が売れば下落する

そんな構図には変化はありません。


外国人投資家の買い越しがどこまで続くのか?

それによっては、GWどころか参議院選挙の7月まで強い相場展開が

続く可能性もあります。


円安メリット銘柄が今後、続々と増額修正してきます。


株式投資で生き残る最大のルールは

大きく上昇したところは一度ポジションをゼロにする。

分からなくなった時は手じまう。

欲張ってはキリがありません。

直近までのすべての買い方は儲かっているのですから

もう一波動あるでしょう。


8601大和証券

8604野村HD

2社の株価が今後の相場を教えてくれるでしょう。


今日も少しでも参考になった方は、お手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

明日はお休みさせていただきます。

次回は3月24日(日)18:00までに更新します。

時間、値幅、波動、需給、地合い

3月21日20:20


日経平均株価

12592.00(9:00)

12650.26(9:16)

12586.06(9:02)

12635.69(15:28)

前日比 △167.46 +1.3%


TOPIX

1055.81(9:00)

1061.75(9:10)

1055.32(9:02)

1058.10(15:00)

前日比 △12.21 +1.2%



値上がり銘柄数 1303 

値下がり銘柄数 324


新高値銘柄数 471 +198

新安値銘柄数 0 -1

騰落レシオ25D 139.2 +14.6



前日のNY株高、FOMCが緩和姿勢維持の方向を示したこと

円安に振れたことで、朝方から買い優勢で始まり

大幅高で2日続伸しました。


「株式投資勝利の法則」は

時間、値幅、波動、需給、地合いを重視しています。

私の投資人生の集大成「指数表」は昨年11月16日に「追撃買いサイン」が

出て以来、本日で81日間の上昇トレンドを続けています。


「指数表」で、時間、値幅、波動を見ると昨年11月からの

第一波動はかなりの水準まで来つつあります。

「追撃買いサイン」が出て、1つのメドは100日~120日です。


3月の第1週に史上最大規模の外国人買いが入りました。

1週間で1兆円規模の買いです。

買いの主体は長期保有の目的だけではなく、3月期の配当の権利どり

も含まれますが、要所要所に過熱感も出ています。


本日大引け時

25D+乖離銘柄数 1571

25D+10%以上乖離銘柄数 438

25D-乖離銘柄数 140

25D-10%以上乖離銘柄数 0


新高値銘柄数 471


昨年11月からの上昇第一波動の最終段階に近づいていると感じるのは

私だけでしょうか?

相場は15000円に行くとしても、1度は調整するのが当たり前です。

立会日数であと20日とすると、4月18日

立会日数であと29日とすると、5月2日

GW前が1つの山場になるかもしれません。

まだ1度も調整局面がないのです。


「指標銘柄」

8601大和証券G本社 698円 △28

8604野村HD 591円 △13

その答えは証券大手2社の株価の先行性が示してくれそうです。


本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

明日は、大引け前に更新します。

3333あさひ

3月20日14:30



昨日の続きです。

本日も、「指数表」のサインについて書きます。

日経平均株価、TOPIXでは以下のサインがあります。


「大底買いサイン」

「追撃買いサイン」

「過熱サイン」

「下落注意サイン」

「暴落警報」

「空売りサイン」


昨日簡単に説明しましたが

通常は

「大底買いサイン」
   ⇓

「追撃買いサイン」
   ⇓

上昇後に「過熱サイン」
   ⇓

「下落警報サイン」
   ⇓

「暴落警報」「空売りサイン」



順番に出る時と出ない時があります。


民主党野田総理の末期は、外国人の日本株売りが異常なくらい出ました。

いわゆる円買い、日本株売りです。

私は、いつもと同様に、11月の暴落を待っていました。

しかし、予想外に「衆議院解散」

そして、自民党安倍総裁の発言で株価が上昇してしまいました。


「大底買いサイン」は出ずに

2012年11月16日の「追撃買いサイン」が出ました。

現在のアベノミクス相場の始まりです。


直近の3月19日(火)大引け時点で75日連続で

25日移動平均乖離率がプラス圏です。

多少の波乱はあっても、上昇トレンドに変化なしです。





今日はその逆の事例を説明します。

「下落警報サイン」

直近はかなり前ですが、

2012年4月4日

10045.88 10059.19 9819.99 9819.99 ▼230.40

この日の大引け後に「指数表」を算出した時に

「下落警報サイン」が出ました。

「株式投資勝利の法則」のルールは

「下落警報サイン」が出た場合

買いポジションがある場合は翌日、全て売却してポジションをゼロにする。

「指標銘柄」70%

「監視銘柄」30%

前後の比率で10社以上に分散してその時に

一番下がりそうな銘柄を「空売り」する。


天底で売買する「指標銘柄」を一部公開します。

2012年4月4日

8601大和証券 328 335 322 323 ▼7

8601野村HD 371 374 358 360 ▼12

8306三菱UFJFG 393 395 383 385 ▼5

8750第一生命 116200 116400 111600 1120000 ▼1700


翌日の寄り付きで「空売り」




このように(実際はさらに複雑ですが)


「指数表」

「指標銘柄」「個別銘柄指数表」

「監視銘柄」「個別銘柄指数表」

「25D日足チャート」

「26W週足チャート」


全てを組み合わせて

「株式投資勝利の法則」のルールに従って売買します。


1年は12か月

2勝0敗10休を目標に

「株式投資勝利の法則」

「指数表」

を株式投資の羅針盤として売買しております。

時には、1勝0敗11休でも十分です。



時間の関係で、ブログではなかなかうまくは説明できませんが

「株式投資勝利の法則入門講座」で

「簡易指数表」(指数表を簡素化したもの)を公開して講座を開講しています。

2/10から初心者でもわかるように少しずつ始めています。

現在は締め切っていますが、入門講座希望のお問い合わせが

多数来ていますので、再度4月に予約を受け付けますので

もう少しお待ちください。

4月上旬にブログにて詳細をお伝えします。


現在は無料で配信していますが、

5月からは、月謝6300円(税込)6か月払いで行います。

現在無料で受講していらっしゃる方へは改めてご通知申し上げます。



現在受講中の方で、月謝課金にあたっての継続の営業活動は一切行いません。

継続ご希望のない方は、自動的に配信ストップしますのでご安心ください。

その場合は一切無料ですのでご安心ください。




3397トリドール

982 987 967 971 ▼8 V369.800

出来高が減少して、上昇の勢いが落ちてきました。

この出来高では、さらなる上値は重たくなりそうです。



参考銘柄

3333あさひ

1237 1253 1220 1221 ▼8 V128.9

自転車専門店のチェーン展開をしています。

震災後の需要急増の反動で昨年12月に減額修正後

株価はさえない展開となっています。

業績も良く、下値不安もなく、良い企業なのですが

現在は昨年12月からの狭いボックス波動になっています。

「株式投資勝利の法則」では、このような時は「待ち伏せ」します。


買い指値 1215円

買えたら

売り指値 1285円



利幅はわずか70円ですが銀行金利10年分以上です。

買えたら儲けものぐらいの気持ちで売買するのも良いでしょう。

(私は「指標銘柄」「監視銘柄」の底値付近以外は買いません)


4825ウエザーニュースもそろそろ来そうなので

(私は買いませんが)チャンスがあればブログで書きます。


キプロス問題も無事に乗り越え、上昇トレンドに変わりはありませんが

株価水準は高くなりました。

株価水準が高くなれば、リスクは大きくなります。

先高感があっても、目いっぱい投資は健全な投資とは言えません。

株式投資は、投機ではありません。

堅実に利殖するための手段であり

将来、少子高齢化、産業の空洞化で確実に衰退する日本で

生き残るための最終手段だと思います。


堅実な株式投資は

堅実で賢い主婦そのものです。

良い品を安く買う。

特売チラシの「大底値段」でまとめ買いする。

割高な商品、粗悪な商品は買わない。

株式投資に例えると

良い銘柄でも高値付近は絶対に買わない。

仕手系株や3流企業の株は買わない。






ロシア関係
先生こんにちは、

ロシアがらみの商社、、、、
まず最初のピーンときたのは(2768)双日ですが、、、、

でも、双日+ロシア は自動車ですし、、、
どうなんでしょうね???
| 2013-03-18 15:46 | ミヤケ


いつもコメントありがとうございます。

商社であれば、まずは5大商社です。

三菱商事、伊藤忠商事、三井物産、丸紅、住友商事

次に来るのが双日です。


昔(昭和45年)小学校6年の時に株の勉強を始めた時に覚えたのが

ヨーロッパのパイプライン需要が拡大するということと

当時から、パイプラインの世界一企業は住金だということです。

現在の新日鉄住金です。

合併後のシームレスパイプの売上比率が不明ですし、

巨大企業ですので、大暴騰するほどのインパクトは未知数です。



この場合はあまり業種を広げすぎないように

1963日揮 プラント世界的企業

6366千代田化工建設 プラント世界的企業

プラント大手2社がど真ん中の銘柄になるはずです。






冷静です
こんにちは。

受講生です。

株の勉強を始めて
様々な情報やブログ、
投資顧問の予想、
斡旋メールのサイト
仕手株の予想や結果などみています。

世の中は騙しだらけだなと、
先生の法則の凄さを改めて感じています。
早く、
指標銘柄の大底こないかなとまってますが、(まだ信用出来ないため)(^0^)
この地合いや相場ですとまだまだ先ですね~
着々と準備して、
その時をまっています。
日曜日のファイルを楽しみにまだまだ勉強してますから、
ホント冷静に株式市場をみてます。

上がるか下がるかだけなのに人は目先の欲に勝てないのでしょうね~

私もおかげ様で標的にならずにすんでいます。
毎日の更新と週末の学校ファイルの更新のお礼をこの場を借りて伝えたいと思ってます。

初心者はまだまだ精進あるのみ☆

| 2013-03-20 11:11 | 星香


コメントありがとうございます。

現状を考えますと、5年に1度、10年に1度の大相場になるかもしれません。

その場合は、「大底買いサイン」「空売りサイン」は当分出ないかもしれません。

しかし確実に言えることは、日本は衰退することです。

少子高齢化、産業の空洞化、日本の技術力の優位性の低下、社会保障の増加

企業の現地生産の流れ、日本の莫大な債務、



今までは理想買いで、これからは現実買いになります。

実際のアベノミクスはこれからです。

現在のように相場全体が底上げされるのはこれが最後になるかもしれません。

これからは、強い企業は世界で生き残り、弱い企業は淘汰される

グローバルな2極化の始まりに立ったばかりではないでしょうか。


近年の相場は先物に左右され、買われるときは水準以上に買われ

売られるときは異常なまでたたき売られます。


それに当てはめると今回の相場は、実態以上に買われる可能性もあります。

しかし最後は、日本の近未来を冷静に分析している外国人投資家は

どこかで容赦なく売りたたいてくることになることは間違いないと思います。


どんな時代でも生き残れるように

「株式投資勝利の法則」

「指数表」

さらに進化させ、時代に合ったものへと改良を重ねております。

株式投資に100%はありません。

目標はそれにどれだけ近づけるかです。

私自身も残りの人生を集中させて、精進してまいります。





今日も最後まで読んで下さりありがとうございました。

少しでも参考になった方は、お手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

明日の更新は、20時ごろの予定です。

目先の動きにぶれてはいけない

3月19日20:50


日経平均株価

12405.61(9:00)

12491.16(14:51)

12401.12(9:02)

12468.23(15:28)

前日比 △247.60 +2.0%



TOPIX

1040.57(9:00)

1047.73(14:50)

1040.31(9:02)

1045.89(15:00)

前日比 △17.55 1.7%


日経平均25D乖離率+5.95(昨日4.23)

騰落レシオ25D 124.6 +5.0

新高値銘柄数 273 +68

新安値銘柄数 1 +1

値上がり銘柄数 1274 +821

値下がり銘柄数 351 -828


懸念されたキプロスの債務問題はNY市場では過剰な悲観論も見られず

(NYダウ14452.06 ▼62.05 ナスダック指数3237.59 ▼11.48)

円相場が、対ドル、対ユーロで下落したことで、主力株を中心に大幅反発で引けました。




以下は昨日の記事です。

キプロスの債務問題の懸念で、朝方から売り優勢の展開。

対ドル、対ユーロで円高が進みました。

目先は多少の波乱はあっても、買い方優勢の展開は変わらず

現在のアベノミクス相場の上昇トレンドは、今大きく崩れる

心配はなさそうです。

これまでもイタリアの政局不安説も無事に織り込み、キプロスの

債務問題も大相場を大きく変えるほどのインパクトにはならず

押し目を買う力の方が大きいと思われます。

日銀の黒田総裁、岩田副総裁が「何でもやる」と言っておられますので

売り方も大きく売り込むことはできないようです。

以上昨日の記事です。




昨日の日経平均 12220.63円 ▼340.32  

ニュースなどで報道されましたが、大した下げではありません。

このような時は「指標銘柄」を見れば一目瞭然です。

昨日の株価

8601大和証券 641円 ▼14

8604野村HD 571円 ▼17

8306三菱UFJFG 558円 ▼18

8411みずほFG 207円 ▼5

8801三井不動産 2653円 ▼72


私は常に「指数表」「指標銘柄」で、相場全体の地合いを判断しています。

「指数表」私が独自に考案した40以上の数値で天底を判定

「指標銘柄」時価総額5000億円以上、業界を代表する銘柄で

      外国人投資家が好んで買う銘柄



日々の株価に一喜一憂してはいけません。




本日は、「指数表」のサインについて書きます。

日経平均株価、TOPIXでは以下のサインがあります。


「大底買いサイン」

「追撃買いサイン」

「過熱サイン」

「下落注意サイン」

「暴落警報」

「空売りサイン」


以前にブログで何度も書きましたが

2012年6月4日

8278.65 8303.35 8238.96 9295.63 ▼144.62

この日の大引けで「大底買いサイン」が出ました。

「株式投資勝利の法則」に従って

「指標銘柄」

「監視銘柄」

その中から厳選して複数の銘柄を翌日の寄り付きで買い

6月5日寄り付き

8601大和証券 239円(指標銘柄)

8604野村HD 245円(指標銘柄)

8306三菱UFJFG 333円(指標銘柄)

8411みずほFG 112円(指標銘柄)

1883前田道路 805円(監視銘柄)

1979大気社 1441円(監視銘柄)

8369京都銀行 563円(監視銘柄)


「指標銘柄」70%

「監視銘柄」30%

10社以上に分散することが、「株式投資勝利の法則」の基本です。


その後は直近まで「大底買いサイン」は出ていませんが、

11月16日

8898.33 9032.35 8898.33 9024.16 △194.44

大引け後の「指数表」算出で「追撃買いサイン」が出ました。


「追撃買いサイン」は、25年ほど前に「日本一の証券営業マン」の方から

伝授された算出法を私が20年以上かけて改良したものです。

簡単に言うと「買い乗せのサイン」です。


今回のアベノミクス相場では、大底買いサインは出ませんでした。

「追撃買いサイン」のみです。

その後、直近まで「指数表」ではトレンドに変化はなく

上昇トレンド継続中です。

株で勝つための手法「株式投資勝利の法則」

天底判定、トレンド判定、地合い判定 「指数表」

私流に設定してあるチャート「25D 日足」「26W 週足」

「指標銘柄」「指標銘柄個別指数表」

「監視銘柄」(直近は監視銘柄はありません)

これで総合判断しています。

目先の株価は一切気にしません。

短期で売ったり買ったりもしません。

昔は短期売買専門、仕手株専門で10ケタ近くやられて学びました。




本日は時間になってしまいましたので、この続きと

コメントのご返事は、明日の日中に更新します。

1963日揮 6366千代化

3月18日14:25


キプロスの債務問題の懸念で、朝方から売り優勢の展開。

対ドル、対ユーロで円高が進みました。

目先は多少の波乱はあっても、買い方優勢の展開は変わらず

現在のアベノミクス相場の上昇トレンドは、今大きく崩れる

心配はなさそうです。


これまでもイタリアの政局不安説も無事に織り込み、キプロスの

債務問題も大相場を大きく変えるほどのインパクトにはならず

押し目を買う力の方が大きいと思われます。

日銀の黒田総裁、岩田副総裁が「何でもやる」と言っておられますので

売り方も大きく売り込むことはできないようです。



ロシアプーチン大統領の特使が来日しました。

ロシアの天然ガスを日本に売り込むための下準備です。

ロシアの天然ガスは、ヨーロッパへパイプラインで輸出していますが

ヨーロッパの景気悪化により、日本やアジアへの販路拡大を狙っています。


現在の日本市場は天然ガス輸入量世界一で、発展を続けているアジアへの

販路の最大の拠点に取り込もうとしています。

米国のシェールガス革命もあり、ロシアはそれに遅れまいと来月末に予定している

安倍、プーチン会談で北方領土問題と同時に最重要課題となるのは、言うまでもなく

天然ガスの対日輸出交渉です。



今書いている記事は過去にも同様の記事を書きましたが、会談が来月に控え

テーマ性も大きく、関連銘柄には資金が向かう可能性大です。



1963日揮 2508円(9:23)プラント世界的企業

6366千代田化工建設 1075円(10:23)プラント世界的企業

5401新日鉄住金 248円(前引け)シームレスパイプ関連

その他、商社株も絡んできそうです。


相場全体は高く、4月~5月に調整局面があっても良い時期です。

1963日揮 6366千代田化工建設ともに現在は調整中で

良い買い場になるかもしれません。


参考銘柄2社(ど真ん中の銘柄2社)

1963日揮2508円(9:23)

6366千代田化工建設 1075円(10:23)



本日はザラ場にブログ更新ですので大引け値を参考にしてください。

大底値ではありませんので、リスクはありますが面白い銘柄です。

まだ騒がれていませんから。

押し目があればよいのですが。





3月の権利落ち日から
こんにちは。
日経平均は、値幅調整がほとんどなく、日柄調整で昨年末から大幅に上昇して
います。GWの前のイベントで、3月の権利落ちがあります。相場の流れが変わ
る事がよくあります。ずーっと下げてきたきた場合には、その反動で上昇に転じ
てます(2008年、2009年)。今年はどうなるか?ですが、短期・中期銘柄はポ
ジションを閉じようと思ってます。先生は今年はどう見てらっしゃいますか?。
| 2013-03-17 15:26 | 寛


いつもコメントありがとうございます。

おっしゃる通り、現在の相場はいつどこで調整があっても不思議ではありません。

今までも25D+乖離率が陰転しそうな度に、押し目買いが入り

値幅、日柄調整が入らずにいます。

数週間、800円程度の調整がほしいところでもあります。

今迄に利益が出ているのならば、ポジションを半分以下に下げても良いかもしれません。

3月の権利落ちが節目になるのか?

GW前に換金売りが出るのか?

参議院選挙まで上昇するのか?

分かりませんが、相場水準が上がればリスクも大きくなることは

常に当間の片隅に入れておきたいことです。

相場の節目で、ポジションをゼロにすることは最も重要なことだと

思います。

私は、利益が上がっている時に、迷った時、わからない時は欲を捨て

ポジションをゼロにすることにしています。

そこで儲けそこなっても、次回に回せばよいのですから。

私は株式投資で最も重要なことは、欲をかきすぎないことだと思います。

損さえしなければ、現金さえあれば、心の余裕にもなりますし

いつでも買い出動できます。

お金にも休んでもらって、大事にすればさらなるお金がやってきます。






本日も最後まで読んで下さりありがとうございました。

明日の更新は、20時~21時ごろに予定しています。

本日も少しでも参考になった方は、お手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

1719 1812 下値抵抗ライン

3月17日14:45



3月15日(金)大引け時

日経平均株価

O 12437.68(9:00)

H 12560.95(15:28)

L 12434.47(10:40)

C 12560.95(15:28)

前日比 △179.76 +1.5%




TOPIX

O 1044.26(9:00)

H 1052.55(13:14)

L 1042.34(10:40)

C 1051.65(15:00)

前日比 △13.48 +1.3%



東証1部騰落レシオ25D

118.1 △5.9


新高値銘柄数 355 △167

新安値銘柄数 0



日経平均株価は月足で見ると、昨年8月以来連続陽線8本目になります。


月足ベースの前月比

2012年

11月 △517.7円

12月 △949.1円

2013年

1月 △743.4円

2月 △420.7円

3月 △1001円(直近まで)


新高値銘柄数

2012年12月18日 107

それ以来、10営業日を除けば、47営業日3ケタの新高値銘柄数。


直近の東証1部連結PER21.66倍

2012年3月27日 連結PER22.42倍


直近の日経225PER21.20倍

2012年3月27日 PER23.26倍


東証1部イールドスプレッド

2013年3月8日-4.040

2012年3月16日-3.457

イールドスプレッドは、

長期金利ー株式益回り=イールドスプレッド

イールドスプレッドがプラスへ向かうほど

金利に対する株価の割高感が高まり

株価下落のリスクが高くなります。





直近の日経平均、TOPIXともに上昇トレンドに変化はありません。

円安、日本株高のトレンドにも変化はなく、最初の山場は

外国人投資家が、GWのポジションをどうするか? です。


「国策に売りなし」と言われますが

安倍総理は7月の参議院選挙に政治生命をかけています。

何が何でも、参議院選挙までは円安、株高の流れを変えるわけにはいきません。


メインプレーヤーの外国人投資家も、GW、7月の参議院選挙のことは

当然のことながら熟知しています。

外国人投資家はイベントリスクを嫌います。



世界中は、日本と中国のリスクを憂慮しています。


3月8日 中国が尖閣諸島の正確な地図を作る必要があると発表

尖閣諸島に測量隊員を送り込み、測量標識を立てる。

中国との国境紛争の再燃化の懸念があります。

中国リスクが再燃し、大きくなると外国人投資家の買い越し額が

減る恐れがあります。

中国関連銘柄が大きく下落する可能性があります。

日本株の流れも変化する可能性すらあります。



今のところは順調に日本株高がトレンドに乗っていますが

予期せぬ外部要因や、天災のリスクは株価水準が高ければ高いほど

増大してきます。

先高観があっても、相応の現金ポジションを用意することが

リスクヘッジであり、株式投資の世界で生き残る道だと思います。





コメント

ありがとうございました。
先生ありがとうございました。

大末・浅沼・撤退損きりの覚悟ができました。

4月の入門講座募集を楽しみにしております。
| 2013-03-15 12:54 | ミヤケ

いつもコメントありがとうございます。

「株式投資勝利の法則入門講座」は締め切りましたが

その後、多数の方から受講希望のメールをいただきました。


2月10日から毎週(日)に「簡易指数表」を添付して送信中です。

4月に若干の受講希望追加募集します。

2月10日より現在まで無料で行っていますが

5月から月謝6300円で配信します。

4月いっぱいは無料ですので内容をご覧になって

ご納得のいくものであれば、受講してください。





今日、些少ですが鹿島を買って見ました。
管理人殿の記事にあったし、最近テレビ見てたら
「鹿島の太刀、鹿島の建ち」と連発してたから耳に残っていたのかも。
6円ぐらい取れたらいいかな。

| 2013-03-15 19:11 | あまりん



コメントありがとうございます。

1812鹿島は1月11に高値299円を付けた後調整中ですが

面白いチャートになってきました。

1/24L261円

2/22L260円

3/13L262円

3/15L262円

下値抵抗線になっています。

260円ラインを割るようだともう少し下に行く可能性はありますが

時価買いで、売り目標279円~295円ぐらいは利食えると思います。



3397御礼
先生、ありがとうございます。
3397を930で購入して5万円頂きました。
| 2013-03-16 07:49 | TETSU


コメントありがとうございます。

3397トリドール


3/12 931 932 926 929 ▼2 V200.600

3/12のブログ背参考銘柄として掲載しました。

翌日の寄り付き 930円

3/13 930 941 930 937 △8 V410.300

3/14 940 962 934 956 △19 V809.200

3/15 969 982 963 982 △26 V735.800


参考までに

時間があったので「個別銘柄指数表」を算出してみました。

立会日数3日以内に2%ぐらい上昇すると

「追撃買いおサイン」が出ます。

「追撃買いサイン」が出れば小さな波動でも

立会日数で3営業日は上昇するはずです。

前回の上昇波動で、1000トビ台から1162円まで引っかかった方の

戻り売りが1017円から出てきます。

1017円以上の水準で強ければ1100円ぐらいは狙えます。

欲をかかずに「利食い千人力」も大事です。





1719ハザマ 1812鹿島 下値抵抗線まで下がってきました。

この水準を切り下げるようなら下へ向かうし

そろそろ戻してもいい時期です。



今日も少しでも参考になった方は、お手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回の更新は、明日の大引け前を予定しています。

3397トリドール

3月15日12:25


前引け段階

日経平均株価 12484.63円 △103.44 +0.8%


TOPIX 1046.29 △8.12 +0.8%

海外市場の株価上昇の流れから、日経平均、TOPIXともに前場段階続伸。






以下の記事は3月12日の記事です。

参考銘柄

信用買い残が多く買い長になっていますが、

3397トリドール 929円 △1円 V419.100


昨年8月1日 高値 1399円

昨年12月20日 安値 903円


立会日数25日後

2013年1月31日 高値 1162円


立会日数11日後

2月15日 安値 878円

直近まで立会日数18日


「株式投資勝利の法則」は

時間、値幅、波動、需給、地合いを重視しています。

底練りが1か月近く続いていて、時間、短期波動は熟してきました。

値幅は時価から200円前後

需給、地合いは良くありませんが、よほどの悪材料が出なければ

時価買いで手堅く50円~100円利食い

予想配当18.5円

配当利回り1.99%

私は買いませんが、今日13時ごろ近くの店(丸亀製麺)

に行きましたら大混雑でした。

連日にぎわっています。


相場には周期があります。

短期波動敵にもそろそろきてもおかしくありません。

実は、ブログの参考銘柄用に2695くらコーポを見ていたのですが

200円以上上がってしまいましたので、異業種大衆外食店の

3397トリドールを久々に見て思いつきました。

以上の記事が3月12日の記事です。




3397トリドールガ動意づいてきました。

私は買いませんが、ブログ読者の皆さんへ公開した銘柄です。


本日前引け

969円(9:00)

978円(11:28)

963円(9:41)

976円(11:30)

前日比△20円 +2.1%

久々の上昇でまだ上値がありそうです。

「株式投資勝利の法則」は

時間、値幅、波動、需給、地合いを重視しています。

その中で、トリドールは、時間、値幅、波動の時期にきました。



「株式投資勝利の法則」の勝ちパターンを繰り返すだけで

ローリスクでリターンを得ることができます。


儲かりそうな時だけ買い出動すればよいのです。

自分では、ワンパターンとは思いますが

結構バカになりません。

もっとも私は、「指標銘柄」「監視銘柄」を底値付近で買うことに徹していますので

小型株は、自身は買わずに、ブログで公開するだけです。







昨日、時間の関係でコメントすべてにお答えできませんでしたので

(1852)浅沼組 83円、(1814)大末建設 75円

の件について申し上げます。

ありがとうございました。
先生ありがとうございます。
(5912)日本橋梁 317円 、
(1852)浅沼組 83円、(1814)大末建設 75円
で買い。壊滅状態です。4月末まで保有するつもりです。
その時の状態でLCするかどうか決めようかなと思います。

最近、感じるのですが。
昨年前半までは、信用売りでも、買いでも、面白いほどとれました。
その時は、友人は売っても買っても逆にきて
投入金額の半分以上溶かしていました。
彼は、毎週のように追証に追われていました。

昨年末から、今度は私が売っては踏まれる。
買っては下がるで、追証回避のためATMの毎週走っています。
資金の8割を溶かしました。

友人は逆で、毎月100万単位の利をあげています。

相場も人生も、波がやはりあるのでしょう。
こんな時は、しばらく相場を休んだ方がいいのでしょうね。



| 2013-03-13 15:32 | ミヤケ


昨日は、5912日本橋梁のみになってしまい申し訳ありませんでした。

(1852)浅沼組 83円、(1814)大末建設 75円

の件ですが、

1852淺沼組 1/10H 98円 利益剰余金-17億円 無配


1814大末建設 1/10H 83円 利益剰余金-17億円 無配 BPS33円


両銘柄ともに1月の高値圏で買っているようですね。

ズバリ結論から申し上げて、投資不適格企業だと思います。

無配で利益剰余金マイナス、100円以下の企業、大末建設は

BPS33円 申し上げにくいのですが、完全な「ボロ株」です。

キリの良いところで売却された方が良いと思います。

特殊要因で上昇するかもしれませんが、買ってはいけない銘柄です。


私の場合は、

「買う銘柄の最低条件」

時価総額1000億円以上

有配企業

利益剰余金は、それなりのプラス

外国人投資家持ち株比率が高いこと

有利子負債が少ないこと

業界を代表する企業

いわゆる優良企業です。

昔は、ボロ株、仕手株、何でも投資していました。

結局、リスク、市場流動性を考えますと

優良企業のみ投資をする結論に至りました。

人さまざまな投資スタイル、考え方はありますが

優良企業の方が安全確実、インデックスと連動しやすい

その様な理由で


「指標銘柄」

時価総額5000億円以上の世界的企業で外国人投資家が好んで買う

企業(ボトムピーク率の高いことも条件)


「監視銘柄」

時価総額1000億円以上、外国人投資家持ち株比率が高い

ボトムピーク率が高い、将来性のある企業


「指標銘柄」「監視銘柄」以外は絶対に買わないことにしています。

買う時期も、「指数表」「株式投資勝利の法則」のルールに従い、

大暴落時の底値圏のみ買うことにしています。

1度に儲ける額も大きいので、1年に1~2度程度の買い出動になります。

1年12か月

1勝0敗11休

2勝0敗10休

を目標にしています。

それ以外は何もしません。

これはあくまで私の投資哲学で、これ以上の方法もあるでしょうが

私の器には適している投資法です。

迷った時はポジションをゼロにするのが良いことだと思います。

説教じみて申し訳ありませんでした。

ご健闘お祈り申し上げます。





本日の少しでも参考になった方は、お手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は3月17日(日)18時までに更新します。

「株式投資勝利の法則入門編講座」は、現在締め切っております。

受講ご希望の方は、4月中にご予約頂けるようにしますので、しばらくお待ちください。


「株式投資勝利の法則入門講座」受講中の皆様へは

3月17日(日)正午までに「簡易指数表」添付して送信いたします。

前回未着信が2件発生し再送信させていただきました。

近日中に一斉メール配信ASPと併用して配信いたします。

恐れ入りますが、3月17日正午まで着信がない場合は

下記までご連絡ください。

shoji-kudo (☆印)dream.com

(☆印)のところに@を入れてください。

「株式投資勝利の法則」

工藤庄司

仕手株にはご用心

3月14日20:35


日経平均

12332.16(9:00)

12395.73(14:55)

12248.65(10:34)

12381.19(15:28)

前日比 △141.53 +1.2%



TOPIX

1037.29(9:00)

1040.03(14:55)

1028.37(10:34)

1038.17(15:00)

前日比 △6.75 +0.7%



日経平均寄与度

1 ファーストリテイリング +30.03

2 信越化学工業 +8.01

3 ダイキン工業 +6.21

4 三井不動産 +5.61

5 住友不動産 +5.41

6 三菱地所 +5.21

7 クレセゾン +4.96

8 ファナック +4.80

9 アドバンテスト +4.24

10 武田薬品工業 +3.60



日経225採用銘柄上昇率ランキング

1 東京ドーム 458円 △54

2 東京建物 642円 △58

3 丸井 912円 △52

4 東急不動産 858円 △46

5 クレセゾン 2379円 △124

6 三井不動産 2773円 △140 

7 三菱地所 2737円 △130

8 大日本住友製薬 1581円 △70

9 ニコン 2206円 △88

10 ダイキン 3940円 △155



日経平均は大幅高で3日ぶりに反発。

前日のNY株は14455.28 △5.22

上げ幅は小幅ながら、連日の史上最高根を更新。

外国人投資家の買い意欲は衰えず、不動産株を中心に

買っています。



直近の外国人投資家買い越し銘柄

8801 三井不動産

8830 住友不動産

8802 三菱地所

8308 りそなHD

5108 ブリヂストン

9963 ファーストリテイリング

6502 東芝

6367 ダイキン

2503 キリンHD

6326 クボタ

6981 村田製作所

8601 大和証券

8309 三井住友トラスト

7270 富士重工


本日の「指数表」の算出が終わり

昨年11月16日に「追撃買いサイン」が出て以来

本日で、立会日数77日連続で上昇トレンド継続中です。



本日は「仕手系株」もにぎわいました。


9067 丸運 265円 △47 

これは明日にはつながらないウワヒゲです。


9074 日石輸送 255円 △35

明日にはつながらないウワヒゲです。


8097 三愛石油 471円 △15

右肩上がりですが、ウワヒゲが長すぎます。


9358 宇徳 327円 △9

上昇トレンドで確実に切りあがっていますが、

回転が効いていてウワヒゲが長すぎます。


9351東洋埠頭 213円 △14

2月末から強力な買いが入っています。

往年の仕手株で、このまま終わらないでしょうが、危険な銘柄です。


6924 岩崎電気 219円 △14

昨年の安いところブログで公開しましたが、まだ継続中のようです。

かつて、常磐興産のT会長が、1988年~1989年に介入しましたが

2720円つけ、92年8月に281円まで暴落しました。



「仕手株」は一見すると華やかに見えますが

完全な騙しあいです。

回転が効いて上昇中は良いのですが、天井付近で

ババを引いた投資家が、はしごを外される運命が待っています。


一度儲けると病みつきになり、

「仕手株で儲けたら、その10倍損をする。」

と言われるほどです。


かつて、私の周辺で

300億円損をした方が、2名

10億円以上損をした方は、10名以上

全員の共通点は、現在行方不明です。

私は、10億円まではやられませんでしたので、

かろうじて生存して、現在に至っています。

「株式投資勝利の法則」

「指数表」

のおかげです。



外国人投資家の買い越しは続き、上昇トレンドに変化はありませんが

そろそろ警戒してポジションを整理し始めるくらいの

心の余裕も必要ではないでしょうか?


不動産株の上昇はすさまじく、次は再び

メガバンク、大手証券2社がまたにぎわいそうです。

しかし、高値になればなるほどリスクは増大します。

初心者の方は手出し無用です。





コメント
ありがとうございました。
先生ありがとうございます。
(5912)日本橋梁 317円 、
(1852)浅沼組 83円、(1814)大末建設 75円
で買い。壊滅状態です。4月末まで保有するつもりです。
その時の状態でLCするかどうか決めようかなと思います。

最近、感じるのですが。
昨年前半までは、信用売りでも、買いでも、面白いほどとれました。
その時は、友人は売っても買っても逆にきて
投入金額の半分以上溶かしていました。
彼は、毎週のように追証に追われていました。

昨年末から、今度は私が売っては踏まれる。
買っては下がるで、追証回避のためATMの毎週走っています。
資金の8割を溶かしました。

友人は逆で、毎月100万単位の利をあげています。

相場も人生も、波がやはりあるのでしょう。
こんな時は、しばらく相場を休んだ方がいいのでしょうね。

| 2013-03-13 15:32 | ミヤケ

すみません。補足です
(5912)日本橋梁の株式分割ですが、
メインが投げてきており、連日下落です。

分割=上昇のイメージで個人が買っていますが、
下落がとまりません。

信用の場合は権利放棄で、株数は増えないはずですが
信用で買った個人は、この下落で全滅するのでしょうか?
| 2013-03-14 10:31 | ミヤケ



いつもコメントありがとうございます。

本日日中にコメントを拝見し、

5912日本橋梁を「個別銘柄指数表」で計測してチャート化しました。

結論を申し上げますと

買いサイン 2012年11月16日 

271 280 266 278 △15 V7329100

この日の大引けです。

売りサイン 2013年1月23日

426 428 396 400 ▼33 V6953700

この日の大引けで売りサインが出ましたので

翌日の寄り付きで売り(空売りサイン)です。


暴落警報サイン(追撃売りサイン)

2013年2月15日

380 388 322 349 ▼51 V9932450

翌日寄り付き売り乗せサインです。


相場は完全に壊れています。多少の戻りはあるかもしれませんが、

2/13~2/15の下げで勝負ありのようです。

仮に大きく戻ったとしても、戻りのメドは

350円~370円ぐらいでしょう。

(1852)浅沼組 83円、(1814)大末建設 75円

につきましては、時間の関係で明日コメントさせていただきます。




今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

少しでも参考になった方は、お手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

明日の更新は、お昼過ぎの予定です。

(土)はお休みさせていただき、

(日)は18時までに更新します。

1719 1812

3月13日14:30


花粉症がひどくなっている方が多いようです。

私も25才の時にかかって以来わずらわしい季節です。

1月6日の注目の19社

ローリスク上昇期待3社

4527ロート製薬 999円

4739伊藤忠テクノ 3600円

6594日本電産 5220円


4527ロート製薬は、花粉症関連銘柄で昨年末には

東京都で花粉の飛散が昨年の5倍以上と予測され

株価は織り込んでいませんでしたので

私は買いませんがブログ読者の皆様へお伝えした銘柄です。

3/7H1375円 もう一度上げるかもしれませんが

「利食い千人力」です。



4739伊藤忠テクノは好業績で出遅れていましたので書きました。

3/6H4465円 すこしモミ合ってから上げるようですが

これも「利食い千人力」です。



6594日本電産は、悪材料が出ていて株価に織り込み済みと思い

書いたのですが、なかなか上がらず直近になって外国人投資家の

買いが入りだしました。

社長の永守重信氏は、バリバリのワンマン社長でリストラをせずに

赤字企業と立て直す有名な方で、元日の午前中以外は休まず仕事をされています。

元日の午前中は、ゆっくり寝ているのではなく、神様にお参りなさるそうです。

誰もが悲観的な見通しで、誰も推奨せず、弱気な意見ばかりで

歴史的安値だと確信したので書きました。

相場は若く、5500円アンダーがあれば買ってもいいと思います。

これは1年定期預金と思って8000円~9000円を目標にする銘柄です。




昨日時間の関係で書けなかった建設株のことをお話しします。

建設ポストには

私の「指標銘柄」「監視銘柄」は直近ではありませんので

普段あまり見ていなかったのですが

(1883前田道路 2012年6/5 805円買い それ以降は投資妙味がないので除外)

(唯一 1803清水建設を260円位で参考銘柄でご紹介した記憶があります)


昨日ブログ更新前に、建設ポスト全銘柄見てみました。


東日本大震災の除染作業が進んでおらず、安倍総理も全力で取り組むとの

報道があったばかりです。


確か、自分の記憶では 1812鹿島が土壌汚染の洗浄浄化の有力企業ではなかったか?

ふと思い株価を見ました。

上値は重たいですが、260円ぐらいで買えば、10%ぐらいはとれそうです。

1719ハザマも下降トレンドですが、215円~220円くらいで買えれば

240円~250円くらいはありそうです。



皆さんもご存じのとおり強い相場です。

外国人投資家主導ですが、循環物色の回転が効いています。

安値で放置されている建設ポストもGWぐらいまでは

見直されるのでは?

昨日ふと思ったものです。

主役ではありませんが、脇役にも出番は来るものです。

時には脇役の方が良い演技をすることもあります。

私の見た感じでは、


参考銘柄

1719ハザマ 215円~220円待ち伏せ


参考銘柄

1812鹿島 260円アンダー待ち伏せ


その2社です。




コメント
先生
初めまして
毎日、楽しみに拝見させて頂いております。

仕手株等でボロボロに負けて
雑なトレードを反省しておりましたが、
先生のブログに辿り着き安心を得ました。

私の株取引の心の基地となっております。
毎日、必ず戻っております。
これからも宜しくお願い申し上げます。
季節の変わり目でご自愛下さいますように!
| 2013-03-12 15:44 | 文月


コメントありがとうございます。

昨日更新時は時間がなかったもので、1日遅れて申し訳ありません。

私は仕手株で10ケタ近くやられた「曲がり屋」でした。

(大学時代も、8ケタやられたのに懲りずに2度もやられました)

私の周辺は、300億円やられた方2名

NHK特集にも出ました。

10億円以上は十数人います。

未だかって、仕手株で資産を築いた方は、存じ上げません。

大学時代から、仕手本尊が崩壊するのも自分の目で見てきました。

仕手株投資はお止めになって、一流株の底値買い

バーゲンハンティングに徹してください。

堅実な投資をすれば、「道は開けます」



こんばんは
こんばんは。
いつも参考にさせて頂いています。

前回、建設株で質問をさせていただいた者です。
6社買いましたが、全滅状態です(3社損切り撤退)。
明日のブログを楽しみにしております。
| 2013-03-12 20:54 | ミヤケ


コメントありがとうございます。

全ては外国人投資家次第ですが、震災から2年間経つのに

復興の遅れが報道されています。

近いうちに再度見直される公算大と思いますが、

外国人投資家好みのど真ん中の銘柄ではありませんので

吹き値売りに徹して、買い乗せはなさらないようにしてください。

相場には100%はありません。予測は困難ですが、

建設株全般はコア銘柄ではなく、脇役です。

時代の流れは世間で報道されるより、激動の時代になっています。

激動の時代を生き残れる一握りの企業に投資する方が

「儲けの道」は加速すると思います。

循環物色の波は、すぐ近くまで来ているように思えます。

ご健闘お祈り申し上げます。



こんばんわ
こんばんわ。
私も1719ハザマを2/28に買い、
今は少し遠い位置にあるLCポイントまで保持でみてます。
2/27の出来高のある陽線、2/15の安値切り上げで買い判断でした。
| 2013-03-12 21:25 | 寛


コメントありがとうございます。

2/27の陽線は日足チャート的には、順張りの買いサインでしたが

資金の流れは止まってしまったようですね。

近いうちに戻るように見えますので、買い乗せはなさらずに

一度ポジションを0になさった方が良いかと思います。


2/27H 253円ですので、250円ぐらいが一つのメドかと思います。

ご健闘お祈り申し上げます。



本日も少しでも参考になった方は、お手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

明日は、20時~21時に更新します。

3397

3月12日20:30



日経平均(大引け)

12433.60(9:00)

12461.97(9:11)

12314.81(15:28)

12314.81(15:28)

前日比 ▼34.24 -0.3%



TOPIX(大引け)

1047.70(9:00)

1050.76(9:11)

1035.90(15:00)

1035.90(15:00)

前日比 ▼4.08 -0.4%


日経平均株価は小幅安で引けました。

昨日まで8連騰でしたが地合いは悪くありません。



25D乖離率と新高値銘柄数

3/12  6.13  308

3/11  7.32  496

3/8  7.18  268

3/7  4.85  308

3/6  4.85  250

3/5  3.05  309

3/4  3.08  393

3/1  2.94  226



3月11日東証1部25D乖離率

25D+乖離銘柄数 1520

25D+10%以上 373

25Dー乖離銘柄数 187

25D-10%以上 1


昨日の大引け時点で過熱感が出ました。

それでも循環物色相場で回転が効いていて

少しでも押し目があれば、すかさず買いが入り

しっかりとした相場展開が続いています。



参考銘柄

信用買い残が多く買い長になっていますが、

3397トリドール 929円 △1円 V419.100

昨年8月1日 高値 1399円

昨年12月20日 安値 903円


立会日数25日後

2013年1月31日 高値 1162円


立会日数11日後

2月15日 安値 878円

直近まで立会日数18日


「株式投資勝利の法則」は

時間、値幅、波動、需給、地合いを重視しています。

底練りが1か月近く続いていて、時間、短期波動は熟してきました。

値幅は時価から200円前後

需給、地合いは良くありませんが、よほどの悪材料が出なければ

時価買いで手堅く50円~100円利食い

予想配当18.5円

配当利回り1.99%

私は買いませんが、今日13時ごろ近くの店(丸亀製麺)

に行きましたら大混雑でした。

連日にぎわっています。


相場には周期があります。

短期波動敵にもそろそろきてもおかしくありません。

実は、ブログの参考銘柄用に2695くらコーポを見ていたのですが

200円以上上がってしまいましたので、異業種大衆外食店の

3397トリドールを久々に見て思いつきました。



他には、1975朝日工業社は高配当で利回りが5%近くあったので

見ていましたがやはりじわじわ来ました。

これは昔、25年以上前ですが友人と3人で30万株ぐらい買って

品薄株で売り抜けられなくなった苦い経験があります。

3月の配当どり前に早めに買って、10%~20%取る銘柄です。

今の私は一切手を出しませんが、昔を思い出して、たまに見る銘柄です。

業績は良くありませんが財務内容の良い企業です。

先代社長の時代は、西の酉島、東の朝日と言われるほど

財テク企業で有名で、たまに仕手筋が介入もしました。


先日コメントで建設株はどうですか?

とのご質問いただいた際にそれよりもメガバンク、大手証券のほうが良いのでは

とコメントしましたが、良い銘柄もありました。

日頃、コア銘柄ばかり見ていますので研究不足でした。

その銘柄につきましては明日書くことにします。


今日は時間が来てしまいました。

当然のことですが、投資の最終判断は自己責任で

無理のない資金で行ってください。


今日も少しでも参考になった方は、お手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

明日の更新は、大引け前にします。

メガバンク3行と大手証券2社

3月11日12:50


日経平均(前引け)

O12363.09円(9:00)

H12403.95円(11:25)

L12316.38円(9:04)

C12396.55円(11:36)

前日比 △112.93円 +0.9%


TOPIX(前引け) 1042.41 △21.91 +2.1%



前週末の米国株高、円相場が96円台の円安になったことで

朝方から買いが先行。

日経平均は一時、12403.95円(11:25)まで買われ

本日大引けでこのままプラスで引ければ、8連騰になります。




以前からお伝えしています

「指標銘柄」

8306 三菱UFGFG 565円 △30 +5.6%

8316 三井住友FG 4090円 △210 +5.4%

8411 みずほFG 214円 △9 +4.4%

8601 大和証券G本社 672円 △39 +6.2% 

8604 野村HD 590円 △29 +5.2%


本格上昇のコア銘柄は再三申し上げていました通り

メガバンク3行と大手証券2社になりそうです。

この勢いで、深押しもなく新高値を切り上げていきそうです。


空売りを考えている方は、時期尚早です。

天井形成時は絶対に空売りをしてはいけません。



「谷深ければ、山高し」

昨年までの下げが異常だったのです。


国民が信用して投票した民主党政権の失態

東日本大震災の影響

福島原発問題

タイの大洪水の影響

超円高を放置(白川日銀総裁)


これだけの悪材料に外国人投資家が、徹底的に日本株売りを仕掛けました。


震災の復興と福島原発の終焉は遅れていますが

安倍自民党と黒田、岩田日銀新体制による類を見ない金融緩和策は

これからが本番です。

外国人投資家は買いの手を緩めずに、未だに大幅買い越し基調です。

メインプレーヤーは外国人投資家です。

為替次第、外国人投資家次第です。

メガバンク3行と大手証券2社がこれからの柱になっていくと思われます。



本日も少しでも参考になった方は、お手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

明日の更新は20時~21時の予定です。

外国人買い

3月10日15:20



3月8日週末の日経平均株価は、リーマンショック以来の

12200円台に乗せ取引を終えました。

日経平均 12283.62円 △315.54円

TOPIX 1020.50 △16.15



日経平均25D乖離率

3/8 +7.18

3/7 +4.85

3/6 +4.85

3/5 +3.05

3/4 +3.08

3/1 +2.94

2/28 +2.88

2/27 +0.55


相場がこれだけ上昇しても私の株式投資の羅針盤「指数表」に

インデックス売りサインは出ていません。


個別で短期売りサインが出る銘柄数が、極めて少ないのです。

相場の天井圏(インデックスの天井圏)では、「短期売りサイン」の銘柄数が

非常に多くなるものです。



これは何を意味しているのか?

循環物色がうまく回っていて、順調にインデックスが上昇しているということです。

もっとわかりやすく言うと、すべての買い方の回転が効いて順調にインデックスが上昇し

そのため、大きく押す前にアンダーで買いが入って上昇しています。

回転が効いて、循環物色相場が続いているのです。


さらに驚いたのは、外国人の買い余力の強さです。

大手不動産3社、三菱倉庫が普通の株価の動きではないことでわかります。





以下は3月5日20:30の記事です。


私の「指標銘柄」

8801 三井不動産 2439円 ▼53  3/4H 2569円

8802 三菱地所 2484円 ▼53  3/4H 2618円

8830 住友不動産 3315円 ▼135  3/4H 3560円


不動産大手3社は、今年に入って調整局面に入り

2月中旬までモミ合い、一気に3月4日に目先高値を形成したようです。

したがって波及した含み資産関連株もひとまずこのあたりで

目先天井を付けそうです。


9301三菱倉庫 1603円 ▼18 

本日高値 1666円が短期的には高値になる公算。

3/5 1603円 25D乖離率+14.42

3/4 1621円 25D乖離率+16.71



初心者の方は日足チャートを参考にしてください。

目先天井形成の日足です。




9006京浜急行電鉄 894円 △33

9007小田急電鉄 1062円 △32 

電鉄株の一部は堅調でしたが


かなり良いところまで買われています。

明日以降は高値づかみになる公算大です。



日経平均、TOPIXともに上昇トレンドに変化はありません。

外国人投資家の買い意欲も旺盛ですが、ただ闇雲に上値を買っては

外国人投資家の餌食になるだけです。


不動産、倉庫、電鉄その他含み資産関連銘柄の今後の株価を占うのは、

業種別の「指標銘柄」

8801 三井不動産 2439円 ▼53  3/4H 2569円

8802 三菱地所 2484円 ▼53  3/4H 2618円

8830 住友不動産 3315円 ▼135  3/4H 3560円

の動きです。

以上、3月5日20:30の記事です。



本来はこのあたりで短期的高値を形成して次の循環物色待ちに

なるのですが、

8801 三井不動産 2570円 △111 3/4H 2569円

8802 三菱地所 2654円 △131 3/4H 2618円

8830 住友不動産 3495円 △140 3/4H 3560円

9301 三菱倉庫 1718円 △86 

2月下旬からの大手不動産株中心に含み資産株(土地持ち)が

週末さらに上昇したことを見れば外国人投資家がまだ本腰で

買っていることがわかります。

私の株式投資の羅針盤「指数表」は

昨年11月16日に「追撃買いサイン」が出て以来直近で

立会日数73日間上昇トレンド中です。

驚いたことに、その間に調整らしい調整もなく、

売りサインのかけらすら出ていません。


週末に1ドル95円のラインを越えてきました。

円安の流れに、また大きく動きそうです。

円安=日本株高

3月11日からも力強い展開が予想されます。




以下は3月7日(木)20:40更新の記事です。

日経平均25D乖離率

3/7 +4.85

3/6 +4.85

3/5 +3.05

3/4 +3.08

3/1 +2.94

2/28 +2.88

2/27 +0.55


少し過熱していますが、1ドル95円台になれば

日本株買いに弾みが付きそうです。

ここからの上昇は為替次第と言えます。

トレンドは、円安、日本株買いです。



現在の相場が大きいと以前からお伝えしていますが、

どこで判断するか?

ヒントをお教えします。

日経平均月足チャートをご覧ください。

ゴールデンチャートで無料チャートがあります。


2012年8月に陽線を付け、以来直近3月を含めると

8か月連続になります。



2005年5月から2006年1月までの

連続9本陽線がありますが現在は、8本目です。


4月まで連続月足陽線が続くと9本になります。

本日、日経平均は12000円台を付けましたが


「指標銘柄」大和証券G本社の強さを見ると

まだ上値を試す余地はありそうです。

その場合は、

コアとなる銘柄は、現在調整中の野村HDと3大メガバンクです。


大手不動産3社は数日前まで堅調でしたが、

1月4日から2月25日ごろまでは調整期間でした。

立会日数で34日間です。


一番人気の 8411みずほFGは2/12H219円から

本日まで立会日数で18日間の調整になっています。

3月末までには調整を終えて、再び外国人投資家が

強力な買いを入れてくる公算大です。


下手に空売りをするとやられますし

循環物色の流れにうまく乗れないと

指数が上がっても個別株でやられるかもしれません。



以上、3月7日(木)20:40更新の記事です。





日銀の新人事 黒田総裁、岩田副総裁はスタートと同時に

「日銀改革」を進めることは間違いなく、円安、日本株買いに

弾みが付くことは、メインプレーヤーの外国人投資家が

見逃すわけがありません。


不動産の次は、

調整中の証券金融

外国人の買いの日が迫っているように思えるのは、私だけでしょうか?






コメント
いつも拝見しております。
こちらのブログ大変参考になりますので、
これからも更新よろしくお願いします。
| 2013-03-09 10:16 |

コメントありがとうございます。

これからもできるだけ毎日更新していきますので

よろしくお願いいたします。




コメント
いつもブログの更新ありがとうございます。ところで、
今日午後かなりの現物買いが入ったようですが、
伊藤忠と三菱商事の買われ方などに
、かなりの差が見られるようですが、
商社間でも選別が行われているのでしょうか。
| 2013-03-08 21:40 | m |


コメントありがとうございます。

商社株は6社見てください。

5大商社

8001伊藤忠商事

8002丸紅

8031三井物産

8053住友商事

8058三菱商事


2768双日



8001伊藤忠商事に外国人投資家の大量の買いが

3/6 3/7 3/8の3日間連続して入っています。

好業績で、商社株の中でも万年割安に放置されていましたが

そこに外国人が目を付けたようです。


業界トップの8058三菱商事は2013年3月期を減額修正しており

主に、豪州の原料炭事業(市況低迷)の収益悪化と化学品事業も悪化して

株価がそれらを織り込んでいます。

メインプレーヤーの外国人投資家は良いものを大きく買い越して

駄目なものを売り越す傾向にあります。

外国人投資家の直近は

8001伊藤忠

8002丸紅

の2社を買っています。、

特に伊藤忠を3日間大量に買い越しています。

三菱商事も勝ち残りをかけて2014年3月期は巻き返してくるでしょう。

今期勝ち組商社は、

①伊藤忠商事

②丸紅

です。


直近の外国人投資家の大幅買い越し企業

9983ファーストリテイリング

5108ブリヂストン

8309三井住友トラスト

1928積水ハウス

8830住友不動産

8802三菱地所

8801三井不動産

7270富士重工業

4661OLC

2503キリンHD

6326クボタ

4519中外製薬

8601大和証券

8591オリックス

6902デンソー




本日も少しでも参考になった方hが、お手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日の大引け前に更新します。


「株式投資勝利の法則入門編」

本日午前中に配信しました。

「簡易指数表」添付してあります。

ご確認ください。

未着信の方は再送信いたします。

ご連絡ください。


「株式投資勝利の法則入門編」は現在は受付終了しております。

後日ご予約を受け付けますので、受講ご希望の方はお待ちください。

1ドル95円突破

3月8日12;20


前引けベース

日経平均 12219.11円 △251.03円 +2.1%

TOPIX 1016.72 △12.37 +1.2% 



昨日の米国株高、1ドル95円台に乗せた円安の流れを引き継ぎ

大幅高で前場を終了しました。



以下は3月6日13:00更新の記事です


円安メリット銘柄は当然のことながら「勝ち組企業」

円安デメリット銘柄のことを一般投資家の方々は忘れているようです。



円安になれば、原油輸入価格の上昇が負担になる企業があります。

電力、ガス、電鉄、繊維、紙パルプ、鉄鋼、陸運、海運などは

これからの新規買いは、おやめになった方が賢明です。


以上が3月6日の記事です


この記事のことで不安視する方や、空売り狙いと思われる方が

いらっしゃるようですので、付け加えて解説します。


昨年から直近まで日本株は、世界一注目されるマーケットとして

大きく値上がりしました。

それは、まさしくすべての銘柄に買いが波及する全面高です。

その中には経営上好ましくない銘柄や、円安デメリット銘柄も

含まれます。


そんな訳で、3月6日に

円安になれば、原油輸入価格の上昇が負担になる企業があります。

電力、ガス、電鉄、繊維、紙パルプ、鉄鋼、陸運、海運などは

これからの新規買いは、おやめになった方が賢明です。

と書きました。


電力、ガスは3月期決算は良くなるはずはないと思います。


電鉄は不動産株をはじめとする含み資産関連企業で、そのテーマ性から

まだしばらくは堅調に推移する可能性大。

しかし、大きく買われすぎれば空売りも考慮します。

繊維は非繊維部門のウエイトが大きくなっている大手企業、

国際競争力のある企業はその対象外です。

鉄鋼は、自動車産業の巻き返し、円安による収益回復、国際競争力の回復が

望める企業は上値が望めます。

アルミなどの電力をもっとも使う企業は弱くなります。


海運は、バルチック海運指数も考慮しなければいけません。



そんなことで、3月期決算を考慮して負け組企業を選別しています。

4月、5月に決算発表になりますが、実際の景気が良くなるのはもう少し先で

単純に円安だから輸出が良いではなく、企業ごとの業績を考慮する時期が迫っています。

未来の業績は株価に織り込んでくるものです。

これからは円安メリット株が続々と増額修正されるはずですが、

ダメ企業に手を出さないようにご注意ください。

弱い企業は後日特集します。


今月、月足で陽線引けで終了すると

昨年8月から連続8本になります。

3月末まで続くか?

GW手前ぐらいまで続くか?

非常に強い相場です。

為替が、95円ラインを突破してきましたので

日本株上昇に弾みがつくかもしれません。






こんばんは。
いつも参考にさせて頂いております。

建設株ですが、調整に入ってかなり日数がたっています。
補正予算が成立していますが、そろそろ息を吹き返すでしょうか。
それとも、すでに建設株は相場が終わっているのでしょうか?
| 2013-03-07 21:21 | ミヤケ


コメントありがとうございます。

現在調整中の建設株ですが、このまま終わることはないでしょうが

相場の主役ではなくなってきています。

現在上昇中のコア銘柄は、外国人が好んで買う銘柄です。

補正予算、今後のインフラ維持、整備もありますが

大きく収益が向上する環境下ではありません。

昔のように、ぼろ儲け出来る環境ではないこと

お考えください。

今からリスクを取って買わなければいけないのであれば

ど真ん中の銘柄の証券金融株の方が勝ちやすいのではないか?

と思います。

全体の株価水準もよく考えて行動してください。

高くなればリスクは増大するものです。



いつも参考になります。
ガスや電力などは新規買いはやめた方が良いとのことですが
それならば高いところを空売り狙いでしょうか?
| 2013-03-07 21:35 | リンゴ


コメントありがとうございます。

以前からお伝えしていますが

空売りの条件は、

日経平均、TOPIXともに天井形成後に完全に崩れたところを

弱くて時価総額の大きい銘柄の中から、特に業績予想が悪くなる企業を厳選して

空売りを仕掛けます。

直近はインデックス上昇中ですので、もう少し様子を見てからです。

相場の節目は来るはずです。

淡々とその時を待つのみです。


今日も少しでも参考になった方は、お手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は3月10日(日)18時までに更新します。




日経平均12000円

3月7日20:40



日経平均(大引け)

O 12037.25(9:00)

H 12069.60(9:46)

L 11946.01(14:27)

C 11968.08(15:28)

前日比 △35.81円 +0.3%



TOPIX(大引け)

O 1009.55(9:00)

H 1012.62(9:46)

L 1002.18(14:26)

C 1004.35(15:00)

前日比 △1.13 +0.3%



日経225採用銘柄値上がり率上位

1 6674GSユアサ 437円 △36

2 7733オリンパス 2210円 △116

3 4042東ソー 263円 △13

4 4005住友化学 274 △13

5 4704トレンド 2693円 △120

6 7261マツダ 293円 △13

7 8601大和証券 628円 △26

8 5108ブリジストン 3090円 △125

9 4043トクヤマ 232円 △9

10 6770 アルプス電気 621円 △23


本日で日経平均株価6日続伸、年初来高値を更新しました。


日経平均、TOPIXともに9:46に新高値を更新。

H 12069.60(9:46)

H 1012.62(9:46)


米国株(NYダウ)連日の史上最高根更新、1ドル94円台の円安が

買い方有利の展開になりました。


さすがに連日大きく買われたためか、大引けにかけて上げ幅を縮小して引けました。


日経平均25D乖離率

3/7 +4.85

3/6 +4.85

3/5 +3.05

3/4 +3.08

3/1 +2.94

2/28 +2.88

2/27 +0.55


少し過熱していますが、1ドル95円台になれば

日本株買いに弾みが付きそうです。

ここからの上昇は為替次第と言えます。

トレンドは、円安、日本株買いです。



現在の相場が大きいと以前からお伝えしていますが、

どこで判断するか?

ヒントをお教えします。

日経平均月足チャートをご覧ください。

ゴールデンチャートで無料チャートがあります。


2012年8月に陽線を付け、以来直近3月を含めると

8か月連続になります。



2005年5月から2006年1月までの

連続9本陽線がありますが現在は、8本目です。


4月まで連続月足陽線が続くと9本になります。

本日、日経平均は12000円台を付けましたが


「指標銘柄」大和証券G本社の強さを見ると

まだ上値を試す余地はありそうです。

その場合は、

コアとなる銘柄は、現在調整中の野村HDと3大メガバンクです。


大手不動産3社は数日前まで堅調でしたが、

1月4日から2月25日ごろまでは調整期間でした。

立会日数で34日間です。


一番人気の 8411みずほFGは2/12H219円から

本日まで立会日数で18日間の調整になっています。

3月末までには調整を終えて、再び外国人投資家が

強力な買いを入れてくる公算大です。


下手に空売りをするとやられますし

循環物色の流れにうまく乗れないと

指数が上がっても個別株でやられるかもしれません。





コメント

儲け損ない

毎日更新ありがとうございます。
日々の相場観を掲載いただけるので
丸腰の私のような素人投資家が、海外大口の
えじきにならずに済んでおります。

ただ、このところの相場を見ていると
かなり儲け損なってしまっているなと…。
勝手に焦っています。
でも後手に回っているので、下手に動かず
次のチャンスをじっくり待っております。
これでよろしいのでしょうか?
| 2013-03-06 12:44 | KAZU


コメントありがとうございます。

私のブログはちょうど6か月になります。

その間に底値付近で多くの銘柄を参考銘柄として掲載しました。

8411みずほFGを例にしますと掲載した時は120円台だったと思います。

それがわずか3か月間で、219円まで買われたわけですから、

いくら上値余地があってもここからの新規買いはよほどの

「腕に覚えのある投資家」でなければ、リスクは大きくなります。

暴落の要因のほとんどが突発的なものです。

今から、みずほFGの押し目を190円台で買っても

せいぜい4月末までに15%~20%が限界です。

先高観があっても、値幅が取れなければ妙味は薄いと思います。

次のチャンスを狙うのであれば、GW前後に調整があるかもしれません。

早ければ、4月3日の日銀の新メンバーによる

初の金融政策会合の結果での材料出尽くしが

あるかもしれません。

焦って欲を出すと儲からないものです。

いつの時代も相場の転換点は来るものです。

「ピンチこそチャンス」です。

ピンチを待つことが堅実です。





株式投資勝利の法則入門編
毎週、株式投資勝利の法則入門編を受講させて頂いております。
株価が上がってきているので、次のチャンスとしては買いではなく
売りになる可能性が高いようにおもうのですが、
株式投資勝利の法則入門編で近々空売りを扱う予定はありますでしょうか?
| 2013-03-06 17:57 | 侍


コメントありがとうございます。

「株式投資勝利の法則」は、予測は一切しないことが基本です。

今現在は高水準になった銘柄が多くなっていますが、

未だにトレンドは上昇トレンドです。

空売りは天井を形成した後に、完全に崩れた時に行います。

メガバンク、大手証券株がこの水準で終わるとは思えません。

空売りはまだ先になりそうです。

それでは面白くないので、「個別銘柄指数表」を使って

個別銘柄の空売りを教材にしようか考えております。

トレンドに逆らって個別銘柄の空売りをすると

的中率が80%強で少し納得がいかない点があるのですが。

私はやりませんが、資産の10%程度で楽しめる銘柄も探してみます。





円安デメリット銘柄について
大変勉強になるブログを有難うございます。
いつも参考にさせていただいております。
教えて頂きたいのですが、
今日のブログに円安デメリット銘柄は買わないほうがよいとあるのですが、
私はマツダの(株)を持っているのですが、これも円安デメリット銘柄ですか。
売ったほうがいいのでしようか。
| 2013-03-06 21:05 | 仲田典代


コメントありがとうございます。

円安デメリット銘柄は大雑把に業種を書いたのですが、

後日、特集します。

7261マツダは、2/7H334円

本日は上昇しましたがしばらく調整するようです。

マツダは、たしかヨーロッパに強い企業だったと思います。

不安視されている中国関連ではありません。

円安メリット銘柄です。

問題は買値ですね。

200円以下で持っているのでしたら持続して、新値を期待することもできます。

買値が300円以上でしたら欲張らずに利が乗ったら利食うべきですね。






いつも参考になります

03年の上昇時も08年の回復時も、キツい調整がありましたが、
今回はどうなのでしょう?
そろそろ25日線割れてもいいような日柄に思います。
| 2013-03-06 23:30 | みみ



コメントありがとうございます。

もう少し堅調な展開が続きそうです。

ですが、相場に100%はありませんので

そろそろ現金ポジションを高める必要はあります。

25Dプラス乖離は、昨年11月16日に陽転してから

本日で実に71日間のプラス乖離です。

3月末、あるいは4月末に転機が来るかもしれません。

予測しても仕方ありませんので、現在ポジションを

持っていらっしゃるようでしたら高いところは確実に

利食うことが大事です。

現在の日経平均日足チャートは、実に力強いチャートです。

利益確定売りを押し目買い待ちの投資家がすかさず拾っています。

もう1回メガバンクが来てからではないでしょうか?

相場の格言

「利食い千人力」

「もうはまだなり」

「まだはもうなり」



本日は時間が来ましたのでこのくらいにさせていただきます。
これから「指数表」の算出作業です。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

少しでも参考になった方は、お手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いいたします。

明日の更新は大引け前にします。

国策に売りなし

3月6日(13:30)


前日のNY株(NYダウ)が史上最高値(14253.77 △125.95)

を更新したことで朝方から買い優勢の展開になって大幅高になりました。

米国は史上最高値、日本株もリーマンショック以前の水準まで上昇しました。



前引け  

日経平均 11837.87円 △154.42円

TOPIX 997.86 △9.24

1ドル 93.12円

1ユーロ 121.64円

円安は進まないが、NY株上昇にけん引された形です。


日経平均寄与度(前場)

1 ファーストリテイリング +64.46

2 ホンダ +5.61

3 ソフトバンク +5.41

4 中外製薬 +4.60

5 KDDI +4.00

5 セブン&アイ +4.00



「指標銘柄」

8801 三井不動産

8802 三菱地所

8830 住友不動産

前場は堅調でしたが、チャートを見る限り目先天井をつけ

さらなる上値は日柄が必要と思われます。


循環物色相場が続いています。

不動産株の次は?

そろそろ、金融、証券に回ってきても不思議はありません。

8306三菱UFJFG

8316三井住友FG

8411みずほFG

8601大和証券G本社

8604野村HD


これからも上昇が続く限り、相場の中心的存在になるのは

3大メガバンクと2大証券になるでしょう。

8306三菱UFJFGが700円になっても、

8411みずほFGが250円になっても

決しておかしくありません。


日本のメガバンクは、世界トップクラスの健全な資産規模を誇ります。

世界中の投資家はそのことは十分に理解しています。





昨年11月からのアベノミクス相場は、

全銘柄まんべんなく水準を切り上げる形になりました。

これからも勝ち組輸出企業を中心に、為替次第で増額修正があると思いますが

そこに落とし穴が明らかになってくるはずです。




完全な2極化です。


円安メリット銘柄は当然のことながら「勝ち組企業」

円安デメリット銘柄のことを一般投資家の方々は忘れているようです。




円安になれば、原油輸入価格の上昇が負担になる企業があります。

電力、ガス、電鉄、繊維、紙パルプ、鉄鋼、陸運、海運などは

これからの新規買いは、おやめになった方が賢明です。





コメント
以前、雑株のカラ売りについて質問させていただいた者です。
翌日踏みあげられ、ロスカットしました。
まだ持っていたらと思うと、ゾッとします。
貴重なアドバイスありがとうございました。
| 2013-03-05 20:45 |


コメントありがとうございます。

ロスカットで切り抜けられてよかったです。

今なお強いこの相場

昔から相場の格言で

「トレンドに逆らうな」

「国策に売りなし」

と言われています。

空売りしたくなる気持ちはよくわかります。

しかし、5年に1度、10年に1度の相場になるかもしれません。

空売りは、相場が完全に天井を付け、

高値圏から完全に崩れたことを確認してから

仕掛けるものだと私は思います。


直近も全く崩れる気配すら見えません。

しかし、高値を更新中と言っても株価水準が切り上がっていますので

空売りはともかく、キャシュポジションは高めておくことが肝要です。


いつか天井をつければ、トレンドが下降トレンドになれば、

空売りのチャンスはおのずと来るものです。

次のチャンスを待つ間、株式投資の勉強をなさってはいかがでしょうか?



今日は現在の上昇相場を月足ベースで分析しようと思っていましたが

そのことは明日、書きますので読んで下さい。


今日も少しでも参考になった方は、お手数ですが

ランキングにクリックお願いします。

明日の更新は、20時~21時に更新します。

「月足で見る日経平均」をコメントさせていただきます。

安倍総理も「参議院選挙」に政治生命をかけています。

それまでは何があっても株価を下げる訳にはいかないでしょう。

まさに「国策に売りなし」です。

大手不動産株は目先高値形成

3月5日20:30


日経平均

O 11732.57(9:00)

H 11779.42(10:42)

L 11666.38(14:49)

C 11683.45(15:28)

前日比 +31.16 +0.3%


TOPIX

O 998.49(9:00)

H 1000.63(9:10)

L 987.48(14:49)

C 988.62(15:00)

前日比 -3.63 -0.4%



日経225採用銘柄上昇率ランキング


1 6796太陽誘電 1149円 △96

2 3436SUMCO 1009円 △63

3 6361荏原 380円 △22

4 9983ファーストリテイリング 26770円 △1400

5 8253クレディセゾン 2101円 △99

6 1334マルハニチロ 178円 △7

7 1803清水建設 309円 △11

8 6841横河電気 961円 △34

9 9501東電 227円 △8

10 4043トクヤマ 221円 △7




前日のNY株高(NYダウ 14127.82 △38.16)の流れを受けて

寄り付きから買いが先行しました。

日経平均株価は、H 11779.42(10:42)新高値を更新。

その後売り買いが交錯し、上げ幅を縮小しましたが続伸。

TOPIXは小幅反落。


連日大きく買われた不動産株を中心に、電鉄、倉庫などの含み資産株に

循環物色買いが波及しましたが、8237松屋 1199円 △164円まで大幅高になりました。

かなり投機的な流れになっています。


私の「指標銘柄」

8801 三井不動産 2439円 ▼53  3/4H 2569円

8802 三菱地所 2484円 ▼53  3/4H 2618円

8830 住友不動産 3315円 ▼135  3/4H 3560円


不動産大手3社は、今年に入って調整局面に入り

2月中旬までモミ合い、一気に3月4日に目先高値を形成したようです。

したがって波及した含み資産関連株もひとまずこのあたりで

目先天井を付けそうです。


9301三菱倉庫 1603円 ▼18 

本日高値 1666円が短期的には高値になる公算。

3/5 1603円 25D乖離率+14.42

3/4 1621円 25D乖離率+16.71



初心者の方は日足チャートを参考にしてください。

目先天井形成の日足です。




9006京浜急行電鉄 894円 △33

9007小田急電鉄 1062円 △32 

電鉄株の一部は堅調でしたが


かなり良いところまで買われています。

明日以降は高値づかみになる公算大です。



日経平均、TOPIXともに上昇トレンドに変化はありません。

外国人投資家の買い意欲も旺盛ですが、ただ闇雲に上値を買っては

外国人投資家の餌食になるだけです。


不動産、倉庫、電鉄その他含み資産関連銘柄の今後の株価を占うのは、

業種別の「指標銘柄」

8801 三井不動産 2439円 ▼53  3/4H 2569円

8802 三菱地所 2484円 ▼53  3/4H 2618円

8830 住友不動産 3315円 ▼135  3/4H 3560円

の動きです。


私は日本を代表する時価す額上位企業の中から

外国人投資家が好んで買う企業を

「指標銘柄」として常に監視しています。


「指標銘柄」は

上昇相場では、メインプレーヤーの外国人投資家が好んで買う企業

下降相場では、メインプレーヤーの外国人投資家が好んで空売りする企業

です。

流動性に優れ、日経平均株価と連動し、「指数表」とも連動します。



中心的な銘柄の動きを見れば、相場に地合いがわかります。

「指数表」は相場の羅針盤です。

未だに売りサインは出ていません。

強い相場です。



外国人投資家、為替次第ですが今月も堅調な展開が期待できそうです。

しかし、株価水準は確実に切りあがっています。

日本株は堅調でも、いつ何が起こるかわかりません。

高いところでは目いっぱい投資は避けて、確実にキャッシュポジションを

引き上げることが肝要です。



含み資産関連でも、2流株、3流株を高値でつかんだら致命傷になりかねません。

いつの時代も仕手株、雑株は、高値で買った人の負けです。


良い企業を安値で買うことが

「株式投資勝利の法則」の基本です。


目先のことにあまり振り回されないことです。

「株中毒患者」にならないように時にはポジションをゼロにして

相場から離れることも良いと思います。

お金にも休養が必要です。

昔から大金持ちほどお金を大切にしています。

お金とは不思議なもので、大切にする賢い人に集まってきます。


「釣った魚の頭と尻尾は他人にくれてやれ」

と言いますが、美味しいところだけ腹6分目、利食えば十分です。

あとは次の人に差し上げて「お金に休んでもらう」

そんな余裕が株式投資で「勝ち組投資家」になる入口だと思います。



今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

少しでも参考になった方は、お手数ですが

ランキングにクリックお願いします。

明日は大引け前の更新になります。

TOPIX 1000ポイント

3月4日12:50


前場段階

日経平均株価 11674.90円 △68.52円

       H11767.68円
     


TOPIX 995.21 △10.88

   H1001.15    


TOPIXはザラ場高値1001.15と1000ポイントの大台に乗せました。

米国株高と為替が円安に振れていることで買い優勢の展開。


前場

日経平均寄与度

1 ソフトバンク +10.21

2 住友不動産 +7.41

3 三菱地所 +5.01

4 ブリヂストン +3.80

5 三井不動産 +3.72


前場

日経225採用銘柄値上がりランキング

1 7004日立造船 161円 △19円

2 8803平和不動産 1610円 △125円

3 2501サッポロHD 343円 △23円  

4 8830住友不動産 3505円 △185円 

5 8302三菱地所 2575円 △125円


本日も不動産株の上昇が目立ちます。

証券株も堅調で、8601大和証券G本社 615円 △25円

前場高値624円まで買われました。


8306三菱UFJFG 531円 △8円 2/12H 548円

8316三井住友FG 3855円 △85円 2/12H 3935円

8411みずほFG 206円 △2円 2/12H 219円

8601大和証券G本社 615円 △25円 新高値更新 

8604野村HD 560円 △10円 2/13H 564円




以前コメントで雑株の空売りはいかがでしょうか?

という内容のコメントをされた方がいらっしゃいましたが、

その時は上昇トレンドが続いている限り、危険ですといった内容の

ご返事をしたのですが、「よほどの腕に覚えのある」方なら

やり方次第でチャンスはあります。


私は普段売買もせず、熱心に株価も見ません。

ブログを書くために地合いと「指標銘柄」を見る程度です。



「個別銘柄指数表」というものを計測していますが、

本日は、負け組電機株の直近に売りサインが出たものをご紹介します。



2月4日 

6796クラリオン 138 142 132 138 ▼3

この日の大引けで「空売りサイン」が出ました。


2月13日

6773パイオニア 217 226 197 201 ▼24

この日の大引けで「空売りサイン」が出ました。


2月28日

6753シャープ 295 297 293 294 0変わらず

この日の大引けで「空売りサイン」が出ました。



私の場合は、空売りの条件は

日経平均、TOPIXともに天井形成後に、完全に崩れた時に

時価総額の大きい外国人投資家持ち株比率上位で、外国人投資家が

空売りしそうな銘柄を厳選して、空売りすることにしています。


したがって上記3銘柄は一切売買しませんが「個別銘柄指数表」は

かなりの確率で、空売りに有効です。

的中率は80~90%程度ですが、アベノミクス相場に合わせて

調整中です。

もう少し精度が上がりましたら、「株式投資勝利の法則入門編講座」で

教材にします。

何事も、外国人投資家、為替次第ですが買い方有利の先高観があります。

その時は、証券、メガバンクが」上昇することになると思います。

株価水準も高くなってきましたので、蒸し返しのイタリア問題など

注意して、高値掴みだけはしないようにご注意ください。


今日も少しでも参考になった方は、お手数ですが

ランキングにクリックお願いします。

明日は、20時~21時に更新します。

循環物色相場

3月3日15:30


直近はイタリアの政局不安から円高ユーロ安、円高ドル安で

日本株も弱含む局面もありましたが、週末にかけてNY株が

けん引する形になって、」日経平均、TOPIXともに

年初来高値水準で引けました。


先行して上昇した銘柄は小休止するものもあり、循環物色の流れは

今まで以上に厳しくなり、銘柄選別の目がなければ容易に稼ぐことは

難しくなっています。



「指標銘柄」直近の動き


強い銘柄

8830住友不動産 25D乖離率18.61 3320円

8801三井不動産 25D乖離率14.49 2434円

8802三菱地所 25D乖離率13.42 2450円

9020JR東日本 25D乖離率8.29 7060円

8601大和証券 25D乖離率8.29 590円



弱い銘柄

8058三菱商事 25D乖離率-3.76 1830円

6301コマツ 25D乖離率-2.83 2323円

8766東京海上 25D乖離率-2.52 2633円

8306三菱UFJFG 25D乖離率0.79 523円



今年に入って小休止していた不動産関連3社は、

直近外国人の買いが優勢となり3社とも新高値を更新。

それに対し、金融、商社は少し休んでいます。

これは循環物色であり、いずれまた買われてくるものと思われます。

メインプレーヤー外国人投資家の好んで買う銘柄群が

私の「指標銘柄」です。

循環物色もパターンがあります。

それさえつかめば小幅ですが短期で利食うことが可能です。



「株式投資勝利の法則」の基本

時間、値幅、波動、需給、地合い



相場のヒント

不動産大手3社はともに昨年12月から1月4日まで大きく買われ

日柄調整に入りました。

立会日数で日柄(日数)35日前後調整しました。

8830住友不動産 1月4日以来調整

8801三井不動産 1月4日以来調整

8802三菱地所 1月4日以来調整


調整局面に入ると何日くらい調整が必要になるのか?

相場の規模によっても違いますが、

基本的には立会日数

 9日、17日、16日、33日、42日を目安にします。

「株式投資勝利の法則」の基本

時間、値幅、波動、需給、地合いは最も重要な部分です。





以前からお伝えしている通り、相場の主役は

証券、金融、不動産、円安メリットです。


8306三菱UFJFG 523円 2/12H 548円

8316三井住友FG 3770円 2/12H 3935円

8411みずほFG 204円 2/12H 219円

8601大和証券G本社 590円 新高値更新

8604野村HD 550円 2/13H 564円




1月6日にご紹介しました

4527ロート製薬 999円

花粉症の季節になりました。

私も先週から目がかゆく、くしゃみもひどくなってきました。

2/8H1240円

3/1H1238円

花粉が最大に飛散するころに新高値を付けたら売りです。

その頃は、皆が騒ぎ出して買うから高くなり、出来高も増えます。

出来高急増株価上昇が売り時を教えてくれます。

「株式投資勝利の法則」

良い銘柄を安く買って、皆が騒いで買いだしたら売り抜ける。


1年に1度の大底を買うのが、「株式投資勝利の法則」の

基本中の基本ですが、技と知恵を使えばこの程度のチャンスは無数にあります。

あえてリスクを取って、売買を繰り返さなくても容易に稼ぐことはできます。

皆と一緒に高値圏を売買している限り、常勝する勝ち組投資家にはなれません。

「株中毒患者」で財を成した人は見たことも聞いたこともありません。

「元株中毒患者」だった私は10億円近くの月謝を払い

「株式投資勝利の法則」を完成させました。


16歳で相場を初めて、気が付いたら54歳になってしまいました。

無駄が多い人生でした。

愚かな人生を過ごしてきました。

若いころは儲けのネタがあると、見境なく、くらいつきました。

昔は「守銭奴」と言われたこともありました。

今はほとんど欲もなくなり、「世捨て人」になりました。

4527ロート製薬も九分九厘儲かるとわかっていても買ってません。

1年は12か月

1勝0敗11休

2勝0敗10休で十分です。


読者の皆様のためにもっと気合を入れて儲かる銘柄を探すように努力します。


12000円トライは為替次第ですが、相場は強いです。

買い方有利です。


明日は大引け前に更新します。

本日も少しでも参考になった方は、お手数ですが

ランキングにクリックお願いします。

キャッシュポジションを高める

3月1日14:30


ブログを書き始めてもうすぐ6か月になります。

今迄に多くの方々からコメント、励ましのメールをたくさんいただきました。

皆様に支えられることが、わたくし自身の励みにもなります。

ブログを通じてできた「ご縁」をこれからも大切にし

日々精進してまいります。


昨日の大幅上昇にもかかわらず、前引けは日経平均、TOPIXともに

小幅ですが反発しました。




私が株式投資を始めたのは、1974年11月上旬(高校1年)でした。

1974年10月9日にオイルショックによる大暴落で大底を形成しました。

その1か月後に始めたものですから、面白いように儲かりました。

最初は父親から200万円借りて始めたのですが、高校在学中に

運用資金は1000万円を超えていました。


当時はタイミングが良ければ、どこで買っても儲かる古き良き時代でした。


親の七光りでものすごい情報が入りました。


当時は東証の取引所に「場立ち」がいて、彼らが各支店からの注文をまとめて

手サインで商いが成立していました。

証券会社の株価ボードも黒板でNSB通信社の株式市況を、黒板に書いていました。


大口投資家は証券会社の店頭にある「場電」(東証の場立ち直通の電話)で注文を出すことができました。

一般の投資家は自分の注文の約定は引けにならなければ分かりませんでした。




「場立ち」もサラリーマンですから、おいしい話があれば小遣い銭稼ぎしたくなるのは人情です。

当時取引のあった証券会社の次長A氏が「場立ち」出身で、東証の場立ちに一目置かれる存在でした。

そのA氏は、場立ち数人を使い、仕手筋の使う基幹店の板情報をスパイさせていました。

仕手筋がアンダーで種玉を買い始めるとすぐに「場立ち」を通じて「場電」がかかってきました。

私は夏休みは毎日証券会社の店頭で「場電」の情報を待ち、相場に相乗りさせてもらっていました。

当時可愛がってくれた11歳年上の相場師S氏は証券会社のTOPクラスの大口客で

自分が初動で買う時は情報を教えてくれました。

証券会社の店頭には「高校生」はどこにもいないので、珍しがって大口投資家の方々には

ものすごく良くしていただきました。

これがきっかけで、大口投資家のみ知る企業情報、証券会社幹部のみ知る極秘情報、

大物仕手筋の動き、地場新聞(証券新聞)の翌日の記事などあらゆる情報が入りました。


大学に入り順調に儲かり、私だけでも4社に口座があり、ほとんど学校に行かずに

証券会社に入りびたりになっていました。



そんな風に楽して稼ぐことばかりでしたが、世の中は甘くありませんでした。

どんなに良い情報が入っても、仕手株投資は

親ガメこけたら皆こけてしまうものです。

まともな情報のみ買っていればよかったのですが、ついつい仕手株の方が面白くなり

仕手株専門の投資家になってしまいました。


昭和55年(大学4年)に有名なK氏に東京地検特捜部が入って、K氏の銘柄も総崩れになり

私は当時の金額5000万円やられました。


現物と信用の両建てで、常に目いっぱい投資で、「株中毒患者」でした。




普通の人間ならここで目が覚めるのですが、愚かな私はそれから数年間懸命に働き

種銭を作り、また再び仕手株専門の投資家に復活していました。

投資顧問も複数使い、仕手筋の中心人物の情報も入りかなりの資産を

動かせるようになったにもかかわらず、地獄への道が待っていました。

バブル崩壊です。


私の近辺だけでも、300億円以上やられた2名

数十億円規模の損出者は10人以上

私も10ケタ近くやられました。



昔からこの世界は、儲かった話だけが独り歩きします。

「推奨銘柄が3倍になりました。」

「短期で3000万円儲かりました。」

「毎年倍になります。」など

いろいろ怪しい話が暗躍しています。


毎年倍になったら、複利計算で

10年後には1024倍です。

100万円が、10億円です。

株式投資はそんなに甘い世界ではありません。

儲け続けることが一番難しいのです。


株式投資に情報は無用です。

大暴落の底値付近で一流株を買い、

数か月後の皆が騒いでいる高値付近で、欲を捨てて全て売却して

チャンスがあれば、天井圏の株価が完全に崩れたことを確認して

空売りを仕掛けます。


1年は12か月

2勝0敗10休が私の目標です。

それ以外は何もしないことです。


今後も円安株高のトレンドは続きそうですが

いつ何が起きるかわからないのが人生そのものです。

目いっぱい投資は避けて、キャッシュポジションを高めることをお勧めします。

おいしい話にご用心ください。


今日も少しでも参考になった方は、お手数ですが

ランキングにクリックお願いいたします。




「株式投資勝利の法則入門講座」は3月3日(日)10時までに送信します。

正午までに未着信でしたら

shoji-kudo(☆印)dream.com までご連絡ください。

(☆印)のところに@を入れてください。

ようやく未着信は解消されました。

未着信の会員様にはご迷惑をおかけしましたことお詫び申し上げます。


「株式投資勝利の法則入門講座」は現在締め切らせていただいております。

落ち着きましたら「予約」を受け付けますので

申し訳ございませんがお待ちください。


次回更新は、3月3日(日)18時までに更新します。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (73)
株式日記 (2023)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (19)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR