2013-04

トレンドは変わらず

4月30日20:35



日経平均株価(大引け)

13860.86円 ▼23.27円 V34.04億株


TOPIX(大引け)

1165.13 △3.94


値上がり銘柄数 983

値下がり銘柄数 611


新高値銘柄数 240

新安値銘柄数 0



3連休明けGWの谷間、地合いこそしっかりしていましたが

為替がやや円高方向にあるため、電機、自動車、精密の輸出産業がさえない動きでした。

これは仕方ないことです。

GW中で、直近の為替感応度が1円の円高で、日経平均株価 △200円

そのことを考慮して、円高方向になっても押し目らしい押し目もない

強い相場であることが良くわかります。





「指標銘柄」


8306三菱UFJFG 663円 △3円

8316三井住友FG 4605円 △15円

8411みずほFG 215円 ▼1円


8601大和証券 863円 △41円

8604野村HD 793円 △31円


8801三井不動産 3310円 △10円

8802三菱地所 3165円 △20円

8830住友不動産 4600円 ▼40円



本日は、日経平均株価が続落、TOPIXは小幅反発になりましたが

その内容を見てみると


今期の減益見込みで大きく下げた 

6954ファナック 14700円 ▼870円 日経平均寄与度 -34.83円

7267ホンダ 3875円 ▼135円 日経平均寄与度 -10.81円

この2社が日経平均を下げたことがわかります。


為替が、1ドル100円を目前にして、円高の方向に振れたことで

輸出関連セクターに売り物が出やすくなります。





投資のヒント


8601大和証券 863円 △41円

8604野村HD 793円 △31円


全体相場の先高観は、大手証券2社の株価で判断できます。

日足チャートを見るとびっくりしますが

現在は、バブル進行中ですから、月足チャートを見て判断すべきです。

バブルが順調に進めば、時価総額上位の低位株が上がります。

日々の株価に一喜一憂しては儲かりません。


数か月先まで持ち続けることが、バブルで稼ぐコツです。








TDFと自動車部品工業
工藤様

おはようございます。はじめて投稿させていただきます。
私はTDFの株式所有者なのですが、5月決算後の所有をどうしようか迷っています。

理由としては、いすゞ(7202)系列の上場自動車部品3社が経営統合という記事を目にしたからでして、

新たに設立される新会社への株式移転の際、

株式移転比率がTDF:自動車部品工業=0.40:1となっていることに懸念しているのです。

いすゞ系の部品会社の中ではTDFの業績は今期は特に良好であると考えているのですが、

移転比率1となっている自動車部品工業は業績そこそこと予想。。

発行株式数が多く、基準値1とされている自動車部品工業の株価に足を引っ張られてしまうことを懸念しておりまして・・・。

自動車部品工業の株価が4月26日終値507であったので、TDFの株価が0.4掛で考えると204円(26日終値では208円)。

好決算がTDFから出た場合、株価が素直に反応してくれると良いのですが・・・。
| 2013-04-28 03:26 | gk | URL |




コメントありがとうございます。

5641TDF

210 210 207 209 △1 V34000



3/11H 232円 

4/2L 175円

時間、値幅、波動敵にそろそろという感じですが

3番手銘柄ですので、中段モミ合いのままです。

出来高が増えず、市場性に欠けています。

近日中に波動が変わりそうですが、不安に思った時、迷った時は

損がなければ、売却した方が良いと思います。

コア銘柄ではないので、きっかけ待ちです。



1996/12に4270円の高値を付けるほどの仕手系株で

倒産リスクもないので掲載したのですが

動かなければタイムアウトになります。

長期間大切に保有する銘柄ではありません。


同時期に掲載しました自動車関連の3番手銘柄で仕手色の強い

5196鬼怒川ゴム

499 514 491 510 △11 V1120千株

変な動きになってきました。




一流企業で、倒産リスクもゼロに近く、中段モミ合いのままで、

外国人投資家が最終的に仕掛けてきそうな銘柄、個人投資家も参戦しそうな銘柄

8411みずほFGの208円以下を待ち伏せした方が、堅実かもしれません。

相場の面白さには欠けますが、普通預金においておく気持でも良いかもしれません。


順張り専門の投資スタイルでしたら、

バブルで最も上がるのは、ブログ開設時より掲載しております

大手証券2社です。

8601大和証券 863円 △41円

8604野村HD 793円 △31円

1~2か月に1度の25D乖離が縮小した時に買うのがコツですが、

安く買えたら売らないで我慢するのがコツです。


現在は、バブル相場です。

最後まで動かない銘柄は

「見切り千両」

「もうはまだなり」

ご自身の決断の時です。







新日鐵住金
解説を頂きまして誠にありがとうございました。

仮にここから新日鐵住金を中長期目線で購入する場合は
、やはり押し目を待ち伏せるということになるのでしょうか?
また、その場合にはいくらぐらいが目安になりますでしょうか?
| 2013-04-30 11:06 | 背番号7 |



コメントありがとうございます。


2/6H 281円


4/3L 208円で調整完了

立会日数8本で 4/12H 263円

その後、立会日数6本で4/19L 242円

その後、立会日数4本で4/24H 266円

トレンドが変わってきています。


4/12H 263円 ~ 4/19L 242円

値幅で21円安

21円の7掛け 14円

4/24H 266円-14円=254円


買い指値 254円


売り目標短期 281円



1年以内に日経平均16000円~18000円とするならば、

中長期売り目標390円台


こんな感じでいかがでしょうか。


「株式投資勝利の法則」は

時間、値幅、波動、需給、地合いを考慮し

買い急ぎ、売り急ぎをしないように、

買い目標、売り目標を算出し、

「指数表」と「個別銘柄指数表」を連動させていく仕組みがあります。








本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。



次回は、明日大引け前に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」工藤庄司

スポンサーサイト

循環物色相場

4月27日14:25



循環物色相場


日経平均株価、TOPIXは連日のように新高値を更新しています。

昨年11月から日経平均株価は25D移動平均線の上にあり、

まさに教科書通りの上昇トレンドになっています。


今回のアベノミクス相場の中心銘柄は、再三にわたり申し上げていますように

証券、金融、不動産株です。



「指標銘柄」


8306三菱UFJFG

8316三井住友FG

8411みずほFG


8601大和証券

8604野村HD


8801三井不動産

8802三菱地所

8830住友不動産



日経平均株価 4/6 ザラ場高値 13983.87円

TOPIX 4/6 サラ場高値 1176.36


5年ぶりの株価水準にまで回復しています。


上記「指標銘柄」メガバンク3行、大手証券2社、大手不動産3社は高値での

モミ合いになっています。


直近では円安感応度も高くなり、

1円の円安で、日経平均株価が200円上昇するほどです。


外国人投資家が、それだけ日本株を買っているからです。

ブログ開設時から申し上げていますが、

円安=日本株上昇


その構図に変わりはありません。


GWのリスク、7月の参議院選挙のリスクも、安倍黒田バブルの大きな上昇力には

影響がないくらいに、外国人投資家の買い意欲は衰えません。


外国人投資家は、週間ベースで2度の売り越しがありましたが

「国策に売りなし」の格言通り

ここから先も外国人主導の循環物色の流れが続くものと予想されます。


次の上昇波動は、1ドル101円のラインをと突破するときでしょう。

その時までは、


「指標銘柄」


8306三菱UFJFG

8316三井住友FG

8411みずほFG


8601大和証券

8604野村HD


8801三井不動産

8802三菱地所

8830住友不動産



特に不動産大手3社は調整局面になるようです。







日ソ首脳会談直前になりました。

数か月前に書きましたが、

1963日揮が上げてきました。

世界的なプラント建設企業であり、日ソ首脳会談のコア銘柄になることを

お伝えした通りの値動きになってきました。 


アルジェリア事件で売られましたが、一流企業の悪材料が出たら売るのではなく

買い準備をするのが株式投資で儲ける方法です。



歴史的安値と申し上げました、6594日本電産もようやく上昇してきました。

これからは、中長期で見ていく銘柄です。


3397トリドール

3333あさひ

ようやく見直されました。



今外国人投資家が最も目をつけているのは自動車です。


そして、選挙前に発表される国土強靭化計画の建設株です。


バブル相場と言っても、主力の銘柄が循環して物色されるのが

現在のの外国人投資家主導の安倍黒田バブル相場です。



落ち着けばさまざまな小型株にも波及してくるはずです。


5196鬼怒川ゴム

5641TDF

7952河合楽器

上がりも下がりもしませんが、時間の問題でしょう。






コメント

河合楽器
いつもお世話になっております。

先日、精神安定剤として、みずほ、三菱UFJを半分ずつ買ってみました。
ボストンマラソン時の下げを基準に見ると三菱UFJの方が押したように見えたというのもありまして。
暫くは株を買いたくなる衝動は抑えられそうです。

河合楽器をチェックしてみたところ、JPモルガンが4/15付けで5%保有として名前が挙がっていました。
どこかの仕手筋が買っていると思っていたのですが、JPモルガンの場合、
対応が変わることはありますでしょうか?

| 2013-04-25 21:17 | めい |


コメントありがとうございます。

河合楽器は、ボロ株のわりには外国人投資家の持ち株比率が高いです。

JPモルガンが4/15付けで5%保有の件ですが、配当取りの名義貸しか

純粋な投資家は不明ですが、上昇間近のようです。


銀行株(メガバンク)は、相場の柱です。

日足チャートは見ずに、月足チャートを見て判断する局面になってきました。

「果報は寝て待て」


買ったことを忘れて、バブル相場に身を任せる。

そんな心の余裕も大切です。





三井住友銀行
いつも拝見させていただいております。
業績のしっかりした三井住友銀行をみています。
バブル継続中ということですが、小さな波はあるとしても
だいたいどのあたり(例えば年末までなど)まで続くと見通しておられますでしょうか。 
また、8316三井住友銀行は株価上値はだいたいいくらまで行くとお考えでしょうか。 
ご意見のほど何卒宜しくお願い致します。 
| 2013-04-26 01:13 | なな |


コメントありがとうございます。

バブルは入ったばかりです。

外国人投資家は、さらなる円安、日本株を見越して買っています。

相場の上値の大きさは、外国人投資家次第です。

今将来のことを予測するよりも、相場の勢いを見ることです。

今日からは、月足チャートを見るようにしてください。

8316三井住友FGも日足を見ずに月足を見てください。

バブル相場は、簡単には終わりません。

とりあえず参議院選挙で自民党が圧勝して、その時に考えればよいのではないでしょうか。



株価に最もよくないことは増税です。

増税後、数か月でトレンドが変化することは覚えておいた方が良いでしょう。







新日鐵住金
数日前のブログで、新日鐵住金の押し目買いについて翌日に記事にする、
というお話があって楽しみにしているのですが、
興味がありますので記事にしていただけませんでしょうか?
| 2013-04-26 11:32 | 背番号7 |


コメントありがとうございます。

申し訳ありませんでした。

すっかり忘れていました。

5401新日鉄住金の「個別銘柄指数表」のデーターを公開します。

中期波動では、

4/3 220 221 208 216 ▼6 この日の大引けで買いサイン

4/24 255 266 254 263 △13 この日の大引けで追撃買いサイン


相場は上昇波動に入っています。

2/6高値281円は射程圏内に入ってきました。


もしお持ちでしたら、短期では考えずに中長期で投資するのが良いと思います。

バブルですから。

解説が遅くなり大変失礼しました。





銀行や電力は買うなとの師匠の教えなので手は出せません。
それ知ったのが東日本大震災前の直前です。
その時、地元の九電持ってましたが処分して助かりました。
損切り苦手なので、何で上がってるか理解出来ないのは手を出せなくなりました。
最近買ったのは管理人殿の記事にあった日本電産、現金厚めにする為利食いした後ですが更に上げました。
最近売った後上げる銘柄多いです、鹿島建設もそうですが。
| 2013-04-27 06:02 | あまりん |



コメントありがとうござします。

メインプレーヤーの外国人投資家のコア銘柄は、金融、証券、不動産、円安メリット株です。

株式投資で儲ける方法は、外国人投資家が買う銘柄を安値圏で買うことです。

日本電産は歴史的安値を付けて、ようやく反転してきました。

これからが上昇波動でしょう。

鹿島は国土強靭化計画のコア銘柄で、直近外国人投資家が買っていました。


順張りで投資するのでしたら、

外国人投資家の動きを考えながら、投資をすることです。

高くなったら確実に利食うことです。






「株式投資勝利の法則入門編講座」

受講の申し込みをされたのに、4月28日(日)正午までに

未着信の場合は


件名 「未着信」

都道府県名

お名前

ご記入の上、ご連絡ください。

shoji-kudo☆dream.com

(☆のところに@を入れてください)


確認次第再送信いたします。





本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。



次回は、4月30日(火)20時~21時に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」工藤庄司

新高値銘柄増やや過熱気味

4月25日20:50



日経平均株価(大引け)

13887.53(9:00)

13974.26(14:46)

13827.96(10:01)

13926.08(15:26)

前日比 △82.62 +0.6%




TOPIX

1167.83(9:00)

1175.13(14:45)

1163.39(9:26)

1172.78(15:00)

前日比 △8.43 +0.7%



値上がり銘柄数 1056

値下がり銘柄数 541


新高値銘柄数 436

新安値銘柄数 0


日経平均25D乖離率 7.27



東証1部

25D+乖離銘柄数 1639

25D+10%以上乖離銘柄数 437

25D-乖離銘柄数 76

25D-10%以上乖離銘柄数 1



日経平均、TOPIXともに続伸

連日の年初来高値を更新

いささか過熱気味です。

順調にバブル進行中とも言えます。



投資部門別株式売買状況 東証第一部(金額)

4月第3週(4/15~4/19)

外国人投資家 (市場シェア59.6%) ▼1568億2768万6千円売り越し

個人投資家(市場シェア31.1%) △3243億9192万3千円買い越し



「指標銘柄」メガバンク3行 大手証券2社


  銘柄名      25D乖離率   本日終値

8306三菱UFJFG   7.77    660円 

8316三井住友FG    9.24    4600円

8411みずほFG     3.55    217円

8601大和証券      12.35   831円

8604野村HD      14.44   767円


8411みずほFGの割安感が目立ちます。

しかし、時価買いするとストレスになります。

2/6に200円台乗せしてトレンドは横ばいです。

その間の高値は

2/12 219円

3/12 221円

4/18 225円

その間の安値は

2/15 189円

4/2 185円


こんなに横ばいでも値幅があります。


私の開発中「個別銘柄指数表」短期波動では、


2/15 大引け買いサイン 翌日寄付き買い

4/1 大引け買いサイン 翌日寄付き買い



実際、十中八九儲かるとしても、私は短期売買しませんので

一切売買しませんが、「株式投資勝利の法則入門編」の教材にするために開発中です。


もっと上下幅のある小型株はたくさんあり、チャンスもあります。

みずほFGは,プロ級の投資家の方には退屈で物足りない銘柄ですが

「株式投資勝利の法則入門編」受講の皆様は、投資経験年数が3年以下の方が大半ですので

大底買いのできないバブル時に、掲載するのに最もふさわしい銘柄と判断しました。


極端な話、大震災、富士山噴火等で、もしもの時の大暴落があっても倒産リスクは限りなくゼロに近いこと

ロスカットできなくても安全性が高いことが理由です。


ブログ開設時に、120円台で3か月定期預金のつもりでと掲載しましたが、その時の読者数はごくわずかでしたし

その後、現在はバブル相場と直感したため、初心者には最も適した銘柄と言えます。

毎日見る必要はなく、安く買えたらほっぽっておけばよいのです。

株式投資で一番悪いのは、日々の株価に一喜一憂することです。

毎日じっくり見れば見るほど、中長期の展望がつかめなくなります。


平時の「株式投資勝利の法則」は、「指数表」と「私独自の25D日足チャート」だけで底値判定します。

しかし、現在はバブル相場に入っていますので、平時の方法では投資尺度が違ってきます。

バブル(有事の際)は、

時間、値幅、波動、需給、地合いも尺度が違い、月足、週足ベースで判断しなければいけません。


日本経済の最後の繁栄、安倍黒田バブルは、以前から再三お伝えしている通り

金融、証券、不動産株がコア銘柄です。

同じ業種でも小型銘柄の方が上下波動が大きく華やかですが、株式投資の基本は

勝負に出たら確実に勝ち残ることです。

したがって、常にリスクの少ない日本を、世界を代表する時価総額の大きい銘柄の中から

「指標銘柄」を選び抜きます。

私自身株式投資は、木刀、竹刀での試合ではなく、真剣による立会いの場と考えております。

真剣による立会いで負ければ、命を落とすことを意味します。


株式投資に100%はありませんが、真剣による立会いで負けることのない時期

天の時以外は、十中八九勝てる自信があっても私は売買しないことにしています。




外国人投資家が、4週ぶりの売り越しになり、個人投資家が買い越しになりました。

少し気がかりですが、バブルはこれからも続くと思われます。

しかし、バブルであっても瞬間的に、ブラックマンデーのような大暴落が起きないとはいえません。

順張りで回転が効いているうちは良いのですが、循環物色の銘柄判断は難しく

売買のタイミングも一般個人投資家には難しくなっています。

現金ポジションを一定の比率用意し、目いっぱい投資は十分にご注意ください。






本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、4/27(土)20時までに更新します。(明日はお休みさせていただきます。)

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」





昔のバブル

4月24日14:10


前引け時点

日経平均株価

13687.28(9:00)

13745.71(9:14)

13686.78(9:00)

13703.62(11:30)

前日比 △173.97 +1.3%


TOPIX

1156.03(9:00)

1159.45(9:14)

1151.94(11:12)

1152.80(11:30)

前日比 △9.02 +0.8%


前日の米国、欧州株高、f多旅99円台に円安の流れから

大幅高で、前引けを終了。

2008年6月以来、4年10か月ぶりに13700円台に乗せました。


本日前引け段階の値上がり業種は

電気機器

通信

化学

小売り

自動車

機械


弱かった業種は

不動産

証券

建設



しばらくは、為替や、外部環境の影響も受けながら

多少の波乱はあっても上昇トレンドは続きそうです。



みずほは、214円 変わらず

200円トビ台で買いたいところです。

例として(5000株買うとして)

208円 1000株

203円 1000株

198円 1000株

195円 1000株

190円 1000株


6か月後の目標値

270円~350円

バブルがさらに熱くなれば、全員参加型の銘柄になりそうです。

浮動株を外国人投資家が買っているはずです。

上がりだせば株価も軽くなりそうです。

しかし、株式投資は真剣勝負ですので高く買ってはいけません。

下値で「待ち伏せ」するのです。

何か波乱があれば入る水準です。





バブルの話



現在のバブルは、おそらく1990年代のバブルとは、全く違ったバブルに

なりそうです。

昔のバブル時は、土地持ちバブルでした。

私の一族、友人は、1等地に土地を所有していましたので、当時の大手都銀は

何に使っても良いからお金を借りてくださいと日参していました。


横浜駅から徒歩5分圏の100坪所有のK氏

最初は5000万円を借りて株式投資を始めました。

職業は、大学の先生です。

数か月もすると投資資金は3億円になっていました。

2億5千万円儲けて、3億円になったのではなく

借金が3億円になっただけです。

損はしていませんでしたが、いくら儲かっていたか聞きましたら

利息と生活費程度でした。

全額借金ですから、額と背中に脂汗をかきながら売買していました。

常にビクビクしていましたので、1円でも儲かると売ってしまう有様です。

儲かっていたのは証券会社で、莫大な手数料を払ってすべて営業マンに任せていました。


ある日、K氏から電話がかかってきました。

「新日鉄を信用で5億円分買った。」

「日計りで売ったけど、庄司さん、いったいいくら儲かったと思う?」

わたしは、

「5億円だから日計りでも100万円ぐらいは儲かったんじゃないですか?」


するとK氏は、

「たったの67円だよ」

「5億円買って、67円の儲けじゃ缶コーラも買えないよ」

いたって上機嫌でした。

聞くところによると、すべて証券会社の担当者に任せて、

「1円でも利益が出たら売っていい」

と言っていたそうで、証券会社Yの一番の上客でした。

K氏の金銭感覚は完全にマヒしていました。

1000万円のことを1個、一つと呼んでいました。



バブル末期には、持ち株も100社を超えてファンドのようになっていて、

100坪の土地で20億円銀行から借りていました。


それをもとに信用で売買するのですから、半端じゃない「株中毒患者」です。

20代の現役ファンドマネージャー(サラリーマン)に利益の20%バックで運用(アルバイト)もさせていました。



素人のファンドマネージャーが運用する「新人類相場」と当時は流行語になったほどです。

大学を出て数年の社員に500億前後の資金運用させるのです。

500億程度運用できなきゃ使えないといわれていました。


素人の新人類ファンドマネージャーは、市場の株を早い者勝ち感覚で買いあさりました。

当時は、早く株を買わないと1000円未満の株が無くなってしまう。


誰もが株、株、株でした。


素人のファンドマネージャー、素人の一般大衆が上値をどんどん買っていました。

証券会社若手社員も大忙しで、中小証券までもが、大引け後にはタクシーをチャーターして

受け渡しに飛び回っていた。 そんな時代が1990年のバブルでした。


そしてバブルは崩壊しました。


K氏は30億円やられました。

大学も辞めて「専業株中毒患者」に転職してましたので

無職になりました。

大学院、修士課程、博士課程そして経済学部の教授

通称経済のプロでさえこんな感じなのが現実です。


お抱えアルバイトファンドマネージャーも、K氏の投資資金を、10億ほど

損出したそうですが。





昨日から、みずほと書き始めましたが、バブルになって買わずにじっとしていられないのなら

手堅いみずほでも買って、気分転換、持たざるリスクへのガス抜き、そう思って書きました。

明日大暴落があっても、富士山が噴火しても、みずほならつぶれないだろうし、

200円ぐらいまでは戻りそうだと思ったからです。


たくさん買う必要はありません。

1000株買って気分転換するのも良いでしょう。

時間はかかります。

目標は6か月定期預金感覚です。


安倍黒田バブルの柱は、

①大手不動産3社

②証券大手2社

③メガバンク3行

優先順位が最後の銘柄だからいまだに割安なのです。

バブルが本物ならば、人気圏外の、みずほも買いなおされるはずです。

あとは外国人投資家、ファンド、投信頼みです。

「果報は寝て待て」

「まだはもうなり」

上手く安値で買えたら買ったことを忘れることです。

秋にはいくらの株価になっていることでしょう。






コメント

ホームページ
株式投資勝利の法則のホームページのほうは更新はされないのでしょうか?
| 2013-04-22 17:02 | 株初心者 |


コメントありがとうございます。

この件は明日コメントさせていただきます。

昨日は時間の関係でこのような回答になってしまいました。

申し訳ありません。


現在私は、(日)以外の日中のほとんどを、ある企業の経営立て直しのお手伝いに費やしております。

私が入ってからは不景気にもかかわらず、売り上げが80%も伸びました。

それまでがひどすぎたのと、私が新規で採用したスタッフの皆さんが頑張ってくれたおかげなのですが、

その請負も5月いっぱいでお断りすることに決めました。

GWも夏休みも正月休みもない状態で、肉体的に限界に来たためです。

そのようなわけで6月からは、ブログも、HPも、「株式投資勝利の法則」すべてを

刷新していきますのでもう少しだけお待ちください。






コメント
いつもお世話になっております。

アドバイスありがとうございます。

私の投資経験ではバブルどころか上昇相場すら体験したことがないため、

バブル相場に対する対応に戸惑っております。押し目待ちの逆張りしか知らなくて・・・

参考銘柄として、みずほを上げられていたので、

先日の押しで買った206円の玉を利益確定したことが悔やまれます。

慎重な工藤様がここまで強くコメントなさるということは余程でしょうし・・・

手持ちの株では、大きく投資している東証1部の人材派遣銘柄が良いチャートを描いていますが、

バブル相場向きかどうかはちょっと分からないです。

銀行、金融銘柄が手薄なので、えいや!と買うしかなさそうです。

正直なところ、今日みたいな日に建設セクタが上昇したのはショックでした・・・
| 2013-04-23 21:31 | めい |



コメントありがとうございます。

今回が最後の日本バブルになりそうです。

外国人投資家は、短期筋だけではなく、長期運用資金も介入しています。

ど真ん中の銘柄は、中長期で持続して値幅を取ることが重要です。

日本のメガバンクは世界のトップクラスの銀行に変化していることは

外国人投資家が一番知っています。

バブルでは空売りも、大底買いもできませんので「みずほ」を取り上げました。




みずほFG
みずほFG

リーマンショックの後、
120円で現物で12000株買いました。

174~175円で利確。
  
その時、株仲間は辞めとけと止めましたが
必ず騰がると信じて疑いませんでした。

現金ポジションを崩すつもりはありませんが、
1000株だけ、投入するつもりです。

| 2013-04-23 21:58 | mi |


コメントありがとうございます。

それでよいと思います。

現金ポジションは確保して、

気分転換で「みずほ」1000株

心の余裕が出てきますね。





簡易指数表
簡易指数表をバブル対応型にされるということですが、
今までの簡易指数表とどのような違いが出てくるのでしょうか?
順張りの待ち伏せや押し目買いに対応するとか?
バブル相場が崩れた際には暴落警報サインや空売りサインは今まで通り出るのでしょうか?
どのような簡易指数表に変わるのかご教示頂ければ幸いです。
| 2013-04-23 22:58 | 堅守速攻 |


6月からバージョンアップする予定です。

「指数表」の重要な部分(複雑な点が難点)を分かり易く

「簡易指数表」に組み入れていくつもりです。

「個別株指数表」も簡素化して教材に使おうと予定しております。

6月からは時間的余裕が確保できますので。

ご期待ください。






本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日の20時~21時に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」








8411 バブルへGO

4月23日20:50


日経平均株価(大引け)

13545.60(9:00)

13585.35(10:28)

13505.53(12:40)

13529.65(15:28)

前日比 ▼38.72 -0.3%






本日出来高急増ランキングに

建設株が出てきました。

自動車の次かと思いましたが調整していた建設ポストに火が付いたようです。

本日はチャートも、「指数表」の算出もこれからですのでこれ以上のコメントができませんが、

手堅い、バブル向けの銘柄を書きました。




バブル時に上昇しそうな銘柄は

外国人投資家が買うコア銘柄

「指標銘柄」として以前から申し上げています。

メガバンク3行

大手証券2社

大手不動産3社


その中で上値余地が大きく残っている銘柄は?、

低位大型株

PBR1倍

PER10倍(連結予想)

時価総額3兆円以上




参考銘柄

8411みずほFG(時価買いではなく下値で指値)

2018 218 214 214 ▼4 V 1億9656万6300株


2月からモミ合いになっています。

ブログ開設時に3か月定期と思って買っておけば2ケタの利回りになるでしょう。

そんな記事を書きました。

その時はアベノミクス前で誰もが疑心暗鬼でした。


それから80%以上上昇し、値幅は100円幅

株価が2倍弱ではバブルになりません。

月足チャートをご覧ください。

2006/04 H 1030円

2011/11 L 98円

なぜこれだけ下がったのかご存知ですか?


外国人投資家の空売りと持ち合い解消です。

日本独自の要因と言っても、あまりに異常な下げです。



その時は、

リーマンショック

超円高

バブル以降の類を見ないデフレ

産業の空洞化

東日本大震災

福島原発事故

電力不足の深刻化

タイの洪水被害

民主党政権と白川日銀総裁


いま思いついただけでもこんなに日本売りの理由があります。

そのほとんどが解消されたのです。


外国人投資家は、弱い国(日本)の弱い銘柄(時価総額上位の流動性の高い銘柄)を

空売りして大儲けしました。


そして、安倍黒田バブルを見抜いて市場の玉を吸い上げています。

海外の慎重な長期資金も3月から買ってきました。


皆さんは、日経平均、TOPIXが連日のように新高値を更新して

やきもきしている方も多いと思います。

リスクはゼロとは言えませんが、月足でみずほを見れば

今の株価水準がよくわかるはずです。


バブルへGO です。

これから上昇期待の銘柄は時価総額の大きい低位株ではないでしょうか?

2/15 189円

4/2 185円

195円で買い指値を入れて寝ているだけでどれだけ儲かるでしょうか?

大暴落があっても、みずほはつぶれないでしょう。

仮に、クラッシュがあっても安くなれば外国人投資家が買い支えてくれます。

「果報は寝て待て」

寝ていれば、外国人投資家、ファンド、投信、順張りの個人投資家が

買い上げてくれそうです。

段階的に指値を入れるのです。

GWの様子見だ下がったら、一緒に様子見するのではなく

みずほを買ってはいかがですか?

配当利回り2.8%です。

みずほに普通預金を入れていても、利息は付きません。

数年前に、日本人の普通預金残高がメガバンク3行で80~100兆円以上ある。

そんな話を聞いたことがあります。



外国人投資家もファンドも投信も、226円以上になれば一斉に買ってくるでしょう。

初心者の方は、運試しに、みずほに20万~21万円(1000株)投資してみるのも良いでしょう。

バブルに入ってしまったのですから、すぐに大暴落する可能性は低くなっています。

個人の売りを、外国人投資家が根こそぎ買っています。


1990年のバブルを知っていますか?


私は鮮明に覚えています。


バブル=低位大型株上昇

5401新日鉄住金も押し目を買う価値が出てきそうです。

自動車が好調です。

鋼材は新日鉄住金

時価で買うのではありません。

この続きは明日書きます。



コメント

処分・休むも相場
こんにちは、

全面高になったので、本日、全ての株を処分しました。
昨年から、甚大な損失をこうむりましたが

後、最後の反撃をする資金が、かろうじて残りました。
半年後(あるいは1年後)の暴落に、最後の資金を

投入して空売りを仕掛けます。
その時まで、、、、、

休むも相場です。
指数表の勉強です。

ご指導を宜しくお願いいたします。


| 2013-04-22 14:26 | mi |


コメントありがとうございます。

6月をめどに「簡易指数表」バージョンアップさせます。

バブル対応型にします。

「休むも相場」は重要です。


相場は完全にバブルに突入しました。


日本人は疑心暗鬼ですが、外国人投資家は、バブルへGO です。


本日、みずほを取り上げました。

リスクはゼロではありませんが、

2流株、3流株に投資するよりもちょっぴり「普通預金感覚」で

持っていれば「持たざるリスク」のストレス解消になるのでは?

と思います。

リスクゼロではありませんが。





ホームページ
株式投資勝利の法則のホームページのほうは更新はされないのでしょうか?
| 2013-04-22 17:02 | 株初心者 |


コメントありがとうございます。

この件は明日コメントさせていただきます。



押し目待ち
お世話になっております。

円安になると素直に上昇しているし、押しても浅く、すぐに拾われてしまい、

だんだん持たないリスクを意識して来ています。

ただ、サラリーマン投資家なのでそれでも押し目をじっと待って安いところで

買うしか勝機がないので我慢です。

下げ材料としては、NYダウが弱い、中国も先行きが不安(元々粉飾まみれですが)、

今週の米国のイベントで1つくらいは悪い指標も? Sell in mayを意識、

年中弱い欧州と、あることはあるのですが、全部あっさりクリアされたらお手上げですね・・・

| 2013-04-22 21:18 | めい |


コメントありがとうございます。

バブルに突入していますので、これからは「日足チャート」は役に立ちません。

月足チャートで、低位大型株の穴株を探してはいかがでしょうか?

そして、日々の株価、為替は見ずに数か月先のことを考えれが

値幅も取れるチャンスが出てくるのではないでしょうか。




明日は、バブルの話とこれからの予定をお話する予定です。




本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日の大引け前に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

押し目待ちに押し目なし

4月22日14:00


G20で日銀金融緩和に対する批判がなかったことで、再び円安の流れになり

輸出関連株を中心に大幅高の展開になりました。

日経平均、TOPIXともに前場段階で高値を更新


昨日も書きましたが、個人投資家がGW前に利益確定売りを出したのとは対照的に

外国人投資家がその売り物をそっくり買って、さらに主力銘柄の組み入れ比率を

上げるように買い越しています。




外国人投資家のコア銘柄


8306三菱UFJFG

8601大和証券

8604野村HD

8801三井不動産

8802三菱地所

8830住友不動産





参考銘柄3397トリドールが最近よくTV放送されていてIRに力を入れています。

前引け段階

1304 1310 1273 1294 △103

たしか今週テレビ東京で1H番組の放送があると思いましたが。




早耳筋が、テレビ放送を先回りして買うことがあります。


記憶がだいぶ薄れていますが、1990年ごろの話です。

血液製剤のミドリ十字(現在は存在しません、のちに吉富製薬に買収される)が

画期的な防腐剤を開発したとの情報が入りました。


葉山の資産家I氏から電話がありました。

「常温でその商品を一緒に置くだけでカビも生えずに防腐剤以上の効果がある。」

「筑紫哲也の23時のニュースの特集になって今収録が終わった」

「その商品は、ワサビだ」

「庄ちゃん、明日成り行きで買って、放送翌日に寄り付きで売りなさい」


昔は今のようなインサイダー規制がなかったので、こうした情報は日常茶飯事でした。

放送日に、その番組を見ると「ワサヲール」という商品名でその実験が放送されました。

食パンのそばにワサビのエキスを置き、常温でザルをかけた状態で3週間放置。

3週間たってもカビ一つ生えないという内容でした。

23年も前の話ですが、その後商品化された話は聞いていません。


結果は、放送の翌日にストップ高で、欲をかかずに売りました。


テレビの放映は非常にインパクトがあり、小型株は放送の翌日に上昇します。

私はやりませんが、カンブリア宮殿、ガイアの夜明けの予告を見るだけでも

面白いと思います。




相場は全面高で強いです。

GWリスクなどなくなったように、外国人投資家が強烈な買いを入れています。

相場は、バブルです。

7月の参議院選挙もリスクにならないことは外国人投資家は分かっています。


しかし、時々ヨーロッパ債務の蒸し返しなどを利用する投機資金も暗躍しています。


リスクを取ってバブルへ乗るか、休むも相場を決め込むか

決断の時になりました。


何を買っても儲かる相場ではなくなっています。


高く買ってより高く売る。

高くなるほどリスクが増大する。


投資資金は余裕をもって行うことが重要です。

たとえバブルであっても相場に100%はありませんので。



本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は明日、20時~21時に更新します。

「株式投資勝利の法則入門講座」新規登録の皆様へは

昨日、すべての皆様に「簡易指数表」を添付して送信しました。

「簡易指数表の見方」は、次回4月28日に添付します。




当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

個人の売りと外国人買い

4月21日17:10



ヘッジファンドなどの投機資金の資金が商品、債権から株式(日本株)へ

資金のシフトが起こっているようです。


外国人投資家は、日本株がバブルに突入したことを認識し始め

日本株に資金シフトを加速させていることは間違いなさそうです。


4月第2週(4/8~4/12)

外国人投資家の週間買い越し金額が史上最高になりました。

1兆5356億1820万円の買い越し


個人投資家の週間売り越し金額が史上最高になりました。

8583億520万円の売り越し


個人の売り物をすべて外国人投資家が買い、

さらにその上の売り物も根こそぎ買っている銘柄があります。


8601大和証券

4/2安値 600円

4/18高値 861円


8604野村HD

4/2安値 535円

4/12高値 795円


以前から私の「指標銘柄」としてお伝えしています。



中心的な「指標銘柄」


8306三菱UFJFG

8316三井住友FG

8411みずほFG

8601大和証券

8604野村HD

8801三井不動産

8802三菱地所

8830住友不動産


上記8社はこれからも安倍、黒田バブルの中心的銘柄として

さらに買い進まれる場面があるようです。

その中でも、8411みずほFGが出遅れています。

日足チャートでは、よく分かりませんが、月足チャートを見れば一目瞭然です。

まだ上値があるということがよく分かります。


2006/4 高値 1030円

4/19 終値 216円

4/19 安値 211円

4/16 安値 205円


207円~208円で指値を入れて買えてたら、しばらく持っていることを忘れてしまえば

気が付いた時には250円~260円ぐらいにはなっていても不思議ではありません。




日本の3大メガバンクは、長い調整局面から脱し、大きなバブル相場に突入しました。

現在の安倍、黒田バブルがこれからも続くのであれば

どう考えても、3大メガバンク、大手証券2社、大手不動産3社の株価が

これで終わるわけもなく、バブルらしい高値まで上昇する可能性大です。


上記銘柄は昨年9月にブログを開設して以来何度も掲載してきましたが、

これからは、それをリセットして上昇第2波に入る気がしております。


なにも明日の寄り付き買いと申しているのではなく、

数週間に1度の押し目を買えばよいのです。



上値の重いみずほFGも外国人投資家の本気買いモードになれば

一気に上値を付けていくのではないか? と思います。


証券大手2社の押したところも妙味ありと思われます。


もうすぐGWです。

今週末から決算発表も本格化します。

自動車セクターを中心に、円安メリットが決算数値に現れてくるでしょう。


7267ホンダ 4000円台の活躍する日も近いでしょう。


北朝鮮問題、ヨーロッパ債務問題も時々出てくるでしょうから、

円高、日本株安になった時が絶好のねらい目になるでしょう。


上昇トレンドに変化はありません。

さらに2極化が進むかもしれませんので、外国人投資家がメインで買うコア銘柄

に期待ができます。



最近の参考銘柄

5641TDF は自動車セクターが上昇した後に出番がやってきそうです。

7952河合楽器 は円安メリット関連で、強力な筋の介入形跡があります。

5196鬼怒川ゴム は極めて割安に見えますが、自動車部品100%です。






コメント
いつもお世話になっております。

要領の得ない質問に回答くださりありがとうございます。

質問は私の思い込みによるものなのですが、黒田総裁の発表を見て、

向こう半年〜1年は確実に株価上昇するだろうし、国策でインフレにするといっているのだから、

リスク対策で株式を持つ人も増えると思っていました。

今回の上昇には個人の買いもあると見て、そこを海外勢が売ってくると予想していたところで、

個人は売り越しだったので、ちょっと混乱してしまいました。

今はまだ、リーマン以前に捕まって塩漬けになってた個人が売っているくらいの段階なんですね。
| 2013-04-19 21:14 | めい |


コメントありがとうございます。

昨年11月から始まったアベノミクス相場では、個人現物は、3月に少し買い越しになっただけで

一貫して売り越しです。

逆に個人信用は、12月第3週から3月末まで買い越していました。

4月に入ってからは、個人現物、信用ともに売り越しです。

4月の個人現物は史上最高金額の売り越しで、外国人投資家がそっくり買って

さらに上値を買っています。

個人は弱気に、外国人はバブルを見越しています。

その結果が数字に表れています。




ゴールデンウィークに年の天井つけること多いので持ち株大部分減らしました。
東芝、帝人、古河電工など10銘柄以上。
残してるのは第一三共、富士フイルム、住友商事、IHIぐらいです。
去年の秋底値で買って配当も安定してるのだけ残しました。
電気代も上がるし、所得税に復興増税されてる、さらに来年消費税上げるでしょうから、
個人消費の上昇に期待せず株が下がりだす時に備えてます。

| 2013-04-20 10:03 | あまりん |


コメントありがとうございます。

昔から「利食い千人力」と言われるほど利確は大切です。

堅実な投資ですね。

高値付近は確実に現金ポジションを高めることが最も大切です。

バブル相場に踊らされない投資姿勢はお見事です。

ご健闘お祈り申し上げます。




「株式投資勝利の法則入門編講座」受講希望全ての方に

「簡易指数表」(添付)

送信させていただきました。


受講の申し込みをされたのに、4月21日(日)正午までに

未着信の場合は


件名 「未着信」

都道府県名

お名前(フリガナ)

ご記入の上、ご連絡ください。

shoji-kudo☆dream.com

(☆のところに@を入れてください)


確認次第再送信いたします。





本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日は大引け前に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」工藤庄司





2215第一屋製パン

4月19日14:10


対ドル、対ユーロで円や鵜が進んだことで13:30現在

日経平均、TOPIXともに堅調です。


しかし基本的には、

GWのポジション調整

4月19日まで開催されるG20の内容を見極めたい

決算発表の内容を見極めたい

4月26日2回目の日銀金融政策決定会合

イベントリスクがあり、上にも下にも大きく動きにくい展開になっています。


この時期に動いてもなかなかとれなさそうです。

円安=日本株高の構図は変わらず、為替次第の展開になりそうです。




今日は mi さんからのコメントを見た後の更新ですので

比較的安全な仕手株についてお話します。




2215第一屋製パンにかなり強力な買いが見られます。


私が気が付いたのは、

3/19 102 120 102 110 △9 V12994000

この日の大引け後でした。

毎年のように、誰かが買って急騰し、また元の株価に戻るので

あまり気にしていませんでした。

かなり強力な介入だということも耳にしていましたが

私は1流銘柄以外は買わないので、放置していました。




大株主の構成が良いのです。

1位の筆頭株主 豊田通商 33.4%

2位、3位は多分オーナー一族


昔は、首位山崎パン 2位第一パンでしたが

同族の内紛、生産効率、商品開発などの問題で

3流企業になってしまいました。


聞くところによると現在は生産効率も、トヨタ方式を導入し、

黒字定着を目指しているそうです。

昔から、含み資産があり倒産リスクがない仕手系材料銘柄でした。

昔は、横浜市戸塚区に大きな工場があり、よくその前を通っていました。

(現在は横浜在住ではありませんので不明ですが)




チャートをご覧ください。

上値を抑えてアンダーで買い玉を増やしていることがよく分かります。

何かの思惑が、チャートに現れてきます。

しかもかなりの筋が大規模で介入していることも分かります。

チャートを見れば,情報も何もいりません。

今日は参考銘柄としてではなく、チャートの見方として掲載しました。

初心者の方は、買わずに勉強のために株価を見てください。






コメント

こんばんは
こんばんは
今日、気になったのですが
TYO(4358)ですが

本日、出来高をともなってストップ高しました。
時々、急上昇して急降下する銘柄ですが

ストップ高まで騰がりました。
発行株数、59736000株の内
特定株が80.2%  浮動株8.6%です

この銘柄をストップ高に持っていく
理由がよくわかりません。

国策にまったく関係ないと思われますが、、、、
含み資産があるようには思えませんが、、、
筋の方は何か思惑があるのでしょうか、、、


| 2013-04-18 22:22 | ミヤケ改めmi |


コメントありがとうございます。

2012/11/6 H 117円

2012/12/12 H 113円

2013/2/4 H 134円

2013/3/11 H 136円

この時点で株価が上がらずに出来高ができていること。

筆頭株主はベンチャーキャピタルのようですが

特定の人物、企業に売却したのではないかと思わR手ます。

昨日の上昇時の出来高も異常に多く、これも推定ですが

筆頭株主のベンチャーキャピタルが売却したことに関係があると思われます。」


4358TYOは、誠に失礼ですが新興市場で、市場性、成長性全く魅力のない企業です。

リスクを取って投資する理由がありません。

市場性のない銘柄に高値で買い玉を持つということは、自ら「ババ」を引くことになる可能性大です。

手出し無用の銘柄と思います。

今日の第一屋製パンの方がまだ堅実ではないでしょうか?

第一屋製パンを勧めているわけではありませんが。


個人の売り越し
いつもお世話になっております。

4月第2週も外国人が大幅に買い越して個人や機関投資家が売り越している状況らしいですね。
ちょっとした疑問なんですが、この状況で外国人が利益確定売りしても、
買いに回ってない個人に安く買うチャンスを与えるだけに思えるのですが、
それでも売り込んでくるものなのでしょうか?

相場が下降トレンドになるのなら分かるのですが、まだまだそんな時期には思えません。
どうなんでしょうか・・・

| 2013-04-18 22:55 | めい |



コメントありがとうございます。

ご筆問の内容が良くわかりませんが、

個人投資家(現物)、機関投資家は、昨年から直近まで売り越しが続いていると記憶しております。

個人投資家(信用)は買い越しがありましたが、基本的には株価が戻ってのやれやれ売りです。

外国人投資家にも、短期筋、長期投資家があります。

以前のデーターの記憶ですが、外国人投資家の売買総額の30%~40%が

ハイフリークエンシートレーディング(1秒間に数千回の売買ができる高頻度売買システム)

外国人のシェアは

現物の60%~70%

先物の80%

利益確定売りは常に出ています。

極端に表現すると毎秒数千回の利益確定売りと

押し目を狙う買いが交錯しているのです。

ですから推定以上に下がるとロスカットルールで

投げが多くなり大幅に売られるのです。

その逆に買いが買いを呼び大幅高もします。


「株式投資勝利の法則入門講座」は今回は2度目の募集でしたが

想定以上の皆様から受講希望のメールをいただきました。

まことに勝手ながら、返信メールは省略させていただき

全ての皆様に、4月21日(日)正午までに

「株式投資勝利の法則入門編講座」

「簡易指数表」(添付)

送信させていただきます。


受講の申し込みをされたのに、4月21日(日)正午までに

未着信の場合は


件名 「未着信」

都道府県名

お名前

ご記入の上、ご連絡ください。

shoji-kudo☆dream.com

(☆のところに@を入れてください)


確認次第再送信いたします。





本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

明日(土)は休ませていただき、

次回は、4月21日(日)18:00までに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」工藤庄司

トレンドは変わらず

4月18日20:55


大引け時点


日経平均株価

13272.22(9:00)

13377.74(12:50)

13200.85(10:07)

13220.07(15:28)

前日比 ▼162.82 -1.2%



TOPIX

1128.40(9:00)

1138.24(12:50)

1122.64(9:55)

1122.97(15:00)

前日比 ▼13.04 -1.1%



値上がり銘柄数 515 ▼846

値下がり銘柄数 1086 △800


新高値銘柄数 164 ▼6

新安値銘柄数 0


騰落レシオ25D 111.6 ▼1.7


前日の米国株

NYダウ 14618.59 ▼138.19

ナスダック 3204.67 ▼59.96




前日の米国株安

円相場は若干の円高

4月19日まで開催されるG20の内容を見極めたい

決算発表の内容を見極めたい


様々な思惑が絡み大幅な反落で引けました。

野村HDは上げ一服ですが、大和証券に買い手が変わりました。

これは先日に申しあげたことです。




「指標銘柄」

8601大和証券 

810(9:00)

861(10:41)

807(9:00)

831(15:00)

前日比 △21 +2.6%


8604野村HD

739(9:00)

769(12:33)

732(9:54)

745(15:00)

前日比 ▼9 -1.2%


8306三菱UFJFG

649(9:00)

673(11:18)

646(9:04)

651(15:00)

前日比 ▼5 -0.8%





投資のヒント

高値波乱(モミ合い)が続いています。

買いポジションがある方は、やきもきなさっているでしょう。


全体相場はトレンドはいまだに崩れていません。

忙しい個人投資家が、日々行うことは

日経平均株価

TOPIX

メガバンク3行

大手証券2社

不動産大手3社

合計10種の日足チャートを見るだけで十分です。

上記10種のチャートのトレンド、25日移動平均線の向きが

上向きで、株価が右肩上がりで、移動平均線の上に株価があることを

確認すれば相場全体の方向性と、外国人投資家の動向がよくわかります。


今日の10種のチャートを見ると上昇トレンドに変化無く目先はモミ合いですが

順調に「バブル相場進行中」です。


以前からお伝えしていますが、

円安=日本株高

その構図に変化はありません。

個人投資家(初心者)の方はそれだけチェックしてこのような時は売買しないことです。

安い時に一流銘柄を特売価格で買う。

数か月経過して「株価が上昇しています」とNHKの7時のニュースで報道されたら、

翌日の寄り付きで売却する。

あとは何もしないで、10種のチャートだけ見る。

時間に余裕がある方は、三菱商事、伊藤忠商事を追加。

もう少し慣れてきて勉強するならば、

ダイキン、トヨタ、ホンダ、ソフトバンク、ファナック、ファーストリテイリング、コマツ

デンソー、アイシン精機

これだけ合計しても21種です。

全て日本を代表する銘柄で、私のの見ている「指標銘柄」の約半数です。

この中からバーゲン価格になったものを複数に分散投資するだけです。


マスコミや評論家の先生が「大変だ」と騒いだ時がだいたい底値付近。

相場が上昇して、マスコミや評論家の先生が「高い、もっと上がる」と言い出したら

売ればいいのです。


こんな単純な繰り返しだけで生計が立つのです。

単純な繰り返しだから勝てるのでしょう。

難しい研究も、新聞も不要です。

自慢にはなりませんが、私は「日本経済新聞」は読みません。

日経の情報はほとんどが、皆知っていること、株価が織り込んでいることだからです。

私の場合は、「独自の25D日足チャート」 「指数表}だけです。




いつの時代も、大暴落でたたき売られるとほとんどのマスコミ、ほとんどの評論家が

「大変だ。」「もっと下がりそうです。」 そんな口調で大騒ぎするものです。

暴落のたびに、報道を耳にすると、おかしくなって笑ってしまいます。

安くなったら一緒におびえることなく

喜んで上記の銘柄をバーゲン価格で買わせていただけばいいのです。


私はへそ曲がりです。

マスコミやプロと称される方々が「大変だ」と騒いだら買う準備をして

数か月後に高くなったら売ってしまえばいいのです。

あとは「指数表」と私が設定した「25D日足チャート」

勝つためのルール「株式投資勝利の法則」にすべてをゆだねます。


上記企業は、企業戦士たちが世界を相手に賢明に頑張っています。

「指標銘柄」は大暴落に見舞われても、戻す力があります。基盤もあります。

世界的にも市場性、流動性に優れ、暴落すると必ず外国人投資家が

買ってくれます。



初心者の方は「株中毒患者」にならないようにしてください。

勉強のし過ぎも良くありません。


単純明快、良いものを安く買う。

安くなけれがバーゲンセール開催まで待つ。

バーゲンセール開催は、マスコミ、株のプロが「大変だ」「株の下落が止まりません」

とご親切に騒いでくれるのですから。

まことにありがたいことです。





ここまで上昇しますと2極化が進んできます。

天井を付けたものは、次の波動まで調整

円安メリットの銘柄は上がる。

円高メリットの銘柄は下がる。

循環物色が外国人投資家主導で展開しています。

トレンドに変化はなく、順調にバブル相場が進行中です。

わからない時、迷った時は

先人の教え

「休むも相場」です。






TDF
TDFは19日ぐらいに決着がつきそうとの見通しを立てていらっしゃいましたが、
その見通しにはお変りはありませんでしょうか?
| 2013-04-17 17:07 | 堅守速攻 |


コメントありがとうございます。

先日の急速な円高で、自動車、自動車関連株の主力銘柄が上昇しました。

外国人投資家が、決算発表の増額修正に先回りして買い出動したためです。

直近は、

米国のテロ事件

中国の景気減速

金相場の暴落

円安の巻き戻し

G20声明を見極めたい

一時的に円相場の巻き戻しがあり、3番手銘柄の同社は

順番待ちになっている感じです。


有利子負債32億円

一株純資産436円


今日の相場を見ると膠着状態ですが

筆頭株主 いすゞ自動車が順調に業績を伸ばしています。

いすゞ系の同社にとっても親会社の業績好調の恩恵が回ってくるはずです。

いすゞの株価をご覧ください。

そして、順番待ちの3番手銘柄TDFの月足チャートをご覧ください。

これからですね。

市場流動性の問題で今は動けないだけだと思います。

今日の出来高はわずかに6000株です。

つまり買う人も、売る人もいないということです。

転換点にいるということです。

また後日記事を書きます。




「株式投資勝利の法則入門講座」は今回は2度目の募集でしたが

想定以上の皆様から受講希望のメールをいただきました。

まことに勝手ながら、返信メールは省略させていただき

全ての皆様に、4月21日(日)正午までに

「株式投資勝利の法則入門編講座」

「簡易指数表」(添付)

送信させていただきます。


受講の申し込みをされたのに、4月21日(日)正午までに

未着信の場合は


件名 「未着信」

都道府県名

お名前

ご記入の上、ご連絡ください。

shoji-kudo☆dream.com

(☆のところに@を入れてください)


確認次第再送信いたします。





本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日は大引け前に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」工藤庄司

相場は強いが外国人次第

4月18日15:05


大引け前


本日は、前日の海外株の落ち着きから、寄り付きから買い先行で始まりました。

買われていた業種は、銀行、電機、自動車、小売り、精密、不動産


昨日まで堅調だった8604野村HDは利益確定売りに押されてマイナス圏で

推移しています。

それとは対照的に、8601大和証券Gは、12:31現在大幅高で新高値を

更新しました。(822円)




4/14、4/15の両日を節目に調整局面入りも覚悟しましたが主力株中心に

大変強い相場展開になっています。

以前からこの相場はバブル化しているとのコメントをしておりますが

その中でもほとんど上昇していない銘柄(市場性の乏しい銘柄)があります。

相場自体がバブルになっても、上がらない銘柄が徐々に増えつつあるということです。



株価は6か月先の景気、業績を織り込む先行指標と言われますが、

グローバル化が急速に進む現在、企業の存続すら問われる厳しい時代になっています。


このバブル相場は、中長期で考えるとさらなる上値を試す展開があると思いますが

この相場が、最後の日本株全体のかさ上げ相場になるであろうことを予測しておきます。



アベノミクスの3本の矢は来年度も経済成長率を1.4%前後押し上げる見込みですが

国の歳入の倍以上の国家予算を消費し続け、まともな少子化政策もないまま

いずれ来るであろう、外国人投資家による日本株売りのXデーは確実に迫りつつあります。


百貨店で高額商品が売れだしたなどの報道が連日のようにされていますが

23年前のバブルのような華やかさは今の日本には見られません。



バブル当時は私も30歳そこそこで、連日のように証券会社の若手社員たちが押し寄せてきました。

大学出たての若手社員は、大手、準大手証券ともなるとタクシーで押しかけてきました。

理由を聞くと

「時間がもったいないので、支店長命令でタクシーを使っています。」

当時の4大証券は、

「億ロット以外は客じゃない」

とまで言っていました。

つまり1億円の預かり資産で顧客として扱われるのです。



当時の日本には、人々の活気も、夢も、消費意欲もありました。

デパートで高額商品が売れているぐらいでニュースに報道されるようでは

たかが知れています。


誰もが消費し、そんなことが当たり前になるような時代には2度とならないでしょう。

円安がさらに進んでも、円安メリットの輸出産業は、海外に出て生産活動をしなければ

グローバル経済に取り残されて、やがて淘汰されてしまうことは周知の事実です。


規制緩和で、これから日本で新しい産業が続々と出現し、好景気が持続することも考えにくく、

世界一の財政赤字、少子高齢化、産業の空洞化は手つかずのまま消費税が2段階で上がり

そして奈落の底へと落ちていくような予感がするのは私だけではないと思います。


日本は少子高齢化が進み、生産労働者人口の減少はだれにも止められません。

国の財政赤字も5年後はどうにもならない水準に達しようとしています。

日銀がいくら必死になって日本国債を買っても、少子高齢化、生産労働者の減少は

避けては通れません。


1年後、2年後、3年後は分かりませんが、再び外国人投資家による

日本企業売りは現実となってくることを、常に頭の片隅に入れておいてください。





幸いに、株式投資の世界は、買いでも空売りでも稼ぐことができます。

天底のパターンをうまく見極めれば、サラリーマンの方でも諸語とは普通にしながら

ザラ場を気にすることなく、気楽に投資することも可能です。

堅実に大きく値幅を稼ぐ方法は、

一流銘柄の底値買いに徹することだと確信しています。


いつの時代も、どんな相場も

「谷深ければ、山高し」

天井をつければ

「山高ければ、谷深し」

その繰り返しです。

現在の相場はバブル化して、高い山に行きついていませんので

空売りは非常に難しいです。

あえてこの時期に、難しいことをしなくてもよいではありませんか。

難しいとき、分からない時は

「休むも相場」

これは明言です。


気が付いたら15:00になってしまいました。


大幅高で引けました。

強い相場ですが難しくなっています。



本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日は20時~21時に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」工藤庄司



野村HDは強い

4月16日20:45



日経平均株価(大引け)

13023.91(9:00)

13312.23(13:11)

13004.46(9:08)

13221.44(15:28)

前日比 ▼54.22 -0.4%


TOPIX(大引け)

1112.87(9:00)

1127.03(12:51)

1106.18(9:08)

1119.20(15:00)

前日比 ▼14.79 -1.3%


値上がり銘柄数 375

値下がり銘柄数 1261


新高値銘柄数 55

新安値銘柄数 4


騰落レシオ25D 103.6 ▼9.9


25D移動平均乖離率 +4.41



ボストンマラソンでの爆発テロ

北朝鮮問題

大幅な円高への巻き戻し

中国の景気減速

前日のNYダウが今年最大の下げ幅(14599.20 ▼265.88)


寄り付きから、売りが先行して始まりました。

寄り付き直後には、下げ幅が270円を超えました。13004.46(9:08)

押し目を待ち構える動きもあり、プラス圏になる場面もありました。13312.23(13:11)


結論を申し上げますが、強い相場です。

今日はどう考えても、日経平均200円~300円は下落するように思えましたが

さほどの下げにはなりませんでした。



「指標銘柄」

8604野村HD 

750(9:03)

787(12:45)

748(9:03)

772(15:00)

前日比 ▼7 -0.9%


ザラ場高値787円 △8円

ザラ場安値748円 ▼31円

出来高も先週末のピーク時からは減少したものの

高水準を維持して引けてみれば、さほどの下げにはならず

押し目を買う動きは非常に強いと痛感しました。


やはりこの相場は、普通の相場ではなくバブル化しているようです。

しかし、急速な円高方向への巻き返しは、輸出企業を買い進む動きを減速させました。


騰落レシオ25Dは103.6 ▼9.9まで低下


25D+乖離銘柄数 1037

25D+10%以上銘柄数 196

25D-乖離銘柄数 673

25D-10%以上銘柄数 6


循環物色の選別が非常に難しくなってきました。

GWも控えて「休むも相場」が良いのかもしれませんが

あえてリスクを取って買うのであれば、

エアコンの世界的企業

6367ダイキン工業の株価波動が面白くなっています。

同社株は私の「監視銘柄」(現在は大幅高してしまいましたので見るだけですが)でした。

急速な円高への巻き返しにもかかわらず、非常に強い動きになっています。


3770(9:00)

3900(12:34)

3750(9:00)

3875(15:00)

前日比 △45 +1.2% 


外国人投資家の買い、投信の買いが入っています。

波動を簡単に分析すると、25D移動平均線を-乖離した数日間で

-4%ぐらいで押し目買いが入っています。


3500円どころの突っ込みは4000円目標で妙味があります。

アンダーでは、投信、ファンドが待ち構えていて再び円安方向へ向かえば

上昇しそうです。

(注意 一般の個人投資家は、為替と、ダイキンの株価推移の

勉強として見るだけにしてください)

日本株が堅調と言っても、外部要因に引きずられて下がることがありますから注意が必要です。

高値圏で、しかもGW前ですのでゆっくり休むのも良いでしょう。

大きな突込みがあれば面白い銘柄もありますが、今日はあえて掲載しないことにします。

「株中毒患者」にご用心と言っている私が、「株中毒患者」を増やしてはいけません。

私は、当分売買する予定すらありません。

短期で売買するとどうしても勝率が落ちてしまいます。

私が狙う獲物は、直近のような元気な株価ではなく

暴落でたたき売られて弱り切った「一流企業」を買うことと

異常に上がった株価が完全に崩れた時に「空売り」するだけです。

トレンドに逆らわないことと、間違っても高いところでは買わないことが

「株式投資勝利の法則」です。

いたって単純な投資法ですが、かなりの勝率です。

株好きの方には退屈な投資法かもしれません。






コメント

休むも相場
お世話になっております。

今週手仕舞いするつもりでしたが、金曜でも月曜でも変わらないと思って

今日の寄りで利益確定しました。

日銀の発表後、値動きが激しく普段より気疲れしてたので、思い切って今日から休むことにします。

一応、半分残したTDFと今日拾った河合楽器がありますけど、これも今週いっぱいだと思います。

買い場チャンスがなければ、このままGWいっぱい休みたいところですが、どうなることでしょうか・・・
| 2013-04-15 20:45 | めい |


いつもコメントありがとうございます。

TDF(自動車関連) 河合楽器(円安メリット)ですから今日の地合いでは動けません。

TDFのトレンドは崩れていません。

チャート的にはそろそろですが、地合い次第です。

河合楽器は、かなりの有力筋が介入していることがわかりますし、

下がっても知れている水準です。

この続きはブログで検証します。

今晩の為替、海外市場次第ですね。




電力株が暴騰しましたね。早まって空売りしなくて良かったです。
そろそろ売りが近いかとおもいますが、いかがでしょうか?
| 2013-04-15 21:01 | リンゴ |


コメントありがとうございます。

電力株は驚くほど高くなりました。

意外高ですね。

空売りの極意は、全体相場が崩れていて、株価が完全に壊れた時に

仕掛けるものです。

結果論は、ともかくとして、今日は売りサインは出ていません。

明日、空売りして80%以上の勝つ自信はありません。


鬼怒川ゴム
参考銘柄として掲載された鬼怒川ゴムですが、ロスカット値はどれぐらいとお考えでしょうか?
掲載された次の日の寄り付きで買っているとすると496円になります。
| 2013-04-16 17:28 | 背番号7 |


コメントありがとうございます。

為替次第で自動車株全般の動きが変わります。

計算上は、460~465円です。

しかし、頑強な底が437円と439円です。

為替に振り回されると株価にも振り回されます。

この銘柄は、チャートで見る限り、有力筋が介入しています。

割安な銘柄ですから、1か月~2か月の波動で見た方が良いと思います。

しかし、北朝鮮問題、米国のテロもありましたので

米国株が下落すると少し厄介になります。

明日以降も波動を見て検証して記事にします。


新日鐵住金
先日は、アドバイスありがとうございました。
無理に空売りをしなくて良かったです。近頃の相場を見ていて動かないとと焦っている自分が恥ずかしいです。
先生が仰っていますように休んだ際の儲けそこないは仕方ないってことが理解できました。
これからも、よろしくお願い致します。

コメントありがとうございます。

空売りは非常に難しく、うまくやれば非常に儲かります。

全体相場がバブル化していますから、個別銘柄で判断しては危ないです。

空売りは頻繁に仕掛けるのではなく、1年に1度、2度で大きく儲けるための投資手段です。

もっと大きな波動を取るものです。

機会があれば、空売りの波動について具体的に特集します。




本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日大引け前に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」工藤庄司

利益確定売り

4月15日12:00 


(前引け段階です)


為替が直近の1ドル100円に迫る円安進行が一服したことで

売りが先行して始まりました。

本日前場段階で堅調な業種は、電力、ガス、水産、食品



13400円台は、利益確定売りが出やすくなっています。


11:00現在

1ドル=98.52円

1ユーロ=129.05円


11:08現在

日経平均株価 13314.10円 ▼171.04円 -1.3%


TOPIX 1137.92 ▼10.65 -0.9%



以下は4月11日の記事です

外国人投資家の買いにはいくつかのパターンがあります。

8604野村HDは目先天井(短期的なもの)は、4/11~4/15につけます。

以上が4月11日の記事です


8604野村HDが利益確定売りに押されてきました。

押し目を狙う買い物も入っています。

売り方と買い方との攻防戦です。


寄り付 771円(9:02)

高値  792円(9:34)

安値  768円(9:02)

前引け 781円(11:26)

前日比 ▼5 


調整はあるでしょうが、今後も上昇相場が続くのであれば

コア銘柄です。

バブルに入った相場ですから、中長期で1000円以上になる公算大です。




以下は2月14日の記事です


ここからさらに上昇する場合は、外国人投資家は何を買うのでしょう?

メガバンク3行

大手証券2社


外国人投資家は新興市場、小型株投資はほとんどやりません。

時価総額上位の内容のしっかりした一流企業に投資します。


ここから買うのであれば、ど真ん中の銘柄

「指標銘柄」

みずほFG

三菱UFJFG

三井住友FG

大和証券

野村HD


目先の小さな動きに振り回されないことです。

トレンドは上昇トレンドです。

雑株を買わないことです。

以上が2月14日の記事です。




以下は2月19日の記事です。


先週末の押しは浅く、地合いもよくなっています。

上昇トレンドに変化はなく、循環物色ですが日経平均、TOPIXともに

先高観があります。

しかし、ど真ん中の銘柄以外は買わないほうがよいでしょう。



8306三菱UFJFG  534円 △1

8316三井住友FG 3810円 ▼10

8411みずほFG 204円 変わらず

8601大和証券G本社 549円 △1

8604野村HD 548円 △7


以上が2月19日の記事です。





今後も外国人投資家は、メガバンク3行、証券大手2社を

買ってくると思います。

循環物色相場ですから上げては休み、さらに上げて休む

そんな上昇トレンドが期待できます。

しかし、買うタイミングを間違えるとふるい落とされます。

相場には波動があります。

チャートをよくご覧ください。



8306三菱UFJFG  

8316三井住友FG 

8411みずほFG 

8601大和証券G本社 

8604野村HD 




いよいよ、増額修正銘柄に注目が集まりそうです。

円安メリット関連銘柄は、自動車関連セクターを中心に

次の波動の主役になるコア銘柄として注目です。

トヨタ自動車、デンソー、アイシンは外国人投資家が最も狙っている銘柄です。


為替が円安方向に再び振れれば、上記3社から幅広い銘柄に波及しそうです。






毎週(日)に配信しています

「株式投資勝利の法則入門編講座」は、

早いもので本日で、vol.10になりました。

締め切り後もお問い合わせのメールをたくさんいただきましたが

ご期待にそえませんでしたので、本日改めてご予約を承ります。

4/21から配信予定です。



PCとエクセルとメールが受信できれば受講可能です。

2/10から私自身が納得のいくまでは無料で行っています。

もうしばらく無料で運営します。


無料期間終了後は、月額6000円+TAX=6300円

6か月前納 37800円です。

無料期間終了は事前にご通知いたします。


無料期間終了後にメールなどでの営業行為等は一切行いません。

受講募集は、期間限定といたします。

次回は未定です。

一部通信障害により、未着信が発生しております。

(日)正午までに未着信の場合は、件名「未着信」とご記入の上

御連絡下さい。

ご連絡のメール確認次第再送信いたします。


受講ご希望の方は、件名、① ② ③明記の上、メールにてお申し込みください。

件名は、「入門講座受講希望」と明記ください。

①都道府県名

②お名前

③年齢と投資経験年数


shoji-kudo☆dream.com

☆のところに @を入れてください。

工藤庄司




昨日たくさんの方から「入門講座受講希望」のメールをいただきました。

ご返信は、4月21日(日)正午までに「入門講座」と「簡易指数表」を添付して

送信いたします。





本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日20時~21時更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」工藤庄司

5196鬼怒川ゴム

4月14日17:20


私の「指標銘柄」

8604野村HDに外国人買いが集中し急騰しました。

この上がり方は、バブルです。

8601大和証券

8604野村HD

証券大手2社は、日経平均、TOPIXの先行指数です。

GWに調整が入るとすれば、大和証券、野村HDが先に調整するでしょう。

野村HDは、このあたりが短期的には高値付近です。

この水準でモミ合うか、少し押すかといったところですので

明日は以降しばらくはご注意ください。

買いの主体が外国人投資家で、バブルですから

中長期では1000円はいくようですが

短期間で大きく上昇した直後はリスクが大きくなります。

次は、大和証券にもう少し買いが入るかもしれませんが

いつ調整してもおかしくありません。

メインプレーヤーは外国人投資家です。

残念ながら、今後の株価は外国人投資家、為替次第です。




円安メリット銘柄の大幅な増額修正

自動車、自動車部品に穴株あり


野●証券試算為替レート 1ドル87円

大●証券試算為替レート 1ドル90円

直近の為替水準が続くと輸出企業は増額修正を出してきます。




以下は、4月6日の記事です。

参考銘柄(4月6日の参考銘柄です)

6135牧野フライス

569 578 545 547 △8

円安メリット、売り上げ構成比率工作機械の製造、販売100%

売り上げ構成海外72%

(大底買いではないので私は買いませんが有望です)


7251ケーヒン(4月6日の参考銘柄です)

1328 1339 1305 1310 △27

ホンダ系、 売り上げ構成比率 自動車部品100%

6か月定期のつもりで、6か月後は1900円目標

以上が4月6日の記事です。

(大底買いではないので私は買いませんが有望です)



上記2銘柄は、円安メリット株です。

当日同時に見つけた銘柄は、

5196鬼怒川ゴム

6165パンチ工業

6640第一精工

6985ユーシン

7260富士機工

6779日本電波





参考銘柄

5196鬼怒川ゴム

4/12 475 496 474 496 △21

自動車部品 100% 海外25%

昨年より有力筋介入の形跡があります。

全体の地合い次第ですが、次に外国人投資家が仕掛けてくる銘柄は

トヨタ、ホンダ、デンソー、アイシンを中心に自動車セクター

になるはずです。

ここ数日上昇していますので、穴株として5196鬼怒川ゴムが面白いです。

GW前には勝負がつきそうです。

(私は買いませんがブログ読者の皆さんへ参考のため記載しました)



コメント

アドバイス、ありがとうございます。

確かにここで無理してもリスクとリターンが釣り合わないので

来週中にでも利益確定しようかと思います。できれば、

為替が100円を超えてお祭りムードになったところで逃げたいですが

そう上手くはいかないでしょうね・・・

弱小個人なので大した相場の経験はありませんが、

リーマンショック後、チャンスだと思って始めた1年目は

リチウムイオン電池関連の仕手株に引っかかって資産を3割ほど喪失。

勉強し直して優良株へ投資し、順調にいっていたところで震災が起こって4割喪失。

今回がラストチャンスだと思って相場に向かってました。

地合の良さに助けられやっと震災で失った資産を取り戻したので、

ここからは無理せず、2,3年で仕手株分の損を取り戻すつもりでペースダウンしようと思っています。

| 2013-04-12 22:26 | めい |




いつもコメントありがとうございます。

株式投資は不思議な世界です。

世間では賢い主婦の皆さんは、安くて良いものを買う「バーゲンハンティングの達人」

ですが、株式投資の世界では全くその正反対になってしまいます。

高くなると買いたくなる。

安いときには買わずに様子を見るだけ。


相場が高くなると、リスクも高くなります。

現在の相場はバブルに入ったばかりで、これから中長期でもさらに上昇するでしょう。


しかし、外国人投資家の循環物色の一歩先を行かなければ儲けにくくなります。

バブルと言っても人気のない銘柄は放置されます。

新興市場で勝負する場合は個人投資家主体ですが

1部上場で稼ぐならば、外国人投資家の投資パターンを

良く考えて投資しなければ餌食になります。

常に腹八分を心掛けて余裕を持って投資に臨んでください。

ご健闘お祈りします。





いつも勉強になるブログをありがとうございます。

ケーヒンとケイヒンを取り違えて売買してしまい冷や汗ものでしたが

少しの利益で手仕舞してやれやれです。

よくみると似たような名前の銘柄が多いですね。

肝に命じて売買します。昔話をありがとうございます。

背筋が寒くなります。参考にさせていただきます。
| 2013-04-12 23:03 | リンゴ |

昨日の記事を拝見してケイヒンとケーヒンの取り違えに気づきました。

おまぬけで恥ずかしい限りですが貴ブログは読者の皆さんに運を分けて下さるように感じました。
| 2013-04-12 23:09 | リンゴ |



いつもコメントありがとうございます。

倉庫の9312ケイヒンと間違えたのですね。

損をしなくて良かったです。

私も、誤字脱字、コードナンバーの間違いに十分注意します。

これからも強い相場が続くでしょうが、常にリスクのことを考慮して

無理のないようにしてください。

投資に無理は禁物です。

10億近くの月謝を払った私が言うのですから

説得力があると思います。








毎週(日)に配信しています

「株式投資勝利の法則入門編講座」は、

早いもので本日で、vol.10になりました。

締め切り後もお問い合わせのメールをたくさんいただきましたが

ご期待にそえませんでしたので、本日改めてご予約を承ります。

4/21から配信予定です。



PCとエクセルとメールが受信できれば受講可能です。

2/10から私自身が納得のいくまでは無料で行っています。

もうしばらく無料で運営します。


無料期間終了後は、月額6000円+TAX=6300円

6か月前納 37800円です。

無料期間終了は事前にご通知いたします。


無料期間終了後にメールなどでの営業行為等は一切行いません。

受講募集は、期間限定といたします。

次回は未定です。

一部通信障害により、未着信が発生しております。

(日)正午までに未着信の場合は、ご連絡のメール確認次第

再送信いたします。


受講ご希望の方は、件名、① ② ③明記の上、メールにてお申し込みください。

件名は、「入門講座受講希望」と明記ください。

①都道府県名

②お名前

③年齢と投資経験年数


shoji-kudo☆dream.com

☆のところに @を入れてください。

工藤庄司




本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日の大引け前に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」工藤庄司

利益確定売り

4月12日12:55


昨日までにかなりの過熱感が出てきたことは事実です。

しかし、現在の相場はバブル相場に入っているようです。


次の注意はGWです。

誰もがその前に利確をしようと思っています。

皆と同じことをやっても勝者になれません。

メインプレーヤーの外国人投資家がどう動くのか?

相場のキーマンは外国人投資家です。


目先多少の調整があったとしても、この程度の水準でバブルがはじけることは考えにくいです。



昨日の日経平均25D株価乖離率 +8.15%

順張り投資と言えども株価乖離率が異常値を付けた場合は

たとえど真ん中の銘柄でも新規買いはいけません。




本日は昔話に付き合ってください。

私は、1974年(高校1年)から株式投資を始めました。

もちろん先のバブル相場も体験しました。

バブル相場の前、1987年に7276小糸製作所に全財産をつぎ込みました。

買いコストは760円ぐらいと記憶しています。


友人で食品問屋社長から連絡があり、

「小糸工業(小糸製作所の子会社で当時は未上場)が画期的な商品を開発した。」

「海水を飲料水に浄水する装置で、そのサイズがクーラーボックスサイズとのこと」

まだ20歳台の私は何でも飛びつきました。

未上場だから親会社の小糸製作の株を買おうと思いゴールデンチャートを見ました。

びっくりしたことに、強力な介入形跡があったのです。

チャートを見る目はすでにその時からありました。

すぐに手口を取ったのですが、相当な玉集めの形跡がありました。

早速成り行きで、全財産つぎ込みました。

翌日から本尊がだれか調査しました。


初動の買いはK産業のK氏でした。

その後、A自動車のW氏、大物の仕手筋のK氏まで参戦してきました。

幸い自分の友人がその中の中心人物でしたので、持ち続けました。


その途中すぐにNY発の大暴落「ブラックマンデー」に見舞われ

小糸製作所もストップ安して買値まで下がってしまいました。

しかし、翌日はストップ高、そして連日のように下値を切り上げての上昇になりました。

それから5か月ほど我慢して持続して、株価が2100円になった時にとんでもないことになったのです。

600万株の成り行き売りが出たのです。

たしか、300円安の売り気配になって決断の時が迫ってきました。

すぐに友人に連絡すると、

「K氏が、自ら破産したと噂を広げて振るい落としをしている」とのことでした。

振るい落としと玉移動のクロス商いがらみでしたが、一段落すると

再び上昇し始めました。


私もさすがに持ちきれずに、2400円で売却しました。

結果として、その後1989/3高値5470円をつけて暴落しました。

そのことは大事件として、NHK特集にもなり、K氏は東京地検特捜部に

逮捕されました。

玉は米国の投資家に名義が書き換えられ大騒ぎになりましたが

最終的にメインバンクが引き取ったと記憶しています。

これが有名な小糸製作所の買い占め事件です。




その後も仕手本尊と情報を共有しつつ、私も資金枠が大きくなりました。

ちょうどバブル時で私は30才過ぎでした。


当時の私は、ネタがあると何でも飛びつき、1銘柄に全財産をつぎ込む無謀な投資家でした。

結局バブル崩壊と同時に10億近くやられてしまいました。


私の周辺は、バブル成金が

300億円以上2名

数十億円十数名

皆行方不明です。


これがバブルの恐ろしさです。

かろうじて、細々と生き延びた私は、暴落時に一流銘柄を大底で買う

「株式投資勝利」と

40以上の指標を組み合わせ、天底を判定する独自の「指数表」を完成させました。


かつての私は、現在とは正反対の順張り、仕手株専門の投資家でした。


前置きが長くなりましたが、一流株の大底買い程、効率の良い、ローリスクの

投資手法はないと確信しております。



現在の相場は長期で考えると、さらに上値を試すバブル相場になるようですが

バブルの後には大暴落が来ます。


6か月後、1年後、2年後、3年後までには、大暴落が来ることになることを予測しておきます。

今はバブルの入り口でも、やがて、崩壊の時が訪れます。


少子高齢化、産業の空洞化、生産者人口の減少、新興諸国の技術力の追い上げ、

莫大な財政赤字、インフラの維持、地震災害のリスク、今買っている外国人投資家は

バブル後の日本市場を容赦なく叩き潰してくるでしょう。


現在のバブルが日本にとって最後の上昇相場になるでしょう。

まだたっぷり時間がありますので、皆さんもよく考えてバブルの被害にあわないようご注意ください。


そうなってもグローバルに展開している企業は確実に生き残り

世界で生き残ります。

グローバルに生き抜く強い企業の「大底買い」

暴落時の空売りも大きく取れます。


それが「株式投資勝利の法則」です。






コメント

昨日は時間の関係でコメントのご返事ができず申し訳ありませんでした。

本日ご返事させて頂きます。



新日鐵住金
新日鐵住金は、先日より反発してきていますが、
先生はどのようにお考えでしょうか?自分は、空売りを仕掛けようと考えています。
| 2013-04-10 12:47 | ラシム |

コメントありがとうございます。

時価総額上位銘柄の中では負け組ですので空売りしたくなる気持ちはわかりますが

昨日掲載しました大型株指数が強いことが問題です。

安倍、黒田バブル相場に入ったようですので、理屈抜きに時価総額上位の大型株は

下押ししにくくなります。


私の「個別銘柄指数表」では、昨日の時点で転換点で上昇の可能性が7対3で出てきました。


新日鉄住金は中国、韓国の鉄鋼メーカーに追い上げられ、円安になっても厳しい状況で

合併統合による設備過剰が指摘されています。

しかし相場というものは、現在がバブルという観点から考えますと、魅力のない企業までが

大型株であれば買われていく可能性大です。


私の場合は、自分自身が買わなくてもブログ参考銘柄は、十中八九勝てる見込みのある銘柄を

掲載しています。

今現在では、新日鉄住金の空売りで、十中八九勝てる見込みはありません。

超円安は、新日鉄住金にとってもプラスへ作用してくるはずです。

相場(株価)とは、6か月先を織り込んできます。


慌てなくてもこれからいくらでもチャンスは来るはずです。

全体株価がこれだけ上昇しているということは、将来大きな空売りのチャンスが来るということです。

どう考えても、日本に明るい未来はありません。

少子高齢化、産業の空洞化、生産労働者人口に減少、国家財政赤字、

安倍、黒田バブルは、1年先、2年先、3年先かわかりませんが、いずれはじけるでしょう。

その時には、暴落での空売りバブルが来ることになると思っています。

リスクを取って少ない利益を狙うよりも、相場のトレンドに乗って

ローリスクでハイリターンを狙うことの方が堅実ではないでしょうか。

現在の上昇トレンドに逆らっての大型株の空売りはリスクが大きすぎます。

もし空売りされるのであれば、最小限の資金枠で空売りするか、

e-ワラントで短期でプットを買われてはいかがですか。






お世話になっております。

TDFの件、ありがとうございます。参考銘柄として取り上げた理由が理解できました。

相場が急ピッチでしかも苦手な金融、不動産に偏った上昇のためやりにくい感じです。
急上昇前に拾った銘柄がそこそこあるので、薄利ですがGWまでに利益確定を入れていこうかと思います。
| 2013-04-09 21:36 | めい |

お礼
お世話になっております。

先日、取り上げられた牧野フライスですが、お陰様でタイミング良く550円台で買えました。
ありがとうございます。

ただ、ちょっと買いすぎたので今日の寄りで少し利益確定して調整しました。

銘柄について調べてみた感じ、中期でホールドしても面白そうな気がしましたが、
手堅くGWで手仕舞いすべきか悩んでいます。資金力との相談になりそうです。

ケーヒンについてはタイミング悪く、クレディスイスのレーティング上げで上昇してしまい見送りました。

GWまで、高値を掴まないように注意しながら相場に向かいたいところです。
| 2013-04-11 21:05 | めい |



コメントありがとうございます。

牧野フライスは中期で持続しても妙味があると思います。

しかし、全体相場の水準が高くなり過熱していますので利益確定も重要になります。

実は、参考銘柄に椿本チェーンも掲載するつもりでしたが大きく上がってしまいました。

これも少し下がれば面白いと思います。

相場の格言で

「利食い千人力」と言いますが

短期投資では確実に利食うことが重要です。

この相場はバブルになるようですが、いずれ近いうちにユーロ圏での悪材料蒸し返しが出て

短期的に為替、株価に影響が出る局面が来ることも覚悟しなければいけません。

ヘッジファンドが売り仕掛けをするとしたら、4月第4週ぐらいでしょうか?

結果は予想できませんが、GWはリスクになりますので少し早目にポジション調整した方が良いと思います。

この場合の儲けそこないは仕方ないことです。




こんばんわ

GW前から調整が入るとの見立てでしたが、今も変わりはないでしょうか?
また、もしそうなった場合期間や値幅はどの程度と読んでおられますか?
何となくで良いのでお答え頂ければ幸いです
| 2013-04-11 21:20 | のの |


コメントありがとうございます。

相場に予測は不可能ですが、リスク要因は避けるべきです。

安倍、黒田バブルは今後も続くでしょうが、相場には波があります。

全ての投資家がGWの前に利確をしたいと思っていることは事実です。

それでしたら、他人の先手を打って早めに手じまうことです。

相場において、迷いや不安が生じたらポジションをゼロにして

外から冷静に見てみることも重要です。

「株中毒患者」になると冷静な判断ができなくなります。

休んだ際の儲けそこないは仕方ないことです。

損をしないことが最重要です。

バブル相場と言えども、調整局面が突然襲い掛かってくることを

常に頭の片隅に入れておくべきです。


これだけの上昇相場ですから、押しも小さいでしょう。

材料にもよりますが、下がったとしても日経平均で1000円幅前後

立会日数で10日~20日位覚悟しておけばいいと思います。

たぶんさほどの下げはないと思いますが、天災や突発的な軍事衝突も

ゼロとは言えません。

結論は、

上昇トレンドの途中での調整は、ほとんどが一時的なものです。

現在の相場はバブルです。




本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、4/14(日)18:00までに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

安倍、黒田バブル相場

4月11日20:40




日経平均株価(大引け)

13444.95(9:00)

13549.16(15:28)

13384.11(10:55)

13549.16(15:28)

前日比 △261.03 +2.00%




TOPIX

1133.72(9:00)

1147.29(15:00)

1133.22(10:58)

1147.29(15:00)

前日比 △26.25 +2.3%



値上がり銘柄数 1125 △58

値下がり銘柄数 460 ▼60



新高値銘柄数 332 

新安値銘柄数 0



大型株指数 1119.11 △33.55 25D乖離率 +10.72

中型株指数 1259.25 △14.91 25D乖離率 +8.11

小型株指数 1903.66 △12.24 25D乖離率 +5.83


日経平均25D乖離率 +8.15


前日の欧米市場が堅調(NYダウ14802.24 △128.78)

1ドル100円の直前まで円安が進行

2月の機械受注統計が2か月ぶりに上昇

4年9か月ぶりに13500円台を回復


朝方から自動車、電機、機械、銀行、化学、保険、証券の

主力銘柄を中心に外国人の買いが入りました。

大型株指数が大幅高です。

(大型株指数とは  時価総額、流動性が高い上位100銘柄 TOPIX100)




本日  大型株指数 1119.11


2007/02 H 1906.48

2000/02 H 1868.51

1996/06 H 1735.06

1994/06 H 1718.11


「指標銘柄」

8601大和証券 807円 △38

8604野村HD 760円 △58


4/5から連日、野村HDに外国人の買いが入っています。


バブル相場に入りつつあります。

明日あたりにひとまず、利益確定売りが出てくると思われますが

大手証券2社はこれからさらに上昇するでしょう。


証券株、メガバンクに短期的に過熱感が出ていますが 

目先は利益確定売りが出ても強い上昇トレンドです。


安倍、黒田バブルの本命銘柄は

8306三菱UFJFG 

8411みずほFG

8601大和証券G

8604野村HD

8801三井不動産

8802三菱地所

8830住友不動産


明日に買おうと思っている方は、短期リスク度が大きくなっていますので

ご注意ください。

外国人投資家の買いにはいくつかのパターンがあります。

8604野村HDは目先天井(短期的なもの)は、4/11~4/15につけます。




先ほどチャートを見たら上がっていました。


3397トリドール1083円 △92 V1271,100 




4月6日の参考銘柄

6135ケーヒン 1456円 △87

6135牧野フライス 615円 △13

順調です。


小型株はもう少し先のようです。

5952河合楽器 は昨年12月から種玉を仕込んでいるようです。

私は、小型株、2流株は投資しませんが、GW前にはきそうです。

提灯が付けば、以外高もあるかもしれません。

1月、3月に短命で終わってしまい、今度こそと、日足チャートが

語っています。




私のブログを最近ご覧になった方もいらっしゃるようですので

改めて申し上げますが、

私は、日本を代表する一流株の大底しか買いません。

大暴落のバーゲン価格で買い

完全に相場が崩れたことを確認してから

外国人投資家持ち株比率の高い銘柄の中で

最も弱い銘柄を空売りします。



それだけではブログがつまらなくなるので、時々参考銘柄を

掲載しています。

つまり、私自身は参考銘柄を一切買っていません。

ブログ読者の皆様へ参考にしていただく銘柄を探して掲載しているだけです。

現在は上昇トレンドでバブルのような相場になっています。


ロスカットのできない方、初心者の方は最小限の資金で余裕をもって

投資してください。


本日コメントのご返事が時間の関係でできませんでしたので

明日の大引け前にご返事させていただきます。

5401新日鉄住金は、本日が転換日で大型株指数上昇中ですので

もう1日様子を見てからの方が賢明です。

詳細は明日書きます。







本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日の大引け前に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。


7952河合楽器

4月10日11:30



政府のデフレ脱却への強い意志

日銀の次元の違う超金融緩和


バブル崩壊からの空白の22年を一気に解消する動きが

安倍総理の旗の下で進みだしました。


日本市場は、理想買いから現実買いへの業績相場として

中長期の上昇トレンドに入る可能性大ですが、いつの時代も

外部要因のリスクから売り込まれることがあります。


北朝鮮問題、ユーロ問題の蒸し返しなどはこれからも売り方によって

売り仕掛けをしたうえで、過剰に取りざたされることになりそうです。


株価も昨年11月からの上昇でかなりの高水準になっています。

利食えるものは確実に利食い、手元にいざという時の為に

現金を持っていなければいけません。


4月に入ってからの急速な上昇は、これから起こるであろう

2極化相場の始まりに過ぎないのかもしれません。




15年前、韓国サムスンはソニーの時価総額の7%にすぎませんでした。

現在ではソニーの10倍超の時価総額で、日本の電機メーカーが束になっても

勝てないほどの大差がついてしまいました。


もちろんここ数年の円高ウォン安が続いたことも主要因ですが

日本の技術的優位性が、根本から崩れかかっていることは間違いありません。


これからの日本産業はグローバルに通用する商品を開発生産できる企業が生き残り

それができない企業は淘汰されていく、世界規模の厳しい2極化にさらされていくものと考えられます。





デパートで高額商品が売れている。

賃上げの企業が増えだしてきた。


そんなことがニュースになっているようでは、景気回復とは言えません。

誰もが消費を拡大させ、各企業が設備投資をして、給料を上げるのが普通のことで

ニュースにもならなくなるところまで来なければ、真の景気回復にはなりません。


しかし、日本の少子高齢化の人口ピラミットの構図は、何にも変わらず、変えようともしていません。

統計上今世紀末には、明治維新の人口4000万人になることさえ危惧されています。


現在の日本株高は来年にかけても続く可能性はありますが、

それは日本市場の最後の繁栄になることはほぼ間違いないでしょう。


輸出型企業はグローバル化が求められており、さらに円安が続いても大きな市場のある国へ

生産拠点を移さなくてはなりません。


生産者人口の減少、高賃金、世界一の法人税率、規制だらけの日本市場では

もはや企業が増収増益で成長戦略を達成し続けることはできません。


これからは、アジアの時代です。

アジアに進出し、アジアで物を売る実力のある企業はこれからも有望です。


2013/3期決算は円高の影響で業績は良くないが、直近の円安で業績が様変わりになる企業は

たくさんあるはずです。


円安になる前に、日本製品で世界で通用するといわれていた商品は、

オートバイ、トラック、楽器、エアコンです。





参考銘柄(私は買いませんがブログ読者の方への参考になれば幸いです)

7952河合楽器

4/10前引け

179 180 178 180 △3

今期は円高の影響で減益になります。

円高の影響がなくなり、円安が加速すると当然のことですが

収益回復します。

アジアで河合楽器のピアノが売れているという話を

1年ぐらい前に耳にしました。

円安メリットのある小型株にも物色の動きが出てくる日も近いのでは?

210円~230円が一つの目標になります。

押し目を待ち構えて安く買いたいところです。





今まで売り込まれていた商社株の反騰が始まったようです。

4月は、不動産、金融、証券、その他金融 時価総額の大きい銘柄が

大きく上昇しました。

循環物色は続きそうです。



現在の株価水準をよく考えて投資すべきです。

不測の事態が起きても大丈夫ですか?

目いっぱい投資はしていませんか?

相場が強いといっても高値圏です。

現金ポジションの比率も考慮して投資に臨むべきです。





本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、20時~21時に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

小休止も必要

4月9日20:30



日経平均株価(大引け)

13309.13(9:00)

13331.39(9:28)

13151.73(13:47)

13192.35(15:28)

前日比 ▼0.24 



TOPIX(大引け)

1110.79(9:00)

1113.10(9:04)

1095.58(13:47)

1102.04(15:00)

前日比 △0.30


値上がり銘柄数 658

値下がり銘柄数 959


新高値銘柄数 341

新安値銘柄数 1


騰落レシオ25D 122.6 ▼5.6


4月8日東証1部時価総額 386兆4019億円

(12/6/4 244兆1784億円)



本日は、為替が、1ドル99円台、1ユーロ129円台に円安が進んだことで

朝方は買い先行しました。

日経平均 ザラ場高値を更新 13331.39(9:28)

TOPIX ザラ場高値を更新 1113.10(9:04)


しかし、連日の大幅高の警戒感から利益確定売りに押されて

日経平均、TOPIXともに前日の引け値付近まで下げて引けました。



日経平均株価

4/2 L 11805.78

4/9 H 13331.39(立会日数6日後)


TOPIX

4/2 L 971.33

4/9 H 1113.10(立会日数6日後)


「指標銘柄」

8306三菱UFJFG 640 649 622 624 ▼16

8316三井住友FG 4500 4520 4310 4330 ▼65

8411みずほFG 218 218 212 212 ▼4

8601大和証券 780 780 755 758 △8

8604野村HD 685 686 657 661 ▼2

8801三井不動産 3555 3560 3360 3365 ▼145

8802三菱地所 3205 3210 2995 3025 ▼170

8830住友不動産 5030 5070 4875 4910 ▼160

9983ファーストリテイリング 34900 35200 33700 33750 ▼1300

9984ソフトバンク 4830 4850 4770 4815 △55




株式投資は、買い方、売り方ともに値幅を利益確定するものです。

現在の相場は、買い方が断然有利で、5か月近くの上昇トレンドが続いています。

上記の「指標銘柄」株価チャートと日経平均、TOPIXを見比べてみてください。

新高値を取ってはしばらく休み、さらに新高値を更新して少し休み、この繰り返しです。


現在の水準は高値でモミ合いか、少し下げて数日間調整するか? といった水準であり

今買ったらタイミング的に不利になる可能性大です。


「株式投資勝利の法則」の最も重要な

時間、値幅、波動、需給、地合いで考えると


時間 次の上昇局面までもう少し時間がかかりそう

値幅 4月の短期間の値幅上昇で小休止が必要な局面

波動 次の上昇波動まで売り方と買い方の攻防が続きそう

需給 出来高はピークに達していて買い方が有利、利益確定に押される株価位置

地合い 政府日銀への期待が大きく地合いは良好


日経平均チャートを見る限り、ここから500円高水準までは

時間、波動が時期尚早

今月の立会日数はあと14日間

ゴールデンウイークに目いっぱい買ったまま大勝負する意味もなし。

高値で買って、より高く売るのにも、次第にリスクが大きくなってきました。

中長期ではまだ上値がありそうですが、為替も日本株も急ピッチで上昇したのですから

小休止も必要な時ではないでしょうか。





コメント

お世話になっております。

本日の参考銘柄のTDFについて質問があります。
アイメタルテクノロジー、TDF、自動車部品工業の3社が
共同持ち株会社を設立するようで、株の割り当て比率が、
0.34:0.4:1となっています。

この場合、他の銘柄の値動きもチェックが必要なものなのか、
それとも特に気にしなくても良いものなのでしょうか?

よろしくお願いします。
| 2013-04-08 21:15 | めい |


コメントありがとうございます。

アイメタルテクノロジー、TDF、自動車部品工業の3社が

共同持ち株会社を設立するようで、株の割り当て比率が

0.34:0.4:1 の件ですが、10月のことです。

今回の場合は、時間、波動 です。

3/11 H 232円  4/2 L 175円が1つの小波動

次の小波動に入ると立会日数で8本前後(時間)で232円~240円(値幅)

出来高急増が大きくなれば、以外高の可能性も(需給と値幅)


4月19日ごろまでには、勝負がつきそうです。

中長期で持つ銘柄ではありません。


(私は一切投資しませんが、ブログの参考銘柄です)




「株式投資勝利の法則入門講座」について沢山のお問い合わせをいただいております。

詳細は4月14日(日)18:00更新予定のブログにてお知らせします。



本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日の大引け前に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

5641 TDF

4月8日13:30



日銀の量的金融緩和を背景に急速に円安が進んでいます。

12:30現在

1ドル 98.53円

1ユーロ 127.93円

円安=日本株買いの構図に変わりなく、朝方から

日経平均、TOPIXともに大幅高の展開。



前引け段階で堅調な業種は、

小売り、電機、不動産、金融、自動車、機械など

主力株が上昇して全面高です。


世界の熱いマネーが日本に集中しています。

これからは、金融相場から円安メリットの業績相場に移行し

輸出関連の好業績企業がその中でも選別される動きになりそうです。


その反面、円安デメリット銘柄、グローバル展開が遅れている企業、

中国へ重点を置いた企業などは活況相場から取り残される局面になりそうです。


北朝鮮の動向も気になります。

昔は、「遠くの戦争は買い」という格言がありましたが

隣国の中国、北朝鮮で緊張が高まれば、円安は加速しますが

日本株買いには影響が出てきます。


中長期のトレンドは完全な右肩上がりの様相ですが、

GWの手前にひとまず利益確定が出ることはまず間違いないと思います。



参考銘柄

東証2部 5641TDF 

4/5 191 203 191 197 △10 V28

本日13:00 201円

いすゞ系自動車用鍛造品で大物主体。

売上構成比率 鍛工品 100%

3/11に出来高急増して232円の高値を付けた後は調整中。

4/2 175円の安値を付けた後は切返しの動きになっています。

昔から値動きの大きい銘柄だけに以外高の可能性もあります。

前回出来高急上昇から間もなく1か月。

時間の経過からも、そろそろきそうです。




本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日の20時~21時に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

6135 7251

4月6日20:10




4月4日の日銀黒田総裁の「次元の違う金融緩和」発表と同時に

不動産、金融、機械、電機、自動車、精密、幅広い銘柄が物色されて

大幅高で3日続伸しました。


市場は4月2日までの調整局面を一気に跳ね返し、強気の地合いに一転しました。

昨年11月16日以来、4月1日まで4か月半の間、25日移動平均線を割り込まずに

上昇トレンドを維持したこと自体、非常に規模の大きい相場です。

日銀黒田総裁の「次元の違う金融緩和」により、市場には再び強気が大幅に増加

したようです。


直近に特に上昇が目立った業種は、不動産、含み資産株ですが

個々の上昇銘柄を検証すると「バブル」の域に入っているものさえ見られます。



8801三井不動産 4/5H 3430円  2007/05 4000円

8802三菱地所 4/5H 3350円 2007/05H 4070円

8830住友不動産 4/5H 4860円  2007/02H 5270円 



8923トーセイ 4/5H 151,900円  2006/01H 187,000円

4681リゾートトラスト 4/5H 3250円  2006/01H 3750円

8905イオンモール 4/5H 3470円  2007/05H 4580円



上記銘柄はほんの一例にすぎず、ピーク感はあるものの外国人投資家の買い姿勢が

継続する限り、長期的な上昇相場になりそうです。


再び円安も進行し、2009/4の1ドル100円を目指す動きも見えてきました。

日銀黒田総裁の「次元の違う金融緩和」は外国人投資家にとっても衝撃であり、

今後も長期で考えるとバブル相場に突入する可能性は大きくなったようです。


昨年8月からの月足連続陽線も今月で9本目になり、2005/05以来の上昇になります。

まだ上値ののりしろ部分は、未知数ですが少なくても参議院選挙の7月ぐらいまでは

上昇トレンドが継続される可能性大です。



参考銘柄

6135牧野フライス

569 578 545 547 △8

円安メリット、売り上げ構成比率工作機械の製造、販売100%

売り上げ構成海外72%

(大底買いではないので私は買いませんが有望です)



7251ケーヒン

1328 1339 1305 1310 △27

ホンダ系、 売り上げ構成比率 自動車部品100%

6か月定期のつもりで、6か月後は1900円目標

(大底買いではないので私は買いませんが有望です)




コメント
ご解説ありがとうございます。
ブログで仰っておられた4月中程、GW前に調整かもしれませんので、
今回、商社株は様子見にしようと思います。コメントありがとうございます。


| 2013-04-05 00:51 | 叶手仕舞 |


コメントありがとうございます。

相場は大きくても不安になった時、分からない時は手出し無用です。

バブル相場にうまく乗っても、最後に引っかかった人は破滅です。

儲けそこないは良いのです。

損をしないことが最重要です。

地道な繰り返しか成功への道だと思います。




自動車銘柄
自動車関連の銘柄について回答頂きありがとうございます。
銘柄を楽しみにしています。

自分でも色々見てみましたが、各社の想定レートが見つけられず、
円安修正の余地が大きいところが分かりませんでした。
新興市場に格安な銘柄がありましたが、資金が流れてくるのは東証あたりでしょうし。

とりあえず明日は銀行や不動産、証券関連の銘柄を物色したいと思います。
上昇し過ぎてたら見送りですが・・・

| 2013-04-05 01:20 | めい |


コメントありがとうございます。

新興市場はボトムピーク率が大きいですから、売りそこなうと悲惨なことになります。

市場流動性も大切です。

順張りは強い銘柄を買うことですが、相場に100%はありませんので

ロスカットルールを厳守してください。

今日の上記参考銘柄、自動車関連と円安メリット関連です。


ご健闘お祈り申し上げます。




外国人投資家 
いつも勉強させていただいております。
また質問させてください。

メインプレイヤーとして挙げられている外国人投資家ですが、
彼らはどんな材料で投資行動を決めているのでしょうか?
チャートや要人発言など何かあるのでしょうか? 
外国人投資家といっても様々あるでしょうが、
株価が動くにはそれなりにまとまった資金が一方へ流れないと動かないと思うのですが・・・ 
彼らが何を見てどう判断しているのか大まかにでも知りたく思います。 
何卒宜しくお願い致します。 
| 2013-04-05 21:50 | なな |



コメントありがとうございます。

外国人投資家と言っても様々です。

大まかに分類すると北米、欧州、アジアです。

現在の日本市場は、ドル円、ユーロ円が大きく動いていますので

彼らは為替の変動リスクも考慮して日本株の売買をしています。

投資資金内容も短期資金、長期資金様々です。

今回のアベノミクス相場の初動に買い出動したのはヘッジファンドです。

先物取引と現物取引、為替、商品などの割高なものを売り、割安なものを買います。

外国人投資家の売買高の30%~40%は「ハイフリ」と言われています。

ハイフリークエンシートレーディング(1秒に数千回の売買が可能な高頻度売買)

を駆使して売買をするため、現在の日本株が高いときは大きく買われ、

安いときは異常に叩き売られることの原因の一つです。


レイティングを出す前に先回りしたり、個人では想像のつかない情報も掌握しています。

投資の世界で儲けるということは、メインプレーヤーの外国人投資家に打ち勝つということでもあります。


年金資金の運用も彼らが行っています。

海外ではリスク資産を運用するのが当たり前で、子供のころから学んでいます。

日本は投資において後進国です。



現在消費者金融株が復活しています。

業種は、その他金融です。

初動から外国人投資家が介入していますが、規制緩和の情報をつかんで

買い始めたのはほぼ間違いないことのようです。


個人投資家が情報を聞いて買うとインサイダー規制に引っ掛かりますが。



今日三井物産を買いました。
管理人殿なら空売りする所でしょうが、
この利回りなら長期保有でいいかなと思いましたので。
住友林業と三井物産は同じように日本の国土の0.1%の土地を保有していると聞いたので、
と言っても森林ですが。
いま短期で儲けるなら金融や不動産でしょうね。
| 2013-04-06 01:00 | あまりん |


コメントありがとうございます。



以下は4月4日の記事です。

直近に外国人投資家が売り越している企業一覧に

8058三菱商事

8002丸紅

8031三井物産

8001伊藤忠商事

8053住友商事

5大商社全てが出ています。

試作段階の「個別銘柄指数表 空売り」では

8058三菱商事は3/22 1840円売りサイン

8002丸紅は 3/29 703円売りサイン

8031三井物産は 3/27 1360円売りサイン

8001伊藤忠は 不明(解読できず)

8053住友商事は 不明(解読できず)


短期反騰サイン(現在試作中)

8001伊藤忠商事本日大引けで、短期反騰サイン

1060 1085 1033 1084 △15 V10380.8

目先上値メド1130円~1150円


「試作中」ですので参考まで。

(私は短期売買はしませんので、買いません。)


以上が4月4日の記事です。



試作段階の「個別銘柄指数表 空売り」はごく短期売買用のツールです。

直近の場合は、日足3本~9本対応です。



三井物産は、1205円が目先の下値で、この水準を大きく割らなければ

調整完了で3月12日の1463円トライになると思います。

3/12H 1463円から4/5まで立会日数18日

短期的に転換しても良いころです。

次の変化のメドは立会日数26日の 4/17あたりまでには 

上昇に転じるのではないかと推測できます。

5大商社株調整もそろそろ完了しそうです。


私は現在の相場では十中八九儲かるとしても売買しません。

私は欲がない「世捨て人」ですので記事に書くだけで、自分の儲けにはなりません。

ブログを通じて御縁があった方に参考になればと思い書いているだけです。

ブログに書いている銘柄は実際に売買していません。

年に1~2度の商いで売買する単純な投資手法を繰り返すだけです。

昔は「株中毒患者」で年がら年中売買を繰り返して痛い目にあいましたので。




本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、4/8(月)大引け前に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」





8001伊藤忠商事

4月4日20:55



日経平均株価

12188.22(9:00)

12634.54(15:28)

12075.97(15:28)

前日比 △272.34 +2.2%



TOPIX

998.99(9:00)

1037.84(14:59)

990.60(9:08)

1037.76(15:00)

前日比 △27.33 +2.7%


値上がり銘柄数 1439

値下がり銘柄数 205


新高値銘柄数 104

新安値銘柄数 57


騰落レシオ25D 124.1 △10.8



本日は、日経平均、TOPIX、大幅高で続伸しました。

前日のNY株が大幅反落(14550.35 ー111.66)

円相場が一時93円割れの円高の流れで寄り付き直後は、売り優勢の展開。

後場になると日銀金融政策決定会合の結果が、想定以上の追加緩和策が伝わり

為替が円安に進み、日経平均、TOPIX大幅高で引けました。




日経平均寄与度+


住友不動産 +15.62

ファナック +12.01

アステラス +11.41

ホンダ +9.61

三井不動産 +8.49

信越化学 +8.41

中外製薬 +8.05

三菱地所 +7.65

京セラ +6.81

武田薬品 +6.21

エーザイ +6.01




TOPIX寄与度


三菱UFJ +1.63

三井住友FG +1.33

トヨタ +1.26

三菱地所 +0.96

みずほFG +0.93

ホンダ +0.74

三井不動産 +0.72

住友不動産 +0.67

JR東日本 +0.51

アステラス +0.48

武田薬品 +0.44

JT +0.36

KDDI +0.30

セブン&アイ+0.30


本日は20時現在、「指数表」算出作業、

主力銘柄「個別銘柄指数表」算出作業

完了しておりません。

相場が大きく動きましたので、時間がかかっております。

この続きは4月6日(土)20時までに更新します。


本日のコメントのご返事で、5大商社の売りサインについて書きましたので

ご参考にしてください。




コメント

波動と地合い
株式投資勝利の法則では時間・値幅・波動・需給・地合いを
じゅうしされているということですが、波動とと需給と地合いについて
詳しく説明していただけないでしょうか?
| 2013-04-03 16:47 | 株初心者


コメントありがとうございます。

ご質問の回答は、一言では説明しがたく本が1冊書けるくらいの

説明が必要になります。

相場は需給で考えると、買い方と、売り方のせめぎあいの

均衡が崩れた方へ動きます。

上昇、下降、モミ合いの3パターンです。

業績を織り込んでの上下波動

テーマ性の上下波動

信用取り組みでの上下波動

インデックスの影響の上下波動

有力筋介入による上下波動

様々な波動があります。

私の場合は、高校1年の時から、自分でローソク足を書いていました。

しばらくすると、現在のゴールデンチャート社が主要銘柄チャートを

販売することになり、学校の勉強はほとんどせずにチャートを

見るようになりました。

ドクターが画像診断するように、私は一目見ただけで

上がるか下がるか判断できるようになりました。

全ての銘柄は不可能ですが、

時価総額5000億円以上の企業はだいたいわかります。

(わからない時は売買する必要がないのです。分かるときだけ売買します。)

前回のボトムとピークと直近の株価位置

インデックスとの連動性

前回のボトムピークの業績と直近の業績と株価位置

日本、米国、アジア、ヨーロッパの景況感との株価位置

ほとんど頭の中にインプットしてありますので

上記すべてを株価が波動として織り込んでいくわけです。

その中で割安、割高、景気先行性を考えると

チャートのパターンが見えてきます。

私の開発した「指数表」を組み合わせて株価の値動きを

総合判断します。

そのすべての結果が、先見性のある波動として

見えて来るのです。

文章で説明が困難ですので、後日、過去の「参考銘柄」で

実践でブログ上で掲載することにします。




お世話になっております。

ブログの記事をヒントにさせていただき、
今までより広い視点で考えられるようになった気がします。
今日は一部の値嵩株が日経平均を押し上げていたので嫌な感じもしましたが、
後場、銀行、不動産もプラスに転じたのでちょっとほっとしています。

ここから下げても耐えられる範囲だと判断して
業績相場に向けて少しずつ仕込み始めました。
私個人は東証の主力銘柄は苦手なので業績の良さそうな中小を拾ってます。
自動車関連だとゴムとかでしょうか。

3月後半から休んでたお陰でスッキリとした気持ちで相場に向かえています。
休むことの重要性を指摘頂きありがとうございました。

| 2013-04-03 20:55 | めい



コメントありがとうございます。

自動車関連とはゴムもそうですが、もうとっくに上がっています。

例を挙げると勝ち組のトヨタ、ホンダ本体ではなく、トヨタ、ホンダへ納入している

自動車部品銘柄です。


その他、企業によっては、円安の先行きを見通せずに控えめな業績予想をしています。

1ドル85円~88円ぐらいで想定している企業があるわけです。

リスクが低い銘柄を週末に検索します。

バリューな銘柄があればブログで掲載します。




お返事ありがとうございました。
話は変わりますが、指数銘柄でもある三菱商事を含め、
商社株の下げがキツめですが、指数表で何かしらのサインは出ていないのでしょうか?
| 2013-04-04 12:35 | 叶手仕舞


コメントありがとうございます。

直近に外国人投資家が売り越している企業一覧に

8058三菱商事

8002丸紅

8031三井物産

8001伊藤忠商事

8053住友商事

5大商社全てが出ています。

試作段階の「個別銘柄指数表 空売り」では

8058三菱商事は3/22 1840円売りサイン

8002丸紅は 3/29 703円売りサイン

8031三井物産は 3/27 1360円売りサイン

8001伊藤忠は 不明(解読できず)

8053住友商事は 不明(解読できず)


短期反騰サイン(現在試作中)

8001伊藤忠商事本日大引けで、短期反騰サイン

1060 1085 1033 1084 △15 V10380.8

目先上値メド1130円~1150円


「試作中」ですので参考まで。

(私は短期売買はしませんので、買いません。)






本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

株価が大きく動いてきましたので明日は休ませていただき、

じっくり研究したうえで、4月6日(土)の20時までに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。


日経平均寄与度

4月3日13:00


前引け段階


日経平均株価(前引け)

12112.08(9:00)

12239.83(9:51)

12102.05(9:03)

12204.81(11:28)

前日比 △201.38 +1.7%


TOPIX

996.86(9:00)

1003.09(9:51)

994.13(9:26)

998.6(11:20)

前日比 △6.82 +0.7%



日経平均寄与度+(前場)

ファーストリテイリング +134.13

ソフトバンク +19.22

ホンダ +7.61

デンソー +5.81

ブリヂストン +4.40

武田薬品 +4.40

塩野義 +3.92

日揮 +3.68

トヨタ +3.48

セコム +3.00



今日の上昇(前場時点)は、ファーストリテイリング、ソフトバンクを買って

日経平均つり上げています。

日経平均は上昇していますが、

下記銘柄を個別で売っています。(前場段階)

新日鉄住金

三菱UFJFG

三井住友トラスト

三井住友FG

三井物産

三菱地所

JFEHD




下記に書きましたが、外国人投資家が3月第1週に

1兆円買い越したのですが、買いの主体はロングポジションの

ビックマネーと思われます。

彼らの買いコストは、日経平均11900円弱ぐらいです。



日経平均株価(昨日の4本値)

12051.57(9:00)

12107.40(11:36)

11805.78(9:07)

12003.43(15:28)

前日比 ▼131.59 -1.1%


昨日の株価を見ると目先ではありますが、ロングポジションの外国人投資家は

日経平均11800円は買うようです。


目先の下値の節目は11800円前後

メガバンク3行も昨日の安値付近は買いましたが、

本日前場段階は、買いを入れませんでした。

ということは、メガバンク3行は目先は上値を買い進まない可能性が大きいことになります。

ヘッジファンドが次の仕掛けを画策しているかもしれません。

しかし、全体相場は大きく崩れることはなさそうですが

相場に100%はありませんので波乱の時は静観が良いと思います。

これから来るであろう業績相場の入り口に入っているのかもしれません。





以下は3月26日の記事です。

厳密に説明しますが、3/4 3/5 3/6 3/7 3/8の5日間で

1兆173億円買い越しました。

3/4 11695.45 11767.68 11613.59 11652.29 △45.91 V31.19

3/5 11732.57 11779.42 11666.38 11683.45 △31.16 V30.79

3/6 11811.06 11933.82 11803.09 11932.27 △248.82 V29.91 

3/7 12037.25 12069.60 11946.01 11968.08 △35.81 V31.90 

3/8 12066.50 12283.62 12065.09 12283.62 △315.54 V48.36

上記の期間に1兆173億円買ったので、ロングポジションと言っても

短期間で日経平均が12650.26円(3/21 H)まで上がったのですから

利益確定売りを出すのは当然です。

現物はほとんど売っていないようで、先物を断続的に売っています。

そのようなわけで、3月11日から立会日数11日間高値圏でもみ合っています。

次のステップはこの利益確定売りが落ち着いてからになります。



投資のヒント

新高値銘柄数

2013年

3/21 471

3/11 496

3/4 393


2012年

4/2 208


2011年

2/15 133

1/12 137


2010年

4/26 380

4/12 392

4/5 394



「株式投資勝利の法則」

新高値銘柄数がピークアウトすると相場が崩れる。


以上が3月26日の記事です。




新高値銘柄が急激に減少する時は要注意です。

今回の下げのまえぶれでした。

あとは、明日の黒田新総裁の発言待ちになります。


昨日は時間の関係で外国人投資家が買った銘柄をかけませんでしたので

本日参考までご紹介します。


4月2日(火)外国人投資家の買い越した銘柄


三菱地所

三菱UFJFG

住友不動産

三井不動産

三井住友FG

みずほFG

ファーストリテイリング

オリックス

日揮

セブン&アイ

りそなHD

三井住友トラスト

ソフトバンク

三越伊勢丹HD




4月2日(火)外国人投資家の売り越した銘柄


ファナック

ホンダ

東京エレク

キャノン

トヨタ

信越化学

武田薬品

ダイキン

電通

新日鉄住金

三菱商事

伊藤忠商事



コメント

3333あさひ
いつもありがとうございます。
3333あさひが高値を更新していますね。
ブログで書かれていた展開ですね。
私は迷ってあさひより、トリドールを買いました。
一度クッと上がって下がったので、薄利で利確しましたが、
あさひも買っておけばよかったと少し残念な思いをしています。
三菱UFJも現物買いで保有しており、現在ほぼ±0です。本日一旦、
売却しようとおもいましたが、あさひの事(相場は自分の考えの反対に動く事が多い)
が頭をよぎり、値も寄付きから上がったため、ホールドとしました。
明日以降のイベントで良い結果になればと祈っています。

| 2013-04-03 00:05 | 叶手仕舞 |


久々のコメントありがとうございます。

昨日急騰しました。

3333あさひ

1328 1502 1321 1440 △153 V706.8

あさひは、1年に1度の上昇局面になりそうです。



3397トリドール

900 935 884 930 △24 V311.900

トリドールは前回参考銘柄として書いたらすぐに上昇し、

3/25 H1021円まで上昇しました。

当面は上値のメドは、このあたりですね。

900円処は買って、吹き値売りです。

昨日がチャンスでした。


8306三菱UFJFGは3/12 H592円が高値で

3月13日以降は外国人の利確に押されました。

昨日は、ロングポジションの外国人投資家が

大手不動産の次に買いを入れたようですが

ここ数日の地合い悪化で上値が重くなりそうです。

高値圏の新規買いは、リスクを伴いますので

ご用心ください。





本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日20時~21時に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」








ヘッジファンドの売り一巡か?

4月2日20:50



日経平均株価(大引け)

12051.57(9:00)

12107.40(11:36)

11805.78(9:07)

12003.43(15:28)

前日比 ▼131.59 -1.1%



TOPIX

990.19(9:00)

998.24(14:14)

971.33(9:07)

991.34(15:00)

前日比 ▼9.23 -0.9%



値上がり銘柄数 467 △404

値下がり銘柄数 1188 ▼442



新高値銘柄数 8 ▼41

新安値銘柄数 208 △128







日経平均株価、TOPIX、昨日に続いて続落しました。

前日発表のISM製造業景況指数の新規受注指数の低下による

米国景気の先行き不安から、1ドル93円を割る円高で

ヘッジファンドと思われる大口の先物売りが断続的に出たことと、

新年度入りで国内機関投資家の売りも出ました。


日経平均株価 11805.78(9:07)

TOPIX 971.33(9:07)

ここまで下がると押し目を狙う買いも入り

日経平均株価も12000円台に乗せて引けました。



日経平均は、昨年11/16に25D乖離が1.56にプラス乖離して以来

立会日数89日ぶりに-乖離になりました。


本日の

日経平均25D乖離率 -1.04

TOPIX25D乖離率 -2.64(昨日ー1.71)



「指標銘柄」

9983ファーストリテイリング 31300円 △650

9984ソフトバンク 4270円 △15

8306三菱UFJFG 544円 △12

8316三井住友FG 3695円 △60

8411みずほFG 194円 △3

8601大和証券 624円 △5

8604野村HD 556円 △4

8801三井不動産 2686円 △112

8802三菱地所 2648円 △153

8830住友不動産 3720円 △230


ひとまずヘッジファンドの売りも一段落したように見えますが、

日銀黒田新総裁の4/4のコメント待ちになります。

黒田新総裁は、マーケットを知り尽くし、自身の初会合後の発言で

為替、日本株がどのような動きになるかは誰よりもわかりきっているはずです。





以下は3月28日の記事です。


3月1週の史上最大規模1兆円(週間)大幅買い越し後の

断続的な先物売りの最終局面ならば切り返すでしょうが

調整局面に入るかは

「指標銘柄」

9983ファーストリテイリング(13日間高値圏でモミ合い中)の

値動きで判明するはずです。

3月1週に外国人投資家が買ったコア銘柄だからです。

3/13 L 29290円を大きく割り込むかどうか監視をしています。


以上が3月28日の記事です。



本日

9983ファーストリテイリング 31300円 △650

押し目らしい押し目も入りません。

メガバンク3行、大手証券2社、大手不動産が下がっても

ファーストリテイリングは下がりません。

本日は、ロングポジションの外国人が

大手不動産3社にかなりの買いを入れたようです。

8801三井不動産 2686円 △112

8802三菱地所 2648円 △153

8830住友不動産 3720円 △230

その後は、メガバンク3行大手証券2社に買いが入りました。

8306三菱UFJFG 544円 △12


ヘッジファンドは動きが速く、この2週間で荒稼ぎしました。

ロングポジションのビックマネーが本日買いを入れたことで

ここから無理な売りを出しづらくなっています。


本日ロングポジションの外国人投資家と思われる現物買いが入った業種

不動産、銀行、小売業、その他金融、大手証券です。


外国人売りが入った業種

自動車、電気機器、機械、化学、商社、

本日は時間の関係で個別銘柄の資料を入力する時間がありませんでしたので

業種名を書きました。


明日以降は、

為替次第、黒田総裁発言次第になります。






初めて拝見させて頂きました
素晴らしい分析ですね 文章も解り易くて丁寧ですね
当方はデイですが、今後とも読ませて頂きます
KEN
| 2013-04-01 02:25 | KEN


コメントありがとうございます。

ご健闘お祈り申し上げます。



コメント
三井住友が3700円を割ってきました。

空売りは全体が大きく崩れてから、とのことですが、大きく下がってからでも値幅は取れるものでしょうか?
買い出動が遅れ、ずっと売りのタイミングを待っていましたのでそろそろかと考えてますが…

| 2013-04-01 23:27 |


コメントありがとうございます。

今回の下げは、想定内の下げのようです。

ここから大暴落にはまずならないでしょう。

この場面で、主力銘柄を空売りすべきではありません。

これからは、2014年3月期決算予想の確実によくなる銘柄へ

資金シフトされ、業績相場の始まりになりそうです。

例えば、トヨタ系、ホンダ系の自動車部品銘柄などです。

相場は壊れていません。

本日の「指標銘柄」の戻りでわかります。

明日以降このことは書いていきます。



先週木曜日に外国人投資家が売り越したというニュースを聞き
、保有していた大型株を売却しました。
その後、中小型株は継続保有していましたが、
本日一部売却し、明日残り全て売却する予定です。

今から振り返れば、3/21が保有資産のピークでしたが、
僅か数営業日で1割近く下落してしまいました。
利益確定するタイミングは本当に難しいですね。
| 2013-04-02 00:37 | shinji


コメントありがとうございます。

高値付近は波乱がつきものです。

あと数日は波乱があるかもしれませんが、

この水準は売り方と買い方の激しい攻防になると思われます。

買ってはやられ、投げては戻る。

そんな難しい局面でもあります。

分からなくなったら、一休みするのも良いと思います。

ご健闘お祈り申し上げます。




分散投資
株式投資勝利の法則では最低でも10銘柄以上に分散して投資するとのことですが、
これには資金量も大きくかかわってくると思います。
そこで、仮に投資資金が500万円とすると、
どれぐらいの銘柄数に分散投資したほうがいいとお考えでしょうか?
| 2013-04-02 18:05 | 背番号7


久々のコメントありがとうございます。

私は10銘柄以上が理想だと思いますが、

やり方次第では、5銘柄でも十分です。

次回の大底圏で、大底買いするのは、

三菱UFJFG

大和証券か野村HDのどちらか

三菱商事か伊藤忠商事

ホンダ、ダイキンあたりで5銘柄です。

他にも良い銘柄がありますが、本日はこのくらいで。




本日は時間の関係でここまでとさせていただきます。

理想買いのアベノミクス相場の上昇第一波が終わったとしても、

業績相場へ移行すると思います。

そのことは今後の課題として皆様へお伝えしたいと思います。


本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日の大引け前に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

ヘッジファンドの売り

4月1日12:20



前引けベース

日経平均

12371.34(9:00)

12384.83(9:01)

12250.17(10:31)

12260.27(11:26)

前日比 ▼137.64 -1.1%



TOPIX

1031.75(9:00)

1032.10(9:01)

1014.03(11:25)

1014.37(11:27)

前日比 ▼20.12 ー1.9%




ヘッジファンドの売りが入っています。

4月の中間期の益出しの売りが出ているのですが

短期的なものか?

現在は分かりませんが、アベノミクス相場の初動で買い出動したのは

ヘッジファンドです。

今回の日本株上昇で一番恩恵を受けたのが、ヘッジファンドです。


本日前場

ヘッジファンドが利確している銘柄

三菱UFJFG

三井住友FG

みずほFG

武田薬品

JR東海

ホンダ



日経平均(前場)-1.1%

TOPIX(前場)-1.9%


外国人投資家が今日も日経平均寄与度の高い銘柄を買って

時価総額の大きい銘柄を売りましたので、TOPIXの方が

売られる形になりました。


日経平均寄与度(前場)

ファーストリテイリング +8.01

アドバンテスト +4.09

TDK +2.80

東京エレク +2.60

スズキ +1.20

ダイキン +1.20


4/3 4/4の日銀金融政策決定会合で黒田総裁発言は、かなり織り込まれている感じです。

しかし黒田総裁は、白川前総裁とは違いマーケット重視で、マーケットのことを熟知しています。

過激な発言でも世界に知られています。


現在売っているヘッジファンドがいつまで売るのか不明ですが、

4/4の黒田総裁の発言が、織り込み済みの平凡な発言なら

売り崩してくるかもしれません。

イベントリスクは避けなければいけません。

上がるにせよ下がるにせよわからない時は動いてはいけません。

株式投資は丁半博打ではありません。



昨日書きました「個別銘柄指数表」を使った空売りの検証(試作中)

8766東京海上寄り付き 2661円でした。

前引けは、2635円

この「空売り」は日経平均のトレンドがまだ壊れていませんので

利幅は少ないです。

まだ実験段階ですので、初心者の方は手出し無用です。

株式投資で最も重要なルールは、

「迷った時、分からない時は売買してはいけません」

7対3で日銀金融政策決定会合は織り込み済みと思いますが

黒田総裁は、そんなことは承知の上です。

「休むも相場」です。




コメント
外国人投資家が売買する銘柄
株式投資勝利の法則では買うときも売るときも
外国人投資家が売買する銘柄がであることを重視されていらっしゃるようですが、
工藤様とは異なりそのような情報がない一般投資家でも外国人投資家が売買する銘柄を
判断する方法を株式投資勝利の法則入門編で指南していただけるのでしょうか?
| 2013-03-31 21:47 | 堅守速攻


久々のコメントありがとうございます。

「株式投資勝利の法則入門編」の受講者の方々は、投資経験年数が

初心者の方から、30年近いプロ級の方まで様々です。

基本はメインプレーヤーの外国人が売買する銘柄を中心に進めていきます。

私の「指標銘柄」は外国人投資家が好んで売買する銘柄でもあります。

外国人投資家は、時価総額が大きく、流動性が高く、内容の良い銘柄を売買します。

直近は、買うべき銘柄がないので、「株式投資勝利の法則入門編」では今のところ個別銘柄を

教材にしていませんが、相場がさらに高くなったときは「空売り」の対象の個別銘柄

安くなったときは「買い」対象の個別銘柄を教材にします。

「指標銘柄」は、時価総額5000億円以上で外国人投資家持ち株比率が高く

業界を代表する銘柄で毎年のボトムピーク率が高い銘柄です。

今後講義を進めていく段階で、「指標銘柄」は全て公開します。

外国人投資家の動きも分かりやすく解説します。


暴落があれば、東証空売り比率も公開し講義を進めていく予定です。

空売り比率は、30%を超えると底値が近いことが予想できます。




本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日の20時~21時に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人工藤庄司の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」工藤庄司

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1227)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR