FC2ブログ

2013-05

先物主導の荒い相場展開は続く

5月31日12:55


前引け


日経平均株価

13804.23(9:00)

13916.56(10:00)

13776.80(9:03)

13808.72(11:36)

前日比 △219.69円 +1.6%


TOPIX

1150.48(9:00)

1156.67(9:06)

1140.69(11:20)

1141.44(11:30)

前日比 △7.02 +0.6%



昨日の大暴落の反動で前場の日経平均株価、TOPIXともに

大幅反発しました。


本日の反発も先物主導です。

日経平均株価は △219.69円 +1.6%に対し

TOPIXは △7.02 +0.6%です。



7203トヨタ(前引け)

6130(9:00)

6160(9:05)

6030(10:41)

6040(11:30)

前日比 ▼20円 -0.3%



8306三菱UFJFG

607(9:03)

608(9:03)

596(10:20)

598(11:30)

前日比 △3円 +0.5%



8604野村HD

819(9:00)

824(9:05)

786(11:15)

792(11:30)

前日比 △12 -1.5%



日経平均の上昇が目につきます。

先物主導の上昇が目立ちます。


先日も申しあげましたが、反発の条件は


円安ドル高、円安ユーロ高

輸出産業のコア銘柄の上昇(トヨタ、ホンダ)

金融、証券の上昇です。


ヘッジファンドの先物主導の影響がもうしばらく続きそうです。

現在主力銘柄を投げている方々は、

「あの時は買いのチャンスだった」

ということになるでしょう。


相場の世界は、素人投資家が投げると底が入るようです。


ロングポジションの外国人投資家は、円安メリット銘柄の買いチャンスを待っています。


アベノミクスは、バブル相場です。

調整が完了次第第2幕の上昇が始まるでしょう。


12:47 6501日立681円 ▼3


不動産大手3社がしっかりしています。

先に調整しましたので1番手銘柄として反発するかもしれません。

その場合は9020JR東日本が連動しますので

8801三井不動産

8802三菱地所

8830住友不動産

9020JR東日本

4銘柄を監視してみてください。


12:52 日経平均株価 13710.91円 △117.00

    TOPIX 1134.70 △0.28


先物主導の売り物が出てきました。


ヘッジファンドは、隙があればとことん売ってきます。





訂正とお詫び

昨日の記事で

大手米系ヘッジファンドは、直近は円売りドル買い、日本株売りの

ポジションを取っています。

暴落後に買い出動した主体のヘッジファンドは主に欧州系です。


正しくは

大手米系ヘッジファンドは、直近は円買いドル売り、日本株売り

です。  お詫びして訂正させていただきます。








コメント

ためになります
ブログも楽しく読ませていただております。
今回の仕掛けも冷静な目で相場を見ている次第です。
もし、工藤さんの念(笑)がなければ、焦って投げ売りしていたかも、
です。
年初の頃は、暴落して底値でスタートするべく計画しておりましたが、
このアベバブルの地合いで
星香もすっかり、
投資家の仲間入りをしています。

毎週の指数表を参考にさせて頂いています。

現物なので後は売り時デスネ;☆


| 2013-05-30 22:26 | 星香 |


コメントありがとうございます。

株式投資始められたのですね。

今回の暴落は、余りの速さで上昇したため

売り仕掛けの隙をヘッジファンドに与えてしまったための

先物主導の歴史的大暴落です。


連日のように、マスコミが報道し、評論家の方々の今後の予想が

耳に入りますが、現在は大天井ではありません。


ただこれだけ下げたのですから、戻り売り

やれやれ売り(買値まで戻ったら売ること)が

控えているのは事実です。


6か月後を楽しみに投資すればよいのです。

心の余裕、資金の余裕がない人は勝てません。

余裕をもって、安く買えば結果は出ます。

株式投資に100%はありませんので

南海トラフ地震、富士山大噴火が起きても持ちこたえるような

1流株に投資してください。

ご健闘お祈りします。






指数表
今は買い出動準備とのことですが、そろそろ指数表で
追撃買いサインが出そうといことなのでしょうか?
| 2013-05-30 22:29 | 堅守速攻 |


コメントありがとうございます。

今日の大引け後に「指数表」で検証してからです。

結果が出ましたらブログでお知らせします。



本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、6月2日(日)18:00までに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

ヘッジファンドの餌食になるな

5月30日19:00




5月23日の大暴落後、連日上下幅の大きい相場展開が続いていましたが

売り方と買い方の売買交錯が崩れ底割れの展開


先物取引の市場シェア

外国人投資家84%

国内投資家16%



株価はかつてない異常値に突入

ヘッジファンドの巧みな売り戦術に再度の大暴落

ヘッジファンドの先物売り仕掛けの餌食になる投資家続出

一部のマスコミは、「アベノミクス相場は終わった」と論評



マスコミ、評論家が騒ぎ出すと「底値は近い」

今日、明日が一つのメドになると思います。

今慌てて投げるとヘッジファンドの餌食になります。


今は売る時ではなく「買い出動準備」です。


「株式投資勝利の法則」は

良い銘柄を、安く買うことです。



現況は、「大底買い」ではありませんが

バブル相場の最初の調整局面で

ヘッジファンドが意図的に売り仕掛けをして、歴史的大暴落になりました。



このような異常な下げは、決して長続きはしません。

皆が投げている時は「買い時」が近いのです。



今迄の上昇ピッチがあまりに早すぎて、

ヘッジファンドにその隙をつかれたのです。

「ピンチこそチャンス」

「国策に売りなし」




外国人投資家が最も狙っている銘柄は


6501日立製作所(インフラ関連のコア銘柄)

688(9:00)

695(10:02)

674(14:37)

684(15:00)

前日比 ▼18 -2.6%


7203トヨタ(世界に誇る自動車のコア銘柄)

6050(9:03)

6200(10:00)

6010(9:04)

6060(15:00)

前日比 ▼140 -2.3%






本日の大引け


日経平均株価

14072.90(9:00)

14098.16(10:06)

13555.66(14:44)

13589.03(15:28)

前日比▼737.43円 -5.1%



TOPIX

1160.56(9:00)

1166.29(10:06)

1129.07(14:44)

1134.42(15:00)

前日比▼44.45 -3.8%



値上がり銘柄数 62


値下がり銘柄数 1640


新高値銘柄数 14


新安値銘柄数 43


騰落レシオ25D 97.3 ▼15.5





断続的にヘッジファンドの先物売りが出て

700円を超える大幅な下げになりました。


後場にはその動きが拡大して暴落後の安値を更新


日経平均株価安値

13555.66(14:44)


TOPIX安値

1129.07(14:44)




大手米系ヘッジファンドは、直近は円売りドル買い、日本株売りの

ポジションを取っています。

暴落後に買い出動した主体のヘッジファンドは主に欧州系です。


ロングポジションの外国人投資家(巨大ファンド)は様子見状態です。


日本のコア銘柄の買い時を待ち構えています。



5月23日の大暴落後、連日上下幅の大きい相場展開が続いていましたが

売り方と買い方の売買交錯が崩れ底割れの展開



5月23日高値

日経平均株価 15942.60円

TOPIX 1289.77


本日安値

日経平均株価 13555.66(14:44)

TOPIX 1129.07(14:44)


日経平均平均株価は、立会日数6日で15%の下落 ▼2386.94円

TOPIXは、立会日数6日で12.6%の下落 ▼160.7




7月21日(日)参議院選挙

安倍総理は、このままの株安を放置して選挙で勝てるはずはないことを

誰よりも知っています。




世界一賢い投資家ヘッジハンドは、誰よりも知っています。

日本の主力輸出企業の今期想定為替レート

1ドル85円~90円

1ユーロ115円~120円

日本の主力輸出企業は、これからとてつもなく増額修正することを。


つまり売りが出きったところを

買ってくるのです。



「株式投資」は難しいことではありません。


上昇トレンド中でしたら


調整局面は主力企業の買い下がり



下降トレンド中でしたら


買い下がりは厳禁



上昇トレンドは終わっていません。



安倍黒田場バブルの第2幕です。




本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日大引け前に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」






調整は値幅と日柄

5月29日13:00



前引け

日経平均株価

14492.55(9:00)

14512.28(9:00)

14243.49(10:34)

14325.64(11:36)

前日比△13.66円 +0.1%



TOPIX

1188.31(9:00)

1192.37(9:03)

1171.44(9:40)

1180.09(11:30)

前日比△11.62 +1.0%



前引け

7203トヨタ (前引け)6240円 △30


7267ホンダ (前引け)4015円 ▼20
 

8306三菱UFJFG (前引け)620円 △13


8601大和証券 (前引け)911円 △10円


8604野村HD (前引け)848円 △3円





4月から買い出動してきた長期運用の外国人投資家は

暴落後は積極的には買わずに様子を見ている状態です。



外国人投資家が、今最も重要視していることは、長期金利と為替の変動です。

長期金利が高止まりすると、調整中のコア銘柄、不動産、銀行株が動けず

株式市場への資金流入も減速します。

為替が円安方向に向かわなければ、コア銘柄、自動車、電機、などの

円安メリット株が動けません。


その様な状況ですので


現在活発に動いているのは欧米のヘッジファンドです。

ヘッジファンドは資金回転も速く、市場の隙をついた先物主導の売買が

直近の乱高下の原因です。



日経平均株価、TOPIXの25日平均乖離率の推移


先の数値が日経平均 次がTOPIX



5/28  -0.45   -2.32


5/27  -1.33   -3.36 


5/24   2.17   0.05


5/23   1.66   -0.18  


5/22   10.06   7.38 



日経平均株価、TOPIXともに、しばらくは

25日移動平均株価付近を上下するモミ合いになりそうです。

為替、長期金利次第で、ヘッジファンドが先物を売り仕掛けしてくる

ことも考えられますので、新規買いする方は安値付近で買い指値を入れて

「待ち伏せ」するのが良いでしょう。

買いも2段階でさらに、3%~5%下値で指値を入れることです。

1度に買う必要はありません。



雑株ではなく、時価総額上位の1流株銘柄(コア銘柄)から銘柄選別した方が良いと思います。


株価の調整は、値幅、日柄です。

値幅調整はかなり良いところまで来ました。

あとは日柄です。

為替が円安方向になり、長期金利が安定すれば

再度上昇局面に入りそうです。


もう少しのところまで来ています。




本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日20:00~21:00時更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」


コア銘柄は自動車

5月28日18:45


大引け

日経平均株価

13943.62(9:00)

14399.78(13:45)

13943.62(9:00)

14311.98(15:28)

前日比△169.33円 +1.2%


TOPIX

1140.98(9:00)

1174.66(13:54)

1140.41(9:00)

1168.27(15:00)

前日比△14.20 +1.2%



値上がり銘柄数 893


値下がり銘柄数 737


新高値銘柄数 3


新安値銘柄数 18


騰落レシオ25D 108.6 △3.8




日経平均株価、TOPIXは寄り付き

13943.62(9:00)

1140.98(9:00)

大幅安で始まりましたが、売られすぎによる押し目買いが入り

しだいに上昇し、為替が円安方向に動いたことも支援材料になり

後場は堅調に推移して、1%を超える反発になりました。

14399.78(13:45)

1174.66(13:54)



本日は欧州のヘッジファンドが買ってきたようです。

直近の乱高下で利益を膨らませたヘッジファンドは

今度はどのあたりで乞い出動するか模索しています。






本日外国人投資家が買い越した銘柄


トヨタ

ホンダ

三菱電機

デンソー

日産自動車

三菱自動車

富士重工業

ファーストリテイリング

ソフトバンク

日立

ファナック

コマツ

ブリヂストン

ソニー

クボタ

村田製作

新日鉄住金

東芝

JT

三井住友FG
 
京セラ

ダイキン

日野自動車



円安日本株高の大きな流れは変わりません。

再び為替が円安方向に向かえば、上記の銘柄からコア銘柄が

出てくるでしょう。


先物主導の荒い相場が続いています。

くれぐれも高値圏では買い控え、

押し目を「待ち伏せ」する手堅い投資が大切です。


高いときに追いかけてはいけません。






コメント
嵐の後に・・・
いつも ありがとうございます。

以前の私でしたら ここ数日の上げ下げで パニくって 
投げ売りしていたかもしれません。

工藤さまの的確な指標。 
大きな流れを見ることの大切さを
改めて 勉強させてもらっております。

現在 ケーヒンをホールドしていますが 
新たに 1500円前半で
買い増ししようかと思案中です。

主人は 野村HDを一旦 利食いましたが
そのあと 高値つかみしてしまいました。

あれほど <高値づかみにご用心>
<相場は過熱している>と 注意されていたにも
かかわらず・・・・(苦笑)

やはり 欲をかくのはいけませんでした。

しかし ここは通過地点と とらえ 辛抱ですね。


| 2013-05-27 17:16 | りが |



コメントありがとうございます。

相場は大局観で判断しなければ不利になります。

そのためにも安いところで待ち構えて、コア銘柄を買うことです。

7251ケーヒンは、中長期(6か月~12か月)で1000円幅はとれそうです。

落ち着けば外国人、国内ファンドも買ってくるはずです。

現在の相場は先物主導で乱高下します。

1520円処であれば指値をしても良いと思います。


8604野村HDは少しこのあたりでモミ合うかもしれませんが

バブル相場のコア銘柄ですので中長期ではこのままでは終わらないと思います。

まずは自動車からの戻りを試す展開になりそうです。





野村
いつもブログを読ませて頂いております。

今回の暴落でチャンスかと思い8604野村を300株×平均884円で
購入してみたのですが、野村の今後の見立てはいかがでしょうか?
調整がすめば日経平均やTOPIXともに上昇してくるでしょうか?
バブルの最中なので長い目で保有しようかなとは思っています。
| 2013-05-28 17:35 | 太陽 |



コメントありがとうございます。

8604野村HD

822(9:01)

856(13:35)

814(9:54)

845(15:00)

前日比△8円 +1.0%


昨年11月13日 279円から

5月22日高値 980円まで

6か月で3.5倍になりました。

一つの波動が終わり、少しモミ合うと思います。

中長期で考えるのでしたら、日経平均、TOPIXと連動して

上昇します。

バブルはこれからです。

買いコスト884円ならばどうにでもなります。

心配無用です。






本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日の大引け前に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

中長期で判断

5月27日12:50


前引け


日経平均株価

14373.82(9:00)

14381.28(9:02)

14027.42(11:36)

14157.94(11:36)

前日比▼455.11円 -3.1%



TOPIX

1176.92(9:00)

1176.92(9:00)

1155.33(9:55)

1163.91(11:30)

前日比▼30.17 -2.5%




本日も朝方からヘッジファンドの先物売りが出て大幅安の展開。

現在のアベノミクス相場に一番早く介入したのは、ヘッジファンドです。

彼らはこの世界ではハゲタカと呼ばれ、常に相場のすきをついて

割高なものを売りたたき、割安なものを買います。


日経平均、TOPIXは昨年11月に直前まで、外国人投資家が

大きく売り越していました。


日銀、民主党政権の失策、東日本大震災、福島原発問題、超円高、タイの洪水など

全てが国難になったことで、メインプレーヤーの外国人投資家は

日本株を大きく売り越し、組み入れ比率を大きく下げていました。



11月の政権交代で日本は変わると判断したヘッジファンドは

円売りドル買い、日本株買いで相場を大きく動かしました。


そして、日本株の組み入れ比率を大きく減らしていた外国人投資家は

「持たざるリスク」から日本株を積極的に買い越してきました。


日本株は直近までに世界一上昇しました。

上昇スピードが速すぎたのです。


相場が崩れだすとその隙をついて、ヘッジファンドが介入してきました。


今後は、ヘッジファンドの腹を満たすまで上にも下にも変動が激しくなるでしょうが

個人の信用買い残の整理もつき、次第に落ち着き再び外国人投資家がコア銘柄を買ってくるはずです。




日銀、民主党政権の失策、東日本大震災、福島原発問題、超円高、タイの洪水は

震災復興と原発問題以外は、改善されて先行きの大きな不安はありません。


安倍黒田バブルは第一幕を終えて、第二幕に入っています。

相場は近いうちに調整を終えて、再び上を目指す展開になるでしょう。

相場とはそうしたものです。


中長期のトレンドは変わりません。


第二幕も外国人投資家主導で自動車を中心にコア銘柄が買われてくるでしょう。


目先の動きに翻弄されないことです。


皆様のご健闘お祈り申し上げます。




本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日20:00~21:00時更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」





ヘッジファンドにご用心

5月26日16:50



5月24日(金)もヘッジファンドの先物売りで相場が乱高下しました。

2日続けての1000円幅の乱高下です。

日経平均株価は、直近も25D移動平均乖離率プラス圏で推移しています。

TOPIXは、5/23にマイナス乖離しました。


日経平均25D乖離率の推移


5/15  9.35(2極化相場確認)

5/16  8.34

5/17  8.46

5/20  9.41

5/21  8.98  

5/22  10.06 (前引け後のブログで高値掴みにご用心と記載)

5/23  1.66  大暴落

5/24  2.17



TOPIX25D乖離率の推移


5/15  7.95(2極化相場確認)

5/16  6.76

5/17  6.90

5/20  7.74

5/21  7.36  

5/22  7.38 (前引け後のブログで高値掴みにご用心と記載)

5/23  -0.18  大暴落

5/24  0.05




「指標銘柄」の5/24株価(4本値)


7203トヨタ


6400

6500

5850

6230

前日比▼60 


7267ホンダ


4130

4200

3880

4060

前日比△30


8306三菱UFJFG


652

665

589

622

前日比▼12


8601大和証券


937

945

852

909

前日比△34


8604野村HD

912

923

816

868

前日比▼10


「指標銘柄」5社5/24下ヒゲが伸びて、大引けでは大きく戻しています。

バブル相場ですから、高値付近でこの程度の乱高下は大した問題ではありません。

しかしここから数日間は、ハゲタカのヘッジファンドが様々な売り仕掛けを

してくるでしょうから乱高下は覚悟しなくてはいけません。


現在はバブル相場の調整です。

調整が完了すれば、時価総額上位のコア銘柄が買われてくるでしょう。

今までが順調に行き過ぎたことと、上昇のスピードが速すぎたのです。

5/22前引け段階で、双日が窓を開けて大幅高、(前日は東電が目先天井観9

過熱しすぎていたので、ブログのタイトルを「高値づかみにご用心」としました。

直近の大暴落でこの大相場が終わらないと思います。






5月22日からのコメントご返事が遅くなり申し訳ありません。



コメント

移動平均乖離率
今日の締後で日経平均25D移動平均乖離率が1.6%になりましたが、
ここは順張りの押し目買いの絶好のチャンスということでしょうか?
新日鐵住金を251円で持っているのとみずほが今日208円で買えただけしか
保有銘柄はないのですが、
あまりの急落なので少しびっくりしています。
| 2013-05-23 17:16 | とり |


コメントありがとうございます。

新日鉄住金、みずほFGは定期預金感覚の銘柄です。

6か月後、1年後が楽しみです。

くれぐれも高値を追いかけないようにご注意ください。




野村HD
平均367円で保有中ですが。。。
指数、出来高、売買代金好調なのに重い。。。
なぜですか。。。
| 2013-05-22 18:20 | シャア |


コメントありがとうございます。

昨年6/4安値241円からの上昇です。

4倍になったのですから仕方ありません。

それだけ売買が交錯しているのです。

過去最大の出来高です。

買値が安いのであまり気にしないことです。

欲を出すときりがないです。

ザラ場は見ない方が良いですよ。

大幅に含み益があるので安心ですね。





二極化ってことは、新興銘柄はただちに損切り処分すべきということなのでしょうか?
| 2013-05-24 00:44 | アクシル |


コメントありがとうございます。

銘柄次第です。

新興市場は個人投資家がメインプレーヤーです。

一度相場が壊れるとどうにもならないのが新興市場です。

新興市場銘柄は、ロスカットルールを決めて投資しないと

非常に危険です。

下がりだすとどうにもなりません。

上がるスピードは速いですが、ハイリスクハイリターンであることは

肝に銘じて投資すべきです。





お礼
いつもお世話になっております。

東京市場のここ最近の上昇に違和感があって迷っていたのですが先日、

ブログにて高値づかみへの注意があったのを見て、

GW以降に買った分を昨日のうちに利益確定して損害を小さく出来ました。

ありがとうございます。

ただ、GW以前に買った分は長期保有のつもりだったのでホールドしましたが、

想定外の大きな下げになってしまい、含み益が大きく減ってしまいましたが、

これは仕方が無いと思っています。

銘柄的には買いたいところは既に買ってしまっているので、

相場が壊れていないかチェックしつつ、暫くはじっと眺めていようかと思います。

| 2013-05-23 20:24 | めい |


コメントありがとうございます。

5/22 前引け後のブログでタイトルを高値掴みにご用心としました。

前引け時点でかなり異常事態と思いましたが、連日2000人以上の方がご覧になっているので

控えめに書きました。

めいさんの取った行動は素晴らしく、あとは相場が壊れなければ持続でよいかと思います。

信用の高値で買った方は、追証発生で相当投げているようですが

相場とは、冷静な人に勝機が付いてきます。

冷静な人は天井付近は買いませんから。

これからも冷静に判断して、バブル相場で勝ち残ってください。

ご健闘お祈り申し上げます。




いつも投資の参考にさせていただいております。
木曜、金曜と相場に引きずられてあせって売買をしてしまい反省しております。
木曜日にリバウンド期待で岩崎電気を後場に買いましたが買値まで戻らず。
金曜日は後場に日経平均が500円も下がったのでビビッて信用で買っていた
ケーヒンを薄利で投げてしまいました。(お蔭で含み損の株ばかり残ってしまいました。)
この後の調整の期間にどの程度、またもう1段の下げがあるのか不安です。
正直いって外国人投資家による異次元の動きなので判断に迷います。
次の1手で失敗すると深手を負う可能性が高いので動向を注視しながら再度参戦したいと思います。

| 2013-05-25 15:06 | チキン受講生 |


コメントありがとうございます。

2極化相場ですので、2流株、3流株はなかなか上がりません。

6924岩崎電気は、11月の出来高急増時にブログに書いたと思いますが

その後も出来高が増えたままで推移しています。

岩崎電気は仕手が入りやすい反面、昔から癖の悪い銘柄です。

高値付近を追いかける銘柄ではありませんので、深追いはしないように

ご注意ください。

私の友人は1989年の大相場で、10億円以上損をしました。

当時はJ興産のオーナーのT氏が介入して、K氏他複数の方が介入していました。

しかし、所詮仕手株です。

ほどほどに。

高値付近の信用買いは、今後もご注意ください。







本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日の大引け前に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

バブル第2ラウンド

5月24日13:15



前引け



日経平均株価(前引け)


14731.75(9:00)

15007.50(9:15)

14695.32(9:00)

14867.90(112:36)

前日比 △383.92円 +2.7%



TOPIX(前引け)

1205.60(9:00)

1227.46(9:11)

1200.80(9:01)

1218.24(11:30)

前日比 △29.90 +2.5%


昨日のNY市場が、混乱することなく下げもわずかで限定的だったため

寄り付きから堅調に推移して大幅高で前場を引けました。





以下は昨日の記事です。


安倍黒田バブルの本格的な調整は、今晩のNY市場にどう飛び火するか

短期的に回復するか、数週間の調整を余儀なくなるかは

全てメインプレーヤーの外国人投資家次第です。



相場はバブルです。

本日の大暴落もバブルの通過点で、いずれ主力株には買いが入るはずです。

4月から本格参入した長期運用の外国人投資家が、値ごろ感が出た主力銘柄を

買い出動するはずです。




ブログでも「株式投資勝利の法則入門編講座」でも

バブルであること

直近の相場は過熱していること

相場は2極化していること


お伝えしてきましたが

これでバブル崩壊にはならないと思います。


バブルの天井はまだ先で本日の大暴落はその通過点に過ぎないのです。

しかし、リスク覚悟の順張り投資家の方は、本日相当な玉を投げたようです。



ここから注目しなくてはならないことは


「指標銘柄」


7203トヨタ

7267ホンダ

8306三菱UFJFG

8601大和証券

8604野村HD

この5社が何時、反発するかです。


長期運用の巨大資金が買い出動してきます。

異次元の2極化相場の始まりです。

異次元のバブルの第2幕です。


(以上昨日の記事)




上記5銘柄が買われました。


TOPIX寄与度+(前引け)


1位トヨタ 1.40


2位ホンダ 0.83


6位三菱UFJFG 0.60


13位大和証券 0.37



本日外国人投資家の買いが入ったのは


電気機器

自動車

銀行

化学

機械

保健

電力

不動産

小売り


売られた業種は

紙パルプ




主力株中心に外国人投資家の買いに支えられ反発しましたが

今回の「異次元大暴落」で得をしたのは誰でしょうか?


ヘッジファンドが昨日の火付け役でした。

10時過ぎに中国の経済指標が悪化のニュースが伝わり

準備していたヘッジファンドは先物を大量に売ってきました。

暴落後は、円買いドル売りを仕掛けました。

円高になるとさらに日本株の下げ幅が大きくなることを見越しての行動です。

株が大暴落したことで、債券が買われその結果、長期金利が下がりました。


日銀黒田総裁は、過熱している日本株が下がりその結果の、債券高によって懸念されていた

長期金利上昇が下げに転じたことで、まさに一石二鳥と言った心境でしょう。


安倍総裁は、笑顔で「株の大暴落」はノーコメントとのこと。

安倍総裁は、過熱した株式市場が下がり、国土強靭化計画がアピールしやすくなります。

株価が落ち着き、6月の政策発表で関連銘柄上昇がより目立ち、アピールできることになります。





今後はまだ波乱のリスクはあっても、さらなる2極化相場の始まりになりそうです。


7203トヨタ

7267ホンダ

外国人投資家の最も注目の2銘柄です。

息の長い、大相場になるでしょう。


申し訳ありません。

コメントのご返事は、(日)更新時とさせていただきます。






本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、5月26日(日)18時までに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」






「異次元大暴落」

5月23日19:35



大引け

日経平均株価

15739.98(9:00)

15942.60(10:00)

14483.98(15:28)

14483.98(15:28)

前日比 ▼114328円 -7.3%



TOPIX

1279.49(9:00)

1289.77(10:00)

1188.34(15:00)

1188.34(15:00)

前日比 ▼87.69 -6.9%



値上がり銘柄数 17 ▼726


値下がり銘柄数 1691 △838


新高値銘柄数 137 ▼138


新安値銘柄数 12 △10


日経平均25D移動平均乖離率 1.66




朝方は堅調に始まり、日経平均株価は午前10時に

5年5か月ぶりに15900円台を回復しました。


日経平均 15942.60(10:00)

TOPIX1289.77(10:00)



その後、中国の経済統計が悪化しているニュースが伝わると

一気に利益確定売りが大量に出て、マイナス圏になり

先物は、サーキットブレーカーが出て売買を一時中断して

大暴落になりました。




本日の値幅は

日経平均株価 1458.62円

15942.60(10:00)

14483.98(15:28)


TOPIX 101.43

1289.77(10:00)

1188.34(15:00)




安倍黒田バブルの本格的な調整は、今晩のNY市場にどう飛び火するか

短期的に回復するか、数週間の調整を余儀なくなるかは

全てメインプレーヤーの外国人投資家次第です。



相場はバブルです。

本日の大暴落もバブルの通過点で、いずれ主力株には買いが入るはずです。

4月から本格参入した長期運用の外国人投資家が、値ごろ感が出た主力銘柄を

買い出動するはずです。




ブログでも「株式投資勝利の法則入門編講座」でも

バブルであること

直近の相場は過熱していること

相場は2極化していること


お伝えしてきましたが

これでバブル崩壊にはならないと思います。


バブルの天井はまだ先で本日の大暴落はその通過点に過ぎないのです。

しかし、リスク覚悟の順張り投資家の方は、本日相当な玉を投げたようです。



出来高、売買高ともに史上最高額です。


出来高 76.55億円(概算)

売買高 5兆8376億9500万円(概算)


新時代の「異次元の大暴落」はなぜ起きるのでしょう?


以前から申し上げていますが、

メインプレーヤーは外国人投資家です。

外国人投資家の売買シェアの40%は

ハイフリークエンシートレーディング

(1秒間に数千回の売買可能な高頻度売買システム)です。



それに対して、個人投資家のプロクラスは、ハイフリまではいかなくても

(新)信用取引制度で高回転売買が可能になり連戦連勝のため

目一杯の建玉で高回転で運用していました。


プロである両者ともにロスカットルールがあり、先物でサーキットブレーカーが

発動されるほどの投げ玉が出たために、「異次元の大暴落」になったのです。



これが相場の怖さです。

これがバブル相場なのです。


何度もお伝えしていますが

「相場は高くなれば高くなるほどリスクが大きくなります。」



5/23(木) 1.66


5/22(水) 10.06


5/21(火) 8.98


5/20(月) 9.41



本日の大引け後の

東証1部上場25日移動平均乖離率分布


25日移動平均+乖離銘柄数   623

25日移動平均+10%以上銘柄数   117

25日移動平均-乖離銘柄数   1094

25日移動平均-10%以上銘柄数   218




ここから注目しなくてはならないことは


「指標銘柄」


7203トヨタ

7267ホンダ

8306三菱UFJFG

8601大和証券

8604野村HD

この5社が何時、反発するかです。


長期運用の巨大資金が買い出動してきます。

異次元の2極化相場の始まりです。

異次元のバブルの第2幕です。


6月の国土強靭化計画関連銘柄も先回りできます。


「ピンチこそチャンス」です。


バブル相場の通過地点とはいえ、大きな下げでした。

「良い株は戻ります。」

「外国人投資家が買う主力株は戻ります。」


申し訳ありません。

コメントのご返事は、(日)更新予定の時にさせて頂きます。


これから「指数表」算出作業にかかります。




本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、大引け前に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」


高値掴みにご用心

5月22日12:30


前引け


日経平均株価(前引け)

15440.69(9:00)

15564.90(10:56)

15432.64(9:00)

15559.95(11:26)

前日比 △178.93円 +1.2%



前日の欧米市場県庁の流れから、朝方から買い先行で恥御まりました

年初来高値を更新。



日経平均寄与度 + (前引け)


ファーストリテイリング 64.6


京セラ 16.82


日揮 14.81


ファナック 13.21


キャノン 7.81   


ソニー 7.25





直近の外国人投資家は、自動車、電気機器、を中心に

円安メリット株を買っていました。

最近は割安だった商社、鉄鋼株も物色しています。


反面、不動産、電鉄、百貨店、地銀を売り越しています。




売り越している企業


8801三井不動産

8802三菱地所

8830住友不動産

9005東京急行電鉄

4502武田薬品

9042阪急阪神HD

9007小田急電鉄

8331千葉銀行

9020JR東日本

8905イオンモール

8303新生銀行

9041近畿日本鉄道

4530久光製薬

4661OLC

6267イオン

8815東急不動産


今売られている銘柄も目先底を打てば

再び循環物色されると思います。



国策に売りなし


ビックテーマ

「首都圏再開発構想」

「規制緩和」

不動産、電鉄はこのまま終わるとは思えません。


相場はバブルになっています。


輸出企業が調整に入ったら、次は不動産へ飛び火すると思いますが

もう少し時間がかかるかもしれません。


大手不動産3社は「指標銘柄」として見ています。


8801三井不動産


8802三菱地所


8830住友不動産


好調な円安メリット株も高値でつかむと不動産株のように

引っかかりますので、ご注意ください。





コメント
住友商事持ってます。
去年の秋頃に995円で買いました。
その頃は伊藤忠商事持ってましたが利回り計算するのに分かりやすいので乗り換えたのですが。
入手した金額で計算すると利回り4%越えてます。
資金に余裕あった売らないですね。
鉄はもういいです、景気と為替次第ですぐ赤字無配になりますから。

| 2013-05-21 22:39 | あまりん |


コメントありがとうございます。

商社株は直近、大量の外国人の買い物が入り大幅上昇しました。

今迄割安だったため、一気に来ましたね。

高値を追わずに常に利回りを考えて押し目を買う投資スタンスお見事です。




本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日20:00~21:00時更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

5401鉄が舞い上がる日も近い

5月21日20:00




日経平均株価(大引け)

154264.79(9:00)

15388.37(10:13)

15264.42(9:09)

15381.02(15:28)

前日比 △20.21円 +0.1%



TOPIX(大引け)

1266.79(9:00)

1274.05(10:13)

1265.26(9:13)

1270.39(15:00)

前日比 △0.88 +0.1%




値上がり銘柄数 711 ▼395


値下がり銘柄数 924 △400


新高値銘柄数 277 ▼33


新安値銘柄数 0


騰落レシオ25D 116.0


日経平均25D乖離率 8.98





朝方は売りが先行して始まりました。

FRB バーナンキ議長の議会証言

日銀金融政策決定会合

2つのイベントを控え、動きづらい展開になって

日経平均株価 15264.42(9:09)100円近くまで下げる場面もありました。

その後買いが優勢になり日経平均、TOPIXともにプラス圏で引けました。




5401新日鉄住金

281(9:00)

301(10:19)

280(9:00)

293(15:00)

前日比 △16円 +5.8%


ようやく重たい鉄が浮上してきました。

現在の相場はバブルです。

ここからの上昇力もバブルらしい上昇になりそうです。


バブルで儲けるコツは、すぐに売らないことです。

1年後に2倍になることも否定できません。

重たい鉄が木の葉のように舞うことも起こり得るのです。





本日外国人が買い越した銘柄


ダイキン

コナミ

京セラ

東京エレクトロン

TDK

アドバンテスト

三菱商事

住友商事

伊藤忠商事

丸紅

新日鉄住金

トヨタ

富士重工

三菱自動車

信越化学




外国人が売り越した銘柄


ソフトバンク

ファーストリテイリング

クレセゾン

住友不動産

三菱地所

三井不動産



相場はまさしくバブルです。

今売られている不動産株も押しが入れば再浮上の可能性大です。




コメント

外資の買い
「日経平均25D乖離率の4%割れで外資が買ってくるようになったのではないか?」
ということを検証して頂けるということでしたが、
その後いかがでしょうか?
| 2013-05-20 17:37 | 太陽 |


コメントありがとうございます。

ご返事遅くなり申し訳ありませんでした。


日経平均25D乖離率


4/18 25D乖離率 3.73

4/18 1ドル97.98円 4/19 99.32円 4/22 99.70円


5/2 25D乖離率 3.76  

5/1 1ドル97.45円 5/2 97.24円 5/7 99.11円 

ご指摘の通りです。

円安=日本株高でポジションを組んでいますので

為替感応度も見なければいけません。


直近は日経平均、TOPIXが先行し

円安が後追いした形です。

外国人投資家は、市場性、流動性が大きい企業を

循環物色しています。


現在は自動車、電気機器(ハイテク)を中心に

円安メリット株を物色しています。

本日は、商社株、鉄鋼株まで上昇しました。



現在は完全に過熱しています。

しかし、これがバブルです。


相場は、突然に一瞬でも大きく下がる局面があります。

ワンチャンスを狙うのも良いでしょう。

とりあえず、順張りの押し目買いは3%台が一つの目安です。






本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日前引け前に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

外国人投資家に稼がせていただく

5月20日13:00


前引け


日経平均株価(前引け)

15260.61(9:00)

15356.31(11:27)

15245.80(9:01)

15347.01(11:36)

前日比 △208.89円 +1.4%



TOPIX

1266.40(9:00)

1272.80(11:28)

1263.65(9:22)

1270.53(11:30)

前日比 △17.29 +1.4%



先週末の米国株高、為替が円安になっていることで

朝方から買いが先行して、大幅高で前場を引けました。



本日も長期運用の外国人買いが大量に入ったようです。



本日外国人が買い越した銘柄


トヨタ

ソフトバンク

ソニー

ホンダ

野村HD

日立

JT

伊藤忠商事

日産

マツダ

東芝

三菱電機

三菱重工

三菱商事

三井物産

ダイキン



本日外国人投資家が売った銘柄


三井不動産

三菱地所

住友不動産

アステラス製薬

三井住友トラスト




以前からお伝えしていますが、安倍黒田バブル相場第2波動は

「自動車」がコア銘柄です。


直近までかなりの水準まで買われています。

買った方は、慌てる必要はなく秋ごろまで売らずにほっぽっておいた方が

儲かりそうです。


安倍黒田バブルで儲けるコツは、コア銘柄を安く買ったら

外国人に任せて買い上がってもらい、程よい水準で利食わせていただく。


ただそれだけで、余りあくせく売買してはいけません。

コア銘柄を買ったら、

「果報は寝て待て」

何もしないで寝て待っていればいいだけです。


ザラ場を見る必要は全くなく、サラリーマンの方でも余裕で投資できます。

コア銘柄さえ買えば、相場の流れに身を任せても意外と儲かるものです。


今後も循環物色相場が続きそうです。




外国人投資家が売買しそうな業種


自動車

電機

機械

通信

商社

化学

証券

金融

鉄鋼



現在調整中の

建設

不動産

調整が終わり次第再び買われる展開になると思います。



日本市場のメインプレーヤアは「外国人投資家」です。




本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日20:00~21:00時更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」





外国人投資家が主役

5月19日17:30



昨年9月にブログを書き始めて早いもので8か月になります。

昨年11月16日 日経平均株価に「追撃買いサイン」が出ました。

その後直近まで、スケールの大きい相場展開が続いています。



先週から個人投資家が売買する新興市場、小型株の暴落が始まりました。

その反面、日経平均、TOPIXは新高値更新です。


なぜこのような偏った相場展開になったのでしょうか?



日本市場のメインプレーヤーは外国人投資家です。

外国人投資家は、新興市場、小型株への投資はあまり行いません。



外国人投資家が売買する銘柄は、

インデックス寄与度の大きい銘柄

時価総額が大きく日本を代表する、世界を代表する企業

市場性、流動性が大きく、大量の資金が流入しても混乱しない銘柄です。


市場性、流動性が高い世界的企業ですから下がれば押し目を買う投資家も多数いますし

よほどの大暴落でもない限り大幅安にはなりません。


小型株は、上昇中は大きく上がりますが、トレンドの変化、需給の変化で

相場つきが一変します。


ファンドが売ったから下がったのでは? などささやかれていますが

ファンド自体、数倍~10倍にまで急騰した銘柄を暴落の直前ギリギリまで

持っているほど素人ではありません。

暴落の1週間以上前には、もぬけの殻で、実際は個人のネットトレーダーの

勢いが株価の高値についていけずに天井を付け、投げが投げを呼ぶ形になったようです。


いつの時代もどんなに良い銘柄でも

高くなれば天井を付けて下がるものです。

まさしく

「山高ければ谷深し」

「まだはもうなり」

天井付近で残るカードは「高値のババ」です。


外国人投資家は、日経平均15000円は単なる通過地点と考えていたようです。


円安=日本株買いの構図に、いささかの変化もないように思います。


TOPIX寄与度上位銘柄でも、まだあまり上昇していない銘柄があります。

そのような銘柄でも外国人買いが本格的に入れば、上値が重たく、

なかなか上がらなかったのがウソのように、木の葉のごとく舞い上がる日が来るのです。


日本市場は、為替次第、外国人投資家次第これが基本です。





コメント

日産
いつもお世話になっております。

ブログの記事の中に
「外国人投資家が中長期で最も狙う銘柄は
トヨタ自動車と関連部品企業
ホンダと関連部品企業」
とありましたが、日産は入ってこないのでしょうか?
入ってこないとすれば何か理由があるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

| 2013-05-17 09:55 | とり |


コメントありがとうございます。

日産の海外展開比率は、75%

中国進出も一番集中しています。

つまり、円安リスクは低く、中国リスクは高いということです。

トヨタは海外展開比率55%だったと記憶しています。


日産はダメというのではなく、

ビックスリーの順位は、トヨタ、ホンダ、日産で

上記の内容を考慮して外国人投資家も投資しています。


その他、マツダも久々の大相場になっています。

日産の買いコストが安ければ、売らないで今期の決算予想が

増額修正するまで持続しても良いのではないでしょうか。

中長期で判断した方が良いと思います。

自動車株は相場のコア銘柄です。






ありがとうございました
先日はお忙しいところ質問に対し詳細にご回答いただき、
ありがとうございました。大変勉強になりました。
その後、日経平均は上昇、先物も上昇しており、
持ち株がアイフルのみの私としては予想どおり(?)のくやしい状況です。
以前のブログで買い場は乖離率を目安にと書かれていたことがあると思います。
その際は1%付近であったと思いますが、
現在の状況を踏まえるとどの辺りにあるとお考えになりますでしょうか?
何度も質問し恐縮ですが、よろしければご教授いただければと思います。
| 2013-05-18 08:07 | やまさん |


コメントありがとうございます。

直近のブログのタイトルをご覧ください。

バブルです。

2極化バブルで、外国人投資家が売買する銘柄が相場の主役になっています。

これからも続くと思いますが、個々の銘柄によってはかなり過熱しています。

現在上昇中の自動車、自動車関連も、不動産株のように過熱すれば調整に入り

また再び買いなおされる流れが続くものと思われます。

循環物色です。

25D移動平均乖離率も7%~9%が長期間維持されることはないと思います。

一度調整が必要になっているのは、外国人投資家もわかっているはずです。

為替次第ですね。

今、乖離率の予想をするよりも、相場の速い動きについていけない投資家が

たくさんいること。

高くなればリスクも高くなること。

その点を踏まえて、とりあえず4%台がいつ来るか、待ってから考えればよいと思います。

過熱しているときは手を出さないことが大事です。

分からない時は休めばよいと思います。

その場合の「儲けそこない」は気にしないことです。






本日午前中に「株式投資勝利の法則入門編講座」「簡易指数表」を添付して

送信しました。

前回と同様に

ドイツのM氏

東京都のM氏

メールが届かないようです。

私自身もセキュリティーソフト、プロパイダーなどの問題で受信できないことが

最近まで1台のPCでありました。

こちらからはご連絡が出来ず、再送信しております。


本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日の大引け前に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

時価総額上位銘柄は強い

5月17日12:50



前引け


日経平均株価(前引け)

12926.42(9:00)

15049.64(10:42)

14902.30(9:11)

15019.55(11:36)

前日比▼17.82円 -0.1%



TOPIX(前引け)

1237.97(9:00)

1251.21(10:41)

1236.43(9:01)

1248.34(11:34)

前日比△3.11円 +0.2%



朝方は先物主導の売り物が出て主力株が売られる局面もありましたが

押し目を買う動きもあり、前引け段階では日経平均は小幅安

TOPIUXは小幅高で引けました。


外国人投資家は、押し目があれば買い意欲旺盛です。






相場は完全な2極化相場になってきました。


昨日も申し上げましたが


外国人が買う銘柄は堅調


それ以外は、インデックス以上に大きく下げる


日本市場のメインプレーヤーは外国人投資家です。


外国人投資家の買う銘柄は上昇します。


その銘柄も循環物色されタイミングを間違えると儲かりません。


自動車関連銘柄も大きく上昇した銘柄は調整し


現在調整中の銘柄の中から上昇銘柄が出てきます。


直近は、長期金利上昇もあって不動産、不動産関連、不動産リートが

下落しました。

金利に対して敏感に動くのは仕方ないことですが、

大手不動産3社の相場は、このまま終わるとは思えません。

大手不動産3社、JR東日本は、長期金利が安定すれば調整も

終わり次第、反騰局面に入りそうです。



自動車関連が中長期で考えるとまだ上値余地がありそうです。

セットメーカーの主役は、トヨタとホンダです。


日産は中国へ過剰投資をしたこと、海外生産比率が高く

円安メリットが、トヨタ、ホンダ程ではありませんので

コア銘柄はトヨタとホンダになりそうです。








直近に外国人投資家が買い越した銘柄リスト


7202いすゞ


6471日本精工


7270富士重工


7733オリンパス


5333日本ガイシ


7731ニコン


6503三菱電機


6758ソニー


8795T&DHD


6752パナソニック


8750第一生命


9984ソフトバンク


6645オムロン


7205日野自動車


8035東京エレク


6501日立


7261マツダ


6326クボタ


8604野村HD


8601大和証券


7269スズキ


7203トヨタ


6201豊田自動織機


7201日産


6594日本電産


8001伊藤忠商事



6367ダイキン


6971京セラ


6981村田製作所


7262ダイハツ


7267ホンダ





直近に外国人投資家が売り越した銘柄リスト



8802三菱地所


8815東急不動産


9005東京急行電鉄


8905イオンモール


4502武田薬品


4508田辺三菱製薬


8830住友不動産


4661OLC


3267イオン


6502東芝


8801三井不動産


1605国際帝石


3099三越伊勢丹




6月には、参議院選挙で圧勝するための政策が出てきます。

「国土強靭化計画」

道路株、橋梁株、を中心に建設ポストにも循環物色は回ってくるでしょう。


外国人投資家が買う銘柄を調整中に「待ち伏せ」するのが良いでしょう。






本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、5月19日(日)19時までに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

2極化相場鮮明に

5月16日20:55



日経平均株価

15146.05(9:00)

15155.72(9:01)

14879.51(12:34)

15037.24(15:28)

前日比 ▼58.79 -0.4%



TOPIX

1257.07(9:00)

1259.15(9:10)

1231.05(12:34)

1245.23(15:00)

前日比 ▼7.62 -0.6%



値上がり銘柄数 379 ▼256


値下がり銘柄数 1290 △279


新高値銘柄数 156 ▼238


新安値銘柄数 11 △7



騰落レシオ25D 113.3 ▼13.8




前日のNYダウ平均株価が連日の史上最高値更新

15275.69ドル △60.44ドル


寄付き前に発表された1-3月期 GDPが市場予測よりも上回った

年率換算3.5%増


寄付きから堅調に推移しました。


為替が101円台まで円高になると、先物主導の売り物が出て

日経平均、TOPIX マイナス圏になり取引を終了。



大型株指数 1206.96 ▼7.38 -0.61%  5/16H 1221.22


中型株指数 1391.43 ▼5.90 -0.42%  5/15H 1405.41


小型株指数 2039.65 ▼ 25.91 -1.25%  5/15H 2119.21



2極化相場になってきました。

大型株指数は堅調で、本日ザラ場に新高値更新

小型株指数は昨日の新高値から大きく下がっています。


本日も、昨日もインデックス堅調の割に全体の地合いが悪くなっています。

全体の相場を見る限りでは大幅安といった感じです。



全体の地合いを感じ取るには、ラジオNHK第2の 5:00pm放送

目をつぶって、集中して株式市況を聞くと良いです。

相場の地合いがわかるようになります。




本日はコメントを下さった 「やまさん」へのお答えを兼ねて

皆様へメッセージがあります。




コメント


難しい相場です
毎日興味深く拝見させていただいております。
昨日は主力以外が総崩れであったため、
半数をそれに投じていた私の資産も大幅下落してしまいました。
それでも十分利益は出ていたため、
日経平均もかなり高くなっていることからほぼ全て利確しました。
現在は200円から買っているアイフルのみ持っています。
先物は今も上昇しており、明日以降も上昇していけば、
それを横目にくやしい思いをするかもしれません。
しかし日経平均も相当のところにきているため、
押し目を待とうと考えています。そして押したときに主力株を買って、
中長期保有。このようなスタンスに対し誤っていると思われる点がありましたら、
ご教授いただければ思います。
| 2013-05-16 03:05 | やまさん |



コメントありがとうございます。

株式市場は、2極化が起こっています。

勝ち組企業と負け組企業


今までは全面高でしたが、昨日もお伝えしましたように

アベノミクスバブル相場も第2波動に入ってきました。


東証1部時価総額


昨年

11月13日 254兆7278億円


昨日

5月15日 439兆1831億円



184兆4553億円の増加です。

これだけの資産が増加したのですから、外国人投資家だけではなく

一部の日本の個人投資家も相当な恩恵を受けたことになります。



連日のようにデパートで高級品が売れだした

高級車が売れている

外食の客単価が上昇


一部の個人投資家が、資産が増えたことで消費し始めたことは事実です。


これがファーストリテイリングの柳井社長兼会長が発言し波紋になった

一握りの勝ち組が、年収1億円以上

中間層は減少し、

ほとんどの庶民が年収100万円時代に2極化する。

時代の大きな流れです。



円安の恩恵を受ける企業は上昇


インデックス寄与度の高い銘柄は、外国人投資家主導で上昇


日本市場のメインプレーヤーは外国人投資家です。

彼らが買う銘柄は、相場のコア銘柄なのです。



日本の個人投資家が信用取引で高回転の取引をして上昇させた

小型株は、外国人投資家の買う流動性、市場性が高い一流企業と違って

下がりですと弱くなります。


回転率と好需給で上昇した小型株は異常に高くなりました。

まさに「ババヌキ」状態になってきたのです。


投資家の主役はあくまで、外国人投資家で


主役の銘柄は、外国人投資家が買う、流動性、市場性の高い

世界的な1流銘柄なのです。


昔とは違い、すべてがグローバル社会、グローバル経済で連動しています。


日本中の個人商店の大半は閉店を余儀なくされ、シャッター通りになり

賑わうのは大手のショッピングセンター


中小零細企業はよほどの技術力がなければ生き残れず

上場企業といえども、ここからさらに勝ち組企業と負け組企業の

勝敗が鮮明になり、株価に大きく反映されてくるでしょう。


本日は、「やまさん」のコメントを拝見して

株式市場にも2極化現象が鮮明になりそうな予感を述べました。


相場の世界で稼ぎ続けるには、

外国人投資家が買ってくる1流企業を安く買って

外国人投資家に上げてもらい、高くなったら利食うこと。


インデックスも同様に過熱した高値圏では手じまうこと。


高くなりすぎたらポジションをゼロにして

儲けそこなっても良いではありませんか。



この日が来るのを予測して、

以前から外国人投資家が買っている銘柄を公開してきました。


相場の格言で

「当たり屋につけ」

「曲がり屋にむかえ」

という名言があります。


当たり屋は外国人投資家、外国人投資家が買う企業

曲がり屋は、いつの時代も高値をつかむ投資家です。


新興市場の銘柄も高くなりすぎ、高値で「ババ」をつかんだ

個人投資家は、最後には消え去る運命です。




日経平均25日移動平均乖離率の推移


5/16  8.34

5/15  9.35

5/14  7.61 

5/13  8.46


5/10  7.94 

5/9  5.88

5/8  7.04

5/7  6.85


5/2  3.76

5/1  4.94


いくらバブル相場でも、過熱したら調整します。

下がったところは、外国人投資家好みの円安メリット銘柄に注目




投資のヒント


外国人投資家が中長期で最も狙う銘柄は


トヨタ自動車と関連部品企業

ホンダと関連部品企業


メガバンク3行、大手証券2社(少し調整があるかもしれません)


電機、機械、精密


本日は時間になりましたので、この続きは明日にさせていただきます。


不動産、建設については改めてコメントさせていただきます。



本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日の大引け前に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」


バブルのコア銘柄は自動車

5月15日13:00


前引け

日経平均株価(前引け)

14962.34(9:00)

15108.83(10:50)

14956.38(9:01)

15096.97(11:36)

前日比 △338.55 +2.3%



TOPIX(前引け)

1246.00(9:00)

1259.63(10:50)

1245.82(9:01)

1257.18(11:30)

前日比 △26.38 +2.1%




昨日のNY株大幅高、為替は、円安方向、外国人投資家は

長期投資専門の巨大ファンドの買い越しが目立って来ました。


日経平均株価は、、2008年1月4日以来の15000円台乗せ(前場段階)になりました。



昨年11月から始まったアベノミクス相場は、いよいよ第2波動に

入ってきました。


以前よりお伝えしている円安メリットで、世界で戦える自動車株

自動車関連株がコアとなるでしょう。


相場は、外国人巨大ファンドが債券を売って、日本株の組み入れ比率を上げて

本格参入してきました。


彼らの巨大資金が買う銘柄は、流動性が大きいTOPIX Core30を中心に

今後もしばらくは買い続けるようです。




本日前場段階で外国人投資家(巨大ファンド)が買った業種


電気機器

自動車

銀行

機械

化学

通信

保険




本日前場段階で外国人投資家(巨大ファンド)が買った銘柄


三菱UFJFG

トヨタ自動車

ソニー

JT

日立

ソフトバンク

いすゞ

ホンダ

三菱電機

三井住友FG

日産

みずほFG



日本のビックスリー

トヨタ自動車をかなり買い上がっています。

トヨタは8000円台乗せトライです。(9月までには)

同様に、ホンダ、日産もさらなる上昇に期待できます。


安倍黒田バブル第2波動の柱は、以前からお伝えしています自動車です。



自動車のセットメーカーが上がると、関連銘柄もつれ高します。

自動車部品の中小銘柄まで幅広く買われそうです。


最終的にはトヨタが歴史的高値を付けるかもしれません。

トヨタ自動車 10,000円

バブルですからこの程度は起こり得ることです。




コメント
いつもお世話になっております。

メガバンクは優劣付けずに持っておけば良いんですね。

大きな差があればポジションのバランス調整をしようかと思ってましたが、

今のまま、みずほ:三菱UFJ=1:1でホールドしておこうと思います。

あと、みずほの件については、120円の頃の話ではなく

4/24の買い方の例をみて200円割れの可能性もそこそこあるのかと考えてしまい

、210円台前半で買うのを悩んでいました。

ただ、ずっと値動きをみてましたがボストンマラソンのテロでも206円で止まり

その後はどんなに下げても212円だったので、安く買える時は相場自体が崩れていると考えて、えいや!と買いました。

相場に100%は無いのでどこかで多少のリスクは取ることになるのかなっと。

| 2013-05-15 00:46 | めい |



コメントありがとうございます。

バブル再燃です。

メガバンク3行はコア銘柄です。

ここからは日足は見ずに、月足チャートをご覧ください。

みずほFGが220円台に推移していること自体異常なことです。

300円でも割安かと思います。

外国人投資家が下値の売り玉を丹念に拾っています。

売り物を買いつくした時、びっくりするくらいの大幅上昇になるはずです。

6か月定期預金の感覚で、数十年分の利息が付く可能性大です。

慌てて売ると後悔するような巨大なバブル相場に入っています。





本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日20時~21時に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

景気敏感株上昇、バブルへの道

5月14日20:45




日経平均株価

14822.56(9:00)

14839.79(9:05)

14755.08(14:59)

14758.42(15:28)

前日比 ▼23.79 -0.2%




TOPIX

1236.26(9:00)

1238.23(9:05)

1229.44(9:52)

1230.80(15:00)

前日比 ▼1.40 -0.1%




値上がり銘柄数 832 ▼113

値下がり銘柄数 782 △100


新高値銘柄数 328 ▼85

新安値銘柄数 2 △2


騰落レシオ25D 136.1 ▼8.4


日経平均25D乖離率 7.61

TOPIX25D乖離率 6.73




日経平均株価は、3日ぶりの小幅反落

連日の上昇にもかかわらず、朝方は買い先行で始まりました。

為替も円安が急速に進行したため、小幅な値動きになって

本日の日本市場は、上値では利益確定が出やすい地合いでした。



参考銘柄の

6135牧野フライス

627 660 622 658 △32 V3915000


ようやく上昇しました。

景気敏感株、設備投資関連、円安メリット関連





バブル上昇期待銘柄は、自動車だけではありません。

いつの時代も景気敏感株、つまり設備投資関連株が買われます。


6101ツガミ 537円 △19円


6113アマダ 804円 △24円


6135牧野フライス 658円 △32円


6141(大証)森精機 1310円 △3円


上記4銘柄をセットで監視するといいでしょう。



6135牧野フライスは


4/26 H630円

4/11 H627円

2/12 H639円


上値抵抗ラインを突破しましたので目先は

700円~800円トライになりそうです。


10か月以内に1000円ぐらいはありそうです。

時価での新規買いはいけません




「株式投資勝利の法則」は


時間、値幅、波動、需給、地合いを最重要視します。


バブル崩壊前に景気が減速するときは、上記4銘柄の株価が先行指数になって

売られてきます。


その時は「空売り候補」になります。




小学校6年の時(1975年)に、亡き父から学びました。

いつもこのように申しておりました。


「景気の節目には、機械株が動く。」




「企業は、景気の先行きが良くなると設備投資に動く。」


「そして景気回復が本物ならば、製造業が儲かってくる。」


「それを先読みして順番に買うことだ。」


小学校の時に父から学んだことを今思い出し、仏前で合掌しました。


景気循環と循環物色相場です。



身近に多くの師がいるのにかかわらず、仕手株投資に目いっぱいの

全額投資を繰り返し、30台で10ケタ近くの資産を失ったバカ息子を

お許しくださいと心から謝罪しました。




このような反面教師の私から一言


株式投資に100%はありません。


高値で買えばリスクは高くなります。


どんなに強い相場でも、もしもの時の備えは取っておきましょう。


天変地異には人間の力は非力なものです。


備えあれば憂いなし。


バブルには踊らされないようにご注意ください。


美味しい情報など普通の一般投資家には届きません。


怪しい話、上手い話し、ここだけの情報、そんなものはあてになりません。


良い銘柄をバーゲン価格で買うことが


「株式投資勝利の法則」と確信しております。






コメント

メガバンク
いつもお世話になっております。

ずっと値動きの重かったメガバンクがそろって上昇しました。

参考銘柄として取り上げられていました、みずほも226円を超えてきてビックリしました。

参考銘柄として登場したときより日経平均はかなり高くなり状況も変わったと判断し

、208円で買うのを諦めて数日前の212円で買い増したので、少しほっとしています。

あと、手持ちでは三菱UFJの方が、みずほより上昇率が良いですが、

みずほが差を詰めることはありますでしょうか?それとも三菱UFJの方が有望でしょうか?

| 2013-05-13 20:25 | めい |


コメントありがとうございます。

直近のこの上昇は、外国人投資家(ロングプジションの巨大ファンド)の買いです。

彼らが買う銘柄は、流動性の高い時価総額上位企業です。

今おきている現象は、債券運用を縮小し、株式運用比率を高める資金シフトです。

世界中の巨大マネーが日本マーケットに向かっているのです。

外国人投資家が、集中買いすれば重たい みずほFGが1日で30円以上上昇する時が来るとみています。


三菱UFJ、三井住友FG みずほFG

どちらが良いということではなく、3社コア銘柄です。


6か月定期預金、1年定期預金のつもりで売らないことです。

外国人投資家と為替次第ですが、年率40%~100%の値幅はとれるとみています。


たしかブログ開設時に、みずほFG120円台で参考銘柄で掲載した記憶があります。


これからが本番です。



いつの時代も、どんな相場も、天変地異から自分の資産を守ることが重要です。

株式投資には100%はありませんので、全財産の投入はおやめください。

バブル相場です。

コア銘柄は持続です。







いつも参考になります。貴重な情報ありがとうございます。

上の方と同じ話ですが、みずほを買おうと思ってましたがなかなか落ちてこなくて
今日は上昇してしまいました。指値を上げて買いに行く方が良いでしょうか?
| 2013-05-13 20:59 | のん |


コメントありがとうございます。

株の世界は不思議な世界で、安いときはもっと下がったら買おうと思って買えずに

高くなると慌てて買ってしまいます。



よくTVで放映される買い物上手の達人、賢い主婦は、

良いものを安く買う「バーゲンハンター」です。

底値買いリストをつけて、「特売」を狙います。



第一週は冷凍食品半額

第二週は缶詰、肉

第三集は青果物

毎週(日)は卵が98円、牛乳1Lが148円

と言った感じで賢い主婦は特売のパターンを熟知しています。

株式の世界も同様です。

良いものが安ければ買う。

安くなければ買う必要はない。



指値を上げて追いかけることはよくありません。

「株式投資勝利の法則」で最もやってはいけない行為です。

株価には時間、値幅、波動、需給、地合い、それぞれのパターンがあります。


思った値段で買えない時は、「ご縁がなかった」と思ってあきらめることです。

皮肉にも、意外とすぐに下がるときもありますので、慌てないことが大事です。

異性を追いかけると逃げられるのと同じように

株価も追いかけてはいけません。

「待ち伏せ」に徹することです。

待ち伏せて買えたら、当分売らないことです。

くれぐれも予算の枠を超えないようにしましょう。






利回り重視で銘柄選んでるのでバブル相場に縁がないです。
お小遣い稼ぎしたい時は順張りで短期売買に乗ることありますが。
安値で欲しかったもしもしホットラインが暴落してたので買いました。
今期減配するみたいですが配当ホルダー御用達の銘柄ですから将来に期待します。
| 2013-05-14 02:27 | あまりん |


コメントありがとうございます。

もしもしホットラインは、株価乖離率-15%~-20%のところで下げ止まっています。

配当利回りも2.45%ありますので定期預金感覚で買う投資も堅実だと思います。

三井物産系で、昔は選挙関連銘柄でした。

インカムゲインとキャピタルゲインを両天秤にかける投資ですね。

ご健闘お祈り申し上げます。




日経平均25D移動平均乖離率
四月の初め以降25D乖離率は2%を割ることはなく、
4%を割ると反発していますが、
外資は4%割れで買いを入れるようになってきたのでしょうか?

いつも陰ながら応援させて頂いております。

| 2013-05-14 13:15 | 太陽 |


コメントありがとうございます。

世界中の巨大マネーが、債券を売り、株式を買っています。


その変化は4月4日に「指数表」に現れました。

外国人投資家にもさまざまな投資家がいます。

今大きく買っているのは、最大規模のビックマネーを運用する

長期投資家です。

彼らも少しでも安く買いたい心境でしょうが、この先も先高観が大きいため

主6銘柄の上値の売り物を根こそぎ買っています。


現在はいささか過熱状態です。

25D乖離率だけではなく、

8601大和証券

8604野村HD

の株価も一緒に見てください。


バブルですので異常値はこれからも出ます。

冷静に投資判断するようにしてください。


基本は、循環物色の「待ち伏せ」です。


本日ご質問の内容は大変重要なことですので後日改めて

検証させていただきます。





本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日の大引け前に更新します。



「株式投資勝利の法則入門編講座」5月12日配信分が

ドイツのM氏

東京のM氏

3回送信しましたが届かないようです。

本日の個々に送信しました。




当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

バブル再燃

5月13日13:00



前場

1ドル102円台

1ユーロ132円台

為替が抵抗ラインを突破し、急激に円安が進行したことで

買い先行で始まり、大幅高で前場を引けました。


以前からくどいくらいお伝えしています

円安=日本株買い


長期運用の巨大ファンド(外国人投資家)の買いが大量に入っています。


完全なバブル相場の展開です。





8601大和証券G本社(12:50現在)

995円 △70円 高値1019円


8604野村HD

930円 △78円 高値949円




証券株の尋常でない買われ方、これは外国人の買いによるものです。

日本の機関投資家はこのような上昇にはついていけません。

急激な大幅上昇に対して、いちいち上司の許可を得て、その間にもさらに

上へ株価が乖離してしまい手出しできない状態です。


外国人投資家は、為替でドル買い円売りで儲け、

日本株買いで儲けるトレードを組み込んでいますので

Wで稼ぐ相乗効果になっています。



外国人投資家が本日最も多く買った業種を記載します。

(前場段階)

銀行

自動車

電気機器

機械

証券

その他金融

化学

通信

不動産




外国人投資家が売り越し他業種

(前場段階)

医薬品

鉱業

鉄道バス

電力

サービス





コメント

待ち伏せ
いつも楽しく読ませて頂いております。

今までのブログの記事などから考察させて頂くと、
「第二波動では外国人投資家の長期資金はTopix Core 30などを
買ってくるだろうから、日経平均の25D移動平均乖離率2%割れの押し目を
待ち伏せするのがよいのではないか」
という認識でよろしいでしょうか?

| 2013-05-12 17:47 | とり |


コメントありがとうございます。

直近はバブルに火がついてしまいましたので落ち着いた時に過剰な上昇に対する調整が

入るはずです。

その時に躊躇なく自動車、証券、金融、不動産の主力企業を買えば良いのです。

一般的には、下がると手が出なくなり様子見になってチャンスを見逃すことが多いのですが

バブル相場で稼ぐには、心を鬼にして、勝ちパターンに乗ることが肝要です。

次に来るのはおそらく、不動産大手3社、JR東日本でしょう。

外国人は非常に単純な投資をしていますので、その先を行けばよいのです。





本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日20時~21時に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

今、まさにバブル相場

5月12日13:40


現在の相場は非常に大きな規模で、世界的なファンドまでが

積極的に日本株を買っています。


相場はまさしく、安倍黒田バブルです。

現在休んでいる金融、不動産株も循環物色の状態で

出番待ちといった感じです。




バブル相場で勝つ方法は、安く買えたコア銘柄は、売らないで持ち続けることです。


いまたまたま目にした、768双日は以前100円の時に参考銘柄で掲載した記憶がありますが

171円まで上昇しています。

これもあと6か月ぐらいで230円ぐらいいきそうです。

売らないで我慢した分儲かるのがバブル相場です。




現在のバブル相場で儲ける秘訣は、


循環物色のテーマ性のある銘柄を買うこと

あまりにも異常値まで買われすぎた銘柄は手出し無用

上手く押し目で買えたら、売らないで持ち続けること

短期売買はやめて、数か月持続して利幅を稼ぐこと

急騰した銘柄を高値で買うのではなく、休んでいる銘柄を買ってチャンスを待つこと

「国策に売りなし」

「当たり屋につけ」

「安く買ったら売るな」


現在のバブル相場は、のちの世の語り草になるかもしれません。

よほどの腕に覚えのある方以外は、短期売買よりも

中長期で大きく稼ぐバブル相場です。

天変地異などのリスクも考えて、目いっぱい投資はいけません。

余裕のない資金運用は、いずれ墓穴を掘ることになりかねません。

「勝って兜の緒を締めよ」

株式投資で最後まで生き残る投資家には、心の余裕があります。

心に余裕があって、資金にも余裕がある人が生き残る投資家です。


安倍黒田バブル第二波動は、メインプレーヤー外国人投資家の長期資金(最も資産枠の大きいファンド)が

TOPIX Core銘柄を買ってくるでしょう。

今、まさにバブル相場です。





自動車関連
いつもお世話になっております。

アドバイスありがとうございます。

いすゞは630円台と引きつけて買えたのでホールドしようかと思います。

アイシン精機は若干買いが早かったので値動きを見つつになりそうです。

あと、ずっと鳴かず飛ばずだったTDFが動き始めましたが、どの辺で利益確定しようか迷っています。

232円を超えてくるなら、もうひと伸びありそうですが為替が弱含みなので粘れるかどうか。

それに長期でホールドすべき銘柄ではないとのことなので難しいところです・・・

| 2013-05-09 22:10 | めい |



コメントありがとうございます。

7202いすゞの630円台は、順張りの押し目買いの理想的買い方です。

相場に100%はありませんが、バブル相場が続くのであれば、

いすゞの目標値は中長期で、1000円以上です。

現在はバブルですから安く替えた場合は、売らないことです。

頻繁に売買すると意外に儲かりませんし、精神的にも良くありません。

中長期で値幅を稼ぐ投資法こそ「巨億への近道」と思います。


5641TDFは、5/8に短期買いサインが出ました。

吹き値売り方針ですが、現在はまだ初動の水準でこれからです。

3番手銘柄ですから、もう1度下げるかもしれませんが

自動車セクターはここからの本命ですので

もう少し辛抱する価値があると思います。


7259アイシン精機は、直近に2回の短期買いサインが出ています。

4/2 と5/2の大引け時点です。

トヨタ、デンソーと連動して上がるのでもう一波動見た後でも

良いのではないかと思います。

現在はバブルです。

外国人投資家に買い上げてもらえばよいのです。





部品メーカー
決算発表が出揃って材料不足から押し目があれば自動車部品メーカーがいいだろう、
ということですが、具体的にはどのような銘柄がよさそうでしょうか?
| 2013-05-09 22:18 | 株初心者 |


コメントありがとうございます。

もう上がってしまいましたので参考銘柄には出しませんでしたが

5481山陽特殊製鋼

6268ナプテスコ

5371椿本チェイン

6493日鍛バルブ

6877OBARAG

7220武蔵精密工業

7242KYB

その他は「株式投資勝利の法則入門講座」に教材として書いた銘柄です。

これからもチャンスは来ますのであわてて高値を買わないことです。

欲を抑えて、押し目を待ち、安く買うことで明暗が分かれます。



コメント
いつもありがとうございます。
トリドールはニュースが出て下げましたが、
悪材料は買いの認識でよろしいのでしょうか。
ニュースの出たタイミングと言い意図的なかんじがします。
| 2013-05-11 11:31 | リンゴ |


3397トリドールは、うどんのざるにカビが付着していて

映像がネット上に公開されたことが悪材料になったようです。

とりあえずひと相場(一波動)終わりました。

主役の銘柄ではありませんので、次の波動は、大きく下げなければ

買う理由はないと思います。







本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日大引け前に更新します。


5月12日送信の「株式投資勝利の法則入門編講座」

本日午前中に送信しました。

未着信の場合は

件名 未着信

お名前ご記入の上、ご連絡ください。

確認次第再送信します。





当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」工藤庄司

外国人投資家の本命は

5月10日13:30


(前引け)

日経平均

14449.24(9:00)

14630.47(10:46)

14426.74(9:02)

14581.95(11:30)

前日比 △390.47 +2.81%



TOPIX(前引け)

1201.42(9:00)

1211.29(10:46)

1199.83(9:02)

1207.41(11:00)

前日比 △25.56 +2.2%






1ドル100円を突破しました。

自動車、ハイテク株を中心に全面高の展開です。



昨日のNY外国為替市場の円相場が、米雇用指標の改善を受けて

2009年4月以来4年1カ月ぶりに1ドル=100円の大台を突破したこと

先週公表された4月の雇用統計改善に続き、失業保険申請件数が

08年1月以来の低水準となったことからさらなる円安の流れに向かっているようです。


これ以上急速に円安が加速すると、米国自動車産業も円安阻止の動きが出そうです。




外国人投資家が買っている銘柄


ファーストリテイリング

ソフトバンク

NTTデータ

ニコン

テルモ

トヨタ

ホンダ

日産

富士重工

スズキ

日野自動車

京セラ

ダイキン

デンソー

三井不動産




ヘッジファンドが、円売りドル買い、日本株買いのポジションを取っています。


外国人投資家の買い意欲は衰える様子もなく、自動車を中心に輸出関連の

主力銘柄の売り物を買いあさっています。


まさしくバブル相場です。


さすがに過熱感がありますので、自動車関連は為替連動で円安の動きを見て

売買しないと儲けも減ってきます。


トヨタの今期業績見通しは、トヨタらしい控えめな数字でした。

今後も円安の流れに変わりがないならば、自動車関連株の上昇は必至でしょう。

安倍黒田バブルの上昇第2波動は、自動車と自動車関連になるはずです。







本日は時間の都合で、コメントのご返事は、

5月12日(日)更新時に更新いたします。




本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、5月12日(日)18:00までに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」






常に押し目買いに徹することが肝要

5月9日20:40



日経平均株価(大引け)

14366.95(9:00)

14409.82(10:17)

14191.48(15:28)

14191.48(15:28)

前日比 ▼94.21 -0.7%


TOPIX(大引け)

1199.89(9:00)

1202.41(9:04)

1181.83(15:00)

1181.83(15:00)

前日比 ▼12.51 -1.0%




値上がり銘柄数 483

値下がり銘柄数 1148



新高値銘柄数 318

新安値銘柄数 1



騰落レシオ25D 141.3 △6.3


日経平均株価25D乖離率 5.68




日経平均株価は3日ぶりの反落

前日のNYダウ平均株価が連日の史上最高値を更新した流れから

朝方は買い先行でスタート

日経平均株価 高値 14409.82(10:17)

TOPIX 高値 1202.41(9:04)

日経平均は、14400円台に乗せる場面もありましたが

急ピッチでの上昇過熱感が出て、利益確定売りに押されて

この日の安値引けになりました。


7203トヨタ自動車5760円 ▼80円

7267ホンダ 3930円 ▼50円

7201日産自動車 1032円 △13円

6902デンソー 4400円 ▼40




8604野村HD 815円 △27円





自動車セクターは上昇第2ラウンドの柱になる可能性大です。

トヨタの今期想定為替レートは

1ドル90円(前期83円)

1ユーロ120円(前期107円)

2014/03 連結営業利益1兆8000億円

トヨタらしい控えめな数字を出してきました。


今後かなりの確率で増額修正になりそうです。

つまり、増額修正がらみということは、株価が織り込み

上昇トレンドになるということです。(為替連動)




昨日大引け時の「指数表」算出時に「短期過熱サイン」が出ました。

相場自体がバブルですので「短期過熱サイン」で大きく下げることにはならず

少しモミ合うといった感じです。


昨年11月から始まった安倍黒田バブル相場の唯一の押し目は

4月2日 安値

日経平均株価 11805.78円

TOPIX 971.33



決算発表が出そろって、材料不足から押し目があれば

自動車、自動車部品に注目です。


日本のビックスリー

7203トヨタ自動車

7267ホンダ

7201日産自動車 


ではなく、関連企業(部品メーカー)の方が

値上がり幅が期待できそうな銘柄が多いことに注目です。


商社株も悪材料出尽くしから上昇してきました。




相場自体がバブル相場で、循環物色買いですので

短期狙いではなく、全体相場が安い時に押し目を買って

何もせず、数か月保有した方が値幅取りしやすいのが

上昇トレンド相場の特徴です。



安く買えたら、数か月間売らない。

何もしない。

こんな単純な投資スタイルに分がありそうです。





コメント

いつもお世話になっております。

上昇トレンドに変更なしという情報を元にGW前の株価なら

買っても良い水準だと判断して出動出来ました。ありがとうございます。

円高嫌忌で自動車関連株が大きく下げていたので、

円安反転したら逆にここがよく上げると思って、

いすゞ、アイシン精機あたりを買いました。

短期売買のつもりなので利益確定は

日経平均の騰落レシオや移動平均乖離率もしくは、

為替のどれかで判断しようかと思います。

| 2013-05-07 21:42 | めい |


コメントありがとうございます。

押し目を買えたのでしたら、あまり短期では動かない方が

良い場合が多々あります。

アイシン精機は月足で判断すると、もうひと波動ありそうです。

良い円安が進行すれば、4000円~4500円(1ドル105円前後)

7202いすゞは 2007/07 高値720円奪回から800円以上


忙しく売買せずに、波動に身を任せた方が妙味がありそうです。


バブルの上昇トレンド相場継続中に変わりなしです。

昨日「短期過熱サイン」が出ましたので

数日間はモミ合いになるかもしれませんが。







自動車
いつもお世話になっております。

新日鐵住金が思いがけず251円で買えたので

しばらく保有してみようと思います。

今日のブログにあったトヨタホンダ日産などは

仮に決算発表で売られたとしても

買われてくる可能性が高いということでしょうか?
| 2013-05-07 22:46 | 堅守速攻 |



コメントありがとうございます。

安倍黒田バブル相場がこのまま進む可能性は極めて高いと思います。

バブル相場の第2幕は、

自動車、自動車部品を中心に買われるものと思われます。

そして、低位大型株に循環買いが回ってきそうです。

5401新日鉄住金で迷ったら月足チャートを見れば勇気が出てくると思います。

4/3に208円の底が入っています。

4/19 安値242円

5/2 安値246円

この2点が短期波動の下値抵抗ラインです。

確実に下値が切り上がっています。


秋口にはそれなりの結果が望めそうです。

日々の株価に一喜一憂しないことが大事です。


為替次第ですが自動車、自動車部品株は歴史的な相場に発展する可能性大です。


高値は買わず、下がって買いたくない時に買うのが

バブル型上昇トレンドの押し目買いのコツです。


熱くならずに、押し目を買うことが大事です。

定価で物を買わないのと同じで

同じものだったら、ディスカウント価格で買うべきです。

モノがあふれている(いくらでも銘柄があるという意味)のですから

安く買えなかったら他のものを安く買えばいいのです。

どんなに良い銘柄も高値で買っては儲かりません。

「あわてるべからず」

「もうはまだなり」

7月の参議院選挙まで、よほどのことがなければ突っ走りそうです。







本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日の大引け前に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」







6366千代田化工建設

5月8日13:00


(前引け)


日経平均株価(前場)

14196.20(9:00)

14376.30(11:03)

14186.83(9:01)

14366.92(11:23)

前日比 △186.68 +1.3%


日経平均寄与度プラス(前場)

電気機器 71.95

通信 22.02

機械 19.90

食品 15.46

精密機器 14.33

商社 11.36

化学 10.49

日経平均寄与度マイナス(前場)

小売り -18.18

不動産 -17.78



TOPIX(前場)

1191.17(9:00)

1202.18(11:03)

1190.46(9:01)

1201.34(11:21)

前日比 △12.47 +1.0%


TOPIX寄与度プラス(前場)

電気機器 2.61

商社 1.56

機械 1.55

保健 1.15

自動車 0.85

建設 0.56


TOPIX寄与度マイナス(前場)

不動産 -0.96




前日のNY市場が世界的金融緩和の流れから

終値ベースでダウは、15000ドル台に乗せて引けました。


その流れを受けて、昨日、今年最大の上昇幅になった東京市場も

朝方から買い方優勢の展開で前場段階は、日経平均、TOPIXともに

1%を超える上昇幅になりました。

連日の新高値更新です。




1963日揮 前場高値 3210円

連日の高値更新です。



参考銘柄 6366千代田化工建設

(12:46現在) 1034円 △25 


三菱系 総合エンジニアリング大手

プラント、環境保全関連

売上構成比率 エンジニアリング 97%



4/16安値912円で底値を確認

1963日揮の連日上昇から、同社の割安感が出てきました。

テーマ性もあり面白い銘柄です。

目標は1200円台乗せ




自動車、自動車品は、今後も買われそうです。

目先の小さな利幅よりも1~2か月後の値幅を大きく考えた方がいいと思います。

申し訳ございません。

コメントのご返事は明日、明日詳しくご返事させて頂きます。



 
本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日20時~21時に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

7203トヨタ自動車

5月7日20:20



日経平均株価(大引け)

13960.04(9:00)

14196.38(14:17)

13951.81(9:02)

14180.24(15:28)

前日比 △486.20 +3.6%



 日経平均寄与度(業種別)

電機機器 100.46

小売業 74.87

自動車 37.16

機械 31.51

医薬品 29.71

化学 29.37

食品 24.74

サービス 20.57

建設 13.05

不動産 13.05

精密 12.89

非鉄金属 11.91

通信 11.50

ゴム 9.97

商社 9.43

窯業 7.85

その他金融 6.41

銀行 5.77

保険 4.97

鉄道バス4.78




日経平均寄与度(銘柄別)

ファーストリテイリング 64.06

ファナック 27.23

京セラ 13.61

東京エレク 12.01

ホンダ 12.01

信越化学 11.21

トヨタ 10.81

ソフトバンク 8.41

ダイキン 8.21

電通 8.01

アドバンテスト 7.77

ブリヂストン 7.61

日揮 7.29

セコム 7.21

スズキ 7.13

アサヒGHD 6.85

クレセゾン 6.41

デンソー 6.41

アステラス製薬 6.01

宝HD 6.01






TOPIX(大引け)

1174.02(9:00)

1189.60(14:21)

1174.02(9:00)

1188.57(15:00)

前日比 △35.29 +3.1%



TOPIX寄与度(業種別)


自動車 5.10

電気機器 5.01

銀行 3.80

機械 2.56

化学 2.54

商社 1.75

医薬品 1.50

食品 1.59

サービオス 1.28

小売業 1.19

不動産 0.90

保険 0.84

通信 0.83

建設 0.82

非鉄金属 0.78

電力 0.67

鉄道バス 0.66

ゴム製品 0.61

その他金融 0.61

鉄鋼 0.60



TOPIX寄与度(銘柄別)

トヨタ2.53

ホンダ 0.92

三菱UFJFG 0.82

ファナック 0.52

三井住友FG 0.49

ソニー 0.48

日立 0.46

ブリヂストン0.46

三菱重工 0.46

信越化学 0.38

コマツ 0.38

三菱商事 0.38

日産 0.35

三井物産 0.35

東芝 0.32

NTT 0.32

東京海上 0.30

セブン%アイ 030

三井物産 0.29

デンソー 0.29






連休明けの東京市場、日経平均株価は5日ぶりの大幅反発

年初来高値を更新

14180.24(15:28) 前日比 △486.20 +3.6%

今年最大の上げ幅になりました。


連休中に、ドル円、ドルユーロで円安の方向に大きく動いたため

朝方から買い優勢の流れが続き、取引を終わってみるとほぼ高値圏で

引けました。

バブル相場です。



1963日揮

3000 3105 3000 3100 △ 182 V2424000

順調に上昇しています。



7203トヨタの決算発表が明日に控えています。

2007/03 経常利益 2兆3825億1600万 EPS 512円

2014/03 今期この水準に近づくメドが立てば

6000円~7000円水準まで買われてもおかしくありません。

控えめな予測を出す堅実な企業ですが。


円安のテーマのど真ん中銘柄は、自動車と自動車関連企業です。

外国人投資家は日本のビックスリー

トヨタ

ホンダ

日産


を中心に幅広く自動車関連企業を買ってくると予測しておきます。


ブログ開設時からお伝えしていますように

円安=日本株高




安倍黒田バブルの次なる銘柄は

円安=自動車、自動車部品、自動車関連株上昇です。







今日は全面高でしたが、仕手系銘柄も上昇が目立ちました。

5/1に掲載した銘柄を検証してみます。

6924岩崎電気

216 222 214 219 △8 V2105000

出来高が急増しています。

介入筋の資金量は定かではありませんが

ここからでしょう。

往年の仕手株ですが、癖の悪い動きをする銘柄でもあります。




6378木村化工機

527 527 527 527 △80 V111.800


昨年11月から介入している形跡がありましたが

原子力関連です。

大義名分がありますので、明日もストップ高になるかもしれませんが

手出し無用です。




9358宇徳

411 433 4041 424 △45 V940.600

前日、ウワヒゲが長かったのですが、意外にも上昇しました。

業績も良く質の良い仕手系銘柄ですが、ここからは「ババヌキ」です。

高く買ったら負けです。

提灯が付かなくなったらおしまいです。

小型株は上昇スピードが速いですが、

下がるときも早いので、ここからは手出し無用です。





8061西華産業

260 331 259 322 △70 V12234000

仕手系銘柄と言っても、三菱系機械商社で

電気設備、プラント、環境保全関連です。

テーマ性がど真ん中の銘柄です。

諸っ新車が買う水準ではありません。





6622ダイヘン

320 328 317 328 △16 V1867000

日足で見ても週足で見ても、「トリプルトップ」

「三尊天井」ですが、26週移動平均線は上昇トレンドになっています。

中長期では更なる上値がありそうですが、中途半端に買うとやられます。





5393ニチアス

605 625 605 624 △22 V625000

日足、週足強いチャートです。

テーマ性もあり、800円以上になるとみています。



今日も「仕手系材料株」の見方をざっとコメントしました。

日足チャートを一目見るだけで、介入中の筋の動きが見えてきます。


初心者の方は、一切手出し無用です。




本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日大引け前に更新します。


5月5日送信の「株式投資勝利の法則入門編講座」は

未着信件数が3件発生しています。

ドイツへのメールが3度送信しましたが届かないようです。

スマホの方も届かない方がいます。

「未着信」のご連絡をいただいた方へは3通まで再々送信繰り返しています。

個々の原因があるようですが、今後の課題として参ります。




当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」工藤庄司

6135 牧野フライス

5月3日14:00


「株式投資勝利の法則」は、1年に1度の暴落で、時価総額5000億円以上の一流企業に的を絞り

分散投資する投資手法が中心になっています。

時価総額5000億円以上の企業は、外国人投資家が好んで買う銘柄が多く点在しています。


良い銘柄のみ、大幅安で買い出動する 常に単純明快な投資手法です。


日々のザラ場は見る必要はなく、大暴落の底値付近で買い(寄り付きの成り行き買い)

数か月保有し、株価が再び高くなったところですべて売却します。


大暴落の底値の判断は、「指数表」(私が開発した40以上の指数の組み合わせ)と独自のチャートを使います。




現在は、地球規模で経済が連動しています。

かつてのハイテク国家日本も高技術の優位性はなくなり、中国、台湾、韓国、タイなどのアジア諸国に

追い上げられ、追い越されています。


昨年11月から始まった アベノミクス相場も6か月になろうとしています。

押し目らしい押し目もなく、力強い相場展開が継続中です。

中長期で考えると、まだしばらくは

円安=日本株高の流れが継続する可能性が高く

押し目を買いたい投資家も非常に多くいるようです。




相場とは、いつの時代も

「山高ければ、谷深し」

「谷深ければ、山高し」

大きく上昇すれば、いずれその反動で大きく下がる。

大きく下がったものは、いずれ評価されて買い物が入って株価も持ち直す。



人は皆、株価が高くなると、なぜ買いたくなるのでしょうか?

逆に、株価が大きく下がると不安でいっぱいになり安いところを積極的に買えなくなります。


そんな投資スタイルの差が、株式投資の勝敗を大きく左右します。


私の過去の投資手法が、未公開のHPに乗っています。

削除したはずがそのままの状態で残っていましたので

よろしかったらご覧ください。


「株式投資勝利の法則」

「株式投資勝利の法則株価分析編




3397トリドール
いつも楽しみに拝見しております。
以前トリドールについてコメントくださりありがとうございます。
長期間保有しておりましたが、先日来の高値で半分以上を売却しました。
先生のブログのおかげで相場と一つ間を置く事ができるようになりました。
銘柄にほれ込んで一点買いしておりますが、
また下がるのを待って会社を支えるつもりで少しだけ買い戻そうかと考えております。
驕らずに謙虚に相場に向かっていこうと思っております。
これからもよろしくお願いします。
| 2013-05-01 14:26 | 長期投資家 |



コメントありがとうございす。

3397トリドールのような、これからも成長が見込める企業は

1年に1度安くなったところを買って、3か月~6か月持ち続けることです。

結果としては、年率40%ぐらいは利食えるはずです。

短期投資で年中売ったり買ったりしている投資家は、忙しいばかりで

あまり儲からないものです。

自分の勝ちパターンを作って、相性の良い成長企業が大きく売られた時には

底値付近を仕込んで、数か月じっとしているだけです。


単純明快な投資法の方が、簡単に儲かるものです。

「株式投資勝利の法則」の基本は、

良いものを安く買うことです。

どんなに良い銘柄でも高く買ってしまえば儲かりません。


高いときは、下がるまでじっと待つのみです。

徳川家康公の

「ホトトギス、泣かぬなら、鳴くまで待とう、ホトトギス」

「株式投資、高値から下がらぬなら、下がるまで待とう、株式投資」

これが株式投資で勝ち続ける一番の方法だと思います。






工作機械
いつもお世話になっております。

先日、牧野フライスの決算がありましたが、今期は悪くなかったですが、
来期が保守的なのかも知れませんがちょっと厳しい予想のため大きく売られました。

工作機械大手の中で一番良さそうな牧野フライスでも厳しい予想になっているということは、
工作機械銘柄についてはしばらく手を出さない方が無難でしょうか?

それとも為替が円高になっているので決算を利用した揺さぶりでしょうか?

自信が無いので今は買わずに様子を見ています。

| 2013-05-01 15:42 | めい |



コメントありがとうございます。

人の投資行動を見ていると、高値でリスクのある時ほど買いたくなり

安くなって結果としてリスクが低いときは買えなくなるものです。


直近の株価は、厳しい予想を織り込んでの下げと思います。

時価で買う必要はありませんが、さらなる安値になったら

決断を下す時になるのではないでしょうか?


一つのメドとしては、513円~530円で買うことです。




いつもありがとうございます。
東京電力の空売りについてコメントをありがとうございました。
上げ下げするだろうと買いと空売りしましたが、買いも空売りも利益が出て
結果オーライでしたが上げ下げが大きく、心臓に悪かったです。
いつも工藤様が言われているとおりだと改めて身にしみました。
今後は工藤様のブログをしっかり読みたいと思います。

| 2013-05-01 19:32 | リンゴ |


コメントありがとうございます。

結果的に利益が出てよかったです。

私も過去は一生かかっても稼げないほどの金額をやられた経験があります。

3流の銘柄、仕手系材料株、中途半端な株価位置での売買


外国人投資家が好んで買う銘柄を、異常なくらい安くなったら買う

空売りは、相場全体のトレンドに逆らわず、相場が完全に崩れた時のみ行う

買う銘柄は一流銘柄

空売りする銘柄は将来性のない大型株


これからいくらでもチャンスはきます

焦らずに堅実に投資してください。





本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、5月7日(火)20時~21時に更新します。


2月から配信しております「株式投資勝利の法則入門講座」

5月5日(日)正午までに送信します。

未着信でしたらご連絡ください。

確認次第再送信いたします。


完全にメールが届かない方が2名様いらっしゃいます。

メールアドレスに連続して(ドット、ドット)が入っている方は

毎週届かない状態です。

お心当たりがある方はご連絡ください。


shoji-kudo ☆ dream.com

☆のところに@を入れてください。

「株式投資勝利の法則」 工藤庄司





当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

6924岩崎電気

5月2日20:30



日経平均株価(大引け)

13727.25(9:00)

13780.48(9:46)

13637.96(13:46)

13694.04(15:28)


前日比 ▼105.31 -0.8%




TOPIX(大引け)

1152.69(9:00)

1157.47(9:50)

1147.52(13:46)

1153.28(15:00)


前日比 ▼5.09 -0.4%




値上がり銘柄数 728

値下がり銘柄数 869



新高値銘柄数 138

新安値銘柄数 0



騰落レシオ25D 116.2


日経平均株価25D乖離率 3.76




日経平均株価は4日続落


ドル円、ユーロ円ともにやや円高気味に推移していること

GWの谷間であること

5/3米国雇用統計発表を見定めたい



後場に入ると利益確定の売りが優勢になり

13637.96(13:46) 160円を超す下げ幅まで売られる場面がありましたが

大引けにかけて、押し目を拾う動きもあり

13694.04(15:28)前日比 ▼105.31 -0.8%で引けました。


GWのリスクもこの程度で、連休明けは海外市場の

株価、為替に影響されやすくなることが少し気がかりです。


しかし、日本市場のトレンドは今のところ全く変わりなく

上昇トレンドの流れ(日本株買い)円安の方向性は、

今後も変わりないように思えます。


安倍黒田バブルを信じるのならば、

まさに「国策に売りなし」と言えます。


順張り専門の投資家の皆様は、バブルといえどもいざという時のために、

現金ポジションのことも考えて行動してください。


富士山噴火、大震災は予知できません。

目いっぱい投資は大怪我のもとです。



先日もコメントしましたが、このような地合いでは

仕手系材料家部が動くものです。


これはあくまで相場の幕場つなぎですが。



6924岩崎電気

203 212 203 211 △9 不気味な動きです。

まだ終わっていません。

買うのであれば190円前後

追いかける根拠はありません。




6378木村化工機

390 447 375 447 △80

昨年11月から介入している形跡がありましたが

原子力関連で提灯が付くかどうかで、この先あるかもしれません。

週明けに上昇しそうですが、高値をつかむと厄介です。




5998アドバネクス

111 126 110 126 △30

昨年12月から介入の形跡がありましたが

ボロ株ですので、高値でつかむとおしまいです。




7951兼松日産農林

182 207 180 187 △7

往年の仕手株です。

通称「マッチ」と言われていました。

昔は、有名なK氏の銘柄と言われ基幹店の黒川木徳証券

の手口が多くみられました。

96/7 高値5210円まで上がった経緯があります。


当時、100万株を買った方がいましたが

現在は行方不明です。

ウワヒゲが長く、危険です。



9358宇徳

356 409 345 379 △20

昨年12月から筋が介入していることが分かります。

これは業績の裏付けもあり面白い銘柄ですが

時間、値幅、波動を考えて買わないと儲かりません。

330円台で「待ち伏せ」して、吹き値売りという感じです。

追いかけてはいけません。




6791日本コロムビア

51 58 51 54 △4

間違っても手出し無用です。、



8061西華産業

242 269 242 252 △9

大学時代、80/7 1530円まで買われ

K氏の銘柄で黒川木徳証券の「場立ち」からの情報で

S氏が数百万株を買い大きく上がったのですが、本尊への

東京地検特捜部の介入で、大暴落して、200円まで下がりました。


S氏は、昭和55年当時の金額で30億円やられました。

当時大学生だった私に仕手株の買い方、初動の情報も下さった恩人です。

それ以来お会いしていませんし、卒論の期日に追われ株から手を引いた私は

かろうじて助かりました。

5000万円やられましたが何とか無事に大学を卒業できました。


初めての挫折でした。

話が長くなりましたが、235円以下で買って吹き値売りできそうです。

利幅は、30円前後



3577東海染工

118 136 117 131 △13

昨年10月に種玉を仕込み始め、4月末から丘島動きになっています。

往年の仕手株ですが、少し筋がよくありません。

ボロ株ですので手出し無用です。



6622ダイヘン

308 314 306 312 △16

友人がバブル期に買いコスト1100円以上で100万株仕込みましたが

本尊がこけてやられてしまいました。

当時母も買ったのですが、私の情報がバブル崩壊には勝てずに

親不孝してしまいました。

その時期に母が、いっしょに買ったのが、5393ニチアスですが、

上昇トレンドで550円台を買えば、100円幅ぐらい抜けそうです。




7995日本バルカー

245 259 245 250 △1

そろそろ来そうですが、市場性に欠けていますので

仕手本尊次第です。



6013タクマ

628 718 622 678 △60


4/8 474円まで下がったのでもう終わりかと思いましたが

本日急騰しました。


昔、I氏が買い占めた有名な仕手戦は、

87/5 高値2220円まで行きましたが

結局暴落して終わりました。


難しいチャートで、先が読めません。





今日は「仕手系材料株」の見方をざっとコメントしました。

あくまでも参考のために書いただけですので

初心者の方は、一切手出し無用です。


仕手株専門の投資家で儲け続けた人はいないでしょう。

かつて私も、30歳台で10ケタ近くをやられた

愚かな投資家でした。

現在はその教訓で、全く異なる

「株式投資勝利の法則」「指数表」を開発しました。


いつの時代も株式投資は

一流株を安く買うことが、「勝ち組投資家」として生き残る道だと思います。



コメントのご返事が間に合わなくなりました。

申し訳ありませんが、明日の日中更新して

コメントのご返事をさせていただきます。




本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。



次回は、明日15時までに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」工藤庄司




GW谷間

5月1日14:00



13:00現在


本日はGWの谷間で手掛かり材料難から

日経平均株価、TOPIXともに小安くなっています。


昨年11月から始まったアベノミクス相場は、押し目らしい押し目もなく

ここまで来ました。


日経平均月足チャートは、昨年8月~9か月連続の陽線になりました。

あらためてバブル相場に入ったことを直感します。


バブル相場と言っても、このあたりで調整になった方が相場の持続性、

相場の規模ともに大きくなります。


しかし、直近の地合いでは下値には押し目待ちの買い方が待ち構えていいます




こうした気迷いムードの時は、仕手系材料銘柄がにぎわう時期でもあります。


昨日も書きましたが、5196鬼怒川ゴムの動きがおかしいです。

特定の筋の介入が見えています。

もう高くなっていますので今から新規買いするということではなく、

以前に買っている方は、売り急ぎをしないように。


2215第一屋製パン 12:37  167円 △18円

この銘柄もかなりの規模の、おそらく複数の筋が介入しているようです。

昔、経営権を巡り身内の人事で争議があったことを記憶していますが

含み資産の穴株であり、ここまで介入する何かがあるのでしょう。


直近では、無駄な生産をしないように効率経営しているそうです。


昔は、第一屋製パンと言えば、商品廃棄率がものすごく高くて

工場の横のアウトレットショップで、とんでもない数量の商品を

激安価格で販売していました。


現在は特に見ていませんが、トヨタの生産方式を取り入れて

生産能力も、コスト面でも劇的に改善されたそうです。





いつの時代も相場の幕場つなぎ的に仕手系材料株が買われますが

高値付近では引っかからないようにご注意ください。


GWを開ければまた再び


円安=株高のトレンドで動くでしょう。

建設、証券、不動産、自動車、金融などを再び物色するものと思われます。








本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。



次回は、明日20:00~21:00頃に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」工藤庄司















«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (73)
株式日記 (2023)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (19)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR