2013-06

7月相場は正念場

6月28日16:05



今週は中国リスクに振り回され、相場にとって大きな流れは

変わっていないのですが

本日はドレッシング買いだけではなく、ヘッジファンドが

動いてきました。

ヘッジファンドの円売りドル買い、日本株買いです。

板が薄いのも手伝って大きく上がりました。

米国系ヘッジファンドの力の大きさには感服しました。

この上昇が期末特有なものか?

来週(7月)以降の相場に期待したいところです。


昨日も書きましたが、月足チャートが面白い形になってきました。


25日ぶりに25日移動平均乖離率がプラス乖離しました。

75日移動平均乖離率もプラス乖離しました。


5/23高値から日本株を売りたたいたヘッジファンドが買い転換

それがいつまで続くのか?


米国QE出口戦略の行方、中国リスクも終わっていません。

外部要因の影響を受けやすい日本株にとって

7月相場は正念場になります。




前引け

日経平均株価

13383.92(9:00)

13648.81(11:36)

13354.70(9:10)

13648.81(11:36)

前日比△435.26 +3.3%



TOPIX

1112.79(9:00)

1134.42(11:22)

1111.55(9:01)

1133.66(11:30)

前日比△34.83 +3.2%



寄付きは前日のNY株高、円安の流れで買い先行で始まりました。


9:45以降 円は、対ドル、対ユーロで一段と円安方向に振れる。

9:57 日経平均 13516.43円 △302.88円


上海総合が堅調なことで先物にまとまった買い物が入り

前引けは高値引けで引けました。



大引け

日経平均株価

13383.92(9:00)

13724.44(14:37)

13354.70(9:10)

13677.32(15:28)

前日比△463.77 +3.5%



TOPIX

1112.79(9:00)

1139.76(13:21)

1111.55(9:01)

1133.84(15:00)

前日比△35.01 +3.2%





後場も外国人買いが入り堅調に推移

調整していた金融不動産を中心に全面高




先日ブログに書きましたが、

「大底買い」ではありませんので不本意ですが

今年初の「買い出動」しました。

10銘柄指値をして6銘柄買えました。

指値は6/20大引け時に決めた値段で

それ以上は1円も上げませんでした。

たとえ数円違いで買い逃しても良いのです。

儲けそこないは一切気にせず、過ぎたことは忘れます。

過去を振り返っても仕方ないことです。

次のチャンスで儲ければよいのです。



6/21約定分

5802住友電工 1120円 売り目標1400円以上

6501日立 620円 売り目標780円以上

7267ホンダ 3420円 売り目標4200円以上

7751キャノン 3165円 売り目標4000円以上

8031三井物産 1199円 売り目標1500円以上


6/25約定分

8058三菱商事 1685円 売り目標 2000円以上


本日は、日経平均株価13677.32円 △463.77円

目先の戻しは外国人投資家次第ですが

13600円台では底値付近ではありません。

上値を買えば買うほどリスクは増大します。

もう1度下がる可能性も否定できず、上値を追いかける行為は危険です。

腕に覚えのある投資家以外は高値を追う順張り投資は控えるべきです。

株式投資初心者は、年に1度~2度のチャンスで買うことをお勧めします。


情けないことにこの国の株式相場は、1にも2にも外国人投資家次第です。






コメント
毎回コメントに対する返答ありがとうございます。

本日結果的にあがったものの何か内部要因があったわけでもなく、

新高値銘柄数8、新安値銘柄数78とすっきりしなく、なんだか不穏なものを感じています。

中国の問題も解決したわけでなく、ドル円も円安に向かっているわけでもないので

初心者ができることはBOX圏の下で少し買っておくか、

それすらも不安ならポジション0で様子をみるといったところでしょうか?

また、本日ちょっとびっくりしたのは日立が安値608をつけたことです。

なにか悪材料みたいなものがでたのでしょうか?

最近日立の動きが大きいような気がします

| 2013-06-27 20:44 | toki |


コメントありがとうございます。

とりあえず、中国株、アジア株が落ち着き、米国株も堅調

為替も落ち着きひとまず底割れを回避できたようです。

6月は海外ファンドの銘柄入れ替えの時期でもあります。

7月が正念場になります。

現在12:36 日経平均△427.69円上がるのは結構なことですが

単なるドレッシング買いとは思えません。



大きく上昇するということは、メインプレーヤーの外国人投資家が

買っているということです。


日立は大きな材料もなく、銘柄入れ替えによる外国人投資家の売りだと思います。

これは一過性のもので心配はいりません。






いつも参考にさせて頂いています。
工藤様の10銘柄に不動産株が含まれておりませんが、

まだ下値があると見ているのでしょうか?

三井不動産や三菱地所はいち早く調整に入り、

6/21に底値を付けたように見えるのですが、

参考までお考えをお聞かせ頂けたら幸いです。
| 2013-06-27 21:11 | Tommy |


コメントありがとうございます。

おっしゃる通り6/21~6/25で底が入ったことは間違いないでしょう。

10銘柄に証券、不動産が入っていないのは、

「株式投資勝利の法則入門編講座」受講の方の大半が初心者の投資家です。

大手不動産、大手証券は中国リスクで、万が一のさらなる暴落があった場合には

初心者にはリスクが大きいので除外しました。


証券、金融、不動産株は調整が終わり、外国人買いが入り底打ちしたようです。

あとはどこまで戻るかです。

為替と外国人投資家次第です。

大手不動産と連動するのは、9020JR東日本です。






本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、7/1(月)16:00ごろに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」
スポンサーサイト

月足チャート

6月27日20:10


明日で6月の立会は終わりです。

日経平均月足チャートが面白い形になってきました。

今日までの月足(株価)です。

始 13261.82

高 13533.76

安 12445.38

本日終値 13213.55(15:28)

前月比▼560.99 -4.7%

明日、13261.82円を抜いて陽線になるか?

再び下がるかは、外部要因次第です。



大引け


日経平均株価

12968.72(9:00)

13213.55(15:28)

12873.50(9:55)

13213.55(15:28)

前日比△379.54 +3.0%



TOPIX

1080.17(9:00)

1098.89(15:00)

1071.19(9:55)

1098.83(15:00)

前日比△29.55 +2.8%




値上がり銘柄数 1495


値下がり銘柄数 160


新高値銘柄数 8


新安値銘柄数 78


騰落レシオ25D 79.1 △11.0


日経平均25D乖離率 -0.84


TOPIX25D乖離率 -0.54




本日の反発は単に板の薄いところに買いが入っただけのように思えます。

朝方は買い先行で始まり、連日の上海総合指数を見定める動きになり

本日の安値を付けました。

日経平均株価 安値 12873.50(9:55)

TOPIX 安値 1071.19(9:55)


10:00を過ぎ上海総合がプラス圏で始まったことで、先物の板が薄く

売られすぎの主力銘柄に買いが入ると一気に大幅上昇。

昨日までの危機感はとりあえず遠のきました。




しかし、不透明感が残ります。


米国QE縮小の行方

中国シャドーバンキングの規模と影響

新興国の資金流出



日本株は5/23暴落以降

寄付きは、前日の米国、ヨーロッパ株式動向を気にして始まり

10:00前は、中国上海総合を見てから株価動向が決まる。

日々の相場は、米国QE出口戦略に振り回され、中国シャドーバンキングに振り回される。



6/3~現在の底練りモミ合い相場が続いています。

皆さんの一番気になることは

底練りモミ合いゾーン脱出の時期はいつ?



6/3~本日までのモミ合いの

上値 6/5 13711.42円

下値 6/13 12415.85円
 


7/22以降になると考えていますが

中国の不透明感が気にかかります。


7/18 7/19 米中戦略会議(中国リスク低減なるか)

7月21日(日)参議院選挙(自民圧勝ねじれ解消、機動的な政策実行)


とりあえず、魔の木曜日(木曜日に大きく下がっていること)は抜け出せました。






スタンバイ
いつもお世話になっております。

入門編の10銘柄のうち指値を入れていてまだ買えていない銘柄についてですが、
今は様子見でスタンバイということは、指値を入れてまだ買えていないそれらの銘柄についても、
その指値を外して様子を見るということでしょうか?
それとも、その指値は外さずにそのままということでしょうか?

株式投資勝利の法則は儲け損ないは気にしない方針なので、
指値を外して様子を見るということだとは思うのですが、
判断に迷ってしまったので質問させていただきました。

よろしくお願いします。

| 2013-06-26 17:03 | 背番号7 |


コメントありがとうございます。

昨日の冒頭でのコメントの件ですね。

最近非通知のコメント(非通知のコメントはお応えしていません)で、


株式投資勝利の法則入門編10銘柄を買いそこなってしまって上値で仕込むべきか?

さらに少し下げたところで買い増しした方が良いか?


等のご質問が目立ちましたので、初心者が無理をして

中段モミ合いで資金全てを投入しないようにという思いで書きました。

中国リスクは、未知数です。


私自身は、10銘柄は予定通り買って(指値だ入ったものだけ)、あとは休むつもりです。

指値は外しません。

買い増しもしません。

7月の相場を見てから判断します。

判断に迷うコメントをしてしまって申し訳ありませんでした。






2番底の下値メド
丁寧な解説をありがとうございます。

中国当局のアナウンスにもかかわらず、上海は連続の下落。

7月中旬まで波乱継続とのことですが、ずばり、2番底の下値メドはどのあたりだとお考えになりますか?

(先日、待ち伏せ買いの水準として12700-800円を示していただきましたが、すでに今そこです)

さらに下値が切り下がるとしたら、どのあたりで待ち伏せを仕掛けておいたらよいでしょうか?

どうぞよろしくご教示のほどお願いいたします。

| 2013-06-26 17:06 | isis


コメントありがとうございます。

本日は大幅反発しましたが、まだモミ合いの水準です。


以下は本日の記事です。

日々の相場は、米国QE出口戦略に振り回され、中国シャドーバンキングに振り回される。

6/3~現在の底練りモミ合い相場が続いています。


皆さんの一番気になることは

底練りモミ合いゾーン脱出の時期はいつ?


6/3~本日までのモミ合いの

上値 6/5 13711.42円

下値 6/13 12415.85円
 

7/22以降になると考えていますが

中国の不透明感が気にかかります。


7/18 7/19 米中戦略会議(中国リスク低減なるか)

7月21日(日)参議院選挙(自民圧勝ねじれ解消、機動的な政策実行)




12700円~12800円水準は、常識的には買い場ですが

ヘッジファンドの売りと個人の投げが意外な安値を付ける可能性があります。

近代株式相場は、常に異常な高値と異常な安値を付けます。



間違いないことは、現在は相場の中段の調整局面であり、

「大底値」ではないということです。

6/20までポジションゼロだった私の場合は、6/21の買いは「種玉の打診買い」のつもりです。

そのあとは、ちまちまと買い下がりはせずに、もしもの時、中国リスクで大きく下がった場合は

下がりきったところで「大底買い」する予定です。





6/27に少しあがったとしても、それは下がりすぎたことに対するリバウンドであり

下値模索は変わらないとの考え方で正しいでしょうか?

そもそもあがるかもわからないですが。。。

こころのところの下げのなかで個別できつい下げ方をしているものもあり、

株式市場から退場した人も多そうです。信用全力は厳禁ですね。
| 2013-06-26 20:41 | toki |


コメントありがとうございます。

もうしばらく不透明な相場展開で見通しはつきません。

マザース指数 5/8 高値 1083.24

本日ザラ場 安値 564.95

信用で買っては投げ、買っては投げの繰り返しで

最後に追証のとどめが刺さります。

直近の押し目も全力で買う時ではありません。

貯金の一部を貯株する打診買いのところです。

しかも、指値をかなり抑えた水準でです。






買い出動した持ち株は
中国のシャドーバンキング問題が解決するまでは、

2番底が底抜けする可能性ありとのことですが、

先日買い出動した際に刺さった銘柄は、現在も保持しておりますが、

もしも一時的な戻りがあったら一旦手放して、ポジション0に戻しておいたほうが良いのでしょうか?
| 2013-06-27 09:06 | hama |

コメントありがとうございます。

私の方針は、持続です。

私は中段モミ合いでも最低20%~30%ぐらいは上がらないと売りません。

ヘッジファンドの力はすさまじいものがあります。

今日は堅調に通過しましたが、

中国問題次第では底割れの可能性もあります。

中国問題は規模も、中国当局の真意も未知数でバランスシートも

経済統計も信用できません。


もし底割れがあった場合は、「指数表」の「大底買いサイン」を待って

買い出動するつもりです。

それまでは「買い増し」「買い下がり」は一切しません。






本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日16:00ごろに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

先物の板が薄い

6月26日16:15


2番底を付けに行く展開になりそうです。

相変わらず株価変動幅が大きく

私が想定した 1番底 6/13 安値 12415.85円

通常の2番底ならばこの手前で止まるのですが

中国リスクの売り、日本市場の先物の板の異常な薄さを考えると

底割れの危険性が出てきました。

6/21に「種玉」を少し買いましたが、ここからが正念場になります。

次の買いは大きく下げた時です。

しばらく中国リスクを見極めてからでも遅くはありません。

下値模索中の買い下がりはリスクがあります。

銘柄選別はもちろんのこと

もう1度下がったところを買う準備

今は再び様子見のままスタンバイします。





前引け

日経平均株価

13152.75(9:00)

13189.84(9:54)

12854.05(11:30)

12857.66(11:36)

前日比▼111.68 -0.9%



TOPIX

1092.14(9:00)

1094.02(9:14)

1069.12(11:30)

1069.33(11:30)

前日比▼9.33 -0.9%




昨日の欧米株堅調、円安の流れから買い先行でスタート

日経平均株価 寄付き 13152.75(9:00)

その後断続的に買い優勢の展開

13189.84(9:54)

直後の上海市場の続落がわかると一転して下げ転換

前引けは

日経平均 12857.66(11:36)

TOPIX 1069.33(11:30)


マザーズ市場の下落幅が大きい



後場

後場になると中国株、新興国株価の落ち着きからプラス圏に転換

14時ごろはほとんど動かなくなりました。

その後、為替が円高方向に振れると先物売りが出てほぼ安値圏で引けました。

先物の板が極端に薄くなっていることは確かです。

ヘッジファンドにとって薄い板を利用して株価を動かすことはたやすいことです。




大引け


日経平均株価

13152.75(9:00)

13189.84(9:54)

12826.51(14:59)

12834.01(15:28)

前日比▼135.33 -1.0%




TOPIX

1092.14(9:00)

1094.02(9:14)

1068.59(12:54)

1069.28(15:00)

前日比▼9.38 -0.9%






25日移動平均、75日移動平均がデットクロスで株価はその下にあり

足元としてはもう少し調整が長引きそうです。



参議院選挙後に出てくる実行力のある政策待ち

4-6月期企業業績発表待ち


それまでの空白の期間7月相場も中旬まで波乱が続きそうです。


中国とアジア新興国の資金の流れに注目していきたいと思います。



6/10日経平均

13141.85 13514.20 13141.37 13514.20 △636.67

この水準を抜けることが当面の上値目標になります。





コメント
都議選の結果は、蓮舫の2位じゃダメなんでしょうか?の結果なのでしょう。

自業自得です。外国人投資家が安心して買いだすのは、

7月の選挙に自民党が大勝してからとなるのでしょうか?

日本人的には自民党大勝しか想像できないのですが。。。

明日から指値で買いをかける予定です。

2単位づつ買って1単位は少しあがったら売って、

また下がるのをまつような形で行う予定です。

もっと下がるのなら下がりきるのを待って買い増します。

コマツは2000きったら買いですかね?中国関連で底がみえないです
| 2013-06-25 21:25 | toki |


コメントありがとうございます。

7月に自民党が圧勝して、ねじれ解消

その後安倍総理の大胆な改革のシナリオでしたが

中国のシャドーバンキング問題が出てきました。

7月も波乱が予想され2番底を付けに行く可能性大です。

慌てて買う必要はなく、大きく下がったところで買えば良いと思います。



6301コマツは値ごろでは買いたくなる水準ですが

シャドーバンキング問題が落ち着くまでは手出し無用だと思います。

中国のバランスシートは未知数です。

地方では開発のため土地を奪われた農民の暴動が多発しています。

地方都市の土地開発の失敗によるデフォルトもリスク要因として考えられます。

買いたくなる水準ですが、私ならば中国発の大暴落の動向確認後に買います。


大暴落になれば、コマツは1500円以下になるでしょう。

株式投資はリスク回避が最重要で、

儲けそこないは良いのです。






本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日20:00~21:00ごろに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

8031三井物産配当利回り4.25%

6月25日20:55


大引け

日経平均株価

13081.62(9:00)

13234.89(10:58)

12758.22(14:26)

12969.34(15:26)

前日比▼93.44 -0.7%


TOPIX

1088.35(9:00)

1097.19(10:57)

1065.27(14:06)

1078.66(15:00)

前日比▼10.98 -1.0%




値上がり銘柄数 368 


値下がり銘柄数 1266


新高値銘柄数 7


新安値銘柄数 26


騰落レシオ25D 71.7


日経平均 25D乖離率 -3.87


TOPIX 25D乖離率 -3.41





朝方は先物に買いが入り堅調に推移していましたが、正午を過ぎると

中国上海市場の急落の影響が出て14時過ぎには下げ幅を拡大

日経平均株価 ザラ場安値 12758.22(14:26)▼306.56

TOPIX ザラ場安値 1065.27(14:06)▼24.37


上海総合指数 安値 1849.65   1959.51(16:01) ▼3.73 -0.19% 


上海総合指数が急速に下げ幅を縮小したことで、東京マーケットも下げ幅を縮小

13,000円を挟んだ攻防になり、

12969.34(15:26)

前日比▼93.44 -0.7%

6/14以来の13000円を割って引けました。


連日のように中国リスクに左右される相場展開が続いています。


世界の投機資金が弱い国、弱い企業、弱い商品を狙い撃ちしています。

米国系ヘッジファンドが直近の日本株を売り崩したわけですが

次の標的は中国とアジア新興諸国です。

シャドーバンキングのことが大きく取り上げられ危惧されています。

ヘッジファンドの狙っているのは中国です。

当分の間は中国売りで稼ぐことになりそうです。



季節的な要因もあります。

ヘッジファンドのリバランスのシーズンでもあり、銘柄の組み替えも活発になっています。


注:リバランスとは  投資環境の変動で変化してしまった投資配分比率を調整すること


例として

7203トヨタ 本日の売買金額 約800億円のうち200億円強(前場)

海外ファンドの買い物が入りました。



理由は何であれ、相場に一喜一憂してはいけません。

中国リスクをよく見ながら、安くなった一流株を突込みがあれば

バーゲン価格で買うことができるチャンスにもなります。



日経平均 5/23高値 15942.60円


日経平均1番底 6/13安値12415.85円


本日で5/23高値から立会日数24日

中国リスクもあり、2番底を付けに行くかもしれません

7月上旬が要注意になりそうです。








与党圧勝
工藤様

過去の記事を振り返って読ませていただき、予測の正確さに感服しております。

さて、都議選で与党が圧勝。参議院選もほぼ同じ結果になるのは織り込まれつつあるようですが、

それでも日柄調整は参議院選挙後の7月23日まで続くでしょうか。

本日の日経平均も、13500円を突破して14000円を目指すと思った矢先、

また13000円まで戻ってしまいました。

これをみると政策マターはほとんど相場に影響してないように思えます。

どう理解すればよろしいでしょうか。

また、マスコミまで中国リスクを取り上げはじめましたが、

本格的におおごとになりそうなのはいつ頃でしょうか。

シャドーバンクが破裂すればアベノミクス第2章どころではなくなると思うのですが。
| 2013-06-25 12:48 | isis |


コメントありがとうございます。

シャドーバンキングの件は、私の耳には5月中旬ごろ入っていました。

マスコミによっては「中国発の世界恐慌に発展する恐れ」

などと論じられています。

日本株の浮上もしばらく延期になるようです。

世界がグローバルで動く時代ですから仕方ないことですが。

ヘッジファンドは米国マーケットを売り崩そうとしても大きく下がらず

直近、日本株を売り崩して莫大な利益を上げました。

(主に米国系ヘッジファンド)

そして中国市場へ矛先が向いています。


中国リスクは、まともなバランスシートがなく規模もつかめません。

まずは7月がメドです。



話は変わりますが

私は6月21日に今年初めての買い注文を出しました。

10銘柄アンダーで指値注文して5銘柄約定になりました。

あくまでも初動の「種玉」を一部買っただけですが

その中の1銘柄が、8031三井物産です。(買値は1199円)


仮にここから大暴落しても、下値は1000円~1050円

そうなったらもちろんそこでまた買い増しします。


本日の終値1201円 予想配当利回り4.25%

貯金ではなく貯株(ちょかぶ)です。


2012年

日経平均安値

6/4 8238.96円

7/25 8238.02円

10/15 8488.14円

11/13 8619.45円

超円高、民主党白川日銀総裁の政策ミス、震災の影響、原発の後遺症

電力料金値上げ、タイの洪水被害

これ以上の下げ要因はないくらいの悲惨な状態でした。


たしかに中国リスクは未知数です。

しかし、昨年のこの水準とは企業収益が激変していることは事実ですし、

ヘッジファンドも今のところは日本株をこれ以上売りたたく根拠もありません。

(一部の中国関連企業は除く)


日本を代表する世界の一流株が安くなったら貯金を取り崩し貯株にまわす

こんな考え方でのんびりしています。

余裕資金は温存して、中国発の大暴落になったら

「ピンチこそチャンス」くらいに考えております。






指値について
いつもお世話になってます。

指し値の方法についてご教示頂ければと思います。
アンダーの3%下や6%下で指し値を行う分についてですが、
アンダーの分と同じタイミングでまとめて指し値をしておくのがよいのか、
それとも、まとめずにアンダーの分が買えた後に3%下の分を、
3%下の分が買えた後に6%下の分を、というような指し値のやり方とどちらがいいでしょうか?

まとめて指し値をしておくと、
一気に下がった時に全て買えてしまうのが、
いいような悪いような気がするので、
質問させて頂きました。

よろしくお願いいたします。
| 2013-06-25 12:52 | 太陽 |


コメントありがとうございます。

一難去ってまた一難

中国リスクに投機マネーが向かっています。

日経平均安値 6/13 12415.85円 (1番底と推測)

この近辺の安値付近を指値して買えたらそこで休むも相場

さらに規則正しく3%アンダーで買い下がりするのではなく

ヘッジファンドの動きを見てからで十分です。

まずは一部の資金で「貯株」のつもりで買って

次の嵐が来るのを待つのが良いと思います。


余裕資金は温存して堅実に投資すべきです。

資金の余裕、心の余裕があれば

中国発の大暴落が来ても

チャンスに変えることができるはずです。

慌てないでじっくり仕込んでください。

指値が低すぎて買えなくても次のチャンスが来るものです。

儲けそこないは良いのです。




本日以前から見ていた

1419タマホームが急上昇しました。

1050(9:03)

1280(9:22)

1040(9:03)

1139(15:00)

前日比△131 +13.0%

2014/05期営業利益過去最高

なぜこんなに売られるのか不思議でしたが

6/7 991円

6/24 1005円

底値確認です。

ここから日経平均が下がりつれ安した時が

ズバリ買いになるでしょう。

急いで高値を買う必要はありません。

消費税アップのリスク要因も近づいていていますが

その前に1回転できるかもしれません。

とりあえず今は見ているだけです。




本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日16:00ごろに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

日柄調整はもうしばらく続く

6月24日16:05



大引け


日経平均株価

13417.54(9:00)

13426.13(9:00)

13026.23(14:49)

13062.78(15:28)

前日比▼167.35 -1.3%


TOPIX

1112.31(9:00)

1113.01(9:07)

1086.81(14:49)

1089.64(15:00)

前日比▼9.76 -0.9%





上海市場が下げ幅拡大、日本市場も14:00過ぎに影響受ける。


引け間際に、下げ幅を拡大

上海市場下落の流れで、ヘッジファンドの先物売りとみられる売りが

断続的に出たようです。

以前のようなパニック的な売りにはなりません。


本日も日経平均株価、高値と安値の値幅が400円ありました。

安いところを投げている方がいらっしゃるようですが

安いところは押し目買いと思います。


中途半端な値段で買うのはいけません。

12700円~12800円どころで種玉を仕込み

様子を見て買い下がりたいところです。


メインプレーヤーの外国人投資家も動けなくなってきました。

米国長期金利、昨年は1.39%まで下がり落ち着いていましたが、

直近は2.52%まで上昇。


中国を中心にアジア市場の株価下落が落ち着くのを見極めたいとする投資家が多くなっています。

株式投資は楽しむものではなく、堅実に稼ぐものです。

常に良い銘柄を安く買えば、お金に好かれて、お金がお金を連れてきてくれます。

お金に好かれるように、お金を大切にして、安くて良い銘柄を

できる限り安値付近で買いましょう。





こんばんは。

さっそく回答して頂きありがとう御座います。

9613NTTデータ やっぱり大口の買いが入っていましたか。

収穫の時までがっちりホールドですね。


1605国際帝石の件、丁寧に解説して頂けたので分かりやすかったです。

またメタンハイドレート関連としては弱かったことは、知らなかったので勉強になりました。

月曜から提示して下さったレートを参考に、ザラ場は見ずに買いがささるのを気長に待ちたいと思います。

ブログの更新楽しみにしておりますので、今後とも宜しくお願いいたします。
| 2013-06-22 22:15 | ゲンゾー |


コメントありがとうございます。

413000(9:00)

415000(9:10)

402000(11:12)

406000(15:00)

前日比▼2000 -0.5%

まだ買わない方が良いですね。

中国の株価下落が止まりません。

アジアからの資金が逆流しているようです。

逆の発想をすると、50万円の国際帝石が

上手くすると373000円近くで買うことが出来そうです。

これが株式投資の底値買いの醍醐味です。

良い銘柄を、バーゲン価格で買うことが巨億への道だと思います。

実は国際帝石は自分の好きな銘柄で、常に見ております。

ご健闘お祈り申し上げます。



ETF
いつも参考にさせていただいております。

今回、一番底を確認されたということで長期現物派としましても
下値不安が少なくなり安心しております。

ところで主力株の下値を指し値買いの代わりに
日経225連動やTOPIXコア30などのETF買いはいかがでしょうか?
面白みはなく、パフォーマンスも少し劣るかもしれませんが、
個別リスクの回避も出来る優れた商品のような気がするのですが。
(1単位の価格が低いことも大きな理由です)

工藤様のご意見をお聞かせいただければありがたいです。


| 2013-06-23 09:21 | ゆう |


コメントありがとうございます。

非常に堅実で良いと思います。

「株式投資勝利の法則」の基本は

時間、値幅、波動、需給、地合いで判断することです。


直近の日経平均、TOPIXは値幅調整は良いところまで来ましたが

時間、波動、受給、地合いは、まだ時期尚早です。

もう少し待って、タイミングを合わせればよい投資が出来そうですね。

投資で最も大切なことは、堅実性だと思います。

ご健闘お祈り申し上げます。




押し目買いの次の銘柄
工藤様
いつもお世話になっております。
金曜日に一部購入できましたがまだ完全に仕込み完了ではありません。
今後も万が一押し目があった場合には、同じ銘柄で買値よりも下がったら買う方が良いのか、
また、違う銘柄(9613、7251等)で先週金曜日の下値よりも若干高めで指値するのか判断に迷います。
どちらにしても月曜日は様子見なのでブログを見ながら研究させていただきます。
いつも迷った時には工藤様の見解で心の霧が晴れるので感謝しております。
これからも益々のご活躍を期待いたします。
| 2013-06-23 09:57 | チキン受講生 |


コメントありがとうございます。

インデックスと個別銘柄ではズレが生じます。

6/21(金)の値段にこだわらず、日経平均が大きく下がった時に買えるように

自分自身納得がいく、安値で指値を出して「待伏せ」するのが気楽でいいかと思います。

ザラ場を気にせず、かなりの安値で指値して相場は大引け以外は見ないことが

最善策ではないでしょうか。

ご健闘お祈り申し上げます。




ありがとうございました
ご回答頂きありがとうございました。

さらに質問させてください。

大底買いの資金量を100とすると今回の買いが30~40ということですので、
今回の買いを仮に三段階に分けて買い下がりをする場合には、
一段階分の資金量は10~13程度の認識でよろしいのでしょうか?

投資歴が浅いもので愚問が多くて申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。
| 2013-06-23 23:08 | 堅守速攻 |

コメントありがとうございます。

直近は大底買い水準ではありませんので、その程度が健全投資と思います。

中国のシャドーバンキング問題が騒がれだしました。

いざという時のために余裕資金は手元に残しておいた方が良いと思います。




このコメントを読んでいらっしゃる「初心者」の方は

株式投資で最も重要なことは、常に心の余裕、資金の余裕を考えて

投資することです。

「初心者の皆様」 無理な投資は墓穴を掘ることになります。

無理せずに、一流銘柄のバーゲンハンティングに徹しましょう。

素人でも初心者でもヘッジファンド、外国人投資家、国内機関投資家、デイトレーダーを相手に

勝ち続けることは可能です。

それが「株式投資勝利の法則」の基本理念です。



本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日20:00~21:00ごろに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」





主力銘柄の押し目買いに勝算あり

6月22日19:35 




6月21日(金)大引け

日経平均株価

12787.87(9:00)

13330.35(14:29)

12702.67(9:29)

13230.13(15:28)

前日比 △215.55 +1.7%



TOPIX

1071.77(9:00)

1103.69(14:29)

1059.81(9:29)

1099.40(15:00)

前日比 △7.59 +0.7%



値上がり銘柄数 858


値下がり銘柄数 753


新高値銘柄数 8


新安値銘柄数 32


騰落レシオ25D 76.7


日経平均 25D乖離率 -3.28


TOPIX 25D乖離率 -2.84


NYダウ 14758.32 ▼353.87(6/20)

ナスダック 3364.64 ▼78.56(6/20)



6/21(金)、「10銘柄に指値買い注文」


前日のNYダウ、ナスダックが、バーナンキ議長の量的緩和策の規模縮小発言(出口戦略)により

大幅安になり、日経平均、TOPIXも寄付きから全面安の展開になりました。




日経平均株価安値 12702.67(9:29)


TOPIX安値 1059.81(9:29)



6141大1森精機が▼100円(10%)以上下がっているのに 

6954ファナック堅調でした。

日経平均寄与度の高いファナックを誰かが意図的に買っていることがわかりました。


この日は、日経平均よりもTOPIXが売られていました。


意図的に日経平均を動かそうとしていることに気づきました。



その後じわじわと日経平均が切り上がってきました。

臨時でブログの更新をするとその間に、だいぶ上がってしまいました。


結局、10銘柄中5銘柄買えました。


「指数表」の「大底買いサイン」以外はあまり買わないのですが、安倍黒田バブルは継続中であると判断。

「指数表」の「短期買いサイン」で調整中の株価の底値を推測。



6月20日(木)大引け時点で1番底であることを確信

(詳細は6/20のブログ記事ご参照ください)

直近が今年の最後の買い場付近であることを確信


日経平均株価 6/13 安値 12415.85円

TOPIX 6/7 安値 1033.02


日経平均は値幅 3626.75円 値下がり率22.1% 日柄(立会日数)16日

TOPIXは値幅 256.75 値下がり率20% 日柄(立会日数)12日

あとはもう少し日柄調整が必要でしょう。


ここからは「主力銘柄の押し目買いに勝算あり」

サマーラリーに期待です。







コメント
買い下がり
いつもお世話になっております。

アンダー(今回の場合は6/13,6/14,6/17の安値近辺というこですが)から

どれぐらいまでの買い下がりを想定していらっしゃるのでしょうか?

また、仮に大底買いのときの資金投入量を100とすると、

この買い下がりにはどれぐらいの投資資金の投入を想定していらっしゃるのでしょうか?

よろしくお願いします。
| 2013-06-21 14:26 | 堅守速攻


コメントありがとうございます。

現在のところ

6月20日(木)大引け時点で1番底であることを確信

(詳細は6/20のブログ記事ご参照ください)

直近が今年の最後の買い場付近であることを確信


日経平均株価 6/13 安値 12415.85円

TOPIX 6/7 安値 1033.02


日経平均は値幅 3626.75円 値下がり率22.1% 日柄(立会日数)16日

TOPIXは値幅 256.75 値下がり率20% 日柄(立会日数)12日

以上本日の記事にも書きましたが

よほどのことがない限りこの水準を割り込むことはないでしょう。


次に、「大暴落」があるとしたら

中国の「地方政府の財政破たん」「シャドーバンキング問題」です。

これはとてつもない額で、リーマンショック以来の大暴落になりかねない問題です。

「シャドーバンキング」については後日コメントします。




>仮に大底買いのときの資金投入量を100とすると、

>この買い下がりにはどれぐらいの投資資金の投入を想定していらっしゃるのでしょうか?


30%~40%くらいです。





一番底
お世話になってます。


6/13安値12415.85円を1番底と判断された理由をご教示いただけないでしょうか?


参考にされた数字の動きなどがあれば幸いです。


よろしくお願いいたします。
| 2013-06-21 15:49 | とり


私が日々算出している「指数表」と私独自の「日足チャート」で判断しました。

小学校の時から株の勉強を始め、高校時代から罫線を引いていましたから

一種独特の感が働くのです。

理屈ではなく、一目でピンとくるものがあるんです。

あとは相場の地合いと波動と個別銘柄の動きです。

インデックスに連動して先行する銘柄と遅行する銘柄の時系列での

相関関係です。

「指数表」はインデックスの天底を判定

「個別銘柄指数表」は主要銘柄の天底を判定

「日足チャート」で再確認します。

今回の大暴落の黒幕米国系ヘッジファンドが

日経平均寄与度の高い銘柄を買っている形跡があること。

などです。





始めまして。工藤様。

いつもお世話になっております。

先日ブログに紹介された「NTTデータ」をSQ前日に安値で仕込むことが出来ました。

ここ一週間ずっと堅調な動きを見せてくれ、安心して保有出来ております。

「NTTデータ」は、「ビッグデータ関連」ならびに「マイナンバー関連」と先の明るい銘柄だと改めて実感いたしました。

この度は良い銘柄を教えて頂き、ありがとう御座いました。


話は変わりますが、今私が検討中の銘柄があるのですが、

宜しければ工藤様のご意見をお聞かせ下さい。


その銘柄というのは「国際石油開発帝石」です。

3月15日に高値を付けて以来右肩下がりで本日に至っては最安値を更新しております。

過去のチャートを見る限りでは、今が底値付近だと思うのですが工藤様はどう思われますか?

「国際石油開発帝石」は、日露共同開発、シェールガス事業、気の長い話ですと

メタンハイドレート関連と長期の材料は多いと考えますが、このような右肩下がり

の逆張りは止めた方が良いのでしょうか?

保有は長期で考えておりますので、お時間に余裕がある時でも、回答頂けますと幸いです。

今後一層のご活躍をお祈りいたしております。


| 2013-06-21 16:15 | ゲンゾー |


コメントありがとうございます。

9613NTTデータは秋まで持てば、45万円ぐらいは行く予定です。

5/9、5/10、5/13に外国人投資家、国内機関投資家の大規模の買いが入り上昇しましたが

それ以上にじりじりと上昇するとみております。


1605国際帝石は現在底値を付けに行っています。

6/20 4265 4270 4160 4175 ▼160 -3.69% V32.298

6/21 4100 4125 4060 4080 ▼95 -2.28% V40.115

この2日間日足チャートで見ると、窓を開けて下がっています。

あと数日~数週間以内に大底を付けるようです。


1バーレル100ドルを割ると減益要因


メタンハイドレード調査を請け負うのはJXHD傘下の日鉱日石開発

探査船「ちきゅう」の運営は日本海洋掘削

三井海洋開発も参入が有望視

現在のところ劣勢なのです。

このまま順調に下がれば

2010/3安値373000円~390000円ぐらいで買えるかもしれません。

40万円以下なら良いと判断します。

リスクはほとんどなく、6か月投資で利回り25%~30%くらいですね。

上値目標は50万~52万ぐらいです。


注意:9月末に400分割





本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、6/24(月) 16:00ごろに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

いよいよアンダーで指値

月21日 9:55

臨時更新します。

「買い出動」

本日アンダーで主力銘柄に現物で買い指値

「大底買い出動」ではありませんので

1度にすべては買いません。

まずは、アンダーで「種玉」を仕込みます。

底割れの場合は「買い下がりです。


コメントを頂戴していましたので一緒にご回答させていただきます。



こんばんは
いつもお世話になっております

いよいよ、買い出動ですが
この場合、

現物で仕込むのが、正解でしょうか、、?
信用(6ヶ月)では、無理があるのでしょうか、、

資金的な問題があり
信用で問題なければ、、

信用で買いたいのですが、、

よろしくお願いいたします。
| 2013-06-20 21:41 | mi |




私も資金と言うか枠があまりないので信用買いも考えています。

無期限があったようにおもいますが、金利もかかるし。
| 2013-06-20 22:57 | リンゴ |




コメントありがとうございます。

時間の関係で、一緒にコメントさせていただきます。

私の場合は、常に現物買いです。

信用買いは一切しません。

心の余裕の問題です。

常に淡々と平常心で底値付近を現物で買います。


底値で買って高値で売る。

「株式投資勝利の法則」の基本です。

本日大引け後の更新は、明日にさせていただきます。


「大底買い出動」は翌日の寄り付きに成り行き買いですが

今回は「大底買い出動」ではありませんので

全て指値注文です。



次回は、明日20:00までに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

日はまた昇る 待ち伏せ買い

6月20日20:30


「日はまた昇る」



「大底買いサイン」は出ていませんが

本日、日経平均株価 6/13安値12415.85円を1番底と判断しました。

現在は13000円を挟んだモミ合い相場ですが、主力銘柄を安値付近で

「買い指値」することに決めました。

「底割れ」の場合は、買い下がります。


私の生年月日は、1958年 昭和33年7月22日

平成25年7月22日(月)相場は反騰体制に入ることを見越しての買い出動です。


最近では、「アベノミクス相場は終わった」などと騒がしくなっておりますが

私は、「へそ曲がり」な人間ですので、「アベノミクス相場」「安倍、黒田バブル」の

「第二幕の幕開け間近」と予測しておきます。

更なる下げもあるかもしれませんが、まずは「種玉」を仕込んでからです。

「アジア株安」リスクも取りざたされますが、

「ピンチこそチャンス」と決断します。

最悪の場合でも、ここからの買い下がりは

「勝算あり」です。





6月19日NY市場

NYダウ 15112.19 ▼206.04 

ナスダック 3443.20 ▼38.98


バーナンキFRB議長が雇用統計次第で、量的金融緩和の規模を年内に縮小

来年半ばに終了する可能性に言及。

米国市場は大幅安の展開。




6月20日東京マーケット前場


前引け

日経平均株価

13101.85(9:00)

13190.82(10:07)

12966.41(9:20)

13101.53(11:36)

前日比 ▼143.69 -1.1%


TOPIX

1097.45(9:00)

1103.62(10:08)

1089.17(9:20)

1096.25(11:30)

前日比 ▼10.32 -0.9%



前日のNY市場が大幅安したことで、寄付きから売りが先行して始まりました。

9:20には、13000円割れ

日経平均株価ザラ場安値 12966.41(9:20)

TOPIXザラ場安値 1089.17(9:20)

売り一巡後は、為替が1ドル96円台半ばまで円安が進んだこともあって

輸出関連を中心に買いが入り、下げ渋って前場を終了。


ようやく円安、ドル高の流れに戻りつつあるようです。

中国の製造業PMI速報値6月は9か月ぶりの低水準(速報値48.3)

株価にマイナスなニュースが出ても、日本市場は過度な影響を受けなくなってきたようです。





後場に入ると、アジア株が全面安で下げ幅が拡大すると日本株その影響を受け大幅安の展開。

為替は落ち着いてきましたが、アジア株の下げに影響を受けています。

13000円台を挟んでの攻防になり、

13014.58(15:28)前日比 ▼230.64 -1.7%

大幅反落で大引けを迎えました。





大引け


日経平均株価

13101.85(9:00)

13190.82(10:07)

12966.41(9:20)

13014.58(15:28)

前日比 ▼230.64 -1.7%




TOPIX

1097.45(9:00)

1103.62(10:08)

1088.42(14:23)

1091.81(15:00)

前日比 ▼14.76 -1.3%



値上がり銘柄数 465 ▼864


値下がり銘柄数 1168 △862


新高値銘柄数 8


新安値銘柄数 6


騰落レシオ25D 79.8


日経平均株価25D乖離率 -5.39


TOPIX25D乖離率 -4.04




直近の相場は、日経平均13000円の攻防になっています。

1番底 6/13 12415.85円でとりあえず底値は確認


レンジは、

上値 13700円

下値 12415.85円


現在の株価位置は、その中間点にあります。

そろそろ主力銘柄の下値を指値する時期になりました。

安くなったら買いです。




3市場信用評価損率(単位 %)

6/14 12.45

6/7 14.75

5/31 6.94

5/24 4.83

5/17 -1.90

5/10 -3.68

5/2 -2.05


買い残/時価総額

時価総額に占める買い残の比率(単位 %)

6/14 0.81

6/7 0.79

5/31 0.80

5/24 0.74

5/17 0.65

5/10 0.65

5/2 0.67


3市場買い残金額(単位 100万円)

6/14 3009910

6/7 2932132

5/31 3171905

5/24 3101061

5/17 2868117

5/10 2773592

5/2 2713045


裁定買い金額合計(単位 100万円)

6/14 2659602

6/7 3375836

5/31 3616054

5/24 3335722

5/17 4314244

5/10 4078670

5/2 3801150






不本意ながら、「大底買い」のサインは出ないまま

「短期買いサイン」 6/5、6/6、6/7、6/13

6/13日経平均 12415.85円で、1番底と推測

底割れの可能性が残るもののSQ通過後の相場も安定してきましたので

まずは種玉を仕込みます。



買いの目安をお伝えします。

日経平均株価

日付 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高(単位 億株)



6/20 13101.85 13190.82 12966.41 13014.58 ▼230.64 V28.58

6/19 13233.08 13296.62 13107.65 13245.22 △237.94 V28.10

6/18 13015.15 13139.48 12919.03 13007.28 ▼25.84 V24.35

6/17 12584.37 13033.12 12549.82 13033.12 △346.60 V25.43


6/14 12668.90 12900.65 12629.31 12686.52 △241.14 V37.69

6/13 13038.02 13050.11 12415.85 12445.38 ▼843.94 V32.65



6/13安値 12415.85円を1番底と推測

6/14安値 12629.31円

6/17安値 12549.82円


時価総額5000億円以上、外国人投資家(ロングポジション)がアンダーで買っている銘柄

10社程度に照準を合わせる。

6/13~6/17の安値を調べ、その近辺で「指値」


「株式投資勝利の法則」の「待ち伏せ」です。

まずは種玉を仕込みます。




美味しい「新米」が収穫される頃

外国人投資家、国内機関投資家の皆様が買い上げて

「あの時が底だった」となることを予測して

「待ち伏せ買い」します。

高くなったら決して追いかけないで諦めます。



株式投資で最も重要なことは、

「無欲になって、決断すること」です。


世捨て人の私は、絶対に高値では買いません。

良い銘柄を安く買えば、

震災が起きても、世界同時不況になっても

まず損はせずに逃げることができます。


株式投資は、「真剣勝負の果たし合い」と同じです。

「生か死か」「勝つか負けるか」です。


今回は、不本意ながら「大底買いサイン」がでないままの決断です。

まずはアンダーで「種玉」を仕込んでから様子を見ることにします。


「株式投資勝利の法則」の「待ち伏せ」です。









コメント
トヨタに関する回答ありがとうございます。具体例でやっと理解できました。

まず5510に指値をいれて引っかかるのを待ちます。

日経平均が11000までさがることはおそらくないとは思いますが、

先に調整にはいいったといっても日本はより過敏に反応しやすいので、

アメリカ次第では~と考えてしまいます。アメリカは、

このままファンドの決算期まで大きな調整はないのでしょうか?

買いの分散は資金次第だと思いますが、

外需、内需、銀行、商社みたいなグループわけだと思うのですが

、それらから最低1銘柄といった買い方でも問題ないでしょうか?

最後に基本的なことだと思うのですが、わからなかったのでお願いします。

株価の記述の最後にVxxxx(xxxxは数字)の記述があるのですが、

これは何を指しているのでしょうか?

出来高なのかとも思いましたが違うようなので。。。

よろしくお願いします。
| 2013-06-19 16:25 | toki |


コメントありがとうございます。

シェール革命のアメリカ経済は、中長期では堅調に推移することが予想されます。

目先波乱があったとしても、8月、9月にかけての日本株反騰相場に備えて

「種玉を仕込む時が来た」と私は判断しました。


自動車(トヨタ)、商社、電機、機械、銀行(三菱UFJFG)といったように

時価総額5000億円以上の企業から選別します。



>株価の記述の最後にVxxxx(xxxxは数字)の記述があるのですが、

>これは何を指しているのでしょうか?


これはボリューム(出来高)です。

(例)8411みずほFG 195 199 194 195 △1円 V195735千株


寄付き 高値 安値 終値 前日比 出来高 の順番に記載しています。







買い出動について

いつもお世話になっております。

買い出動せずに買いスタンバイという日々が続いていますが、

買いスタンバイという状態は「下値で指値をして待っているという状態」という理解でよろしいでしょうか?

(例えばトヨタなら5,510円等で指値をしておくという状態)

買い出動と買いスタンバイの状態の違いをご説明いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。
| 2013-06-19 16:58 | 太陽 |


コメントありがとうございます。

昨日までは「買いスタンバイ」で指値もなしです。

本日大引けの時点で、指値にて種玉を仕込む時期が来たことをお伝えします。

いよいよ買い出動の時が来ました。

不本意ながら、「大底買い」のサインは出ないまま

「短期買いサイン」 6/5、6/6、6/7、6/13

6/13日経平均 12415.85円で、1番底と推測

底割れの可能性が残るもののSQ通過後の相場も安定してきましたので

まずは種玉を仕込みます。

とりあえず10銘柄ぐらいに分散します。






本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日16:00ごろに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

三角もみ合い

6月19日16:00


大引け

日経平均株価

13233.08(9:00)

13296.62(9:11)

13107.65(13:54)

13245.22(15:28)

前日比 △237.94 +1.8%



TOPIX

1104.36(9:00)

1112.05(9:13)

1095.32(12:30)

1106.97(15:00)

前日比 △20.17 +1.9%



7203トヨタ 5870円 △70円


8306三菱UFJFG 593円 △14円


7751キャノン 3250円 △75円


8604野村HD 752円 △5円


5401新日鉄住金 262円 △11円




前日の欧米株の流れから買い優勢で、大幅高で引けました。

いよいよFOMCの結果発表です。




三角モミ合い

現在の相場は、米国の金融政策の様子をうかがう相場展開になっています。

米国、ドイツは史上最高値付近で推移しています。

明日のFOME次第では、米国、ドイツ株式が暴落するかもしれないなどという方もいます。

しかし、日本株は

5/23 日経平均株価 高値 15942.60円

6/13 日経平均株価 安値 12415.85円


3526.75円の調整を入れています。

ここ数日の株価推移をみると

6/13 日経平均株価 安値 12415.85円

が1番底になる可能性が出てきました。


あとはバーナンキ議長の発言で、為替、株価がどう動くか?

現在の株価を日足チャートで見るとジグザグ(モミ合い)の中に

中段で足踏み状態になっています。

日々の株価の上下幅も次第に縮小して、最終的には

モミ合いから株価が離れてくることになります。


中段モミ合いには4つのパターンがあります。

①上昇三角形型

②下降三角形型

③対象三角形型

④逆三角形型


①上昇三角形型と③対象三角形型はモミ合いから上離れる形です。

このどちらかになってくれると良いのですが。



現在は出来高が減少し、需給が悪化しています。

3526.75円の調整を入れるほどの異常ともいえる調整後ですので

もう少しの日柄(日数)が必要になるでしょう。






コメント
今ブログをはじめから読んでいるのですが、
大和証券、野村HDが2012/03のころのチャートと同じような動きをする場合、
あと2段下げがあって両方ともに550近辺まで下がってもおかしくないのではと感じました。
両方ともに値動きはよさそうなので、日経平均が上向けばそのうち800、900とあがってもいくのだろうなとも感じました。

その他コメント欄の回答のなかでトヨタが5510~とありますが、5510なら買っても大丈夫そうということでしょうか?
| 2013-06-18 21:05 | toki |


コメントありがとうございます。

現在の波動と2012/03の波動ではスケールも上昇率も全く違います。

大和証券、野村HDが550円近辺まで下がると、日経平均は11000円ぐらいまで下がることになります。


7203トヨタの場合は、5510円から買い下がりです。

資金に余裕がある方は、5510円、5360円、5210円、150円切り下げて買い下がります。

トヨタは強いですからまったく買えないかもしれません。

基本は10社分散投資です。

トヨタがだめでも、他に9社あります。

焦って、追いかけて高値を買わないことです。




本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日20:00~21:00ごろに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

狭いレンジのもみ合い相場

6月18日20:45



日経平均株価

13015.15(9:00)

13139.48(9:08)

12919.03(10:56)

13007.28(15:28)

前日比▼25.84 -0.2%



TOPIX

1088.17(9:00)

1095.24(9:08)

1079.54(10:55)

1086.40(15:00

前日比△1.68 +0.2%





値上がり銘柄数 775 ▼831


値下がり銘柄数 813 ▼728


新高値銘柄数 11 △3


新安値銘柄数 7 ▼26


騰落レシオ25D 73.7 ▼0.4


日経平均25D乖離率 -6.49




日経平均株価は3日ぶりの反落

寄付き後は100円を超す上昇もありましたが

円相場が高止まりしていること

FOMCを控えていることで

13000円を挟んでのモミ合いになりました。


明日もFOMC待ちの気迷いの相場展開になるでしょう。

日本時間では、6月20日(木)寄付きからその余波が来ることになります。


このような中途半端な時に売買しても、丁半博打のようなものです。


初心者の方、仕事をしている方は「休むも相場」が良いと思います。





株の話ではありませんが、今日は14時過ぎに車で買い物に行きました。

珍しくラジオを付けると、

「生活保護受給者が過去最高」

「ニートの人数が過去最高」

そのような内容を、ラジオでたまたま放送していましたので

夕方帰宅後に


森永卓郎氏著

年収120万円時代

生き抜くための知恵と工夫

平成19年3月1日初版



5年前に買って目次しか読んでいませんでしたので、ざっと目を通しました。


その内容は(はじめに より引用)

「将来的に日本社会は3極分化し、

 年収3億円以上のA層は1%

 年収300万円クラスのB層は50%

 年収120万円クラスのC層は40%になる」


そして、森永氏によると

「戦うか、 世捨て人になるか 選択はあなた自身」

年収120万円で工夫しましょうというのではなくて、

年収300万円以上を何が何でも確保するというのが、

今後いかに必要かということだと思います。


記事内容は、かなり極端なようですが日本の近未来を描写しているように思えます。



これからの近未来は、個人だけではなく、企業もグローバルに生き抜く力がなければ

淘汰される厳しい時代になっていくことに間違いないでしょう。


グローバルに勝ち抜く力のある一握りの厳選した1流企業の

暴落時の安値のみ買う投資姿勢が重要であることに改めて確信しました。


年間を通してみると

買いのチャンスは、年に1度か2度

空売りのチャンスは年に1度くらい



それだけあれば十分です。

つまり年間で10日~20日働いてあとは余計なことをしないのが

自分に一番合った投資法です。

1流企業のバーゲンセール以外は買う必要なしです。


1年間(365日)のうち、355日~345日は「世捨て人」


「欲を殺し、冷静に決断すること」

株式投資で最も重要なことだと思います。


高校1年で相場を初めて、40年近くたちます。

この年になってようやくわかってきました。

人生無駄なことばかりしてきました。


明日も、「買い出動せず」





コメント
今日も持ち越し0です。ザラ場は見ていましたが、
あがればあがるほど怖くなり、またそれでも買いたくなるので、
ちょっと散歩に外にでました。
もし買いのチャンスがなければ売りから実践すればいいと開き直っています。
少なくとも今週の水曜日まではお休みです。
今後ともご指導よろしくお願いします。
| 2013-06-17 16:56 | toki |


コメントありがとうございます。

気分転換が大切です。

かつての自分は、ザラ場を見れば見るほど買いたくなりました。

大学時代は、4年間証券会社に入りびたりの

「株中毒患者」でした。

親の七光りで、トップシークレットの情報も入り

順風満帆の時代もありましたが

上手く情報で買っても、暴落があれば一緒に暴落する。

思えば無駄な人生を過ごしていました。


気が乗らない時は「休むも相場」


分からない時は「休むも相場」


無理をしないことが一番です。





野村について
ご回答いただきありがとうございました。

>現物でしたら、買値までの前値戻しを待てばいいと思います。

とありますが、「買値までの前値戻し」とはどういう意味でしょうか?

初心者なものでわからないことが多々あり申し訳ありませんがご説明頂ければ幸いです。
| 2013-06-17 17:26 | サン |


コメントありがとうございます。

申し訳ありませんでした。

前値戻しは変換ミスで 全値戻しです。

訂正してお詫び申し上げます。

つまり、次の波動が来れば、買値ぐらいまでは戻すことが可能

という意味です。

今チャートを見ましたが、

チャート的にはもう少し波乱がありそうです。

参議院選挙後に期待ですね。





底値を見た場合
底値を確認できた場合の買い方についてお聞かせください。

これから参院選前後に底値が確認できた場合には、
大底買いのように翌日の寄付買いになるのでしょうか?
それとも、違う買い方(例えば、指値で買う等)をするのでしょうか?

堅守速攻さんへのご回答と重なる部分があるかもしれませんが、
いまいちはっきりとはわからなかったので、僭越ながら質問させて頂きます。

よろしくお願いいたします。
| 2013-06-17 17:35 | 背番号7 |


コメントありがとうございます。

現在の波動は、大底買いではありませんので

私の場合は日本を代表する企業の

時価よりかなり下値での「指値買い」です。


波動的に7月中旬ぐらいにかけて大きく下がった場合は

「大底買いサイン」が出るかもしれませんが

このままモミ合いになるかもしれません。

12000円~14000円

12500円~13500円

常識的に考えると上記のレンジでのモミ合い相場が想定されます。



指値の参考値は、6/7、6/13の安値付近で何段階かに分けて分散することです。



夏から秋にかけて上昇が期待できる銘柄は、外国人投資家が

しっかりとアンダーで買っています。


その一例として

7203トヨタ 6/7安値5360円

その後は、5510円まででその下値は買わしてくれません。

指値を分散する場合も3%前後間隔をあけて買い下がりをすることが重要です。

トヨタも25日移動平均線をマイナス乖離して

立会日数13日になります。

狭いレンジでのモミ合い(三角持合い)になっていますが

いずれ再び上昇波動に入ると思われます。

欲を出して、高値を買わないことです。




まだまだ
基本の値幅でいくと、あす大底を打ったと言えるレベルは10700円。

じっくり銘柄選び^^

| 2013-06-18 00:25 | GZBC |


コメントありがとうございます。

未だに底値が見えませんが、良い銘柄をいかに安く買えるかどうか

最も大切ですね。

底値を見るまでは、買いスタンバイ

6月17日16:25




大引け


日経平均株価

12584.37(9:00)

13033.12(15:28)

12549.82(9:03)

13033.12(15:28)

前日比△346.60 +2.7%



TOPIX

1051.26(9:00)

1085.06(15:52)

1049.67(9:03)

1084.72(15:00)

前日比△28.27 +2.7%




朝方から堅調に終始して、ほぼ高値圏で引けました。

出来高、売買代金ともに低水準で、底値未確認ですので

明日も様子見です。



米国 6/18(火)よりFOMC開催、住宅着工指数発表

バーナンキ議長も今回は出口戦略については触れないだろうが、

日本時間6/19(水)までは不透明な相場展開が続くのではないでしょうか。


以前から申し上げていますが、

円安=日本株高の構図には変わりありません。


しかし、目先の円高の戻りのメド、日本株の底値確認が確認できないままでは

ポジションも取りにくいところです。


ハイフリを駆使したヘッジファンドとまともに戦う必要はなく

もう少しの間「休むも相場」が良いのかもしれません。


あえて買いをお考えの方は、主力株のかなりの下値で指値を入れて

相場を見ないのも一策ではないでしょうか。


参議院選挙前後には、日本株のリバウンド期待が出てくるでしょう。










コメント
アルゴ取引
一度はまると同じ時間帯に唐突に
売り始め、買い始め・・ 
意図的に相場を壊しているとしかおもえないアルゴ売買ですが

どの程度機械任せなのか・・?
今から売り仕様に、買い仕様に、と
毎回プログラムを組んでいるんでしょうか?

約定枚数も 板に表れず、空中戦。

極端すぎて 米外資自体も飼いアルゴに手をかまれてるとしか
思えないのですが・・。
欧州勢程ではないでしょうけど。

あまりにもやりたい放題で さすがにうんざりしてきました。
現場のディーラーさんは 実際どう思っているんでしょう。
損しても、コンピューターが勝手にやって事、と
開き直ってるんでしょうかw?


| 2013-06-14 16:49 | 匿名さんが通ります |



コメントありがとうございます。

5/23までは買い方は、ほとんどすべての投資家が儲かっていたのですが

一夜にして明暗が分かれてしまいました。

主役の米国系ヘッジファンド意外の市場参加者全員が、ドキドキ、ハラハラ、

うんざりしています。


日本ののディーラーの大半が頭を抱えています。

大手ヘッジファンドの、ハイフリには太刀打ちできません。

担当者の責任問題も限界があり、いちいち上司の判断を待っているようでは

喧嘩にもなりません。


個人投資家は、ディーラーのように頻繁に売買する必要はありません。

ヘッジファンドと互角に戦う必要はありません。


株式投資には100%はありませんが

年がら年中売買をするのはやめて

年に数回、一流銘柄をバーゲン価格で買う投資スタイルを

取り入れるのも良いと思います。



私のような投資家にとっては、チャンスなのです。

年に1~2度のバーゲンセールを待っているだけなのです。

ですからストレスにもならず淡々としています。

遅くても参議院選挙後には再び上昇波動に乗るものと思います。

為替と外国人投資家次第ですが。


ご健闘お祈り申し上げます。






銘柄は
>難しい相場
>短期買いサインが出たということで、
>日経平均で13,000円ぐらいで買った玉が結構あるのですが、
>今が底値付近ということで、
>売ってしまってロスカットをするよりも、
>買い出動に備えるようにしてほうがいいでしょうか?
>| 2013-06-13 23:28 | サン |
>
>コメントありがとうございます。
>
>銘柄次第ですが、13000円前後では全く問題ないと思います。
>
>もう少しの我慢ですね。

ご回答いただきありがとうござました。

銘柄はトヨタ(5,800円)・ホンダ(3,705円)・新日鐵住金(252円)
・みずほ(202円)・野村(836円)です。()が買値です。
いかがでしょうか?

| 2013-06-14 17:27 | サン |


コメントありがとうございます。

野村HD以外は戻るのにはさほど時間はかからないようです。

ご存知のように野村HDは


2012年

10/11安値 261円


10/29安値 282円


11/13安値 279円


その後先月、5/22高値980円までほぼノンストップで上昇しました。

ここまで大きく上げた直後ですから調整にも時間はかかりそうです。


2007/02 高値2870円はいささか無理がありますが

現物でしたら、買値までの前値戻しを待てばいいと思います。


全て一流企業でよかったです。

外国人投資家が買えば上昇しますから。

あとは買いのタイミングを勉強することです。


ご健闘お祈り申し上げます。






ドル建てチャート
いつもお世話になっております。

日経平均のドル建てチャートを見たところ、ドル建てでは底はまだ6/7の様ですね。
今の為替水準で6/7と同程度下げたら12300円くらい、
為替が93円に突入したら12200円あたりが目安になるかも知れません。

今の相場は完全に為替主導なので、為替が95円あたりでは手出し無用
、94円前後あたりなら、個別の株価をチェックするのが安全な気がしています。

個人的には為替の下は93円、NYダウは14800あたりと見ているので、
その条件での日経平均に注目しています。
もし、ドルベースでも6/7を割ってきたら、ちょっと手が出しにくくなりますね…

| 2013-06-16 00:44 | めい |


コメントありがとうございます。

いつも研究熱心ですね。

おっしゃる通りだと思います。

とりあえず、1番底を確かめたいところです。

今も主力資金は、休んでいらっしゃるのですね。

いずれチャンスが来るでしょうから

「ピンチこそチャンス」を生かして儲けてください。

ご健闘お祈り申し上げます。





大底買いと短期買い
大底買いはサインが出た翌日に寄り付きで買うとのことですが、
短期買いはサインが出たら指値をして待ち伏せするという理解で
よろしいのでしょうか?
今までのブログや入門編を読んでいるとそのように理解できたもので。
よろしくお願いいたします。
| 2013-06-16 16:58 | 堅守速攻 |


コメントありがとうございます。

おっしゃる通り直近は大底ではありません。

大きく下がりましたが、調整局面です。

短期買いサインがたびたび出ております。

つまりその近辺がほぼ底値付近と考えられます。

かなりの下値で「待ち伏せ」するのが得策です。

絶対に追いかけてはいけません。

焦ってはいけません。

下値で「待ち伏せ買い指値」をして気分転換した方が良いです。

私は、最近よく昼寝しています。

ザラ場中は良く寝られますが、夜が寝られなくて困っています。

心に余裕を持ってください。


ご健闘お祈り申し上げます。





皆さん、これからも延々と相場は続きます。

株式投資は儲けるためのものです。

焦って高値を買わず、じっくりと安値を買って儲けましょう。

堅実に一流銘柄の底値買いを繰り返せば

ヘッジファンドなんて、恐ろしくも何でもありません。

ヘッジファンドが下さったチャンスを利用するだけです。

ヘッジファンドは、ハイエナ、ハゲタカと称されますが

ヘッジファンドの上前を撥ねるくらいの気持ちで

一流株の底値買いを実践すべきです。

ヘッジファンドと互角に戦う必要はありません。





本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日20:00~21:00ごろに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

戻りは限定的 為替次第

6月14日16:20


前引け

日経平均株価

12668.90(9:00)

12889.46(9:04)

12629.31(10:06)

12788.42(11:36)

前日比△343.04 +2.8%


TOPIX

1063.53(9:00)

1077.95(9:15)

1057.53(10:06)

1065.28(11:30)

前日比△21.11 +2.0%



SQを通過。

SQによる売買代金は、概算で9000億円強

前場の東京マーケットは、前日の米国株高の安心感から

輸出関連を中心に幅広い銘柄に買いが入り、大幅反発しました。


電気機器、小売り、医薬品、通信、化学、食品、不動産など幅広く買われました。

メガバンクがさえない展開になりました。


場中に為替が円高に振れると輸出関連銘柄も頭を押さえられ

神経質な展開。

米国の金融政策(出口政策)がはっきりせず、政府の3本目の矢も

選挙前で思い切った策に乏しい内容で反転のきっかけがほしいところです。

本日の上昇も単なる綾戻しのようです。





大引け

日経平均株価

12668.90(9:00)

12900.85(14:21)

12628.31(10:06)

12686.52(15:28)

前日比△241.14 +1.9%




TOPIX

1063.53(9:00)

1077.95(9:15)

1055.50(14:59)

1056.45(15:00)

前日比△12.28 +1.2%







12:00を過ぎるとやや円安方向に向いたため、日経平均株価は

上げ幅を拡大してきました。

14:30過ぎに為替が円高に振れたため大引けにかけて上げ幅を縮小

本日の売買高は、SQ分9000億円~1兆円を差し引くと

薄商いで、本格的な戻りではありません。

値下がり銘柄数も多く、小型株に安いものが目立ちました。

SQ値は12668円、そのあたりが意識されて引けたようです。





相場の転機は、

来週のFOMC

都議会議員選挙

参議院選挙

7月発表の4-6月期決算



来週も上下幅の大きい展開が予想されます。


円安=日本株買い

為替の落ち着きを待ちつつ、

7月には転機が来ることに期待したいと思います。


SQは通過しましたが、未だに1番底が確認できていません。

もう少し様子を見ます。







昨日はコメントのご返事できず申し訳ありませんでした。



コメント

とうとう
工藤様が先週末から仰っていたようにSQ前の最後の大きな下げがやってきたように思うのですが、
今度こそ買いチャンスと捉えてよいものでしょうか?
| 2013-06-13 14:15 | 株初心者 |

コメントありがとうございます。

昨日ブログ更新前にコメント内容を拝見していましたので

昨日の末筆の結論のコメントに替えさせていただきました。

為替が落ち着かないと底値を確認できません。

焦る必要はないと思います。




ご回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。
激しい上げ下げに惑わされないように心したいと思います。
決算や配当確定の時期も頭に入れたら買い時売り時も見えてくるのではないかと推察します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

| 2013-06-12 21:33 | リンゴ |


コメントありがとうございます。

異常な相場展開が続いています。

とはいえ、現状からとんでもなく下がることは考えにくく

底値付近であることはほぼ間違いないでしょう。

チャンスは近いと思いますが、あわてる必要はないと思います。




ご回答ありがとうございました
先祖供養の件、大変参考になりました。
私の考えにもあっていますし、投資のことを抜きにして大切なことだと思うので、
毎日の日課にしようと思います。今後ともよろしくお願いします。
| 2013-06-12 21:31 | やまさん |

コメントありがとうございます。

もうすぐ55歳になりますが、足掛け48年間

祖先のご供養をしています。

時間が空けば寺院の「お参り」に行こうと思っています。

不思議なくらい精神が安定します。



コメント
ブログはじめたばかりでまだまだですが…
株式投資勝利の法則さんのブログをみてまわって色々勉強させていただきました!

私の方にも是非遊びにきてください♪そちらもよろしくです!(^^)b
ちょっとした時に…ふと息抜きができそうな
「株、FX、投資」関連の話題を扱ったまとめブログがつくれたらなって思って試行錯誤中で。。。><
私も早く株式投資勝利の法則さんのブログみたいに
沢山の人が遊びにきてくれるような楽しいブログにしたいです!

いっしょにがんばっていきましょう!また遊びにきます♪(>_<)

| 2013-06-12 20:00 | いとうさん |

コメントありがとうございます。

ぜひ拝見します。

今後ともよろしくお願いします。





難しい相場
短期買いサインが出たということで、
日経平均で13,000円ぐらいで買った玉が結構あるのですが、
今が底値付近ということで、
売ってしまってロスカットをするよりも、
売らずに上がってくるのを待ってから売って、
買い出動に備えるようにしてほうがいいでしょうか?
| 2013-06-13 23:28 | サン |

コメントありがとうございます。

銘柄次第ですが、13000円前後では全く問題ないと思います。

もう少しの我慢ですね。





底待ち
いつもお世話になっております。

連日、本当に難しい相場が続きますね。
休むつもりでしたが、今朝、強い押しがありそうでしたので、
絶対買えないと思う位置に指値を入れていたら、3銘柄ほど刺さっていて驚きました。
運試しみたいなものでしたので1単位だけ。

かなり安値で買えましたが、工藤様同様、まだ相場が底をついた気がしないので、
自律反発に合わせて利確を入れて次を待ちたいと思います。

ずるずる下げるのではなく、スパッと気持ちのいい下げが欲しいところです。
| 2013-06-13 21:15 | めい |


コメントありがとうございます。

どう見ても異常値ですから、安く買えればチャンスはあります。

安倍総理も、規制緩和等重要案件は国を二分することになりかねませんから

参院選挙後になるのは仕方のないことです。

米系ヘッジファンドは選挙までは、先物で安心して日本株の上下波動で

稼ぐ算段でしょう。

それももう少しの辛抱です。


先日SQ終わるまでもう買わないと誓ったはずが、やっぱり買ってしまいました。
ザラ場は見ないほうが健全ですね。ただ、株というものと付き合っていくつもりなので、
もう少し勉強をかねてザラ場をみるつもりです。
6/7の底値を意識して買ったので、6/13の大引け時-1%でした。
今日ギャップアップからの開始だったので9:20にはほぼ売り、11:00には全て売りました。
前回残したダイエーも戒めをこめて売りました。これでポジション0で週末を迎えます。
実際に買い場となるのは来週のFOMCカンファレンスの結果次第でしょうか?
どのような結果でも結局売りn材料とされそうな気がします。
| 2013-06-14 11:19 | toki |


コメントありがとうございます。

ここまでこじれましたので、もう少し休むことにしました。


相場の転機は、

来週のFOMC

都議会議員選挙

参議院選挙

7月発表の4-6月期決算


株式投資の世界は、ヘッジファンドも個人投資家、初心者もハンデなしの厳しい世界です。

年に1~2度の底値付近で一流株を買えば、ヘッジファンドにも勝てると信じ

無欲になるくらい欲を殺し、己に負けないようにもう少し待ちます。

底値付近の微調整です。







本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、(月)16:30までに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

「ピンチこそチャンス」

6月13日20:45



大引け

日経平均株価

13038.02(9:00)

13050.11(9:00)

12415.85(11:04)

12445.38(15:28)

前日比▼843.94 -6.4%




TOPIX

1077.75(9:00)

1078.99(9:01)

1040.31(11:04)

1044.17(15:00)

前日比▼52.37 -4.8%



値上がり銘柄数 90


値下がり銘柄数 1603


新高値銘柄数 1


新安値銘柄数 77


騰落レシオ25D 70.9 ▼3.0


日経平均25D乖離率 -11.91




日経平均株価、TOPIX大暴落

下げ幅は今年2番目の大幅安

後場立会時間中、円相場が94円台の円高水準に突入


米国系ヘッジファンドの円買いドル売り、日本株売りの

為替に連動した先物売りが断続的に出て、後場には下げ幅は縮まらず

安値圏で引けました。



NHKの7:00PMのニュースで「日本株急落」「1ドル93円台」が

トップニュースになりました。






6月7日(金)
日経平均株価

寄付き 12706.41

高値  13106.20

安値  12548.20

終値  12877.53

前日比 ▼26.49 


「指数表」短期買いサイン6/5、6/6、6/7の3回出ました。

もう一度大きく下げたところが「買い出動」と申し上げていましたが

本日は、そのことについて解説します。

6/7安値12548.20円が、1番底として想定しました。

次に大きく下げたところが2番底で「底値確認」として

「待ち伏せ」していました。


昨日、某証券から「ロールオーバー」がかなり進んでいるようだ

との連絡がありました。


本日はSQ前日で、2番底を付けると思い

2番底の想定は、6/7安値12548.20円を割らない株価でした。



しかし、相場は一変して、円高、日本株安が止まらなくなってきました。

後場になっても戻ることなく下げ幅は拡大し


日経平均株価 12445.38(15:28)前日比▼843.94 -6.4%


TOPIX 1044.17(15:00)前日比▼52.37 -4.8%


安値圏で引けました。


1番底として想定した6/7安値12548.20円を大きく割り込みました。

本日安値 12415.85(11:04) 

そのため「買い出動」は延期しました。

底値が完全に確認できないためです。


底値付近であることはほぼ間違いないでしょう。



日経平均株価25日移動平均乖離率の推移


6/5  13014.87円 -9.33

6/6  12904.02円 -9.86

6/7  12877.53円 -9.81

6/10  13514.20円 -5.31   

6/11 13317.62円 -6.46

6/12 13299.32円 -6.40

6/13 12445.38円 -11.91


ここまで異常値が出るくらいの下げでしたので

値幅的にはほぼ底値圏と思われますが

時間軸(日柄)が足りません。


「株式投資勝利の法則」の基本は

時間

値幅

波動

需給

地合い

です。


時間、需給、地合いがいけません。

(本日は上記の説明は省略させていただきます。)




6/7時点の三市場信用評価損率


2013年

6/7 14.75%


2012年

10/12 15.14%

8/3 18.07%

6/1 20.02%




6/7時点の三市場信用評価損


2013年

6/7 4325億1600万円


2012年

10/12 1970億6500万円

6/1 3061億1400万円



三市場信用買い残(金額)

2013年

5/10 2兆7735億9200万円

5/17 2兆8681億1700万円

5/24 3兆1010億6100万円

5/31 3兆1719億500万円

6/7 2兆9321億3200万円


2012年ピークは

5/11 1兆5524億9000万円


個人投資家は5/23大暴落以降も、信用取引で

「ナンピン買い下がり」をしているのです。

「ナンピン買い下がりでスカンピン」と言われるほど

株式投資ではやってはいけないことです。


米国系ヘッジファンドは、信用買い方の投げ売りが、

1兆5000億円くらいは出るだろうと算出しています。

それほど需給が悪くなっています。

信用の投げを誘って日本株を暴落させ、ドル売り、円買いでWの

儲けになる算段です。


同じヘッジファンドでも、欧州系は惨敗です。

5/23大暴落以降も押し目を買っていました。


ヘッジファンドの勝ち組は、米国系

ヘッジファンドの負け組は、欧州系


本日は時間の関係で、コメントのご返事は明日にさせていただきます。


そのような訳で、結論は(本日現在です)

明日高くなるかもしれませんが、完全に底値を確認できない状態では

「買い出動」しません。

本日が1番底であれば、2番底を狙うことも可。

本日現在、下値は12000円前後と予測 仮に戻っても14000円ぐらい。

次の相場は、7月22日以降か?

現在は底値付近と想定できるが、「慌てるべからず」

「ピンチこそチャンス」

「チャンスは近い」


もう少しの辛抱です。


「株式投資勝利の法則」は

年に1~2度の大暴落で、一流銘柄をバーゲン価格で買う投資法です。

いたって単純明快な投資スタイルで、サラリーマン、主婦、初心者の方でも

外国人投資家を相手に株式投資の世界で「勝ち組投資家」になれる投資法と

確信しております。


いよいよ忙しくなってきました。

忙しいのは年に1~2度です。





本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日16:00ごろに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

参考銘柄 9613NTTデータ

6月12日16:00


14時ごろから急速に戻ってきました。

6/10(月)、6/11(火)、本日でかなりロールオーバーが

進んでいるように思えてきました。

明日もありますので断言はできませんが。 


このような不透明な相場のため、

「いつ買ったらいいのですか?」

「何をいくらで買ったらいいのですか?」

ご質問をいただいておりますが


基本は以前と同じです。

円安=日本株高

中長期では安倍黒田バブルのトレンドは

完全に崩れていないと思われます。




ヘッジファンド、先物に振り回される日々も収束に向かいつつあります。

明日様子を見て判断します。


タイ、フィリピン、インドネシア株式の下落が気になりますが。


ビックマネーが世界中を飛び交っています。


ビックマネーは日本市場に帰ってくるのか?


日本のコア銘柄を再び買ってくる構図に変化はないでしょう。


私の使っている「指数表」は6/5、6/6、6/7の3回

短期買いサイン(調整局面の底値)が出ました。

日経平均 6/7安値12548.20円

TOPIX6/7安値1033.02

ここが調整局面の底値と判断します。


ヘッジファンドに相場を壊された後遺症は残りますので

選挙後に期待です。

しばらくは、

上限14000前後

下限12800円前後

その中でのBOXに入るのではないでしょうか?




大引け

日経平均株価

13087.66(9:00)

13332.72(14:23)

12994.08(9:06)

13289.32(15:28)

前日比▼28.30 -0.2%



TOPIX

1083.98(9:00)

1102.78(14:23)

1073.06(10:06)

1096.54(15:00)

前日比▼4.61 -0.4%






参考銘柄


9613NTTデータ

340000(9:00)

340000(9:00)

329000(9:06)

338000(15:00)

前日比△4500 +1.3%



アベノミクス相場で最も出遅れていた銘柄。

5月になってようやく上がりだしましたが

暴落によって振出へ戻りました。


8月ごろまでに40万円台乗せ目標。

同社は景気が良くなってから動く株価習性があります。

顧客である企業が、業績が良くなってから

同社への設備開発投資を依頼するためワンテンポ遅れて

業績に寄与するため、これから外国人投資家、国内機関投資家の買い物が

入ってくると思われます。







コメント

休むのも相場
いつもお世話になっております。

こんな難しい相場で大勢の閲覧者への解説、頭が下がる思いです。

SQが近づき、やはり東京市場も波瀾の空気が出てきました。
今現在、為替が96円台と円高に振ってきていますが、
トヨタの株価はしっかりしているため、あまり安いところでは買えない雰囲気ですね。

SQまでにどの程度の押し目があるか分かりませんが、
よほどの押し目でなければ今回はパスしようかと考えています。

一気に15000円を奪取する勢いがあれば買いうのですが、
ここまで徹底的に叩かれると投資マインドが復活するのにも時間が掛かりそうですし。

今回の大きな下げで、かなり手痛い思いもしましたが、
生き残れたし、反撃の余力も残せたので今後の糧としてしたいところです。

選挙付近で14000円台になっていることを期待しつつ
、開店休業で相場を眺めていようかと思います。

| 2013-06-11 20:53 | めい |


コメントありがとうございます。

私も一気に15000円トライにはならないと思います。

7月21日の参議院選挙で自民党圧勝した後、

安倍総理が本気で成長戦略、規制緩和をするかどうか?

外国人投資家はそのことを考えながら、来月までは大きく買わず、

大きく売らず、12800円~14000円ぐらいで推移するのではないかと思います。

分からない時、一抹の不安があった時は、休むも相場ですね。

今年の夏は忙しくなると信じ、今のうちに休養をお取りください。





日経平均先物夜間が13000位になっています。
明日の朝にどうなっているかわかりませんが、
もし12800とかになっていた場合最近の大幅下落を思い出して
パニック売りになったりしませんかね?
そして海外のファンドが全て受け止めると。。。
買い方は、短期買いサインが出た翌日の寄り付きということでいいのでしょうか?
また、今日の買われ方からするとトヨタは5800~6000、
三菱UFJFGは600~610くらいが買いレンジと思えばいいのでしょうか?
| 2013-06-11 20:57 | toki |


コメントありがとうございます。

ここまで下がっていてあとは下がるといってもたかが知れています。

あまり心配はしない方がいいです。

現在は大底近辺ではありません。

「短期買いサイン」は「底値買いサイン」と違いあくまでも目安と考えて下さい。

あまり考えすぎない方がいいですよ。

先物主導ですから、振り回されないようにしてください。

明日の株価を見てからです。



いつもありがとうございます。
三菱商事を狙っていますが、
上がったり下がったりやりにくい相場ですね。
今までだったら慌ててナンピンしたり空売りしていたかもしれないです。
今は工藤様の言う通り休みを決め込んでいます。

| 2013-06-12 12:51 | リンゴ |


コメントありがとうございます。

8058三菱商事 下値メド 1625円~1690円

1か月前後での戻りメド 1850円前後

3か月後 2000円台乗せ

自分自身がリスクを取って納得した値段で指値を入れればいいと思います。

不安感があれば指値を低めにして、入れば儲けものです。

どう考えても良いところまで下げました。



こんにちは。
とっても参考になりました。
ありがとうございます。
ひとつ聞きたいのですが、SQのあと、来週FOMCへの警戒で更に下げることはないでしょうか(..)
少し気になって買うのがこわいです。
的外れな質問でしたら無視して下さい。
これからも応援しています。

| 2013-06-12 13:15 | まい |



コメントありがとうございます。

ここまで下がれば後はたかが知れています。

私の使っている「指数表」は6/5、6/6、6/7の3回

短期買いサイン(調整局面の底値)が出ました。

日経平均 6/7安値12548.20円

TOPIX6/7安値1033.02

ここが調整局面の底値と判断します。

人間、悪い時は、悪いことばかり考えます。

ここまで下がれば大丈夫でしょう。

高値と現在の株価を比べてみてください。

皆、5月下旬は買いたい銘柄がたくさんあったのではないでしょうか?





本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日の20時~21時に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

SQまで3日

6月11日20:20



大引け

日経平均株価

13504.77(9:00)

13584.31(9:53)

13296.31(13:51)

13317.62(15:28)

前日比▼196.58 -1.5%



TOPIX

1113.58(9:00)

1119.82(9:53)

1096.09(12:37)

1101.15(15:00)

前日比▲10.82 -1.0%

 

値上がり銘柄数 473


値下がり銘柄数 1174


新高値銘柄数 6


新安値銘柄数 3


騰落レシオ25D 75.0


前場は日銀金融政策決定会合の結果を見極めたいとする思惑があって

小幅な値動きに終始しました。

後場寄り付き前に政策の変更なしとの報道で失望売りが出て

一段安となって取引を終了しました。


大型株指数 1066.18 ▼9.07


中型株指数 1232.82 ▼15.54


小型株指数 1806.25 ▼18.43



大型株が比較的順調で中小型株の下げの方が大きくなっています。




ロングポジションの外国人投資家が買った銘柄


三菱UFJFG

ソニー

トヨタ

みずほFG

ダイキン

オリンパス

三菱電機 



本日のような地合いでもロングポジションの巨大ファンドが

上記銘柄をアンダーで買っています。

証券大手2社もしっかりしていました。


SQまであと3日です。

ここであわてて買う必要はありません。


5/22高値15627.26円トライは時間がかかりそうです。



明日買い出動することはないので、冷静に相場を見ます。




コメント
トヨタを5000円以下で買いたいとの他の人のコメントを見て
、最近考えていたことを思い出しました。
ヘッジは意図時に4/2~4の時の値段に戻したいのではないかと。
そうするとトヨタは4610がその付近の安値になります。
でもそうすると日経平均は12000くらいになることになります。
考えすぎだといいのですが。。。
| 2013-06-10 16:55 | toki


コメントありがとうございます。

トヨタの5000円はまず無理だと思います。

6/7安値5360円で買うことも困難だと思います。

ヘッジファンドが先物の売り仕掛けをしても

ロングポジションのファンドがトヨタのアンダーを買っています。

三菱UFJもしっかり買っています。

6/7 12548.20円がおそらく底でしょう。




リスク
いつもお世話になってます。

>直近の下げは大底ではなく、中段持合いの調整局面です。
>
>したがって、大底買いサインではなく、「短期買いサイン」です。

大底買いサインと短期買いサインでは工藤様としてはリスクは
どの程度差があるとおかんがえでいらっしゃいますでしょうか?
| 2013-06-10 17:48 | 堅守速攻 |


コメントありがとうございます。

5/23高値 15942.60円を天井と仮定した場合

6/7安値12548.20円は立会日数12日間

大底買いのサインは高値から2~3か月以上経過しなければ出ません。


「株式投資勝利の法則」は

時間

値幅

波動

需給

地合い

を最も重要視しています。


今回の下げは歴史に残る強烈な下げでしたが


時間軸が足りません。


私はこのまま時間をかけて8月ごろまでさらに下がるとは見ていません。


あくまで、バブルの中段での大きな調整局面と思っています。


したがって年に1度の大底買いのチャンスではなく、調整局面の底値付近と思います。


短期買いサインの方が当然リスクがあります。


しかし、ロングポジションのビックファンドが狙うコア銘柄の押し目を買えば

それなりに利益は上がるはずです。


トヨタ

三菱UFJFG

この2銘柄の押し目を狙うことがベストだと思います。








乗れず・・・
いつも勉強させていただいております。
12000円付近での買いを想定していたため、完全に乗り遅れてしまいました。
政府は株価を意識したコメントを出してきており、
明日は黒田総裁のコメントもあるため、乖離率等の指標をみてもまだまだ上があるように見えます。
しかしk124816様が仰られるように今手を出すのは得策ではないと考えています。
しかし精神的には穏やかではなくついつい高値に手を出してしまいそうな心境です。
待っていると完全に逃げられる場合も想定されるためですが、
こういった場合でも平常心でいられるような精神面の強化方法があればぜひご教示をお願いします。
| 2013-06-10 22:28 | やまさん |


コメントありがとうございます。

迷った時、熱くなった時は1日でも相場から離れることです。

私の場合は、ご先祖様のご供養と寺院への参拝です。

怪しい話に聞こえるかもしれませんが、

私は、自発的に7歳の時からご先祖様のご供養をしていました。

お経をあげられなくても、今仏壇がなくても一切問題ありません。

正座して、朝起きた時と夜寝る前に、母方と父方の祖先のご成仏を念じ

合掌するだけでよいのです。


宗教は自由で人それぞれですが、祖先のご供養は大切だと思います。

私は「世捨て人」ですのであまり参考にならないかもしれませんね。





為替
質問にお答えいただき有難うございます。特集の方も期待して待っておきます。
今後は外国人と為替次第とおっしゃておりましたが、
ドル円以外の資源国通貨であるオーストラリアドルの下落が酷いです。
個人が多い通貨だけに心理的な傷が大きく、日経にも影響大と思われるます。
ドル円以外の為替はどう見られておられますでしょうか?


| 2013-06-11 18:40 | 皐月 |


コメントありがとうございます。

オージードルは中国リスクが気にかかるところですが、

私の場合は日本株中心で、1年に1度の底値付近で買い

数か月後の高いところで手じまい。

天井から完全に崩れたところを確認したうえで

空売りする。

そんな単純な投資の繰り返しです。

ですから、あまり気にしません。

為替、資源、穀物の相場はチェックしますが

FXはやりません。


投機的なことは一切手を出さないことにしています。


100%はありませんが

1流銘柄の底値買い専門ならば、まずやられない自信はあります。

安く買って、高く売る。

そして休む。

異常な高値が崩れたら証券株の空売りもします。


いたって単純明快な投資法です。






本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日16時ごろ更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

SQまであと4日

6月10日16:15



大引け


日経平均株価

13141.85(9:00)

13514.20(15:28)

13141.37(9:00)

13514.20(15:28)

前日比△636.67 +4.9%



TOPIX

1178.08(9:00)

1111.97(15:00)

1077.84(9:01)

1111.97(15:00)

前日比△55.02 +5.2%




寄付きから窓を開けての大幅高

大引け間際に先物買いが断続的に入り、大幅反発の高値引けで引けました。

全面高の展開でした。

「指数表」は6/5、6/6、6/73日連続「短期買いサイン」が出ました。

本日の窓を開けての猛反発は、調整終了にも見えます。


しかし、ヘッジファンドがもう一度大がかりな売り仕掛けをしてくる

とも予測できます。


5/23高値から立会日数13日

6/7が底値なのか

今週底値を付けるのか

6/11、6/12、6/13、6/14不透明感が残ります。



本日は無責任なコメントはできませんので

この続きは明日以降にさせていただきます。

「わからない時は様子を見ること」

今週は難しい展開になりそうです。





底を待つ
いつもお世話になっております。

ここ数日、13000円を維持するかも…とずるずる引っ張ってきましたが、
昨日、「もう一度ガツンと下げる」というコメントを見まして、
やっと一度、ポジションを処分する決心がつきました。

調整は不動産、銀行・金融と来ましたが、自動車は相対的に底堅い展開でしたので、
自動車が強い銘柄だと思い込んでいましたが、昨日、為替が95円まで下げたのを見て、
単に調整の順番が巡ってきてないだけだと考え直し、今朝の97円台のうちに慌てて売り切りました。

後は底を待つだけですが、底かどうか判断するのに悩んでいます。

海外投資家の立場になって考えるとトヨタは喉から手が出るほど欲しい銘柄だと思います。
なのでできる限り安く買いたい。私なら5000円以下で買いたいと考えます。
最後に調整に入った自動車の指標銘柄の底が、今回の底ではないかと。

トヨタを安くするには円高にするのが一番。なので為替を93円くらいまで上げてくるんじゃないかと考えていますが、
工藤様は底の判断に何を重視していますでしょうか?

来週に勝負を賭けるべく、日経平均8000円台の頃の玉だけ残して全部処分しており、
虎視眈々とチャンスを待ちたいと思います。

もし、チャンスが無くても欲張らず、残した玉が上昇してくれれば良い、
という気持ちで行こうかと思います。
今回、欲張りすぎて損害を拡大させてしまったことを反省として活かしたいところです。

(追記)
先物は雇用統計を受けて大きく上昇しているようです。今日の恐怖に耐えてホールドした人は報われそうですね。
| 2013-06-07 20:29 | めい |



コメントありがとうございます。

私は底値判断は「指数表」と私独自のチャート25Dと26Wで判断しています。

「指数表」のサインもアベノミクス相場とヘッジファンドの売り仕掛けによる

暴落、その後の株価の乱高下によりかなりの異常値が出てきています。

最近組み入れた短期売買サインは、6/5、6/6、6/7、3日続けて「短期買いサイン」が出ました。

常識的には6/7大引け時点でほぼ底値と判断できるのですが、需給面の不安が残ります。

6/14SQまでは何が起こるかわかりません。

ヘッジファンドはロングポジションの玉を持っていて再び先物の売り仕掛けをしてくる公算が大きいためです。


「分からない時は動かないこと」にしていますので

6/7の12548.20円前後の下値を待ち構えることにします。

今回の底値は大底ではなく、中段持合いの調整の底値ですから

自分なりの底値が確認できない時は買い出動はしません。





質問させていただきます
基本的な事で申し訳ありません。
今日のブログ文の中で、
「大底買いサイン  買い」
「追撃買いサイン 買い乗せ」とあり、意味合いは言葉通りと分かりますが、
「追撃売りサイン」とは具体的にどういった局面でポジションの態度をどうするという意味でしょうか?
言葉だけで意味合いを探ると空売り追撃みたいに見えますので。
ただ暴落の底値付近との見解なので違う意味合いだとは思うのですが?
お手数ですがよろしくお願いいたします。
| 2013-06-08 00:10 | 皐月 |



コメントありがとうございます。

たしかに分かりづらいですね。

「追撃買いサイン」と「追撃売りサイン」は20年前に

日本一の証券営業マンのY氏から習得したものを改良を重ねて

完成させたものですが、


「大底買いサイン」買い出動

「追撃買いサイン」買い乗せ

「天井付近過熱サイン」持ち株の売却

「追撃売りサイン」空売り

私は上記4つのサインを基本にしています。


しかし、常にこのすべてが出ることはまれなことです。

今回の相場は異常値の続出で、今後の課題を残すことになりました。

私のチャートを見れば一目瞭然なのですが、ゴールデンチャート社の

著作権が絡みますのでブログ上でお見せできないのは残念です。


相場が落ち着きましたら特集を組んで詳細を説明いたします。






秘伝大底買い
いつもお世話になっております。

>次回の「株式投資勝利の法則入門編講座」で
>
>「指標銘柄」公表します。
>
>
>受講生の方は過半数以上の方が初心者で、お仕事をされている方が多いので
>
>あまりリアルタイムにすると混乱のもとになります。
>
>初心者が、安値近辺(寄付き)で「指標銘柄」を仕込んで、秋から年末になると
>
>気が付いたら20%~40%ぐらい上がっていた。
>
>そんな感じの演出を考えています。

入門編では指標銘柄を公表していただきありがとうございました。

参考にさせていただきます。

株式投資勝利の法則では単純明快に「大底買いサインが出た翌日に寄付で買う」ということですが、

今回、大底買いサインが出た場合にはブログの記事にして頂けるのでしょうか?

下値で待ち伏せるということになるといくらぐらいがいいものか悩むもので・・・。

よろしくお願いいたします。

| 2013-06-09 16:21 | 背番号7 |



コメントありがとうございます。


直近の下げは大底ではなく、中段持合いの調整局面です。

したがって、大底買いサインではなく、「短期買いサイン」です。

「短期買いサイン」は最近制作したもので未だに検証中です。


最近組み入れた短期売買サインは、6/5、6/6、6/7、3日続けて「短期買いサイン」が出ました。

常識的には6/7大引け時点でほぼ底値と判断できるのですが、需給面の不安が残ります。

6/14SQまでは何が起こるかわかりません。

現在(6/10 14:40)日経平均は500円上昇中ですが

問題は明日以降です。

できるだけ皆様へ伝わるように、明日以降更新しますのでよろしくお願いします。





06/07に安めで買ったのと高めで買ったのを値が戻したので09:30までに全て売りました。
値を戻さなさそうなのも損切りしつつ、優待目当てのダイエー50株は残しましたけど
。06/14までに買いのサインがでなかったら今回は縁がなかったと思って虎視眈々と底値を待ちます。
でも短期買いサインは、当たっていたということになりますね。
とにかくSQが過ぎるまでは底打ちのサインがでるまではもう買いません。外人が怖いです。
| 2013-06-10 09:36 | toki |



コメントありがとうございます。

分からない時は動かないことが肝要です。

現在、日経平均508円高

   TOPIXは47ポイント高


明日以降は、為替とヘッジファンド次第といえます。

明日以降も良い記事が書けるようにします。





本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日20時ごろ更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

(月)買い急ぎにご注意

6月9日19:10


初心者の方々へ

6月10日(月)前場の高いところは買わないようにご忠告

買い急ぎにご注意ください。


週末に申しあげたように

6月14日(金)SQまでに、大きく売られたところが

底値買いのチャンスになりそうです。

米国系のヘッジファンドは、ロングポジションを持っているため

週明け以降も先物を売り仕掛けしてくる公算大。


6月7日シカゴ日経平均先物6月物(円建て)13220円

週末の日経平均株価の終値を343円上回っているため

明日(月)の前場は13200円ぐらいまで上昇するはずです。


初心者の方はこの高くなったところを買わないようにご用心ください。

また再び先物中心で売られることになりそうです。

買うのはもう一度暴落したところです。

本日念のため臨時で更新しました。





次回は、6月10日(月)16時ごろ更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です


「株式投資勝利の法則」

あと5営業日

6月7日16:00



前場日経平均寄与度

ファーストリテイリング +29.60

ファナック +10.01

三井不動産 +3.28

住友不動産 +3.20

コナミ +1.56

三菱地所 +1.48



ソフトバンク -22.22

京セラ -16.42

ホンダ -11.21

ブリヂストン -7.21

トヨタ -7.21



前場

日経平均株価

12706.41(9:00)

12851.86(9:29)

12660.08(9:13)

12732.59(11:36)

前日比▼171.43 -1.3%


前場

TOPIX

1054.11(9:00)

1063.67(9:28)

1044.93(11:19)

1046.96(11:30)

前日比▼23.81 -2.2%


急激に進んだ円安ドル高を嫌気して、輸出関連を中心に売られました。(前場)

(一時、1ドル95円台まで円高が加速する場面がありました)


以上正午に記載





日経平均株価、TOPIXともに、昨日から本日にかけて

「追撃売りサイン」が出ました。

いよいよ、底値間近といった感じです。


あとは為替と外国人投資家次第です。

米国系ヘッジファンドの力はすさまじく

相場も、チャートも壊してしまう力があります。

日本の機関投資家は上司の命令で連日売っているとのことです。


皆さん冷静にお考えてみてください。

ここからさらに1000円も2000円も売ってくると思いますか?

現在の下げは異常値です。


その逆は5月の上昇局面でした。

あの時異常な上昇をしたから、相場の隙を見つけた米国系ヘッジファンドが

円買い、日本株い売りを仕掛けてきたのです。


今売っている米国系ヘッジファンドは、近く来るであろう底値圏で

現在の売りから、どてん買い越しにまわると思います。

日本市場をまるでおもちゃのようにもてあそんで

日本の富を奪い取っています。


ヘッジファンドの手口を考えて、先回りして「待ち伏せ」すればよいのです。

現在14:04 少し戻ってきましたが

「底値形成」は来週でしょう。


8411みずほFGはインデックスよりも先に

5/27に追撃売りサインが出たのです。

インデックスよりも先行しているということです。

このあたりが底値のようです。

先行する銘柄と遅行する銘柄も「指数表」に反映されます。





素人が一番儲かる投資法は何か?

面白いお話をしましょう。



私の10年来の友人は、医療関係の管理職

8750第一生命の株式会社移行で

タナボタで労せずに割り当て株式を取得。

GW後に、「工藤さん株はどうですか」と聞かれたので

「今過熱しているから、1000円ぐらい下がるかもしれない」

と彼に言いました。

すると暴落後に

「おかげで第一生命167000円で売りました」

ただの株が30万円になったとのことです。

私は、

「8411みずほを、安めに指値したら」と伝えました。

その後187円で買えたそうです。


10%上がったら売って、買値付近まで下がったら買って

そんな単純な繰り返しで労せずとも儲かることを

彼に伝えました。


株式投資はそんなに難しいことではありません。

素人でも、仕事がが忙しいサラリーマンでも

地味な一流銘柄を安く買って、数か月後の高くなったところを売って休む。

その後大きく下げたら、安めに買い指値を入れておき、そんな単純な繰り返しが

大きな利益になっていくものです。


「現代のわらしべ長者」にもなれるのです。

ザラ場は見ない。

株の勉強も最低限。

毎日こまめに株価を見ない。

安く買ったらほっぽっておく。

上がったら売る。

そして休む。


年間利回り 20%以上になれば良いと思います。


単純明快な投資法

「サラリーマンが楽して稼ぐための株式投資勝利の法則」を

今後普及させようと考えております。





大引け

日経平均株価

12706.41(9:00)

13106.20(14:45)

12548.20(13:20)

12877.53(15:28)

前日比▼26.49 -0.2%



TOPIX

1054.11(9:00)

1077.68(14:45)

1033.02(13:19)

1056.95(15:00)

前日比▼13.82 -1.3%



日経平均株価寄与度(大引け)

ファーストリテイリング +65.67

ファナック +12.41

住友不動産 +5.41

三井不動産 +5.17

三菱地所 +4.40



京セラ -12.81

ホンダ -11.21

ソフトバンク -7.21

トヨタ -6.41

ブリヂストン -6.21



TOPIX寄与度(大引け)

三菱地所 +0.56

三井不動産 +0.44

ファーストリテイリング +0.28



トヨタ -1.51

ホンダ -0.87

新日鉄住金 -0.39

キャノン -0.39

ブリヂストン -0.37

日産 -0.28




ロングポジションの外国人投資家が、大手不動産株、リートを買っています。

来週が底値になると判断した米国巨大ファンドがアンダーを買っているようです。

来週末はいよいよSQです。

泣いても笑ってもあと5日です。

決断の時が近づいています。




8601大和証券

783(9:00)

823(14:44)

770(12:33)

801(15:00)

前日比△4 +0.4%



8604野村HD

702(9:00)

735(14:44)

687(13:21)

712(15:00)

前日比 変わらず







コメント


一流株の底値買い
いつもお世話になってます。

再建請負業ご苦労様でした。

これからは株式投資の研究により一層力を入れられるということで力強い限りです。
今後もよろしくお願いいたします。

株式投資投資勝利の法則の実践となる一流株の底値買い出動が近づいているということですが、
その際には以前のブログの記事にあったように買い出動する銘柄を公表して頂けるのでしょうか?

また、底値買いが近づいてきたということは以前のブログの記事にあったように入門編の受講者には
メールで毎日の動きを解説して頂けるのでしょうか?


| 2013-06-06 23:16 | 背番号7 |


コメントありがとうございます。

次回の「株式投資勝利の法則入門編講座」で

「指標銘柄」公表します。


受講生の方は過半数以上の方が初心者で、お仕事をされている方が多いので

あまりリアルタイムにすると混乱のもとになります。

初心者が、安値近辺(寄付き)で「指標銘柄」を仕込んで、秋から年末になると

気が付いたら20%~40%ぐらい上がっていた。

そんな感じの演出を考えています。

まだ6月14日(金)まで立会日数5日あります。

ザラ場を熱心に見ないことです。

株で勝つためには常に冷静で、「決断」を下すことです。

勝つも負けるも「決断」ひとつです。






住友商事売ったので代わりに三井物産買いました。
去年の株価は、伊藤忠<住友商事<三井物産だったのに、
横並びになったのと、三井物産が配当いいですから。
あとは株主総会通知の封筒もらったけど 増配どころか減配なのに、
役員に対するストックオプションを毎年やってるからといって今度もやるのが気に入らなくて。
乗り換えたから実質1000円ぐらいで買ったのと同じです。
持ち株ほとんど処分してたからここから買い下がっていきます。

| 2013-06-07 00:00 | あまりん |



コメントありがとうございました。

商社株(5大商社)の安いところならば、暴落に耐えうるコア銘柄といえます。

買い下がりは良いと思います。

いつもバーゲン価格で買っていらっしゃるようですので

最悪の場合も何とかなりそうですね。

ご健闘お祈り申し上げます。





いつもお世話になっております。

今日は中小型株の下げがきつく私も1銘柄被弾してしまって
ちょっと苦しくなってきました。

ここまで下げたら、下落率の少ない手持ちを反転後に上昇しやすい銘柄に
乗り換えようかと考えています。
一流銘柄がバーゲンになっているのなら二流銘柄を持っておく必要もないので…

ところで以前、大底買いの説明で一流銘柄10くらいを分散して買うという話をされていましたが、
それはどこが上昇するか分からないからなのでしょうか?
それとも上昇スピードの差を利用して上がりきったところから
利確して買い増しすることを狙ってのことでしょうか?

| 2013-06-07 00:06 | めい |



コメントありがとうございます。

1流株の分散投資は、リスクヘッジです。

暴落、買い出動の後に、南海トラフ地震、富士山の大噴火が起きても

ロスカットせずに、買値くらいまで戻るような安値で買います。

上がりきって買い増しはしません。


「指数表」を使っての売買は

大底買いサイン  買い

追撃買いサイン 買い乗せ


しかし、確実に2つのサインがきれいに出るとは限りません。

ちなみに今日、日経平均、TOPIXに

「追撃売りサイン」が出ましたので

来週は底が入る可能性大です。


ど真ん中のコア銘柄 8306三菱UFJFGを来週の安値で買えば

お盆から秋口には20%~30%は上昇すると思いますが。

無理はしないようにしてください。



いつもありがとうございます
お仕事をなされていたのですね。
忙しいなか毎日の勝利の法則の研究成果公開ありがとうございます。

ただいま深夜です。日経先物にドル円が壊れかけてます。
こつんと来たのでしょうか?
相場は成長戦略よりもマネー催促に見えます。日銀会合に期待ですかね。
| 2013-06-07 02:11 | 皐月 |


コメントありがとうございます。

6月14日(金)SQまでは予断を許さない状況です。


結論から申し上げて、一番不安になる時が底値付近なのです。

材料は、良い時に悪材料が出ても反応せず、

悪い時は材料が出るのを不安視する。

ここまで下がったのですから

もう大したことはないと思います。

日々のザラ場は見ない方が良いかと思います。




初めまして
もしかして今回の暴落のサイン?

投資顧問業か情報業のサイトやブログが、手柄自慢!、
他の業者や素人をバカにしまくるような自信満々!ぶりがピークになった時に来たような。。。
たまたま見て、面白くて読んでいた1、2個のブログですけど。

まぁ、プロが不特定多数に向けて出す無料の情報に「今から暴落!」とか書けないですかね。

また、素人は値ごろ感で買わないように、と聞きますがそうですね。
徹底して(個人を?)叩き落としてくると思いました。
| 2013-06-07 07:44 | Radish | URL | 編集 |



コメントありがとうございます。

もう少しの辛抱です。

「夜明け前が一番暗い」と言います。

もうすぐ夜明けです。

情報で勝ち続けることは難しいと思います。

プロから素人まで全ての投資家が不安になっています。

そんな時こそ底値が近いのです。

ご健闘お祈り申し上げます。






外部環境
はじめまして、いつも参考にさせて頂いています。
今夜の米雇用統計は良くても悪くても読みづらい情況となり、
QE3出口戦略の影も見えてきています。
このあたりのダウや為替に大きな影響となるイベントに対して
日本株に対するインパクトはどのようにお考えでしょうか?
よかったらご意見お聞かせ願えますと幸いです。
| 2013-06-07 09:59 | 鋼屋 |


米国の出口戦略の影で不透明感が広がっています。

しかし、安いのは日本株だけです。

米国株がここから大きく下げれば、日本市場にも影響します。

日本市場は十分すぎるくらい調整しました。

米国との連動性も以前ほどではなくなっています。

読みずらい状況ですが、日本株もこれだけ下がれば十分すぎるくらいです。


為替とヘッジファンドの売りが止まれば底を打つはずです。

もう少しの辛抱です。

考えている間に底が入りそうです。





その他にも非公開コメントいただいております。

皆不安なのです。

今ここまで下がった状態で投げるべきではありません。

今が底値付近であることは、ほぼ間違いないと思います。

来週我慢しきれずに投げる投資家が多数出るかもしれませんが

そこが転換点になりそうです。


暴落の底値付近の最後の投げ玉を買うのが

「株式投資勝利の法則」の基本です。


来週「決断」の時が来ると予測します。





本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、6月10日(月)16時ごろ更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

もうひと押しで底値形成なるか

6月6日20:50




大引け


日経平均株価

12925.29(9:00)

13238.53(10:15)

12862.02(13:29)

12904.02(15:28)

前日比▼110.85 -0.9%



TOPIX

1076.30(9:00)

1098.99(10:15)

1069.02(13:30)

1070.77(15:00)

前日比▼19.26 -1.8%



値上がり銘柄数 122


値下がり銘柄数 1570


新高値銘柄数 2


新安値銘柄数 134


騰落レシオ25D 80.7


日経平均株価25日移動平均乖離率 -9.86



円相場が対ドル、対ユーロで上昇

先物主導の売りが出て続落して引けました。






連日のように米国系ヘッジファンドの先物売りが

タイミングよく入っています。


ヘッジファンドの直近のポジションはドル売り円買い、日本株売りです。

それに追随して国内機関投資家が提灯をつけて売ってきました。

年金運用の信託銀行は利益確定売りを出してきました。

個人の順張り投資家は連日、買っては投げ、買っては投げての繰り返しで

信用買い残が増えています。


もう底だろうと思って、信用で押し目買いしているのです。

「信用取引で買い下がり」するのは、最もやってはいけない行為です。




昨日6月5日大引け後に「指数表」算出

2度目の短期買いサインが出ました。

誤解を招くといけませんので解説します。


本日の「指数表」はこれから算出しますが

「短期買いサイン」が出ているはずです。

それだけ異常な下げなのです。

通常の相場ではありえない現象が現実のものになっています。

日本株は、米系ヘッジファンドにまるで「おもちゃのように」されていて

日本の機関投資家は提灯を付ける始末。


先物シェア

外国人投資家 84%

国内投資家 16%


資金力と頭脳の差は歴然としていいます。




買い出動のタイミングは?


先日から申し上げていますが

6月14日(金)SQが山場なります。

立会日数であと6日


そこまでには「底を打つ」ことになりそうです。

もう一度ドカンと下がったら、証券、金融、輸出関連が買い場になりそうです。


25D+乖離銘柄数 33

25D+10%以上乖離銘柄数 5

25D-乖離銘柄数 1683

25D-10%以上乖離銘柄数 907


ようやく買い出動の時が迫ってきました。


マスコミが騒いだ時は「買い時」です。

天井付近で高い高い、もっと上がると大騒ぎしたら天井

底値付近で、大変だもっと下がると言ったら底値


マスコミ報道はありがたいです。





7月21日(日)参議院選挙で自民圧勝になれば

「衆参ねじれ現象」が無くなり、

政治リスクを嫌う長期運用の外国人投資家が

巨大資金を投入してくるはずです。


その前に数日中に底を打つはずです。

ヘッジファンドのふんどしで相撲を取ればよいのです。

「株式投資勝利の法則」は

一流株の底値買いが基本です。



今年の夏は暑い相場に期待できそうです。


他人と同じ行動をしては儲かりません。

最後の投げ玉を仕込む時が近い。





ロシアとの交渉が水面下で進んでいます。

参議院選挙前に進展があれば


ロシアが焦れば、チャンス到来


6366千代田化工建設

1102(9:01)

1138(9:26)

1068(13:51)

1079(15:00)

前日比▼53 -4.7%


一気に上昇する可能性大

筆頭株主は8058三菱商事です。



8058

三菱商事

1750(9:00)

1771(10:15)

1722(14:53)

1722(15:00)

前日比▼34 -1.9%



8001伊藤忠商事

1234(9:00)

1259(10:10)

1200(12:37)

1229(15:00)

前日比▼11 -0.9%



8002丸紅

680(9:00)

694(9:27)

675(13:30)

677(15:00)

前日比▼14 -2.0%




8031三井物産

1250(9:00)

1272(9:27)

1230(14:59)

1230(15:00)

前日比▼33 -2.6%



商社株の突っ込みを買うのも良いでしょう。







 


コメント

各種サイン
お久しぶりです。
いつもお世話になっております。
五月一杯でお仕事をお辞めになるというお話があったと思います。
お疲れさまでした。

昨日の前場で短期買いサインが出たということで、昨日は買えなかったのですが、
今日の後場で大きく下げてきたので、引け間際に投資資金の3分の1程で
証券、銀行、自動車、自動車関連を買いました。

短期買いサインが出たということですが、
短期売りサインが出た際にもブログの記事にしていただけるのでしょうか?

また、サインの種類とその内容についてあらためてご説明頂けないでしょうか?

よろしくお願いいたします。
| 2013-06-05 17:03 | 株初心者 |



コメントありがとうございます。

老舗企業の「再建請負業」昨日で辞職しました。



世界はグローバルに動いています。

「世捨て人」の私も人生の最後の仕事をするため

「株式投資勝利の法則」に残りの人生

「選択と集中」させます。


ご質問の件は、今後の課題として参ります。

米国系ヘッジファンドはとことん売ってきています。


ロングポジションの外国人投資家は、

水面下で少しずつ買っています。





ロスカット
お世話になってます。

今回の乱高下で工藤様の仰る通り、指標となる銘柄の売買だけで充分なのを痛感しました。

たくさんの銘柄を見る時間もないし、指標となる銘柄なら上下動があっても小型株などよりは安心できるし、

タイミングが見極められれば充分に利益を取れると思いました。

これからも株式投資勝利の法則を学び実践していこうと思います。

よろしくお願いいたします。

ところで、底打ちの可能性が大ということで日経平均13,000円近辺で買いを入れました。

株式投資勝利の法則では10%のロスカットラインを徹底しているようですが、
バブルの最中でもそれは変わらないのでしょうか?


| 2013-06-06 13:39 | 堅守速攻 |



コメントありがとうございます。

ブログという性質上更新がリアルタイムではなく

相場のスピードと変化に更新が対応できません。


実際私は、日々「指数表」を修正(微調整)していまして

短期買いサインは2度出ていますが「買い出動」に至っていません。

短期買いサインの翌日に「買い場」があるのですが、

もう一度6月14日までに「底が抜けそう」な気がします。

長年の感と、「指数表」が微妙に「もう一度ガツンと下げる」と

私に警鐘を鳴らしているのです。

あと6日以内に「下がったら買う」予定です。

自分自身欲がないので買えなかったら買えなかったでよいのです。


したがってロスカットはしたことがないのです。

30歳台で8億円以上やられましたので、十分月謝を払いました。

株式投資に100%はありません。

いつかやられる日もあるかと思いますが、

損出は最小限になるように常に綿密に考えています。


もう少しリアルタイムに近くコメントがお伝えできるように

考慮します。







今日はほとんどの銘柄が爆下げで さすがに 心が折れそうに
なります。

野村HDは ナンピン買いして どうにか700円半ばの
取得単価となりましたが ケーヒンが・・・・(泣)

1400円でナンピン買いしても 平均1480円の取得単価となり
 あまり妙味がありません。(1530円で1400株 ホールド)

もしも 1300円まで下げたら 平均1430円となり いい感じには
なりますが さすがにそこまで下がったら 凹みますでしょうw

とにかく嵐が過ぎ去るのを待つしかないのでしょうね。
騰がっても 随時 調整が入るでしょうから 
じっと半年ホールドするか 
その都度 売買していくか思案しております。
といいますのも 4月と5月に 二回 30万ほど利確できる場面があったので。
10万ずつでも 利確していくほうが いいのかなぁと。

こんな風に考える者がいるから なかなか上に突き抜けてはいかない
のでしょうね(苦笑)
不肖の弟子で申し訳ありません。

工藤さまのブログを読み返し 心を落ち着けるようにしております。
| 2013-06-06 13:51 | りが |



コメントありがとうございます。

私のリアルタイムな考えが表現できずに申し訳ありません。

買い出動は、一発勝負です。

したがって、日々リアルタイムで微調整します。

「指数表」も短期、中期、長期の波動があり、

短期では底を抜けて

中期波動でも、もうひと押しでというところまで来ています。

あと6日以内にヘッジファンドがもう1回売り仕掛けした翌日

底がチャンスかと思います。

「もうひと押し」が来なかったら見送ります。

「無欲の世捨て人」ですから緊張もせず

淡々としています。


6月6日、今日から株の研究をする時間が出来ました。

今後の課題は「サラリーマンが株式投資で儲ける方法」です。

明日の特集にしようと考えています。


これからもチャンスは来ます。

一流銘柄は戻る力があります。

現在の株価は異常な株価です。

米系ヘッジファンドの株価操縦です。

アンダーで巨大ファンドが少しずつ買っています。


4月のスタート地点まで戻りました。

今年の夏はひと相場ありそうです。

誰もそのようなことは言いませんが

私は常に逆の行動をとります。

「底値は近い」

「指数表」は語りかけています。





更新が遅くなり申し訳ありませんでした。


本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。



明日は、大引けを確認してから更新します。

16時ごろの更新予定です。


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

為替と外国人投資家次第

6月5日12:45



前引け


日経平均株価

13566.75(9:00)

13579.52(9:02)

13405.71(9:19)

13505.60(11:25)

前日比▼29.62 -0.2%



TOPIX

1123.25(9:00)

1128.29(9:43)

1113.00(9:19)

1124.84(11:28)

前日比▼0.63 -0.1%




前場の日経平均、TOPIXは小幅反落になりました。

為替が100円台になったことで、株価も安定してきました。

売りたい投資家の売りが一巡したようです。

世界一の米国系ヘッジファンドに良いようにされたようです。


信託銀行、生損保の売りは強烈でした。

証券金融株を大量に売ったため、短期間に異常なくらい下がりました。


巻き込まれた個人投資家は、かなり投げさせられたようです。


昔はともかくとして、近年の株式投資で「勝ち組投資家」になるには

外国人投資家、機関投資家を相手に勝つことが条件です。






8306三菱UFJFG

5/15H 750円

6/3L 555円



8316三井住友FG

5/13H 4995円

6/3L 3760円



8411みずほFG

5/15H 233円

6/3L 182円



8601大和証券

5/15H 1033円

6/3L 748円



8604野村HD

5/22H 980円

6/4L 703円



7203トヨタ

5/23H 6760円

6/4L 5550円



6501日立

5/20H 801円

6/4L 631円




昨年の民主党政権、日銀白川総裁の時は「指数表」の数値を微妙に設定し

相場の天底を誤差ゼロで判定することができました。


昨年11月以降のアベノミクス相場はバブル相場になったため

「指数表」をかなり改良しました。


短期天井は5月22日


短期底値は6月4日前場


誤差ゼロで判定できました。



「指数表」と「株式投資勝利の法則」は最強の武器です。

今後の戻りは為替次第です。




コメント
ごく最近ブログランキングから来て、大変興味深く読ませていただいています。
明日以降の指標銘柄の買値の目安などはありますでしょうか?
本日どれも長めの陽線となっていますが、今日の終値付近なら買いではあるのでしょうか?
また、「株式投資勝利の法則」と名づけられたものは公表されているのでしょうか?
これからよく参考にさせていただきたいと考えています
| 2013-06-04 20:15 | sunao |


コメントありがとうございます。

今後は為替次第です。

米系ヘッジファンドはロングポジションもありますので

大きく戻れば、再び売り仕掛けしてくると思われます。

買い目安などは今後もブログでご紹介する予定です。

「株式投資勝利の法則」で検索すると以前作成した

ホームページ2種類があります。



http://www.jp-kabu.com

多忙のため更新していませんが参考のため。






お礼
いつもお世話になっております。

ここ数日、厳しい相場が続いていましたが、

それを気遣って日中にブログを更新してくださったと思っています。

ありがとうございます。

今日は前日に為替が100円割れとなり、緊張しながら相場を迎えましたが、

10:00までの突っ込み以後は堅調に推移し、ほっとしております。

実は13000円台で買い出動しようと思っていたのですが、

為替の100円割れがプレッシャーになっていたのと、

想像以上の下げでポジションに余裕がなく、投げそうになる衝動を抑えるだけで精いっぱいでした。

おかげ様で何とかホールドはできました。

理想的には調整のタイミングでポジション整理をもっとしておけば良かったと思いますが、

3000円も下げる調整を予想する自信はないのでまた同じ失敗をしそうな気もしております・・・

ここからすぐに上昇とは行かないでしょうが、当面の底が見えるだけでも落ち着けるので、

底堅く推移することを祈っております。

今後ともよろしくお願いします。

(追記)
書き忘れがありましたので追記します。

短期買いサインが出たとありますが、どれくらいの期間有効なものでしょうか?

過去のブログを確認しましたところ

昨年の8/8に出た短期買いサインは立ち合い日で18日後に崩れたとありますので

6月いっぱいを一つの目途として見ておけばよろしいでしょうか?

それとも選挙があるのでその辺まで引っ張れるものでしょうか?

よろしくお願います。

| 2013-06-04 20:17 | めい |


コメントありがとうございます。

為替の水準次第です。

コメントのお答えはかなり複雑ですので明日以降、

地合いを見ながらお答えしたいと思います。





短期買いサイン
前場終了時のブログは読ませていただいたのですが、
短期買いサインのことだとは確信を持てず買い出動出来ませんでした。
言葉を捉えるというのは難しいですね(笑)
ブログでサインが出たことを言明するのが難しいようでしたら、
後学のためにも何らかのサインが出た際には入門編の受講者には
メールをして頂くというような対応をして頂くことはできませんでしょうか?
図々しいお願いではありますがご一考頂けると幸いです。

コア銘柄や輸出関連銘柄を狙っていたのですが、
いくらぐらいまでなら買い出動をしても許容範囲とお考えでしょうか?
| 2013-06-04 20:50 | インゲン |


コメントありがとうございます。

為替次第です。

今日の全体の流れを見から

明日以降お答えしていく予定です。






ひとまず嵐は通り過ぎたようです。

6月14日SQまではもうひと波乱ありそうです。

慌てて買う必要はありません。

心と、資金に余裕のないときは、動いてはいけません。

今後も「目いっぱい投資」は危険ですのでおやめください。

株式投資は投機ではありません。

手堅く稼ぐための投資先です。



本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日20:00~21:00時更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

コア銘柄急騰

6月4日18:55



本日前場で「短期買いサイン」が出ましたので

12:20にブログにタイトル「前場底打ちの可能性大」として更新しました。


現在の日本市場の上下幅はかつて体験したことのない

「異次元の大暴落」として後世に残るでしょう。


大暴落のおかげで、「日本株の割安感」が再び出てきました。



大引け


日経平均株価

13186.60(9:00)

13610.25(14:44)

13060.94(9:49)

13533.76(15:28)

前日比△271.94 +2.1%




TOPIX

1088.87(9:00)

1029.89(14:50)

1076.50(10:00)

1125.47(15:00)

前日比△28.52 +2.6%




値上がり銘柄数 1194


値下がり銘柄数 451


新高値銘柄数 8


新安値銘柄数 102


騰落レシオ25D 87.8 △1.0




「指標銘柄」大引け


8306三菱UFJFG  

567(9:00)

610(14:40)

563(9:49)

605(15:00)

前日比△42 +7.5%




8316三井住友FG

3900(9:00)

4225(14:40)

3875(9:35)

4185(15:00)

前日比△345 +9.0%




8411みずほFG

184(9:00)

202(14:40)

183(9:45)

200(15:00)

前日比△17 +9.3%




8601大和証券G本社

770(9:00)

863(14:41)

768(9:00)

855(15:00)

前日比△91 +11.9%




8604野村HD

710(9:00)

786(14:50)

703(10:00)

778(15:00)

前日比△55 +7.6%





7203トヨタ

5710(9:02)

5970(14:50)

5550(9:55)

5930(15:00)

前日比△120 + 2.1%





6501日立

651(9:00)

677(14:07)

631(9:55)

675(15:00)

前日比△13 +2.0%





5401新日鉄住金

250(9:00)

267(14:05)

246(9:46)

264(15:00)

前日比△12 +4.8%





8801三井不動産

2703(9:00)

2919(14:44)

2682(9:45)

2883(15:00)

前日比△173 +6.4%





8802三菱地所

2358(9:00)

2919(14:51)

2321(9:48)

2498(15:00)

前日比△143 +6.1%





8830住友不動産

3680(9:00)

3960(14:50)

3675(9:00)

3915(15:00)

前日比△235 +6.4%






75日移動平均線が下値サポートになった形ですが

巨大マネーによって相場を作ることが可能です。



先物シェア

外国人投資家 84%

国内投資家 16%



昨日未明に「指数表」算出後、買いサイン間近と判明

前場で底打ち確認

12:20ブログで公表しました。


ここからは戻りを試す展開が予想されていますが

これだけの大暴落後でシコリがあります。



今回の暴落仕掛人は、前にも述べましたが米系ヘッジファンドです。

彼らはロングポジションもあり、大きく戻ったところで

再び売り仕掛けしてくることが予想されます。


一気に全値戻しにはならないでしょう。

初心者の方は、中途半端なところで買うと再び投げることにもなりかねませんので

くれぐれもご用心ください。


しばらくは1000円幅位でモミアイになるかもしれません。

為替が再び円安方向になれば、輸出関連の出番到来です。



今回の大暴落でつくづく思ったのですが

「指標銘柄」だけ短期天底、中長期天底を売買するだけで十分です。


あれやこれや何千銘柄も見る必要はありません。

外国人投資家が売買するコア銘柄=「指標銘柄」で十分に生計が立ちますし

労力もほとんどありません。


普段仕事をしている方、忙しい主婦の方々はザラ場を見ることができません。

ザラ場を見なくても、外国人投資家を相手に勝ち残れる投資法として

バージョンアップさせてまいります。

「株式投資勝利の法則」

工藤庄司







コメント

先物
上げる時もそうでしたが、下げる時もザラ場以外の先物使ってよく動かしてる様に見えます。
もう13080円迄落としてます。
75日線抜けるとトレンド迄変わるのでしょうか?
| 2013-06-03 19:05 | 皐月 |


コメントありがとうございます。

チャートがすべてではないと思います。

暴落の仕掛け人 米国系巨大ヘッジファンドならば

自演自作でチャートは作れます。

本日後場寄り付き前に更新した通り

本日前場に「暴落後の底値を形成」したようです。

異次元の大暴落でした。

これだけの大暴落でしたので、しこりは残っています。

今季増額修正期待で買われる 業績相場の始まりです。





まさか(笑)
高値警報サインが出ているとは思いませんでした。
以前のブログの記事にサインが出たらブログに掲載して頂ける旨が記載されていたように記憶していたので、
「○○サインが出ました」と出た日の翌日にでもブログに掲載されるものだと勝手に思い込んでいました(笑)
日経平均14,500円ぐらいの玉なので半年先を見据えて持ち続けることにします。

ところで、6月14日のSQ前に工藤様の下値メドを仮に割ってしまった場合ですが、
その場合もSQまでは様子を見つつ追撃買いサインが出るまで「買い出動準備」でスタンバイというスタンスでしょうか?

追撃買いサインが出るのを楽しみに買い出動準備を整えます~。
| 2013-06-03 21:03 | インゲン |


コメントありがとうございます。

ズバリお伝えできず申し訳ありません。

「買いサイン」ならいいのですが「売りサイン」は

連日多数の方がご覧になるブログに、動揺を招くと思い差し控えました。

そのため、大暴落前日(正午過ぎ更新)のタイトルは

「高値掴みにご用心」としました。

それを見てポジション調整された方も多数いらっしゃいました。


昨日深夜にもうひと押しで「短期買いサイン」が出ることが判明したため

本日後場寄り前にタイトル「前場底打ちの可能性大」として更新しました。




こんばんは
>「指数表」の判定は、常にその相場の波動、スケールに合わせて
>アラームの感知度を変更しています。
>つまり判断になる計測値も変更します。

ここの機微が素人のパラメータいじくりと何が違うのか。
これからも勉強させてもらいます^^
| 2013-06-03 22:56 | GZBC |


外国人投資家のビックマネーを相手に「勝ち組投資家」になれるよう

精進を重ねてください。





本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日の大引け前に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」


前場底打ちの可能性大

6月4日12:20


臨時更新します。


本日前場で、底打ちの可能性大


日経平均株価(前引け)

13186.60(9:00)

13390.90(11:00)

13060.94(9:49)

13337.35(11:36)

前日比△75.53 +0.6%



TOPIX

1088.87(9:00)

1101.29(11:29)

1076.50(10:00)

1099.84(11:30)

前日比△2.89% +0.3%



ここから買い下がり可能な水準と考えます。

詳細は今晩の更新でコメントします。





続きは今晩20:00~21:00時更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

下値のメド

6月3日12:40




前引け

日経平均株価

13551.36(9:00)

13562.87(9:01)

13387.02(9:55)

13475.64(11:36)

前日比▼298.90 -2.2%


TOPIX

1122.10(9:00)

1122.53(9:02)

1110.95(9:56)

1117.18(11:30)

前日比 ▼18.60 -1.6%



6月14日(金)SQまではヘッジファンドの売り仕掛けに

ご注意ください。

現在は下値を模索中です。



下値とその時期のメドについて考えてみます。


外国人投資家(年金運用の長期資金)が本格的に買ってきたのが

4月に入ってからです。


4月8日

日経平均株価

13082.61 13225.22 13080.29 13192.59 △358.95 


TOPIX

1084.40 1101.74 1083.81 1101.74 △35.50 



時期 6月14日SQまで

日経平均株価 13080.29円~13225.22円

TOPIX 1083.81~1101.74


どんなに下がってもこのくらいでしょう。


このような時は毎日ザラ場は見ないほうが良いと思います。


もう少し様子見です。


13500円~14500円のBOX相場に入る可能性もあります。


慌てないことです。




コメント

自動車関連
いつもお世話になっております。

自動車関連としてトヨタやホンダやデンソーやケーヒンの押し目を狙っていましたが、
最近の乱高下ですっかり混乱してしまいました。
工藤様はいくらぐらいを狙うべきとお考えでしょうか?
ご教示頂けると幸いです。

よろしくお願いいたします。
| 2013-06-02 21:55 | 背番号7 |

コメントありがとうございます。

おっしゃる通りすさまじい乱高下です。

ヘッジファンドしだいで大きく動きます。

現在の場合は個別で考えるのではなく、インデックスで考えることです。

本日の記事にそのことは書きましたが、慌てる必要はないと思います。

6月14日SQまでは何があるかわからないからです。

今後も株価の動きに合わせて、日々解説します。

くれぐれも買い急ぎしないようご注意ください。





コア銘柄
バブルのコア銘柄ということで野村やみずほを買い下がっているのですが、
どのあたりまで買い下がるべきでしょうか?またはどのあたりで待ち伏せるべきでしょうか?

野村やみずほとは別にインフラ関連のコア銘柄ということで日立に注目しているのですが、
これもいくらぐらいで待ち伏せるべきでしょうか?


| 2013-06-02 22:01 | 株初心者 |


コメントありがとうございます。

上記の背番号7さんへのコメントとほぼ同じ回答になります。

6月14日SQまで何があるかわかりません。

万が一の下値不安から考えると、野村とみずほでは

みずほの下値リスクの方が低いです。

上昇の値幅期待度では、野村の方が大きいです。

日立は原発と新幹線です。

安倍総理のトップセールスのまさに要です。

これだけの大暴落で、高値圏でしこっていますので

慌てず、再度大きく下げたところを買えばよいのではないでしょうか。




指数表
こんばんは。
プロのとても真似のできない相場観を聞かせていただき感謝しております。

最近は個別の話が多いので指数表に関しての記事も期待しています。

そこでお尋ねしたいのは、
去年の4月の天井啓示した指数の内容を今年の上昇相場では
既に指数の内容は超えていると思われるのですが、指数は天井を示さないのは
なぜか?

もしその相場によって値を変えるならば、一般的に考えるテクニカルの固定観念の
打破になると思うのですが。。。
| 2013-06-03 01:06 | GZBC |


コメントありがとうございます。

昨年4月は民主党政権下で「指数表」はそれに合わせていました。

上値が限られていたためほとんど誤差なく天底がぴったり合いました。

「指数表」の判定は、常にその相場の波動、スケールに合わせて

アラームの感知度を変更しています。

つまり判断になる計測値も変更します。


昨年11月の政権交代後は、バブルに合わせて「指数表」は改良しました。


どちらかというと民主党政権の時の方がチャンスがあり、確実性がありました。


現在のアベノミクス相場では、「追撃買いサイン」を使用しました。

天井と底値が不明の場合は他にもサインが出ます。


今回のアベノミクス相場の場合

大底値買いサイン 不明

追撃買いサイン 11月16日


高値売りサイン 不明

高値警報サイン 5月22日

暴落警報サイン 未だに出ず


先週末現在、トレンドは崩れていないと判断。




民主党政権下時代は簡単で


2011年11月25日 大底値買いサイン


2012年1月19日 追撃買いサイン


天井過熱サインは不明


2012年4月4日 暴落警報サイン


2012年6月4日 大底買いサイン


2012年6月18日 追撃買いサイン


非常に簡単な相場展開でした。


基本は


大底買いサインが出たら翌日の寄り付きで「指標銘柄」から

厳選した銘柄を10社程度買う。

常に8601大和証券、8604野村HDが組み入れられます。


追撃買いサインが出たら、買い乗せする。


天井過熱サインが出たら、売り抜ける。

暴落警報が出たら空売りする。

この時も8601大和証券、8604野村HDを組み入れます。


以前の空売りは、百貨店が必須で入っていました。


また後日特集で書きます。






本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日20:00~21:00時更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

6か月先を考えての投資

6月2日16:15



大暴落後にマスコミや評論家の方々の報道、コメントが多くなりました。

個人投資家の不安をあおる報道も目にします。

皆が大騒ぎするときは、意外と買い場だったりもします。

米国系ヘッジファンドの売りに提灯が付き

信託銀行(年金運用)、生損保までが売ってきました。


売りたい投資家、不安で投げる投資家が一段落するまでは

もう少し荒い相場展開が続きそうです。




今後の株価の行方を考えるには

トヨタ、日立の株価に注目です。


7203トヨタ 6010円 


6501日立 700円


2社ともに、25日移動平均線近辺で持ちこたえています。



6月14日SQまでには今後の見通しが見えてきそうです。

「買い準備」のままスタンバイです。


今は上がるか下がるかの議論をしても仕方のないことです。

ヘッジファンドのくれたチャンスを生かすか、損をするかは

自身の決断の時です。


「ピンチこそチャンス」



安倍総理は「有能な、したたかな政治家」です。

道半ばの政策のまま株安、円高を放置するとは思えません。

私はこの暴落はありがたいチャンスと、前向きに考えています。

トヨタの今期想定為替レートは直近の為替レートより

10%もマイナス乖離しています。

9月中間期はしっかりと増額修正してくるはずです。

そんな株価をとことん売りたたくことはしないでしょう。





コメント

アメリカの行方
外資系、先物を使ってのこのボラの高い動き。
証拠金を吊り上げ、個人に投げさせ、
下げさせ美味しい所は根こそぎ拾ってる動きにも見えます。
半年押し目らしい押し目なく上がってきてのこの暴落、
しかしアメリカ株は史上高値更新の高値圏から大して動いていません。
この高値圏がもう巻き戻しがあっても可笑しくないと思いますと、
連動するだろう日本株も更なる大きな下げもありそうで怖い気がしております。
アメリカはこのままリーマン以前の高値更新も何もととせず上昇しつづけるのでしょうか?
| 2013-06-01 00:00 | 皐月 |


コメントありがとうございます。

今回の大暴落の仕掛け人は米国系のヘッジファンドです。

困ったことに日本の年金運用の信託銀行、生損保が提灯を付けて

利食ってきました。

そして、高値で買った個人投資家が大量の投げ玉を出して

歴史的な大暴落になりました。


その後も追証発生で、目いっぱい信用で建玉を持っていた方は

総投げ状態です。


週末にNYダウが200ドルを超える下げになり

(月)は先物売り主導で始まりそうです。

米国は金融緩和の出口戦略転換の時期が噂され

その反面、シェール革命による資源大国になる将来性

などが交錯して、高値圏で推移しています。


米国株との連動性の高い日本株は、米国株に何かあれば

一緒に下がりますが、そのことよりも

中国のシャドーバンキングの問題もあります。


6月以降の相場展開に不安があるようでしたら

現金ポジションを高めることです。

6月、7月先行き不透明な時期でもあります。

米国市場も調整に入る可能性はありますが

現時点では五分五分ぐらいかと思います。






素人にはわからない
おはようございます。
荒い相場が続いてますね、

今朝も起きたらNY大変なことに(T-T)
これでは素人は怖くて、
月曜投げちゃいますね

勘やニュースだけでは、勝てない
のをつくづく痛感してます。
ホント個人から根こそぎ奪おうって
ミエミエです。
選挙までまだありますから
ファンドや大口投資家の考えのさきよみ
(笑)
絶対無理ですね
アルゴには叶わない!

チャートに忠実に
儲けそこないはよしとして

と常に工藤さんの言葉

を繰り返し

参戦します、

ちょっと前に
東芝、新日鉄の
押し目狙ってますが、この乱高下で全然わからなくなってしまいました。

日曜の指数表マッテマス


| 2013-06-01 08:46 | 星香 |


コメントありがとうございます。

調整は、値幅、日柄で判断します。


5月23日高値

日経平均株価 15942.60円

TOPIX 1289.77

5月30日安値

日経平均株価 13555.66(14:44)

TOPIX 1129.07(14:44)


日経平均平均株価は、立会日数6日で15%の下落 ▼2386.94円

TOPIXは、立会日数6日で12.6%の下落 ▼160.7


値幅的にはかなり良いところまで来ました。

あとは日柄調整です。

これだけ大きな下げでしたが、6月14日SQまでは

米国系ヘッジファンドの売り仕掛けへの注意が必要です。

もうひと押しありそうです。

5401新日鉄 250円割れ

6502東芝 470円割れ

そのあたりがあれば買う価値はあります。

投げ玉を拾って儲ける時期が来そうです。

不安のあまり持ちきれなくなって投げる玉を拾う人は

逆に儲かるものです。

最近は「株を買いたい個人投資家」がいなくなりました。

そのような不安な時にチャンスはあるものです。

半年後に上がりそうな銘柄は輸出関連企業から出そうです。

今週のことを考えて不安になるよりも

6か月先のことを考えることが大切です。




いつもありがとうございます。
お陰様で落ち着いて投資出来て感謝しております。
前に東京電力の空売りについて質問しましたが
その後の動きを見ると無謀に空売りしなくて良かったです。
今後もよろしくお願い申し上げます。

| 2013-06-01 11:37 | リン |


コメントありがとうございます。

電力株の空売りはしなかったのですね。

上げ相場で空売りをしてはいけないことは

「株式投資勝利の法則」の基本です。

今後も株価のトレンドを学んで

ぜひ勝ち組投資家になってください。

個人投資家でもやり方次第では

外国人投資家、機関投資家に勝つことができます。

1年中売買を繰り返すのではなく、1流株の安いところを仕込み

過熱したところを確実に利食うことが大切です。

資金と心の余裕がない時、迷った時は、何もしないことです。

儲けそこなっても良いのです。

いくらでもチャンスはやってきます。






アベノミクス相場に勝つ
投資家向けの教材『相場格言名言大全800』をINFOTOPで販売開始しました。
アベノミクス相場に勝つ為の相場格言・名言を800件以上収録した、
トレーダー必見の投資必携書と考えております。

下記ホームページを是非ご覧頂ければ幸いです:
http://www.geocities.jp/tanakas44_0425

アベノミクス相場に勝つための羅針盤は、古今東西を通じて幾百年の風雪に堪えた
人間心理の不変性を言い表わした相場格言や名言であり、
■ 相場で勝ち続けている時
■ 相場で負け込んでいる時
■ 相場の判断に迷った時 など
投資行動の意思決定を行う上で相場格言は、“相場の教え、 諭し・戒め”は、どれもこれもトレーダーの目線に立った
「目から鱗が落ちる」内容で相場に必見、必携書、座右の書となります。

“相場の神髄は格言・名言にあり”と言われるように、相場格言には相場の道理と取り組みの極意が
永年語り継がれ、正に相場の奥義である。
多忙な全ての投資家、トレーダーさん、ミセス・ワタナベさんが、日々活用できるデジタル相場格言・名言集です。

貴ブログに本資料をPR或いはアフィリエート頂ければ、お互いWIN-WIN関係格言の構築になろうかと存じます。

| 2013-06-01 15:24 | tanakas |


ぜひ拝見させていただきます。

せっかく良いお話をいただいたのですが

私自身が全く欲のない世捨て人ですので

PR、アフィリエートはご辞退させていただきます。

今後のご成功心よりお祈り申し上げます。

ありがとうございます。






本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日の大引け前に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」











«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1188)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR