FC2ブログ

2015-08

8月は辛抱の時、9月はチャンス到来か

8月21日(金)15:50

大引け

日経平均株価

19711.34(9:00)▼322.18

19737.54(9:02)▼295.98

19435.63(15:00)▼597.69

19435.63(15:00)▼597.69

前日比▼597.69 -2.98%

TOPIX

1594.69(9:00)

1596.69(9:02)

1573.01(15:00)

1573.01(15:00)

前日比▼50.87 -3.13%


日経平均株価は大幅安で4日続落

前日のNYダウは大幅安で3日続落
為替の円高、中国株下値不安から
売り先行で始まりました

寄付 19711.34(9:00)▼322.18

高値 19737.54(9:02)▼295.98

本日も上海総合指数が下げ止まらず
122円台の円高水準、様々な外部要因不安が加わり
下げ幅を拡大

安値 19435.63(15:00)▼597.69

大引 19435.63(15:00)▼597.69

日経平均株価、TOPIXともに安値引けで
大引を迎えました


現在の市場環境を整理して考えてみます。

中国景気減速不安

米国利上げ観測の株価折り込み

再びギリシャ不安

安倍総理支持率低下

北朝鮮と韓国の緊張

第1四半期決算が出そろい買い材料がない


6/10安値 20016.32円

6/16安値 19990.55円

6/29安値 20093.16円

7/9安値 19115.20円

7/28安値 20070.62円

8/20安値 20033.29円
8/21安値 19435.83円

1570日経レバレッジETF 16140円 ▼1000
本日前場は出来高が膨らみかなりの額を個人投資家が買ったようですが
後場になると底割れ不安から出来高は減少。

現在売り方優勢の展開になっていますが、中国株下落がひとまず落ち着けば
売り方の買い戻しから戻りを試す場面が来るでしょうが、これも相場です。

私は、今まで数多くの修羅場に遭遇し、それを乗り越え生き残ってきたため
この程度の下げはあまり気にしませんが、6月までは好材料一色だった相場環境が
7月以降になると雲行きが怪しくなり、現在では好材料はなくなり悪材料一色になりました。

中国経済減速から日本企業の業績の多少の下振れはあるかもしれませんが
2016/3期予想値は、日本が先進国NO1になることは間違いありません。

「ピンチこそチャンス」

想定以上の下落局面を裏返すとそれがチャンスになる。
今回の下落局面でもチャンスを見出し、年末には勝利することを念頭に
冷静に相場に臨みます。

今回のピンチの局面は、中小型株、新興銘柄ではなくコア銘柄の底値を狙います。

8月は辛抱の時期

9月は買いチャンスの時期になると考えます。



昨日の6961エンプラスについての補足

☆☆昨日の記事を抜粋☆☆
レンジ下限4700円水準
レンジ上限5000円~5200円水準
この水準でのもみ合いになる公算が高く、ナンピンはお勧めできません。

リスクを取っての買いが可能でしたら、ナンピンではなく
レンジ下限4700円以下を段階的に買い
例として、
4700円買い
4550円買い
4400円買い

5100円以上を売り上がり、この時点で持ち株を100株づつ合わせ切り
なさってはいかがでしょうか。
200株の底値水準の買いを100株の高値玉と合わせ切りという策が
現時点では最も有効と考えます。
☆☆昨日の記事を抜粋☆☆

本日14:23現在4540円▼210円
想定レンジ下限4700円水準を大きく割り込んできました。
今後は中国株が落ち着けば戻る場面があると思いますが
本日の大陰線で200日移動平均を大きく割り込んだため
さらに底値模索になる可能性が出てきました。

今後の方針としましては

①本日の大陰線で再び相場のレンジが切り下がった可能性大
 少し様子を見て次の想定レンジを見定めてからの買い

②最悪の場合は、大底圏のレンジまで下落
 大底圏のレンジ
 14/11/5安値3820円~4600円水準
 この時のレンジ中心株価は4200円~4300円水準

本日現在の結論は、少し様子を見てからレンジを確認してからの買いがベストと考えます。
合わせ切りの件は、200株の利益で100株相殺、300株の利益で100株相殺その時の状況で
行ってください。
慌てずにレンジ切り下がりの中心株価を見定めてからでも遅くはないと思います。
値嵩株は大きく動きますので十分構えて行ってください。

落ち着きましたら再度コメントをください。
その時点で改めて最善策を講じます。



コメント

5411 JFE

いつもブログ更新ありがとうございます。
現在、5411 JFEを買いコスト約2500で持っております。
もうそろそろ底値のような気もしたのですが、工藤様はいかがお考えでしょうか。
ナンピンが良いのか、堪えるのが良いのか、アドバイスの程、宜しくお願い申し上げます。
| 2015-08-20 23:27 | サン |

コメントありがとうございます。
インデックスともに現在底値模索になっています。
現時点での下値メドは
①1885円
②1785円
このあたりを想定しておりますが、中国景気減速がさらに深刻化した場合
底割れの可能性のわずかですがあると考えます。

直近貸し株を使った空売りに押され売り方優勢の展開が続いています。
通常の相場ならばこのあたりで底打ちし、多少なりとも戻りを試す場面に
期待するところですが、現在の市場は
下がる銘柄はさらに売りたたき、仮に底値水準であっても関係なく
需給を崩してでも強引に売り崩す
このような市場です。

中国景気減速不安

米国利上げ観測の株価折り込み

再びギリシャ不安

安倍総理支持率低下

第1四半期決算が出そろい買い材料がない

上記の中でも中国の景気減速がどこまで深刻化は全くわからず
投資の尺度がありません。

14/12/9高値2819円

15/2/26高値3038.5円

15/6/4高値3081円

これで三尊天井形成、中国次第では調整が長引く可能性があり
現時点でのナンピンは失敗する確率が高く、底打ちを確認してからの買い乗せが
有効と考えます。
少なくてももう少し様子を見てからが良いと思います。
トレンドに変化があった時に再度コメントをください。
その時に改めて最善策を講じます。





6645と7203

工藤先生、いつもブログの更新ありがとうございます。
現在、6645オムロンを4853で100株と7203トヨタを7933で100株保有中です。
この価格で購入してしまうのが初心者だなと思い反省しております。
連日の下げで厳しいのですが、耐えていれば年末までには戻るでしょうか?
ご指導頂けますと幸いです。宜しくお願い致します。
| 2015-08-21 04:56 | みみ |

コメントありがとうございます。

6645オムロン、7203トヨタともに調整局面に入っています。
現時点では打つ手はありませんが、幸いなことに両銘柄ともに
世界に通用する超一流株です。
天井の買いではありませんので、ここは辛抱し株価の復元力を待つのが良いと考えます。
(ご自身のロスカットルールがある場合はルールに従ってください)

現時点ではこの程度のご返事になってしまいますが
トレンドに変化があった際、再度コメントをください。
その時に改めて最善策を講じます。




8035 東京エレクトロン 7261 マツダ

お世話になります。

先日、東京エレクトロンの買値目標を5500~5700と
書かれてましたが、昨年10月安値の6061円では、
まだ甘いのでしょうか?

どういう根拠でその数字なのか、今後の参考にしたいので
ご教授お願いいたします。

それから、マツダを買値2,454円で持ってるんですが、
どの辺で底入りしそうでしょうか?

損切したものか、ホールドすべきか悩んでおります。

お忙しいところ申し訳ありませんが、よろしく
お願いいたします♪
| 2015-08-21 11:07 | 上岡 |

コメントありがとうございます。

8035 東京エレクトロンの件
昔から相場は生き物と言われ刻一刻と変化しています。
現在の考えが、翌日には覆されることは多々あるのがこの世界です。
本題に入りますが、14/12/26高値9451円
8年ぶりの大相場で天井を形成したわけですから
「山高ければ谷深し」の格言どおり規模の大きい調整を覚悟するべき時です。
現時点での下値メドは
①5750円前後
②5200円~5300円水準
潤沢な資金量と精神的余裕があり、リスク資産があるのでしたら
買い下がるのも選択肢の一つですが、これはあまりお勧めできません。


7261 マツダの件
底入れの判断は現時点では難しく中国株下げ止まりを待たなくてはいけません。
しかし、底値は近づいていますので底値水準で投げる必要はないと考えます。
現時点の底打ち後の戻りのメドは
①2300円前後
②2400円~2500円水準




本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、8/24(月)16:00ごろに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (73)
株式日記 (2054)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (19)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR