2017-01

利食い千人力 儲けそこないは良し

1月31日(火)20:45

大引け

日経平均株価

19145.35(9:00)

19199.75(10:12)

19041.34(15:00)

19041.34(15:00)

前日比▼327.51 -1.69%

TOPIX

1526.06(9:00)

1533.04(10:12)

1520.95(12:45)

1521.67(15:00)

前日比▼22.10 -1.43%


値上がり銘柄数 396


値下がり銘柄数 1518


新高値銘柄数 68


新安値銘柄数 4


騰落レシオ25D 95.8


日経平均25D乖離率 -0.95


TOPIX25D乖離率 -0.79


日経平均株価は大幅安で続落

前日の欧米株安、欧州の銀行株安
113円台の円高を背景に売り優勢で始まりました

寄付 19145.35(9:00)▼223.60

高値 19199.75(10:12)▼249.10

本日はトランプ大統領の移民政策に対する不安感が
相場の重しになり大引けにかけて先物売りに押される形で
安値引けになりました

安値 19041.34(15:00)▼327.51

大引 19041.34(15:00)▼327.51


トランプ政権のアメリカファーストの政策強化による
警戒感が高まり前日の欧米株は反落。
為替相場も1ドル113円台前半まで円高が進み
本日の日経平均株価は大幅続落の安値引けで大引けとなりました。

2/10の安倍総理とトランプ大統領の会談前に安倍総理と豊田章男社長の
異例の事前打ち合わせで、日本の主力産業である自動車産業に暗雲が
立ち込めたことも目先の不安材料として改めて為替感応度が高まりました。

現在第三四半期決算発表本格化となり、昨日大引け後に発表された
6701NECの連結純利益74%減の200億円予想に減額修正。
アナリスト予想は17/3期営業利益1,000億円という観測値があり
実際の減額修正後は300億円と事前予測をあまりにも大きくかけ離れ
その報道が富士通などの銘柄にも波及し地合いを悪化させる要因になりました。
先週1/25(水)1/26(木)1/27(金)先物主導で大きく買い上げた海外短期筋は
本日先物主導で大きく売り崩した形になりました。

トランプ大統領はまだ誕生したばかりですが、連日世界的なニュースになるような
報道に振り回され、海外短期筋は先物主導で大きく動き出してきました。
為替相場もトランプ大統領のドル高けん制発言も加わり先行き不透明感が
台頭する中、日本の主力産業である自動車産業がトランプ政権で
標的になったため、自動車株、自動車関連銘柄は投資の対象外になります。
2/10安倍総理とトランプ大統領の首脳会談で内容がはっきりするまでは
大型株は不透明感から海外短期筋の空売りの対象になることも考えられ
大型株よりも、好業績、成長性のある中小型株、テーマ性のある
新興銘柄が優位になりそうです。

直近の日経平均株価
レンジ上限
1/27高値19486.68円 ドル円H115.30円
1/5高値19615.40円 1/4ドル円H118.185円
12/21高値19592.90円 ドル円H118.06円

レンジ下限
1/24安値18783.16円 ドル円L112.53円
1/18安値18650.33円 ドル円L112.58円

6063EAJ 1701円△199円 H1764円
9/14の急騰以来の大幅高です。
この時は単発高で終わったため、明日の地合いを見たうえで
利食いのタイミングを考えます。

6656インスペック 1535円▼23円
12/7高値1543円は、昨日抜けましたが(1/30H1630円)
出来高が増加しません。
明日いったん利食うことも選択肢。

7185ヒロセ通商 1890円△13円
直近のもみ合いは2000円を抜ける力がなく
レンジ上限付近での利食いも選択肢。

3769GMOPG 5620円△30円
上昇トレンドは生きています。
小型株ファンドの介入は間違いないと考えます。
1/10に200日移動平均線に押し戻されましたが
明日上昇し1/10高値5820円を超えれば6,000円台に乗せ
もう一波動あるかもしれませんので持続して様子見と考えます。

8771Eギャランティー 2725円▼27円
連日アンダーを拾う動きがみられます。
おそらく小型株ファンドの買いと考えます。
この水準の売り物を消化すれば2800円の節目トライになり
勢いが増せば3,000円の可能性があります。
全体相場の地合いを見たうえで判断しますが
6か月定期預金と考えて放置するのも一策かと考えます。

6199セラク 3785円▼110円
昨日は病院に行くためブログを慌てて更新したため
1/30 3895円△370円 H4040円 に全く気が付きませんでした。
明日の出来高が増加しなかった場合は、腹八分目とします。
1/5に2938円で買った時の目標値
売り目標1 4000円~4300円
売り目標2 未定 人気化次第

昨日の欧州銀行株下落は一過性なのかどうかわかりませんが
そろそろ欧州リスクに警戒する時期に差し掛かったのかもしれません。

それなりに利が乗った銘柄は、欲もほどほどにして
利食い千人力で儲けそこないは良しとするのが良いのでしょう。
明日の地合いを見て売れるものは売ることにします。


2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

4346ネクシーズを空売りした方へのご返事
6176ブランジスタの親会社で、昨年スマホクレーンゲーム「神の手」で
ブランジスタの大相場の時に含み資産増加を背景に大相場となり
その後材料出尽くしになり、両社ともに株価は元の価格まで下落しました。
相場の世界では「お里帰り」と言います。
ネクシーズは、一見レンジ内の値動きにも見えますが
200日移動平均線、25日移動平均線は上方向に向かっており
株価は、200日移動平均線がレンジ上限 25日移動平均線は
下値サポートになっています。
節目12/21高値1521円
を1/27高値1570円が上回ったため相場は緩やかですが
上方向に向かっています。
幸い3営業日連続陰線になり、本日安値1480円まで下値を試す展開
明日以降、下値サポートの25日移動平均のやや上のあたりで
いったん買い戻すのがよさそうです。
10-12月期決算内容によってはこの見方は通用しなくなりますので
決算発表次第ともいえます。




次回の更新は2/1(水)16:00ごろ更新予定です。

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。(1/23記)

買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:初心者の方は安易に信用取引を行わないでください。
  目いっぱいの空売りは目いっぱいの信用買いより危険です。
  現物の目いっぱいの買いはいけませんが
  信用取引の目いっぱいの売買は、墓穴を掘ることになりかねません。
  くれぐれも実戦チャートの勉強の教材としてお使いください。

1/16ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大


1/17現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24終値3975円▼105円 この時点で相場は崩れた(1/24記)
1/24下落注意サイン②

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 225採用銘柄 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

3086Jフロント 225採用銘柄 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

買ってはいけない銘柄1/24

9932杉本商事 1/24終値1483円△1円 1/24記
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②

7201日産自動車 1/24終値1122.0円 ▼13.0円 1/24記
現在個別銘柄指数表算出前の為売買サインは不明ですが
今後下値模索する感じがします。

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記)
 1/26ロスカット買戻し405円 ▼26円の損だし
8282ケーズHD 寄付き2040円 信用新規売り(1/24記)
 持続中

117円台~118円台日経平均株価19,500円~
115円台~116円台前半 居心地の良い水準
114円台前半黄色信号 
113円台半ば 日経平均株価19,000円の攻防18,900円~19,100円
              113.23円→1/17安値18812.86円
111円~112円台日経平均ネックライン18,500円
              112.58円→1/18安値18650.33円

円安、米国株高=日本株上昇
円高、米国株堅調=日本株安
円高、米国株安=日本株大幅下落

日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見を境に
楽観論は終りました。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

スポンサーサイト

中小型株新興銘柄個人投資家参戦

1月30日(月)15:35

大引け

日経平均株価

19371.28(9:00)

19390.97(9:14)

19295.80(10:40)

19368.85(15:00)

前日比▼98.55 -0.51%

TOPIX

1542.62(9:00)

1543.99(14:10)

1535.97(10:36)

1543.77(15:00)

前日比▼5.46 -0.35%


日経平均株価は4日ぶりに反落

先週末のNYダウが軟調、為替がドル安円高に振れ
売り優勢で始まりました

寄付 19371.28(9:00)▼96.12

高値 19390.97(9:14)▼76.43

先週末までに3営業日で680円近く上昇した反動もあり
次第に利益確定売りに押され下げ幅を拡大

安値 19295.80(10:40)▼171.60

売り一巡後は押し目買いが控えており
19,300円台での狭いレンジでの値動きになりました

大引 19368.85(15:00)▼98.55

日経平均株価は4日ぶりに反落して引けました


昨年10月までに海外投資家は8兆円規模の売り越しになりました。
この中には、海外短期筋の先物売りやオイルマネーの原油価格暴落による
投資資金回収の売りも含まれています。
その後のトランプラリー以降、11月以降海外投資家は現先合計で
4兆円規模の買い越しになり直近の日本株上昇の立役者になりました。

現在は10-12期決算発表が本格化、2月上旬には出そろいその後は
2017/3期見通し、2018/3期予想が出てきます。
現在の為替水準が更なる急速な円高方向に振れなければ
増収増益になるのは確実で、それに伴い日経平均EPSが上昇し
日経平均PERが低下します。
為替水準が114円~115円水準で、米国株が高止まりしていれば
今後も海外投資家が、日本株を買ってくる可能性は高いと考えます。

しかし、その反面トランプ大統領の動向、欧州の政治リスク
イタリアを始めとする欧州金融機関リスクが日本市場にとっての
不安要因になります。
トランプ政権のイスラエル政策と中東諸国の関係も不透明感があります。

ここからは、日本企業増額修正による海外投資家の買い期待と
様々な市場を巡る不安要因との綱引きになりそうです。

株価位置が高いため、大底買いによる大幅利食いは望めません。
ここからは、利益の出た銘柄は欲をかかず利食い優先とし
新規買いに関しては、小ロットの買いにとどめ、現金ポジションは
高める方向で臨みます。

インデックスはさえませんが、中小型株、テーマ株、新興銘柄に
物色が広がっています。
個人投資家の市場参加が増加しているのがその背景にあると考えます。

人工知能AI関連銘柄の2352エイジアが動き出してきました。
ここからの買いはお勧めできませんが、長い間低迷していた株価が
節目を超えた場合、上放れる可能性が高まります。
節目10/17高値1972円 1/30節目を超える
7月以降何度も単発高がありましたが、長続きせず下方向に押し戻されていました。
2,000円に乗せるようだと本物です。
売り目標1 2300円~2500円(3か月~6カ月)
長期売り目標3000円(6か月~12カ月)
1741円買い 

テーマ株として人気のある銘柄6656インスペックが動き出しました。
ここからの買いはお勧めできませんが、長い間低迷していた株価が
節目を超えた場合、上放れる可能性が高まります。
節目12/7高値1543円 1/30節目を超える
9月以降単発高がありましたが、長続きせず下方向に押し戻されていました。
1,700円を超えると本物です。
そのためには更なる出来高増加が条件になります。
売り目標1 2000円
売り目標 未定 人気化次第
1/5寄付き1368円買い

8期連続最高益更新 8期連続増収増益
8771Eギャランティイ
出来高が増加し上昇トレンドに転換したようです。
これはまず間違いなくファンドの買いでしょう。
連日アンダーをコツコツ拾っている感じです。
定期預金感覚で中長期投資
売り目標3000円~3335円以上 ファンド介入人気化次第
1/5寄付き2500円買い

以下の銘柄について簡単にコメントいたします。

4726ソフトバンクテクノロジー
買っている方はすべてが利食い圏になっているため
ここから上にはしこりがありません。
直近は間違いなくファンドの買いが入っているようです。
トレンドは上方向に向いているため、半年くらい持つつもりで
持続しても良いかと考えます。
その際は、最悪の状況も考慮し25日移動平均線を下回った場合は
即刻手仕舞うなどのルールを決めておけばよいと思います。

3653モルフォ
現在6,000円を挟んだ水準でのもみ合いになっています。
トレンドは上昇トレンド継続中の為、25日移動平均を
割り込まなければ持続しても良いと考えます。
1/6高値6620円を出来るだけ早く上回らなければ投資妙味は薄れてきます。
上回れば、8,000円くらいの高値があっても全く不思議ではありません。

3696セレス
直近は下値不安なく1800円を挟んでの展開になっています。
フィンテックブロックチェーンのテーマ株であり
人気銘柄ですので、うまく物色が広がれば急騰する可能性があります。
1/10高値1878円が目先の節目です。
これを上回れば2,000円相場になり、その後の人気化次第で
上手くすればその上があるかもしれません。

6670MCJ
この銘柄は上昇トレンド継続中で尋常ではない足取りです。
本日の急騰で相場が生きていることが確認できました。
おそらく2月のどこかで天井形成になりそうです。

4366ダイトーケミ
この銘柄も上昇トレンド継続中で尋常ではない足取りです。
本日の急騰で相場が生きていることが確認できました。
おそらく2月のどこかで(2月上旬か?)天井形成になりそうです。



次回の更新は1/31(火)20:00~21:00ごろ更新予定です。

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。(1/23記)

買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:初心者の方は安易に信用取引を行わないでください。
  目いっぱいの空売りは目いっぱいの信用買いより危険です。
  現物の目いっぱいの買いはいけませんが
  信用取引の目いっぱいの売買は、墓穴を掘ることになりかねません。
  くれぐれも実戦チャートの勉強の教材としてお使いください。

1/16ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大


1/17現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24終値3975円▼105円 この時点で相場は崩れた(1/24記)
1/24下落注意サイン②

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

3086Jフロント 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

買ってはいけない銘柄1/24

9932杉本商事 1/24終値1483円△1円 1/24記
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②

7201日産自動車 1/24終値1122.0円 ▼13.0円 1/24記
現在個別銘柄指数表算出前の為売買サインは不明ですが
今後下値模索する感じがします。

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記)
 1/26ロスカット買戻し405円 ▼26円の損だし
8282ケーズHD 寄付き2040円 信用新規売り(1/24記)
 持続中

サポートライン
サポートライン① 25日移動平均線 1/12に41営業日ぶりにマイナス乖離
サポートライン② 25日移動平均線ー1% 1/16攻防中 1/17-2.40%
サポートライン③ 日経平均株価心理的節目19,000円 1/17終値18813.53円
サポートライン④ 日経平均株価心理的節目18,500円 1/18安値18650.33円

117円台~118円台日経平均株価19,500円~
115円台~116円台前半 居心地の良い水準
114円台前半黄色信号 
113円台半ば 日経平均株価19,000円の攻防18,900円~19,100円
              113.23円→1/17安値18812.86円
111円~112円台日経平均ネックライン18,500円
              112.58円→1/18安値18650.33円

円安、米国株高=日本株上昇
円高、米国株堅調=日本株安
円高、米国株安=日本株大幅下落

日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見を境に
楽観論は終りました。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

海外短期筋に踊らされない投資

1月27日(金)15:15

大引け

日経平均株価

19453.51(9:00)

19486.68(10:26)

19404.13(14:24)

19467.40(15:00)

前日比△65.01 +0.34%

TOPIX

1551.58(9:00)

1553.28(10:26)

1545.45(14:24)

1549.25(15:00)

前日比△4.24 +0.27%


週末1/27(金)日経平均株価は3日続伸

前日のNYダウが連日で史上最高値更新
ドル円相場が114円台まで円安方向に振れ
買い優勢で始まりました

寄付 19453.51(9:00)△51.12

高値 19486.68(10:26)△84.29

昨日までの2営業日大幅続伸、週末要因もあり
買い一巡後は19,400円台の狭いレンジでの推移となりました

安値 19404.13(14:24)△1.74

後場はこう着感の強い展開になりましたが
日経平均株価は3日続伸して引けました

大引 19467.40(15:00)△65.01


今週は週初先物主導で日経平均株価は、19,000円を割り込み
為替が円高方向に振れ、トランプリスクの不透明感が台頭しての
始りでした。
1/24(火)に日経平均株価は、18783.16円まで反落しましたが
1/25(水)、1/26(木)に為替は円高水準のまま、米国株高の後を追うように
海外短期筋が一気に買い上がりました。
従来の為替感応度は、117円台~118円台日経平均株価19,500円~
直近の為替感応度の低下により114円台で19,400円台(1/27)

日経平均株価は、12/21高値19592.90円 1/5高値19615.40円を
再び目指す動きになっています。

従来のドル円相場と日経平均株価
12/21高値19592.90円 ドル円相場12/21H118.06円
1/5高値19615.40円 ドル円相場 1/4H118.18円 1/5H117.43円

直近のドル円相場と日経平均株価
1/26高値19405.23円 ドル円相場 1/24L112.53円 1/25L113.37円
1/27日経平均株価19,400円台での狭いレンジでの推移 ドル円相場114円台半ばの推移


ドル円相場が高止まり水準での海外短期筋主導の買いで為替の感応度が
薄れてきました。
米国トランプ大統領の保護主義政策とドル高けん制発言により
為替はドル安円高方向に振れ
米国FOMCの今後の金融政策が金利引き上げ観測により
為替はドル高円安の流れ

この双方の相反する思惑が円高、円安の綱引きになっています。
直近のドル円相場の動きは112円より115円の値動きが予想されますが
トランプ大統領のマスコミを無視したツイッターでの発言が相場の
上下の変動を動かす鍵になっています。

世界経済全体の流れは、先進諸国が堅調に推移して先行きは明るくなってはいますが
今年は欧州の選挙が控えています。
さらにイタリアを始めとする欧州金融機関財務体質の不安要因も解消されておらず
欧州初のリスクは顕在したままです。

日経平均株価1/5高値19615.40円 ドル円相場 1/4H118.18円 1/5H117.43円
この水準から大きく上放れれば別ですが、今の時点では不透明感が存在するため
主要大型株への新規買いは、控えた方が良いでしょう。
日経平均株価19,500円~19,600水準は、利食い優先として腹八分目で臨むのが
生き残りの一策と考えます。
18,700円~18,800円水準で少し買って
19,500円~19,600水準は利食い優先 腹八分目儲け損ないは良し

海外短期筋に踊らされない投資が個人投資家の生き残りの基本です。


3688VOYAGE 1/27 1632円利食いました。



次回の更新は1/30(月)16:00ごろ更新予定です。

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。(1/23記)

買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:初心者の方は安易に信用取引を行わないでください。
  目いっぱいの空売りは目いっぱいの信用買いより危険です。
  現物の目いっぱいの買いはいけませんが
  信用取引の目いっぱいの売買は、墓穴を掘ることになりかねません。
  くれぐれも実戦チャートの勉強の教材としてお使いください。

1/16ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大


1/17現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24終値3975円▼105円 この時点で相場は崩れた(1/24記)
1/24下落注意サイン②

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

3086Jフロント 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

買ってはいけない銘柄1/24

9932杉本商事 1/24終値1483円△1円 1/24記
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②

7201日産自動車 1/24終値1122.0円 ▼13.0円 1/24記
現在個別銘柄指数表算出前の為売買サインは不明ですが
今後下値模索する感じがします。

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記)
 1/26ロスカット買戻し405円 ▼26円の損だし
8282ケーズHD 寄付き2040円 信用新規売り(1/24記)
 持続中

ドル円相場と日経平均株価の連動性が1/25~1/26の
海外短期筋主導の大幅高で薄れています。

117円台~118円台日経平均株価19,500円~
114円台で19,400円台(1/27)

115円台~116円台前半 居心地の良い水準
114円台前半黄色信号 
113円台半ば 日経平均株価19,000円の攻防18,900円~19,100円
              113.23円→1/17安値18812.86円
111円~112円台日経平均ネックライン18,500円
              112.58円→1/18安値18650.33円

円安、米国株高=日本株上昇
円高、米国株堅調=日本株安
円高、米国株安=日本株大幅下落

日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見を境に
楽観論は終りました。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒
グローバル企業の代表格 自動車、自動車関連銘柄の買いは控えた方が無難。

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」


ドル円相場113円台前半日経平均株価大幅高

1月26日日(木)21:05

大引け

日経平均株価

19260.67(9:00)

19405.23(14:51)

19232.46(9:22)

19402.39(15:00)

前日比△344.89 +1.81%

TOPIX

1536.60(9:00)

1546.08(14:51)

1535.25(9:21)

1545.01(15:00)

前日比△23.43 +1.54%


値上がり銘柄数 1599


値下がり銘柄数 309


新高値銘柄数 186


新安値銘柄数 3


騰落レシオ25D 98.4


日経平均25D乖離率 +0.84


TOPIX25D乖離率 -0.90


日経平均株価は大幅高で2日続伸

前日のNYダウが史上初の2万ドル越え
米国3指数そろって史上最高値更新となり
その流れを受けて買い優勢で始まりました

寄付 19260.67(9:00)△203.07

安値 19232.46(9:22)△174.96

その後も順調に上げ幅を拡大し、大引け間際に
19,400円台に乗せ

高値 19405.23(14:51)△347.73

高値圏で取引を終えました

大引 19402.39(15:00)△344.89

日経平均株価は大幅高で2日続伸して引けました


トランプ大統領の迅速な大統領令署名により
米国株が上放れてきました。
昨日は米国3指数そろって史上最高値更新となり
NYダウが史上初の念願の20,000ドルの大台に乗せ
海外短期筋が本日、日本株を買い上がってきました。

1/12に41営業日ぶりに25日移動平均を割り込み
調整色を強めていましたが、メインプレーヤーの海外短期筋が
先物主導で大きく買い上がり、寄付きの時点で割り込んでいた
25日移動平均を回復、その後も上値を買い上がりました。

12月中旬から調整していたメガバンク、証券、保険が
本日の上昇の中心になり、先物、大型株主導で大きく上昇しました。

本日の上昇は良くわかりませんというか、なかなか理解できない
いびつな形の上昇でした。
通常の上昇は、
円安、米国株上昇=日本株上昇 のお決まりの構図ですが
本日は、
103円台前半の円高水準、米国株高=日本株上昇 です。
昨日の米国10年債利回り2.53%(1/25)の上昇
昨年末以来の2.5%越えになりましたが、ドルは上昇せずに
対円、対ユーロでドル安水準でした。

米国10年債利回り上昇=日米金利差拡大により円安ドル高の
通常の動きが真逆の米国ドル軟調になりました。
そのため円は高止まりしたまま、日本株はインデックス
大型株上昇となりました。

理解できないいびつな上昇と言っても、メインプレーヤーの海外短期筋が
今までのような為替感応度を無視した買い上がりをしたため
メインプレーヤーの今までとは違った買いパターンとなりました。

昨晩はなかなか寝付かれなかったため、日経CNBCの米国マーケットを
見ていましたが、あっさりとNYダウが20,000ドルの大台に乗せ
市場参加者がダウ20,000ドル記念の配布された帽子をかぶっていました。

その流れを受けて本日の日本株は上昇することが分かったため
5301東海カーボン 1/24 379円 信用新規売り を
寄付きでロスカットの買戻しを行いました。
8282ケーズHDは持続中ですが、5301東海カーボンは
日経225採用銘柄で、かつ小型株だからです。
海外短期筋が日経平均先物を大きく買い上がると
225採用の小型株は跳ね上がるからです。

いびつな上昇と言ってもメインプレーヤーの海外短期筋が買い上がれば
理屈ぬきで上昇します。
そのような訳で空売り第一弾の5301東海カーボンは2日でロスカットする
羽目になりました。

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記)
1/26ロスカット買戻し405円 ▼26円の損だし
 
8282ケーズHD 寄付き2040円 信用新規売り(1/24記)
持続中

本日はブログ更新の書き始めが19時過ぎになり締め切り時間が
迫ってきましたので、頂きましたコメントのご返事をして
続きは明日にさせていただきます。


3688ボヤージュ
ブログの更新ありがとうございます。
3688ボヤージュを1469円にて保持いたしております。
本日ストップ高を付けておりますが。
明日、買値で売るべきか迷っております。
先生のご意見を伺えましたら・・。
少し春めいてきましたがまだまだ寒さの厳しき折 
どうかお体を大切におすごしください。mii

コメントありがとうございます。
本日、昼から外出をしたため、19時に3688ボヤージュ急騰を知りました。
17年9月期第1四半期(16年10-12月)の連結決算を発表。
増収増益を確保し好感された。前日比300円ストップ高配分の1444円。
この銘柄は私がてこづっている銘柄ですが、今までは真逆の度重なる減額修正で
大きく売り込まれた経緯があります。
私はさらに高い 買いコスト1488円ですが、明日いったん
損の無いところで手仕舞う予定です。
減額修正で大きくやられることを地雷を踏むといいますが
会社四季報、日経会社情報、いくつかのアナリストレポートを見て
買った同社が何度も度重なる減額修正により、たしか3度の減額修正に
あったと記憶しております。
その前が何度も儲かったため、今回は明日きっぱりと手仕舞うつもりです。
売った後さらに上昇しても儲け損ないは良しとします。
私はこのように致しますので、ご自身でご判断下さい。

4726ソフトバンクテクノロジー
この銘柄は、薄利でいったん手仕舞ったのですが
まだ持っている方がいらっしゃいますのでコメントいたします。
目先多少の波乱があるかもしれませんが、買いコストを大きく上回ってきたため
リスクを取れるのでしたら、今年の大相場に勝負を挑んでも良いのではないかと思います。
今年はソフトバンクGの年になりそうです。
かつての2000年ネットバブル相場では9984ソフトバンクが118.6倍まで上昇。
1997/11 1,670円
2000/2 198,000円
今のソフトバンクがこのような上昇はできませんが
4726ソフトバンクテクノロジーも2000年ネットバブル相場では
99/8安値38,600円
99/11高値267,000円
わずか3か月間で6.9倍まで上昇しました。
今年の相場で6.9倍にはなりませんが、5,000円~6,000円くらいありそうな感じがします。
リスクをとれるのであれば持続で、リスクを取りたくないならば
利食いで良いと考えます。


海外短期筋主導で相場は動いています。
トランプ大統領のツイッター、海外短期筋の思惑で相場は乱高下します。
明日も上昇するかもしれませんが、株価位置が天井付近の銘柄の買いは
注意が必要です。
今年は欧州リスクは避けては通れない年です。

6192ハイアス&CO 1/5 1286円買い 怪しくなってきたため
本日1563円で利食いました。

6199セラク 3500円△245円 もう少し様子見とします。



次回の更新は1/27(金)16:00ごろ更新予定です。

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。(1/23記)

買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:初心者の方は安易に信用取引を行わないでください。
  目いっぱいの空売りは目いっぱいの信用買いより危険です。
  現物の目いっぱいの買いはいけませんが
  信用取引の目いっぱいの売買は、墓穴を掘ることになりかねません。
  くれぐれも実戦チャートの勉強の教材としてお使いください。

1/16ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大


1/17現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24終値3975円▼105円 この時点で相場は崩れた(1/24記)
1/24下落注意サイン②

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

3086Jフロント 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

買ってはいけない銘柄1/24

9932杉本商事 1/24終値1483円△1円 1/24記
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②

7201日産自動車 1/24終値1122.0円 ▼13.0円 1/24記
現在個別銘柄指数表算出前の為売買サインは不明ですが
今後下値模索する感じがします。

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記)
 1/26ロスカット買戻し405円 ▼26円の損だし
8282ケーズHD 寄付き2040円 信用新規売り(1/24記)
 持続中

サポートライン
サポートライン① 25日移動平均線 1/12に41営業日ぶりにマイナス乖離
サポートライン② 25日移動平均線ー1% 1/16攻防中 1/17-2.40%
サポートライン③ 日経平均株価心理的節目19,000円 1/17終値18813.53円
サポートライン④ 日経平均株価心理的節目18,500円 1/18安値18650.33円

117円台~118円台日経平均株価19,500円~
115円台~116円台前半 居心地の良い水準
114円台前半黄色信号 
113円台半ば 日経平均株価19,000円の攻防18,900円~19,100円
              113.23円→1/17安値18812.86円
111円~112円台日経平均ネックライン18,500円
              112.58円→1/18安値18650.33円

円安、米国株高=日本株上昇
円高、米国株堅調=日本株安
円高、米国株安=日本株大幅下落

日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見を境に
楽観論は終りました。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

目先は足踏み相場

1月25日(水)15:35

大引け

日経平均株価

19091.23(9:00)

19133.18(9:09)

18987.45(13:03)

19057.50(15:00)

前日比△269.51 +1.43%

TOPIX

1526.59(9:00)

1528.93(9:00)

1516.90(13:22)

1521.58(15:00)

前日比△15.25 +1.01%

日経平均株価は3日ぶりに大幅高

前日の米国市場は3指数そろって上昇
NASDAQ S&P500指数はそろって史上最高値更新
為替が対ドルで113円台後半まで円安が進み
買い先行で始まりました

寄付 19091.23(9:00)△303.24

寄り後は一時上げ幅を340円超拡大する場面がありました

高値 19133.18(9:09)△345.19

買い一巡後は利益確定売りに押され上値は抑えられましたが

安値 18987.45(13:03)△199.46

日経平均株価は、大幅高で3日ぶりに反発して引けました

大引 19057.50(15:00)△269.51


トランプ大統領の発言と行動で為替と日本株は
連日乱高下を繰り返しています。
今週から決算発表が本格化するため、市場全体は様子見になる中
海外短期筋主導で相場は動いています。

円高=日本株売り
円安=日本株買い

本日はドル円相場が113円台半ば~後半でしたので
下の数値の 18,900円~19,100円 の範囲になりました。

117円台~118円台日経平均株価19,500円~
115円台~116円台前半 居心地の良い水準
114円台前半黄色信号 
113円台半ば 日経平均株価19,000円の攻防18,900円~19,100円
              113.23円→1/17安値18812.86円
111円~112円台日経平均ネックライン18,500円
              112.58円→1/18安値18650.33円

日経平均株価の日足チャートをご覧ください。
1/12に41営業日ぶりに25日移動平均乖離率がマイナス乖離になり
日経平均株価は本格調整になりました。
先駆して上昇したメガバンク始め証券、保険、素材関連コア銘柄は
いち早く12月中旬に高値形成後調整に入りました。

1/12以降は連日先物主導で動いていますが
そのレンジは、以下のとおりです。
レンジ上限 1/16高値19255.41円 1/20高値19176.86円
レンジ下限 1/18安値18650.33円 1/24安値18783.16円

今後もしばらくの間、海外短期筋主導で連日上下に振れる
荒い相場展開が予想されます。

円安、米国株高=日本株上昇
円高、米国株堅調=日本株安
円高、米国株安=日本株大幅下落

個人投資家は、海外短期筋主導の相場に
出来る限り影響を受けなくすることが肝要です。

相場は足踏みが続いているため、中途半端な水準での売買は
難しいことをお忘れなく。

コア銘柄が動けない半面、中小型株、テーマ株が賑わっています。

6656インスペック 1464円 △108円



次回の更新は1/26(木)20:00~21:00ごろ更新予定です。

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。(1/23記)

買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:初心者の方は安易に信用取引を行わないでください。
  目いっぱいの空売りは目いっぱいの信用買いより危険です。
  現物の目いっぱいの買いはいけませんが
  信用取引の目いっぱいの売買は、墓穴を掘ることになりかねません。
  くれぐれも実戦チャートの勉強の教材としてお使いください。

1/16ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大


1/17現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24終値3975円▼105円 この時点で相場は崩れた(1/24記)
1/24下落注意サイン②

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

3086Jフロント 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

買ってはいけない銘柄1/24

9932杉本商事 1/24終値1483円△1円 1/24記
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②

7201日産自動車 1/24終値1122.0円 ▼13.0円 1/24記
現在個別銘柄指数表算出前の為売買サインは不明ですが
今後下値模索する感じがします。

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記) 
8282ケーズHD 寄付き2040円 信用新規売り(1/24記)

サポートライン
サポートライン① 25日移動平均線 1/12に41営業日ぶりにマイナス乖離
サポートライン② 25日移動平均線ー1% 1/16攻防中 1/17-2.40%
サポートライン③ 日経平均株価心理的節目19,000円 1/17終値18813.53円
サポートライン④ 日経平均株価心理的節目18,500円 1/18安値18650.33円

117円台~118円台日経平均株価19,500円~
115円台~116円台前半 居心地の良い水準
114円台前半黄色信号 
113円台半ば 日経平均株価19,000円の攻防18,900円~19,100円
              113.23円→1/17安値18812.86円
111円~112円台日経平均ネックライン18,500円
              112.58円→1/18安値18650.33円

円安、米国株高=日本株上昇
円高、米国株堅調=日本株安
円高、米国株安=日本株大幅下落

日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見を境に
楽観論は終りました。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

為替リスク+通商リスク

1月24日(火)20:50

大引け

日経平均株価

18817.42(9:00)

18915.70(10:38)

18783.16(14:15)

18787.99(15:00)

前日比▼103.04 -0.55%

TOPIX

1508.38(9:00)

1513.99(10:38)

1504.31(14:16)

1506.33(15:00)

前日比▼8.30 -0.55%


値上がり銘柄数 802


値下がり銘柄数 1084


新高値銘柄数 49


新安値銘柄数 6


騰落レシオ25D 92.2


日経平均25D乖離率 -2.40


TOPIX25D乖離率 -1.94


日経平均株価は続落

前日の米国株は3指数そろって下落
為替が対ドルで112円台の円安に振れたため
売り優勢で始まりました

寄付 18817.42(9:00)▼73.61

寄り後は次第に下げ渋り
一時プラス圏に浮上する場面がありました

高値 18915.70(10:38)△24.67

具場は円高を背景に安値圏でのもみ合いになり

安値 18783.16(14:15)▼107.87

日経平均株価は続落して引けました

大引 18787.99(15:00)▼103.04

日経平均 18787.99 ▼103.04 -0.55% 
TOPIX 1506.33 ▼8.30 -0.55%
東証2部指数 5338.57 ▼15.77 -0.29%
日経JAQ平均 2816.46 △10.10 +0.36%
マザーズ指数 979.05 △6.70 +0.69%

昨日トランプ大統領が米国での日本車売上に比べると
日本での米国車の輸入比率が極めて低いことは
不公平と述べたことで自動車株が売られ
トランプ相場で先駆して買われていたメガバンク
証券保険株も総じて軟調。
トランプ上昇相場の時は、海外時間で円安日経平均先物が上昇し
日本時間寄り付時には、上昇した先物価格にさや寄せする形で
上昇した日本株ですが、今は真逆の流れになっています。
海外時間で円高が進み、株式先物が売られ(円高株式先物安)
その悪地合いにさや寄せする形で、売り優勢で始まる日本市場です。

大きく買い越していた海外投資家の買いの勢いはすでに低下しており
日経平均株価25日移動平均線はマイナス乖離が7日連続になっています。
現在算出中の日経平均指数表は
昨年12/18以来の「短期下落注意サイン」が本日点灯しました。
1/24日経平均25D乖離率 -2.40
これが短期的にプラス乖離に戻らなければ
しばらく調整を余儀なくされる可能性が高まりました。
現時点ではこれが短期的なものかどうかはわかりませんが
相場は下方向に行く可能性が高いことだけお伝えします。


3653モルフォ 6290円△270円 上昇トレンド継続中
先週末の時点で6000円を割り込みましたが、その後5500円の
下値サポートを割り込まずに、上昇トレンドが壊れなかったため
選択肢①6200円~6400円水準でいったん利食う
選択肢②上昇トレンドが生きている間は持続しリスクを取って
    8,000円を目標にする。
本日は決断を下さず、様子を見ることにします。

6192ハイアス&CC 1/24終値1608円△117円
1/20終値1460円△203円で先週末を終え、昨日
1/23終値1491円△31円 続伸したため、本日は
様子を見ましたが強い値動きでした。
利食うかどうかは明日の地合いで判断します。
明日以降は上場直後の高値掴みの因果玉が
戻り売りとして控えているため出来高の増加が必要です。

買ってはいけない銘柄
9932杉本商事 1/24終値1483円△1円 1/24記
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②

7201日産自動車 1/24終値1122.0円 ▼13.0円 1/24記
現在個別銘柄指数表算出前の為売買サインは不明ですが
今後下値模索する感じがします。

世界の投資家が現金比率を高めているとのこと
トランプ相場中 4.9% 直近5.1% 現金比率上昇
米国株も目先は上値が重くなるかもしれません。

トランプ政権は、4年~8年続くことになります。
今は、保護主義台頭による円高進行が危惧されています。
しかし、トランプ政権は減税と景気拡大が基本方針の為
以前の様な100円方向の円高に向かうことは考えにくく
大方の見方は、110円~120円の水準での推移が中心です。

為替レートの変更
対ドル  103円 → 114円
対ユーロ 114円 → 120円

仮にドル円相場が110円になっても日本企業の為替リスク
(企業収益リスク)は限定的です。
現在の企業収益予想は、円安をまだ織り込んでいないため
昨年の様な底なし沼にはならないと考えます。
しかし、今年も欧州リスクにより海外短期筋の売り崩しに
要注意です。

為替リスク+通商リスク+欧州リスク台頭

サポートライン
サポートライン① 25日移動平均線 1/12に41営業日ぶりにマイナス乖離
サポートライン② 25日移動平均線ー1% 1/16攻防中 1/17-2.40%
サポートライン③ 日経平均株価心理的節目19,000円 1/17終値18813.53円
サポートライン④ 日経平均株価心理的節目18,500円 1/18安値18650.33円

117円台~118円台日経平均株価19,500円~
115円台~116円台前半 居心地の良い水準
114円台前半黄色信号 
113円台半ば 日経平均株価19,000円の攻防18,900円~19,100円
              113.23円→1/17安値18812.86円
111円~112円台日経平均ネックライン18,500円
              112.58円→1/18安値18650.33円

15:00ドル円相場 112.88円
1/24日経平均株価終値 18787.99 ▼103.04 -0.55%
日経平均25D乖離率 -2.40

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記) 
8282ケーズHD 寄付き2040円 信用新規売り(1/24記)


次回の更新は1/25(水)16:00ごろ更新予定です。

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。(1/23記)

買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:初心者の方は安易に信用取引を行わないでください。
  目いっぱいの空売りは目いっぱいの信用買いより危険です。
  現物の目いっぱいの買いはいけませんが
  信用取引の目いっぱいの売買は、墓穴を掘ることになりかねません。
  くれぐれも実戦チャートの勉強の教材としてお使いください。

1/16ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大


1/17現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24終値3975円▼105円 この時点で相場は崩れた(1/24記)
1/24下落注意サイン②

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

3086Jフロント 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大


サポートライン
サポートライン① 25日移動平均線 1/12に41営業日ぶりにマイナス乖離
サポートライン② 25日移動平均線ー1% 1/16攻防中 1/17-2.40%
サポートライン③ 日経平均株価心理的節目19,000円 1/17終値18813.53円
サポートライン④ 日経平均株価心理的節目18,500円 1/18安値18650.33円

117円台~118円台日経平均株価19,500円~
115円台~116円台前半 居心地の良い水準
114円台前半黄色信号 
113円台半ば 日経平均株価19,000円の攻防18,900円~19,100円
              113.23円→1/17安値18812.86円
111円~112円台日経平均ネックライン18,500円
              112.58円→1/18安値18650.33円

円安、米国株高=日本株上昇
円高、米国株堅調=日本株安
円高、米国株安=日本株大幅下落

日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見を境に
楽観論は終りました。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

現在大きく日本株を買い上がっている海外短期筋は、永遠に
買い続けるわけではありません。
儲けるためには突然売りを浴びせてくることはいつもながらの行為です。
すべての投資家が全員強気になった時は、利食い千人力です。

日本の国力を上げる様々な新産業と投資テーマ(順不同)
2020年東京オリンピックまでに新産業バブルが来ることを想定
フィンテックブロックチェーン、ロボット、人工知能、ドローン、自動運転
バイオ再生医療、IoT、電子教科書、遠隔診療、VR Virtual Reality 仮想現実
AR Augmented Reality 拡張現実 、有機EL、ランサムウエア、5G、越境EC
BPP(バーチャルパワープラント)
上下水道老朽化関連銘柄(深刻なインフラ問題)
植物工場、東京発の電線地中化、バラスト水規制、中国の禁煙政策

IoT 人工知能AI ロボット 自動運転 フィンテックブロックチェーン
セキュリティー バイオ再生医療 有機EL は特に注目のテーマです。

かつての2000年ネットバブル相場では
9984ソフトバンクが118.6倍まで上昇しました。
1997/11 1,670円
2000年2月 198,000円
100倍は不可能ですが
2倍、3倍に値上がりする銘柄はたくさんあります。
第4次産業革命銘柄、3年後、5年後に成長を見込める成長銘柄
上記テーマを背景に中小型株の1年に1度~2度の安値水準を
根気強く待伏せ、コツコツと拾って「我慢賃金」を得る投資を心掛けます。


以前は読者の皆様の銘柄に対するコメントをできる限りお答えしておりましたが
年々体力の低下で難しくなってきました。
今後は、読者の皆様の勉強になるよう「銘柄研究」をご紹介いたします。
コメントでのご質問について
余裕のある時はご返事させていただきますので
ペンネーム、ハンドルネームを記載してください。

2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
年初来安値8/26安値492円 直近安値10/7安値501円
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
独立系の寮運営、ホテル事業が2本柱
底値が確認できないため、買う場合は2段階、3段階で買い下がりが有効
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)
その後の高値1/19高値7450円 相場はまだ生きている

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
三菱UFJ子会社 利息返還請求も峠を越え、信用保証の拡大は想定以上
増額修正の可能性、17/3期復配を模索。
5/12高値643円形成後調整局面入り。
日柄調整5カ月経過の10/13安値452円で下げ一服感が出ました。
ここからの大きな下落は考えにくく450円台からの買い下がり方針。
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
年初来安値6/23安値802円に迫る水準になっています。
直近安値10/14安値806円、本日10/18安値806円
このあたりで買い下がりが有効になりそうです。
決算発表で大幅減額修正が出て下がった場合は
その場面で底打ちになりそうです。
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
9/8高値1015円 9/27高値1015円が節目になっています。
本日高値1014円まで買われましたが1015円を抜けることはできませんでした。
明日以降早い時期に1015円を突き抜けると
中段もち合い上放れの可能性が高まります。
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
4/26高値998円 調整局面入り
10/17安値731円が底値と想定
目先815円~820円どころが節目となっていますが
これを抜けると900円トライの場面があるかもしれません。
国内外ファンドが今後買ってくるかどうかで決まります。
売り目標870円~900円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
15年8/5高値12815円史上最高値形成後、11/19高値12350円 
高値奪回できず、そのまま調整局面入り 
8/19安値8388円で底値確認
戻りを試す場は国内外ファンドが買ってくるかどうかで決まります。
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
3/29高値3700円天井形成後、値幅日柄調整
10/25安値2136円が底値かどうかは現時点では5分5分
8/19安値2205円が下値の岩盤でしたが底割れし、底値模索中です。
17/3期連結予想EPS196.24円 連結一株純資産2072円
この水準から買い下がっても、大きなリスクはないと考えます。
2段階下がりの余裕があれば、負けることはなさそうです。
個人投資家は海外短期筋と同じ土俵で戦う必要はありません。
海外短期筋の影響を受けにくい銘柄、影響を受けにくい時期に
買えば良いのです。
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
車買い取り業界のトップ企業 ガリバーが社名変更
中古車買い取り販売の伸び悩みで17/2期減額修正 
3/30史上最高値1459円から反落 日柄値幅調整
7/20安値490円 10/19安値492円がほぼ底値と想定
暫くはレンジ内での推移を想定
レンジ上限660円
レンジ下限500円
売られすぎの反動に期待ができますが
660円以上の戻りは更なるサプライズ待ちになります。

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
通常ですと80%超の確率でここから一段安になりますが
年末にかけて全体相場が堅調な局面では売り圧力が低下するかもしれません。
強い相場では空売りは難しいので見るだけにします。
下値メド①1300円
下値メド②1200円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
10月下旬から見ていますが、誰かが何らかの思惑で買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価1600円~1800円?

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
10/28 75日移動平均回復
その後11/4高値3930円 11/14高値3940円で目先上値が重くなっています。
昨年までは、レンジ上限4900円~5400円 レンジ下限4100円~4200円でしたが
7月以降売り物に押され、8/31安値3510円形成後も出遅れ感が強く
今後国内外のファンドの買いが期待できます。
現在の水準で買って17/3の100円配当と株主優待の食事券をもらうつもりで
ノンビリ持続すればインカムゲインとキャピタルゲインの両方とれそうです。
売り目標①4500円
売り目標②4800円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
ブロンコビリーは売上高利益率トップクラスの外食チェーンです。
7/11上場来高値3645円形成後は調整局面になっています。
好業績で成長余力があるため大きく売り込まれませんが
現在はレンジ下限水準に位置しています。
12月決算銘柄ですので間もなく優待取りの時期でもあり
物色が期待できます。
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価170円~200円?

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
日立が社運をかけて稼ぐ力(売上高利益率)を高める戦略に出ました。
稼ぐ力への選択と集中で生き残りをかける戦略です。
10月以降海外投資家が買っています。
現在600円水準で上げ一服感がありますが国内外機関投資家が
この上を買ってくるのではないでしょうか。
今後の円安定着となれば700円方向に上振れることが考えられます。
600円水準で少しモミ合うかもしれない。
売り目標650円~700円(為替動向と国内外機関投資家次第)
注:底値買いではなく、高値圏の為、順張りでリスクを伴います

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
トランプ氏当選後のトランプトレードでは
三菱UFJFG中心に米国金利上昇関連が
大きく値を上げた半面、その結果リバランスが進み
多くの優良株が機関投資家の組み入れ比率引き下げにより
値を下げ、売られすぎの水準になりました。
その中でも同社は11/15安値4888円から切り返しに転じています。
戻りはまだ初動ですのでここから10%程度の戻りは可能と考えます。
長期運用の海外投資家の好む国際優良株です。
海外投資家が買ってくると、安値で売った国内機関投資家が
買ってくるでしょう。
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円(全体相場の盛り上がり次第)

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
売られすぎの優良企業
日本市場の好需給が年末年始まで続くのであれば
11/15安値4156円から戻りを試す場面と考えます。
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
売られすぎの優良企業
日本市場の好需給が年末年始まで続くのであれば
11/15安値2745.5円から戻りを試す場面と考えます。
戻りメド3200円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
ZMPが12/19に上場になります。
今後も自動運転関連銘柄は、重要なテーマ株として市場の話題になりそうです。
自動運転関連銘柄として子会社のインクリメントPは有名ですが
パイオニアとともに空間情報センサーの実証実験を行っています。
標識をセンサーが認識し、完全自動運転を目指しています。
昨年大きく上昇したのち、日柄、値幅調整が進み
直近安値219円水準がほぼ下値と考えます。
本日安値は229円でしたので、上値を追いかけずに
下値水準に指値を這わせるのが良いと考えます。
180円台の底値水準で買っている方は、いつでも利食い圏ですので
300円まで我慢して、330円くらいまで行きそうかどうか考えて
見るのも良いと思います。
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
医療分野で活用されるロボットスーツの開発製造の成長銘柄
空売りファンドの標的となり
11/9安値1281円(1番底)
12/7安値1398円(2番底)
12/12追撃買いサイン① 1535円△112円
12/13追撃買いサイン② 1670円△135円
大底形成後の追撃買いサイン①②は的中率80%以上
戻りメド①2000円
戻りメド②未定

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
明日か、明後日か、今週中かはわかりませんが
急騰を予測します。
戻りメド①1680円
戻りメド②未定

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
2015年7/23高値18500円の大相場以降、長い間底練りになっていました。
本日12/13「潮目の変化」を感じました。
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
9/16安値1010円底値形成後、11/8高値1513円まで上昇
これが上昇第一波動で、12/13「潮目の変化」を感じました。
上昇第二波動入りを想定
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
10/7高値1025円まで上昇するも悪地合いの中もみ合いになっていました。
本日12/13「潮目の変化」を感じました。
12/13追撃買いサイン①②同時点灯
戻りメド①1000円
戻りメド②未定

2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」


先物主導相場

1月23日(月)15:45

大引け

日経平均株価

18938.45(9:00)

19024.21(14:01)

18879.68(9:21)

18891.03(15:00)

前日比▼246.88 -1.29%

TOPIX

1519.27(9:00)

1523.36(14:01)

1512.68(9:06)

1514.63(15:00)

前日比▼18.83 -1.23%


日経平均株価は大幅反落

寄付き前にドル円相場が再び113円台まで
円高方向に振れシンガポール日経平均先物が
大きく値を下げ、その流れを受けて輸出関連銘柄中心に
売り優勢で始まりました

寄付 18938.45(9:00)▼199.46

安値 18879.68(9:21)▼258.23

日経平均株価は寄り後250円超売り込まれる場面がありましたが
売り一巡後は下げ渋り前引けを迎えました

前引け 18934.57(11:35)▼203.34

後場13:30ごろから先物主導の買いが断続的に入り
下げ幅を急速に縮小

高値 19024.21(14:01)▼113.70

再び大引けにかけて先物売りが断続的に出て下げ幅を拡大

大引 18891.03(15:00)▼246.88

日経平均株価は大幅反落して引けました

コア銘柄中心に全面安になりましたが
中小型株、新興銘柄中心にテーマ株、材料株の一部が賑わいました。

日経平均 18891.03 ▼246.88 -1.29%
TOPIX 1514.63 ▼18.83 -1.23%
東証2部指数 1892.34 △5.93 +0.31%
日経JAQ平均 2806.36 △15.02 +0.54%
マザーズ指数 972.35 △2.04 +0.21%

1/20(金)の大統領就任演説ではこれといった大きな反応は
無かったのですが、日本市場が始まる前に円買いドル売り
シンガポールで日経平均先物を売る動きがあり、寄付きの
日経平均は想定以上に安く始まりました。

先週は、9/12~9/15以来の3営業日空売り比率40%超になり
直近の相場は海外短期筋の先物主導で上下に大きく振れる
相場展開になっています。

上がる時はTOPIX主導 円売りTOPIX買い 円安株高
下がる時は日経平均主導 円買い日経平均売り 円高株安

トランプ大統領の景気拡大策とドル高けん制発言は
相反する矛盾があり、日本市場は海外短期筋主導の
期待と矛盾の交差する相場展開になっています。
今後も海外短期筋の売り仕掛けによる急落には要注意です。
反面、売り崩すことが難しくなると、先物主導の買いと
空売りの買戻しが入るため相場は急速に下げ渋ることもあり
先物主導の難しい相場が今後も続きそうです。

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。

個々の企業を名指しでツイートし、脅しをかける世界一の大国
大統領の誕生で、今後も不確定要因をネタに海外短期筋が暗躍するのは
覚悟して相場に臨まなければなりませんが、次第に免疫力が
高くなっていくのではないでしょうか。

海外短期筋の売買に踊らされない投資を心掛けたいものです。



次回の更新は1/24(火)20:00~21:00ごろ更新予定です。

買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:初心者の方は安易に信用取引を行わないでください。
  目いっぱいの空売りは目いっぱいの信用買いより危険です。
  現物の目いっぱいの買いはいけませんが
  信用取引の目いっぱいの売買は、墓穴を掘ることになりかねません。
  くれぐれも実戦チャートの勉強の教材としてお使いください。

1/16ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

1/17現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

3086Jフロント 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

サポートライン
サポートライン① 25日移動平均線 1/12に41営業日ぶりにマイナス乖離
サポートライン② 25日移動平均線ー1% 1/16攻防中 1/17-2.40%
サポートライン③ 日経平均株価心理的節目19,000円 1/17終値18813.53円
サポートライン④ 日経平均株価心理的節目18,500円 1/18安値18650.33円

117円台~118円台日経平均株価19,500円~
115円台~116円台前半 居心地の良い水準
114円台前半黄色信号 
113円台半ば 日経平均株価19,000円の攻防18,900円~19,100円
              113.23円→1/17安値18812.86円
111円~112円台日経平均ネックライン18,500円
              112.58円→1/18安値18650.33円

円安、米国株高=日本株上昇
円高、米国株堅調=日本株安
円高、米国株安=日本株大幅下落

日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見を境に
楽観論は終りました。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

現在大きく日本株を買い上がっている海外短期筋は、永遠に
買い続けるわけではありません。
儲けるためには突然売りを浴びせてくることはいつもながらの行為です。
すべての投資家が全員強気になった時は、利食い千人力です。

日本の国力を上げる様々な新産業と投資テーマ(順不同)
2020年東京オリンピックまでに新産業バブルが来ることを想定
フィンテックブロックチェーン、ロボット、人工知能、ドローン、自動運転
バイオ再生医療、IoT、電子教科書、遠隔診療、VR Virtual Reality 仮想現実
AR Augmented Reality 拡張現実 、有機EL、ランサムウエア、5G、越境EC
BPP(バーチャルパワープラント)
上下水道老朽化関連銘柄(深刻なインフラ問題)
植物工場、東京発の電線地中化、バラスト水規制、中国の禁煙政策

IoT 人工知能AI ロボット 自動運転 フィンテックブロックチェーン
セキュリティー バイオ再生医療 有機EL は特に注目のテーマです。

かつての2000年ネットバブル相場では
9984ソフトバンクが118.6倍まで上昇しました。
1997/11 1,670円
2000年2月 198,000円
100倍は不可能ですが
2倍、3倍に値上がりする銘柄はたくさんあります。
第4次産業革命銘柄、3年後、5年後に成長を見込める成長銘柄
上記テーマを背景に中小型株の1年に1度~2度の安値水準を
根気強く待伏せ、コツコツと拾って「我慢賃金」を得る投資を心掛けます。


以前は読者の皆様の銘柄に対するコメントをできる限りお答えしておりましたが
年々体力の低下で難しくなってきました。
今後は、読者の皆様の勉強になるよう「銘柄研究」をご紹介いたします。
コメントでのご質問について
余裕のある時はご返事させていただきますので
ペンネーム、ハンドルネームを記載してください。

2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
年初来安値8/26安値492円 直近安値10/7安値501円
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
独立系の寮運営、ホテル事業が2本柱
底値が確認できないため、買う場合は2段階、3段階で買い下がりが有効
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
三菱UFJ子会社 利息返還請求も峠を越え、信用保証の拡大は想定以上
増額修正の可能性、17/3期復配を模索。
5/12高値643円形成後調整局面入り。
日柄調整5カ月経過の10/13安値452円で下げ一服感が出ました。
ここからの大きな下落は考えにくく450円台からの買い下がり方針。
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
年初来安値6/23安値802円に迫る水準になっています。
直近安値10/14安値806円、本日10/18安値806円
このあたりで買い下がりが有効になりそうです。
決算発表で大幅減額修正が出て下がった場合は
その場面で底打ちになりそうです。
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
9/8高値1015円 9/27高値1015円が節目になっています。
本日高値1014円まで買われましたが1015円を抜けることはできませんでした。
明日以降早い時期に1015円を突き抜けると
中段もち合い上放れの可能性が高まります。
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
4/26高値998円 調整局面入り
10/17安値731円が底値と想定
目先815円~820円どころが節目となっていますが
これを抜けると900円トライの場面があるかもしれません。
国内外ファンドが今後買ってくるかどうかで決まります。
売り目標870円~900円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
15年8/5高値12815円史上最高値形成後、11/19高値12350円 
高値奪回できず、そのまま調整局面入り 
8/19安値8388円で底値確認
戻りを試す場は国内外ファンドが買ってくるかどうかで決まります。
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
3/29高値3700円天井形成後、値幅日柄調整
10/25安値2136円が底値かどうかは現時点では5分5分
8/19安値2205円が下値の岩盤でしたが底割れし、底値模索中です。
17/3期連結予想EPS196.24円 連結一株純資産2072円
この水準から買い下がっても、大きなリスクはないと考えます。
2段階下がりの余裕があれば、負けることはなさそうです。
個人投資家は海外短期筋と同じ土俵で戦う必要はありません。
海外短期筋の影響を受けにくい銘柄、影響を受けにくい時期に
買えば良いのです。
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
車買い取り業界のトップ企業 ガリバーが社名変更
中古車買い取り販売の伸び悩みで17/2期減額修正 
3/30史上最高値1459円から反落 日柄値幅調整
7/20安値490円 10/19安値492円がほぼ底値と想定
暫くはレンジ内での推移を想定
レンジ上限660円
レンジ下限500円
売られすぎの反動に期待ができますが
660円以上の戻りは更なるサプライズ待ちになります。

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
通常ですと80%超の確率でここから一段安になりますが
年末にかけて全体相場が堅調な局面では売り圧力が低下するかもしれません。
強い相場では空売りは難しいので見るだけにします。
下値メド①1300円
下値メド②1200円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
10月下旬から見ていますが、誰かが何らかの思惑で買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価1600円~1800円?

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
10/28 75日移動平均回復
その後11/4高値3930円 11/14高値3940円で目先上値が重くなっています。
昨年までは、レンジ上限4900円~5400円 レンジ下限4100円~4200円でしたが
7月以降売り物に押され、8/31安値3510円形成後も出遅れ感が強く
今後国内外のファンドの買いが期待できます。
現在の水準で買って17/3の100円配当と株主優待の食事券をもらうつもりで
ノンビリ持続すればインカムゲインとキャピタルゲインの両方とれそうです。
売り目標①4500円
売り目標②4800円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
ブロンコビリーは売上高利益率トップクラスの外食チェーンです。
7/11上場来高値3645円形成後は調整局面になっています。
好業績で成長余力があるため大きく売り込まれませんが
現在はレンジ下限水準に位置しています。
12月決算銘柄ですので間もなく優待取りの時期でもあり
物色が期待できます。
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価170円~200円?

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
日立が社運をかけて稼ぐ力(売上高利益率)を高める戦略に出ました。
稼ぐ力への選択と集中で生き残りをかける戦略です。
10月以降海外投資家が買っています。
現在600円水準で上げ一服感がありますが国内外機関投資家が
この上を買ってくるのではないでしょうか。
今後の円安定着となれば700円方向に上振れることが考えられます。
600円水準で少しモミ合うかもしれない。
売り目標650円~700円(為替動向と国内外機関投資家次第)
注:底値買いではなく、高値圏の為、順張りでリスクを伴います

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
トランプ氏当選後のトランプトレードでは
三菱UFJFG中心に米国金利上昇関連が
大きく値を上げた半面、その結果リバランスが進み
多くの優良株が機関投資家の組み入れ比率引き下げにより
値を下げ、売られすぎの水準になりました。
その中でも同社は11/15安値4888円から切り返しに転じています。
戻りはまだ初動ですのでここから10%程度の戻りは可能と考えます。
長期運用の海外投資家の好む国際優良株です。
海外投資家が買ってくると、安値で売った国内機関投資家が
買ってくるでしょう。
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円(全体相場の盛り上がり次第)

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
売られすぎの優良企業
日本市場の好需給が年末年始まで続くのであれば
11/15安値4156円から戻りを試す場面と考えます。
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
売られすぎの優良企業
日本市場の好需給が年末年始まで続くのであれば
11/15安値2745.5円から戻りを試す場面と考えます。
戻りメド3200円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
ZMPが12/19に上場になります。
今後も自動運転関連銘柄は、重要なテーマ株として市場の話題になりそうです。
自動運転関連銘柄として子会社のインクリメントPは有名ですが
パイオニアとともに空間情報センサーの実証実験を行っています。
標識をセンサーが認識し、完全自動運転を目指しています。
昨年大きく上昇したのち、日柄、値幅調整が進み
直近安値219円水準がほぼ下値と考えます。
本日安値は229円でしたので、上値を追いかけずに
下値水準に指値を這わせるのが良いと考えます。
180円台の底値水準で買っている方は、いつでも利食い圏ですので
300円まで我慢して、330円くらいまで行きそうかどうか考えて
見るのも良いと思います。
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
医療分野で活用されるロボットスーツの開発製造の成長銘柄
空売りファンドの標的となり
11/9安値1281円(1番底)
12/7安値1398円(2番底)
12/12追撃買いサイン① 1535円△112円
12/13追撃買いサイン② 1670円△135円
大底形成後の追撃買いサイン①②は的中率80%以上
戻りメド①2000円
戻りメド②未定

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
明日か、明後日か、今週中かはわかりませんが
急騰を予測します。
戻りメド①1680円
戻りメド②未定

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
2015年7/23高値18500円の大相場以降、長い間底練りになっていました。
本日12/13「潮目の変化」を感じました。
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
9/16安値1010円底値形成後、11/8高値1513円まで上昇
これが上昇第一波動で、12/13「潮目の変化」を感じました。
上昇第二波動入りを想定
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
10/7高値1025円まで上昇するも悪地合いの中もみ合いになっていました。
本日12/13「潮目の変化」を感じました。
12/13追撃買いサイン①②同時点灯
戻りメド①1000円
戻りメド②未定

2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

トランプ大統領就演説

1月20日(金)15:25

大引け

日経平均株価

19059.15(9:00)

19176.86(14:14)

19040.20(9:05)

19137.91(15:00)

前日比△65.66 +0.34%

TOPIX

1527.40(14:13)

1537.59(14:13)

1525.52(9:05)

1533.46(15:00)

前日比△5.31 +0.35%


週末1/20(金)日経平均株価は3日続伸

前日の米国市場は軟調に推移
トランプ大統領就任式を直前に控え
小安く始まりました

寄付 19059.15(9:00)▼13.09

安値 19040.20(9:05)▼32.05

寄り後は為替の円安を背景にプラス圏に浮上
前日終値を挟んでの狭いレンジでの推移となりました
後場になると先物主導で上げ幅を拡大し
19,100円台の推移となりました

高値 19176.86(14:14)△104.61

日経平均株価は3日続伸して引けました

大引 19137.91(15:00)△65.66


本日は後場になると次第に上げ幅を拡大しました。
今晩未明のトランプ大統領の就任演説でのリスク要因を
無難に通過するとみた海外短期筋の見切り発車があったようです。

現在の日本市場は先物主導相場になっています。
循環物色相場は、いったん小休止しトランプ政権の動向を
見極めてからの再スタートになりそうです。
トランプ大統領のツイッターは確かに不確定要因ですが
しだいに市場は免疫力が出来て、慣れてくるのではないでしょうか。
直近のドル高けん制発言で円高に振れたものの、イエレン議長発言により
ドル高円安の巻き戻しになりました。

海外短期筋はスーパーコンピューターと人工知能を駆使した高速商いにより
世界中のすべての情報を一瞬にして解析し、1秒間に数千回の売買を行っています。
トランプ氏のツイッター発言も彼らの人工知能が即座に解析し為替、株式の
売買を繰り返しますが、1秒先の株価を先取りしての売買だそうです。
個人投資家がこの真似はできませんし、真似をする必要はありません。

個人投資家の特権は、迷った時、分からない時は休むことができるという
大きな特権(武器)があります。
海外短期筋はもちろんのこと国内機関投資家は、どんな時も休むことは許されません。
今のように不透明感でよくわからない時は様子を見るのが一番です。
相場の格言で「休むも相場」といいますが、休んで様子を見て
買いのチャンスを待ち続けても良いではありませんか。

米国3指数 NYダウ NASDAQ S&P500
高値圏での推移が続いています。
日本は円安=株高で為替に連動するため先行きは
読みづらいところはありますが以下のレンジ圏を想定します。

レンジ上限
1/5高値19615.40円 ドル円H118.18円(1/4)
レンジ下限
1/18安値18650.33円 ドル円L112.58円(1/18)

117円台~118円台日経平均株価19,500円~
115円台~116円台前半 居心地の良い水準
114円台前半黄色信号 
113円台半ば 日経平均株価19,000円の攻防18,900円~19,100円
              113.23円→1/17安値18812.86円
111円~112円台日経平均ネックライン18,500円
              112.58円→1/18安値18650.33円

日経平均株価は12/9 18996.37円△230.90円以降
レンジ内での値動きになっています。
レンジ上限
12/21高値19592.90円 ドル円H118.06円(12/21)
1/5高値19615.40円 ドル円H118.18円(1/4)

レンジ下限
12/9安値18821.41円 ドル円L114.02円(12/9)
12/30安値18991.59円 ドル円L116.05円(12/30)
1/18安値18650.33円 ドル円L112.58円(1/18)


1/20(金)トランプ大統領就任式です。
日本時間1/21(土)深夜1:35ごろから就任式の放送


次回の更新は1/23(月)16:00ごろ更新予定です。

買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:初心者の方は安易に信用取引を行わないでください。
  目いっぱいの空売りは目いっぱいの信用買いより危険です。
  現物の目いっぱいの買いはいけませんが
  信用取引の目いっぱいの売買は、墓穴を掘ることになりかねません。
  くれぐれも実戦チャートの勉強の教材としてお使いください。

1/16ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

1/17現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

3086Jフロント 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

サポートライン
サポートライン① 25日移動平均線 1/12に41営業日ぶりにマイナス乖離
サポートライン② 25日移動平均線ー1% 1/16攻防中 1/17-2.40%
サポートライン③ 日経平均株価心理的節目19,000円 1/17終値18813.53円
サポートライン④ 日経平均株価心理的節目18,500円 1/18安値18650.33円

117円台~118円台日経平均株価19,500円~
115円台~116円台前半 居心地の良い水準
114円台前半黄色信号 
113円台半ば 日経平均株価19,000円の攻防18,900円~19,100円
              113.23円→1/17安値18812.86円
111円~112円台日経平均ネックライン18,500円
              112.58円→1/18安値18650.33円

円安、米国株高=日本株上昇
円高、米国株堅調=日本株安
円高、米国株安=日本株大幅下落

日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見を境に
楽観論は終りました。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

現在大きく日本株を買い上がっている海外短期筋は、永遠に
買い続けるわけではありません。
儲けるためには突然売りを浴びせてくることはいつもながらの行為です。
すべての投資家が全員強気になった時は、利食い千人力です。

日本の国力を上げる様々な新産業と投資テーマ(順不同)
2020年東京オリンピックまでに新産業バブルが来ることを想定
フィンテックブロックチェーン、ロボット、人工知能、ドローン、自動運転
バイオ再生医療、IoT、電子教科書、遠隔診療、VR Virtual Reality 仮想現実
AR Augmented Reality 拡張現実 、有機EL、ランサムウエア、5G、越境EC
BPP(バーチャルパワープラント)
上下水道老朽化関連銘柄(深刻なインフラ問題)
植物工場、東京発の電線地中化、バラスト水規制、中国の禁煙政策

IoT 人工知能AI ロボット 自動運転 フィンテックブロックチェーン
セキュリティー バイオ再生医療 有機EL は特に注目のテーマです。

かつての2000年ネットバブル相場では
9984ソフトバンクが118.6倍まで上昇しました。
1997/11 1,670円
2000年2月 198,000円
100倍は不可能ですが
2倍、3倍に値上がりする銘柄はたくさんあります。
第4次産業革命銘柄、3年後、5年後に成長を見込める成長銘柄
上記テーマを背景に中小型株の1年に1度~2度の安値水準を
根気強く待伏せ、コツコツと拾って「我慢賃金」を得る投資を心掛けます。


以前は読者の皆様の銘柄に対するコメントをできる限りお答えしておりましたが
年々体力の低下で難しくなってきました。
今後は、読者の皆様の勉強になるよう「銘柄研究」をご紹介いたします。
コメントでのご質問について
余裕のある時はご返事させていただきますので
ペンネーム、ハンドルネームを記載してください。

2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
年初来安値8/26安値492円 直近安値10/7安値501円
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
独立系の寮運営、ホテル事業が2本柱
底値が確認できないため、買う場合は2段階、3段階で買い下がりが有効
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
三菱UFJ子会社 利息返還請求も峠を越え、信用保証の拡大は想定以上
増額修正の可能性、17/3期復配を模索。
5/12高値643円形成後調整局面入り。
日柄調整5カ月経過の10/13安値452円で下げ一服感が出ました。
ここからの大きな下落は考えにくく450円台からの買い下がり方針。
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
年初来安値6/23安値802円に迫る水準になっています。
直近安値10/14安値806円、本日10/18安値806円
このあたりで買い下がりが有効になりそうです。
決算発表で大幅減額修正が出て下がった場合は
その場面で底打ちになりそうです。
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
9/8高値1015円 9/27高値1015円が節目になっています。
本日高値1014円まで買われましたが1015円を抜けることはできませんでした。
明日以降早い時期に1015円を突き抜けると
中段もち合い上放れの可能性が高まります。
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
4/26高値998円 調整局面入り
10/17安値731円が底値と想定
目先815円~820円どころが節目となっていますが
これを抜けると900円トライの場面があるかもしれません。
国内外ファンドが今後買ってくるかどうかで決まります。
売り目標870円~900円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
15年8/5高値12815円史上最高値形成後、11/19高値12350円 
高値奪回できず、そのまま調整局面入り 
8/19安値8388円で底値確認
戻りを試す場は国内外ファンドが買ってくるかどうかで決まります。
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
3/29高値3700円天井形成後、値幅日柄調整
10/25安値2136円が底値かどうかは現時点では5分5分
8/19安値2205円が下値の岩盤でしたが底割れし、底値模索中です。
17/3期連結予想EPS196.24円 連結一株純資産2072円
この水準から買い下がっても、大きなリスクはないと考えます。
2段階下がりの余裕があれば、負けることはなさそうです。
個人投資家は海外短期筋と同じ土俵で戦う必要はありません。
海外短期筋の影響を受けにくい銘柄、影響を受けにくい時期に
買えば良いのです。
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
車買い取り業界のトップ企業 ガリバーが社名変更
中古車買い取り販売の伸び悩みで17/2期減額修正 
3/30史上最高値1459円から反落 日柄値幅調整
7/20安値490円 10/19安値492円がほぼ底値と想定
暫くはレンジ内での推移を想定
レンジ上限660円
レンジ下限500円
売られすぎの反動に期待ができますが
660円以上の戻りは更なるサプライズ待ちになります。

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
通常ですと80%超の確率でここから一段安になりますが
年末にかけて全体相場が堅調な局面では売り圧力が低下するかもしれません。
強い相場では空売りは難しいので見るだけにします。
下値メド①1300円
下値メド②1200円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
10月下旬から見ていますが、誰かが何らかの思惑で買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価1600円~1800円?

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
10/28 75日移動平均回復
その後11/4高値3930円 11/14高値3940円で目先上値が重くなっています。
昨年までは、レンジ上限4900円~5400円 レンジ下限4100円~4200円でしたが
7月以降売り物に押され、8/31安値3510円形成後も出遅れ感が強く
今後国内外のファンドの買いが期待できます。
現在の水準で買って17/3の100円配当と株主優待の食事券をもらうつもりで
ノンビリ持続すればインカムゲインとキャピタルゲインの両方とれそうです。
売り目標①4500円
売り目標②4800円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
ブロンコビリーは売上高利益率トップクラスの外食チェーンです。
7/11上場来高値3645円形成後は調整局面になっています。
好業績で成長余力があるため大きく売り込まれませんが
現在はレンジ下限水準に位置しています。
12月決算銘柄ですので間もなく優待取りの時期でもあり
物色が期待できます。
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価170円~200円?

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
日立が社運をかけて稼ぐ力(売上高利益率)を高める戦略に出ました。
稼ぐ力への選択と集中で生き残りをかける戦略です。
10月以降海外投資家が買っています。
現在600円水準で上げ一服感がありますが国内外機関投資家が
この上を買ってくるのではないでしょうか。
今後の円安定着となれば700円方向に上振れることが考えられます。
600円水準で少しモミ合うかもしれない。
売り目標650円~700円(為替動向と国内外機関投資家次第)
注:底値買いではなく、高値圏の為、順張りでリスクを伴います

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
トランプ氏当選後のトランプトレードでは
三菱UFJFG中心に米国金利上昇関連が
大きく値を上げた半面、その結果リバランスが進み
多くの優良株が機関投資家の組み入れ比率引き下げにより
値を下げ、売られすぎの水準になりました。
その中でも同社は11/15安値4888円から切り返しに転じています。
戻りはまだ初動ですのでここから10%程度の戻りは可能と考えます。
長期運用の海外投資家の好む国際優良株です。
海外投資家が買ってくると、安値で売った国内機関投資家が
買ってくるでしょう。
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円(全体相場の盛り上がり次第)

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
売られすぎの優良企業
日本市場の好需給が年末年始まで続くのであれば
11/15安値4156円から戻りを試す場面と考えます。
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
売られすぎの優良企業
日本市場の好需給が年末年始まで続くのであれば
11/15安値2745.5円から戻りを試す場面と考えます。
戻りメド3200円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
ZMPが12/19に上場になります。
今後も自動運転関連銘柄は、重要なテーマ株として市場の話題になりそうです。
自動運転関連銘柄として子会社のインクリメントPは有名ですが
パイオニアとともに空間情報センサーの実証実験を行っています。
標識をセンサーが認識し、完全自動運転を目指しています。
昨年大きく上昇したのち、日柄、値幅調整が進み
直近安値219円水準がほぼ下値と考えます。
本日安値は229円でしたので、上値を追いかけずに
下値水準に指値を這わせるのが良いと考えます。
180円台の底値水準で買っている方は、いつでも利食い圏ですので
300円まで我慢して、330円くらいまで行きそうかどうか考えて
見るのも良いと思います。
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
医療分野で活用されるロボットスーツの開発製造の成長銘柄
空売りファンドの標的となり
11/9安値1281円(1番底)
12/7安値1398円(2番底)
12/12追撃買いサイン① 1535円△112円
12/13追撃買いサイン② 1670円△135円
大底形成後の追撃買いサイン①②は的中率80%以上
戻りメド①2000円
戻りメド②未定

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
明日か、明後日か、今週中かはわかりませんが
急騰を予測します。
戻りメド①1680円
戻りメド②未定

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
2015年7/23高値18500円の大相場以降、長い間底練りになっていました。
本日12/13「潮目の変化」を感じました。
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
9/16安値1010円底値形成後、11/8高値1513円まで上昇
これが上昇第一波動で、12/13「潮目の変化」を感じました。
上昇第二波動入りを想定
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
10/7高値1025円まで上昇するも悪地合いの中もみ合いになっていました。
本日12/13「潮目の変化」を感じました。
12/13追撃買いサイン①②同時点灯
戻りメド①1000円
戻りメド②未定

2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」


先物主導の相場

1月19日(木)20:35

大引け

日経平均株価

19082.83(9:00)

19122.39(9:38)

18982.13(12:43)

19072.25(15:00)

前日比△177.88 +0.94%

TOPIX

1528.84(9:00)

1533.98(9:37)

1521.01(12:43)

1528.15(15:00)

前日比△14.29 +0.94%


値上がり銘柄数 1546


値下がり銘柄数 364


新高値銘柄数 44


新安値銘柄数 3


騰落レシオ25D 99.6


日経平均25D乖離率 -1.10


TOPIX25D乖離率 -0.67


日経平均株価は大幅高で2日続伸

イエレン議長の利上げについての発言を背景に
114円台後半まで円安が進行、輸出関連銘柄中心に買いが先行
幅広い銘柄が買われました
節目である19,000円の大台を2日ぶりに回復

寄付 19082.83(9:00)△188.46

高値 19122.39(9:38)△228.02

19,100円を超える水準では戻り待ちの売り物に押され
上値は重くなり伸び悩み上げ幅を縮小する場面がありました

安値 18982.13(12:43)△87.76

日経平均株価は大幅高で2日続伸して引けました

大引 19072.25(15:00)△177.88


いよいよ明日1/20(金)トランプ大統領就任式です。
日本時間1/21(土)深夜1:35ごろから就任式の放送があります。
今後4年或いは8年間トランプ大統領が世界一の大国
アメリカ大統領に君臨します。
マスコミではなく、毎日ツイッターでの発言が時には
市場を乱高下させることになりそうですが
これを不安と思っても何もなりません。

ピンチこそチャンスといいますが
ボトムピークを見極めたうえで、うまく流れを引き寄せて
勝機を導けるよう日々精進するほかありません。

直近の日本株相場は、以前と変わりなく為替に連動し
海外短期筋の先物売買主導で上下しています。

上げる時はTOPIX主導で上昇
下がる時は日経平均主導で下落

円安、米国株高=日本株上昇
円高、米国株堅調=日本株安
円高、米国株安=日本株大幅下落

昨日まで3営業日連続で空売り比率40%超となりました。
9/12~9/15日銀決定会合、米国FOMCの時以来の
3営業日連続で空売り比率40%超です。

海外短期筋は買いでも売りでもどちらでも利益が取れる方に
動きます。
昨年はとことん売りたたかれましたが、今年も隙があれば
日本市場を売りたたいてくるでしょう。
個人投資家が今の日本市場で生き残るためには
海外短期筋の影響を出来る限り受けなくすることです。
株価の天井圏で買うこともいけません。

117円台~118円台日経平均株価19,500円~
115円台~116円台前半 日本株全体の上値が重くなる
114円台前半黄色信号 
113円台半ば 日経平均株価19,000円の攻防18,900円~19,100円
              113.23円→1/17安値18812.86円
111円~112円台日経平均ネックライン18,500円
              112.58円→1/18安値18650.33円

日経平均株価は12/9 18996.37円△230.90円以降
レンジ内での値動きになっています。
レンジ上限
12/21高値19592.90円 ドル円H118.06円(12/21)
1/5高値19615.40円 ドル円H118.18円(1/4)

レンジ下限
12/9安値18821.41円 ドル円L114.02円(12/9)
12/30安値18991.59円 ドル円L116.05円(12/30)
1/18安値18650.33円 ドル円L112.58円(1/18)

今後の日本株の動向は様々な外部要因、円相場
トランプ大統領の言動等、上下することになりますが
当面のレンジ上下幅は上記記載の枠内と考えます。

レンジ枠を上に超える時は、大きな買い材料が出現した時
レンジ枠を下に抜ける時は、大きな売り材料が出現した時

レンジ上限付近では買いポジションを減らす
レンジ下限付近では少しだけ買ってみる
レンジを下抜けて大きく下がった時に買いポジションを高める。

今年の相場はまだ始まったばかりです。
株価が高値付近の時に買った買い玉は大きく儲けられません。
株価が年に1度~2度の安値圏で買った買い玉は大きく儲けられます。

1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意

トランプ大統領のことを不安に思っても仕方ありません。
海外短期筋の動向を不安に思っても仕方ありません。
個人投資家は、以上のことを頭の片隅にとどめ
2017年相場は、海外短期筋の影響を受けにくい投資を目指すべきと思います。



次回の更新は1/20(金)16:00ごろ更新予定です。

買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:初心者の方は安易に信用取引を行わないでください。
  目いっぱいの空売りは目いっぱいの信用買いより危険です。
  現物の目いっぱいの買いはいけませんが
  信用取引の目いっぱいの売買は、墓穴を掘ることになりかねません。
  くれぐれも実戦チャートの勉強の教材としてお使いください。

1/16ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

1/17現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

3086Jフロント 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

サポートライン
サポートライン① 25日移動平均線 1/12に41営業日ぶりにマイナス乖離
サポートライン② 25日移動平均線ー1% 1/16攻防中 1/17-2.40%
サポートライン③ 日経平均株価心理的節目19,000円 1/17終値18813.53円
サポートライン④ 日経平均株価心理的節目18,500円 1/18安値18650.33円

117円台~118円台日経平均株価19,500円~
115円台~116円台前半 日本株全体の上値が重くなる
114円台前半黄色信号 
113円台半ば 日経平均株価19,000円の攻防18,900円~19,100円
              113.23円→1/17安値18812.86円
111円~112円台日経平均ネックライン18,500円
              112.58円→1/18安値18650.33円

円安、米国株高=日本株上昇
円高、米国株堅調=日本株安
円高、米国株安=日本株大幅下落

日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見を境に
楽観論は終りました。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

現在大きく日本株を買い上がっている海外短期筋は、永遠に
買い続けるわけではありません。
儲けるためには突然売りを浴びせてくることはいつもながらの行為です。
すべての投資家が全員強気になった時は、利食い千人力です。

日本の国力を上げる様々な新産業と投資テーマ(順不同)
2020年東京オリンピックまでに新産業バブルが来ることを想定
フィンテックブロックチェーン、ロボット、人工知能、ドローン、自動運転
バイオ再生医療、IoT、電子教科書、遠隔診療、VR Virtual Reality 仮想現実
AR Augmented Reality 拡張現実 、有機EL、ランサムウエア、5G、越境EC
BPP(バーチャルパワープラント)
上下水道老朽化関連銘柄(深刻なインフラ問題)
植物工場、東京発の電線地中化、バラスト水規制、中国の禁煙政策

IoT 人工知能AI ロボット 自動運転 フィンテックブロックチェーン
セキュリティー バイオ再生医療 有機EL は特に注目のテーマです。

かつての2000年ネットバブル相場では
9984ソフトバンクが118.6倍まで上昇しました。
1997/11 1,670円
2000年2月 198,000円
100倍は不可能ですが
2倍、3倍に値上がりする銘柄はたくさんあります。
第4次産業革命銘柄、3年後、5年後に成長を見込める成長銘柄
上記テーマを背景に中小型株の1年に1度~2度の安値水準を
根気強く待伏せ、コツコツと拾って「我慢賃金」を得る投資を心掛けます。


以前は読者の皆様の銘柄に対するコメントをできる限りお答えしておりましたが
年々体力の低下で難しくなってきました。
今後は、読者の皆様の勉強になるよう「銘柄研究」をご紹介いたします。
コメントでのご質問について
余裕のある時はご返事させていただきますので
ペンネーム、ハンドルネームを記載してください。

2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
年初来安値8/26安値492円 直近安値10/7安値501円
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
独立系の寮運営、ホテル事業が2本柱
底値が確認できないため、買う場合は2段階、3段階で買い下がりが有効
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
三菱UFJ子会社 利息返還請求も峠を越え、信用保証の拡大は想定以上
増額修正の可能性、17/3期復配を模索。
5/12高値643円形成後調整局面入り。
日柄調整5カ月経過の10/13安値452円で下げ一服感が出ました。
ここからの大きな下落は考えにくく450円台からの買い下がり方針。
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
年初来安値6/23安値802円に迫る水準になっています。
直近安値10/14安値806円、本日10/18安値806円
このあたりで買い下がりが有効になりそうです。
決算発表で大幅減額修正が出て下がった場合は
その場面で底打ちになりそうです。
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
9/8高値1015円 9/27高値1015円が節目になっています。
本日高値1014円まで買われましたが1015円を抜けることはできませんでした。
明日以降早い時期に1015円を突き抜けると
中段もち合い上放れの可能性が高まります。
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
4/26高値998円 調整局面入り
10/17安値731円が底値と想定
目先815円~820円どころが節目となっていますが
これを抜けると900円トライの場面があるかもしれません。
国内外ファンドが今後買ってくるかどうかで決まります。
売り目標870円~900円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
15年8/5高値12815円史上最高値形成後、11/19高値12350円 
高値奪回できず、そのまま調整局面入り 
8/19安値8388円で底値確認
戻りを試す場は国内外ファンドが買ってくるかどうかで決まります。
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
3/29高値3700円天井形成後、値幅日柄調整
10/25安値2136円が底値かどうかは現時点では5分5分
8/19安値2205円が下値の岩盤でしたが底割れし、底値模索中です。
17/3期連結予想EPS196.24円 連結一株純資産2072円
この水準から買い下がっても、大きなリスクはないと考えます。
2段階下がりの余裕があれば、負けることはなさそうです。
個人投資家は海外短期筋と同じ土俵で戦う必要はありません。
海外短期筋の影響を受けにくい銘柄、影響を受けにくい時期に
買えば良いのです。
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
車買い取り業界のトップ企業 ガリバーが社名変更
中古車買い取り販売の伸び悩みで17/2期減額修正 
3/30史上最高値1459円から反落 日柄値幅調整
7/20安値490円 10/19安値492円がほぼ底値と想定
暫くはレンジ内での推移を想定
レンジ上限660円
レンジ下限500円
売られすぎの反動に期待ができますが
660円以上の戻りは更なるサプライズ待ちになります。

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
通常ですと80%超の確率でここから一段安になりますが
年末にかけて全体相場が堅調な局面では売り圧力が低下するかもしれません。
強い相場では空売りは難しいので見るだけにします。
下値メド①1300円
下値メド②1200円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
10月下旬から見ていますが、誰かが何らかの思惑で買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価1600円~1800円?

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
10/28 75日移動平均回復
その後11/4高値3930円 11/14高値3940円で目先上値が重くなっています。
昨年までは、レンジ上限4900円~5400円 レンジ下限4100円~4200円でしたが
7月以降売り物に押され、8/31安値3510円形成後も出遅れ感が強く
今後国内外のファンドの買いが期待できます。
現在の水準で買って17/3の100円配当と株主優待の食事券をもらうつもりで
ノンビリ持続すればインカムゲインとキャピタルゲインの両方とれそうです。
売り目標①4500円
売り目標②4800円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
ブロンコビリーは売上高利益率トップクラスの外食チェーンです。
7/11上場来高値3645円形成後は調整局面になっています。
好業績で成長余力があるため大きく売り込まれませんが
現在はレンジ下限水準に位置しています。
12月決算銘柄ですので間もなく優待取りの時期でもあり
物色が期待できます。
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価170円~200円?

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
日立が社運をかけて稼ぐ力(売上高利益率)を高める戦略に出ました。
稼ぐ力への選択と集中で生き残りをかける戦略です。
10月以降海外投資家が買っています。
現在600円水準で上げ一服感がありますが国内外機関投資家が
この上を買ってくるのではないでしょうか。
今後の円安定着となれば700円方向に上振れることが考えられます。
600円水準で少しモミ合うかもしれない。
売り目標650円~700円(為替動向と国内外機関投資家次第)
注:底値買いではなく、高値圏の為、順張りでリスクを伴います

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
トランプ氏当選後のトランプトレードでは
三菱UFJFG中心に米国金利上昇関連が
大きく値を上げた半面、その結果リバランスが進み
多くの優良株が機関投資家の組み入れ比率引き下げにより
値を下げ、売られすぎの水準になりました。
その中でも同社は11/15安値4888円から切り返しに転じています。
戻りはまだ初動ですのでここから10%程度の戻りは可能と考えます。
長期運用の海外投資家の好む国際優良株です。
海外投資家が買ってくると、安値で売った国内機関投資家が
買ってくるでしょう。
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円(全体相場の盛り上がり次第)

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
売られすぎの優良企業
日本市場の好需給が年末年始まで続くのであれば
11/15安値4156円から戻りを試す場面と考えます。
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
売られすぎの優良企業
日本市場の好需給が年末年始まで続くのであれば
11/15安値2745.5円から戻りを試す場面と考えます。
戻りメド3200円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
ZMPが12/19に上場になります。
今後も自動運転関連銘柄は、重要なテーマ株として市場の話題になりそうです。
自動運転関連銘柄として子会社のインクリメントPは有名ですが
パイオニアとともに空間情報センサーの実証実験を行っています。
標識をセンサーが認識し、完全自動運転を目指しています。
昨年大きく上昇したのち、日柄、値幅調整が進み
直近安値219円水準がほぼ下値と考えます。
本日安値は229円でしたので、上値を追いかけずに
下値水準に指値を這わせるのが良いと考えます。
180円台の底値水準で買っている方は、いつでも利食い圏ですので
300円まで我慢して、330円くらいまで行きそうかどうか考えて
見るのも良いと思います。
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
医療分野で活用されるロボットスーツの開発製造の成長銘柄
空売りファンドの標的となり
11/9安値1281円(1番底)
12/7安値1398円(2番底)
12/12追撃買いサイン① 1535円△112円
12/13追撃買いサイン② 1670円△135円
大底形成後の追撃買いサイン①②は的中率80%以上
戻りメド①2000円
戻りメド②未定

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
明日か、明後日か、今週中かはわかりませんが
急騰を予測します。
戻りメド①1680円
戻りメド②未定

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
2015年7/23高値18500円の大相場以降、長い間底練りになっていました。
本日12/13「潮目の変化」を感じました。
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
9/16安値1010円底値形成後、11/8高値1513円まで上昇
これが上昇第一波動で、12/13「潮目の変化」を感じました。
上昇第二波動入りを想定
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
10/7高値1025円まで上昇するも悪地合いの中もみ合いになっていました。
本日12/13「潮目の変化」を感じました。
12/13追撃買いサイン①②同時点灯
戻りメド①1000円
戻りメド②未定

2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

トランプ政権は4年間は続く

1月18日(水)15:45

大引け

日経平均株価

18753.96(9:00)

18941.24(14:36)

18650.33(10:03)

18894.37(15:00)

前日比△80.84 +0.43%

TOPIX

1503.14(9:00)

1516.39(14:36)

1495.03(10:03)

1513.86(15:00)

前日比△4.76 +0.32%


日経平均株価は3日ぶりに反発

連休明けの前日の米国市場は反落
トランプ次期大統領がドル高をけん制する発言をしたため
ドルは主要通貨に対し下落
112円台の円高を背景に売り先行で始まりました

寄付 18753.96(9:00)▼59.57

日経平均株価は安寄り後下値を切り下げ
160円を超える下げ幅になりました

安値 18650.33(10:03)▼163.20

売り一巡後は切り返しに転じ
14時を過ぎると為替の円高が円安方向に振れ
日経平均株価は上げ幅を拡大

高値 18941.24(14:36)△127.71

日経平均株価は3日ぶりに反発して引けました

大引 18894.37(15:00)△80.84


日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見を境に
楽観論は終りました。
1/17イギリス メイ首相のEU強硬離脱思惑で円買い日本株売り(円高株安)
1/20トランプ大統領就任式 不透明感、トランプ大統領が何を言い出すか
全く予測不能(トランプ氏ドル高けん制発言)

久々に新興国並みのボラティリティーの高い日本株となりました。
11/10以降一貫して買い続けていた海外短期筋の先物買いが
直近ピタッと止まり、円買い株式先物売りを仕掛けてきました。

日経平均株価1/5高値19615.40円
日経平均株価1/18安値18650.33円
19615.40-18650.33円=965.07

1/5高値から本日安値まで965.07円下落となり、後場切り返しに転じてきました。

明日上昇するかどうかは、メインプレーヤー海外短期筋次第。
今後のドル円相場の行方は、米国10年債利回り次第。
今後の日本株相場、ドル円相場はトランプ次期大統領の言動次第で上下する。
世界一の大国の大統領がツイッターで、何を言い出すか予測不能。

海外短期筋は、スーパーコンピューターと人工知能を駆使した高速商いで
1秒先の株価を予測して、1秒間に数千回の売買を繰り返す。
その日暮らしの日本市場になっています。

日経平均株価1/18安値18650.33円でようやく切り返しに転じましたが
1/20トランプ大統領就任式まで、2営業日不透明感がぬぐえません。

分らない時迷った時は現金比率を高めていく方針です。
損をしてまで売る必要性はありませんが、利悔い千人力とします。

今年も上下に荒れる相場展開が予想されます。
現金さえあれば、いつでも再投資可能です。

トランプ大統領の影響はこれから4年間は続きます。



コメントをいただきましたのでご返事させていただきます。

質問ですが、3653モルフォ
「寄付き前の気配値を見て売る気がしなくなったため様子見としました」
とブログにありますが、
先生の中でどんな基準があるのでしょうか?

コメントありがとうございます。
トランプ次期大統領公式記者会見を境に円安一服から
円高方向に振れ、相場の地合いが悪化してきました。
当初モルフォの売り目標は8000円としておりましたが
全体相場が不安定になってきたため、利食い千人力と
方針変更をし、寄付き前の板情報を見たところ
1/6高値6620円から900円近く下がっていたため
売る気がなくなったという意味です。
この場合は、上昇トレンドが生きていますので
(25日移動平均線は上向きでプラス乖離継続中という意味)
売り急がずに次の短期上昇波動を待っても良いと考えました。
1/6高値6620円は難しいとしても、6200円~6300円
上手くすれば6500円前後くらいはあるのではないかと考えました。


6788日本トリム
日本トリム4750円で300株持っています。
今年自社株買いが昨年12月12日に発表され今年6月12日まであり
安心して持ってはいるのですが、下値はここからは浅いでしょうか?
ナンピンも考え中です?

コメントありがとうございます。
日本トリムは、私も見ている銘柄です。
7/12高値8350円から日柄値幅調整入り
その間に「風評被害」にあい株価はさらに下押しました。

国民生活センターによる水素水に関する発表があり
同社の製品への風評被害があったということです。
同社の製品は問題なかったのですが、テレビに映ったため
それが風評被害になったようです。

株価は
11/9安値3990円1番底形成後12/12に25日移動平均線
プラス乖離に転じ1/6高値4910円まで順調に上昇していました。
しかし、全体相場地合い悪化により転換したかと思われたトレンドが
再び下方向に振れてしまいました。
現時点で考えられることは①②のどちらかになるのではないかと考えます。
①そろそろ切り返しに転じる。
②2番底を探る。
どちらになったとしても自社株買いが控えているため
11/9安値3990円1番底 これが大底になる可能性が極めて高いと考えます。
今後の問題は、国内外ファンドが再び買ってくるかどうかということです。
「風評被害」であっても、ファンドは手控えるところが出てくるということです。
記憶が定かではありませんが伊藤忠? 商社と共同で中国に先端医療機関を
展開するという材料があったと記憶しております。
その進捗度がどの程度になっているか?
風評被害によって17/3期が想定通りの数値が達成できるかどうか?
このあたりを踏まえて市場が株価を評価していくでしょう。
ナンピンはもっと大きく下がった時に行うのが良いと思います。
現時点では11/9安値3990円1番底 これが大底になる可能性が極めて高いと考えます。




次回の更新は1/19(木)20:00~21:00ごろ更新予定です。

買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:初心者の方は安易に信用取引を行わないでください。
  目いっぱいの空売りは目いっぱいの信用買いより危険です。
  現物の目いっぱいの買いはいけませんが
  信用取引の目いっぱいの売買は、墓穴を掘ることになりかねません。
  くれぐれも実戦チャートの勉強の教材としてお使いください。

昨日ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

本日現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

3086Jフロント 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

サポートライン
サポートライン① 25日移動平均線 1/12に41営業日ぶりにマイナス乖離
サポートライン② 25日移動平均線ー1% 1/16攻防中 1/17-2.40%
サポートライン③ 日経平均株価心理的節目19,000円 1/17終値18813.53円
サポートライン④ 日経平均株価心理的節目18,500円 明日以降の攻防

117円台~118円台日経平均株価19,500円~
115円台~116円台前半 日本株全体の上値が重くなる
114円台前半黄色信号 
113円台半ば 日経平均株価19,000円の攻防18,900円~19,100円
                  →1/17安値18812.86円
111円~112円台日経平均ネックライン18,500円

円安、米国株高=日本株上昇
円高、米国株堅調=日本株安
円高、米国株安=日本株大幅下落

日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見を境に
楽観論は終りました。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

現在大きく日本株を買い上がっている海外短期筋は、永遠に
買い続けるわけではありません。
儲けるためには突然売りを浴びせてくることはいつもながらの行為です。
すべての投資家が全員強気になった時は、利食い千人力です。

日本の国力を上げる様々な新産業と投資テーマ(順不同)
2020年東京オリンピックまでに新産業バブルが来ることを想定
フィンテックブロックチェーン、ロボット、人工知能、ドローン、自動運転
バイオ再生医療、IoT、電子教科書、遠隔診療、VR Virtual Reality 仮想現実
AR Augmented Reality 拡張現実 、有機EL、ランサムウエア、5G、越境EC
BPP(バーチャルパワープラント)
上下水道老朽化関連銘柄(深刻なインフラ問題)
植物工場、東京発の電線地中化、バラスト水規制、中国の禁煙政策

IoT 人工知能AI ロボット 自動運転 フィンテックブロックチェーン
セキュリティー バイオ再生医療 有機EL は特に注目のテーマです。

かつての2000年ネットバブル相場では
9984ソフトバンクが118.6倍まで上昇しました。
1997/11 1,670円
2000年2月 198,000円
100倍は不可能ですが
2倍、3倍に値上がりする銘柄はたくさんあります。
第4次産業革命銘柄、3年後、5年後に成長を見込める成長銘柄
上記テーマを背景に中小型株の1年に1度~2度の安値水準を
根気強く待伏せ、コツコツと拾って「我慢賃金」を得る投資を心掛けます。


以前は読者の皆様の銘柄に対するコメントをできる限りお答えしておりましたが
年々体力の低下で難しくなってきました。
今後は、読者の皆様の勉強になるよう「銘柄研究」をご紹介いたします。
コメントでのご質問について
余裕のある時はご返事させていただきますので
ペンネーム、ハンドルネームを記載してください。

2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
年初来安値8/26安値492円 直近安値10/7安値501円
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
独立系の寮運営、ホテル事業が2本柱
底値が確認できないため、買う場合は2段階、3段階で買い下がりが有効
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
三菱UFJ子会社 利息返還請求も峠を越え、信用保証の拡大は想定以上
増額修正の可能性、17/3期復配を模索。
5/12高値643円形成後調整局面入り。
日柄調整5カ月経過の10/13安値452円で下げ一服感が出ました。
ここからの大きな下落は考えにくく450円台からの買い下がり方針。
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
年初来安値6/23安値802円に迫る水準になっています。
直近安値10/14安値806円、本日10/18安値806円
このあたりで買い下がりが有効になりそうです。
決算発表で大幅減額修正が出て下がった場合は
その場面で底打ちになりそうです。
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
9/8高値1015円 9/27高値1015円が節目になっています。
本日高値1014円まで買われましたが1015円を抜けることはできませんでした。
明日以降早い時期に1015円を突き抜けると
中段もち合い上放れの可能性が高まります。
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
4/26高値998円 調整局面入り
10/17安値731円が底値と想定
目先815円~820円どころが節目となっていますが
これを抜けると900円トライの場面があるかもしれません。
国内外ファンドが今後買ってくるかどうかで決まります。
売り目標870円~900円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
15年8/5高値12815円史上最高値形成後、11/19高値12350円 
高値奪回できず、そのまま調整局面入り 
8/19安値8388円で底値確認
戻りを試す場は国内外ファンドが買ってくるかどうかで決まります。
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
3/29高値3700円天井形成後、値幅日柄調整
10/25安値2136円が底値かどうかは現時点では5分5分
8/19安値2205円が下値の岩盤でしたが底割れし、底値模索中です。
17/3期連結予想EPS196.24円 連結一株純資産2072円
この水準から買い下がっても、大きなリスクはないと考えます。
2段階下がりの余裕があれば、負けることはなさそうです。
個人投資家は海外短期筋と同じ土俵で戦う必要はありません。
海外短期筋の影響を受けにくい銘柄、影響を受けにくい時期に
買えば良いのです。
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
車買い取り業界のトップ企業 ガリバーが社名変更
中古車買い取り販売の伸び悩みで17/2期減額修正 
3/30史上最高値1459円から反落 日柄値幅調整
7/20安値490円 10/19安値492円がほぼ底値と想定
暫くはレンジ内での推移を想定
レンジ上限660円
レンジ下限500円
売られすぎの反動に期待ができますが
660円以上の戻りは更なるサプライズ待ちになります。

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
通常ですと80%超の確率でここから一段安になりますが
年末にかけて全体相場が堅調な局面では売り圧力が低下するかもしれません。
強い相場では空売りは難しいので見るだけにします。
下値メド①1300円
下値メド②1200円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
10月下旬から見ていますが、誰かが何らかの思惑で買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価1600円~1800円?

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
10/28 75日移動平均回復
その後11/4高値3930円 11/14高値3940円で目先上値が重くなっています。
昨年までは、レンジ上限4900円~5400円 レンジ下限4100円~4200円でしたが
7月以降売り物に押され、8/31安値3510円形成後も出遅れ感が強く
今後国内外のファンドの買いが期待できます。
現在の水準で買って17/3の100円配当と株主優待の食事券をもらうつもりで
ノンビリ持続すればインカムゲインとキャピタルゲインの両方とれそうです。
売り目標①4500円
売り目標②4800円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
ブロンコビリーは売上高利益率トップクラスの外食チェーンです。
7/11上場来高値3645円形成後は調整局面になっています。
好業績で成長余力があるため大きく売り込まれませんが
現在はレンジ下限水準に位置しています。
12月決算銘柄ですので間もなく優待取りの時期でもあり
物色が期待できます。
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価170円~200円?

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
日立が社運をかけて稼ぐ力(売上高利益率)を高める戦略に出ました。
稼ぐ力への選択と集中で生き残りをかける戦略です。
10月以降海外投資家が買っています。
現在600円水準で上げ一服感がありますが国内外機関投資家が
この上を買ってくるのではないでしょうか。
今後の円安定着となれば700円方向に上振れることが考えられます。
600円水準で少しモミ合うかもしれない。
売り目標650円~700円(為替動向と国内外機関投資家次第)
注:底値買いではなく、高値圏の為、順張りでリスクを伴います

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
トランプ氏当選後のトランプトレードでは
三菱UFJFG中心に米国金利上昇関連が
大きく値を上げた半面、その結果リバランスが進み
多くの優良株が機関投資家の組み入れ比率引き下げにより
値を下げ、売られすぎの水準になりました。
その中でも同社は11/15安値4888円から切り返しに転じています。
戻りはまだ初動ですのでここから10%程度の戻りは可能と考えます。
長期運用の海外投資家の好む国際優良株です。
海外投資家が買ってくると、安値で売った国内機関投資家が
買ってくるでしょう。
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円(全体相場の盛り上がり次第)

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
売られすぎの優良企業
日本市場の好需給が年末年始まで続くのであれば
11/15安値4156円から戻りを試す場面と考えます。
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
売られすぎの優良企業
日本市場の好需給が年末年始まで続くのであれば
11/15安値2745.5円から戻りを試す場面と考えます。
戻りメド3200円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
ZMPが12/19に上場になります。
今後も自動運転関連銘柄は、重要なテーマ株として市場の話題になりそうです。
自動運転関連銘柄として子会社のインクリメントPは有名ですが
パイオニアとともに空間情報センサーの実証実験を行っています。
標識をセンサーが認識し、完全自動運転を目指しています。
昨年大きく上昇したのち、日柄、値幅調整が進み
直近安値219円水準がほぼ下値と考えます。
本日安値は229円でしたので、上値を追いかけずに
下値水準に指値を這わせるのが良いと考えます。
180円台の底値水準で買っている方は、いつでも利食い圏ですので
300円まで我慢して、330円くらいまで行きそうかどうか考えて
見るのも良いと思います。
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
医療分野で活用されるロボットスーツの開発製造の成長銘柄
空売りファンドの標的となり
11/9安値1281円(1番底)
12/7安値1398円(2番底)
12/12追撃買いサイン① 1535円△112円
12/13追撃買いサイン② 1670円△135円
大底形成後の追撃買いサイン①②は的中率80%以上
戻りメド①2000円
戻りメド②未定

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
明日か、明後日か、今週中かはわかりませんが
急騰を予測します。
戻りメド①1680円
戻りメド②未定

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
2015年7/23高値18500円の大相場以降、長い間底練りになっていました。
本日12/13「潮目の変化」を感じました。
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
9/16安値1010円底値形成後、11/8高値1513円まで上昇
これが上昇第一波動で、12/13「潮目の変化」を感じました。
上昇第二波動入りを想定
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
10/7高値1025円まで上昇するも悪地合いの中もみ合いになっていました。
本日12/13「潮目の変化」を感じました。
12/13追撃買いサイン①②同時点灯
戻りメド①1000円
戻りメド②未定

2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

メイ首相発言内容待ち

1月17日(火)20:45

大引け

日経平均株価

19038.45(9:00)

19043.91(10:29)

18812.86(15:00)

18813.53(15:00)

前日比▼281.71 -1.48%

TOPIX

1525.87(9:00)

1525.87(9:00)

1509.01(15:00)

1509.01(15:00)

前日比▼21.54 -1.41%


値上がり銘柄数 149


値下がり銘柄数 1799


新高値銘柄数 19


新安値銘柄数 3


騰落レシオ25D 101.2


日経平均25D乖離率 -2.40


TOPIX25D乖離率 -1.90


日経平均株価は大幅続落

前日の米国市場は休場、欧州市場安、円高を背景に
売り先行で始まりました

寄付 19038.45(9:00)▼56.79

高値 19043.91(10:29)▼51.33

売り一巡後は円高一服から切り返しに転じましたが
後場になると為替が再び円高に振れると株価は
ジリジリと下げ幅を拡大しこの日の安値圏で引けました

安値 18812.86(15:00)▼282.38

日経平均株価は大幅続落してひけました

大引 18813.53(15:00)▼281.71


株価位置を考える
以前以下の想定値をブログに張り付けましたが
あっさりと底割れしてきました。

サポートライン① 25日移動平均線 1/12に41営業日ぶりにマイナス乖離
サポートライン② 25日移動平均線ー1% 1/16攻防中 1/17-2.40%
サポートライン③ 日経平均株価心理的節目19,000円 1/17終値18813.53円
サポートライン④ 日経平均株価心理的節目18,500円 明日以降の攻防

117円台~118円台日経平均株価19,500円~
115円台~116円台前半 日本株全体の上値が重くなる
114円台前半黄色信号 
113円台半ば 日経平均株価19,000円の攻防18,900円~19,100円
                  →1/17安値18812.86円
111円~112円台日経平均ネックライン18,500円

昨日から海外短期筋の先物買いはピタッと止まりました。
イギリス メイ首相がEUから強硬離脱するのではないかとする観測から
前日の欧州市場は売られ、昨日は米国市場休場のため、先行きが不透明になり
迷ったらザラバを見ても余計分らなくなると考え、主力銘柄の一部も
寄付きで利食い千人力としました。
明日以降上振れたら儲けそこないは良しとします。
下がったら再投資するつもりです。
今の地合いではホームラン(株価倍増)は難しいため、先週末すべての
売り目標を引き下げましたが、さらに引き下げて本日寄付きで利食い。

明日以降の相場は、メイ首相の発言内容次第で為替、米国、欧州市場の動向が
動きそうですが、仮に無事通過しても、1/20トランプ大統領就任式も
全く先が読めない相場展開になりそうです。
利食い千人力に徹し、儲け損ないは良しとします。
このような時は考えても仕方ないため、寄付きで売ってしまうのが
一番すっきりします。

3653モルフォ再投資分は、寄付き前の気配値を見て
売る気がしなくなったため様子見としましたが、当初の売り目標8000円は
全体相場の地合いが急速に悪化したため、明日以降の早い時期に
6200円~6500円の水準のどこかで成り行き売りをしようと思います。
チャート的には、本日の上昇で上昇トレンドは生きていますが
トランプ大統領の言動が読めないため現金ポジションを
高めておく方が良いと考えました。
今後様々な欧州不安が取りざたされるころあいです。

本日の利食い
3692FFRI 
買い直し4030円の買い玉、寄付き4205円でいったん利食いました。
2124JACリクルート
買いコスト1116円買い 寄付き1350円で利食いました。
9419ワイヤレスゲート
買いコスト1622円買い 寄付き1751円で利食いました。

EPSの上昇
現在の日経平均EPS1170円
日経平均株価のレンジ13倍~17倍
1170×13=15210円 レンジ上限
1170×15=17550円 中間点
1170×17=19890円 レンジ下限
これは直近までの円安による企業収益の改善は織り込まれていませんので
以下の計算を行います。
様々な収益予想値が試算されていますが、少なく見積もって
1170+100=1270円として考えると、17/3期決算発表が出そろう頃
5月以降の適正レンジは以下の水準が考えられます。
1270×13=16510円
1270×15=19050円
1270×16.5=20955円

話がややこしくなったため、結論は
日本株の適正株価は
1270×15=19050円
株価は上下に振れるため1月~2月の相場は目先売り込まれても
18000円あたりが当面の下値メドになるのではないかと考えています。
18000円(14.17倍)~19500円(15.35倍)
相場の地合いが悪化すると人はみな恐怖感が出てきますが
株価低迷の16年夏でも13.7~14.2倍でしたから、悪材料が余程重ならない限り
当面の下値は18000円(14.17倍)と考えるのは、矛盾していないと思います。

サポートライン③ 日経平均株価心理的節目19,000円 1/17終値18813.53円
サポートライン④ 日経平均株価心理的節目18,500円 明日以降の攻防
最悪に売り込まれた場合 18,000円前後

今晩のメイ首相発言内容を無事通過すれば
サポートライン④ 日経平均株価心理的節目18,500円は当面の岩盤になりそうです。
いずれにしましても1週間先の株価が読めない状況です。
明日以降の相場を見てから再判断します。


コメントのご返事させていただきます。

イーギャランティーとワイヤレスゲート
イーギャランティー2500円
ワイヤレスゲート1800円
で買って持っています。
長期保有で報われる時が来るでしょうか?

コメントありがとうございます。

8771Eギャランティー
1/6追撃買いサイン①
1/10高値2598円 陰線になったため追撃買いサイン②は出ず。
追撃買いサイン②がでなくて、1/17の陰線により
1/6追撃買いサイン①はダマシになりました。
この企業は売り上げ、営業利益、経常利益すべてパーフェクトに
きれいな右肩上がり、つまり8期連続最高益更新予想です。
私の買いコストは2500円
娘は定期預金と考えて2500円買いを塩漬けとして
17年高値3000円~3335円を目標にしていますが
この考えに私も異論はありません。

9419ワイヤレスゲート
12/27追撃買いサイン1
1/4追撃買いサイン2 
1/10高値1829円まで上昇するも直近の全体相場地合い悪化により
1/17終値1708円となりました。
これは本日いったん利食いましたが、1620円前後で再投資予定です。
買いコスト1622円買い 寄付き1751円で利食いました。

12月決算銘柄です。
今後減額修正がない限り1800円以上にはなると考えます。
現状は1600円~2000円の往来相場ですので
1/10高値1829円
10/6高値1975円
このあたりが目先の目標値と考えます。
12月決算内容次第です。
2/12頃の発表と記憶しております。


買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:個別銘柄指数表での速報値の為逆日歩や信用倍率は未確認

昨日ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

本日現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

3086Jフロント 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大


その他多数の地銀株にサインが出ていますが
ブログ締め切りに間に合わないため省略します。
注:個別銘柄指数表での速報値の為逆日歩や信用倍率は未確認


次回の更新は1/18(水)16:00ごろ更新予定です。

サポートライン
サポートライン① 25日移動平均線 1/12に41営業日ぶりにマイナス乖離
サポートライン② 25日移動平均線ー1% 1/16攻防中 1/17-2.40%
サポートライン③ 日経平均株価心理的節目19,000円 1/17終値18813.53円
サポートライン④ 日経平均株価心理的節目18,500円 明日以降の攻防

117円台~118円台日経平均株価19,500円~
115円台~116円台前半 日本株全体の上値が重くなる
114円台前半黄色信号 
113円台半ば 日経平均株価19,000円の攻防18,900円~19,100円
                  →1/17安値18812.86円
111円~112円台日経平均ネックライン18,500円

円安、米国株高=日本株上昇
円高、米国株堅調=日本株安
円高、米国株安=日本株大幅下落

日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見を境に
楽観論は終りました。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

現在大きく日本株を買い上がっている海外短期筋は、永遠に
買い続けるわけではありません。
儲けるためには突然売りを浴びせてくることはいつもながらの行為です。
すべての投資家が全員強気になった時は、利食い千人力です。

日本の国力を上げる様々な新産業と投資テーマ(順不同)
2020年東京オリンピックまでに新産業バブルが来ることを想定
フィンテックブロックチェーン、ロボット、人工知能、ドローン、自動運転
バイオ再生医療、IoT、電子教科書、遠隔診療、VR Virtual Reality 仮想現実
AR Augmented Reality 拡張現実 、有機EL、ランサムウエア、5G、越境EC
BPP(バーチャルパワープラント)
上下水道老朽化関連銘柄(深刻なインフラ問題)
植物工場、東京発の電線地中化、バラスト水規制、中国の禁煙政策

IoT 人工知能AI ロボット 自動運転 フィンテックブロックチェーン
セキュリティー バイオ再生医療 有機EL は特に注目のテーマです。

かつての2000年ネットバブル相場では
9984ソフトバンクが118.6倍まで上昇しました。
1997/11 1,670円
2000年2月 198,000円
100倍は不可能ですが
2倍、3倍に値上がりする銘柄はたくさんあります。
第4次産業革命銘柄、3年後、5年後に成長を見込める成長銘柄
上記テーマを背景に中小型株の1年に1度~2度の安値水準を
根気強く待伏せ、コツコツと拾って「我慢賃金」を得る投資を心掛けます。


以前は読者の皆様の銘柄に対するコメントをできる限りお答えしておりましたが
年々体力の低下で難しくなってきました。
今後は、読者の皆様の勉強になるよう「銘柄研究」をご紹介いたします。
コメントでのご質問について
余裕のある時はご返事させていただきますので
ペンネーム、ハンドルネームを記載してください。

2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
年初来安値8/26安値492円 直近安値10/7安値501円
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
独立系の寮運営、ホテル事業が2本柱
底値が確認できないため、買う場合は2段階、3段階で買い下がりが有効
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
三菱UFJ子会社 利息返還請求も峠を越え、信用保証の拡大は想定以上
増額修正の可能性、17/3期復配を模索。
5/12高値643円形成後調整局面入り。
日柄調整5カ月経過の10/13安値452円で下げ一服感が出ました。
ここからの大きな下落は考えにくく450円台からの買い下がり方針。
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
年初来安値6/23安値802円に迫る水準になっています。
直近安値10/14安値806円、本日10/18安値806円
このあたりで買い下がりが有効になりそうです。
決算発表で大幅減額修正が出て下がった場合は
その場面で底打ちになりそうです。
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
9/8高値1015円 9/27高値1015円が節目になっています。
本日高値1014円まで買われましたが1015円を抜けることはできませんでした。
明日以降早い時期に1015円を突き抜けると
中段もち合い上放れの可能性が高まります。
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
4/26高値998円 調整局面入り
10/17安値731円が底値と想定
目先815円~820円どころが節目となっていますが
これを抜けると900円トライの場面があるかもしれません。
国内外ファンドが今後買ってくるかどうかで決まります。
売り目標870円~900円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
15年8/5高値12815円史上最高値形成後、11/19高値12350円 
高値奪回できず、そのまま調整局面入り 
8/19安値8388円で底値確認
戻りを試す場は国内外ファンドが買ってくるかどうかで決まります。
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
3/29高値3700円天井形成後、値幅日柄調整
10/25安値2136円が底値かどうかは現時点では5分5分
8/19安値2205円が下値の岩盤でしたが底割れし、底値模索中です。
17/3期連結予想EPS196.24円 連結一株純資産2072円
この水準から買い下がっても、大きなリスクはないと考えます。
2段階下がりの余裕があれば、負けることはなさそうです。
個人投資家は海外短期筋と同じ土俵で戦う必要はありません。
海外短期筋の影響を受けにくい銘柄、影響を受けにくい時期に
買えば良いのです。
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
車買い取り業界のトップ企業 ガリバーが社名変更
中古車買い取り販売の伸び悩みで17/2期減額修正 
3/30史上最高値1459円から反落 日柄値幅調整
7/20安値490円 10/19安値492円がほぼ底値と想定
暫くはレンジ内での推移を想定
レンジ上限660円
レンジ下限500円
売られすぎの反動に期待ができますが
660円以上の戻りは更なるサプライズ待ちになります。

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
通常ですと80%超の確率でここから一段安になりますが
年末にかけて全体相場が堅調な局面では売り圧力が低下するかもしれません。
強い相場では空売りは難しいので見るだけにします。
下値メド①1300円
下値メド②1200円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
10月下旬から見ていますが、誰かが何らかの思惑で買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価1600円~1800円?

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
10/28 75日移動平均回復
その後11/4高値3930円 11/14高値3940円で目先上値が重くなっています。
昨年までは、レンジ上限4900円~5400円 レンジ下限4100円~4200円でしたが
7月以降売り物に押され、8/31安値3510円形成後も出遅れ感が強く
今後国内外のファンドの買いが期待できます。
現在の水準で買って17/3の100円配当と株主優待の食事券をもらうつもりで
ノンビリ持続すればインカムゲインとキャピタルゲインの両方とれそうです。
売り目標①4500円
売り目標②4800円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
ブロンコビリーは売上高利益率トップクラスの外食チェーンです。
7/11上場来高値3645円形成後は調整局面になっています。
好業績で成長余力があるため大きく売り込まれませんが
現在はレンジ下限水準に位置しています。
12月決算銘柄ですので間もなく優待取りの時期でもあり
物色が期待できます。
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価170円~200円?

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
日立が社運をかけて稼ぐ力(売上高利益率)を高める戦略に出ました。
稼ぐ力への選択と集中で生き残りをかける戦略です。
10月以降海外投資家が買っています。
現在600円水準で上げ一服感がありますが国内外機関投資家が
この上を買ってくるのではないでしょうか。
今後の円安定着となれば700円方向に上振れることが考えられます。
600円水準で少しモミ合うかもしれない。
売り目標650円~700円(為替動向と国内外機関投資家次第)
注:底値買いではなく、高値圏の為、順張りでリスクを伴います

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
トランプ氏当選後のトランプトレードでは
三菱UFJFG中心に米国金利上昇関連が
大きく値を上げた半面、その結果リバランスが進み
多くの優良株が機関投資家の組み入れ比率引き下げにより
値を下げ、売られすぎの水準になりました。
その中でも同社は11/15安値4888円から切り返しに転じています。
戻りはまだ初動ですのでここから10%程度の戻りは可能と考えます。
長期運用の海外投資家の好む国際優良株です。
海外投資家が買ってくると、安値で売った国内機関投資家が
買ってくるでしょう。
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円(全体相場の盛り上がり次第)

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
売られすぎの優良企業
日本市場の好需給が年末年始まで続くのであれば
11/15安値4156円から戻りを試す場面と考えます。
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
売られすぎの優良企業
日本市場の好需給が年末年始まで続くのであれば
11/15安値2745.5円から戻りを試す場面と考えます。
戻りメド3200円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
ZMPが12/19に上場になります。
今後も自動運転関連銘柄は、重要なテーマ株として市場の話題になりそうです。
自動運転関連銘柄として子会社のインクリメントPは有名ですが
パイオニアとともに空間情報センサーの実証実験を行っています。
標識をセンサーが認識し、完全自動運転を目指しています。
昨年大きく上昇したのち、日柄、値幅調整が進み
直近安値219円水準がほぼ下値と考えます。
本日安値は229円でしたので、上値を追いかけずに
下値水準に指値を這わせるのが良いと考えます。
180円台の底値水準で買っている方は、いつでも利食い圏ですので
300円まで我慢して、330円くらいまで行きそうかどうか考えて
見るのも良いと思います。
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
医療分野で活用されるロボットスーツの開発製造の成長銘柄
空売りファンドの標的となり
11/9安値1281円(1番底)
12/7安値1398円(2番底)
12/12追撃買いサイン① 1535円△112円
12/13追撃買いサイン② 1670円△135円
大底形成後の追撃買いサイン①②は的中率80%以上
戻りメド①2000円
戻りメド②未定

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
明日か、明後日か、今週中かはわかりませんが
急騰を予測します。
戻りメド①1680円
戻りメド②未定

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
2015年7/23高値18500円の大相場以降、長い間底練りになっていました。
本日12/13「潮目の変化」を感じました。
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
9/16安値1010円底値形成後、11/8高値1513円まで上昇
これが上昇第一波動で、12/13「潮目の変化」を感じました。
上昇第二波動入りを想定
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
10/7高値1025円まで上昇するも悪地合いの中もみ合いになっていました。
本日12/13「潮目の変化」を感じました。
12/13追撃買いサイン①②同時点灯
戻りメド①1000円
戻りメド②未定

2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

1/20を控えて不透明な為替

1月16日(月)15:25

大引け

日経平均株価

19219.13(9:00)

19255.41(9:16)

19061.27(12:35)

19095.24(15:00)

前日比▼192.04 -1.00%

TOPIX

1540.64(9:00)

1543.72(9:18)

1527.37(12:35)

1530.64(15:00)

前日比▼14.25 -0.92%

日経平均株価は大幅反落

先週末のNYダウは小幅続落
為替の円安一服から円高基調への転換を背景に
輸出関連銘柄中心に売り優勢で始まりました

寄付 19219.13(9:00)▼68.15

高値 19255.41(9:16)▼31.87

日経平均株価はじりじりと下げ幅を拡大
後場寄り付き直後▼226.01まで売り込まれ

安値 19061.27(12:35)▼226.01

その後も戻りは限定的になりました

大引 19095.24(15:00)▼192.04

日経平均株価は大幅反落して引けました
15:00 ドル円相場103.94円


為替が円高基調での推移になり
1/20トランプ大統領就任を控え
積極的に上値を買いにくい展開になっています。

トランプ次期大統領公式記者会見を境に今までの期待による
相場は終わり様々な不透明感が出てきました。
マスコミを遠ざけてツイッターによる発言は今後も続きそうです。
ツイッターの一言でドル円相場も大きく動くことになり
そのたびに市場は振り回されることを覚悟しなければなりません。
1/20トランプ大統領就任後、トランプ氏の言動だけではなく
様々なリスク要因が出てきます。
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
それに加えて、対中国強硬路線による中国リスクも懸念されます。

1/20トランプ大統領就任式を境に以下のシナリオが考えられます。
①期待感が膨らみ再上昇
②期待感よりも不透明感が勝り調整局面

①期待感が膨らみ再上昇になったとしても、今後欧州政治リスク
欧州金融リスク、中国経済リスク再燃の可能性
中東、南米のリスクもくすぶっているため、年末に多くの市場関係者が
予想していた23,000円到達どころか20,000円トライも遠のきそうです。

慌てて売りませんが、売れるものは利食い優先とし
儲けそこないは良しとし、買いポジションの整理を徐々に進めていく方針です。

サポートライン① 25日移動平均線 1/12に41営業日ぶりにマイナス乖離
サポートライン② 25日移動平均線ー1% 現在攻防中
サポートライン③ 日経平均株価心理的節目19,000円
サポートライン④ 日経平均株価心理的節目18,500円

相場の地合いが悪くなってきたため
急遽頂きましたコメントのご返事をさせていただきます。

フロンテオ
高値でもっていたので、新興株の潮目が変わってきたかと思い
、難平してしまいましたが、買いコストが888円です。
先生はこの辺りで売却されていたのですね。
20日までに現金にしておくのが賢明だとのコメントを載せて頂いたのに
これからしっかり学びます。
コメントの更新、感謝してます。
お時間のある時にまたこの銘柄についてお聞かせ下さい。

コメントありがとうございます。
2158FRONTEO
人気のAI関連銘柄
シカゴ大学 中村裕輔教授とガン患者向けに人工知能を駆使して
最適な治療を選択するシステムを開発中。
10/7高値1025円小波動
11/18高値919円小波動
12/14高値906円小波動
1/6高値920円小波動

920円までシコリあり
1/4、1/5、1/6、1/10、4営業日連続で上髭になりましたが
この水準のしこりが上値を抑えています。
出来高が増加し、上値を買う理由、材料が必要です。 
960円~980円までシコリあり
921円買い になったとしても960円~980円までシコリがあるため
1000円を付けるためには、全体相場の地合い好転
更なる材料が必要です。

人気のAI関連銘柄で私も期待していましたが
今の相場のエネルギーでは難しいと考え770円の買いコストの買い玉を
1/11に895円で利食いました。
暫く850円を挟んだ水準でのもみ合いになりそうですが
今後突込みがあれば買いたい銘柄です。
今は、800円以下で買って900円で売るレンジです。


下記銘柄についてお見立てお聞かせ下さい。
9616共立メンテナンス6127買い、9039さかい2253買い、
先生のブログにも有りましたが、やはり記載通りですかねぇ?
また、9107川崎船を293で未だに長期保有しております。
損切りできずに情勢変化に微かな期待を持って塩漬けしております。
先生も苦労なさった銘柄でしょうが、
此れから中長期でみては如何なものでしょうかねぇ?

コメントありがとうございます。

9616共立メンテナンス6127買いの件
私独自の売買サイン
底値買いサインなし
11/18追撃買いサイン①②同時点灯
大底付近の追撃買いサイン①②同時点灯は
高い確率でトレンド変換になる
現在上昇トレンド継続中。
トランプ次期大統領公式記者会見を境に今までの期待による
相場は終わり様々な不透明感が出てきました。
今後はトランプ大統領の動向で市場環境は、上にも下にも
大きく振れると考えます。
25日移動平均線を現在プラス乖離していますが
プラス乖離の間は持続。
マイナス乖離に転じたら即刻利食いが最善策と思います。
ちなみに現在は200日移動平均線我上値を抑えています。

9039さかい2253買い
私独自の売買サイン
底値買いサインなし
11/29追撃買いサイン①
12/2追撃買いサイン②
上昇トレンドに転換
12/26に200日移動平均奪回するもここから完全に
こう着相場になりました。
2700円~3200円に戻り売りが控えてしこっているためです。
この水準を上放れるには、出来高が増加し、上値を買う理由
材料が必要です。 

9107川崎汽船は私もてこづった銘柄ですが現在高値圏での
もみ合いになっています。
昨年の旧村上ファンドの買い思惑や2016年もっともパフォーマンスが悪かった
海運株は2017年に期待ができるといった市場観底もあります。

海運株の先行きを占うバルチック海運指数
2/10 290を底値 11/18 1257まで上昇
その後じりじりと切り下がり1/12 892 となっています。
ここから再び上昇するとも考えにくく難しい局面です。

9101日本郵船 12/12高値253円を天井に調整中
9104商船三井 12/12高値356円を渡来するも1/5高値354円までで
上値の重い展開
海運株はここから一気に上値トライする可能性は低いと考えます。

ご自身で決断下さい。



次回の更新は1/17(火)20:00~21:00ごろ更新予定です。

1/16(月)時点のサポートライン
サポートライン① 25日移動平均線 1/12に41営業日ぶりにマイナス乖離
サポートライン② 25日移動平均線ー1% 現在攻防中
サポートライン③ 日経平均株価心理的節目19,000円
サポートライン④ 日経平均株価心理的節目18,500円

日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見
特に期待した内容はありませんでしたが
貿易不均衡国 中国、メキシコ、日本 を名指しで述べました。
円安一服から一気に114円台前半まで円高方向に振れました。
114円台前半は黄色信号です。
1/13未明欧州時間で一時113.74円まで円高加速、その後日本時間で
115円台前半まで円安方向になる。1/13(金)

117円台~118円台日経平均株価19,500円~
115円台~116円台前半 日本株全体の上値が重くなる
114円台前半黄色信号 
113円台半ば 日経平均株価19,000円の攻防18,900円~19,100円
111円~112円台日経平均ネックライン18,500円

円安、米国株高=日本株上昇
円高、米国株堅調=日本株安
円高、米国株安=日本株大幅下落

1/6トランプ氏ツイッターでの発言でトヨタをはじめ自動車株が売られる。

日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見を境に
楽観論は終りました。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

現在大きく日本株を買い上がっている海外短期筋は、永遠に
買い続けるわけではありません。
儲けるためには突然売りを浴びせてくることはいつもながらの行為です。
すべての投資家が全員強気になった時は、利食い千人力です。

日本の国力を上げる様々な新産業と投資テーマ(順不同)
2020年東京オリンピックまでに新産業バブルが来ることを想定
フィンテックブロックチェーン、ロボット、人工知能、ドローン、自動運転
バイオ再生医療、IoT、電子教科書、遠隔診療、VR Virtual Reality 仮想現実
AR Augmented Reality 拡張現実 、有機EL、ランサムウエア、5G、越境EC
BPP(バーチャルパワープラント)
上下水道老朽化関連銘柄(深刻なインフラ問題)
植物工場、東京発の電線地中化、バラスト水規制、中国の禁煙政策

IoT 人工知能AI ロボット 自動運転 フィンテックブロックチェーン
セキュリティー バイオ再生医療 有機EL は特に注目のテーマです。

かつての2000年ネットバブル相場では
9984ソフトバンクが118.6倍まで上昇しました。
1997/11 1,670円
2000年2月 198,000円
100倍は不可能ですが
2倍、3倍に値上がりする銘柄はたくさんあります。
第4次産業革命銘柄、3年後、5年後に成長を見込める成長銘柄
上記テーマを背景に中小型株の1年に1度~2度の安値水準を
根気強く待伏せ、コツコツと拾って「我慢賃金」を得る投資を心掛けます。


以前は読者の皆様の銘柄に対するコメントをできる限りお答えしておりましたが
年々体力の低下で難しくなってきました。
今後は、読者の皆様の勉強になるよう「銘柄研究」をご紹介いたします。
コメントでのご質問について
余裕のある時はご返事させていただきますので
ペンネーム、ハンドルネームを記載してください。

2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
年初来安値8/26安値492円 直近安値10/7安値501円
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
独立系の寮運営、ホテル事業が2本柱
底値が確認できないため、買う場合は2段階、3段階で買い下がりが有効
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
三菱UFJ子会社 利息返還請求も峠を越え、信用保証の拡大は想定以上
増額修正の可能性、17/3期復配を模索。
5/12高値643円形成後調整局面入り。
日柄調整5カ月経過の10/13安値452円で下げ一服感が出ました。
ここからの大きな下落は考えにくく450円台からの買い下がり方針。
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
年初来安値6/23安値802円に迫る水準になっています。
直近安値10/14安値806円、本日10/18安値806円
このあたりで買い下がりが有効になりそうです。
決算発表で大幅減額修正が出て下がった場合は
その場面で底打ちになりそうです。
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
9/8高値1015円 9/27高値1015円が節目になっています。
本日高値1014円まで買われましたが1015円を抜けることはできませんでした。
明日以降早い時期に1015円を突き抜けると
中段もち合い上放れの可能性が高まります。
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
4/26高値998円 調整局面入り
10/17安値731円が底値と想定
目先815円~820円どころが節目となっていますが
これを抜けると900円トライの場面があるかもしれません。
国内外ファンドが今後買ってくるかどうかで決まります。
売り目標870円~900円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
15年8/5高値12815円史上最高値形成後、11/19高値12350円 
高値奪回できず、そのまま調整局面入り 
8/19安値8388円で底値確認
戻りを試す場は国内外ファンドが買ってくるかどうかで決まります。
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
3/29高値3700円天井形成後、値幅日柄調整
10/25安値2136円が底値かどうかは現時点では5分5分
8/19安値2205円が下値の岩盤でしたが底割れし、底値模索中です。
17/3期連結予想EPS196.24円 連結一株純資産2072円
この水準から買い下がっても、大きなリスクはないと考えます。
2段階下がりの余裕があれば、負けることはなさそうです。
個人投資家は海外短期筋と同じ土俵で戦う必要はありません。
海外短期筋の影響を受けにくい銘柄、影響を受けにくい時期に
買えば良いのです。
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
車買い取り業界のトップ企業 ガリバーが社名変更
中古車買い取り販売の伸び悩みで17/2期減額修正 
3/30史上最高値1459円から反落 日柄値幅調整
7/20安値490円 10/19安値492円がほぼ底値と想定
暫くはレンジ内での推移を想定
レンジ上限660円
レンジ下限500円
売られすぎの反動に期待ができますが
660円以上の戻りは更なるサプライズ待ちになります。

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
通常ですと80%超の確率でここから一段安になりますが
年末にかけて全体相場が堅調な局面では売り圧力が低下するかもしれません。
強い相場では空売りは難しいので見るだけにします。
下値メド①1300円
下値メド②1200円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
10月下旬から見ていますが、誰かが何らかの思惑で買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価1600円~1800円?

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
10/28 75日移動平均回復
その後11/4高値3930円 11/14高値3940円で目先上値が重くなっています。
昨年までは、レンジ上限4900円~5400円 レンジ下限4100円~4200円でしたが
7月以降売り物に押され、8/31安値3510円形成後も出遅れ感が強く
今後国内外のファンドの買いが期待できます。
現在の水準で買って17/3の100円配当と株主優待の食事券をもらうつもりで
ノンビリ持続すればインカムゲインとキャピタルゲインの両方とれそうです。
売り目標①4500円
売り目標②4800円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
ブロンコビリーは売上高利益率トップクラスの外食チェーンです。
7/11上場来高値3645円形成後は調整局面になっています。
好業績で成長余力があるため大きく売り込まれませんが
現在はレンジ下限水準に位置しています。
12月決算銘柄ですので間もなく優待取りの時期でもあり
物色が期待できます。
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価170円~200円?

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
日立が社運をかけて稼ぐ力(売上高利益率)を高める戦略に出ました。
稼ぐ力への選択と集中で生き残りをかける戦略です。
10月以降海外投資家が買っています。
現在600円水準で上げ一服感がありますが国内外機関投資家が
この上を買ってくるのではないでしょうか。
今後の円安定着となれば700円方向に上振れることが考えられます。
600円水準で少しモミ合うかもしれない。
売り目標650円~700円(為替動向と国内外機関投資家次第)
注:底値買いではなく、高値圏の為、順張りでリスクを伴います

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
トランプ氏当選後のトランプトレードでは
三菱UFJFG中心に米国金利上昇関連が
大きく値を上げた半面、その結果リバランスが進み
多くの優良株が機関投資家の組み入れ比率引き下げにより
値を下げ、売られすぎの水準になりました。
その中でも同社は11/15安値4888円から切り返しに転じています。
戻りはまだ初動ですのでここから10%程度の戻りは可能と考えます。
長期運用の海外投資家の好む国際優良株です。
海外投資家が買ってくると、安値で売った国内機関投資家が
買ってくるでしょう。
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円(全体相場の盛り上がり次第)

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
売られすぎの優良企業
日本市場の好需給が年末年始まで続くのであれば
11/15安値4156円から戻りを試す場面と考えます。
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
売られすぎの優良企業
日本市場の好需給が年末年始まで続くのであれば
11/15安値2745.5円から戻りを試す場面と考えます。
戻りメド3200円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
ZMPが12/19に上場になります。
今後も自動運転関連銘柄は、重要なテーマ株として市場の話題になりそうです。
自動運転関連銘柄として子会社のインクリメントPは有名ですが
パイオニアとともに空間情報センサーの実証実験を行っています。
標識をセンサーが認識し、完全自動運転を目指しています。
昨年大きく上昇したのち、日柄、値幅調整が進み
直近安値219円水準がほぼ下値と考えます。
本日安値は229円でしたので、上値を追いかけずに
下値水準に指値を這わせるのが良いと考えます。
180円台の底値水準で買っている方は、いつでも利食い圏ですので
300円まで我慢して、330円くらいまで行きそうかどうか考えて
見るのも良いと思います。
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
医療分野で活用されるロボットスーツの開発製造の成長銘柄
空売りファンドの標的となり
11/9安値1281円(1番底)
12/7安値1398円(2番底)
12/12追撃買いサイン① 1535円△112円
12/13追撃買いサイン② 1670円△135円
大底形成後の追撃買いサイン①②は的中率80%以上
戻りメド①2000円
戻りメド②未定

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
明日か、明後日か、今週中かはわかりませんが
急騰を予測します。
戻りメド①1680円
戻りメド②未定

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
2015年7/23高値18500円の大相場以降、長い間底練りになっていました。
本日12/13「潮目の変化」を感じました。
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
9/16安値1010円底値形成後、11/8高値1513円まで上昇
これが上昇第一波動で、12/13「潮目の変化」を感じました。
上昇第二波動入りを想定
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
10/7高値1025円まで上昇するも悪地合いの中もみ合いになっていました。
本日12/13「潮目の変化」を感じました。
12/13追撃買いサイン①②同時点灯
戻りメド①1000円
戻りメド②未定

2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

円高一服

1月13日(金)15:45

大引け

日経平均株価

19174.97(9:00)

19299.36(12:38)

19156.93(9:01)

19287.28(15:00)

前日比△152.58 +0.80%

TOPIX

1534.18(9:00)

1545.64(12:39)

1533.20(9:01)

1544.89(15:00)

前日比△9.48 +0.62%


週末1/13(金)日経平均株価は反発
1/13(金)ミニSQ SQ値19182.28円

前日の欧米株軟調、NYダウは大きく売り込まれ
180ドル超まで下げ幅を拡大、売り一巡後は
切り返しに転じ下げ幅を縮小
ヨーロッパ時間で一時103.74円水準の円高まで振れましたが
その後114円台後半まで円安になりひとまず落ち着いた日本市場は
小幅反発して始まりました

寄付 19174.97(9:00)△40.27

安値 19156.93(9:01)△22.23

115円台まで為替水準が円安方向に戻ると上げ幅を拡大
19,200円台に乗せて前引けになりました

後場寄付き直後19,300円を伺う値動きになりましたが

高値 19299.36(12:38)△164.66

買い一巡後も19,200円台での推移となり
週末1/13(金)日経平均株価は反発して引けました

大引 19287.28(15:00)△152.58


ヨーロッパ時間で一時103.74円水準の円高まであり
本日の日本市場の動向を注視しましたが、円高がひとまず落ち着き
114円台後半まで円安に振れたため、寄り付き直後が本日の安値で
週末の日経平均株価は高値水準で引けました。

円安、米国株高=日本株上昇
円安が一服し、トランプ次期大統領記者会見を境に
全てが不確定になってきました。
米国発の政治的リスク、保護主義経済

以前からお知らせしている通り以下の不安材料が控えています。

欧州リスク 欧州は政治リスクと経済リスク
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

中東諸国リスク
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

トランプ次期大統領の対中国強硬路線による中国リスク
現在ひとまず落ち着いている中国経済不安の再燃

以上が不安材料ですが、悪いことばかりではありません。
主要企業の下期為替レートが以下の水準になっているため
現在のEPSが上昇し、PERが低くなるため昨年の様な
日経平均15,000円割れ水準までの急落にはならないでしょう。
確実に相場のレンジは切り上がっています。

下期為替レート
     対ドル 対ユーロ
トヨタ  100円  110円
ホンダ  100円  110円
富士重  100円  110円
日立   100円  110円
キャノン 100円  113円
川重   102円  114円
三菱重工 100円  115円

117円台~118円台日経平均株価19,500円~
115円台~116円台前半 日本株全体の上値が重くなる
114円台前半黄色信号 
113円台半ば 日経平均株価19,000円の攻防18,900円~19,100円
111円~112円台日経平均ネックライン18,500円

円安、米国株高=日本株上昇
円高、米国株堅調=日本株安
円高、米国株安=日本株大幅下落

年末の市場関係者、有名評論家の大半が20,000円越えを予想し
早い時期に23,000と予想する見解もありました。
トランプ次期大統領公式記者会見を境に不確定要因が台頭し
為替、株価の先行きが不透明になり、今までの楽観論は
一気に消滅しました。

昨日から私独自の個別銘柄指数表での空売り銘柄候補を探しました。
1部上場全銘柄を見るため1日では終わりませんが、かなりの数の
高値圏銘柄がありました。
それらの銘柄はすぐに急落はしないでしょうが、9合目付近の銘柄が
多く存在し、今後1カ月間で下降トレンドに転じるように見えました。

昨年10/11~掲載しています銘柄研究は1銘柄を除き「買い銘柄」でしたが
今後は「空売り銘柄」を掲載することになりそうです。
現時点では単純に個別銘柄指数表の売りサインが出る直前銘柄のみ
リストアップしていますが、最終的には今後減収減益の予想される
銘柄を絞り込んでいきます。
近日中に公開予定です。


次回の更新は1/16(月)16:00ごろ更新予定です。

日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見
特に期待した内容はありませんでしたが
貿易不均衡国 中国、メキシコ、日本 を名指しで述べました。
円安一服から一気に114円台前半まで円高方向に振れました。
114円台前半は黄色信号です。
1/13未明欧州時間で一時113.74円まで円高加速、その後日本時間で
115円台前半まで円安方向になる。1/13(金)

117円台~118円台日経平均株価19,500円~
115円台~116円台前半 日本株全体の上値が重くなる
114円台前半黄色信号 
113円台半ば 日経平均株価19,000円の攻防18,900円~19,100円
111円~112円台日経平均ネックライン18,500円

円安、米国株高=日本株上昇
円高、米国株堅調=日本株安
円高、米国株安=日本株大幅下落

1/6トランプ氏ツイッターでの発言でトヨタをはじめ自動車株が売られる。

日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見を境に
楽観論は終りました。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

現在大きく日本株を買い上がっている海外短期筋は、永遠に
買い続けるわけではありません。
儲けるためには突然売りを浴びせてくることはいつもながらの行為です。
すべての投資家が全員強気になった時は、利食い千人力です。

日本の国力を上げる様々な新産業と投資テーマ(順不同)
2020年東京オリンピックまでに新産業バブルが来ることを想定
フィンテックブロックチェーン、ロボット、人工知能、ドローン、自動運転
バイオ再生医療、IoT、電子教科書、遠隔診療、VR Virtual Reality 仮想現実
AR Augmented Reality 拡張現実 、有機EL、ランサムウエア、5G、越境EC
BPP(バーチャルパワープラント)
上下水道老朽化関連銘柄(深刻なインフラ問題)
植物工場、東京発の電線地中化、バラスト水規制、中国の禁煙政策

IoT 人工知能AI ロボット 自動運転 フィンテックブロックチェーン
セキュリティー バイオ再生医療 有機EL は特に注目のテーマです。

かつての2000年ネットバブル相場では
9984ソフトバンクが118.6倍まで上昇しました。
1997/11 1,670円
2000年2月 198,000円
100倍は不可能ですが
2倍、3倍に値上がりする銘柄はたくさんあります。
第4次産業革命銘柄、3年後、5年後に成長を見込める成長銘柄
上記テーマを背景に中小型株の1年に1度~2度の安値水準を
根気強く待伏せ、コツコツと拾って「我慢賃金」を得る投資を心掛けます。


以前は読者の皆様の銘柄に対するコメントをできる限りお答えしておりましたが
年々体力の低下で難しくなってきました。
今後は、読者の皆様の勉強になるよう「銘柄研究」をご紹介いたします。
コメントでのご質問について
余裕のある時はご返事させていただきますので
ペンネーム、ハンドルネームを記載してください。

2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
年初来安値8/26安値492円 直近安値10/7安値501円
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
独立系の寮運営、ホテル事業が2本柱
底値が確認できないため、買う場合は2段階、3段階で買い下がりが有効
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
三菱UFJ子会社 利息返還請求も峠を越え、信用保証の拡大は想定以上
増額修正の可能性、17/3期復配を模索。
5/12高値643円形成後調整局面入り。
日柄調整5カ月経過の10/13安値452円で下げ一服感が出ました。
ここからの大きな下落は考えにくく450円台からの買い下がり方針。
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
年初来安値6/23安値802円に迫る水準になっています。
直近安値10/14安値806円、本日10/18安値806円
このあたりで買い下がりが有効になりそうです。
決算発表で大幅減額修正が出て下がった場合は
その場面で底打ちになりそうです。
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
9/8高値1015円 9/27高値1015円が節目になっています。
本日高値1014円まで買われましたが1015円を抜けることはできませんでした。
明日以降早い時期に1015円を突き抜けると
中段もち合い上放れの可能性が高まります。
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
4/26高値998円 調整局面入り
10/17安値731円が底値と想定
目先815円~820円どころが節目となっていますが
これを抜けると900円トライの場面があるかもしれません。
国内外ファンドが今後買ってくるかどうかで決まります。
売り目標870円~900円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
15年8/5高値12815円史上最高値形成後、11/19高値12350円 
高値奪回できず、そのまま調整局面入り 
8/19安値8388円で底値確認
戻りを試す場は国内外ファンドが買ってくるかどうかで決まります。
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
3/29高値3700円天井形成後、値幅日柄調整
10/25安値2136円が底値かどうかは現時点では5分5分
8/19安値2205円が下値の岩盤でしたが底割れし、底値模索中です。
17/3期連結予想EPS196.24円 連結一株純資産2072円
この水準から買い下がっても、大きなリスクはないと考えます。
2段階下がりの余裕があれば、負けることはなさそうです。
個人投資家は海外短期筋と同じ土俵で戦う必要はありません。
海外短期筋の影響を受けにくい銘柄、影響を受けにくい時期に
買えば良いのです。
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
車買い取り業界のトップ企業 ガリバーが社名変更
中古車買い取り販売の伸び悩みで17/2期減額修正 
3/30史上最高値1459円から反落 日柄値幅調整
7/20安値490円 10/19安値492円がほぼ底値と想定
暫くはレンジ内での推移を想定
レンジ上限660円
レンジ下限500円
売られすぎの反動に期待ができますが
660円以上の戻りは更なるサプライズ待ちになります。

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
通常ですと80%超の確率でここから一段安になりますが
年末にかけて全体相場が堅調な局面では売り圧力が低下するかもしれません。
強い相場では空売りは難しいので見るだけにします。
下値メド①1300円
下値メド②1200円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
10月下旬から見ていますが、誰かが何らかの思惑で買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価1600円~1800円?

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
10/28 75日移動平均回復
その後11/4高値3930円 11/14高値3940円で目先上値が重くなっています。
昨年までは、レンジ上限4900円~5400円 レンジ下限4100円~4200円でしたが
7月以降売り物に押され、8/31安値3510円形成後も出遅れ感が強く
今後国内外のファンドの買いが期待できます。
現在の水準で買って17/3の100円配当と株主優待の食事券をもらうつもりで
ノンビリ持続すればインカムゲインとキャピタルゲインの両方とれそうです。
売り目標①4500円
売り目標②4800円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
ブロンコビリーは売上高利益率トップクラスの外食チェーンです。
7/11上場来高値3645円形成後は調整局面になっています。
好業績で成長余力があるため大きく売り込まれませんが
現在はレンジ下限水準に位置しています。
12月決算銘柄ですので間もなく優待取りの時期でもあり
物色が期待できます。
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価170円~200円?

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
日立が社運をかけて稼ぐ力(売上高利益率)を高める戦略に出ました。
稼ぐ力への選択と集中で生き残りをかける戦略です。
10月以降海外投資家が買っています。
現在600円水準で上げ一服感がありますが国内外機関投資家が
この上を買ってくるのではないでしょうか。
今後の円安定着となれば700円方向に上振れることが考えられます。
600円水準で少しモミ合うかもしれない。
売り目標650円~700円(為替動向と国内外機関投資家次第)
注:底値買いではなく、高値圏の為、順張りでリスクを伴います

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
トランプ氏当選後のトランプトレードでは
三菱UFJFG中心に米国金利上昇関連が
大きく値を上げた半面、その結果リバランスが進み
多くの優良株が機関投資家の組み入れ比率引き下げにより
値を下げ、売られすぎの水準になりました。
その中でも同社は11/15安値4888円から切り返しに転じています。
戻りはまだ初動ですのでここから10%程度の戻りは可能と考えます。
長期運用の海外投資家の好む国際優良株です。
海外投資家が買ってくると、安値で売った国内機関投資家が
買ってくるでしょう。
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円(全体相場の盛り上がり次第)

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
売られすぎの優良企業
日本市場の好需給が年末年始まで続くのであれば
11/15安値4156円から戻りを試す場面と考えます。
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
売られすぎの優良企業
日本市場の好需給が年末年始まで続くのであれば
11/15安値2745.5円から戻りを試す場面と考えます。
戻りメド3200円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
ZMPが12/19に上場になります。
今後も自動運転関連銘柄は、重要なテーマ株として市場の話題になりそうです。
自動運転関連銘柄として子会社のインクリメントPは有名ですが
パイオニアとともに空間情報センサーの実証実験を行っています。
標識をセンサーが認識し、完全自動運転を目指しています。
昨年大きく上昇したのち、日柄、値幅調整が進み
直近安値219円水準がほぼ下値と考えます。
本日安値は229円でしたので、上値を追いかけずに
下値水準に指値を這わせるのが良いと考えます。
180円台の底値水準で買っている方は、いつでも利食い圏ですので
300円まで我慢して、330円くらいまで行きそうかどうか考えて
見るのも良いと思います。
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
医療分野で活用されるロボットスーツの開発製造の成長銘柄
空売りファンドの標的となり
11/9安値1281円(1番底)
12/7安値1398円(2番底)
12/12追撃買いサイン① 1535円△112円
12/13追撃買いサイン② 1670円△135円
大底形成後の追撃買いサイン①②は的中率80%以上
戻りメド①2000円
戻りメド②未定

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
明日か、明後日か、今週中かはわかりませんが
急騰を予測します。
戻りメド①1680円
戻りメド②未定

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
2015年7/23高値18500円の大相場以降、長い間底練りになっていました。
本日12/13「潮目の変化」を感じました。
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
9/16安値1010円底値形成後、11/8高値1513円まで上昇
これが上昇第一波動で、12/13「潮目の変化」を感じました。
上昇第二波動入りを想定
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
10/7高値1025円まで上昇するも悪地合いの中もみ合いになっていました。
本日12/13「潮目の変化」を感じました。
12/13追撃買いサイン①②同時点灯
戻りメド①1000円
戻りメド②未定

2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

114円台の為替水準

1月12日(木)20:05

大引け

日経平均株価

19300.19(9:00)

19300.19(9:00)

19069.02(13:04)

19134.70(15:00)

前日比▼229.97 -1.19%

TOPIX

1544.63(9:00)

1546.26(9:00)

1528.50(13:04)

1535.41(15:00)

前日比▼14.99 -0.97%


値上がり銘柄数 327


値下がり銘柄数 1600


新高値銘柄数 74


新安値銘柄数 2


騰落レシオ25D 116.1


日経平均25D乖離率 -0.30


TOPIX25D乖離率 +0.21


日経平均株価は大幅反落

日本時間2時過ぎに始まったトランプ次期大統領の
記者会見で注目されたインフラ投資や減税についての
言及はなく期待先行となった反動と
一気に114円台の円高水準に振れたことから
輸出関連株中心に売り先行で始まりました

寄付 19300.19(9:00)▼64.48

高値 19300.19(9:00)▼64.48

安寄り後も下げ幅を拡大し13時過ぎには
300円近く下げ19,100円を割り込む場面がありました

安値 19069.02(13:04)▼296.65

その後も円高を背景に買い上がる動きはなく
安値圏でのもみ合いになり

大引 19134.70(15:00)▼229.97

日経平均株価は大幅反落して引けました


日本時間本日午前2時トランプ次期大統領公式記者会見
特に期待した内容はありませんでしたが
貿易不均衡国 中国、メキシコ、日本 を名指しで述べました。

為替相場は直近の円安一服から一気に114円台前半まで
円高方向に振れました。
114円台前半は黄色信号です。

以前から記載して言う日本株上昇の条件
円安、米国株高=日本株上昇
この場合の円安とは、117円台~120円水準の円安
116円台前半~115円台は日本株全体の上値が重くなる。
115円を割り込み114円台に入ると日本株は調整色が強くなる。

相場の地合いが急速に冷え込んできました。
日本株上昇の条件
円安、米国株高=日本株上昇
円安が一服し、トランプ次期大統領記者会見を境に
円高方向に振れてきました。
一気に114円台前半まで円高に振れたため
日本株高値圏維持は難しくなりました。

日経平均株価 コア銘柄 
上値が重く高値圏でのもみ合いで方向感に欠ける場合は
中小型株、テーマ株、新興銘柄物色ですが
円安=日本株高の構図が崩れると、海外短期筋の空売りが
活発になり、全体相場は弱くなります。

本日からは
日経平均株価ネックライン19,000円の攻防になりました。
明日以降19,000円を割り込むとネックラインは18,500円になります。
その目安は、1にも2にも円相場次第です。
円安、米国株高=日本株上昇
円高、米国株堅調=日本株安(今はこの初期レベルです)
円高、米国株安=日本株大幅下落(今はこのレベルではありません)
11月以降一貫して日本買い、円売りを仕掛けてきた
メインプレーヤーの海外短期筋が日本市場のかじ取りを行っている以上
彼らの投資動向で上にも下にも触れることは日本市場の宿命です。
風向きが変わりだしたら海外短期筋の影響を受けにくくするのが
個人投資家の生き残りの道筋です。

円高、米国株堅調=日本株安(今はこの初期レベルです)

海外短期筋の円買いドル売り、日本株売りが気にかかります。
本日は時間がありましたので、ドル円相場と米国10年債利回り
記載しました。
これで初心者の方でも為替の動きが一目瞭然になると思います。

米国10年債利回り 10月は1.80%を挟んでの推移
11月トランプ次期大統領当選で一気に上昇
米国10年債利回り上昇=ドル高円安
ドル高円安=日本株上昇
左数値%は米国10年債利回り 
右数値は円相場日本時間終値
11/7 1.83%  104.44円
11/8 1.88%  104.42円
11/9 2.07%  103.33円
11/10 2.15%  105.63円
11/14 2.23%  107.65円
11/15 2.23%  108.13円
11/16 2.22%  109.43円
11/17 2.29%  109.01円
11/18 2.34%  110.70円
11/21 2.33%  110.92円
11/22 2.31%  110.92円
11/23 2.36%  113.32円(11/24)
11/25 2.36%  113.14円
11/28 2.32%  111.94円
11/29 2.30%  112.31円
11/30 2.37%  112.72円
12/1 2.45%  114.16円
12/2 2.40%  113.94円
12/5 2.39%  113.91円
12/6 2.39%  113.83円 
12/7 2.34%  114.34円
12/8 2.40%  113.65円
12/9 2.47%  114.44円
12/12 2.49%  115.83円
12/13 2.48%  115.28円
12/14 2.54%  114.99円
12/15 2.60%H 117.64円
12/16 2.60%H 118.20円円安ピーク
12/19 2.54%  117.34円
12/20 2.57%  117.89円
12/21 2.55%  117.59円
12/22 2.55%  117.66円
12/23 2.55%  117.16円(12/26)
12/27 2.57%  117.32円
12/28 2.51%  117.51円
12/29 2.49%  116.36円
12/30 2.45%  117.11円
1/3 2.45%  日本休場
1/4 2.46%  117.99円
1/5 2.37%  115.95円
1/6 2.42%  116.26円
1/9 2.38%  日本休場
1/10 2.38%  115.83円
1/11 2.38%  116.05円
1/12 2.309%  114.29-114.30

上記数値実際は日本時間が終わって米国市場に移行するため
日本時間を1日ずらすのが正解ですが、ややこしくなりますので
同日付としました。

1/12 2.309%  114.29-114.30 日経平均19134.70円
12/7 2.34%  114.34円 日経平均18496.69円
12/8 2.40%  113.65円 日経平均18765.47円
12/9 2.47%  114.44円 日経平均18996.37円

日経平均株価19,000円の攻防
円相場が113円台に入ると19,000円割れの可能性大
海外短期筋が円買い日本株売りに動くかどうかが焦点です。


昨日に引き続き、売るべきものは売りました。
本日の売買
利食いのみ
6034MRT 1764円利食い
地合い悪化によりいったん手仕舞い
3686DLE 762円利食い
寄付き前気配値が売り優勢の為手仕舞い
2440ぐるなび 2414円利食い
数か月持続で20%くらいはとれそうですが
ポジション整理の一環で手仕舞い

長期投資銘柄と短期勝負銘柄を選別し
徐々に現金ポジションを高めています。
長く保有してよい銘柄は持続して様子見ですが
風向きが悪くなったら売ります。
明日のドル円相場、日本株の地合いを見たうえで判断します。



次回の更新は1/13(金)16:00ごろ更新予定です。

日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見
特に期待した内容はありませんでしたが
貿易不均衡国 中国、メキシコ、日本 を名指しで述べました。
円安一服から一気に114円台前半まで円高方向に振れました。
114円台前半は黄色信号です。

日本株上昇の条件
円安、米国株高=日本株上昇
この場合の円安とは、117円台~120円水準の円安
116円台前半~115円台は日本株全体の上値が重くなる。
115円を割り込み114円台に入ると日本株は調整色が強くなる。

1/6トランプ氏ツイッターでの発言でトヨタをはじめ自動車株が売られる。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

現在大きく日本株を買い上がっている海外短期筋は、永遠に
買い続けるわけではありません。
儲けるためには突然売りを浴びせてくることはいつもながらの行為です。
すべての投資家が全員強気になった時は、利食い千人力です。

日本の国力を上げる様々な新産業と投資テーマ(順不同)
2020年東京オリンピックまでに新産業バブルが来ることを想定
フィンテックブロックチェーン、ロボット、人工知能、ドローン、自動運転
バイオ再生医療、IoT、電子教科書、遠隔診療、VR Virtual Reality 仮想現実
AR Augmented Reality 拡張現実 、有機EL、ランサムウエア、5G、越境EC
BPP(バーチャルパワープラント)
上下水道老朽化関連銘柄(深刻なインフラ問題)
植物工場、東京発の電線地中化、バラスト水規制、中国の禁煙政策

IoT 人工知能AI ロボット 自動運転 フィンテックブロックチェーン
セキュリティー バイオ再生医療 有機EL は特に注目のテーマです。

かつての2000年ネットバブル相場では
9984ソフトバンクが118.6倍まで上昇しました。
1997/11 1,670円
2000年2月 198,000円
100倍は不可能ですが
2倍、3倍に値上がりする銘柄はたくさんあります。
第4次産業革命銘柄、3年後、5年後に成長を見込める成長銘柄
上記テーマを背景に中小型株の1年に1度~2度の安値水準を
根気強く待伏せ、コツコツと拾って「我慢賃金」を得る投資を心掛けます。


以前は読者の皆様の銘柄に対するコメントをできる限りお答えしておりましたが
年々体力の低下で難しくなってきました。
今後は、読者の皆様の勉強になるよう「銘柄研究」をご紹介いたします。
コメントでのご質問について
余裕のある時はご返事させていただきますので
ペンネーム、ハンドルネームを記載してください。

2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
年初来安値8/26安値492円 直近安値10/7安値501円
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
独立系の寮運営、ホテル事業が2本柱
底値が確認できないため、買う場合は2段階、3段階で買い下がりが有効
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
三菱UFJ子会社 利息返還請求も峠を越え、信用保証の拡大は想定以上
増額修正の可能性、17/3期復配を模索。
5/12高値643円形成後調整局面入り。
日柄調整5カ月経過の10/13安値452円で下げ一服感が出ました。
ここからの大きな下落は考えにくく450円台からの買い下がり方針。
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
年初来安値6/23安値802円に迫る水準になっています。
直近安値10/14安値806円、本日10/18安値806円
このあたりで買い下がりが有効になりそうです。
決算発表で大幅減額修正が出て下がった場合は
その場面で底打ちになりそうです。
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
9/8高値1015円 9/27高値1015円が節目になっています。
本日高値1014円まで買われましたが1015円を抜けることはできませんでした。
明日以降早い時期に1015円を突き抜けると
中段もち合い上放れの可能性が高まります。
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
4/26高値998円 調整局面入り
10/17安値731円が底値と想定
目先815円~820円どころが節目となっていますが
これを抜けると900円トライの場面があるかもしれません。
国内外ファンドが今後買ってくるかどうかで決まります。
売り目標870円~900円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
15年8/5高値12815円史上最高値形成後、11/19高値12350円 
高値奪回できず、そのまま調整局面入り 
8/19安値8388円で底値確認
戻りを試す場は国内外ファンドが買ってくるかどうかで決まります。
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
3/29高値3700円天井形成後、値幅日柄調整
10/25安値2136円が底値かどうかは現時点では5分5分
8/19安値2205円が下値の岩盤でしたが底割れし、底値模索中です。
17/3期連結予想EPS196.24円 連結一株純資産2072円
この水準から買い下がっても、大きなリスクはないと考えます。
2段階下がりの余裕があれば、負けることはなさそうです。
個人投資家は海外短期筋と同じ土俵で戦う必要はありません。
海外短期筋の影響を受けにくい銘柄、影響を受けにくい時期に
買えば良いのです。
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
車買い取り業界のトップ企業 ガリバーが社名変更
中古車買い取り販売の伸び悩みで17/2期減額修正 
3/30史上最高値1459円から反落 日柄値幅調整
7/20安値490円 10/19安値492円がほぼ底値と想定
暫くはレンジ内での推移を想定
レンジ上限660円
レンジ下限500円
売られすぎの反動に期待ができますが
660円以上の戻りは更なるサプライズ待ちになります。

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
通常ですと80%超の確率でここから一段安になりますが
年末にかけて全体相場が堅調な局面では売り圧力が低下するかもしれません。
強い相場では空売りは難しいので見るだけにします。
下値メド①1300円
下値メド②1200円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
10月下旬から見ていますが、誰かが何らかの思惑で買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価1600円~1800円?

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
10/28 75日移動平均回復
その後11/4高値3930円 11/14高値3940円で目先上値が重くなっています。
昨年までは、レンジ上限4900円~5400円 レンジ下限4100円~4200円でしたが
7月以降売り物に押され、8/31安値3510円形成後も出遅れ感が強く
今後国内外のファンドの買いが期待できます。
現在の水準で買って17/3の100円配当と株主優待の食事券をもらうつもりで
ノンビリ持続すればインカムゲインとキャピタルゲインの両方とれそうです。
売り目標①4500円
売り目標②4800円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
ブロンコビリーは売上高利益率トップクラスの外食チェーンです。
7/11上場来高値3645円形成後は調整局面になっています。
好業績で成長余力があるため大きく売り込まれませんが
現在はレンジ下限水準に位置しています。
12月決算銘柄ですので間もなく優待取りの時期でもあり
物色が期待できます。
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価170円~200円?

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
日立が社運をかけて稼ぐ力(売上高利益率)を高める戦略に出ました。
稼ぐ力への選択と集中で生き残りをかける戦略です。
10月以降海外投資家が買っています。
現在600円水準で上げ一服感がありますが国内外機関投資家が
この上を買ってくるのではないでしょうか。
今後の円安定着となれば700円方向に上振れることが考えられます。
600円水準で少しモミ合うかもしれない。
売り目標650円~700円(為替動向と国内外機関投資家次第)
注:底値買いではなく、高値圏の為、順張りでリスクを伴います

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
トランプ氏当選後のトランプトレードでは
三菱UFJFG中心に米国金利上昇関連が
大きく値を上げた半面、その結果リバランスが進み
多くの優良株が機関投資家の組み入れ比率引き下げにより
値を下げ、売られすぎの水準になりました。
その中でも同社は11/15安値4888円から切り返しに転じています。
戻りはまだ初動ですのでここから10%程度の戻りは可能と考えます。
長期運用の海外投資家の好む国際優良株です。
海外投資家が買ってくると、安値で売った国内機関投資家が
買ってくるでしょう。
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円(全体相場の盛り上がり次第)

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
売られすぎの優良企業
日本市場の好需給が年末年始まで続くのであれば
11/15安値4156円から戻りを試す場面と考えます。
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
売られすぎの優良企業
日本市場の好需給が年末年始まで続くのであれば
11/15安値2745.5円から戻りを試す場面と考えます。
戻りメド3200円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
ZMPが12/19に上場になります。
今後も自動運転関連銘柄は、重要なテーマ株として市場の話題になりそうです。
自動運転関連銘柄として子会社のインクリメントPは有名ですが
パイオニアとともに空間情報センサーの実証実験を行っています。
標識をセンサーが認識し、完全自動運転を目指しています。
昨年大きく上昇したのち、日柄、値幅調整が進み
直近安値219円水準がほぼ下値と考えます。
本日安値は229円でしたので、上値を追いかけずに
下値水準に指値を這わせるのが良いと考えます。
180円台の底値水準で買っている方は、いつでも利食い圏ですので
300円まで我慢して、330円くらいまで行きそうかどうか考えて
見るのも良いと思います。
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
医療分野で活用されるロボットスーツの開発製造の成長銘柄
空売りファンドの標的となり
11/9安値1281円(1番底)
12/7安値1398円(2番底)
12/12追撃買いサイン① 1535円△112円
12/13追撃買いサイン② 1670円△135円
大底形成後の追撃買いサイン①②は的中率80%以上
戻りメド①2000円
戻りメド②未定

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
明日か、明後日か、今週中かはわかりませんが
急騰を予測します。
戻りメド①1680円
戻りメド②未定

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
2015年7/23高値18500円の大相場以降、長い間底練りになっていました。
本日12/13「潮目の変化」を感じました。
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
9/16安値1010円底値形成後、11/8高値1513円まで上昇
これが上昇第一波動で、12/13「潮目の変化」を感じました。
上昇第二波動入りを想定
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
10/7高値1025円まで上昇するも悪地合いの中もみ合いになっていました。
本日12/13「潮目の変化」を感じました。
12/13追撃買いサイン①②同時点灯
戻りメド①1000円
戻りメド②未定

2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

トランプ次期大統領記者会見待ち

1月11日(水)16:00

大引け

日経平均株価

19358.64(9:00)

19402.17(11:21)

19325.46(9:10)

19364.67(15:00)

前日比△63.23 +0.33%

TOPIX

1548.18(9:00)

1552.28(11:20)

1545.55(9:10)

1550.40(15:00)

前日比△8.09 +0.52%


日経平均株価は4日ぶりに反発

前日のNYダウは小幅安で続落
米国原油先物価格続落
トランプ次期大統領の記者会見を控え様子見
日本市場は主力株中心に買戻しが入り
小高く始まりました

寄付 19358.64(9:00)△57.20

安値 19325.46(9:10)△24.02

寄り後は直近調整していた輸出関連銘柄中心に大型株に
買い戻しが入り素材関連銘柄も堅調に推移し
日経平均株価は19400円台に乗せる場面がありました

高値 19402.17(11:21)△100.73

買い一巡後は日本時間今晩未明のトランプ次期大統領の記者会見を
見極めたいとするムードが根強く積極的な売買は見送られ
狭いレンジでの推移となりました

大引 19364.67(15:00)△63.23

日経平均株価は4日ぶりに反発して引けました


今晩のトランプ次期大統領硬式記者会見
日本時間1/12未明 結果は1/12(木)の日本株に反映

日本株上昇の条件
円安、米国株高=日本株上昇
この場合の円安とは、117円台~120円水準の円安
116円台前半~115円台は日本株全体の上値が重くなる。
115円を割り込み114円台に入ると日本株は調整色が強くなる。

現在の相場は高値圏でのもみ合いになっていますが
再び為替の円安方向、米国株高方向に動かなければ
方向感に欠け1/5高値19615.40円を一気に突き抜けることは
難しい局面になっています。

年末から始まった中小型株、新興銘柄上昇波動も
昨日前場をピークに上値が重くなってきました。
新規買いは1/5で最後とし
明日以降もブレーキとアクセルを踏み分け
風向きの変化した銘柄は利食い優先とします。

持続して様子見
7185ヒロセ通商 1/11終値1972円△92円
12/22安値1554円以降じりじりと下値を切り上げる動き
明日以降2000円を超えると出来高次第で再度上値トライの
場面に入ることが考えられます。

持続して様子見
6199セラク 1/11終値3330円△145円
出来高が増加し上値を切り上げてきました。
4000円水準トライの場面を待つか
上げ一服となれば即刻利食い
出来高増加と株価堅調が続く限り持続

3686DLE 11/11終値777円▼46円
本日の下落水準ではまだ相場は生きているため明日
弱くなればいったん利食い、堅調であれば持続。



本日一部の買い玉を手仕舞いました。
2158FRONTEO 895円利食い
1/4追撃買いサイン①②同時点灯しましたが
920円以上を買う投資家がおらず4日連続で上髭を引き
突き抜ける勢いがなかった為いったん利食いました。
今回の買いコストは770円のため、次回この水準に
近づいたところで再投資検討。

3852サイバーコム 1021円利食い
11/10高値1140円を抜ける勢いはなく寄り付き直前が
売り優勢だったため利食いとしました。

6185ソネットメディア 2117円利食い
1/4高値2300円、それ以降は陰線が続き上値が重くなったため
利食いとしました。

3691リアルワールド 2076円利食い
1/10の長い上髭を引いた陰線、本日寄付き直後の弱さで
いったん利食いとしました。


本日時間がありましたのでコメントのご返事をさせていただきます。

これからの対策
毎日の更新と丁寧な解説いつも参考にさせってもらっています。
ご挨拶遅れてしまいましたが、明けましておめでとうございます。
今年も体を第一に無理ない程度で相場の事いろいろ教えていただけると嬉しいです。

去年の8月頃からずっと見てるだけ~の状態で暴落を恐れるあまり
何にも手を出さずにいました。
工藤様の記事をみていろいろ挑戦したいのですが、
これからだと遅いのか(モルフォなど)、まだ間に合うのかわかりません。
以前おっしゃっていた1月20日までと考えると遅い気もしますし
銘柄次第だとは思いますが、いまからでも銘柄次第でいけるでしょうか?

コメントありがとうございます。
今から新興銘柄の新規買いはおやめになった方が良いと思います。
私が直近買っている銘柄は、トレンドが変化するときに出る
「追撃買いサイン」での売買です。
一例をあげますと
6199セラク
上場後高値7/7H6840円から長期低迷していました。
8/29安値2357円で底打ち反転となりましたが
10/11高値4380円までの戻りで
11/9安値2521円まで再び下落し
その後は底練りを続けていました。
この銘柄の短期売買サインは以下のとおり
9/16追撃買いサイン①
9/26追撃買いサイン②

1/5追撃買いサイン①
1/10追撃買いサイン②

「追撃買いサイン」は底打ち後の最初の上昇波動の時に出ます。
①トレンドが変化し上昇トレンドになる兆しになる。
②売られすぎの切り返しの波動時に出る。
①の場合は、中長期保有で高値形成を待つ
②の場合は上値が重くなり出来高が減少したら手仕舞う。

セラクの場合は4000円水準を目標値にしていますが
市場全体が盛り上がりに欠けるとその手前で
短期上昇波動は終ることになります。

直近買っている銘柄はすべて「追撃買いサイン」によるもので
短期売買を目的としたものです。
今後初心者の方が新規買いなさるタイミングは
次の暴落時、急落時が賢明と思いますので
現在の相場ではチャートの勉強にとどめておいた方が良いと思います。
今年も相場は荒れると思いますので
1回、2回くらいのチャンスは来ると思います。

ブイ・テクノロジーについて
いつも大変勉強させていただいております。
有難うございます。
お忙しいところ大変申し訳ありません。
ブイ・テクノロジー(7717)についてです。
時価総額の低い銘柄でしたが
天井圏かと思い空売りで入ってしまいました(12350円です)。
抵抗線で下がってくるかと思いましたが、新規上昇にも思えます。
今後の動きはどのように考えると宜しいでしょうか?
ご教授をよろしくお願いいたします。

コメントありがとうございます。
私独自の売買サインでご説明いたします。
天井売りサインは無し。
8/23下落注意サイン(短期売りサイン出空売りに用いるサイン)
底値買いサインは無し。
9/29追撃買いサイン(短期上昇サイン)
天井売りサインは無し。
11/21短期下落サイン
底値買いサインは無し
12/20追撃買いサイン①②同時点灯
(同時点灯し他ためやや強い上昇波動)
現時点では追撃買いサインが生きていて
相場は上方向に向かっていることが考えられる。
しかし、7/20高値14730円を上抜けることが出来なければ
短期的調整に入る可能性が高まる。

以上が現時点での考えです。
ご自身でご判断下さい。


新興銘柄

いつも読ませて頂いています。
私は3441山王と3841ジーダットに
少ない枚数をかっているのですがいかがですかね?
管理人様の豊富な投資経験からの意見を聞けたらと思います。

コメントありがとうございます。
私独自の売買サインでご説明いたします。
3441山王
底値買いサイン2/12安値255円
次に出たサインは以下の順
7/4追撃買いサイン①②同時点灯
それ以降は売買サインは無し。
上昇トレンド継続中。
私でしたらこのまま持続で
25日移動平均線を割り込んだ時に利食う作戦とします。

3841ジーダット
11/18天井売りサイン
その後売買サインは無し。
本日14:30現在窓を開けての上昇になっていますが
出来高が2100株の為方向性は不明です。
この銘柄は商いが出来ない市場性の低い銘柄の為
株価判断は難しいところです。
常識的に判断すると
1/18 1番天井
その後12/27安値870円まで売り込まれ
その反動高で切り返しに転じる場面が今。
薄商いで市場性が低く業績の振れが大きいため
今後想定を超える上下波動があるかもしれませんが
1000円に近づいた時はいったん利食いが賢明と考えます。
この銘柄は上にも下にも大きく振れるためこれ以上の
ことは判断できません。



次回の更新は1/12(木)20:00~21:00ごろ更新予定です。

日本株上昇の条件
円安、米国株高=日本株上昇
この場合の円安とは、117円台~120円水準の円安
116円台前半~115円台は日本株全体の上値が重くなる。
115円を割り込み114円台に入ると日本株は調整色が強くなる。

1/6トランプ氏ツイッターでの発言でトヨタをはじめ自動車株が売られる。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

現在大きく日本株を買い上がっている海外短期筋は、永遠に
買い続けるわけではありません。
儲けるためには突然売りを浴びせてくることはいつもながらの行為です。
すべての投資家が全員強気になった時は、利食い千人力です。

日本の国力を上げる様々な新産業と投資テーマ(順不同)
2020年東京オリンピックまでに新産業バブルが来ることを想定
フィンテックブロックチェーン、ロボット、人工知能、ドローン、自動運転
バイオ再生医療、IoT、電子教科書、遠隔診療、VR Virtual Reality 仮想現実
AR Augmented Reality 拡張現実 、有機EL、ランサムウエア、5G、越境EC
BPP(バーチャルパワープラント)
上下水道老朽化関連銘柄(深刻なインフラ問題)
植物工場、東京発の電線地中化、バラスト水規制、中国の禁煙政策

IoT 人工知能AI ロボット 自動運転 フィンテックブロックチェーン
セキュリティー バイオ再生医療 有機EL は特に注目のテーマです。

かつての2000年ネットバブル相場では
9984ソフトバンクが118.6倍まで上昇しました。
1997/11 1,670円
2000年2月 198,000円
100倍は不可能ですが
2倍、3倍に値上がりする銘柄はたくさんあります。
第4次産業革命銘柄、3年後、5年後に成長を見込める成長銘柄
上記テーマを背景に中小型株の1年に1度~2度の安値水準を
根気強く待伏せ、コツコツと拾って「我慢賃金」を得る投資を心掛けます。


以前は読者の皆様の銘柄に対するコメントをできる限りお答えしておりましたが
年々体力の低下で難しくなってきました。
今後は、読者の皆様の勉強になるよう「銘柄研究」をご紹介いたします。
コメントでのご質問について
余裕のある時はご返事させていただきますので
ペンネーム、ハンドルネームを記載してください。

2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
年初来安値8/26安値492円 直近安値10/7安値501円
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
独立系の寮運営、ホテル事業が2本柱
底値が確認できないため、買う場合は2段階、3段階で買い下がりが有効
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
三菱UFJ子会社 利息返還請求も峠を越え、信用保証の拡大は想定以上
増額修正の可能性、17/3期復配を模索。
5/12高値643円形成後調整局面入り。
日柄調整5カ月経過の10/13安値452円で下げ一服感が出ました。
ここからの大きな下落は考えにくく450円台からの買い下がり方針。
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
年初来安値6/23安値802円に迫る水準になっています。
直近安値10/14安値806円、本日10/18安値806円
このあたりで買い下がりが有効になりそうです。
決算発表で大幅減額修正が出て下がった場合は
その場面で底打ちになりそうです。
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
9/8高値1015円 9/27高値1015円が節目になっています。
本日高値1014円まで買われましたが1015円を抜けることはできませんでした。
明日以降早い時期に1015円を突き抜けると
中段もち合い上放れの可能性が高まります。
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
4/26高値998円 調整局面入り
10/17安値731円が底値と想定
目先815円~820円どころが節目となっていますが
これを抜けると900円トライの場面があるかもしれません。
国内外ファンドが今後買ってくるかどうかで決まります。
売り目標870円~900円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
15年8/5高値12815円史上最高値形成後、11/19高値12350円 
高値奪回できず、そのまま調整局面入り 
8/19安値8388円で底値確認
戻りを試す場は国内外ファンドが買ってくるかどうかで決まります。
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
3/29高値3700円天井形成後、値幅日柄調整
10/25安値2136円が底値かどうかは現時点では5分5分
8/19安値2205円が下値の岩盤でしたが底割れし、底値模索中です。
17/3期連結予想EPS196.24円 連結一株純資産2072円
この水準から買い下がっても、大きなリスクはないと考えます。
2段階下がりの余裕があれば、負けることはなさそうです。
個人投資家は海外短期筋と同じ土俵で戦う必要はありません。
海外短期筋の影響を受けにくい銘柄、影響を受けにくい時期に
買えば良いのです。
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
車買い取り業界のトップ企業 ガリバーが社名変更
中古車買い取り販売の伸び悩みで17/2期減額修正 
3/30史上最高値1459円から反落 日柄値幅調整
7/20安値490円 10/19安値492円がほぼ底値と想定
暫くはレンジ内での推移を想定
レンジ上限660円
レンジ下限500円
売られすぎの反動に期待ができますが
660円以上の戻りは更なるサプライズ待ちになります。

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
通常ですと80%超の確率でここから一段安になりますが
年末にかけて全体相場が堅調な局面では売り圧力が低下するかもしれません。
強い相場では空売りは難しいので見るだけにします。
下値メド①1300円
下値メド②1200円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
10月下旬から見ていますが、誰かが何らかの思惑で買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価1600円~1800円?

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
10/28 75日移動平均回復
その後11/4高値3930円 11/14高値3940円で目先上値が重くなっています。
昨年までは、レンジ上限4900円~5400円 レンジ下限4100円~4200円でしたが
7月以降売り物に押され、8/31安値3510円形成後も出遅れ感が強く
今後国内外のファンドの買いが期待できます。
現在の水準で買って17/3の100円配当と株主優待の食事券をもらうつもりで
ノンビリ持続すればインカムゲインとキャピタルゲインの両方とれそうです。
売り目標①4500円
売り目標②4800円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
ブロンコビリーは売上高利益率トップクラスの外食チェーンです。
7/11上場来高値3645円形成後は調整局面になっています。
好業績で成長余力があるため大きく売り込まれませんが
現在はレンジ下限水準に位置しています。
12月決算銘柄ですので間もなく優待取りの時期でもあり
物色が期待できます。
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価170円~200円?

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
日立が社運をかけて稼ぐ力(売上高利益率)を高める戦略に出ました。
稼ぐ力への選択と集中で生き残りをかける戦略です。
10月以降海外投資家が買っています。
現在600円水準で上げ一服感がありますが国内外機関投資家が
この上を買ってくるのではないでしょうか。
今後の円安定着となれば700円方向に上振れることが考えられます。
600円水準で少しモミ合うかもしれない。
売り目標650円~700円(為替動向と国内外機関投資家次第)
注:底値買いではなく、高値圏の為、順張りでリスクを伴います

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
トランプ氏当選後のトランプトレードでは
三菱UFJFG中心に米国金利上昇関連が
大きく値を上げた半面、その結果リバランスが進み
多くの優良株が機関投資家の組み入れ比率引き下げにより
値を下げ、売られすぎの水準になりました。
その中でも同社は11/15安値4888円から切り返しに転じています。
戻りはまだ初動ですのでここから10%程度の戻りは可能と考えます。
長期運用の海外投資家の好む国際優良株です。
海外投資家が買ってくると、安値で売った国内機関投資家が
買ってくるでしょう。
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円(全体相場の盛り上がり次第)

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
売られすぎの優良企業
日本市場の好需給が年末年始まで続くのであれば
11/15安値4156円から戻りを試す場面と考えます。
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
売られすぎの優良企業
日本市場の好需給が年末年始まで続くのであれば
11/15安値2745.5円から戻りを試す場面と考えます。
戻りメド3200円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
ZMPが12/19に上場になります。
今後も自動運転関連銘柄は、重要なテーマ株として市場の話題になりそうです。
自動運転関連銘柄として子会社のインクリメントPは有名ですが
パイオニアとともに空間情報センサーの実証実験を行っています。
標識をセンサーが認識し、完全自動運転を目指しています。
昨年大きく上昇したのち、日柄、値幅調整が進み
直近安値219円水準がほぼ下値と考えます。
本日安値は229円でしたので、上値を追いかけずに
下値水準に指値を這わせるのが良いと考えます。
180円台の底値水準で買っている方は、いつでも利食い圏ですので
300円まで我慢して、330円くらいまで行きそうかどうか考えて
見るのも良いと思います。
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
医療分野で活用されるロボットスーツの開発製造の成長銘柄
空売りファンドの標的となり
11/9安値1281円(1番底)
12/7安値1398円(2番底)
12/12追撃買いサイン① 1535円△112円
12/13追撃買いサイン② 1670円△135円
大底形成後の追撃買いサイン①②は的中率80%以上
戻りメド①2000円
戻りメド②未定

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
明日か、明後日か、今週中かはわかりませんが
急騰を予測します。
戻りメド①1680円
戻りメド②未定

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
2015年7/23高値18500円の大相場以降、長い間底練りになっていました。
本日12/13「潮目の変化」を感じました。
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
9/16安値1010円底値形成後、11/8高値1513円まで上昇
これが上昇第一波動で、12/13「潮目の変化」を感じました。
上昇第二波動入りを想定
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
10/7高値1025円まで上昇するも悪地合いの中もみ合いになっていました。
本日12/13「潮目の変化」を感じました。
12/13追撃買いサイン①②同時点灯
戻りメド①1000円
戻りメド②未定

2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

ブレーキとアクセル

1月10日(火)20:50

大引け

日経平均株価

19414.83(9:00)

19484.90(11:15)

19255.35(13:23)

19301.44(15:00)

前日比▼152.89 -0.79%

TOPIX

1550.67(9:00)

1557.67(11:15)

1540.09(13:00)

1542.31(15:00)

前日比▼11.01 -0.71%


値上がり銘柄数 758


値下がり銘柄数 1131


新高値銘柄数 209


新安値銘柄数 1


騰落レシオ25D 12.6


日経平均25D乖離率 +0.89


TOPIX25D乖離率 +0.98


3連休明けの日経平均株価は3日続落

連休中の米国市場が軟調、ドル円相場が円高方向に強含み
売り優勢で始まりました

寄付 19414.83(9:00)▼39.50

寄り後はマイナス圏での狭いレンジでの推移となりましたが 
11時過ぎに切り返しに転じ一時プラス圏に浮上する場面がありました

高値 19484.90(11:15)△30.57

後場になると売り先行で始まり、じりじりと下げ幅を拡大

安値 19255.35(13:23)▼198.98

トランプ次期大統領の記者会見を1/11に控え、発言内容を
見極めたいとする流れから積極的に買い上がる動きは乏しく
為替水準も不透明感があり、19300円水準で取引を終了

大引 19301.44(15:00)▼152.89

3連休明けの日経平均株価は3日続落して引けました


1/11(水)米国時間にトランプ次期大統領の記者会見
1/20大統領就任を控え、ツイッターによるトヨタへの批判からか
トヨタ自動車は1兆円規模の米国投資を発表しましたが
世界一の経済大国の時期大統領がツイッターでの発言で
様々な思惑が絡み国家間だけではなく、主要企業も巻き込む
不確定要素が台頭し、トランプトレードで賑わっていた
欧米主要市場、日本市場は方向感が定まりにくい
ムードになってきました。
米国10年債利回り12/15 2.60%をピークにじりじりと低下
1/5 2.37% 1/9 2.38%
米国10年債利回り低下によるドル高円安一服から
ドル安円高に振れるかどうかの不確定要因も日本の主力銘柄の
先行きを不透明にさせています。

前場は弱含みながらも、中小型株、新興面がら中心に
底堅い値動きでしたが、後場になると円相場の不透明感から
売り優勢のムードになり、賑わっていた中小型株、テーマ株
新興銘柄も上値が重くなってきました。


3653モルフォ 買い先行で始まり6490円△200円まで
買われましたがいって来い6290円変わらず

3691リアルワールド 2330円△250円まで上昇するも
2125円△45円

3852サイバーコムは先週末S高で引け、1140円△98円まで
買われましたが1058円△16円

一番強かった3686DELは878円△128円の上髭を引き
823円△73円

ツイッターでのトヨタ自動車批判は政府、多くの企業だけではなく
すべての投資家にとって不確定要因となり、ここからは
アクセルとブレーキ双方をいつでも踏めるようにしなくては
ならなくなりました。
1/11トランプ次期大統領の記者会見は日本時間では1/12の為
明日の日本市場も欧米株の動向と円相場の動向を見ながらの
推移となりそうです。

上昇トレンドの崩れていない銘柄は持続して様子見とし
相場が終わった感触の銘柄は、利食い千人力で臨む方針です。

3653モルフォ
3692FFRI
3696セレス
2124JACリクルート
6034MRT
2352エイジア
3691リアルワールド
3933チエル
9419ワイヤレスゲート
2928RIZAP
2158FRONTEO
6656インスペック
7185ヒロセ通商
3686DEL
6185ソネットメディア
2120ネクスト
3769GMOPG
2440ぐるなび
2148ITメディア
以上の銘柄は相場が生きているため様子見とし

3852サイバーコムは明日の寄付きを見てから判断。

1/8(日)に銘柄を厳選し絞り込んで12銘柄投資妙味のある銘柄を
買い候補としましたが、これ以上、手を広げると頭が回らなくなるため
4銘柄に絞り込みました。
その中の1銘柄は保有銘柄のため、買い増しは行わず3銘柄を
本日寄付きで買いました。
本日寄り付で買った2100番台、3300番台、6000番台の3銘柄が
最も安定して高値圏で引けました。
相場はまだ初動の為1/20まで様子見とします。

6199セラクは1/5追撃買いサイン①
本日追撃買いサイン②がでたため、売られすぎ銘柄の逆襲に期待。
4000円くらい行きそうな感じですが、相場全体が壊れかかった場合は
成り行き売りで臨みます。
本日の長い下ヒゲを切り返しての陽線、しかも高値引けは
尋常ではない足取りです。

昨年末からようやく中小型株、テーマ株、新興銘柄に物色が広がり
非常に良い感触でしたが、
①米国10年債利回り低下によるドル高円安一服から円高不安
②トランプ次期大統領のツイッターでの批判
不透明感が増してきました。

本日の買いでいったん買いは中止、今の相場はホームランではなく
何本ヒットを打てるかどうかです。

3653モルフォ 8000円目標
3692FFRI 6000円以上になったら売り検討
2銘柄は、下がって行って来いになっても
慌てて売ることなく年内の高いところで売るつもりです。
買値を割ったら、喜んで買い下がり長期も辞さない考えです。

米国株の動向、為替相場の動向に注意

ブレーキとアクセルを同時に踏み分け、ヒットを量産します。
時には内野安打(小幅利食い)でも良しとします。

今後数年後に起こるであろう「第4次産業革命バブル相場」のことを
考えますと今は単なる序章に過ぎないと思います。
数年後のバブル相場の時に今のブレーキとアクセルのことを思い出すと
それは、大事の前の小事 と回想することになるでしょう。



次回の更新は1/11(水)16:00ごろ更新いたします。

日本株上昇の条件
円安、米国株高=日本株上昇
この場合の円安とは、117円台~120円水準の円安

1/6トランプ氏ツイッターでの発言でトヨタをはじめ自動車株が売られる。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

現在大きく日本株を買い上がっている海外短期筋は、永遠に
買い続けるわけではありません。
儲けるためには突然売りを浴びせてくることはいつもながらの行為です。
すべての投資家が全員強気になった時は、利食い千人力です。

日本の国力を上げる様々な新産業と投資テーマ(順不同)
2020年東京オリンピックまでに新産業バブルが来ることを想定
フィンテックブロックチェーン、ロボット、人工知能、ドローン、自動運転
バイオ再生医療、IoT、電子教科書、遠隔診療、VR Virtual Reality 仮想現実
AR Augmented Reality 拡張現実 、有機EL、ランサムウエア、5G、越境EC
BPP(バーチャルパワープラント)
上下水道老朽化関連銘柄(深刻なインフラ問題)
植物工場、東京発の電線地中化、バラスト水規制、中国の禁煙政策

IoT 人工知能AI ロボット 自動運転 フィンテックブロックチェーン
セキュリティー バイオ再生医療 有機EL は特に注目のテーマです。

かつての2000年ネットバブル相場では
9984ソフトバンクが118.6倍まで上昇しました。
1997/11 1,670円
2000年2月 198,000円
100倍は不可能ですが
2倍、3倍に値上がりする銘柄はたくさんあります。
第4次産業革命銘柄、3年後、5年後に成長を見込める成長銘柄
上記テーマを背景に中小型株の1年に1度~2度の安値水準を
根気強く待伏せ、コツコツと拾って「我慢賃金」を得る投資を心掛けます。


以前は読者の皆様の銘柄に対するコメントをできる限りお答えしておりましたが
年々体力の低下で難しくなってきました。
今後は、読者の皆様の勉強になるよう「銘柄研究」をご紹介いたします。
コメントでのご質問について
余裕のある時はご返事させていただきますので
ペンネーム、ハンドルネームを記載してください。

2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
年初来安値8/26安値492円 直近安値10/7安値501円
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
独立系の寮運営、ホテル事業が2本柱
底値が確認できないため、買う場合は2段階、3段階で買い下がりが有効
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
三菱UFJ子会社 利息返還請求も峠を越え、信用保証の拡大は想定以上
増額修正の可能性、17/3期復配を模索。
5/12高値643円形成後調整局面入り。
日柄調整5カ月経過の10/13安値452円で下げ一服感が出ました。
ここからの大きな下落は考えにくく450円台からの買い下がり方針。
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
年初来安値6/23安値802円に迫る水準になっています。
直近安値10/14安値806円、本日10/18安値806円
このあたりで買い下がりが有効になりそうです。
決算発表で大幅減額修正が出て下がった場合は
その場面で底打ちになりそうです。
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
9/8高値1015円 9/27高値1015円が節目になっています。
本日高値1014円まで買われましたが1015円を抜けることはできませんでした。
明日以降早い時期に1015円を突き抜けると
中段もち合い上放れの可能性が高まります。
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
4/26高値998円 調整局面入り
10/17安値731円が底値と想定
目先815円~820円どころが節目となっていますが
これを抜けると900円トライの場面があるかもしれません。
国内外ファンドが今後買ってくるかどうかで決まります。
売り目標870円~900円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
15年8/5高値12815円史上最高値形成後、11/19高値12350円 
高値奪回できず、そのまま調整局面入り 
8/19安値8388円で底値確認
戻りを試す場は国内外ファンドが買ってくるかどうかで決まります。
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
3/29高値3700円天井形成後、値幅日柄調整
10/25安値2136円が底値かどうかは現時点では5分5分
8/19安値2205円が下値の岩盤でしたが底割れし、底値模索中です。
17/3期連結予想EPS196.24円 連結一株純資産2072円
この水準から買い下がっても、大きなリスクはないと考えます。
2段階下がりの余裕があれば、負けることはなさそうです。
個人投資家は海外短期筋と同じ土俵で戦う必要はありません。
海外短期筋の影響を受けにくい銘柄、影響を受けにくい時期に
買えば良いのです。
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
車買い取り業界のトップ企業 ガリバーが社名変更
中古車買い取り販売の伸び悩みで17/2期減額修正 
3/30史上最高値1459円から反落 日柄値幅調整
7/20安値490円 10/19安値492円がほぼ底値と想定
暫くはレンジ内での推移を想定
レンジ上限660円
レンジ下限500円
売られすぎの反動に期待ができますが
660円以上の戻りは更なるサプライズ待ちになります。

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
通常ですと80%超の確率でここから一段安になりますが
年末にかけて全体相場が堅調な局面では売り圧力が低下するかもしれません。
強い相場では空売りは難しいので見るだけにします。
下値メド①1300円
下値メド②1200円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
10月下旬から見ていますが、誰かが何らかの思惑で買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価1600円~1800円?

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
10/28 75日移動平均回復
その後11/4高値3930円 11/14高値3940円で目先上値が重くなっています。
昨年までは、レンジ上限4900円~5400円 レンジ下限4100円~4200円でしたが
7月以降売り物に押され、8/31安値3510円形成後も出遅れ感が強く
今後国内外のファンドの買いが期待できます。
現在の水準で買って17/3の100円配当と株主優待の食事券をもらうつもりで
ノンビリ持続すればインカムゲインとキャピタルゲインの両方とれそうです。
売り目標①4500円
売り目標②4800円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
ブロンコビリーは売上高利益率トップクラスの外食チェーンです。
7/11上場来高値3645円形成後は調整局面になっています。
好業績で成長余力があるため大きく売り込まれませんが
現在はレンジ下限水準に位置しています。
12月決算銘柄ですので間もなく優待取りの時期でもあり
物色が期待できます。
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価170円~200円?

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
日立が社運をかけて稼ぐ力(売上高利益率)を高める戦略に出ました。
稼ぐ力への選択と集中で生き残りをかける戦略です。
10月以降海外投資家が買っています。
現在600円水準で上げ一服感がありますが国内外機関投資家が
この上を買ってくるのではないでしょうか。
今後の円安定着となれば700円方向に上振れることが考えられます。
600円水準で少しモミ合うかもしれない。
売り目標650円~700円(為替動向と国内外機関投資家次第)
注:底値買いではなく、高値圏の為、順張りでリスクを伴います

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
トランプ氏当選後のトランプトレードでは
三菱UFJFG中心に米国金利上昇関連が
大きく値を上げた半面、その結果リバランスが進み
多くの優良株が機関投資家の組み入れ比率引き下げにより
値を下げ、売られすぎの水準になりました。
その中でも同社は11/15安値4888円から切り返しに転じています。
戻りはまだ初動ですのでここから10%程度の戻りは可能と考えます。
長期運用の海外投資家の好む国際優良株です。
海外投資家が買ってくると、安値で売った国内機関投資家が
買ってくるでしょう。
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円(全体相場の盛り上がり次第)

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
売られすぎの優良企業
日本市場の好需給が年末年始まで続くのであれば
11/15安値4156円から戻りを試す場面と考えます。
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
売られすぎの優良企業
日本市場の好需給が年末年始まで続くのであれば
11/15安値2745.5円から戻りを試す場面と考えます。
戻りメド3200円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
ZMPが12/19に上場になります。
今後も自動運転関連銘柄は、重要なテーマ株として市場の話題になりそうです。
自動運転関連銘柄として子会社のインクリメントPは有名ですが
パイオニアとともに空間情報センサーの実証実験を行っています。
標識をセンサーが認識し、完全自動運転を目指しています。
昨年大きく上昇したのち、日柄、値幅調整が進み
直近安値219円水準がほぼ下値と考えます。
本日安値は229円でしたので、上値を追いかけずに
下値水準に指値を這わせるのが良いと考えます。
180円台の底値水準で買っている方は、いつでも利食い圏ですので
300円まで我慢して、330円くらいまで行きそうかどうか考えて
見るのも良いと思います。
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
医療分野で活用されるロボットスーツの開発製造の成長銘柄
空売りファンドの標的となり
11/9安値1281円(1番底)
12/7安値1398円(2番底)
12/12追撃買いサイン① 1535円△112円
12/13追撃買いサイン② 1670円△135円
大底形成後の追撃買いサイン①②は的中率80%以上
戻りメド①2000円
戻りメド②未定

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
明日か、明後日か、今週中かはわかりませんが
急騰を予測します。
戻りメド①1680円
戻りメド②未定

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
2015年7/23高値18500円の大相場以降、長い間底練りになっていました。
本日12/13「潮目の変化」を感じました。
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
9/16安値1010円底値形成後、11/8高値1513円まで上昇
これが上昇第一波動で、12/13「潮目の変化」を感じました。
上昇第二波動入りを想定
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
10/7高値1025円まで上昇するも悪地合いの中もみ合いになっていました。
本日12/13「潮目の変化」を感じました。
12/13追撃買いサイン①②同時点灯
戻りメド①1000円
戻りメド②未定

2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

1/20以降不確定な状況

1月6日(金)15:50

大引け

日経平均株価

19393.55(9:00)

19472.37(14:49)

19354.44(9:16)

19454.33(15:00)

前日比▼66.36 -0.34%

TOPIX

1541.66(9:00)

1554.78(14:49)

1541.36(9:00)

1553.32(15:00)

前日比▼2.36 -0.15%

週末1/6(金)日経平均株価は続落

前日の米国3指数は高安まちまち
NYダウは3営業日ぶりの小反落
ドル円相場が115円前半までの円高
3連休を控えた日本市場は売り優勢で始まりました

寄付 19393.55(9:00)▼127.14

安値 19354.44(9:16)▼166.25

売り一巡後は前引けにかけて切り返す場面がありましたが
後場13時を過ぎると連休前の利益確定売りに押され
再び下値を探る展開になりました
13:36 売り一巡後は大引けにかけて下げ幅を縮小

高値 19472.37(14:49)▼48.32

大引 19454.33(15:00)▼66.36

3連休を控えた週末1/6(金)日経平均株価は続落して引けました


金融、自動車、素材セクターが軟調に推移
トランプ次期大統領のトヨタに対してのツイッター発言から
自動車関連銘柄は総じて軟調に推移しました。
前日の米国市場で金融株に利益確定売りが広がった連想か
本日の金融株の軟調が目立ちました。

先駆して上昇したトランプトレード主力銘柄は
上値が重い展開が続いています。
日本市場は3連休入りになります。
連休明けもしばらく中小型株、テーマ株、新興市場銘柄物色が
継続しそうです。

本日も保有中のテーマ株が明らかに変化しています。

3653モルフォ 6290円△370円
本日高値6620円まで買われましたが上髭を引いての陽線で取引を終了。
連休明け引き続き注目 

3692FFRI 4475円△260円
上昇第二波動に入った感じです。
12/19高値4615円を抜けると一段高になりそうです。

3852サイバーコム 1042円△150円S高買い気配1042円買い
5G関連中核銘柄として保有中
買ってからレンジ内の値動きでしたがようやく上昇しました。
残念ながら3連休になるため相場は冷静になるかもしれません。
とりあえず連休明けに9/13高値1189円トライ
提灯が付けば1,500円前後もあるかもしれません。
連休前のタイミングは息切れするかもしれませんので
その場合は、臨機応変に利食います。

3686DLE 750円▼9円
1/4追撃買いサイン①②同時点灯
ここからは暫く真空地帯ですので意外高の可能性あり
本日小幅反落でしたが、相場は生きています。

2158FRONTE 886円▼1円
1/4追撃買いサイン①②同時点灯 ここからしこり玉あり
ここから高値掴みの戻り売りが待ち構えています。
出来高を伴わなければ単発で終わりかねません。
今のところ相場は生きていますので持続。

3691リアルワールド 2080円△60円
相場は生きています。
現在200日移動平均線上で止まっています。
上昇第2波動待ち

6185ソネットメディア 2178円▼11円
12/27追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
出来高が増加しませんが、相場は枯れきっているため
もう少し持続で様子見。

3696セレス 1796円▼9円
12/30追撃買いサイン①
1/5追撃買いサイン②
フィンテックブロックチェーンの人気銘柄
9/7以来の追撃買いサインが底値圏で出たため
すぐに反落することはなさそうです。
10/3高値2126円奪回から、人気化次第で2500円~2800円

2124JACリクルート 1367円▼17円
1/5追撃買いサイン①②同時点灯
目先目標は11/8高値1513円
小型株ファンドの買いに期待

2352エイジア 1822円▼17円
昨日出来高急増株価上昇しましたが本日は軟調です。
10/17高値1972円を超えると次の上昇波動に入るとみています。

9419ワイヤレスゲート 1809円△43円
ようやく上昇波動に入ったようです。
1月中に勝負がつきそうです。

7185ヒロセ通商 1822円△12円
誰かがアンダーを買っている感じがします。
11/21高値2520円トライの第二波動に入るのを待ちます。

2120ネクスト 849円△26円
1/5追撃買いサイン①
1/6追撃買いサイン②
これはかなりの確率で上昇波動入りと考えます。

3769GMOPG 5580円△190円
年末にいったん利食い、1/4買い直しました。
12月以降の日足は、小型株ファンド介入の足取りを
感じていましたが、これは本物です。

6924岩崎電気 197円▼1円
往年の仕手株
だれかが継続的に買っている感じがします。
不気味な足取りです。

4726ソフトバンクテクノロジー 3670円△170円
1/4に買うつもりでしたが他の銘柄にくぎ付けになり
タイミングを逸してしまいました。
多くの方が買っていらっしゃるので簡単に解説します。
12/8高値3860円
10/17高値3900円
を超えれば次の上昇波動入りになります。
ソフトバンクグループのIoT関連、英国アーム社関連銘柄
今年は大相場になる可能性があります。
3900円買いとなれば、上昇波動入りを想定


懸念していたトランプ発言がトヨタをはじめとする自動車株の
動きが怪しくなってきました。
先駆した主力銘柄はここからは難しい展開になりそうです。
連休中の為替、海外主要市場の値動きには要注意ですが
連休明けは、中小型株、テーマ株、新興銘柄物色が継続する感触です。

1/20トランプ大統領就任後は「不確定な状況」になりそうです。


次回の更新は1/10(月)16:00ごろ更新いたします。

日本株上昇の条件
円安、米国株高=日本株上昇
この場合の円安とは、117円台~120円水準の円安

1/6トランプ氏ツイッターでの発言でトヨタをはじめ自動車株が売られる。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

現在大きく日本株を買い上がっている海外短期筋は、永遠に
買い続けるわけではありません。
儲けるためには突然売りを浴びせてくることはいつもながらの行為です。
すべての投資家が全員強気になった時は、利食い千人力です。

日本の国力を上げる様々な新産業と投資テーマ(順不同)
2020年東京オリンピックまでに新産業バブルが来ることを想定
フィンテックブロックチェーン、ロボット、人工知能、ドローン、自動運転
バイオ再生医療、IoT、電子教科書、遠隔診療、VR Virtual Reality 仮想現実
AR Augmented Reality 拡張現実 、有機EL、ランサムウエア、5G、越境EC
BPP(バーチャルパワープラント)
上下水道老朽化関連銘柄(深刻なインフラ問題)
植物工場、東京発の電線地中化、バラスト水規制、中国の禁煙政策

IoT 人工知能AI ロボット 自動運転 フィンテックブロックチェーン
セキュリティー バイオ再生医療 有機EL は特に注目のテーマです。

かつての2000年ネットバブル相場では
9984ソフトバンクが118.6倍まで上昇しました。
1997/11 1,670円
2000年2月 198,000円
100倍は不可能ですが
2倍、3倍に値上がりする銘柄はたくさんあります。
第4次産業革命銘柄、3年後、5年後に成長を見込める成長銘柄
上記テーマを背景に中小型株の1年に1度~2度の安値水準を
根気強く待伏せ、コツコツと拾って「我慢賃金」を得る投資を心掛けます。


以前は読者の皆様の銘柄に対するコメントをできる限りお答えしておりましたが
年々体力の低下で難しくなってきました。
今後は、読者の皆様の勉強になるよう「銘柄研究」をご紹介いたします。
コメントでのご質問について
余裕のある時はご返事させていただきますので
ペンネーム、ハンドルネームを記載してください。

2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
年初来安値8/26安値492円 直近安値10/7安値501円
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
独立系の寮運営、ホテル事業が2本柱
底値が確認できないため、買う場合は2段階、3段階で買い下がりが有効
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
三菱UFJ子会社 利息返還請求も峠を越え、信用保証の拡大は想定以上
増額修正の可能性、17/3期復配を模索。
5/12高値643円形成後調整局面入り。
日柄調整5カ月経過の10/13安値452円で下げ一服感が出ました。
ここからの大きな下落は考えにくく450円台からの買い下がり方針。
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
年初来安値6/23安値802円に迫る水準になっています。
直近安値10/14安値806円、本日10/18安値806円
このあたりで買い下がりが有効になりそうです。
決算発表で大幅減額修正が出て下がった場合は
その場面で底打ちになりそうです。
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
9/8高値1015円 9/27高値1015円が節目になっています。
本日高値1014円まで買われましたが1015円を抜けることはできませんでした。
明日以降早い時期に1015円を突き抜けると
中段もち合い上放れの可能性が高まります。
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
4/26高値998円 調整局面入り
10/17安値731円が底値と想定
目先815円~820円どころが節目となっていますが
これを抜けると900円トライの場面があるかもしれません。
国内外ファンドが今後買ってくるかどうかで決まります。
売り目標870円~900円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
15年8/5高値12815円史上最高値形成後、11/19高値12350円 
高値奪回できず、そのまま調整局面入り 
8/19安値8388円で底値確認
戻りを試す場は国内外ファンドが買ってくるかどうかで決まります。
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
3/29高値3700円天井形成後、値幅日柄調整
10/25安値2136円が底値かどうかは現時点では5分5分
8/19安値2205円が下値の岩盤でしたが底割れし、底値模索中です。
17/3期連結予想EPS196.24円 連結一株純資産2072円
この水準から買い下がっても、大きなリスクはないと考えます。
2段階下がりの余裕があれば、負けることはなさそうです。
個人投資家は海外短期筋と同じ土俵で戦う必要はありません。
海外短期筋の影響を受けにくい銘柄、影響を受けにくい時期に
買えば良いのです。
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
車買い取り業界のトップ企業 ガリバーが社名変更
中古車買い取り販売の伸び悩みで17/2期減額修正 
3/30史上最高値1459円から反落 日柄値幅調整
7/20安値490円 10/19安値492円がほぼ底値と想定
暫くはレンジ内での推移を想定
レンジ上限660円
レンジ下限500円
売られすぎの反動に期待ができますが
660円以上の戻りは更なるサプライズ待ちになります。

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
通常ですと80%超の確率でここから一段安になりますが
年末にかけて全体相場が堅調な局面では売り圧力が低下するかもしれません。
強い相場では空売りは難しいので見るだけにします。
下値メド①1300円
下値メド②1200円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
10月下旬から見ていますが、誰かが何らかの思惑で買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価1600円~1800円?

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
10/28 75日移動平均回復
その後11/4高値3930円 11/14高値3940円で目先上値が重くなっています。
昨年までは、レンジ上限4900円~5400円 レンジ下限4100円~4200円でしたが
7月以降売り物に押され、8/31安値3510円形成後も出遅れ感が強く
今後国内外のファンドの買いが期待できます。
現在の水準で買って17/3の100円配当と株主優待の食事券をもらうつもりで
ノンビリ持続すればインカムゲインとキャピタルゲインの両方とれそうです。
売り目標①4500円
売り目標②4800円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
ブロンコビリーは売上高利益率トップクラスの外食チェーンです。
7/11上場来高値3645円形成後は調整局面になっています。
好業績で成長余力があるため大きく売り込まれませんが
現在はレンジ下限水準に位置しています。
12月決算銘柄ですので間もなく優待取りの時期でもあり
物色が期待できます。
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価170円~200円?

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
日立が社運をかけて稼ぐ力(売上高利益率)を高める戦略に出ました。
稼ぐ力への選択と集中で生き残りをかける戦略です。
10月以降海外投資家が買っています。
現在600円水準で上げ一服感がありますが国内外機関投資家が
この上を買ってくるのではないでしょうか。
今後の円安定着となれば700円方向に上振れることが考えられます。
600円水準で少しモミ合うかもしれない。
売り目標650円~700円(為替動向と国内外機関投資家次第)
注:底値買いではなく、高値圏の為、順張りでリスクを伴います

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
トランプ氏当選後のトランプトレードでは
三菱UFJFG中心に米国金利上昇関連が
大きく値を上げた半面、その結果リバランスが進み
多くの優良株が機関投資家の組み入れ比率引き下げにより
値を下げ、売られすぎの水準になりました。
その中でも同社は11/15安値4888円から切り返しに転じています。
戻りはまだ初動ですのでここから10%程度の戻りは可能と考えます。
長期運用の海外投資家の好む国際優良株です。
海外投資家が買ってくると、安値で売った国内機関投資家が
買ってくるでしょう。
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円(全体相場の盛り上がり次第)

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
売られすぎの優良企業
日本市場の好需給が年末年始まで続くのであれば
11/15安値4156円から戻りを試す場面と考えます。
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
売られすぎの優良企業
日本市場の好需給が年末年始まで続くのであれば
11/15安値2745.5円から戻りを試す場面と考えます。
戻りメド3200円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
ZMPが12/19に上場になります。
今後も自動運転関連銘柄は、重要なテーマ株として市場の話題になりそうです。
自動運転関連銘柄として子会社のインクリメントPは有名ですが
パイオニアとともに空間情報センサーの実証実験を行っています。
標識をセンサーが認識し、完全自動運転を目指しています。
昨年大きく上昇したのち、日柄、値幅調整が進み
直近安値219円水準がほぼ下値と考えます。
本日安値は229円でしたので、上値を追いかけずに
下値水準に指値を這わせるのが良いと考えます。
180円台の底値水準で買っている方は、いつでも利食い圏ですので
300円まで我慢して、330円くらいまで行きそうかどうか考えて
見るのも良いと思います。
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
医療分野で活用されるロボットスーツの開発製造の成長銘柄
空売りファンドの標的となり
11/9安値1281円(1番底)
12/7安値1398円(2番底)
12/12追撃買いサイン① 1535円△112円
12/13追撃買いサイン② 1670円△135円
大底形成後の追撃買いサイン①②は的中率80%以上
戻りメド①2000円
戻りメド②未定

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
明日か、明後日か、今週中かはわかりませんが
急騰を予測します。
戻りメド①1680円
戻りメド②未定

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
2015年7/23高値18500円の大相場以降、長い間底練りになっていました。
本日12/13「潮目の変化」を感じました。
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
9/16安値1010円底値形成後、11/8高値1513円まで上昇
これが上昇第一波動で、12/13「潮目の変化」を感じました。
上昇第二波動入りを想定
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
10/7高値1025円まで上昇するも悪地合いの中もみ合いになっていました。
本日12/13「潮目の変化」を感じました。
12/13追撃買いサイン①②同時点灯
戻りメド①1000円
戻りメド②未定

2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

中小型株新興銘柄相場の流れ

1月5日(木)20:20

大引け

日経平均株価

19602.10(9:00)

19615.40(9:32)

19473.28(14:20)

19520.69(15:00)

前日比▼73.47 -0.37%

TOPIX

1558.06(9:00)

1158.45(9:32)

1550.64(14:20)

1555.68(15:00)

前日比△1.20 +0.08%


値上がり銘柄数 979


値下がり銘柄数 863


新高値銘柄数 234


新安値銘柄数 0


騰落レシオ25D 123.2


日経平均25D乖離率 +2.50


TOPIX25D乖離率 +2.28


日経平均 19520.69▼73.47 -0.37%
TOPIX 1555.68△1.20 +0.08% 
東証2部指数 5438.67△101.35 +1.90%
日経JAQ平均 2781.10△14.88 +0.54% 
マザーズ指数 981.30△26.21 +2.74% 
TOPIX Core30 741.50△2.34 +0.32%  
TOPIX Large70 1526.01▼1.36 -0.09%   
TOPIX Small 1906.95△2.62 +0.14%


日経平均株価は反落

前日の米国株高を背景に小幅高で始まりました

寄付 19602.10(9:00)△7.94

高値 19615.40(9:32)△21.24

買い一巡後は
為替が116円台半ばまで円高方向に振れ
利益確定売りに押されマイナス圏に転落
後場は為替水準(円高)を嫌気して19500円を
割り込む場面がありましたが

安値 19473.28(14:20)▼120.88

先高観があるため下値は底堅く19500円台を回復

大引 19520.69(15:00)▼73.47

日経平均株価は反落して引けました


日本株上昇の条件
円安、米国株高=日本株上昇

為替が読みづらくなりました。
本日は116円台前半、円高方向に振れたため
(執筆中には115円台後半)
インデックス、主力輸出関連銘柄手掛けづらくなり
中小型株、新興銘柄に物色が広がりました。
これは単なる一時的な上昇ではなく
本日が大きな変化日の初日になった感じです。

今まで相場の蚊帳の外におかれていた銘柄が上昇しました。
2303ドーン 1942円△176円 +9.97%
3653モルフォ 5920円△560円 +10.45%

他にもおかしな動きの銘柄が多数みられました。
この流れは明日も引き続き続きそうです。
年末にいったん利食った銘柄を昨日と本日寄付きで
買い戻したのですが、すべての銘柄が瞬時に上昇

本日後場は、年末の買い候補としていた複数の銘柄にも
成り行きで買いを入れました。

保有中のテーマ株の動きが明らかに変化しています。

3686DLE 759円△28円
全日買い物を残してS高
1/4追撃買いサイン①②同時点灯
ここからは暫く真空地帯ですので意外高の可能性あり
出来高が増加し、株価は切り返し強い動きです。

2158FRONTE 885円▼12円
1/4追撃買いサイン①②同時点灯 ここからしこり玉あり
ここから高値掴みの戻り売りが待ち構えています。
出来高を伴わなければ単発で終わりかねません。
出来高が増加しなければいったん利食い。

3691リアルワールド 2020円▼30円
前日高値2167円△400円S高までありましたが、上髭を引いての
大陽線で終わり、本日は2000円を挟んでの展開です。
株価は枯れきっているため、明日以降に期待

6185ソネットメディア 2189円▼20円
12/27追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
前日高値2300円△188円まであり、長い上髭を引きました。
株価は底堅く、枯れきっているため、明日以降に期待

3696セレス 1805円△115円
12/30追撃買いサイン①
1/5追撃買いサイン②
9/7以来の追撃買いサインが底値圏で出たため
明日以降の上昇に期待できそうです。
フィンテックブロックチェーンの人気銘柄

2124JACリクルート 1384円△39円
1/5追撃買いサイン①②同時点灯
目先目標は11/8高値1513円
小型株ファンドの買いに期待

2352エイジア 1839円△89円
出来高急増株価上昇
地合い好転を背景にここからの上昇に期待できそうです。

9419ワイヤレスゲート 1766円△52円
明日以降に続きそうな気配がします。

7185ヒロセ通商 1810円△4円
本日現在動意づいてはいませんが
上昇第2波動に入りそうな予感がします。

2120ネクスト 823円△29円
1/5追撃買いサイン①
明日以降の変化を感じる相場つきでした。

3769GMOPG 5390円△150円
年末にいったん利食い、昨日買い直しました。
12月以降の日足は、小型株ファンド介入の足取りを感じます。

6924岩崎電気 198円△6円
往年の仕手株ですが、だれかが継続的に買っている感じがします。
不気味な足取りです。


トランプ次期大統領の就任前演説、ツイッターでの中国批判
選挙前のような極端な発言はありませんが、1/20就任後は
トランプ大統領発言に世界中が注目します。
為替に対するドル高円安是正発言があれば、瞬時に
為替が動くことになりかねません。
あと2週間でトランプ大統領が誕生します。

不確定要素があるため明日以降も為替は神経質な値動きになりそうです。

7779サイバーダイン 1700円△48円
動意づいてきました。
4565そーせい 14430円△710円
1/5追撃買いサイン①

マザーズ時価総額上位銘柄が動き出してきましたが
この流れは明日以降にもつながりそうです。
4565そーせい 7779サイバーダインが明日以降も活況になると
新興銘柄が大きく賑わうでしょう。

大型株よりも中小型、新興銘柄優位の相場が
しばらく続くのではないかと考えます。

2017年
銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円

コメントをいただきました。
時間がありましたので簡単にご返事させていただきます。

3692FFRI
4200円で買ってるのですが
高値掴みだったのでしょうか?
どの辺まで期待できるでしょうか?

コメントありがとうございます。
私は直近2度売買しました。
年末に売った後、昨日再投資を行いました。
3度目の買いは、4030円買いコストです。
最初の買いコスト3295円だったと記憶していますが
もうこの水準には下がらないと思います。
今年は、IoT、自動運転が中心的なテーマになると思います。
そのためセキリュティーが最注目されると考えます。
2015年7/23高値18500円から長期間、値幅、日柄調整で
相場は枯れきっています。
このままでは相場は終らないと考えます。
私は、下がったら買い下がりを考え中長期で臨みます。
売り目標①5500円~6000円
売り目標②未定 想定以上の相場になる可能性あり


3653モルフォ
コメントによく出てくるモルフォ
今日は急騰して驚いております。
私も少額買っています。5300円。
この先どこかで利食いしないといけないと思いますが
7000円位まで行くでしょうか??

コメントありがとうございます。
年末にいったん利食い昨日買い直しました。
完全に上昇トレンドに入った感じです。
現時点では以下の水準を考えております。
売り目標①8000円
売り目標②未定
今後地合いが変化した場合は変更して引き下げる場合がありますが
8000円前後は見込めそうです。


講座受講者様へ
先ほど株式投資勝利の法則入門編講座臨時配信を行いました。

講座についてのメールをいただいておりますが
今のところは新規募集は予定しておりません。
申し訳ございませんこの場にてお詫び申し上げます。


次回の更新は1/6(金)16:00ごろ更新いたします。

日本株上昇の条件
円安、米国株高=日本株上昇
この場合の円安とは、117円台~120円水準の円安

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

現在大きく日本株を買い上がっている海外短期筋は、永遠に
買い続けるわけではありません。
儲けるためには突然売りを浴びせてくることはいつもながらの行為です。
すべての投資家が全員強気になった時は、利食い千人力です。

日本の国力を上げる様々な新産業と投資テーマ(順不同)
2020年東京オリンピックまでに新産業バブルが来ることを想定
フィンテックブロックチェーン、ロボット、人工知能、ドローン、自動運転
バイオ再生医療、IoT、電子教科書、遠隔診療、VR Virtual Reality 仮想現実
AR Augmented Reality 拡張現実 、有機EL、ランサムウエア、5G、越境EC
BPP(バーチャルパワープラント)
上下水道老朽化関連銘柄(深刻なインフラ問題)
植物工場、東京発の電線地中化、バラスト水規制、中国の禁煙政策

IoT 人工知能AI ロボット 自動運転 フィンテックブロックチェーン
セキュリティー バイオ再生医療 有機EL は特に注目のテーマです。

かつての2000年ネットバブル相場では
9984ソフトバンクが118.6倍まで上昇しました。
1997/11 1,670円
2000年2月 198,000円
100倍は不可能ですが
2倍、3倍に値上がりする銘柄はたくさんあります。
第4次産業革命銘柄、3年後、5年後に成長を見込める成長銘柄
上記テーマを背景に中小型株の1年に1度~2度の安値水準を
根気強く待伏せ、コツコツと拾って「我慢賃金」を得る投資を心掛けます。


以前は読者の皆様の銘柄に対するコメントをできる限りお答えしておりましたが
年々体力の低下で難しくなってきました。
今後は、読者の皆様の勉強になるよう「銘柄研究」をご紹介いたします。
コメントでのご質問について
余裕のある時はご返事させていただきますので
ペンネーム、ハンドルネームを記載してください。

2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
年初来安値8/26安値492円 直近安値10/7安値501円
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
独立系の寮運営、ホテル事業が2本柱
底値が確認できないため、買う場合は2段階、3段階で買い下がりが有効
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
三菱UFJ子会社 利息返還請求も峠を越え、信用保証の拡大は想定以上
増額修正の可能性、17/3期復配を模索。
5/12高値643円形成後調整局面入り。
日柄調整5カ月経過の10/13安値452円で下げ一服感が出ました。
ここからの大きな下落は考えにくく450円台からの買い下がり方針。
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
年初来安値6/23安値802円に迫る水準になっています。
直近安値10/14安値806円、本日10/18安値806円
このあたりで買い下がりが有効になりそうです。
決算発表で大幅減額修正が出て下がった場合は
その場面で底打ちになりそうです。
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
9/8高値1015円 9/27高値1015円が節目になっています。
本日高値1014円まで買われましたが1015円を抜けることはできませんでした。
明日以降早い時期に1015円を突き抜けると
中段もち合い上放れの可能性が高まります。
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
4/26高値998円 調整局面入り
10/17安値731円が底値と想定
目先815円~820円どころが節目となっていますが
これを抜けると900円トライの場面があるかもしれません。
国内外ファンドが今後買ってくるかどうかで決まります。
売り目標870円~900円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
15年8/5高値12815円史上最高値形成後、11/19高値12350円 
高値奪回できず、そのまま調整局面入り 
8/19安値8388円で底値確認
戻りを試す場は国内外ファンドが買ってくるかどうかで決まります。
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
3/29高値3700円天井形成後、値幅日柄調整
10/25安値2136円が底値かどうかは現時点では5分5分
8/19安値2205円が下値の岩盤でしたが底割れし、底値模索中です。
17/3期連結予想EPS196.24円 連結一株純資産2072円
この水準から買い下がっても、大きなリスクはないと考えます。
2段階下がりの余裕があれば、負けることはなさそうです。
個人投資家は海外短期筋と同じ土俵で戦う必要はありません。
海外短期筋の影響を受けにくい銘柄、影響を受けにくい時期に
買えば良いのです。
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
車買い取り業界のトップ企業 ガリバーが社名変更
中古車買い取り販売の伸び悩みで17/2期減額修正 
3/30史上最高値1459円から反落 日柄値幅調整
7/20安値490円 10/19安値492円がほぼ底値と想定
暫くはレンジ内での推移を想定
レンジ上限660円
レンジ下限500円
売られすぎの反動に期待ができますが
660円以上の戻りは更なるサプライズ待ちになります。

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
通常ですと80%超の確率でここから一段安になりますが
年末にかけて全体相場が堅調な局面では売り圧力が低下するかもしれません。
強い相場では空売りは難しいので見るだけにします。
下値メド①1300円
下値メド②1200円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
10月下旬から見ていますが、誰かが何らかの思惑で買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価1600円~1800円?

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
10/28 75日移動平均回復
その後11/4高値3930円 11/14高値3940円で目先上値が重くなっています。
昨年までは、レンジ上限4900円~5400円 レンジ下限4100円~4200円でしたが
7月以降売り物に押され、8/31安値3510円形成後も出遅れ感が強く
今後国内外のファンドの買いが期待できます。
現在の水準で買って17/3の100円配当と株主優待の食事券をもらうつもりで
ノンビリ持続すればインカムゲインとキャピタルゲインの両方とれそうです。
売り目標①4500円
売り目標②4800円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
ブロンコビリーは売上高利益率トップクラスの外食チェーンです。
7/11上場来高値3645円形成後は調整局面になっています。
好業績で成長余力があるため大きく売り込まれませんが
現在はレンジ下限水準に位置しています。
12月決算銘柄ですので間もなく優待取りの時期でもあり
物色が期待できます。
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
おそらくこのままでは終わらない感じです。
注:底値圏から上昇しているため順張りでリスクを伴います。
ハイリスク目標株価170円~200円?

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
日立が社運をかけて稼ぐ力(売上高利益率)を高める戦略に出ました。
稼ぐ力への選択と集中で生き残りをかける戦略です。
10月以降海外投資家が買っています。
現在600円水準で上げ一服感がありますが国内外機関投資家が
この上を買ってくるのではないでしょうか。
今後の円安定着となれば700円方向に上振れることが考えられます。
600円水準で少しモミ合うかもしれない。
売り目標650円~700円(為替動向と国内外機関投資家次第)
注:底値買いではなく、高値圏の為、順張りでリスクを伴います

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
トランプ氏当選後のトランプトレードでは
三菱UFJFG中心に米国金利上昇関連が
大きく値を上げた半面、その結果リバランスが進み
多くの優良株が機関投資家の組み入れ比率引き下げにより
値を下げ、売られすぎの水準になりました。
その中でも同社は11/15安値4888円から切り返しに転じています。
戻りはまだ初動ですのでここから10%程度の戻りは可能と考えます。
長期運用の海外投資家の好む国際優良株です。
海外投資家が買ってくると、安値で売った国内機関投資家が
買ってくるでしょう。
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円(全体相場の盛り上がり次第)

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
売られすぎの優良企業
日本市場の好需給が年末年始まで続くのであれば
11/15安値4156円から戻りを試す場面と考えます。
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
売られすぎの優良企業
日本市場の好需給が年末年始まで続くのであれば
11/15安値2745.5円から戻りを試す場面と考えます。
戻りメド3200円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
ZMPが12/19に上場になります。
今後も自動運転関連銘柄は、重要なテーマ株として市場の話題になりそうです。
自動運転関連銘柄として子会社のインクリメントPは有名ですが
パイオニアとともに空間情報センサーの実証実験を行っています。
標識をセンサーが認識し、完全自動運転を目指しています。
昨年大きく上昇したのち、日柄、値幅調整が進み
直近安値219円水準がほぼ下値と考えます。
本日安値は229円でしたので、上値を追いかけずに
下値水準に指値を這わせるのが良いと考えます。
180円台の底値水準で買っている方は、いつでも利食い圏ですので
300円まで我慢して、330円くらいまで行きそうかどうか考えて
見るのも良いと思います。
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
医療分野で活用されるロボットスーツの開発製造の成長銘柄
空売りファンドの標的となり
11/9安値1281円(1番底)
12/7安値1398円(2番底)
12/12追撃買いサイン① 1535円△112円
12/13追撃買いサイン② 1670円△135円
大底形成後の追撃買いサイン①②は的中率80%以上
戻りメド①2000円
戻りメド②未定

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
明日か、明後日か、今週中かはわかりませんが
急騰を予測します。
戻りメド①1680円
戻りメド②未定

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
2015年7/23高値18500円の大相場以降、長い間底練りになっていました。
本日12/13「潮目の変化」を感じました。
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
9/16安値1010円底値形成後、11/8高値1513円まで上昇
これが上昇第一波動で、12/13「潮目の変化」を感じました。
上昇第二波動入りを想定
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
10/7高値1025円まで上昇するも悪地合いの中もみ合いになっていました。
本日12/13「潮目の変化」を感じました。
12/13追撃買いサイン①②同時点灯
戻りメド①1000円
戻りメド②未定

2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

2017年大発会4年ぶりの大幅高

1月4日(水)15:40

大引け

日経平均株価

19298.68(9:00)

19594.16(15:00)

19277.93(9:01)

19594.16(15:00)

前日比△479.79 +2.51%

TOPIX

1533.04(9:00)

1554.79(14:37)

1532.56(9:01)

1554.48(15:00)

前日比△35.87 +2.36%

2017年1/4大発会は大幅高で高値引けで取引を終えました

日本市場休場中、米国、中国の経済指標が予想を上回り
2017年最初の取引となった前日の米国市場
NYダウは4営業日ぶりに反発
NYダウ、ナスダック、S&P500 3指数揃って上昇
年末116円台で円安一服だったドル円相場も
再び117円台での推移となり大発会の日経平均株価は
全面高で始まりました

寄付 19298.68(9:00)△184.31

安値 19277.93(9:01)△163.56

その後為替の円安が118円台まで進むと上げ幅を切り上げ
2週間ぶりに19,500円台を回復
後場はさらに上げ幅を拡大し

高値 19594.16(15:00)△479.79

大発会の日経平均株価は昨年末高値を抜け
高値引けで引けました

大引 19594.16(15:00)△479.79


トランプトレード
16年11/10日経平均寄付き 16562.86円スタート
12/21日経平均高値19592.90円
立会日数 29営業日 値上がり幅 3030.04円

12/30 18991.59円まで調整しましたが(6営業日)
大発会の窓を開けての大陽線で昨年末の調整は
6営業日で終了しました。

年末買いの手を控えていた海外投資家が本日大きく買ってきたため
再び高値トライの上昇波動に入りました。
本日の海外投資家主導の上昇により再び相場の景色が
大きく好転しましたが、全員強気の時は少し冷静に
見始めた方が良いと思います。
ここから弱気になるのではなく、冷静に地合いを見ながら
確実の利食っていくことは大切です。

昨年末は、主力大型株が上昇すると、中小型株新興銘柄は売られ
2017年相場スタートでは、主力大型株が上昇、中小型株新興銘柄上昇
全面高の好循環なってきました。

まだ始まったばかりの2017年相場に水を差すわけではありませんが
今年も「波乱の1年」になる気がします。
相場は順調に上方向に上っていますが、その流れについていきながら
下り道の確認もしながらの市場参加になります。

日本株上昇の条件
円安、米国株高=日本株上昇

ここからの注目点は言うまでもなく
1、為替の円安継続 117円台~120円に向けて 円安に進めば好材料
2、米国株堅調 NYダウ2万ドルに近づけば(2万ドル乗せ)好材料
3、中国、新興国経済が不安材料にならないこと
4、欧州金融機関の安定
5、トランプ次期大統領の発言
6、欧州2017年の選挙を控えての世論の流れ


本日も持ち株の中から値を上げる銘柄が出てきました。

2158FRONTE 1/4終値897円△41円
1/4追撃買いサイン①②同時点灯 ここからしこり玉あり
ここから高値掴みの戻り売りが待ち構えています。
出来高を伴わなければ単発で終わりかねません。
明日以降様子見して判断します。
出来高が増加しなければいったん利食い。

3686DLE 1/4終値731円△100円S高 731円買い
1/4追撃買いサイン①②同時点灯
ここからは暫く真空地帯ですので意外高の可能性あり
明日以降様子見して判断します。

3691リアルワールド 1/4終値2050円△283円 
高値2167円△400円S高までありましたが、上髭を引いての
大陽線で終わりました。
出来高が急増しましたので明日以降様子見して判断します。

6185ソネットメディア 1/4終値2209円△97円
12/27追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
高値2300円△188円まであり、長い上髭を引きました。
明日以降様子見して判断します。


相場に熱くならず冷静に買えるものを買うのみ
1/4大発会~1/6(金)上値追いはせずどこまで買えるかわかりませんが
謙虚な気持ちで臨機応変に少し買ってみます。
昨日予定していた価格では買えないため、どの水準を買うかは
連日臨機応変に判断します。

高値水準では、株価倍増のホームランを狙うのではなく
確実にヒットを打ち続けることが大切です。
次の暴落が来たら、底値買いで株価倍増のホームランを狙います。

今の様な強い相場では、今年は暴落などなさそうと思いがちです。
いつの時代も年に1度~2度の急落場面があります。
昨年の2/12安値14865.77円の当時は、日本株はもう駄目だ
といった悲観的な市場観測がほぼすべての投資家の考えでした。
それが今の上昇になるとは、相場とは摩訶不思議な世界です。

今の強気相場が永遠に続くことはありません。
メインプレーヤーの海外投資家が手を引き、空売り攻勢にドテンすれば
一気に相場は下落します。
このような話は本日するべきではありませんが
相場に熱くなり、のめり込まないように、冷静さを失わないように
するための戒めと考え、頭の片隅にとどめておいてください。

2017年1/4大発会トランプトレード第二ラウンドスタート

日本市場の第一関門 1/20トランプ大統領就任
日本市場の第二関門 4月下旬トランプ大統領ハネムーン期間終了
          100日の時点でのマスコミの報道
          トランプ政治の論争に注意



次回更新は1/5(木)20:00~21:00ごろの予定です。

日本の国力を上げる様々な新産業と投資テーマ(順不同)
2020年東京オリンピックまでに新産業バブルが来ることを想定
フィンテックブロックチェーン、ロボット、人工知能、ドローン、自動運転
バイオ再生医療、IoT、電子教科書、遠隔診療、VR Virtual Reality 仮想現実
AR Augmented Reality 拡張現実 、有機EL、ランサムウエア、5G、越境EC
BPP(バーチャルパワープラント)
上下水道老朽化関連銘柄(深刻なインフラ問題)
植物工場、東京発の電線地中化、バラスト水規制、中国の禁煙政策

IoT 人工知能AI ロボット 自動運転 フィンテックブロックチェーン
セキュリティー バイオ再生医療 有機EL は特に注目のテーマです。

かつての2000年ネットバブル相場では
9984ソフトバンクが118.6倍まで上昇しました。
1997/11 1,670円
2000年2月 198,000円
100倍は不可能ですが
2倍、3倍に値上がりする銘柄はたくさんあります。
第4次産業革命銘柄、3年後、5年後に成長を見込める成長銘柄
上記テーマを背景に中小型株の1年に1度~2度の安値水準を
根気強く待伏せ、コツコツと拾って「我慢賃金」を得る投資を心掛けます。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

2017年研究銘柄1 8771Eギャランティー

2017年1月3日(火)18:40

謹賀新年
株式投資勝利の法則をご愛読いただき御礼申し上げます。
ブログ読者皆様のご健勝お祈り申し上げます。
本年もよろしくお願いいたします。

12/30(金)大納会
日経平均株価 19114.37 ▼30.77 -0.16%

SGX日経平均先物 19260.00円 1/3 15:03

ドル円相場 117.71~117.74 1/3 16:22

1/3のアジア主要市場は総じて堅調

明日1/4(水)は大発会です。
日経平均株価は、12/21高値19592.90円形成後
メインプレーヤー欧米海外投資家のクリスマス休暇から
市場は閑散になり、先駆して上昇したメガバンク、金融証券
保険、素材などの景気敏感株はいち早く12/13~12/15をピークに
調整に入りました。
円安の一服から自動車を始め輸出関連銘柄も上値が重くなり
年越しとなりました。

米国市場も同様に、NYダウ12/20高値19987.63ドル形成後は
上値の重い展開になり2016年を終了しました。

日本株上昇の条件
円安、米国株高=日本株上昇

年末に米国10年債利回り低下、円安一服となり116円台で年を越した
ドル円相場も 117.71~117.74 1/3 16:22 
SGX日経平均先物 15260.00円 1/3 15:03
明日の大発会は堅調に始まりそうです。

ここからの注目点は言うまでもなく
1、為替の円安継続 117円台~120円に向けて 円安に進めば好材料
2、米国株堅調 NYダウ2万ドルに近づけば(2万ドル乗せ)好材料
3、中国、新興国経済が不安材料にならないこと
4、欧州金融機関の安定
5、トランプ次期大統領の発言
6、欧州2017年の選挙を控えての世論の流れ

日本市場の第一関門 1/20トランプ大統領就任
日本市場の第二関門 4月下旬トランプ大統領ハネムーン期間終了
          100日の時点でのマスコミの報道
          トランプ政治の論争に注意

1/4(水)~1/6(金)までの投資戦略
年末にいったん利食った銘柄の押し目買い
順不同 現時点では押し目のどの水準で買うかは未定
優先的に買う銘柄は◎ 
いずれも1/4以降の値動きを見て臨機応変に判断
買う場合は買い指値ではなく成行
上放れた場合は御縁なしとして見送り方針
以下の銘柄順不同
2413エムスリー
◎3769GMOPG
◎3692FFRI
◎3653モルフォ
6034MRT
3933チエル
◎6656インスペック
7148FPG
3076あいHD
3064MonotaRo
3541農業総合研究所


2017年銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
     売上 営業益 経常益 税引き益 EPS 配当の順

13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  

7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

私の持ち株で年末引け味が良かった銘柄
1/4大発会に年末の動きが継続するか見定めて判断します。

3696セレス 12/30終値1682円△85円
12/30追撃買いサイン①

3691リアルワールド 12/30終値1767円△162円
底値位置から出来高急増株価上昇は、今後急騰の可能性。
1/4に続伸すると追撃買いサインレベルに達します。 

6185ソネットメディア 12/30終値2112円△87円
現時点では単発的か今後続伸するかは不明
相場は枯れきっているためしばらく様子見


1/4(水)大発会、~今週の地合いを見てみないと
これ以上の判断はできませんのでこの続きは
1/4以降のブログにて解説いたします。

相場は強いものの高値圏に位置しているため
常に「利食い千人力」で臨みます。

2017年も個人投資家は海外短期筋の影響を受けにくい投資を行うこと
海外短期筋の空売りの標的になりにくい銘柄の投資を心掛けること
迷った時、分からなくなった時はいったん利食い優先とすること
高値圏では腰を引きながらの投資
その結果の儲けそこないは良しとすべきです。
「腹八分目に医者いらず」
「欲もほどほどに」
「儲けたことは一切忘れ、常にゼロからの投資と考えること」

私は1958年(昭和33年)生まれで2017年は年回りが悪いため
2017年は「腹6分目」で臨みます。

1/4大発会~1/6(金)謙虚な気持ちで臨機応変に少し買ってみます。


日本の国力を上げる様々な新産業と投資テーマ(順不同)
2020年東京オリンピックまでに新産業バブルが来ることを想定
フィンテックブロックチェーン、ロボット、人工知能、ドローン、自動運転
バイオ再生医療、IoT、電子教科書、遠隔診療、VR Virtual Reality 仮想現実
AR Augmented Reality 拡張現実 、有機EL、ランサムウエア、5G、越境EC
BPP(バーチャルパワープラント)
上下水道老朽化関連銘柄(深刻なインフラ問題)
植物工場、東京発の電線地中化、バラスト水規制、中国の禁煙政策

IoT 人工知能AI ロボット 自動運転 フィンテックブロックチェーン
セキュリティー バイオ再生医療 有機EL は特に注目のテーマです。

かつての2000年ネットバブル相場では
9984ソフトバンクが118.6倍まで上昇しました。
1997/11 1,670円
2000年2月 198,000円
100倍は不可能ですが
2倍、3倍に値上がりする銘柄はたくさんあります。
第4次産業革命銘柄、3年後、5年後に成長を見込める成長銘柄
上記テーマを背景に中小型株の1年に1度~2度の安値水準を
根気強く待伏せ、コツコツと拾って「我慢賃金」を得る投資を心掛けます。


次回更新は1/4(水)16:00ごろの予定です。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1190)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR