2017-02

トランプ大統領議会演説

2月28日(火)20:15

大引け

日経平均株価

19194.68(9:00)

19267.99(9:25)

19118.99(15:00)

19118.99(15:00)

前日比△11.52 +0.06%

TOPIX

1542.39(9:00)

1549.44(10:48)

1535.13(15:00)

1535.32(15:00)

前日比△1.32 +0.09%


値上がり銘柄数 1203


値下がり銘柄数 639


新高値銘柄数 120


新安値銘柄数 1


騰落レシオ25D 113.8 


日経平均25D乖離率 -0.45


TOPIX25D乖離率 -0.13


日経平均株価は小幅ながら5日ぶりに反発

前日のNYダウが12営業日連続で史上最高値更新
為替が112円台後半まで円安に振れ
買い優勢で始まりました

寄付 19194.68(9:00)△87.21

寄り後、160円を超える上げ幅まで買われましたが

高値 19267.99(9:25)△160.52

買い一巡後はやや伸び悩み前引けになりました

前引 19238.74(11:35)△131.27

後場は前引け水準で始まりましたがトランプ大統領の議会演説を控え
ここから上を買う動きはなく、ジリジリと上げ幅をきり下げ
14:30ごろからは先物主導による売り物が断続的に出て
前日終値付近まで上げ幅を縮小して取引を終えました

安値 19118.99(15:00)△11.52

大引 19118.99(15:00)△11.52

日経平均株価は小幅ながら5日ぶりに反発
安値引けで終わりました


本日は海外短期筋主導の値動きでした。
前日の米国3指数が揃って史上最高値を更新し、昨日111円台後半まで
進んだ円高が112円台半ばで一服となり、買い優勢で始まりました。
買いから入った海外短期筋は、それに追随する動きがないため
トランプ大統領の議会演説を控え、大引け間際の残り時間30分
先物主導で売ってきました。
14:28 19227.24円 △119.77
大引 19118.99(15:00)△11.52

徐々に買いポジションを減らしたため、現在の持ち株は
残りわずかになりました。
今週は、短期勝負で少し買ってみるつもりでしたが
昨日の想定以上の下げで、様子見で終わってしまいました。
本日前場は高かったものの、トランプ大統領の議会演説を控え
後場にかけては上げ幅を縮小するものと考えていたため
本日も何も買いませんでした。
明日の相場は、日本時間11:00AMからトランプ大統領の議会演説があり
後場は上に行くか、下に行くかは全くわかりません。
明日の前場まではイベントリスクになるため様子見としますが
後場海外短期筋がどちらに動くかで相場の方向性が見えてきます。

トランプ大統領議会演説の結果①②③
①ドル買い円売り、日本株上昇(円安株高)
②ドル売り円買い、日本株下落
③急速に円高方向に振れ、株価は急落

明日の結果を見てから、小ロットの買いを入れるかどうか判断します。

明日のイベントを控えているため新規売りは待ちますが
以下の銘柄を監視しています。

空売り監視銘柄
(初心者の空売りは危険ですのでチャートの勉強にお使いください)

5393ニチアス 1100円~1150円新規売り待ち伏せ

4185JSR 2000円水準新規売り待ち伏せ

6406フジテック 1350円水準新規売り待ち伏せ

その他 崩れかかっている銘柄
6504富士電機
4205日本ゼオン
9716乃村工芸
1951協和エクシオ社
9006京浜急行電鉄

注:空売りは深入りしてはいけません
  ロスカット値を決めてから行うことが重要です
株式投資に100%はありません。
資金的余裕と精神的余裕を持って行ってください。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。
信用取引の目いっぱい投資はその時点で余裕がなくなっています。
目いっぱいの投資は控えましょう。


コメントのご返事

売り時
いつも読ませていただいています。
先日、精工技研やクリーク&リバーの
相談にのっていただきありがとうございました。
高いところでは売れませんでしたが、利確しました。
今後の暴落に備えたいと思います。

ひとつまた、売り時を相談させてくださいい。
6826本多通信工業です。1250でもってます。
よろしくお願いします。

コメントありがとうございます。
現在BOX相場になっていますが、本日の上昇で
レンジ上限の節目を越えてきました。
レンジ上限
2/15H1337円
1/4H1339円
本日2/28終値1350円 H1356円
BOX相場のレンジ上限の節目を超えたため
次の節目は11/25H1459円になります。
明日上昇した場合は11/25H1459円が目標値になりますが
本日の陽線を包み込む陰線になるとレンジ上限値水準で
利食うのが現時点での最善策と考えます。
明日の相場をご覧になり、ご自身で決断なさってください。

注:現時点での想定値ですので全体相場の変化や
  同社のサプライズが出た時は投資判断は見直す必要があります。

コメントのご返事で
BOX相場のレンジ上限の節目を超えたため、明日の動きで判断という
内容のご返事をいたしましたが、利食うということは一番難しいことです。
本日2銘柄利食いましたが、エイジアは売るタイミングの見極めに失敗しました。
昔、中学時代に父親が常々、買う時よりも売るタイミングの方が難しいと
言っていたことを思い出しました。
売ったとたんに次の日から再上昇波動入りになったり
反対に、さらに上値を目指して持続すると、株価はジリジリと下振れしたり
株式投資は一生涯勉強です。

本日2銘柄利食いました。

2352エイジア 2294円で利食い
昨日、25日移動平均乖離率が縮小したため、寄付き直前の気配値を見たところ
売り優勢だったため、寄付きで利食いました。
買いコストが1741円だったため、利食うのは天井形成場面か
25日移動平均ラインかの選択肢でしたが、結果は後者となり
売るタイミングの見極めに失敗しました。

2928RIZAP 847円利食い
1/17高値840円の時は200日移動平均線に押し戻され
寄り付き直前の板情報を見る限りでは窓を開けての買い優勢には
なりそうもなかった為、寄付きで手仕舞うことにしました。

2183リニカルは、節目を抜いてきました。
2/28終値1528円 △39円
2/27終値1489円 ▼16円
2/24終値1505円 △13円
2/23終値1492円 ▼9円
明日以降上値が重くなったら臨機応変に利食います。


次回の更新は3/1(水)15:30ごろ更新予定です。

かつての経済大国、人口大国日本は、世界に類を見ない少子高齢化社会に
突入しています。
少子高齢化による人手不足は、第4次産業革命による様々な新産業の流れを
加速させています。

ロボット、人工知能、自動運転、IoT、AI、フィンテックブロックチェーン

バイオ再生医療、遠隔診療、電子教科書

AR Augmented Reality 拡張現実 VR Virtual Reality 仮想現実

ドローン、有機EL、ランサムウエア、5G、越境EC

BPP(バーチャルパワープラント) 植物工場

このような時代の変革期においては、成長の止まった歴史ある日本企業ではなく
毎期10%以上増収増益を続ける成長企業の年に1~2度の底値買いが最も有効な
投資手法になるのは間違いないと考えます。
日経平均株価は、いぜんとして先高観がありますが
現在の株価水準からの上げシロはわずかです。
2/22日経平均株価 19379.87円
2/22日経平均PER 16.10倍
2/22日経平均EPS 1203.72円

2016年1月以降の日経平均PERレンジ
上限値 15.05倍~16.64倍
16/12/16 16.64倍 
17/1/27 16.60倍
16/4/22 15.99倍
16/2/1 15.28倍
16/3/28 15.20倍

下限値 12.62倍~13.70倍
15/6/24 12.62倍
15/7/8 12.67倍
16/2/12 12.97倍
16/1/21 13.32倍
16/8/3 13.34倍
16/8/26 13.70倍

日経平均EPS 1203.72円×16.64倍=20030
日経平均EPS 1203.72円×13.34倍=16058
2017年3月~12月のボトムピークの想定値
ボトム16058円 売られすぎ-500円 15500円
ピーク20030円前後 過熱+500円 20500円

現在の株価のレンジ
19100円~19500円

上に行った場合は1000円高水準
下に振れた場合は3000円超下落

この水準では、安心して買えません。
今後欧州のリスクが相場の悪材料に加わり
トランプリスクも否定できません。
このような理由で私は、ゆっくりと買いポジションの整理を進めています。
(以上 2/23記)


トランプ大統領の減税と政策が分るまでは上値の重い展開が予測されます。
欧州政局リスクに注意しなければならない時期が近づいてきました。
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
日本株上昇の条件は1にも2にも円安です。
メインプレーヤー海外短期筋の今後の動向にも注意が必要です。

日経平均株価の高値の節目とドル円相場
2/13高値19519.44円 ドル円H 114.17円
1/27高値19486.68円 ドル円H 115.30円
1/5高値19615.40円 ドル円H 118.18円(1/4)H 117.43円(1/5) 
12/21高値19592.90円 ドル円H 118.06円

日経平均は、現在19,500円水準に上値の壁があります。
19,500円を超えて20,000円を目指すのであれば
ドル円相場118円~120円がその条件になります。
113円台~114円水準では、19,500円前後の上値の壁を
一気に突き抜けるのは難しいといえます。

日本市場の関門 4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
米国(トランプ政権)とイスラエルの接近
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

買ってはいけない証券株(2/7記) 
1部上場証券会社15社
8601大和証券G 下降トレンド入口
8604野村HD 海外での収益が好調 直近上昇に転じる
8609岡三証券G 横ばいに推移
8613丸三証券 下降トレンド 1/18決算発表大幅減額
8614東洋証券 下降トレンド
8616東海東京FHD 下降トレンド入口
8617光世証券 下降トレンド入口 1/23決算発表赤字
8622水戸証券 下降トレンド 
8624いちよし証券 下降トレンド
8628松井証券 下降トレンド
8698マネックスG 下降トレンド
8703カブドットコム 下降トレンド
8706極東証券 下降トレンド
8707岩井コスモ証券 下降トレンド
8708藍澤証券 下降トレンド

特に減額が大きい4社
8613丸三証券 
1/23下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価880円~900円

8614東洋証券 
1/24下落注意サイン1 2/2下落注意サイン2
下落目標株価230円~240円

8622水戸証券 
1/17下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価280円

8698マネックスG 
1/24下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価 260円~270円

2017年3月~12月のボトムピークの想定値
ボトム16058円 売られすぎ-500円
ピーク20030円前後 過熱+500円
現在の相場かこう着相場のため、買いも売りも
仕掛けにくくなっています。
買ってはいけない銘柄(空売り候補)は再びトレンドに
変化があった時点でご紹介いたします。

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記)
日経平均急上昇の為1/26ロスカット買戻し405円 ▼26円の損だし

8282ケーズHD 
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②
下降トレンドに入ると考え1/24寄付き2040円 信用新規売り
その後増収増益を背景に株価は切り返し、横ばいトレンドになりました。
本日2/23 2030円でいったん買戻ししました。
現在の横ばいトレンドのレンジは
2000円~2100円ですので今後の高値水準を改めて売りなおす予定です。

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。(1/23記)

2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円
その後の高値1/10高値600円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)
その後の高値2/1高値7580円

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?
その後の高値1/10高値1199円

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)
その後の高値12/12高値588円
2/3安値461円は再び底値水準今後の突込みは妙味あり
450円~465円で第一弾の買いその後15円刻みで買い下がりが有効(2/7記)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)
その後の高値12/21高値1040円

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)
その後の高値12/14高値1147円

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
売り目標870円~900円
その後の高値1/10高値903円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円
その後の高値1/10高値10645円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)
その後の高値1/27高値」3190円

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
レンジ上限660円
レンジ下限500円
その後の高値2/6高値775円上昇トレンド継続中

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
下値メド①1300円
下値メド②1200円
その後の安値11/9安値790円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
ハイリスク目標株価1600円~1800円?
その後の高値1/18高値1797円

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
売り目標①4500円
売り目標②4800円
その後の高値1/6高値4010円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円
その後の高値12/1高値3055円
その後下値模索中2/7安値2657円
下値メド2500円~2600円(2/7記)

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
ハイリスク目標株価170円~200円?
その後の高値12/2高値157円

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
売り目標650円~700円
その後の高値2/2高値679.5円

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円
その後の高値2/7高値5884円トレンドは生きています

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円
その後の高値1/20高値6135円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
戻りメド3200円
その後の高値12/15高値3125円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)
その後の高値1/6高値269円

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
戻りメド①2000円
戻りメド②未定
その後の高値1/10高値1767円

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
戻りメド①1680円
戻りメド②未定
その後の高値2/2高値1674円

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定
その後の高値12/19高値4615円 2/16高値5450円

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定
その後の高値2/3高値1529円

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
戻りメド①1000円
戻りメド②未定
その後の高値1/6高値920円
2/7安値811円今後の突込みは買い妙味あり
下値メド750円~780円(2/7記)


2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

スポンサーサイト

日本株の動向は良くも悪くも米国次第

2月27日(月)15:30

大引け

日経平均株価

19130.51(9:00)

19178.99(13:09)

18995.55(10:15)

19107.47(15:00)

前日比▼176.07 -0.91%

TOPIX

1537.75(9:00)

1539.70(13:09)

1525.16(10:15)

1534.00(15:00)

前日比▼16.14 -1.04%


日経平均株価は4日続落

先週末のNYダウは11営業日連続で史上最高値更新
一方、為替が1ドル112円台の攻防になり、円高を嫌気した
日本株は売り優勢で始まり全面安の展開になりました

寄付 19130.51(9:00)▼153.03

寄り後、持ち高調整の売りに押され
株価は一段安になりました

安値 18995.55(10:15)▼267.99

後場になると円高一服、日銀ETF買いの思惑もあり
下げ幅を縮小

高値 19178.99(13:09)▼104.55

2/28トランプ大統領議会演説(施政方針演説)を控え
戻りは限定的になり
日経平均株価は4日続落、25日移動平均を割り込んで引けました

大引 19107.47(15:00)▼176.07


米国の長期金利低下、1ドル112円の攻防になり
本日は111円台を試す場面がありました。
日経平均は19,000円割れ 
いうまでもなく、
円安=日本株高 円高=日本株安 の構図は変わりません。

本日2/27の日本株は
2/28トランプ大統領議会演説(施政方針演説)を先取りの動き

減税政策、財政出動の具体策が先延ばしになるのではないか?
その場合は、材料出尽くしによる米国株反落、ドル安円高
日経平均19,000円割れ
最悪の場合は、失望売りにより高止まりしている米国株の本格調整で
米国株大幅反落による、一段のドル安円高、日本株も本格調整

2/28トランプ大統領の施政方針演説に焦点が集まります。
施政方針演説内容によっては、3/1(水)以降の為替、日本株相場が
影響を受けるかもしれません。
日本時間3/1(水)11:00AM

今後の日本株の動向は、良くも悪くも米国次第になります。



3653モルフォの件 2/27終値5290円 ▼460円
証券取引等監視委員会は金融庁に対し、同社の役職員の
インサイダー取引で課徴金の納付命令を勧告。
本日大幅安になりました。
デンソーが5.0%の第2位の大株主になることで、同社役員を含む社員が
事前に同社株を買い、インサイダーによる不正利益を得たことによる
課徴金の納付命令を勧告という内容ですが、会社の信用は一時的に
低下したものの、収益が急速に低下するものではありません。
しかし、株価が先週末の5700円の攻防から5300円を割り込み
暫くは5000円~5500円前後のもみ合いになりそうです。

2303ドーン 2/27終値1886円 △110円
経産省は、ドローンの国際規格作りに乗り出し、2025年度をめどに
国際標準化規格(ISO)の承認を目指すことになり同社が
ドローン関連銘柄として人気化しました。
相場が枯れきっているため、火がつくと大きく上昇する可能性があります。
全体相場が2/28トランプ大統領の施政方針演説で大きく崩れなければ
今後も上昇する可能性があります。

2928RIZAP 2/27終値847円 △846円
インサイダー問題から株価は低迷していましたが
2/23の出来高増加を伴う長い陽線で相場つきが変わってきました。
1/17高値840円は、200日移動平均線が重くのしかかり
反落に転じましたが、直近の200日移動平均線は860円水準です。
明日以降一気に突き抜けることができるかどうかが注目点です。


実戦チャート 思惑含み ハイリスクハイリターン

3679じげん 2/27終値1010円 ▼31円 
2/24終値1041円 △43円

7726黒田精工 2/27終値379円 ▼9円
2/24終値388円 △10円
2/23終値378円 △24円

2183リニカル 2/27終値1489円 ▼16円
2/24終値1505円 △13円
2/23終値1492円 ▼9円

5162朝日ラバー 2/27終値1046円 ▼28円
2/24終値1074円 ▼5円
2/23終値1079円 ▼19円

6189グローバルG 2/27終値1949円 △95円
2/24終値1854円 △55円
2/23終値1799円 ▼20円

3649ファインテクス 2/27終値1076円 ▼13円
2/24終値1089円 △18円
2/23終値1071円 △59円

注:上記銘柄はチャートの勉強用に掲載しました。
  大底ではありませんのでリスクを伴います。
  初心者の方は見るだけにしてチャートの勉強にお使いください。


コメントをいただきました。

3692FFRI
5300円で保有中です。
最近は下がってますが
下がればもうひとつ欲しいです。
今後の見立てを教えてください。
そんなには下がらないでしょうか?

コメントありがとうございます。
2/21高値5580円まで買われ、現在は押しが入っています。
本日2/27ザラバ安値4980円、5000円を割り込む場面がありましたが
上昇トレンドは生きています。
同社は、2015年7/23高値18500円まで買われる大相場を演じた後は
収益の伸びを伴わず、株価は大きく調整を余儀なくされました。
2016年2月にほぼ下げ止まり、3000円台の水準での長期安値もみ合いの
日柄調整を経て、昨年末から株価位置を切り上げる上昇局面に入りました。
ここからの注意点(今後のシナリオ)は以下の2点です。
①相場は長期にわたり値幅調整、日柄調整完了後新しい局面になり
 第4次産業革命期の根幹であるネット社会におけるセキュリティーの
 中心銘柄として大相場に発展する期待。
②昨年末から株価は大きく上がり、いったん調整に入る。

2/19の大陽線4590円~5140円を陰線で包み込むと(株価が4590円を割り込むこと)
いったん調整になります。
第4次産業革命期の根幹であるネット社会におけるセキュリティーの中心銘柄
と信じ2017年相場を見極めるのも一策です。
本日現在ではトレンドは生きていますが、境目に来ています。
今後の展開は分りませんので上記のことをよく考えたうえで
ご自身で決断なさってください。
買いコスト5300円は高値圏での買いですので選択肢は限られてしまいます。
この場合の買い増しはいかがかと思います。


次回の更新は2/28(火)20:00~21:00ごろ更新予定です。

かつての経済大国、人口大国日本は、世界に類を見ない少子高齢化社会に
突入しています。
少子高齢化による人手不足は、第4次産業革命による様々な新産業の流れを
加速させています。

ロボット、人工知能、自動運転、IoT、AI、フィンテックブロックチェーン

バイオ再生医療、遠隔診療、電子教科書

AR Augmented Reality 拡張現実 VR Virtual Reality 仮想現実

ドローン、有機EL、ランサムウエア、5G、越境EC

BPP(バーチャルパワープラント) 植物工場

このような時代の変革期においては、成長の止まった歴史ある日本企業ではなく
毎期10%以上増収増益を続ける成長企業の年に1~2度の底値買いが最も有効な
投資手法になるのは間違いないと考えます。
日経平均株価は、いぜんとして先高観がありますが
現在の株価水準からの上げシロはわずかです。
2/22日経平均株価 19379.87円
2/22日経平均PER 16.10倍
2/22日経平均EPS 1203.72円

2016年1月以降の日経平均PERレンジ
上限値 15.05倍~16.64倍
16/12/16 16.64倍 
17/1/27 16.60倍
16/4/22 15.99倍
16/2/1 15.28倍
16/3/28 15.20倍

下限値 12.62倍~13.70倍
15/6/24 12.62倍
15/7/8 12.67倍
16/2/12 12.97倍
16/1/21 13.32倍
16/8/3 13.34倍
16/8/26 13.70倍

日経平均EPS 1203.72円×16.64倍=20030
日経平均EPS 1203.72円×13.34倍=16058
2017年3月~12月のボトムピークの想定値
ボトム16058円 売られすぎ-500円 15500円
ピーク20030円前後 過熱+500円 20500円

現在の株価のレンジ
19100円~19500円

上に行った場合は1000円高水準
下に振れた場合は3000円超下落

この水準では、安心して買えません。
今後欧州のリスクが相場の悪材料に加わり
トランプリスクも否定できません。
このような理由で私は、ゆっくりと買いポジションの整理を進めています。
(以上 2/23記)


トランプ大統領の減税と政策が分るまでは上値の重い展開が予測されます。
欧州政局リスクに注意しなければならない時期が近づいてきました。
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
日本株上昇の条件は1にも2にも円安です。
メインプレーヤー海外短期筋の今後の動向にも注意が必要です。

日経平均株価の高値の節目とドル円相場
2/13高値19519.44円 ドル円H 114.17円
1/27高値19486.68円 ドル円H 115.30円
1/5高値19615.40円 ドル円H 118.18円(1/4)H 117.43円(1/5) 
12/21高値19592.90円 ドル円H 118.06円

日経平均は、現在19,500円水準に上値の壁があります。
19,500円を超えて20,000円を目指すのであれば
ドル円相場118円~120円がその条件になります。
113円台~114円水準では、19,500円前後の上値の壁を
一気に突き抜けるのは難しいといえます。

日本市場の関門 4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
米国(トランプ政権)とイスラエルの接近
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

買ってはいけない証券株(2/7記) 
1部上場証券会社15社
8601大和証券G 下降トレンド入口
8604野村HD 海外での収益が好調 直近上昇に転じる
8609岡三証券G 横ばいに推移
8613丸三証券 下降トレンド 1/18決算発表大幅減額
8614東洋証券 下降トレンド
8616東海東京FHD 下降トレンド入口
8617光世証券 下降トレンド入口 1/23決算発表赤字
8622水戸証券 下降トレンド 
8624いちよし証券 下降トレンド
8628松井証券 下降トレンド
8698マネックスG 下降トレンド
8703カブドットコム 下降トレンド
8706極東証券 下降トレンド
8707岩井コスモ証券 下降トレンド
8708藍澤証券 下降トレンド

特に減額が大きい4社
8613丸三証券 
1/23下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価880円~900円

8614東洋証券 
1/24下落注意サイン1 2/2下落注意サイン2
下落目標株価230円~240円

8622水戸証券 
1/17下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価280円

8698マネックスG 
1/24下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価 260円~270円

2017年3月~12月のボトムピークの想定値
ボトム16058円 売られすぎ-500円
ピーク20030円前後 過熱+500円
現在の相場かこう着相場のため、買いも売りも
仕掛けにくくなっています。
買ってはいけない銘柄(空売り候補)は再びトレンドに
変化があった時点でご紹介いたします。

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記)
日経平均急上昇の為1/26ロスカット買戻し405円 ▼26円の損だし

8282ケーズHD 
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②
下降トレンドに入ると考え1/24寄付き2040円 信用新規売り
その後増収増益を背景に株価は切り返し、横ばいトレンドになりました。
本日2/23 2030円でいったん買戻ししました。
現在の横ばいトレンドのレンジは
2000円~2100円ですので今後の高値水準を改めて売りなおす予定です。

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。(1/23記)

2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円
その後の高値1/10高値600円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)
その後の高値2/1高値7580円

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?
その後の高値1/10高値1199円

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)
その後の高値12/12高値588円
2/3安値461円は再び底値水準今後の突込みは妙味あり
450円~465円で第一弾の買いその後15円刻みで買い下がりが有効(2/7記)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)
その後の高値12/21高値1040円

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)
その後の高値12/14高値1147円

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
売り目標870円~900円
その後の高値1/10高値903円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円
その後の高値1/10高値10645円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)
その後の高値1/27高値」3190円

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
レンジ上限660円
レンジ下限500円
その後の高値2/6高値775円上昇トレンド継続中

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
下値メド①1300円
下値メド②1200円
その後の安値11/9安値790円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
ハイリスク目標株価1600円~1800円?
その後の高値1/18高値1797円

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
売り目標①4500円
売り目標②4800円
その後の高値1/6高値4010円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円
その後の高値12/1高値3055円
その後下値模索中2/7安値2657円
下値メド2500円~2600円(2/7記)

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
ハイリスク目標株価170円~200円?
その後の高値12/2高値157円

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
売り目標650円~700円
その後の高値2/2高値679.5円

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円
その後の高値2/7高値5884円トレンドは生きています

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円
その後の高値1/20高値6135円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
戻りメド3200円
その後の高値12/15高値3125円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)
その後の高値1/6高値269円

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
戻りメド①2000円
戻りメド②未定
その後の高値1/10高値1767円

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
戻りメド①1680円
戻りメド②未定
その後の高値2/2高値1674円

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定
その後の高値12/19高値4615円 2/16高値5450円

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定
その後の高値2/3高値1529円

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
戻りメド①1000円
戻りメド②未定
その後の高値1/6高値920円
2/7安値811円今後の突込みは買い妙味あり
下値メド750円~780円(2/7記)


2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

2/28トランプ大統領施政方針演説

2月24日(金)15:30

大引け

日経平均株価

19232.11(9:00)

19381.10(10:28)

19219.58(9:00)

19283.54(15:00)

前日比▼87.92 -0.45%

TOPIX

1547.08(9:00)

1558.41(10:27)

1545.63(9:00)

1550.14(15:00)

前日比▼6.11 -0.39%


週末2/24(金)日経平均株価は3日続落

前日のNYダウは10営業日連続で史上最高値更新
円相場は対ドルで112円台の円高に振れたため
輸出関連銘柄中心に売り先行で始まりました

寄付 19232.11(9:00)▼139.35

安値 19219.58(9:00)▼151.88

寄り付き直後に安値を付け売り一巡後は切り返しに転じプラス圏に
浮上する場面がありましたが再び下値を模索する展開

高値 19381.10(10:28)△9.64

後場は19200円台の水準でのもみ合いになり
日経平均株価は3日続落して引けました

大引 19283.54(15:00)▼87.92


前日のNYダウは買いが先行し10営業日連続で史上最高値更新
最高値を10営業日連続で更新するのは、1987年1月以来30年ぶりになります。
米国株は堅調ですが、日本市場はインデックス、主力銘柄、大型株は軟調で
方向感に欠ける相場展開が続いています。
日本株上昇の条件は、1にも2にも「円安」です。
為替相場対ドルで112円台~113円台の水準では、買い上がる投資家はおらず
買い手不在の相場展開が続いています。

米国の減税策は、8月の議会休会までに発表するとの報道
米国3月の利上げの可能性は極めて低い
為替が再び円安方向に大きく動く可能性は極めて低く
米国の減税政策が遅れると米国企業業績への好影響は2018年ずれこみます。
115円~117円水準に円安が進まなければ、日経平均株価は19500円の節目を越え
20000円方向に向かうことはないでしょう。
主力大型株は軟調、中小型株新興銘柄物色が優勢の相場地合いは
もう少し続きそうです。
2/28トランプ大統領施政方針演説に焦点が集まります。
施政方針演説内容によっては、3/1(水)以降の為替、日本株相場が
影響を受けるかもしれません。



7575日本ライフLについてコメントをいただきました。
昨年に大相場を形成した銘柄で
10/20高値2960円
11/7高値2935円
ダブルトップ形成後、調整入りになりました。
地相場から5倍に大化けした後の調整局面です。

考え方は以下の2通りです。
①通常大相場形成後は調整が長引き6カ月~12カ月が一つの目安になります。
成長株は、調整が比較的に早く3カ月くらいで反発に転じる場合があり
11/17高値2935円 3か月後2/17 
この場合は日柄調整は、3か月後2/17 前後に完了
2/7安値1825円で値幅調整完了という考え方になります。
②25日移動平均線は下方向に向かい、現在は25日移動平均の攻防になっています。
25日移動平均を再び割り込みマイナス乖離が続くと、日柄調整、値幅の調整が
もう少し続くことになります。

①Or②のどちらになるか現時点ではわかりませんが
2/7安値1825円が底値になった場合は、今後戻りを試す場面になります。
その場合は、2000円~2600円水準に大きなしこりがあり
高値掴みの投資家の戻り売りが待ち構えているため
一気に上値を試す水準までの戻りの可能性は極めて低いという結論になります。
今後は、日柄調整になる可能性が高く、しばらく1850円~2200円水準の
もみ合いになると考えるのが現時点での想定値です。

今後外国人投資家やファンドの買いが入れば
もう少し上に振れる可能性はありますが
私が買うとしたら、
1900円前後の待伏せ(指値)
買えたら2050円~2100円水準での利食い

注:現時点での想定値ですので全体相場の変化や
  同社のサプライズが出た時は投資判断は見直す必要があります。


実戦チャート 思惑含み ハイリスクハイリターン

3679じげん 2/24終値1041円 △43円

7726黒田精工 2/24終値388円 △10円
2/23終値378円 △24円

2183リニカル 2/24終値1505円 △13円
2/23終値1492円 ▼9円

5162朝日ラバー 2/24終値1074円 ▼5円
2/23終値1079円 ▼19円

6189グローバルG 2/24終値1854円 △55円
2/23終値1799円 ▼20円

3649ファインテクス 2/24終値1089円 △18円
2/23終値1071円 △59円

2659サンエー 2/24終値5160円 ▼80円
2/23終値5240円 △100円

2656ベクター 2/24終値475円 ▼22円
2/23終値497円 △47円

3625テックファーム 2/24終値1389円 ▼21円
2/23終値1410円 △63円

3933チエル 2/24終値1754円 △67円
2/23終値1687円 △107円

注:上記銘柄はチャートの勉強用に掲載しました。
  大底ではありませんのでリスクを伴います。
  初心者の方は見るだけにしてチャートの勉強にお使いください。

2017年銘柄研究2 4577ダイトに小型株ファンドと思われる買いが
入っている感じです。



次回の更新は2/27(月)15:30~16:00ごろ更新予定です。

かつての経済大国、人口大国日本は、世界に類を見ない少子高齢化社会に
突入しています。
少子高齢化による人手不足は、第4次産業革命による様々な新産業の流れを
加速させています。

ロボット、人工知能、自動運転、IoT、AI、フィンテックブロックチェーン

バイオ再生医療、遠隔診療、電子教科書

AR Augmented Reality 拡張現実 VR Virtual Reality 仮想現実

ドローン、有機EL、ランサムウエア、5G、越境EC

BPP(バーチャルパワープラント) 植物工場

このような時代の変革期においては、成長の止まった歴史ある日本企業ではなく
毎期10%以上増収増益を続ける成長企業の年に1~2度の底値買いが最も有効な
投資手法になるのは間違いないと考えます。
日経平均株価は、いぜんとして先高観がありますが
現在の株価水準からの上げシロはわずかです。
2/22日経平均株価 19379.87円
2/22日経平均PER 16.10倍
2/22日経平均EPS 1203.72円

2016年1月以降の日経平均PERレンジ
上限値 15.05倍~16.64倍
16/12/16 16.64倍 
17/1/27 16.60倍
16/4/22 15.99倍
16/2/1 15.28倍
16/3/28 15.20倍

下限値 12.62倍~13.70倍
15/6/24 12.62倍
15/7/8 12.67倍
16/2/12 12.97倍
16/1/21 13.32倍
16/8/3 13.34倍
16/8/26 13.70倍

日経平均EPS 1203.72円×16.64倍=20030
日経平均EPS 1203.72円×13.34倍=16058
2017年3月~12月のボトムピークの想定値
ボトム16058円 売られすぎ-500円 15500円
ピーク20030円前後 過熱+500円 20500円

現在の株価のレンジ
19100円~19500円

上に行った場合は1000円高水準
下に振れた場合は3000円超下落

この水準では、安心して買えません。
今後欧州のリスクが相場の悪材料に加わり
トランプリスクも否定できません。
このような理由で私は、ゆっくりと買いポジションの整理を進めています。
(以上 2/23記)


トランプ大統領の減税と政策が分るまでは上値の重い展開が予測されます。
欧州政局リスクに注意しなければならない時期が近づいてきました。
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
日本株上昇の条件は1にも2にも円安です。
メインプレーヤー海外短期筋の今後の動向にも注意が必要です。

日経平均株価の高値の節目とドル円相場
2/13高値19519.44円 ドル円H 114.17円
1/27高値19486.68円 ドル円H 115.30円
1/5高値19615.40円 ドル円H 118.18円(1/4)H 117.43円(1/5) 
12/21高値19592.90円 ドル円H 118.06円

日経平均は、現在19,500円水準に上値の壁があります。
19,500円を超えて20,000円を目指すのであれば
ドル円相場118円~120円がその条件になります。
113円台~114円水準では、19,500円前後の上値の壁を
一気に突き抜けるのは難しいといえます。

日本市場の関門 4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
米国(トランプ政権)とイスラエルの接近
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

買ってはいけない証券株(2/7記) 
1部上場証券会社15社
8601大和証券G 下降トレンド入口
8604野村HD 海外での収益が好調 直近上昇に転じる
8609岡三証券G 横ばいに推移
8613丸三証券 下降トレンド 1/18決算発表大幅減額
8614東洋証券 下降トレンド
8616東海東京FHD 下降トレンド入口
8617光世証券 下降トレンド入口 1/23決算発表赤字
8622水戸証券 下降トレンド 
8624いちよし証券 下降トレンド
8628松井証券 下降トレンド
8698マネックスG 下降トレンド
8703カブドットコム 下降トレンド
8706極東証券 下降トレンド
8707岩井コスモ証券 下降トレンド
8708藍澤証券 下降トレンド

特に減額が大きい4社
8613丸三証券 
1/23下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価880円~900円

8614東洋証券 
1/24下落注意サイン1 2/2下落注意サイン2
下落目標株価230円~240円

8622水戸証券 
1/17下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価280円

8698マネックスG 
1/24下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価 260円~270円

2017年3月~12月のボトムピークの想定値
ボトム16058円 売られすぎ-500円
ピーク20030円前後 過熱+500円
現在の相場かこう着相場のため、買いも売りも
仕掛けにくくなっています。
買ってはいけない銘柄(空売り候補)は再びトレンドに
変化があった時点でご紹介いたします。

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記)
日経平均急上昇の為1/26ロスカット買戻し405円 ▼26円の損だし

8282ケーズHD 
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②
下降トレンドに入ると考え1/24寄付き2040円 信用新規売り
その後増収増益を背景に株価は切り返し、横ばいトレンドになりました。
本日2/23 2030円でいったん買戻ししました。
現在の横ばいトレンドのレンジは
2000円~2100円ですので今後の高値水準を改めて売りなおす予定です。

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。(1/23記)

2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円
その後の高値1/10高値600円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)
その後の高値2/1高値7580円

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?
その後の高値1/10高値1199円

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)
その後の高値12/12高値588円
2/3安値461円は再び底値水準今後の突込みは妙味あり
450円~465円で第一弾の買いその後15円刻みで買い下がりが有効(2/7記)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)
その後の高値12/21高値1040円

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)
その後の高値12/14高値1147円

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
売り目標870円~900円
その後の高値1/10高値903円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円
その後の高値1/10高値10645円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)
その後の高値1/27高値」3190円

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
レンジ上限660円
レンジ下限500円
その後の高値2/6高値775円上昇トレンド継続中

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
下値メド①1300円
下値メド②1200円
その後の安値11/9安値790円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
ハイリスク目標株価1600円~1800円?
その後の高値1/18高値1797円

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
売り目標①4500円
売り目標②4800円
その後の高値1/6高値4010円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円
その後の高値12/1高値3055円
その後下値模索中2/7安値2657円
下値メド2500円~2600円(2/7記)

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
ハイリスク目標株価170円~200円?
その後の高値12/2高値157円

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
売り目標650円~700円
その後の高値2/2高値679.5円

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円
その後の高値2/7高値5884円トレンドは生きています

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円
その後の高値1/20高値6135円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
戻りメド3200円
その後の高値12/15高値3125円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)
その後の高値1/6高値269円

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
戻りメド①2000円
戻りメド②未定
その後の高値1/10高値1767円

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
戻りメド①1680円
戻りメド②未定
その後の高値2/2高値1674円

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定
その後の高値12/19高値4615円 2/16高値5450円

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定
その後の高値2/3高値1529円

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
戻りメド①1000円
戻りメド②未定
その後の高値1/6高値920円
2/7安値811円今後の突込みは買い妙味あり
下値メド750円~780円(2/7記)


2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」


インデックス大型株軟調中小型株優勢

2月23日(木)20:40

大引け

日経平均株価

19379.92(9:00)

19379.92(9:00)

19262.63(10:07)

19371.46(15:00)

前日比▼8.41 -0.04%

TOPIX

1556.68(9:00)

1556.71(9:00)

1547.24(10:07)

1556.25(15:00)

前日比▼0.84 -0.05%


値上がり銘柄数 1013


値下がり銘柄数 848


新高値銘柄数 125


新安値銘柄数 0


騰落レシオ25D 113.2


日経平均25D乖離率 +1.02


TOPIX25D乖離率 +1.40


日経平均株価は小幅ながら続落

前日のNYダウは9営業日連続で史上最高値更新
円相場は、1ドル113円台前半、円安一服感から
前日終値から5銭高く始まりました

寄付 19379.92(9:00)△0.05

高値 19379.92(9:00)△0.05

日経平均株価は横ばいで始まった後は
じりじりと下げ幅を拡大

安値 19262.63(10:07)▼117.24

売り一巡後は日銀ETF買い期待から下げ幅を縮小
大引けにかけて急速に値を戻しましたが
日経平均株価は小幅ながら続落して引けました

大引 19371.46(15:00)▼8.41


海外時間で1ドル112円台、日本時間では113円台前半と
円安一服で本日も硬直感の強い相場展開が想定されましたが
ムニューシン米財務長官が、税制改革の後ずれを示唆する発言で
海外短期筋の先物売りに押される場面がありました。
結局大引けにかけて株価は急速に戻り、前日終値付近で引けました。

米国株は連日の最高値更新が続いていますが、為替が
対ドルで113円台の為替水準、対ユーロでも円高方向に振れ
日本市場は、主力銘柄、大型株は全く動けず、日経平均株価は
19,100円~19,500円手前の狭いレンジでのもみ合いが続いています。

上場企業の2017年3月期の純利益は前期比約10%増え、2期ぶりに
最高益更新見込みになりましたが、一方国内では人手不足や
少子高齢化の流れが今後の企業収益にも影響を及ぼすことが
徐々に表面化しています。

大手ファミレスの24時間営業の中止
ヤマト運輸の取扱貨物急増による配達スタッフの疲弊と限界
様々なニュースが日々流れます。
以前は深夜営業で若者でにぎわっていたファミレスは閑散となり
おなかがすくとファミレスではなくコンビニに行く時代になりました。
アマゾンを始めとするネット通販の拡大で、大手スーパー
デパートの売り上げは激減し、結果として宅配業者の配送能力を超え
現場社員の疲弊と限界が社会問題になっています。

かつての経済大国、人口大国日本は、世界に類を見ない少子高齢化社会に
突入しています。
少子高齢化による人手不足は、第4次産業革命による様々な新産業の流れを
加速させています。

ロボット、人工知能、自動運転、IoT、AI、フィンテックブロックチェーン

バイオ再生医療、遠隔診療、電子教科書

AR Augmented Reality 拡張現実 VR Virtual Reality 仮想現実

ドローン、有機EL、ランサムウエア、5G、越境EC

BPP(バーチャルパワープラント) 植物工場

このような時代の変革期においては、成長の止まった歴史ある日本企業ではなく
毎期10%以上増収増益を続ける成長企業の年に1~2度の底値買いが最も有効な
投資手法になるのは間違いないと考えます。

日経平均株価は、いぜんとして先高観がありますが
現在の株価水準からの上げシロはわずかです。

2/22日経平均株価 19379.87円
2/22日経平均PER 16.10倍
2/22日経平均EPS 1203.72円

2016年1月以降の日経平均PERレンジ
上限値 15.05倍~16.64倍
16/12/16 16.64倍 
17/1/27 16.60倍
16/4/22 15.99倍
16/2/1 15.28倍
16/3/28 15.20倍

下限値 12.62倍~13.70倍
15/6/24 12.62倍
15/7/8 12.67倍
16/2/12 12.97倍
16/1/21 13.32倍
16/8/3 13.34倍
16/8/26 13.70倍

日経平均EPS 1203.72円×16.64倍=20030
日経平均EPS 1203.72円×13.34倍=16058
2017年3月~12月のボトムピークの想定値
ボトム16058円 売られすぎ-500円 15500円
ピーク20030円前後 過熱+500円 20500円

現在の株価のレンジ
19100円~19500円

上に行った場合は1000円高水準
下に振れた場合は3000円超下落

この水準では、安心して買えません。
今後欧州のリスクが相場の悪材料に加わり
トランプリスクも否定できません。
このような理由で私は、ゆっくりと買いポジションの整理を進めています。

8282ケーズHD 
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②
下降トレンドに入ると考え1/24寄付き2040円 信用新規売り
その後増収増益を背景に株価は切り返し、横ばいトレンドになりました。
本日2/23 2030円でいったん買戻ししました。
現在の横ばいトレンドのレンジは
2000円~2100円ですので今後の高値水準を改めて売りなおす予定です。
この場合は、2100円水準で新規売り、2000円に近づいた時に買戻し
2000円水準ではどてん買い越しは行わないといったイメージです。

実戦チャート 思惑含み ハイリスクハイリターン

7726黒田精工 2/23終値378円 △24円

2183リニカル 2/23終値1492円 ▼9円

5162朝日ラバー 2/23終値1079円 ▼19円

6189グローバルG 2/23終値1799円 ▼20円

3649ファインテクス 2/23終値1071円 △59円

2659サンエー 2/23終値5240円 △100円

2656ベクター 2/23終値497円 △47円

3625テックファーム 2/23終値1410円 △63円

3933チエル 2/23終値1687円 △107円

注:上記銘柄はチャートの勉強用に掲載しました。
  大底ではありませんのでリスクを伴います。
  初心者の方は見るだけにしてチャートの勉強にお使いください。

昨日コメントをいただきましたが時間の関係で本日ご返事させていただきます。
3688:VOYAGEについて
1/26 1444円△300円 この日を転機に相場は上放れました。
その後じりじりと高値を切り上げ、2/13高値1776円で一服となりましたが
2/22高値1841円 節目である2/13高値1776円を抜けトレンドが生きている
可能性が高いことがわかりました。
本日2/23 1880円の高値まで買われる場面がありましたが
1789円▼24円 陰線で引けました。

2/23 25日移動平均乖離率 +12.79%
2/22 25日移動平均乖離率 +16.29%
2/21 25日移動平均乖離率 +13.79%
2/20 25日移動平均乖離率 +9.67%
上記のように上昇トレンドは継続中です。
今後、25日移動平均乖離率プラス乖離率が縮小した時は要注意です。
結論
現状の上昇トレンドが続く限り持続とし
上値が重くなり、出来高が30万株を割り込んだ時
25日移動平均乖離率プラス乖離率が縮小した時は
即刻手仕舞いが良いと考えます。


次回の更新は2/24(金)15:30~16:00ごろ更新予定です。

トランプ大統領の減税と政策が分るまでは上値の重い展開が予測されます。
欧州政局リスクに注意しなければならない時期が近づいてきました。
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
日本株上昇の条件は1にも2にも円安です。
メインプレーヤー海外短期筋の今後の動向にも注意が必要です。

日経平均株価の高値の節目とドル円相場
2/13高値19519.44円 ドル円H 114.17円
1/27高値19486.68円 ドル円H 115.30円
1/5高値19615.40円 ドル円H 118.18円(1/4)H 117.43円(1/5) 
12/21高値19592.90円 ドル円H 118.06円

日経平均は、現在19,500円水準に上値の壁があります。
19,500円を超えて20,000円を目指すのであれば
ドル円相場118円~120円がその条件になります。
113円台~114円水準では、19,500円前後の上値の壁を
一気に突き抜けるのは難しいといえます。

日本市場の関門 4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
米国(トランプ政権)とイスラエルの接近
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

買ってはいけない証券株(2/7記) 
1部上場証券会社15社
8601大和証券G 下降トレンド入口
8604野村HD 海外での収益が好調 直近上昇に転じる
8609岡三証券G 横ばいに推移
8613丸三証券 下降トレンド 1/18決算発表大幅減額
8614東洋証券 下降トレンド
8616東海東京FHD 下降トレンド入口
8617光世証券 下降トレンド入口 1/23決算発表赤字
8622水戸証券 下降トレンド 
8624いちよし証券 下降トレンド
8628松井証券 下降トレンド
8698マネックスG 下降トレンド
8703カブドットコム 下降トレンド
8706極東証券 下降トレンド
8707岩井コスモ証券 下降トレンド
8708藍澤証券 下降トレンド

特に減額が大きい4社
8613丸三証券 
1/23下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価880円~900円

8614東洋証券 
1/24下落注意サイン1 2/2下落注意サイン2
下落目標株価230円~240円

8622水戸証券 
1/17下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価280円

8698マネックスG 
1/24下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価 260円~270円

2017年3月~12月のボトムピークの想定値
ボトム16058円 売られすぎ-500円
ピーク20030円前後 過熱+500円
現在の相場かこう着相場のため、買いも売りも
仕掛けにくくなっています。
買ってはいけない銘柄(空売り候補)は再びトレンドに
変化があった時点でご紹介いたします。

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記)
日経平均急上昇の為1/26ロスカット買戻し405円 ▼26円の損だし

8282ケーズHD 
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②
下降トレンドに入ると考え1/24寄付き2040円 信用新規売り
その後増収増益を背景に株価は切り返し、横ばいトレンドになりました。
本日2/23 2030円でいったん買戻ししました。
現在の横ばいトレンドのレンジは
2000円~2100円ですので今後の高値水準を改めて売りなおす予定です。

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。(1/23記)

2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円
その後の高値1/10高値600円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)
その後の高値2/1高値7580円

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?
その後の高値1/10高値1199円

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)
その後の高値12/12高値588円
2/3安値461円は再び底値水準今後の突込みは妙味あり
450円~465円で第一弾の買いその後15円刻みで買い下がりが有効(2/7記)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)
その後の高値12/21高値1040円

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)
その後の高値12/14高値1147円

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
売り目標870円~900円
その後の高値1/10高値903円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円
その後の高値1/10高値10645円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)
その後の高値1/27高値」3190円

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
レンジ上限660円
レンジ下限500円
その後の高値2/6高値775円上昇トレンド継続中

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
下値メド①1300円
下値メド②1200円
その後の安値11/9安値790円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
ハイリスク目標株価1600円~1800円?
その後の高値1/18高値1797円

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
売り目標①4500円
売り目標②4800円
その後の高値1/6高値4010円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円
その後の高値12/1高値3055円
その後下値模索中2/7安値2657円
下値メド2500円~2600円(2/7記)

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
ハイリスク目標株価170円~200円?
その後の高値12/2高値157円

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
売り目標650円~700円
その後の高値2/2高値679.5円

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円
その後の高値2/7高値5884円トレンドは生きています

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円
その後の高値1/20高値6135円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
戻りメド3200円
その後の高値12/15高値3125円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)
その後の高値1/6高値269円

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
戻りメド①2000円
戻りメド②未定
その後の高値1/10高値1767円

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
戻りメド①1680円
戻りメド②未定
その後の高値2/2高値1674円

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定
その後の高値12/19高値4615円 2/16高値5450円

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定
その後の高値2/3高値1529円

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
戻りメド①1000円
戻りメド②未定
その後の高値1/6高値920円
2/7安値811円今後の突込みは買い妙味あり
下値メド750円~780円(2/7記)


2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

買い手不在の閑散相場

2月22日(水)15:25

大引け

日経平均株価

19419.22(9:00)

19419.22(9:00)

19329.28(11:00)

19379.87(15:00)

前日比▼1.57 -0.01%

TOPIX

1559.44(9:00)

1559.51(9:00)

1553.17(11:00)

1557.09(15:00)

前日比△1.49 +0.10%


日経平均株価は3日ぶりに小幅反落

連休明けのNYダウは買いが先行し
8日連続で史上最高値更新した流れを受け
小幅高で始まりました

寄付 19419.22(9:00)△37.78

高値 19419.22(9:00)△37.78

寄り後は買い材料に欠けマイナス圏に転落
前引けは小幅反落で引けました

前引 19345.12(11:35)▼36.32

後場も為替を横目で見ながら前日終値付近での
狭いレンジでの推移になりました

安値 19329.28(11:00)▼52.16

日経平均株価は3日ぶりに小幅反落して引けました

大引 19379.87(15:00)▼1.57


買い手不在の閑散相場

連休明けのNYダウは買いが先行し、8日連続で史上最高値更新
為替も円高一服感から落ち着いているものの、連日の閑散相場に
変わりなく方向感に欠ける相場になっています。
19,400円を超えてくると19,500円の上値の壁が重くのしかかってくるため
その上を買う投資家がいないため、軟調になります。
インデックス、主力株は、海外投資家が大きく買い越さないと上がりません。
本日も一部の中小型株、新興銘柄が物色されましたが、買われた銘柄は
なかなか長続きしません。

昨日ご紹介しました4銘柄も明暗が分かれました。
2337いちごと7726黒田精工は、日柄調整が不十分の為しこり玉に
押し戻されてしまいました。
2183リニカルと5162朝日ラバーは、日柄調整は十分で節目を越えてきたことで
強い値動きになっています。

2337いちご 日柄調整が不十分
2/21終値378円△12円
2/22終値374円▼4円
1/10高値472円以降急落局面で買った投資家の戻り売りが待ち構えているため
長続きせず単発高で下押してしまいます。

7726黒田精工 日柄調整が不十分、しかし思惑含み
2/21終値369円△39円
2/22終値354円▼15円
相場は切り返しに転じる気配がありますが、12/7高値706円以降の
急落局面で買った投資家の戻り売りが待ち構えているため
390円以上は出来高を伴わないと押し戻されてしまいます。


2183リニカル 日柄調整完了節目を超えた 思惑含み
2/21終値1486円△43円
2/22終値1501円△15円
1/11高値1429円 11/1高値1499円節目を越えてきました。
だれが買っているのかわかりませんが、右肩上がりの
ジリジリと切り上がるローソク足は、思惑を感じます。

5162朝日ラバー 日柄調整完了節目を超えた 思惑含み
2/21終値1040円△32円
2/22終値1098円△58円
11/30高値1024円 2/8高値1084円節目を越えてきました。
おそらくこのままでは終わらない予感がします。

実戦チャート 思惑含み
6189グローバルG 2/22終値1819円△104円
上場時高値2016年3/30高値3655円以降下降トレンドで
12/26安値1566円まで大きく下げ、その後も長い底練りになっていました。
2/17追撃買いサイン①②同時点灯
連日誰かが何らかの目的で買っている形跡があります。
私も買ったのですが、鳴かず飛ばずで今まで介入形跡が全くなかった為
失策と思っていました。
明日以降も思惑含みの動きが続きそうです。
相場が枯れきっているため、火がつくと燃え上がります。

注:上記銘柄はチャートの勉強用に掲載しました。
  大底ではありませんのでリスクを伴います。
  初心者の方は見るだけにしてチャートの勉強にお使いください。

今月末までにトランプ大統領の減税と政策が分るまでは
上値の重い展開が予測されます。
それまでは方向感に欠ける相場展開が予想されます。


次回の更新は2/23(木)20:00~21:00ごろ更新予定です。

トランプ大統領の減税と政策が分るまでは上値の重い展開が予測されます。
欧州政局リスクに注意しなければならない時期が近づいてきました。
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
日本株上昇の条件は1にも2にも円安です。
メインプレーヤー海外短期筋の今後の動向にも注意が必要です。

2/15日経平均株価19437.98円
2/15日経平均PER16.11倍
2/15日経平均EPS1206.58円 

2016年1月以降の日経平均PERレンジ
上限値 15.05倍~16.64倍
16/12/16 16.64倍 
17/1/27 16.60倍
16/4/22 15.99倍
16/2/1 15.28倍
16/3/28 15.20倍

下限値 12.62倍~13.70倍
15/6/24 12.62倍
15/7/8 12.67倍
16/2/12 12.97倍
16/1/21 13.32倍
16/8/3 13.34倍
16/8/26 13.70倍

2015年日経平均PER
上限 4/28 19.15倍(アベノミクス相場全盛期)
下限 9/29 14.44倍

日経平均EPS1206.58円 × 16.64倍 = 20077.49円
日経平均EPS1206.58円 × 17.0倍 = 20511.86円

日経平均EPS1206.58円× 12.62倍 = 15227.04円
日経平均EPS1206.58円× 13.70倍 = 16530.15円
日経平均EPS1206.58円× 14.44倍 = 17423.02円

日経平均PERで見た2017年相場の想定レンジ
レンジ上限20077.49円~20511.86円 中間値20294.68
レンジ下限15227.04円~17423.02円 中間値16325.03

2017年相場のレンジは
16325.03円~20294.68円と想定します。

2/16大引 19347.53(15:00)▼90.45
20294.68円 - 19347.53 = 947.15円
19347.53円 - 16325.03 = 3022.50円

2/16時点 上げシロ947.15円 下げシロ3022.50円

結論
現在の株価位置から上がっても947.15円
現在の株価位置から下がった場合3022.50円
初心者の個人投資家はここから買ってもなかなか儲かりません。
年に1度~2度の急落、暴落の局面を待つのが健全な投資と考えます。

17/3期は増益になりますので為替と外部要因に不安がなければ
相場は上方向に向かい日経平均株価は20,000円の大台に乗せる可能性が高く
その場合の上げシロは947.15円
欧州政治リスク、欧州経済リスク、米中貿易摩擦リスク
その他さまざまなリスクがあります。
年に1度~2度の急落、暴落の局面では16325.03円くらいまで
下落する可能性があります。
その場合の下げシロは3022.50円

日経平均株価の高値の節目とドル円相場
2/13高値19519.44円 ドル円H 114.17円
1/27高値19486.68円 ドル円H 115.30円
1/5高値19615.40円 ドル円H 118.18円(1/4)H 117.43円(1/5) 
12/21高値19592.90円 ドル円H 118.06円

日経平均は、現在19,500円水準に上値の壁があります。
19,500円を超えて20,000円を目指すのであれば
ドル円相場118円~120円がその条件になります。
113円台~114円水準では、19,500円前後の上値の壁を
一気に突き抜けるのは難しいといえます。

日本市場の関門 4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
米国(トランプ政権)とイスラエルの接近
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

買ってはいけない証券株(2/7記) 
1部上場証券会社15社
8601大和証券G 下降トレンド入口
8604野村HD 海外での収益が好調 直近上昇に転じる
8609岡三証券G 横ばいに推移
8613丸三証券 下降トレンド 1/18決算発表大幅減額
8614東洋証券 下降トレンド
8616東海東京FHD 下降トレンド入口
8617光世証券 下降トレンド入口 1/23決算発表赤字
8622水戸証券 下降トレンド 
8624いちよし証券 下降トレンド
8628松井証券 下降トレンド
8698マネックスG 下降トレンド
8703カブドットコム 下降トレンド
8706極東証券 下降トレンド
8707岩井コスモ証券 下降トレンド
8708藍澤証券 下降トレンド

特に減額が大きい4社
8613丸三証券 
1/23下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価880円~900円

8614東洋証券 
1/24下落注意サイン1 2/2下落注意サイン2
下落目標株価230円~240円

8622水戸証券 
1/17下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価280円

8698マネックスG 
1/24下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価 260円~270円

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。(1/23記)

買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:初心者の方は安易に信用取引を行わないでください。
  目いっぱいの空売りは目いっぱいの信用買いより危険です。
  現物の目いっぱいの買いはいけませんが
  信用取引の目いっぱいの売買は、墓穴を掘ることになりかねません。
  くれぐれも実戦チャートの勉強の教材としてお使いください。

1/16ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)
その後、トランプ発言で全体相場は急騰
日経400 500採用銘柄の為上昇 

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

1/17現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24終値3975円▼105円 この時点で相場は崩れた(1/24記)
1/24下落注意サイン②

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 225採用銘柄 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
2/6大幅増額修正発表によりトレンド変化(2/7記)

3086Jフロント 225採用銘柄 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

買ってはいけない銘柄1/24

9932杉本商事 1/24終値1483円△1円 1/24記
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②

7201日産自動車 1/24終値1122.0円 ▼13.0円 1/24記
現在個別銘柄指数表算出前の為売買サインは不明ですが
今後下値模索する感じがします。

買ってはいけない銘柄2/3記

8703カブドットコム証券 2/3記
1/24下落注意サイン①
2/2下落注意サイン②
切り返しに転じた時に(次の反発)空売り検討

7246プレス工業 2/3記
2/2下落注意サイン①②
次の反発530円~535円水準を空売り検討

8233高島屋 2/3記
1/23下落注意サイン①
1/31下落注意サイン②
次の反発970円水準を空売り検討

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記)
 1/26ロスカット買戻し405円 ▼26円の損だし

8282ケーズHD 寄付き2040円 信用新規売り(1/24記)
 持続中 ロスカット値2148円
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)
その後、トランプ発言で全体相場は急騰
日経400 500採用銘柄の為上昇 
日経400 日経500採用銘柄の為全体相場に連動します。
トレンドは下降から、2000円~2100円水準のもみ合いになりそうです。
損の無いところでいったん手仕舞い上値を売りなおすかどうか考えます。
買戻し目標 1800円~1900円 いったん未定とします
ロスカット値2148円


2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円
その後の高値1/10高値600円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)
その後の高値2/1高値7580円

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?
その後の高値1/10高値1199円

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)
その後の高値12/12高値588円
2/3安値461円は再び底値水準今後の突込みは妙味あり
450円~465円で第一弾の買いその後15円刻みで買い下がりが有効(2/7記)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)
その後の高値12/21高値1040円

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)
その後の高値12/14高値1147円

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
売り目標870円~900円
その後の高値1/10高値903円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円
その後の高値1/10高値10645円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)
その後の高値1/27高値」3190円

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
レンジ上限660円
レンジ下限500円
その後の高値2/6高値775円上昇トレンド継続中

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
下値メド①1300円
下値メド②1200円
その後の安値11/9安値790円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
ハイリスク目標株価1600円~1800円?
その後の高値1/18高値1797円

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
売り目標①4500円
売り目標②4800円
その後の高値1/6高値4010円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円
その後の高値12/1高値3055円
その後下値模索中2/7安値2657円
下値メド2500円~2600円(2/7記)

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
ハイリスク目標株価170円~200円?
その後の高値12/2高値157円

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
売り目標650円~700円
その後の高値2/2高値679.5円

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円
その後の高値2/7高値5884円トレンドは生きています

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円
その後の高値1/20高値6135円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
戻りメド3200円
その後の高値12/15高値3125円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)
その後の高値1/6高値269円

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
戻りメド①2000円
戻りメド②未定
その後の高値1/10高値1767円

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
戻りメド①1680円
戻りメド②未定
その後の高値2/2高値1674円

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定
その後の高値12/19高値4615円 2/16高値5450円

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定
その後の高値2/3高値1529円

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
戻りメド①1000円
戻りメド②未定
その後の高値1/6高値920円
2/7安値811円今後の突込みは買い妙味あり
下値メド750円~780円(2/7記)


2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

閑散に売りなし

2月21日(火)20:35

大引け

日経平均株価

19267.87(9:00)

19395.35(14:49)

19261.98(9:00)

19381.44(15:00)

前日比△130.36 +0.68%

TOPIX

1547.87(9:00)

1555.98(12:30)

1547.14(9:01)

1555.60(15:00)

前日比△8.59 +0.56%


値上がり銘柄数 1227


値下がり銘柄数 629


新高値銘柄数 135


新安値銘柄数 3


騰落レシオ25D 118.3


日経平均25D乖離率 +1.23


TOPIX25D乖離率 +1.55


日経平均株価は続伸

前日の米国市場は休場
為替の円高一服感から小反発で始まりました

寄付 19267.87(9:00)△16.79

安値 19261.98(9:00)△10.90

寄り後は小動きが続きましたが10時過ぎに
為替が1ドル113円台半ばまで円安方向に振れると
日経平均は上げ幅を拡大

後場も底堅く推移しましたが
後場の上下幅はわずかに24.77円

高値 19395.35(14:49)△144.27

こう着感の強い展開になりましたが
日経平均株価は続伸して引けました

大引 19381.44(15:00)△130.36



相場格言「閑散に売りなし」
今年初の火曜日上昇になりましたがこう着感の強い相場になっています。
市場のエネルギー不足していますが、少しの買いパワーで
株価が上がります。
本日の後場は日経平均上下幅はわずかに24.77円でした。
2/10以降25日移動平均線が下値サポートになっていますが
19500円の上値の壁が大きくのしかかっています。

このような閑散相場では中小型株、新興銘柄、テーマ株、材料株に
小型株ファンドや個人投資家の資金が循環し、日替わりで物色が広がっています。
しかし、相場のエネルギーが不足しているため、なかなか大相場にはならず
上げては下がり、また買いなおされるといった小波動の循環になっています。

このような狭いレンジでの往来相場ではなかなか儲けられません。
次の上昇波動のタイミングとしては、今月中に判明するトランプ大統領の
大減税を待って、米国株と為替がどう反応するかの結果待ちということになります。


誰かが何らかの目的で買っている銘柄
注:以下の銘柄はハイリスクハイリターンですので
  初心者の方は見るだけにしてください。

2337いちご 2/21終値378円△12円
1/10高値472円形成後調整入り
2/3安値358円で底をつけ底練りになっていましたが
本日の出来高を伴った陽線が、切り返しを予感させます。
戻りメド①400円
それ以上は出来高を伴わないと戻り売りに押される足取りが予想されます。

7726黒田精工 2/21終値369円△39円
12/7高値706円は6日連続ストップ高
その後一気に株価は崩れ、300円~330円の下値模索になりました。
本日の出来高を伴った陽線が、切り返しを予感させます。
戻りメド380円~420円
それ以上は出来高次第で現時点ではわかりません。

2183リニカル 2/21終値1486円△43円
前回の波動は、1/11高値1429円の短期波動で終わりましたが
今回は腰が入ったしっかりした足取りになっています。
1500円~1600円水準の戻り売りをこなせるかどうかが
ここからのポイントです。
戻りメド①1500円~1600円
これを勢いよく突き抜けると1700円~1800円
現時点では1500円~1600円の壁が重くのしかかっているようです。
今後の出来高増加次第です。

5162朝日ラバー 2/21終値1040円△32円
11/30高値1024円形成後調整入り
2/8高値1084円は前回高値を超えたため
昨日と本日の連続陽線の勢いが明日以降も続くと
大きな相場になるかもしれません。
この銘柄は順張り型ですので、明日以降の早い時期に
1084円買いになれば、上昇トレンドに転換しそうです。
その場合の上値メドは1300円前後を想定
2014/9高値3435円を付けた銘柄ですので
初心者の方は買わなくても生きたチャートの勉強になりますので
是非今後の値動きをご覧ください。


コメントのご返事させていただきます。

3778 さくらインターネット
ずばり1,000円割れは買でしょうか?
先生のお見立てをお聞きしたく質問させていただきました
宜しくお願い致します。

コメントありがとうございます。
減額修正と公募増資により大幅下落しました。
この銘柄は、2016年に大相場になりました。
1/13高値2110円
1/28高値2026円
2/17高値1977円トリプルトップ形成で大相場終焉
その後6/24安値760円(大底形成)
その後はレンジ内の推移が続きました。
長い間の底練りです。
相場の格言「天井3日底100日」
高値圏保有中の投資家は、長い間辛抱せざる得ないことになりました。
1/13に待望の底練りからの脱出になる「上放れ」になりました。
1/16高値1326円形成後、2/2高値1275円 高値トライはできず
ジリジリと株価は切り下がり、本日の大幅下落です。
下げの背景には減額修正と公募増資があります。
2つの悪材料が出たことで、今回の波動は完全に壊れました。
明日以降はいわゆる底値模索の展開が予想されます。
本日の大きな窓を埋めるためには新たなサプライズが必要です。
底100日まではかからないでしょうが、今後当分の間は長い底練りに
なりそうです。
この場合は手出し無用で、17/3期決算発表通過後の5月ごろに
18/3期を見据えて買うかどうか決めるのが最善と考えます。
このころには調整が終わるはずです。
調整とは、値幅調整と日柄調整
私もさくらネットの値動きを見ていましたが
減額修正と公募増資はいけません。
当分見送りです。



現在の市場は、年に4回の四半期決算で相場が荒れます。
今回の決算では、事前予想が良かったため買った銘柄が一転して
減額修正になったものがありました。
結果としては、戻り売り方針に変更しましたが
今後も年4回の四半期決算で度々地雷を踏むことになるので
高値圏では買えません。
底練りの水準のレンジ上限値であれば次の短期波動で逃げられる可能性が
高いのですが、高値水準を買うと長い時間苦労することになります。

最悪の場合は、四半期決算ごとに減額修正、再減額修正を出してくることです。
下手をすると3回連続の減額修正に見舞われることもあります。

相場はいくら経験しても難しいものです。
年に1~2回の急落時、暴落時に底値で買い、それ以外何もしないのが
最も健全な投資手法の一つですが、時代の変化で成長株、テーマ株にも
資金を振り分ける場合は、リスクを取っての投資で、年に4回の四半期決算の
ハードルからは逃れられません。

買う銘柄が人気銘柄で毎年のボトムピークが大きい銘柄ですと
最悪の場合でも逃げやすくなります。
人気の無い銘柄や、市場性の低い銘柄は、数年に1チャンスになることもありますので
銘柄選択は十分気を付けてください。
腕に覚えのある個人投資家は別ですが、一般の個人投資家は常にチャートを見て
株価位置の低いバーゲン価格で買う方が無難です。
順張りとは違い時間はかかりますが、その分リスクは軽減されます。
大型株は国内外機関投資家、海外短期筋に任せ、一般の個人投資家は中小型株の
年に1~2回のバーゲン価格を待つのが、海外短期筋の影響を受けにくい
生き残りの道と考えます。



次回の更新は2/22(水)15:30~16:00ごろ更新予定です。

トランプ大統領の減税と政策が分るまでは上値の重い展開が予測されます。
欧州政局リスクに注意しなければならない時期が近づいてきました。
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
日本株上昇の条件は1にも2にも円安です。
メインプレーヤー海外短期筋の今後の動向にも注意が必要です。

2/15日経平均株価19437.98円
2/15日経平均PER16.11倍
2/15日経平均EPS1206.58円 

2016年1月以降の日経平均PERレンジ
上限値 15.05倍~16.64倍
16/12/16 16.64倍 
17/1/27 16.60倍
16/4/22 15.99倍
16/2/1 15.28倍
16/3/28 15.20倍

下限値 12.62倍~13.70倍
15/6/24 12.62倍
15/7/8 12.67倍
16/2/12 12.97倍
16/1/21 13.32倍
16/8/3 13.34倍
16/8/26 13.70倍

2015年日経平均PER
上限 4/28 19.15倍(アベノミクス相場全盛期)
下限 9/29 14.44倍

日経平均EPS1206.58円 × 16.64倍 = 20077.49円
日経平均EPS1206.58円 × 17.0倍 = 20511.86円

日経平均EPS1206.58円× 12.62倍 = 15227.04円
日経平均EPS1206.58円× 13.70倍 = 16530.15円
日経平均EPS1206.58円× 14.44倍 = 17423.02円

日経平均PERで見た2017年相場の想定レンジ
レンジ上限20077.49円~20511.86円 中間値20294.68
レンジ下限15227.04円~17423.02円 中間値16325.03

2017年相場のレンジは
16325.03円~20294.68円と想定します。

2/16大引 19347.53(15:00)▼90.45
20294.68円 - 19347.53 = 947.15円
19347.53円 - 16325.03 = 3022.50円

2/16時点 上げシロ947.15円 下げシロ3022.50円

結論
現在の株価位置から上がっても947.15円
現在の株価位置から下がった場合3022.50円
初心者の個人投資家はここから買ってもなかなか儲かりません。
年に1度~2度の急落、暴落の局面を待つのが健全な投資と考えます。

17/3期は増益になりますので為替と外部要因に不安がなければ
相場は上方向に向かい日経平均株価は20,000円の大台に乗せる可能性が高く
その場合の上げシロは947.15円
欧州政治リスク、欧州経済リスク、米中貿易摩擦リスク
その他さまざまなリスクがあります。
年に1度~2度の急落、暴落の局面では16325.03円くらいまで
下落する可能性があります。
その場合の下げシロは3022.50円

日経平均株価の高値の節目とドル円相場
2/13高値19519.44円 ドル円H 114.17円
1/27高値19486.68円 ドル円H 115.30円
1/5高値19615.40円 ドル円H 118.18円(1/4)H 117.43円(1/5) 
12/21高値19592.90円 ドル円H 118.06円

日経平均は、現在19,500円水準に上値の壁があります。
19,500円を超えて20,000円を目指すのであれば
ドル円相場118円~120円がその条件になります。
113円台~114円水準では、19,500円前後の上値の壁を
一気に突き抜けるのは難しいといえます。

日本市場の関門 4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
米国(トランプ政権)とイスラエルの接近
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

買ってはいけない証券株(2/7記) 
1部上場証券会社15社
8601大和証券G 下降トレンド入口
8604野村HD 海外での収益が好調 直近上昇に転じる
8609岡三証券G 横ばいに推移
8613丸三証券 下降トレンド 1/18決算発表大幅減額
8614東洋証券 下降トレンド
8616東海東京FHD 下降トレンド入口
8617光世証券 下降トレンド入口 1/23決算発表赤字
8622水戸証券 下降トレンド 
8624いちよし証券 下降トレンド
8628松井証券 下降トレンド
8698マネックスG 下降トレンド
8703カブドットコム 下降トレンド
8706極東証券 下降トレンド
8707岩井コスモ証券 下降トレンド
8708藍澤証券 下降トレンド

特に減額が大きい4社
8613丸三証券 
1/23下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価880円~900円

8614東洋証券 
1/24下落注意サイン1 2/2下落注意サイン2
下落目標株価230円~240円

8622水戸証券 
1/17下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価280円

8698マネックスG 
1/24下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価 260円~270円

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。(1/23記)

買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:初心者の方は安易に信用取引を行わないでください。
  目いっぱいの空売りは目いっぱいの信用買いより危険です。
  現物の目いっぱいの買いはいけませんが
  信用取引の目いっぱいの売買は、墓穴を掘ることになりかねません。
  くれぐれも実戦チャートの勉強の教材としてお使いください。

1/16ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)
その後、トランプ発言で全体相場は急騰
日経400 500採用銘柄の為上昇 

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

1/17現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24終値3975円▼105円 この時点で相場は崩れた(1/24記)
1/24下落注意サイン②

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 225採用銘柄 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
2/6大幅増額修正発表によりトレンド変化(2/7記)

3086Jフロント 225採用銘柄 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

買ってはいけない銘柄1/24

9932杉本商事 1/24終値1483円△1円 1/24記
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②

7201日産自動車 1/24終値1122.0円 ▼13.0円 1/24記
現在個別銘柄指数表算出前の為売買サインは不明ですが
今後下値模索する感じがします。

買ってはいけない銘柄2/3記

8703カブドットコム証券 2/3記
1/24下落注意サイン①
2/2下落注意サイン②
切り返しに転じた時に(次の反発)空売り検討

7246プレス工業 2/3記
2/2下落注意サイン①②
次の反発530円~535円水準を空売り検討

8233高島屋 2/3記
1/23下落注意サイン①
1/31下落注意サイン②
次の反発970円水準を空売り検討

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記)
 1/26ロスカット買戻し405円 ▼26円の損だし

8282ケーズHD 寄付き2040円 信用新規売り(1/24記)
 持続中 ロスカット値2148円
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)
その後、トランプ発言で全体相場は急騰
日経400 500採用銘柄の為上昇 
日経400 日経500採用銘柄の為全体相場に連動します。
トレンドは下降から、2000円~2100円水準のもみ合いになりそうです。
損の無いところでいったん手仕舞い上値を売りなおすかどうか考えます。
買戻し目標 1800円~1900円 いったん未定とします
ロスカット値2148円


2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円
その後の高値1/10高値600円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)
その後の高値2/1高値7580円

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?
その後の高値1/10高値1199円

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)
その後の高値12/12高値588円
2/3安値461円は再び底値水準今後の突込みは妙味あり
450円~465円で第一弾の買いその後15円刻みで買い下がりが有効(2/7記)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)
その後の高値12/21高値1040円

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)
その後の高値12/14高値1147円

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
売り目標870円~900円
その後の高値1/10高値903円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円
その後の高値1/10高値10645円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)
その後の高値1/27高値」3190円

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
レンジ上限660円
レンジ下限500円
その後の高値2/6高値775円上昇トレンド継続中

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
下値メド①1300円
下値メド②1200円
その後の安値11/9安値790円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
ハイリスク目標株価1600円~1800円?
その後の高値1/18高値1797円

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
売り目標①4500円
売り目標②4800円
その後の高値1/6高値4010円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円
その後の高値12/1高値3055円
その後下値模索中2/7安値2657円
下値メド2500円~2600円(2/7記)

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
ハイリスク目標株価170円~200円?
その後の高値12/2高値157円

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
売り目標650円~700円
その後の高値2/2高値679.5円

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円
その後の高値2/7高値5884円トレンドは生きています

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円
その後の高値1/20高値6135円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
戻りメド3200円
その後の高値12/15高値3125円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)
その後の高値1/6高値269円

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
戻りメド①2000円
戻りメド②未定
その後の高値1/10高値1767円

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
戻りメド①1680円
戻りメド②未定
その後の高値2/2高値1674円

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定
その後の高値12/19高値4615円 2/16高値5450円

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定
その後の高値2/3高値1529円

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
戻りメド①1000円
戻りメド②未定
その後の高値1/6高値920円
2/7安値811円今後の突込みは買い妙味あり
下値メド750円~780円(2/7記)


2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

トランプ減税による市場変化待ち

2月20日(月)15:20

大引け

日経平均株価

19161.33(9:00)

19274.75(12:35)

19115.11(9:05)

19251.08(15:00)

前日比△16.46 +0.09%

TOPIX

1540.04(9:00)

1548.03(13:08)

1535.92(9:10)

1547.01(15:00)

前日比△2.47 +0.16%


日経平均株価は3日ぶりに小反発

為替が対ドルで112円台後半の円高水準
今晩の米国市場休場
手掛かり材料難から輸出関連銘柄中心に売り優勢で始まりました

寄付 19161.33(9:00)▼73.29

安値 19115.11(9:05)▼119.51

寄り付き直後に19100円の攻防になりましたが次第に切り返しに転じ
前引けは下げ幅を急速に縮小して引けました

前引 19207.30(11:35)▼27.32

後場プラス圏に浮上しましたが今晩の米国市場休場による
手控えムードから上値を買い上げる動きは限定的

高値 19274.75(12:35)△40.13

後場の上下幅は41.20円 こう着感の強い相場展開になり
日経平均株価は3日ぶりに小反発して引けました

大引 19251.08(15:00)△16.46

日経平均寄与度上位3銘柄
ソフトバンクG +30.91円
ブリヂストン +8.90円
アルプス +2.66円


日本株硬直相場
米国市場は、連日の史上最高値更新
日本株は、為替を横目に19,500円の上値の壁が重くのしかかっています。
直近の112円~113円付近の円高水準では、輸出関連主力株を買い上げる力はなく
全体相場は狭いレンジでの値動きになっています。
日銀ETF買いが控えているため、大きく売り込まれることもなく
25日移動平均線を挟んでの横ばいになっているため、売りも買いも
儲けるチャンスが少ないためどうしても模様眺めムードになっています。

日経平均株価の高値の節目とドル円相場
2/13高値19519.44円 ドル円H 114.17円
1/27高値19486.68円 ドル円H 115.30円
1/5高値19615.40円 ドル円H 118.18円(1/4)H 117.43円(1/5) 
12/21高値19592.90円 ドル円H 118.06円

ドル円相場が115円方向の円安水準に動かないと日本株は
節目を超えることはできません。
12月までトランプ相場をけん引した海外投資家は、1月は現物先物合計で
3,000億円規模の売り越し尾になり、個人投資家は売り越し額が減少しましたが
市場への介入は一部の中小型株、新興銘柄に限定されており、総じて
買い見送りになっています。
トランプ政権は発足1か月になりましたが、ツイッターによる突然の発言や
過激な発言は今なお続いているため、ドル円相場は円安方向に動きにくく
日本株硬直の原因になっています。

トランプ減税の詳細が間もなく判明しますが、これが一つの日本株反転の
きっかけになるかもしれません。
ツイッターで突然発言するかもしれませんし、2/28のトランプ大統領議会演説
かもしれません。
トランプ減税=米国株上昇、ドル高円安の流れになれば
日本株硬直相場解消になるかもしれせん。

間もなくトランプ減税による市場の変化を試す時期になります。



次回の更新は2/21(火)20:00~21:00ごろ更新予定です。

トランプ大統領の減税と政策が分るまでは上値の重い展開が予測されます。
欧州政局リスクに注意しなければならない時期が近づいてきました。
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
日本株上昇の条件は1にも2にも円安です。
メインプレーヤー海外短期筋の今後の動向にも注意が必要です。

2/15日経平均株価19437.98円
2/15日経平均PER16.11倍
2/15日経平均EPS1206.58円 

2016年1月以降の日経平均PERレンジ
上限値 15.05倍~16.64倍
16/12/16 16.64倍 
17/1/27 16.60倍
16/4/22 15.99倍
16/2/1 15.28倍
16/3/28 15.20倍

下限値 12.62倍~13.70倍
15/6/24 12.62倍
15/7/8 12.67倍
16/2/12 12.97倍
16/1/21 13.32倍
16/8/3 13.34倍
16/8/26 13.70倍

2015年日経平均PER
上限 4/28 19.15倍(アベノミクス相場全盛期)
下限 9/29 14.44倍

日経平均EPS1206.58円 × 16.64倍 = 20077.49円
日経平均EPS1206.58円 × 17.0倍 = 20511.86円

日経平均EPS1206.58円× 12.62倍 = 15227.04円
日経平均EPS1206.58円× 13.70倍 = 16530.15円
日経平均EPS1206.58円× 14.44倍 = 17423.02円

日経平均PERで見た2017年相場の想定レンジ
レンジ上限20077.49円~20511.86円 中間値20294.68
レンジ下限15227.04円~17423.02円 中間値16325.03

2017年相場のレンジは
16325.03円~20294.68円と想定します。

2/16大引 19347.53(15:00)▼90.45
20294.68円 - 19347.53 = 947.15円
19347.53円 - 16325.03 = 3022.50円

2/16時点 上げシロ947.15円 下げシロ3022.50円

結論
現在の株価位置から上がっても947.15円
現在の株価位置から下がった場合3022.50円
初心者の個人投資家はここから買ってもなかなか儲かりません。
年に1度~2度の急落、暴落の局面を待つのが健全な投資と考えます。

17/3期は増益になりますので為替と外部要因に不安がなければ
相場は上方向に向かい日経平均株価は20,000円の大台に乗せる可能性が高く
その場合の上げシロは947.15円
欧州政治リスク、欧州経済リスク、米中貿易摩擦リスク
その他さまざまなリスクがあります。
年に1度~2度の急落、暴落の局面では16325.03円くらいまで
下落する可能性があります。
その場合の下げシロは3022.50円

日経平均株価の高値の節目とドル円相場
2/13高値19519.44円 ドル円H 114.17円
1/27高値19486.68円 ドル円H 115.30円
1/5高値19615.40円 ドル円H 118.18円(1/4)H 117.43円(1/5) 
12/21高値19592.90円 ドル円H 118.06円

日経平均は、現在19,500円水準に上値の壁があります。
19,500円を超えて20,000円を目指すのであれば
ドル円相場118円~120円がその条件になります。
113円台~114円水準では、19,500円前後の上値の壁を
一気に突き抜けるのは難しいといえます。

日本市場の関門 4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
米国(トランプ政権)とイスラエルの接近
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

買ってはいけない証券株(2/7記) 
1部上場証券会社15社
8601大和証券G 下降トレンド入口
8604野村HD 海外での収益が好調 直近上昇に転じる
8609岡三証券G 横ばいに推移
8613丸三証券 下降トレンド 1/18決算発表大幅減額
8614東洋証券 下降トレンド
8616東海東京FHD 下降トレンド入口
8617光世証券 下降トレンド入口 1/23決算発表赤字
8622水戸証券 下降トレンド 
8624いちよし証券 下降トレンド
8628松井証券 下降トレンド
8698マネックスG 下降トレンド
8703カブドットコム 下降トレンド
8706極東証券 下降トレンド
8707岩井コスモ証券 下降トレンド
8708藍澤証券 下降トレンド

特に減額が大きい4社
8613丸三証券 
1/23下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価880円~900円

8614東洋証券 
1/24下落注意サイン1 2/2下落注意サイン2
下落目標株価230円~240円

8622水戸証券 
1/17下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価280円

8698マネックスG 
1/24下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価 260円~270円

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。(1/23記)

買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:初心者の方は安易に信用取引を行わないでください。
  目いっぱいの空売りは目いっぱいの信用買いより危険です。
  現物の目いっぱいの買いはいけませんが
  信用取引の目いっぱいの売買は、墓穴を掘ることになりかねません。
  くれぐれも実戦チャートの勉強の教材としてお使いください。

1/16ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)
その後、トランプ発言で全体相場は急騰
日経400 500採用銘柄の為上昇 

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

1/17現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24終値3975円▼105円 この時点で相場は崩れた(1/24記)
1/24下落注意サイン②

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 225採用銘柄 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
2/6大幅増額修正発表によりトレンド変化(2/7記)

3086Jフロント 225採用銘柄 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

買ってはいけない銘柄1/24

9932杉本商事 1/24終値1483円△1円 1/24記
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②

7201日産自動車 1/24終値1122.0円 ▼13.0円 1/24記
現在個別銘柄指数表算出前の為売買サインは不明ですが
今後下値模索する感じがします。

買ってはいけない銘柄2/3記

8703カブドットコム証券 2/3記
1/24下落注意サイン①
2/2下落注意サイン②
切り返しに転じた時に(次の反発)空売り検討

7246プレス工業 2/3記
2/2下落注意サイン①②
次の反発530円~535円水準を空売り検討

8233高島屋 2/3記
1/23下落注意サイン①
1/31下落注意サイン②
次の反発970円水準を空売り検討

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記)
 1/26ロスカット買戻し405円 ▼26円の損だし

8282ケーズHD 寄付き2040円 信用新規売り(1/24記)
 持続中 ロスカット値2148円
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)
その後、トランプ発言で全体相場は急騰
日経400 500採用銘柄の為上昇 
日経400 日経500採用銘柄の為全体相場に連動します。
トレンドは下降から、2000円~2100円水準のもみ合いになりそうです。
損の無いところでいったん手仕舞い上値を売りなおすかどうか考えます。
買戻し目標 1800円~1900円 いったん未定とします
ロスカット値2148円


2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円
その後の高値1/10高値600円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)
その後の高値2/1高値7580円

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?
その後の高値1/10高値1199円

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)
その後の高値12/12高値588円
2/3安値461円は再び底値水準今後の突込みは妙味あり
450円~465円で第一弾の買いその後15円刻みで買い下がりが有効(2/7記)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)
その後の高値12/21高値1040円

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)
その後の高値12/14高値1147円

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
売り目標870円~900円
その後の高値1/10高値903円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円
その後の高値1/10高値10645円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)
その後の高値1/27高値」3190円

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
レンジ上限660円
レンジ下限500円
その後の高値2/6高値775円上昇トレンド継続中

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
下値メド①1300円
下値メド②1200円
その後の安値11/9安値790円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
ハイリスク目標株価1600円~1800円?
その後の高値1/18高値1797円

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
売り目標①4500円
売り目標②4800円
その後の高値1/6高値4010円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円
その後の高値12/1高値3055円
その後下値模索中2/7安値2657円
下値メド2500円~2600円(2/7記)

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
ハイリスク目標株価170円~200円?
その後の高値12/2高値157円

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
売り目標650円~700円
その後の高値2/2高値679.5円

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円
その後の高値2/7高値5884円トレンドは生きています

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円
その後の高値1/20高値6135円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
戻りメド3200円
その後の高値12/15高値3125円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)
その後の高値1/6高値269円

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
戻りメド①2000円
戻りメド②未定
その後の高値1/10高値1767円

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
戻りメド①1680円
戻りメド②未定
その後の高値2/2高値1674円

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定
その後の高値12/19高値4615円 2/16高値5450円

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定
その後の高値2/3高値1529円

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
戻りメド①1000円
戻りメド②未定
その後の高値1/6高値920円
2/7安値811円今後の突込みは買い妙味あり
下値メド750円~780円(2/7記)


2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

上値の重いこう着相場

2月17日(金)15:50

大引け

日経平均株価

19228.74(9:00)

19275.39(10:31)

19173.53(9:30)

19234.62(15:00)

前日比▼112.91 -0.58%

TOPIX

1542.84(9:00)

1546.78(10:31)

1537.73(9:30)

1544.54(15:00)

前日比▼6.53 -0.42%


週末2/17(金)日経平均株価は続落

前日のNYダウは横ばいながら6日連続史上最高値更新
NASDAQ、S&P500は、8日ぶりに反落
米国市場が高安まちまちで手掛かり材料に欠ける中
為替が対ドルで113円台前半の円高水準に膠着していることから
売り優勢で始まりました

寄付 19228.74(9:00)▼118.79

寄り後、下げ幅を拡大し170円を超える場面がありましたが

安値 19173.53(9:30)▼174.00

売り一巡後は後場の日銀ETF買い期待から下げ幅を縮小

高値 19275.39(10:31)▼72.14

後場寄り直後には再び19,200円を割り込む場面がありましたが
19,200円台の狭いレンジでの推移の上値の重い値動きになりました

大引 19234.62(15:00)▼112.91

日経平均株価は続落して引けました


円安と海外短期筋

NY市場は、連日の市場高値更新の活況相場が続く中、日本市場は
12/12に終値ベースで19,000円台に乗せて以降19,500円の上値の壁を
勢いよく突き抜けることはできず、高値圏でのもみ合い(往来相場)
になっています。

市場では、2017年春ごろまでに日経平均株価20,000円に
到達するのではないかという見方が多くなっています。
日経平均株価20,000円到達の条件は、1にも2にも円安です。
そしてメインプレーヤーの海外短期筋が買い上がってくるかどうかです。

昨日の記事に記載しましたが、日経平均株価が20,000円の大台に
乗せたとしても、今の株価水準のスタート位置を考えますと
上げシロより下げシロの方が大きいため、ここから買って儲けることよりも
下落のリスクの方が大きいことが予想出来ます。

2017年相場のレンジは、16325.03円~20294.68円
2/16時点 上げシロ947.15円 下げシロ3022.50円
現在の株価位置から上がっても947.15円
現在の株価位置から下がった場合3022.50円

このような時は、下がるリスクを用心し始めた方が賢明と思います。
昨年のトランプトレード以降の上昇相場で、弱気の投資家がいなくなり
大半の投資家は、2/7安値18805.32円 1/18安値18650.33円のような
押し目を待っています。
つまり、18650.33円~18805.32円水準はあっても18,000円割れは
ないとする見方が大方で、17,000円~18,000円を唱える声は耳にしません。

備えあれば憂いなし
いつの時代も、1年を通すと相場は山あり谷ありです。
天底があるから相場で儲けることができます。
今回のトランプトレードは、11/10がスタート位置で12/15騰落レシオ25日
165.5の歴史的水準になり、それ以降19,500円の上値の壁を勢いよく
突き抜けることはできず、高値圏でのもみ合い(往来相場)です。
本日2/17から11/10がスタート位置をさかのぼると立会日数66日間
海外投資家の買い越しもピークを過ぎてきました。
スタート位置から3か月以上経過し、上げシロが限られてきたときは
下落、急落に注意するのに越したことはありません。
年に1~2回のピンチこそチャンスは、2017年相場ではいつになるかは
わかりませんが、だれも警戒していない時こそ注意した方が良いと思います。

2017年のリスクを他人より早めに用心する

4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
           
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
米国(トランプ政権)とイスラエルの接近
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第


2183リニカル
1/11高値1429円を超えてきました。
次の節目は以下の水準
①1500円
②1600円
来週以降の上昇には、出来高が足りません。
2/20以降出来高が増加するかどうかが今後上昇の必須条件です。
持続して様子見

3653モルフォ
5700円の下値サポートを割り込み目先調整になったようです。
この銘柄は今後さらに下がった場合は買い増しを行う予定で
中長期投資に切り替え、我慢賃金をいただく方針です。
持続して様子見 買い増し金額は未定

2352エイジア
本日2/7高値2470円を超えてきました。
2/20以降、次の短期上昇波動に入るかどうか見ていきます。
持続して様子見

7185ヒロセ通商
調整局面に入った観があります。
本日1750円でいったん利食いました。
1195円で買い、11/21高値2520円以降利食わずに失敗例でした。

8282ケーズHD
下降トレンド入りと思われましたが2/10以降の上昇で
高値圏のもみ合いになっています。
2/20以降いったん買戻し、次の戻り高値での空売りを検討します。



コメントのご返事させていただきます。
注:現時点での想定値ですので全体相場の変化や
  同社のサプライズが出た時は投資判断は見直す必要があります。


決算で下げたワイヤレスゲート、Nフィールドを
現水準で買い検討しております。
下落後の反発が弱いのが気がかりですが
やはりリスクが高く見送るべきでしょうか?

コメントありがとうございます。
本日の記事で2017年のリスクを早めにご紹介しました。
9419ワイヤレスゲート、6077Nフィールドともに長期運用を
目的にした買い(2段階買い下がり)であれば勝算はあると思います。

2017年相場のレンジは、16325.03円~20294.68円とすると
今買うよりも次のピンチの局面を待つのも一策かと思います。
ご自身でご決断下さい。


売り時
いつも楽しみに見ています。
お時間が許せば、ご教示ください。
精工技研 (6834)
クリーク・アンド・リバー社 (4763)を持っています。
現時点でそれなりの利益はあるのですが
昨年度の他の株での損失を少しでも補いたいという思いが
どこかにあり、売り時に困っています。
もし、目安等あれば教えてください。
よろしくお願いします。

コメントありがとうございます。
精工技研は1/26高値2165円が目先天井になる可能性大と考えます。
2/13発表の決算(増額修正)は、1/26高値2165円で織り込まれているようです。
そのため増額修正後の株価がさえません。
2/13の25日移動平均線割れの長い陰線は、高い確率で調整局面入りに
なることを暗示した陰線と考えます。

クリーク・アンド・リバー社は現在も上昇トレンドが生きています。
25日移動平均線が上方向に向き、プラス乖離が続いている間は
持続して様子見で良いと考えます。
しかし、2/8の新値を取ってきた陽線以降高値圏のもみ合いになっていますので
2/13高値1156円を超える力がなくなった時は注意が必要です。
2/8の陽線の安値1045円を割り込んだ時は、即刻利食いが良いと思います。


お久しぶりです。
前回コメント時に名前を何にしたか忘れたくらい
お久しぶりにコメントします。
今回ご意見お聞かせいただければと思うのが、東洋です。
2日連続騰がったところで利確しました。
今後見通し如何でしょう?
ノーポジなので窓埋めするのかなーなんて適当に思ってますが
クセのある銘柄ですので。。
お時間あればご意見いただければと思います。

コメントありがとうございます。
東洋ではなく8920東祥と思いますが
1/6高値5790円が目先高値形成と想定
個別銘柄指数表では
2/7下落注意サイン①②同時点灯
5220円を早い時期に回復した場合は、下落注意サイン①②は
ダマシになりますが現時点では高い確率で調整入りと考えます。
下降トレンドに入るか、5,000円を挟んだ水準での
もみ合いになることが予想されます。



次回の更新は2/20(月)16:00ごろ更新予定です。

トランプ大統領の減税と政策が分るまでは上値の重い展開が予測されます。
欧州政局リスクに注意しなければならない時期が近づいてきました。
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
日本株上昇の条件は1にも2にも円安です。
メインプレーヤー海外短期筋の今後の動向にも注意が必要です。

2/15日経平均株価19437.98円
2/15日経平均PER16.11倍
2/15日経平均EPS1206.58円 

2016年1月以降の日経平均PERレンジ
上限値 15.05倍~16.64倍
16/12/16 16.64倍 
17/1/27 16.60倍
16/4/22 15.99倍
16/2/1 15.28倍
16/3/28 15.20倍

下限値 12.62倍~13.70倍
15/6/24 12.62倍
15/7/8 12.67倍
16/2/12 12.97倍
16/1/21 13.32倍
16/8/3 13.34倍
16/8/26 13.70倍

2015年日経平均PER
上限 4/28 19.15倍(アベノミクス相場全盛期)
下限 9/29 14.44倍

日経平均EPS1206.58円 × 16.64倍 = 20077.49円
日経平均EPS1206.58円 × 17.0倍 = 20511.86円

日経平均EPS1206.58円× 12.62倍 = 15227.04円
日経平均EPS1206.58円× 13.70倍 = 16530.15円
日経平均EPS1206.58円× 14.44倍 = 17423.02円

日経平均PERで見た2017年相場の想定レンジ
レンジ上限20077.49円~20511.86円 中間値20294.68
レンジ下限15227.04円~17423.02円 中間値16325.03

2017年相場のレンジは
16325.03円~20294.68円と想定します。

2/16大引 19347.53(15:00)▼90.45
20294.68円 - 19347.53 = 947.15円
19347.53円 - 16325.03 = 3022.50円

2/16時点 上げシロ947.15円 下げシロ3022.50円

結論
現在の株価位置から上がっても947.15円
現在の株価位置から下がった場合3022.50円
初心者の個人投資家はここから買ってもなかなか儲かりません。
年に1度~2度の急落、暴落の局面を待つのが健全な投資と考えます。

17/3期は増益になりますので為替と外部要因に不安がなければ
相場は上方向に向かい日経平均株価は20,000円の大台に乗せる可能性が高く
その場合の上げシロは947.15円
欧州政治リスク、欧州経済リスク、米中貿易摩擦リスク
その他さまざまなリスクがあります。
年に1度~2度の急落、暴落の局面では16325.03円くらいまで
下落する可能性があります。
その場合の下げシロは3022.50円

日経平均株価の高値の節目とドル円相場
2/13高値19519.44円 ドル円H 114.17円
1/27高値19486.68円 ドル円H 115.30円
1/5高値19615.40円 ドル円H 118.18円(1/4)H 117.43円(1/5) 
12/21高値19592.90円 ドル円H 118.06円

日経平均は、現在19,500円水準に上値の壁があります。
19,500円を超えて20,000円を目指すのであれば
ドル円相場118円~120円がその条件になります。
113円台~114円水準では、19,500円前後の上値の壁を
一気に突き抜けるのは難しいといえます。

日本市場の関門 4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
米国(トランプ政権)とイスラエルの接近
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

買ってはいけない証券株(2/7記) 
1部上場証券会社15社
8601大和証券G 下降トレンド入口
8604野村HD 海外での収益が好調 直近上昇に転じる
8609岡三証券G 横ばいに推移
8613丸三証券 下降トレンド 1/18決算発表大幅減額
8614東洋証券 下降トレンド
8616東海東京FHD 下降トレンド入口
8617光世証券 下降トレンド入口 1/23決算発表赤字
8622水戸証券 下降トレンド 
8624いちよし証券 下降トレンド
8628松井証券 下降トレンド
8698マネックスG 下降トレンド
8703カブドットコム 下降トレンド
8706極東証券 下降トレンド
8707岩井コスモ証券 下降トレンド
8708藍澤証券 下降トレンド

特に減額が大きい4社
8613丸三証券 
1/23下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価880円~900円

8614東洋証券 
1/24下落注意サイン1 2/2下落注意サイン2
下落目標株価230円~240円

8622水戸証券 
1/17下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価280円

8698マネックスG 
1/24下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価 260円~270円

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。(1/23記)

買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:初心者の方は安易に信用取引を行わないでください。
  目いっぱいの空売りは目いっぱいの信用買いより危険です。
  現物の目いっぱいの買いはいけませんが
  信用取引の目いっぱいの売買は、墓穴を掘ることになりかねません。
  くれぐれも実戦チャートの勉強の教材としてお使いください。

1/16ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)
その後、トランプ発言で全体相場は急騰
日経400 500採用銘柄の為上昇 

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

1/17現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24終値3975円▼105円 この時点で相場は崩れた(1/24記)
1/24下落注意サイン②

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 225採用銘柄 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
2/6大幅増額修正発表によりトレンド変化(2/7記)

3086Jフロント 225採用銘柄 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

買ってはいけない銘柄1/24

9932杉本商事 1/24終値1483円△1円 1/24記
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②

7201日産自動車 1/24終値1122.0円 ▼13.0円 1/24記
現在個別銘柄指数表算出前の為売買サインは不明ですが
今後下値模索する感じがします。

買ってはいけない銘柄2/3記

8703カブドットコム証券 2/3記
1/24下落注意サイン①
2/2下落注意サイン②
切り返しに転じた時に(次の反発)空売り検討

7246プレス工業 2/3記
2/2下落注意サイン①②
次の反発530円~535円水準を空売り検討

8233高島屋 2/3記
1/23下落注意サイン①
1/31下落注意サイン②
次の反発970円水準を空売り検討

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記)
 1/26ロスカット買戻し405円 ▼26円の損だし

8282ケーズHD 寄付き2040円 信用新規売り(1/24記)
 持続中 ロスカット値2148円
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)
その後、トランプ発言で全体相場は急騰
日経400 500採用銘柄の為上昇 
日経400 日経500採用銘柄の為全体相場に連動します。
トレンドは下降から、2000円~2100円水準のもみ合いになりそうです。
損の無いところでいったん手仕舞い上値を売りなおすかどうか考えます。
買戻し目標 1800円~1900円 いったん未定とします
ロスカット値2148円


2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円
その後の高値1/10高値600円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)
その後の高値2/1高値7580円

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?
その後の高値1/10高値1199円

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)
その後の高値12/12高値588円
2/3安値461円は再び底値水準今後の突込みは妙味あり
450円~465円で第一弾の買いその後15円刻みで買い下がりが有効(2/7記)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)
その後の高値12/21高値1040円

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)
その後の高値12/14高値1147円

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
売り目標870円~900円
その後の高値1/10高値903円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円
その後の高値1/10高値10645円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)
その後の高値1/27高値」3190円

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
レンジ上限660円
レンジ下限500円
その後の高値2/6高値775円上昇トレンド継続中

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
下値メド①1300円
下値メド②1200円
その後の安値11/9安値790円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
ハイリスク目標株価1600円~1800円?
その後の高値1/18高値1797円

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
売り目標①4500円
売り目標②4800円
その後の高値1/6高値4010円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円
その後の高値12/1高値3055円
その後下値模索中2/7安値2657円
下値メド2500円~2600円(2/7記)

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
ハイリスク目標株価170円~200円?
その後の高値12/2高値157円

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
売り目標650円~700円
その後の高値2/2高値679.5円

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円
その後の高値2/7高値5884円トレンドは生きています

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円
その後の高値1/20高値6135円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
戻りメド3200円
その後の高値12/15高値3125円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)
その後の高値1/6高値269円

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
戻りメド①2000円
戻りメド②未定
その後の高値1/10高値1767円

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
戻りメド①1680円
戻りメド②未定
その後の高値2/2高値1674円

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定
その後の高値12/19高値4615円 2/16高値5450円

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定
その後の高値2/3高値1529円

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
戻りメド①1000円
戻りメド②未定
その後の高値1/6高値920円
2/7安値811円今後の突込みは買い妙味あり
下値メド750円~780円(2/7記)


2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

日経平均の上値の壁19500円水準

2月16日(木)21:00

大引け

日経平均株価

19431.61(9:00)

19431.61(9:00)

19260.24(10:58)

19347.53(15:00)

前日比▼90.45 -0.47%

TOPIX

1554.17(9:00)

1555.78(9:52)

1542.75(10:58)

1551.07(15:00)

前日比▼2.62 -0.17%


値上がり銘柄数 774


値下がり銘柄数 1045


新高値銘柄数 144


新安値銘柄数 4


騰落レシオ25D 103.5


日経平均25D乖離率 +1.20


TOPIX25D乖離率 +1.42


日経平均株価は反落

前日の米国市場は3指数そろって史上最高値更新したものの
為替が1ドル133円台後半の円高に振れたことから
小反落して始まりました

寄付 19431.61(9:00)▼6.37

高値 19431.61(9:00)▼6.37

ドル円相場が円高方向に押し戻され
日経平均株価はじりじりと下げ幅を拡大し
170円兆下落する場面がありました

安値 19260.24(10:58)▼177.74

売り一巡後はやや下げ渋って前引けになりました

前引 19318.36(11:35)▼119.62

後場は前引け水準を中心に狭いレンジでのもみ合いになり

大引 19347.53(15:00)▼90.45

日経平均株価は反落して引けました


決算発表がほぼ出そろったため2017年の想定レンジを記載いたします。
2/15日経平均株価19437.98円
2/15日経平均PER16.11倍
2/15日経平均EPS1206.58円 

2016年1月以降の日経平均PERレンジ
上限値 15.05倍~16.64倍
16/12/16 16.64倍 
17/1/27 16.60倍
16/4/22 15.99倍
16/2/1 15.28倍
16/3/28 15.20倍

下限値 12.62倍~13.70倍
15/6/24 12.62倍
15/7/8 12.67倍
16/2/12 12.97倍
16/1/21 13.32倍
16/8/3 13.34倍
16/8/26 13.70倍

2015年日経平均PER
上限 4/28 19.15倍(アベノミクス相場全盛期)
下限 9/29 14.44倍

日経平均EPS1206.58円 × 16.64倍 = 20077.49円
日経平均EPS1206.58円 × 17.0倍 = 20511.86円

日経平均EPS1206.58円× 12.62倍 = 15227.04円
日経平均EPS1206.58円× 13.70倍 = 16530.15円
日経平均EPS1206.58円× 14.44倍 = 17423.02円

日経平均PERで見た2017年相場の想定レンジ
レンジ上限20077.49円~20511.86円 中間値20294.68
レンジ下限15227.04円~17423.02円 中間値16325.03

2017年相場のレンジは
16325.03円~20294.68円と想定します。

2/16大引 19347.53(15:00)▼90.45
20294.68円 - 19347.53 = 947.15円
19347.53円 - 16325.03 = 3022.50円

2/16時点 上げシロ947.15円 下げシロ3022.50円

結論
現在の株価位置から上がっても947.15円
現在の株価位置から下がった場合3022.50円

初心者の個人投資家はここから買ってもなかなか儲かりません。
年に1度~2度の急落、暴落の局面を待つのが健全な投資と考えます。

17/3期は増益になりますので為替と外部要因に不安がなければ
相場は上方向に向かい日経平均株価は20,000円の大台に乗せる可能性が高く
その場合の上げシロは947.15円
欧州政治リスク、欧州経済リスク、米中貿易摩擦リスク
その他さまざまなリスクがあります。
年に1度~2度の急落、暴落の局面では16325.03円くらいまで
下落する可能性があります。
その場合の下げシロは3022.50円

日経平均株価の高値の節目とドル円相場
2/13高値19519.44円 ドル円H 114.17円
1/27高値19486.68円 ドル円H 115.30円
1/5高値19615.40円 ドル円H 118.18円(1/4)H 117.43円(1/5) 
12/21高値19592.90円 ドル円H 118.06円

日経平均は、現在19,500円水準に上値の壁があります。
19,500円を超えて20,000円を目指すのであれば
ドル円相場118円~120円がその条件になります。
113円台~114円水準では、19,500円前後の上値の壁を
一気に突き抜けるのは難しいといえます。


コメントのご返事をさせていただきます。

7230 日信工業
いつも楽しく拝見し、勉強させていただいております。
7230日信工業についてお伺いします。
しばらく上昇トレンドが続いているように思いますが
手仕舞いのタイミングはどのように考えればよろしいでしょうか?
自動車関連株はネガティヴだと伺ったことも気になっております。

コメントありがとうございます。
この場合は週足チャートをご覧ください。
2015年高値7/6H2146円 5/29H2139円 ダブルトップ形成後反落
日柄値幅調整になり2016年7/8安値1234円(大底)
大底形成後切り返しに転じ直近にかけて大幅高2/15高値2032円
原罪も上昇トレンド継続中

2015年3月期決算
売上2278.36億円 営業益175.84億円 EPS160.93円
2015年高値7/6H2146円 5/29H2139円 ダブルトップ形成

17/3期(1/31増額修正)
売上1600.00億円 営業益105.00億円 EPS53.47円
2/15高値2032円

海外ファンドがここから買い上がる可能性は否定できませんが
現時点で高値圏に位置しており、2,000円の大台付近での
高値もみ合いがしばらく続きしだいに25日移動平均線に
近づいていくことが予想されます。
目先目標値 5/29H2139円~7/6H2146円
2/15 25日移動平均乖離率 +6.07%
2/16 25日移動平均乖離率 +4.72% 

新高値更新できなくなり(上値が重くなること)
25日移動平均乖離率 プラス乖離の縮小
出来高が減少した時が利益確定の目安になります。
ご自身でご決断下さい。


あいHDについてもコメントをいただきました。
5/11高値3415円形成後反落に転じ値幅日柄調整入り
現在は想定以上に上値が重く
8/22安値2061円~11/10高値2635円のレンジでの推移となっています。
国内外ファンドが積極的に買ってくれば、上放れますが
現時点では11/10高値2635円トライもなかなか難しい感じです。
2/15に25日移動平均プラス乖離に転じましたが(+1.70%)
本日の陰線で(0.40%)乖離率縮小。
今の水準が上昇トレンドになるかどうかの境目です。
明日以降ファンドが介入するかどうかで決まります。
今後大きな買い主体が無ければ2150円~2400円水準のもみ合い
ファンドが買ってくれば2500円~2600円
現時点ではこのように考えられます。



次回の更新は2/17(金)16:00ごろ更新予定です。

日米首脳会談終了
危惧していた「為替に言及した発言」はなく
通商、為替は先送りになり無難に通過

日経平均株価の高値の節目とドル円相場
2/13高値19519.44円 ドル円H 114.17円
1/27高値19486.68円 ドル円115.30円
1/5高値19615.40円 ドル円118.18円(1/4)117.43円(1/5) 
12/21高値19592.90円 ドル円118.06円

2/10(金)の円安水準は113円台後半
日経平均株価上昇 19378.93(15:00)△471.26 
2/13(月)の円安水準は114円台前半
日経平均株価続伸 19459.15(15:00)△80.22

2/14安値 19232.85(14:59)▼226.30
2/10(金)の大陽線19378.93(15:00)△471.26円の
大部分を埋めてしまい残る部分は2/10(金)の
窓あけ分のみになりました。
日経平均株価の高値の節目を突き抜けるには
115円~117円の円安が条件になります。(2/14記)

買ってはいけない証券株(2/7記) 
1部上場証券会社15社
8601大和証券G 下降トレンド入口
8604野村HD 海外での収益が好調 直近上昇に転じる
8609岡三証券G 横ばいに推移
8613丸三証券 下降トレンド 1/18決算発表大幅減額
8614東洋証券 下降トレンド
8616東海東京FHD 下降トレンド入口
8617光世証券 下降トレンド入口 1/23決算発表赤字
8622水戸証券 下降トレンド 
8624いちよし証券 下降トレンド
8628松井証券 下降トレンド
8698マネックスG 下降トレンド
8703カブドットコム 下降トレンド
8706極東証券 下降トレンド
8707岩井コスモ証券 下降トレンド
8708藍澤証券 下降トレンド

特に減額が大きい4社
8613丸三証券 
1/23下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価880円~900円

8614東洋証券 
1/24下落注意サイン1 2/2下落注意サイン2
下落目標株価230円~240円

8622水戸証券 
1/17下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価280円

8698マネックスG 
1/24下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価 260円~270円

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。(1/23記)

買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:初心者の方は安易に信用取引を行わないでください。
  目いっぱいの空売りは目いっぱいの信用買いより危険です。
  現物の目いっぱいの買いはいけませんが
  信用取引の目いっぱいの売買は、墓穴を掘ることになりかねません。
  くれぐれも実戦チャートの勉強の教材としてお使いください。

1/16ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)
その後、トランプ発言で全体相場は急騰
日経400 500採用銘柄の為上昇 

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

1/17現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24終値3975円▼105円 この時点で相場は崩れた(1/24記)
1/24下落注意サイン②

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 225採用銘柄 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
2/6大幅増額修正発表によりトレンド変化(2/7記)

3086Jフロント 225採用銘柄 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

買ってはいけない銘柄1/24

9932杉本商事 1/24終値1483円△1円 1/24記
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②

7201日産自動車 1/24終値1122.0円 ▼13.0円 1/24記
現在個別銘柄指数表算出前の為売買サインは不明ですが
今後下値模索する感じがします。

買ってはいけない銘柄2/3記

8703カブドットコム証券 2/3記
1/24下落注意サイン①
2/2下落注意サイン②
切り返しに転じた時に(次の反発)空売り検討

7246プレス工業 2/3記
2/2下落注意サイン①②
次の反発530円~535円水準を空売り検討

8233高島屋 2/3記
1/23下落注意サイン①
1/31下落注意サイン②
次の反発970円水準を空売り検討

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記)
 1/26ロスカット買戻し405円 ▼26円の損だし

8282ケーズHD 寄付き2040円 信用新規売り(1/24記)
 持続中 ロスカット値2148円
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)
その後、トランプ発言で全体相場は急騰
日経400 500採用銘柄の為上昇 
日経400 日経500採用銘柄の為全体相場に連動します。
トレンドは下降から、2000円~2100円水準のもみ合いになりそうです。
損の無いところでいったん手仕舞い上値を売りなおすかどうか考えます。
買戻し目標 1800円~1900円 いったん未定とします
ロスカット値2148円

日本市場の関門 4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円
その後の高値1/10高値600円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)
その後の高値2/1高値7580円

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?
その後の高値1/10高値1199円

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)
その後の高値12/12高値588円
2/3安値461円は再び底値水準今後の突込みは妙味あり
450円~465円で第一弾の買いその後15円刻みで買い下がりが有効(2/7記)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)
その後の高値12/21高値1040円

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)
その後の高値12/14高値1147円

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
売り目標870円~900円
その後の高値1/10高値903円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円
その後の高値1/10高値10645円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)
その後の高値1/27高値」3190円

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
レンジ上限660円
レンジ下限500円
その後の高値2/6高値775円上昇トレンド継続中

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
下値メド①1300円
下値メド②1200円
その後の安値11/9安値790円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
ハイリスク目標株価1600円~1800円?
その後の高値1/18高値1797円

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
売り目標①4500円
売り目標②4800円
その後の高値1/6高値4010円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円
その後の高値12/1高値3055円
その後下値模索中2/7安値2657円
下値メド2500円~2600円(2/7記)

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
ハイリスク目標株価170円~200円?
その後の高値12/2高値157円

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
売り目標650円~700円
その後の高値2/2高値679.5円

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円
その後の高値2/7高値5884円トレンドは生きています

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円
その後の高値1/20高値6135円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
戻りメド3200円
その後の高値12/15高値3125円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)
その後の高値1/6高値269円

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
戻りメド①2000円
戻りメド②未定
その後の高値1/10高値1767円

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
戻りメド①1680円
戻りメド②未定
その後の高値2/2高値1674円

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定
その後の高値12/19高値4615円 2/16高値5450円

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定
その後の高値2/3高値1529円

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
戻りメド①1000円
戻りメド②未定
その後の高値1/6高値920円
2/7安値811円今後の突込みは買い妙味あり
下値メド750円~780円(2/7記)


2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

イエレン議長議会発言円高一服

2月15日(水)15:40

大引け

日経平均株価

19438.81(9:00)

19495.62(11:23)

19420.00(9:03)

19437.98(15:00)

前日比△199.00 +1.03%

TOPIX

1554.05(9:00)

1557.96(11:22)

1552.87(9:04)

1553.69(15:00)

前日比△14.57 +0.95%


日経平均株価は大幅反発

前日の米国株高(3指数連日の史上最高値更新)
為替は、対ドルで114円台に急速に円安が進み
輸出関連銘柄中心に大幅反発で始まりました

寄付 19438.81(9:00)△199.85

安値 19420.00(9:03)△181.02

日経平均株価は19,500円を目前に高値もみ合いになり
前引けになりました

高値 19495.62(11:23)△256.64

前引 19473.50(11:35)△234.52

後場は高値圏での狭いレンジでの推移となり
日経平均株価は大幅反発して引けました

大引 19437.98(15:00)△199.00 


イエレン議長の議会証言で景気認識で米国利上げの方向感
イエレン議長の発言は、3月の次回会合も排除せず
6月までの会合で追加利上げをする考えを示唆。
「利上げを先延ばししすぎるのは賢明ではない」と強調。
米国時間14日ドル円相場は113円台前半で始まりましたが
イエレン議長議会発言を機に114円台前半まで円安が進みました。

日本株上昇の条件は1にも2にも円安
115円~117円水準の円安 = 日経平均高値トライ

日経平均株価の高値の節目とドル円相場
1/27高値19486.68円 ドル円115.30円
1/5高値19615.40円 ドル円118.18円(1/4)117.43円(1/5) 
12/21高値19592.90円 ドル円118.06円

イエレン議長発言で目先は円高一服となりました。
明日以降115円~117円水準の円安になるか。
日本株上昇の条件です。

決算発表がでそろってきましたので
中小型株好業績銘柄個別株物色の流れになりそうです。

115円~117円水準の円安 = 日経平均高値トライ
この場合は大型株も相場の中心になるでしょう。

相場は強いもののなかなか儲かりにくい相場です。
初心者の個人投資家の方は、高値圏での新規買いはいけません。
年に1度~2度は急落、暴落の局面がありますので
底値圏での投資をお勧めします。


5726大阪チタニウム 2/15終値1995円△53円
1/18以降上昇トレンド継続中
2000円に乗せると大きな売り圧力がないため
上方向に振れる可能性大。

5727東邦チタニウム 2/15終値996円△71円
本日、1000円の大台に乗せてきました。高値1020円
2015年に典型的なトリプルトップ形成後
株価は長期調整局面になりました。
(週足でご確認ください)
2015年トリプルトップ
6/4高値1672円
8/5高値1697円
10/22高値1689円
2016年8/3安値617円大底
1/30 898円△87円(ここから相場は変わりました)
2/15終値996円△71円
次の節目1079円を上回ると1200円まで真空地帯になります。

2003年3月安値250円
2006年2月高値9730円

2008年11月安値801円
2010年10/4高値2581円

注:5726大阪チタニウム 5727東邦チタニウム 
  動き出すと上にも下にも大きく動く株価習性があります
  ハイリスクハイリターンですので初心者の個人投資家の方は
  見るだけにしてチャートの勉強になさってください。


コメントのご返事
注:現時点での想定値ですので全体相場の変化や
  同社のサプライズが出た時は投資判断は見直す必要があります。

6465 ホシザキ
いつも丁寧な解説を有り難うございます。
6465 ホシザキ は業績がよさそうなのですが
このところ2回も大幅に下落しています。
理由がよくわからないのですが
しばらく様子を見た方がよいでしょうか?

コメントありがとうございます。
2008年12/10上場時700円
2016年5/31高値10630円
成長性を背景に大相場になりました。
株価は割高水準まで買われたためその後は調整局面になりました。
大相場が一巡すると1年~2年くらいは上値が重くなり
一定のレンジでの株価推移することが多いのです。
天井形成時の売りサインは無し
16/6/24下落注意サイン①②同時点灯
底値買いサインは無し
8/19安値7650円
9/21追撃買いサイン①
9/27追撃買いサイン②
天井売りサインは無し
11/21高値9870円
12/2下落注意サイン①
12/5下落注意サイン②
1/30下落注意サイン①②同時点灯
以上が個別銘柄指数表の売買サイン
2/14安値8440円は下ヒゲを引いての陰線の為
ここが底値になるかは部妙なところです。
下値支持12/9安値8510円を割り込んだことで
もう一段安の底割れの可能性は5分5分
今後は暫く一定のレンジ内の株価推移を想定
レンジ上限9200円~9500円
レンジ下限8130円~8440円


毎日の更新を楽しみにして拝見させていただいております。
株式投資2年生であり、とても勉強になることばかりです。
いままでは大型株の動きを見ての短期の買い、空売りを
行っておりました。
最近はマザーズやJQが気になり始めました。
またサラリーマンのためザラ場はお昼休みしか見られません。
忙しいため現物買いのみにシフトしようと思っています。
4582シンバイオ製薬を少し買ってみました。
(買値230)かなり下がっているのですが
今後の動きが気になりなした。
今後の買い増していくか判断に迷っています。
できましたら銘柄、株価の診断をお願いいたします。

コメントありがとうございます。
年に1~2回株価が大きく動く株価習性があります。
そのため急騰急落から一定時期経過しないと
次の反騰にはなかなかなりません。
2016年
4/20高値564円
22週間後
9/26高値396円
直近は20週間経過中
230円~260円水準に戻り売りの因果玉が待ち構えています。
医薬品株、バイオ、IPS関連銘柄が今後活況になれば
株価は連動高するでしょうが現時点でのレンジは以下のとおりです。
利益剰余金▼136億円
現時点での下値メド205円
底打ち反転の
上値メド①250円
上値メド②270円
この手の銘柄は上場時に入手した資金を使い切ると危険水域に達します。
利益剰余金の推移を見ながらの投資が賢明です。
内容の良い銘柄や、親会社のしっかりした銘柄の投資が賢明です。
一例
7774ジャパンティッシュエンジニアリング
筆頭株主 富士フィルム46.1%
1200円に近づいた水準が底値圏


次回更新は2/16(木)20:00~21:00の予定です。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

日経平均安定的な上昇には円安が必須

2月14日(火)21:00

大引け

日経平均株価

19478.86(9:00)

19501.01(9:18)

19232.85(14:59)

19238.98(15:00)

前日比▼220.17 -1.13%

TOPIX

1559.22(9:00)

1559.22(9:00)

1538.63(14:59)

1539.12(15:00)

前日比▼15.08 -0.97%


値上がり銘柄数 676


値下がり銘柄数 1191


新高値銘柄数 211


新安値銘柄数 1


騰落レシオ25D 96.1


日経平均25D乖離率 +0.69


TOPIX25D乖離率 +0.69


日経平均株価は大幅安で3日ぶりに反落

前日の米国株3指数が揃って史上最高値更新
欧州主要市場堅調、海外株高を背景に小幅続伸で始まりました

寄付 19478.86(9:00)△19.71

高値 19501.01(9:18)△41.86

米国時間で114円台だったドル円相場が113円台の円高に振れ
為替を横目に見ながら日経平均株価はマイナス圏に転落

後場になると先物売りが断続的に出て大引けにかけて下げ幅を拡大

安値 19232.85(14:59)▼226.30

ほぼ安値引けで3日ぶりに大幅反落して引けました

大引 19238.98(15:00)▼220.17



決算発表が、出そろってきました。
本日昼の時間帯に東芝が決算発表を行い、大引け後に
決算説明がある予定でしたが、決算発表ができる状態ではないと
会社側からコメントがあり、市場では後場の取引開始後は不信感が出て
地合いが悪化しました。

日経平均株価は、2/13高値19519.44円を付けた後は利益確定売りに押され
本日後場には先物主導の売りで日経平均は下げ幅を広げ、ほぼ安値引け
引け味がよくありませんでした。

2/13高値19519.44円は、昨日の寄り付き直後
寄付直後の高値 19519.44(9:00)△140.51
19519.44円から本日安値 9232.85(14:59)▼226.30 まで
2営業日で一気に下げ、2/10(金)の大陽線△471.26円の大部分を埋めてしまい
残る部分は2/10(金)の窓あけ分のみになりました。
本日後場の先物主導による下げ幅拡大は良い場味ではありません。

日経平均株価の高値の節目とドル円相場
1/27高値19486.68円 ドル円115.30円
1/5高値19615.40円 ドル円118.18円(1/4)117.43円(1/5) 
12/21高値19592.90円 ドル円118.06円

2/10ドル円113.85円
2/10(金)日経平均株価 19378.93(15:00)△471.26  

2/13ドル円114.17円
米国時間で114円台が日本時間2/14では113円台半ば~前半
2/13高値19519.44円(9:00)△134.85
2/14安値19232.85(14:59)▼226.30

115円~117円水準の円安を伴わない日経平均高値トライには
為替感応度の点でも少し無理があったようです。
明日以降も日経平均株価はドル円相場の水準を横目で見ながらの
相場展開になりそうです。
2/8(水)以降ゴールドマンサックスがTOPIX先物に
まとまった額の買いを入れていましたが
TOPIXは本日2/14高値1559.22が昨年来高値となり
日経平均を追いかけるように本日安値引けとなりました。
2/14TOPIX高値1559.22(9:00) 昨年来高値更新
2/14TOPIX終値1539.12(15:00)前日比▼15.08

堅調な米国株とは違い、日本市場の上値の節目を突破するには
円安が必須条件です。
メインプレーヤーの海外短期筋も円売りドル買い日本株買いを
仕掛けるのにはリスクありと考えているようです。
日米首脳会議が無事に通過したといっても、これから本格的に
2国間交渉が麻生副総理とペンス副大統領の間で始まるため
更なる円安には慎重にならざる得ません。

日経平均株価は2/10に25日移動平均プラス乖離になった後
本日も日経平均25D乖離率 +0.69 プラス乖離を維持していますが
1/12以降、25日移動平均を挟んだ相場展開になっており
113円台の為替水準では、25日移動平均を挟んだ相場展開が目先も続きそうです。

今のような相場では、買いも売りも仕掛けづらく難しい局面の為
一般の個人投資家は、新規の売買は利益確定売り以外は
様子見が良いのではないでしょうか。
分らない時、迷った時、儲からない時は、休む特権がある個人投資家は
「休むも相場」が最善策と考えます。
(一部の元気のある小型株、新興銘柄はプロの投資家向けです)

今は、日本市場も海外市場も高値圏での推移が続いていますが
今年の前半リスクである「欧州政治リスク」を忘れてはいけません。
フランスの極右勢力のルペン候補が昨年の様な事前予測と真逆の結果になれば
EU全体に政治不安が高まります。

私自身かなり現金ポジションを高めましたが、今後も慎重に利食い千人力
儲け損ないは良しとし、無理をしないように心がけて
次のピンチの局面に備えることにします。
今年はまだ始まったばかりです。
今年も波乱の場面がどこかで来るでしょう。

今後の日本市場の動向は、為替と海外短期筋次第になります。


東芝は本日予定していた2016年4~12月期連結決算発表を延期
監査承認前の業績を見通しとして公表しました。
米原発事業の巨額損失が響き、純損益は4999億円の赤字
前年同期の4794億円の損失に続く2年連続の大幅赤字
営業損益ベースで7125億円の原発関連損失を計上
12月末の株主資本は1912億円のマイナスとなり
負債が資産を上回る債務超過に陥る模様。


コメントをいただきましたが時間の関係で要点のみ記載いたします。

4541日医工
2015年高値8/5H4720円史上最高値形成後、1年以上の長期調整は
11/9安値1507円 12/2安値1540円 1/24安値1598円で底打ちと想定。
17/3期大幅減額修正による下落も峠を越し、18/3期は大幅増額修正含み
東洋経済四季報記者による新年度に飛躍する営業増益ランキング
5位になっています。
予想益業増益率90.9%
来期予想営業利益126億円
しかし、株価は5~6か月先行する指標の為、18/3期は大幅増額修正含みの
本格上昇まで時間がかかります。
もう少し上方向に上昇した時に再度コメントをください。

3690ロックオン
昨年末から動意づき、1/11高値2535円まで上昇しましたが
そのあとが続きません。
現在は、レンジ内の値動きになっています。
レンジ上限2354円~2535円
レンジ下限2160円~2191円
次の上昇波動が来た時は、1/11高値2535円を抜けるパワーが必要です。
そのためには出来高増加が必須になります。
1/11高値2535円 10/20高値2598円を抜けることができれば
底から上の大きなしこりは無いため次の上昇波動では、2535円買いと
30万株上の出来高が必要ということが考えられます。

3040ソリトン
今年の相場テーマのセキュリティー関連として人気を集めています。
現在は25日移動平均乖離率が+15%水準を挟んでの
上昇トレンドになっています。
買うから上がる、上がるから買うの好循環が続いていますが
この場合は上値が重くなり、25日移動平均乖離率+15%水準が
25日移動平均水準に近づいた時で、出来高が現在の半分以下になった時
要するに上値が重くなり出来高が減少した時に即刻成り行き売りが最善と考えます。
本日現在トレンドは生きています。
ここからがババ抜きになるので
上値が重くなり出来高が減少した時が要注意です。
売ると決めたら迷わずに成り行き売りで儲けそこないは良しと考えるべきです。

3696セレス
フィンテックブロックチェーンの人気銘柄です。
本日の日経朝刊の「メガバンクフィンテック加速」の記事に反応しました。
直近はレンジ内の狭いレンジでの値動きになっています。
レンジ上限 1/31高値1854円 1/10高値1878円
レンジ下限 2/6安値1699円 1/20安値1704円
明日以降出来高が減少せずに(できれば増加)1/10高値1878円を抜ければ
その上に一段高する可能性が出てきます。
明日以降早い時期に(数日中)1878円買い になることが一段高の条件です。




次回の更新は2/15(水)16:00ごろ更新予定です。

日米首脳会談終了
危惧していた「為替に言及した発言」はなく
通商、為替は先送りになり無難に通過

日経平均株価の高値の節目とドル円相場
1/27高値19486.68円 ドル円115.30円
1/5高値19615.40円 ドル円118.18円(1/4)117.43円(1/5) 
12/21高値19592.90円 ドル円118.06円

2/10(金)の円安水準は113円台後半
日経平均株価上昇 19378.93(15:00)△471.26 
2/13(月)の円安水準は114円台前半
日経平均株価続伸 19459.15(15:00)△80.22

2/14安値 9232.85(14:59)▼226.30
2/10(金)の大陽線19378.93(15:00)△471.26円の
大部分を埋めてしまい残る部分は2/10(金)の
窓あけ分のみになりました。
日経平均株価の高値の節目を突き抜けるには
115円~117円の円安が条件になります。(2/14記)


買ってはいけない証券株(2/7記) 
1部上場証券会社15社
8601大和証券G 下降トレンド入口
8604野村HD 海外での収益が好調 直近上昇に転じる
8609岡三証券G 横ばいに推移
8613丸三証券 下降トレンド 1/18決算発表大幅減額
8614東洋証券 下降トレンド
8616東海東京FHD 下降トレンド入口
8617光世証券 下降トレンド入口 1/23決算発表赤字
8622水戸証券 下降トレンド 
8624いちよし証券 下降トレンド
8628松井証券 下降トレンド
8698マネックスG 下降トレンド
8703カブドットコム 下降トレンド
8706極東証券 下降トレンド
8707岩井コスモ証券 下降トレンド
8708藍澤証券 下降トレンド

特に減額が大きい4社
8613丸三証券 
1/23下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価880円~900円

8614東洋証券 
1/24下落注意サイン1 2/2下落注意サイン2
下落目標株価230円~240円

8622水戸証券 
1/17下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価280円

8698マネックスG 
1/24下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価 260円~270円

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。(1/23記)

買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:初心者の方は安易に信用取引を行わないでください。
  目いっぱいの空売りは目いっぱいの信用買いより危険です。
  現物の目いっぱいの買いはいけませんが
  信用取引の目いっぱいの売買は、墓穴を掘ることになりかねません。
  くれぐれも実戦チャートの勉強の教材としてお使いください。

1/16ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)
その後、トランプ発言で全体相場は急騰
日経400 500採用銘柄の為上昇 

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

1/17現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24終値3975円▼105円 この時点で相場は崩れた(1/24記)
1/24下落注意サイン②

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 225採用銘柄 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
2/6大幅増額修正発表によりトレンド変化(2/7記)

3086Jフロント 225採用銘柄 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

買ってはいけない銘柄1/24

9932杉本商事 1/24終値1483円△1円 1/24記
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②

7201日産自動車 1/24終値1122.0円 ▼13.0円 1/24記
現在個別銘柄指数表算出前の為売買サインは不明ですが
今後下値模索する感じがします。

買ってはいけない銘柄2/3記

8703カブドットコム証券 2/3記
1/24下落注意サイン①
2/2下落注意サイン②
切り返しに転じた時に(次の反発)空売り検討

7246プレス工業 2/3記
2/2下落注意サイン①②
次の反発530円~535円水準を空売り検討

8233高島屋 2/3記
1/23下落注意サイン①
1/31下落注意サイン②
次の反発970円水準を空売り検討

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記)
 1/26ロスカット買戻し405円 ▼26円の損だし

8282ケーズHD 寄付き2040円 信用新規売り(1/24記)
 持続中 ロスカット値2148円
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)
その後、トランプ発言で全体相場は急騰
日経400 500採用銘柄の為上昇 
日経400 日経500採用銘柄の為全体相場に連動します。
トレンドは下降から、2000円~2100円水準のもみ合いになりそうです。
損の無いところでいったん手仕舞い上値を売りなおすかどうか考えます。
買戻し目標 1800円~1900円 いったん未定とします

日本市場の関門 4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円
その後の高値1/10高値600円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)
その後の高値2/1高値7580円

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?
その後の高値1/10高値1199円

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)
その後の高値12/12高値588円
2/3安値461円は再び底値水準今後の突込みは妙味あり
450円~465円で第一弾の買いその後15円刻みで買い下がりが有効(2/7記)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)
その後の高値12/21高値1040円

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)
その後の高値12/14高値1147円

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
売り目標870円~900円
その後の高値1/10高値903円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円
その後の高値1/10高値10645円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)
その後の高値1/27高値」3190円

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
レンジ上限660円
レンジ下限500円
その後の高値2/6高値775円上昇トレンド継続中

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
下値メド①1300円
下値メド②1200円
その後の安値11/9安値790円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
ハイリスク目標株価1600円~1800円?
その後の高値1/18高値1797円

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
売り目標①4500円
売り目標②4800円
その後の高値1/6高値4010円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円
その後の高値12/1高値3055円
その後下値模索中2/7安値2657円
下値メド2500円~2600円(2/7記)

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
ハイリスク目標株価170円~200円?
その後の高値12/2高値157円

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
売り目標650円~700円
その後の高値2/2高値679.5円

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円
その後の高値2/7高値5884円トレンドは生きています

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円
その後の高値1/20高値6135円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
戻りメド3200円
その後の高値12/15高値3125円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)
その後の高値1/6高値269円

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
戻りメド①2000円
戻りメド②未定
その後の高値1/10高値1767円

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
戻りメド①1680円
戻りメド②未定
その後の高値2/2高値1674円

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定
その後の高値12/19高値4615円

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定
その後の高値2/3高値1529円

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
戻りメド①1000円
戻りメド②未定
その後の高値1/6高値920円
2/7安値811円今後の突込みは買い妙味あり
下値メド750円~780円(2/7記)


2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

寄り付き高値その後は上値が重い展開

2月13日(月)15:55

大引け

日経平均株価

19513.78(9:00)

19519.44(9:00)

19418.18(10:04)

19459.15(15:00)

前日比△80.22 +0.41%

TOPIX

1558.72(9:00)

1558.72(9:00)

1551.02(10:03)

1554.20(15:00)

前日比△7.64 +0.49%


日経平均株価は続伸

先週末の米国市場 連日の最高値更新
米国3指数最高値更新
NYダウ20172.40ドル △118.06ドル
NASDAQ 5715.18 △32.73
S&P500 2307.87 △13.20
日米首脳会談無事に通過
1ドル114円台の円安を背景に買い優勢で始まりました

寄付 19513.78(9:00)△134.85

寄付き 1/27高値19486.68円を更新

高値 19519.44(9:00)△140.51

1/5以来の19,500円台に乗せた後は円安が伸び悩むと
日経平均は上値が重くなり上げ幅を縮小

安値 19418.18(10:04)△39.25

寄付き高値を付け後場も上値が重い展開になりました

日経平均株価は続伸して引けました

大引 19459.15(15:00)△80.22


トランプ大統領の発言で相場が激変
2/9(木)まで米国株堅調、円高を背景に日本市場軟調の流れでした。
日米首脳会談を目前に控え、方向感の乏しい相場展開になっていましたが
トランプ大統領の「今後2~3週間以内に驚くべき発表をする」との
発言で一夜にして日本市場の環境が激変しました。
米国金利上昇期待、ドル高円安 米国株高 日本株上昇
日米首脳会談を控え様子見ムードは、先行して見切り発車になりました。
2/10(金)日経平均 終値 19378.93円 △471.26円 +2.49%

日米首脳会談無事終了
危惧していた「為替に言及した発言」はなく
通商、為替は先送りになり無難に通過しました

2/13(月)日経平均 終値 19459.15 △80.22 

日経平均株価の高値の節目とドル円相場
2/13(月)ザラバベースで1/27高値19486.68円を更新
1/27高値19486.68円 ドル円115.30円
1/5高値19615.40円 ドル円118.18円(1/4)117.43円(1/5) 
12/21高値19592.90円 ドル円118.06円

トランプ相場再燃という市場の見方が出てきました
税制改革(減税)と財政出動(インフラ投資)
このことを材料にメインプレーヤー海外短期筋が
買ってくるかどうかで相場は動きます。

外国人投資家現物直近3週間売り越し
1/13 △1106億円買い越し
1/20 ▼1040億円売り越し
1/27 ▼2067億円売り越し
2/3  ▼2448億円売り越し
2/6~2/10以降は不明

外国人投資家先物直近2週連続買い越し
1/13 ▼1584億円売り越し
1/20 ▼1069円売り越し
1/27 △1799億円買い越し
2/3  △357億円買い越し(買い越し額減少)
2/6~2/10以降は不明

本日は寄付き高でその後上値が重い展開になりました。
円安と言っても114円台前半まででしたので、明日以降は為替相場を
横目に、海外短期筋を中心に海外投資家が買ってくるかどうかで
日本市場の動向が定まります。
日経平均高値更新には、やはり115円台~116円台の円安が必要と考えます。

1にも2にも海外投資家が買い越してくるかどうかです。

2183リニカル 1397円 △46円 +3.40% V332,200株
出来高が増加し高値1412円まで買われました。
5/13高値2415円から値幅日柄調整はすでに完了しており
戻りを試す展開となりました。
このまま持続して様子見とします。

5726大阪チタニウム 1952円 △70円 +3.72% V446,700株
12/8高値1868円を抜け株価は順調に切り上がってきました。
2/13高値1979円
上昇トレンドに入ったため持続して様子見とします。

2352エイジアは、2/7高値2470円形成後上値が重くなっています。
2200円を割り込むといけません。
持続して様子見とします。


コメントのご返事

2337いちご、2362夢真
いつも拝見しております。
最近は下落局面がなく辛抱の毎日です
早速ですが2件コメントを頂きたく質問させていただきました。
2337いちご、2362夢真 どちらも5期連続増益にもかかわらず
売り崩されているようです。
特にいちごは底値と思われますがいかが思われますでしょうか?
何卒宜しくお願い致します。

コメントありがとうございます。

2337いちご
1/10高値472円形成後調整に入りました。
2/3安値350円は値幅調整としては十分ですが、日柄調整が19日で不十分です。
直近下落の要因は海外ファンドのリバランス(銘柄組み入れで、いちごを売る)
による需給悪化によるものと考えます。
外国人比75.4% 浮動株比4.5% ですので海外投資家の動向で株価は動きます。
今後の動きは、350円~380円水準の底値りがしばらく続き、日柄調整完了後
430円~450円水準に向かうものと考えます。

個別銘柄指数表の売買サインは以下のとおり
直近3カ月のサインは
天井売りサインなし
1/16下落注意サイン①②同時点灯
現時点での底値買いサインは無し

2362夢真
直近高値1/13H820円形成時の勢いがなく、節目である9/9高値825円を
超えることはできませんでした。
2/8下落注意サイン①
下落注意サイン②は出ておらず、75日移動平均線が下値をサポートしています。
750円を大きく割り込むと下落注意サイン②が点灯し下げが加速する可能性が高まります。
現在の全体相場が大きく崩れなければ大きな下げにはならないと考えます。
下値メド①730円(下値サポート75日移動平均線を割り込んだ場合)
下値メド②700円トビ台(下値サポート75日移動平均線を割り込んだ場合)
大きく下がったとしてもせいぜい700円トビ台で下げ止まると考えます。
今後サプライズがなければ750円を挟んでのレンジ相場になる可能性大。

モルフォ
上方向のトレンドはまだ生きていますでしょうか?
もう先生は処分されてしまいましたか?

コメントありがとうございます。
年末いったん利食い1/4に5360円で買い直しした買い玉を保有中です。
1/6高値6620円を超えるエネルギーは無く6,000円の攻防になっていますが
2/10の陰線で200日移動平均を割り込み直近のレンジ下限になりました。
5700円を大きく割り込むと下方向に振れる可能性が高まります。
17/10期は増収増益見込みで成長性に陰りはありませんが
短期的な調整の可能性はあります。
6200円~6300円の戻りで利食うのも選択肢
売り目標 8000円~8500円 



次回の更新は2/14(火)20:00~21:00ごろ更新予定です。

日米首脳会談終了
危惧していた「為替に言及した発言」はなく
通商、為替は先送りになり無難に通過

一夜にして相場環境が激変
トランプ大統領の減税策サプライズ
トランプ大統領は米国航空幹部との会談で、税制や航空インフラに
関連し「今後2~3週間以内に驚くべき発表をする」と発言。
大幅減税を含む税制改革が先行きの期待感になりました。
前日のNYダウは2週間ぶりに史上最高値を更新。
米国3指数最高値更新
NYダウ20172.40ドル △118.06ドル
NASDAQ 5715.18 △32.73
S&P500 2307.87 △13.20
サプライズで一夜にして日本市場の環境が激変しました。
米国金利上昇期待、ドル高円安 米国株高 日本株上昇
日米首脳会談を控え様子見ムードは、先行して見切り発車になりました。
(2/10記)

日経平均株価の高値の節目とドル円相場
1/27高値19486.68円 ドル円115.30円
1/5高値19615.40円 ドル円118.18円(1/4)117.43円(1/5) 
12/21高値19592.90円 ドル円118.06円

2/10(金)の円安水準は113円台後半
日経平均株価上昇 19378.93(15:00)△471.26 
2/13(月)の円安水準は114円台前半
日経平均株価続伸 19459.15(15:00)△80.22


買ってはいけない証券株(2/7記) 
1部上場証券会社15社
8601大和証券G 下降トレンド入口
8604野村HD 海外での収益が好調 直近上昇に転じる
8609岡三証券G 横ばいに推移
8613丸三証券 下降トレンド 1/18決算発表大幅減額
8614東洋証券 下降トレンド
8616東海東京FHD 下降トレンド入口
8617光世証券 下降トレンド入口 1/23決算発表赤字
8622水戸証券 下降トレンド 
8624いちよし証券 下降トレンド
8628松井証券 下降トレンド
8698マネックスG 下降トレンド
8703カブドットコム 下降トレンド
8706極東証券 下降トレンド
8707岩井コスモ証券 下降トレンド
8708藍澤証券 下降トレンド

特に減額が大きい4社
8613丸三証券 
1/23下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価880円~900円

8614東洋証券 
1/24下落注意サイン1 2/2下落注意サイン2
下落目標株価230円~240円

8622水戸証券 
1/17下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価280円

8698マネックスG 
1/24下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価 260円~270円

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。(1/23記)

買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:初心者の方は安易に信用取引を行わないでください。
  目いっぱいの空売りは目いっぱいの信用買いより危険です。
  現物の目いっぱいの買いはいけませんが
  信用取引の目いっぱいの売買は、墓穴を掘ることになりかねません。
  くれぐれも実戦チャートの勉強の教材としてお使いください。

1/16ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)
その後、トランプ発言で全体相場は急騰
日経400 500採用銘柄の為上昇 

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

1/17現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24終値3975円▼105円 この時点で相場は崩れた(1/24記)
1/24下落注意サイン②

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 225採用銘柄 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
2/6大幅増額修正発表によりトレンド変化(2/7記)

3086Jフロント 225採用銘柄 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

買ってはいけない銘柄1/24

9932杉本商事 1/24終値1483円△1円 1/24記
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②

7201日産自動車 1/24終値1122.0円 ▼13.0円 1/24記
現在個別銘柄指数表算出前の為売買サインは不明ですが
今後下値模索する感じがします。

買ってはいけない銘柄2/3記

8703カブドットコム証券 2/3記
1/24下落注意サイン①
2/2下落注意サイン②
切り返しに転じた時に(次の反発)空売り検討

7246プレス工業 2/3記
2/2下落注意サイン①②
次の反発530円~535円水準を空売り検討

8233高島屋 2/3記
1/23下落注意サイン①
1/31下落注意サイン②
次の反発970円水準を空売り検討

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記)
 1/26ロスカット買戻し405円 ▼26円の損だし

8282ケーズHD 寄付き2040円 信用新規売り(1/24記)
 持続中 ロスカット値2148円
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)
その後、トランプ発言で全体相場は急騰
日経400 500採用銘柄の為上昇 
日経400 日経500採用銘柄の為全体相場に連動します。
トレンドは下降から、2000円~2100円水準のもみ合いになりそうです。
損の無いところでいったん手仕舞い上値を売りなおすかどうか考えます。
買戻し目標 1800円~1900円 いったん未定とします

日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見を境に
楽観論は終りました。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円
その後の高値1/10高値600円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)
その後の高値2/1高値7580円

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?
その後の高値1/10高値1199円

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)
その後の高値12/12高値588円
2/3安値461円は再び底値水準今後の突込みは妙味あり
450円~465円で第一弾の買いその後15円刻みで買い下がりが有効(2/7記)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)
その後の高値12/21高値1040円

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)
その後の高値12/14高値1147円

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
売り目標870円~900円
その後の高値1/10高値903円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円
その後の高値1/10高値10645円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)
その後の高値1/27高値」3190円

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
レンジ上限660円
レンジ下限500円
その後の高値2/6高値775円上昇トレンド継続中

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
下値メド①1300円
下値メド②1200円
その後の安値11/9安値790円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
ハイリスク目標株価1600円~1800円?
その後の高値1/18高値1797円

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
売り目標①4500円
売り目標②4800円
その後の高値1/6高値4010円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円
その後の高値12/1高値3055円
その後下値模索中2/7安値2657円
下値メド2500円~2600円(2/7記)

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
ハイリスク目標株価170円~200円?
その後の高値12/2高値157円

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
売り目標650円~700円
その後の高値2/2高値679.5円

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円
その後の高値2/7高値5884円トレンドは生きています

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円
その後の高値1/20高値6135円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
戻りメド3200円
その後の高値12/15高値3125円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)
その後の高値1/6高値269円

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
戻りメド①2000円
戻りメド②未定
その後の高値1/10高値1767円

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
戻りメド①1680円
戻りメド②未定
その後の高値2/2高値1674円

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定
その後の高値12/19高値4615円

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定
その後の高値2/3高値1529円

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
戻りメド①1000円
戻りメド②未定
その後の高値1/6高値920円
2/7安値811円今後の突込みは買い妙味あり
下値メド750円~780円(2/7記)


2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

トランプ大統領の減税発言で相場は激変

2月10日(金)16:10

大引け

日経平均株価

19216.74(9:00)

19395.99(14:53)

19193.57(9:01)

19378.93(15:00)

前日比△471.26 +2.49%

TOPIX

1535.75(9:00)

1547.59(14:38)

1533.46(9:01)

1546.56(15:00)

前日比△33.01 +2.18%


週末2/10(金)日経平均株価は大幅反発

前日の米国株高、急速に進んだ円安を背景に
買い先行で始まりました

寄付 19216.74(9:00)△309.07

安値 19193.57(9:01)△285.90

日経平均株価は高寄り後も順調に上げ幅を拡大
高値圏で前引けを終了

前引 19353.98(11:35)△446.31

後場も高値圏でのもみ合いになり大引けにかけて上げ幅を拡大

高値 19395.99(14:53)△488.32

日経平均株価は大幅反発 
大発会以来今年2番目の上げ幅になりました

大引 19378.93(15:00)△471.26 


トランプ大統領の減税策サプライズ
トランプ大統領は米国航空幹部との会談で、税制や航空インフラに
関連し「今後2~3週間以内に驚くべき発表をする」と発言。
大幅減税を含む税制改革が先行きの期待感になりました。

前日のNYダウは2週間ぶりに史上最高値を更新。
米国3指数最高根更新
NYダウ20172.40ドル △118.06ドル
NASDAQ 5715.18 △32.73
S&P500 2307.87 △13.20

トランプ大統領の発言で相場が激変します。
昨日までは、米国株堅調、円高を背景に日本市場軟調
日米首脳会談を目前に控え、方向感の乏しい相場展開になっていました。
前日のトランプ大統領の「今後2~3週間以内に驚くべき発表をする」との
発言で一夜にして日本市場の環境が激変しました。
米国金利上昇期待、ドル高円安 米国株高 日本株上昇
日米首脳会談を控え様子見ムードは、先行して見切り発車になりました。

本日は大型株、インデックスの上昇相場になり、直近買われていた
好業績の中小型株、テーマ株、新興銘柄は相場の圏外になりました。

日経平均株価の高値の節目とドル円相場
1/27高値19486.68円 ドル円115.30円
1/5高値19615.40円 ドル円118.18円(1/4)117.43円(1/5) 
12/21高値19592.90円 ドル円118.06円

本日の円安水準は113円台後半
2/10(金)日経平均株価 19378.93(15:00)△471.26  

日米首脳会談後の株価は2/13日(月)に反映されます。
節目である19486.68円~19615.40円にトライできるかどうかに
相場の焦点が集まります。
113円台後半の円安水準では上値が限定的になるため
日米首脳会談の内容、今後の為替動向が日本株上昇のカギを握ります。


コメントのご返事

お久しぶりです
先生、お身体の調子どうですか?
無理なさっているんではないでしょうか?
くれぐれもご家族のためにお身体ご自愛下さいね。
ぼくの娘もお薬には頼らなくてはなりませんが
もうなんでも食べれるようにはなりました。

さて、ぼくも少しだけいくつかの銘柄を摘んでます。
率直な厳しいご意見お願いします。
3920アイビーシー990で少しだけ。
4662フォーカスシステムズを450で結構な枚数。
先生と知り合ってからのメガバンクは未だに保有中ですよ。
仕事も頑張ってます。
先生教えていただいたこと今も変わらず実践してます。
それではまた。

コメントありがとうございます。
伊部さんの久々のコメント拝見して安心しました。
お嬢様の件安堵しました。
私は、体調の無理のない範囲で相場に臨んでいます。
再び読者様のコメントのご返事が徐々にできるくらい体調が安定してきました。
ありがとうございます。

3920アイビーシー990買いの件
ICTインフラ監視のパイオニアで3年後5年後の成長に
期待される企業ですが、新製品開発優先によるコスト増
積極採用による人件費増加
成長優先の積極経営により、本業の利益を表す営業利益は
低迷しています。(増収減益)
2/3決算発表は通過し株価には無反応でした。(中立)
株価は10/24高値1455円天井形成後調整局面入り
値幅調整は良いところまで来ました。
12/30安値998円
1/18安値988円
2/6安値1000円
しかし、日柄調整が十分とは言えません。
成長銘柄(増収増益)の場合の日柄調整は3か月前後
新興銘柄は、増収減益でも成長性重視の為大きく上昇する場合が多々ある
同社は1部上場銘柄の為、増収減益の為上値は重くなり日柄調整は長引く
日柄調整は不足 
調整期間5カ月とすると3/24
調整期間6カ月とすると4/24
下値サポート
①1/18安値988円
②930円~950円
今後の予想 短期調整 中長期上昇
サプライズがあれば小型株の為動きますが
1000円~1100円水準で底値固めの底練りになると考えます。
2017年半ば~後半の高値は1400円~1500円はあると考えます。

4662フォーカスシステムズを450買いの件
インターネットセキュリティー関連銘柄
配当利回り2.14%
内容の良い銘柄です。
売上は確実に増収を続けていますが
営業利益が伸び悩んでいます。
そのため戻りメドが以下のとおりになっています。
①600円
②650円
現在上昇トレンド継続中ですが600円が上値の壁となり
高値もち合いになっています。
①25日移動平均線が上昇しているため
 プラス乖離が0付近になった時はいったん利益確定
②もうしばらく持続して650円付近の上昇局面を待つ
小型株の為今後の材料によっては株価は上下しますが
現時点では①OR②が考えられます。


チャート分析
いつも大変参考にさせていただいてます。
チャート分析をする際は週足または
日足、3カ月、6カ月、1年どんな感じで使っていらっしゃいますか?

コメントありがとうございます。
私の場合は、日足と週足が中心になっています。
他の方々との違いは、個別銘柄指数表という私独自の売買サインと
チャートを併用している点です。
メインプレーヤー海外短期筋主導の日本市場は、先物主導で大きく動きます。
日銀ETFの買いが株価の下支えになり、株価動向がいびつになっています。
日本独自ないびつな株価形成を考慮し、時代に合った株価診断を
常に改善改良しております。
生涯勉強です。


いつもブログを参考にさせて頂いております。
3392 FFRIですが、4500円をこえてきました。
そろそろ売りを考えた方がいいのか?持続してもよいのか迷います。
4050円買いなので、底値買いではありません。
現時点でのアドバイスが可能であれば宜しくお願い致します。

コメントありがとうございます。
3692FFRIは2017年~2018年久々に大相場になる可能性があると考えます。
第4次産業革命の中心 IOT 自動運転 にはなくてはならないのが
セキュリティーです。
2/8高値4785円は、レンジ上限を抜け上方向のトレンドはまだ生きています。
今後の欧州政治リスクで全体相場が下落すれば同社も下がりますが
1年後の高値は更なる上値が期待できそうです。
今後の人気化次第で大きく上昇する可能性があるため
他の銘柄の様な上値メド予想は難しい銘柄です。
いったん利食うのであれば、高値更新の周期を考慮し
次の急上昇の場面で利食うのが良いと思います。
その時のポイントは25日移動平均乖離率です。
12/19 +26.52%
1/6 +15.56%
2/8 +8.53% 
高値更新の周期と25日移動平均乖離率を参考になさり
ご自身でご決断下さい。


7774 J TEC
こんにちは
日本農薬のコメントをみて、質問させてください。
底割れした銘柄に、サポートラインや支持線はないんですか?
また、7774が連日売り込まれており気になってます。
買値1296で保有してます。
今後の見通しをよろしければ見立て頂けると有り難いです。
よろしくお願いいたします。

コメントありがとうございます。
7774 J TECはフジフィルムが46.1%保有の毛並みの良い
バイオ再生医療関連銘柄です。
週足株価をご覧ください。
2016年
11/9安値1201円
6/24安値1081円
2015年
11/5安値896円

高値圏は1500円~1600円です。
高値圏は年に1~2回
相場の格言
天井3日底100日 といいますが
底練りの期間が長くその中で突込み局面を買い
年に1度~2度のバイオ再生医療IPS関連銘柄上昇時に
利食うといった売買手法が有効になります。
現在下降局面
下値メド①1200円~1220円
下値メド②1120円~1150円(ここまで下がる可能性は低い)
次の上昇局面待ちと考えます。


次回の更新は2/13(月)16:00ごろ更新予定です。

一夜にして相場環境が激変
トランプ大統領の減税策サプライズ
トランプ大統領は米国航空幹部との会談で、税制や航空インフラに
関連し「今後2~3週間以内に驚くべき発表をする」と発言。
大幅減税を含む税制改革が先行きの期待感になりました。
前日のNYダウは2週間ぶりに史上最高値を更新。
米国3指数最高根更新
NYダウ20172.40ドル △118.06ドル
NASDAQ 5715.18 △32.73
S&P500 2307.87 △13.20
サプライズで一夜にして日本市場の環境が激変しました。
米国金利上昇期待、ドル高円安 米国株高 日本株上昇
日米首脳会談を控え様子見ムードは、先行して見切り発車になりました。
(2/10記)

日経平均株価の高値の節目とドル円相場
1/27高値19486.68円 ドル円115.30円
1/5高値19615.40円 ドル円118.18円(1/4)117.43円(1/5) 
12/21高値19592.90円 ドル円118.06円

2/10(金)の円安水準は113円台後半
日経平均株価上昇 19378.93(15:00)△471.26 

買ってはいけない証券株(2/7記) 
1部上場証券会社15社
8601大和証券G 下降トレンド入口
8604野村HD 海外での収益が好調 直近上昇に転じる
8609岡三証券G 横ばいに推移
8613丸三証券 下降トレンド 1/18決算発表大幅減額
8614東洋証券 下降トレンド
8616東海東京FHD 下降トレンド入口
8617光世証券 下降トレンド入口 1/23決算発表赤字
8622水戸証券 下降トレンド 
8624いちよし証券 下降トレンド
8628松井証券 下降トレンド
8698マネックスG 下降トレンド
8703カブドットコム 下降トレンド
8706極東証券 下降トレンド
8707岩井コスモ証券 下降トレンド
8708藍澤証券 下降トレンド

特に減額が大きい4社
8613丸三証券 
1/23下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価880円~900円

8614東洋証券 
1/24下落注意サイン1 2/2下落注意サイン2
下落目標株価230円~240円

8622水戸証券 
1/17下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価280円

8698マネックスG 
1/24下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価 260円~270円

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。(1/23記)

買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:初心者の方は安易に信用取引を行わないでください。
  目いっぱいの空売りは目いっぱいの信用買いより危険です。
  現物の目いっぱいの買いはいけませんが
  信用取引の目いっぱいの売買は、墓穴を掘ることになりかねません。
  くれぐれも実戦チャートの勉強の教材としてお使いください。

1/16ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

1/17現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24終値3975円▼105円 この時点で相場は崩れた(1/24記)
1/24下落注意サイン②

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 225採用銘柄 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
2/6大幅増額修正発表によりトレンド変化(2/7記)

3086Jフロント 225採用銘柄 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

買ってはいけない銘柄1/24

9932杉本商事 1/24終値1483円△1円 1/24記
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②

7201日産自動車 1/24終値1122.0円 ▼13.0円 1/24記
現在個別銘柄指数表算出前の為売買サインは不明ですが
今後下値模索する感じがします。

買ってはいけない銘柄2/3記

8703カブドットコム証券 2/3記
1/24下落注意サイン①
2/2下落注意サイン②
切り返しに転じた時に(次の反発)空売り検討

7246プレス工業 2/3記
2/2下落注意サイン①②
次の反発530円~535円水準を空売り検討

8233高島屋 2/3記
1/23下落注意サイン①
1/31下落注意サイン②
次の反発970円水準を空売り検討

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記)
 1/26ロスカット買戻し405円 ▼26円の損だし
8282ケーズHD 寄付き2040円 信用新規売り(1/24記)
 持続中


日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見を境に
楽観論は終りました。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円
その後の高値1/10高値600円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)
その後の高値2/1高値7580円

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?
その後の高値1/10高値1199円

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)
その後の高値12/12高値588円
2/3安値461円は再び底値水準今後の突込みは妙味あり
450円~465円で第一弾の買いその後15円刻みで買い下がりが有効(2/7記)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)
その後の高値12/21高値1040円

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)
その後の高値12/14高値1147円

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
売り目標870円~900円
その後の高値1/10高値903円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円
その後の高値1/10高値10645円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)
その後の高値1/27高値」3190円

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
レンジ上限660円
レンジ下限500円
その後の高値2/6高値775円上昇トレンド継続中

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
下値メド①1300円
下値メド②1200円
その後の安値11/9安値790円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
ハイリスク目標株価1600円~1800円?
その後の高値1/18高値1797円

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
売り目標①4500円
売り目標②4800円
その後の高値1/6高値4010円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円
その後の高値12/1高値3055円
その後下値模索中2/7安値2657円
下値メド2500円~2600円(2/7記)

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
ハイリスク目標株価170円~200円?
その後の高値12/2高値157円

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
売り目標650円~700円
その後の高値2/2高値679.5円

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円
その後の高値2/7高値5884円トレンドは生きています

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円
その後の高値1/20高値6135円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
戻りメド3200円
その後の高値12/15高値3125円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)
その後の高値1/6高値269円

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
戻りメド①2000円
戻りメド②未定
その後の高値1/10高値1767円

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
戻りメド①1680円
戻りメド②未定
その後の高値2/2高値1674円

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定
その後の高値12/19高値4615円

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定
その後の高値2/3高値1529円

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
戻りメド①1000円
戻りメド②未定
その後の高値1/6高値920円
2/7安値811円今後の突込みは買い妙味あり
下値メド750円~780円(2/7記)


2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

今週は動かざること山の如し

2月9日(木)21:00

大引け

日経平均株価

18942.04(9:00)

18991.23(11:06)

18874.91(14:57)

18907.67(15:00)

前日比▼99.93 -0.53%

TOPIX

1518.19(9:00)

1520.48(11:13)

1511.21(14:56)

1513.55(15:00)

前日比▼10.60 -0.70%


値上がり銘柄数 659


値下がり銘柄数 1205


新高値銘柄数 73


新安値銘柄数 4


騰落レシオ25D 87.9


日経平均25D乖離率 -1.08


TOPIX25D乖離率 -1.02


日経平均株価は反落

前日の米国市場軟調
為替の円高を背景に売り優勢で始まりました

寄付 18942.04(9:00)▼65.56

寄り後下げ幅を拡大する動きがありましたが
売り一巡後は円高一服から切り返しに転じ
19,000円近くまで下げ幅を縮小する場面がありました

高値 18991.23(11:06)▼16.37

後場になると再び売り優勢となり
大引けにかけて下げ幅を拡大

安値 18874.91(14:57)▼132.69

日経平均株価は反落して引けました

大引 18907.67(15:00)▼99.93


いよいよ明日日米首脳会談になります。
米国株は史上最高値圏に位置していますが、トランプ大統領の
為替操作国として2番目に挙げられた日本株の値動きは全くさえません。
貿易不均衡の槍玉にあげられた トヨタをはじめとする
自動車完成車メーカーは、トランプ政策の先行き不透明感から
軟調が続いています。

主力大型株は日々の低調な商いで相場圏外になっており
材料、テーマのある中小型株、新興銘柄が循環物色されています。
ミニSQを目前に控え、昨日、本日、相場が先物主導でやや荒れるかと
見ていましたが、想定以上に下値が堅く2/7安値18805.32円が目先の
下値サポートになっています。
為替の円高水準が110円を突破しなければ1/18安値18650.33円は
頑強な下値サポートになりそうです。

1/18安値18650.33円 1/18ドル円相場112.58円
111円台の円高でも18,800円台でくい止まっているため
目先110円水準の円高があっても1/18安値18650.33円を
大きく割り込むことには考えにくいと思います。

2/10日米首脳会終了までは、先が全く見通せないため
新規買いは一切見送りとし、空売りもイベント終了後に
いったん仕切り直しをしてから方針を決めることにしました。
分らない時は 「動かざること山の如し」で相場に臨むのが肝要と考えます。


本日様々な銘柄のコメントをいただきましたが
時間の関係で明日ご返事させていただきます。

本日は1銘柄4997日本農薬について

この銘柄は自分も好きな銘柄で過去何度となく売買をしました。
2014年初頭の天井
1/16高値1589円
4/4高値1630円この時のダブルトップ後の反落は
10/14安値939円で止まり12/3高値1523円まで切り返す力がありました。
しかし、これが大相場の終焉でした。
同社の歴史的な好業績は2014年、2015年がピークで
TPP関連としての人気もありました。
14/9期連結 営業利益 94.07億円 EPS91.82円
15/9期連結 営業利益 99.51億円 EPS84.16円
16/9期連結 営業利益 44.26億円 EPS15.49円
17/9期予想 営業利益 39.00億円 EPS31.41円

上記収益と週足チャートを見比べると一目瞭然です。
営業利益=本業の利益 本業が振るわず株価が低迷しているのです。

個別銘柄指数表の売買サイン
2016/6月以降
底値買いサインは無し
7/13追撃買いサイン①
7/20追撃買いサイン②
7/27戻り高値588円
6/21追撃買いサイン①②
その後天井売りサインは無し
1/17下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②
2/7下値サポートになっていた75移動平均割れ
かなりの確率で下降トレンド入りと想定
目先短期的に25日移動平均を上回り、プラス乖離が続けば
1/17下落注意サイン①1/23下落注意サイン②は騙しになりますが
12/21高値700円が当面の高値となり、日柄値幅調整になると考えます。
今後の株価予測は以下の2通り
①600円を挟んで±30円くらいのレンジ相場になる
②値幅調整は550円割れくらい、最悪で500円水準(これは全体相場下落の場合)

いずれにしましても値幅日柄調整が必要な時期と判断します。


次回の更新は2/9(木)20:00~21:00」ごろ更新予定です。

買ってはいけない証券株(2/7記) 
1部上場証券会社15社
8601大和証券G 下降トレンド入口
8604野村HD 海外での収益が好調 直近上昇に転じる
8609岡三証券G 横ばいに推移
8613丸三証券 下降トレンド 1/18決算発表大幅減額
8614東洋証券 下降トレンド
8616東海東京FHD 下降トレンド入口
8617光世証券 下降トレンド入口 1/23決算発表赤字
8622水戸証券 下降トレンド 
8624いちよし証券 下降トレンド
8628松井証券 下降トレンド
8698マネックスG 下降トレンド
8703カブドットコム 下降トレンド
8706極東証券 下降トレンド
8707岩井コスモ証券 下降トレンド
8708藍澤証券 下降トレンド

特に減額が大きい4社
8613丸三証券 
1/23下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価880円~900円

8614東洋証券 
1/24下落注意サイン1 2/2下落注意サイン2
下落目標株価230円~240円

8622水戸証券 
1/17下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価280円

8698マネックスG 
1/24下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価 260円~270円

トランプ大統領のイスラエル政策(米国大使館移転問題)で
波乱が起きるかもしれません。
米国大使館のエルサレム移転に言及した発言があれば
世界中で物議が巻き起こることになり、地政学リスクが高まります。(2/1記)

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。(1/23記)

買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:初心者の方は安易に信用取引を行わないでください。
  目いっぱいの空売りは目いっぱいの信用買いより危険です。
  現物の目いっぱいの買いはいけませんが
  信用取引の目いっぱいの売買は、墓穴を掘ることになりかねません。
  くれぐれも実戦チャートの勉強の教材としてお使いください。

1/16ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

1/17現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24終値3975円▼105円 この時点で相場は崩れた(1/24記)
1/24下落注意サイン②

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 225採用銘柄 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
2/6大幅増額修正発表によりトレンド変化(2/7記)

3086Jフロント 225採用銘柄 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

買ってはいけない銘柄1/24

9932杉本商事 1/24終値1483円△1円 1/24記
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②

7201日産自動車 1/24終値1122.0円 ▼13.0円 1/24記
現在個別銘柄指数表算出前の為売買サインは不明ですが
今後下値模索する感じがします。

買ってはいけない銘柄2/3記

8703カブドットコム証券 2/3記
1/24下落注意サイン①
2/2下落注意サイン②
切り返しに転じた時に(次の反発)空売り検討

7246プレス工業 2/3記
2/2下落注意サイン①②
次の反発530円~535円水準を空売り検討

8233高島屋 2/3記
1/23下落注意サイン①
1/31下落注意サイン②
次の反発970円水準を空売り検討

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記)
 1/26ロスカット買戻し405円 ▼26円の損だし
8282ケーズHD 寄付き2040円 信用新規売り(1/24記)
 持続中


日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見を境に
楽観論は終りました。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円
その後の高値1/10高値600円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)
その後の高値2/1高値7580円

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?
その後の高値1/10高値1199円

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)
その後の高値12/12高値588円
2/3安値461円は再び底値水準今後の突込みは妙味あり
450円~465円で第一弾の買いその後15円刻みで買い下がりが有効(2/7記)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)
その後の高値12/21高値1040円

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)
その後の高値12/14高値1147円

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
売り目標870円~900円
その後の高値1/10高値903円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円
その後の高値1/10高値10645円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)
その後の高値1/27高値」3190円

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
レンジ上限660円
レンジ下限500円
その後の高値2/6高値775円上昇トレンド継続中

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
下値メド①1300円
下値メド②1200円
その後の安値11/9安値790円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
ハイリスク目標株価1600円~1800円?
その後の高値1/18高値1797円

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
売り目標①4500円
売り目標②4800円
その後の高値1/6高値4010円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円
その後の高値12/1高値3055円
その後下値模索中2/7安値2657円
下値メド2500円~2600円(2/7記)

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
ハイリスク目標株価170円~200円?
その後の高値12/2高値157円

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
売り目標650円~700円
その後の高値2/2高値679.5円

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円
その後の高値2/7高値5884円トレンドは生きています

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円
その後の高値1/20高値6135円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
戻りメド3200円
その後の高値12/15高値3125円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)
その後の高値1/6高値269円

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
戻りメド①2000円
戻りメド②未定
その後の高値1/10高値1767円

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
戻りメド①1680円
戻りメド②未定
その後の高値2/2高値1674円

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定
その後の高値12/19高値4615円

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定
その後の高値2/3高値1529円

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
戻りメド①1000円
戻りメド②未定
その後の高値1/6高値920円
2/7安値811円今後の突込みは買い妙味あり
下値メド750円~780円(2/7記)


2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

日経平均株価19,000円の攻防

2月8日(水)15:40

大引け

日経平均株価

18951.16(9:00)

19009.24(15:00)

18875.57(11:30)

19007.50(15:00)

前日比△96.82 +0.51%

TOPIX

1518.93(9:00)

1524.36(14:59)

1514.46(11:30)

1524.15(15:00)

前日比△8.00 +0.53%


日経平均株価は反発

前日の米国3指数上昇
欧州主要市場はフランス以外総じて堅調
前日急速に進んだ円高が一服となり
買い優勢で始まりました

寄付 18951.16(9:00)△40.38

日経平均株価は寄り後70円程度上昇する場面がありましたが
買い一巡後はマイナス圏に転落して前引けを迎えました

安値 18875.57(11:30)▼35.21
 
後場になるとジリジリと切り返しに転じ大引けにかけて
日経平均株価は19,000円台を回復、ほぼ高値圏で
反発して引けました

高値 19009.24(15:00)△98.46

大引 19007.50(15:00)△96.82


日経平均株価は、2/10(金)ミニSQを控え19,000円の攻防になっています。
決算発表を受けて上がる銘柄、売り込まれる銘柄の明暗が分かれています。
日米首脳会談を目前に控え連日上下幅が狭くなり、円高を横目で見ながらの
気迷い感が出ています。
高値 19009.24(15:00)△98.46
安値 18875.57(11:30)▼35.21
日経平均上下幅133..67円

SQ前日の明日は、先物主導で荒れる場面があるかもしれません。
しかし、日米首脳会談の結果が判明し、それを株価が反映するのは
2/13(月)ですので、方向性がはっきりするまでは、動かない方が
賢明といえます。

株式投資は丁半博打ではありませんのでイベントに賭けてはいけません。
迷った時分らない時に動くとたいていやられるものです。
米国株は堅調ですが、トランプ大統領の予測のつかない政策、外交に
ドル円相場、日本株相場は方向感のない状態が続いています。
日銀ETF買いを背景に海外短期筋も大きく売り崩す場面ではないため
目先は19,000円の攻防となり、その中で業績の良い銘柄を集中して買う動きは
しばらく続きそうです。

欧州政治リスクの季節も近づいていますので高めている現金ポジションは
そのまま維持し、持ち株は利食い千人力で臨みます。

2352エイジアは2/7高値2470円まで買われましたが押し目らしい押しもなく
非常に底堅い値動きになっています。
持続して様子見とします。

3195ジェネレーションパスは越境ECの人気銘柄で長期低迷していました。
直近動きが変化し始めています。
持続して様子見とします。

2183リニカルは現在レンジ内の値動きになっていますが
切り返しに転じる場面になるかもしれません。
持続して様子、盛り上がらなければ臨機応変に対処



コメント

いつもブログを拝見させて頂いております。
日本トリムのお見立てを伺いたくコメントさせてもらいました。
4200円で購入した玉の損切りを検討しております。
この状況での考え方をご教授頂けますでしょうか。
よろしくお願いします。

コメントありがとうございます。
6788日本トリムは下降トレンド最終局面で4,000円水準が
底値と思われましたが1/30減額修正により底割れしてしまいました。
主力の家庭用電解還元水整水器の風評被害で以前の様な成長性が
減速しているようです。
当社は無関係ですが、一部の水素水の報道が大々的に報じられたため
暫く厳しい状況は続きそうです。
値嵩株は下降トレンドに入り悪材料が出るととことん売り込まれます。
海外投資家の売り、ファンドの売りもかなり出たと思われます。
7/12高値8350円から直近安値2/1安値3860円まで54%の下落で
7か月近くの日柄調整、4490円幅の値幅調整になり
そろそろ底値に近付いているのですが、業績の急回復には
もう少し時間がかかりそうです。
設置面積40%減の透析装置共同開発等、医療関連への投資も進んでいますが
売上比率5%水準です。
1/30減額修正でほぼ悪材料出尽くし感がありますが
2/10日米首脳会談は全くわからず、欧州政治リスクの季節が迫り
全体相場の行方にも影響されます。

10%前後のロスカットルールが決まっているのでしたら
それに従うほかありませんが、このようなケースでは
今後ナンピン買い下がりは行ってはいけません。
今後の動向は、大株主のファンド、海外投資家次第の為なかなか予測できません。
2018年3月期は、17年3月期大幅減額修正で発射位置が低いため
増収増益になる可能性大ですので、余裕資金であれば持続するのも一策です。
多くの投資家は買いコスト5500円以上ですので、切り返しに転じた場合
4200円水準の戻りの可能性は十分考えられます。
前回の下落の規模は
2013/11/11高値9380円から2014/10/30安値2313円
ここまでは下がらないと考えますが、風評被害が完全に落ち着かなければ
底練りは続きそうです。
今後は四半期ベースの業績の動向で株価は動くことになります。

ご自身でご判断下さい。



次回の更新は2/9(木)20:00~21:00」ごろ更新予定です。

買ってはいけない証券株(2/7記) 
1部上場証券会社15社
8601大和証券G 下降トレンド入口
8604野村HD 海外での収益が好調 直近上昇に転じる
8609岡三証券G 横ばいに推移
8613丸三証券 下降トレンド 1/18決算発表大幅減額
8614東洋証券 下降トレンド
8616東海東京FHD 下降トレンド入口
8617光世証券 下降トレンド入口 1/23決算発表赤字
8622水戸証券 下降トレンド 
8624いちよし証券 下降トレンド
8628松井証券 下降トレンド
8698マネックスG 下降トレンド
8703カブドットコム 下降トレンド
8706極東証券 下降トレンド
8707岩井コスモ証券 下降トレンド
8708藍澤証券 下降トレンド

特に減額が大きい4社
8613丸三証券 
1/23下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価880円~900円

8614東洋証券 
1/24下落注意サイン1 2/2下落注意サイン2
下落目標株価230円~240円

8622水戸証券 
1/17下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価280円

8698マネックスG 
1/24下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価 260円~270円

トランプ大統領のイスラエル政策(米国大使館移転問題)で
波乱が起きるかもしれません。
米国大使館のエルサレム移転に言及した発言があれば
世界中で物議が巻き起こることになり、地政学リスクが高まります。(2/1記)

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。(1/23記)

買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:初心者の方は安易に信用取引を行わないでください。
  目いっぱいの空売りは目いっぱいの信用買いより危険です。
  現物の目いっぱいの買いはいけませんが
  信用取引の目いっぱいの売買は、墓穴を掘ることになりかねません。
  くれぐれも実戦チャートの勉強の教材としてお使いください。

1/16ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

1/17現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24終値3975円▼105円 この時点で相場は崩れた(1/24記)
1/24下落注意サイン②

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 225採用銘柄 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
2/6大幅増額修正発表によりトレンド変化(2/7記)

3086Jフロント 225採用銘柄 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

買ってはいけない銘柄1/24

9932杉本商事 1/24終値1483円△1円 1/24記
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②

7201日産自動車 1/24終値1122.0円 ▼13.0円 1/24記
現在個別銘柄指数表算出前の為売買サインは不明ですが
今後下値模索する感じがします。

買ってはいけない銘柄2/3記

8703カブドットコム証券 2/3記
1/24下落注意サイン①
2/2下落注意サイン②
切り返しに転じた時に(次の反発)空売り検討

7246プレス工業 2/3記
2/2下落注意サイン①②
次の反発530円~535円水準を空売り検討

8233高島屋 2/3記
1/23下落注意サイン①
1/31下落注意サイン②
次の反発970円水準を空売り検討

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記)
 1/26ロスカット買戻し405円 ▼26円の損だし
8282ケーズHD 寄付き2040円 信用新規売り(1/24記)
 持続中


日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見を境に
楽観論は終りました。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円
その後の高値1/10高値600円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)
その後の高値2/1高値7580円

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?
その後の高値1/10高値1199円

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)
その後の高値12/12高値588円
2/3安値461円は再び底値水準今後の突込みは妙味あり
450円~465円で第一弾の買いその後15円刻みで買い下がりが有効(2/7記)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)
その後の高値12/21高値1040円

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)
その後の高値12/14高値1147円

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
売り目標870円~900円
その後の高値1/10高値903円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円
その後の高値1/10高値10645円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)
その後の高値1/27高値」3190円

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
レンジ上限660円
レンジ下限500円
その後の高値2/6高値775円上昇トレンド継続中

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
下値メド①1300円
下値メド②1200円
その後の安値11/9安値790円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
ハイリスク目標株価1600円~1800円?
その後の高値1/18高値1797円

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
売り目標①4500円
売り目標②4800円
その後の高値1/6高値4010円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円
その後の高値12/1高値3055円
その後下値模索中2/7安値2657円
下値メド2500円~2600円(2/7記)

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
ハイリスク目標株価170円~200円?
その後の高値12/2高値157円

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
売り目標650円~700円
その後の高値2/2高値679.5円

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円
その後の高値2/7高値5884円トレンドは生きています

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円
その後の高値1/20高値6135円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
戻りメド3200円
その後の高値12/15高値3125円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)
その後の高値1/6高値269円

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
戻りメド①2000円
戻りメド②未定
その後の高値1/10高値1767円

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
戻りメド①1680円
戻りメド②未定
その後の高値2/2高値1674円

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定
その後の高値12/19高値4615円

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定
その後の高値2/3高値1529円

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
戻りメド①1000円
戻りメド②未定
その後の高値1/6高値920円
2/7安値811円今後の突込みは買い妙味あり
下値メド750円~780円(2/7記)


2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」


週末までは読めない相場

2月7日(火)20:25

大引け

日経平均株価

18844.12(9:00)

18970.58(13:57)

18805.32(9:43)

18910.78(15:00)

前日比▼65.93 -0.35%

TOPIX

1510.48(9:00)

1521.23(14:01)

1509.20(9:42)

1516.15(15:00)

前日比▼4.27 -0.28%


値上がり銘柄数 562


値下がり銘柄数 1291


新高値銘柄数 66


新安値銘柄数 8


騰落レシオ25D 95.2


日経平均25D乖離率 -1.23


TOPIX25D乖離率 -0.94


日経平均株価は反落

前日の欧米株安
米国債券利回り低下、欧州政治リスクを背景に
1ドル111円台後半まで円安が進行
売り優勢で始まりました

寄付 18844.12(9:00)▼132.59

安値 18805.32(9:43)▼173.39

売り一巡後は前引けにかけてやや下げ渋る動きになりました
後場になると徐々に下げ幅を縮小し前日終値付近まで
切り返す場面がありましたが

高値 18970.58(13:57)▼6.13

週末2/10ミニSQ、日米首脳会談を控え、買い上がる動きは見られず
日経平均株価は反落して引けました

大引 18910.78(15:00)▼65.93


日経平均株価は19,000円の攻防から、直近の円高を背景に
やや下方向に振れています。
日経平均株価は、1/12に41営業日ぶりに25日移動平均がマイナス乖離に
転落したのち19営業日になりますが
25日移動平均プラス乖離の日が4営業日
25日移動平均マイナス乖離の日が15営業日
25日移動平均線は緩やかに下方向になっています。
2/10(金)ミニSQ、日米首脳会談 を控え、為替の円高を背景に
大きく上方向に向かうことは考えにくく、海外短期筋の19,000円の大台を
意識したポジションの思惑が交差しています。

現時点での想定値は、19,000円より下方向に振れそうですが
18,500円~18,600までは下がらない感触です。
もっともミニSQ後の2/10の日米首脳会談の結果次第では
市場は、為替、株価双方乱高下になることを覚悟しなければなりません。
その場合は従来の構図 米国株高=日本株上昇は機能しなくなり
円安=日本株高 円高=日本株安 の為替と連動する相場になりそうです。

トランプ大統領の言動は全く予想できず、欧州の政治リスクを
意識する時期に入りました。
日米首脳会談の結果により為替、株価ともに上下どちらかに動きそうですが
全く予測がつきません。
現在証券株の空売りを検討していますが、実際動くのは2/13以降にします。

個人投資家の買い越しは、1/20に一瞬105億円買い越しになりましたが
1/27再び1318億円の売り越しに転じました。
個人投資家の市場からの資金流出は歴史的規模になっており
MRF(マネーリザーブファンド)は過去最高の12兆円超の資金が
積み上がったままでその資金は、株式市場へ流入する見通しはありません。

以上のことを背景に証券業界には活気がありません。
1部上場証券会社15社
8601大和証券G 下降トレンド入口
8604野村HD 直近上昇に転じる
8609岡三証券G 横ばいに推移
8613丸三証券 下降トレンド 1/18決算発表大幅減額
8614東洋証券 下降トレンド
8616東海東京FHD 下降トレンド入口
8617光世証券 下降トレンド入口 1/23決算発表赤字
8622水戸証券 下降トレンド 
8624いちよし証券 下降トレンド
8628松井証券 下降トレンド
8698マネックスG 下降トレンド
8703カブドットコム 下降トレンド
8706極東証券 下降トレンド
8707岩井コスモ証券 下降トレンド
8708藍澤証券 下降トレンド

上記15社の中では、直近8604野村HDのみ堅調に推移していますが
これは海外での収益が好調のためです。
野村HDを含め、すべての証券会社は個人投資家の記録的な売り越しにより
手数料収入激減、大幅減額修正を出す企業が出てきました。
8613丸三証券は、10-12期純利益が70%超減少
中小証券程個人投資家の株式手数料激減、投資信託低迷の影響は
大きくなっています。 

特に減額が大きい4社
8613丸三証券 
1/23下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価880円~900円

8614東洋証券 
1/24下落注意サイン1 2/2下落注意サイン2
下落目標株価230円~240円

8622水戸証券 
1/17下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価280円

8698マネックスG 
1/24下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価 260円~270円


コメントをいただいた銘柄について

6768タムラ製作所
2/3増額修正発表 2/6高値465円まで上昇
直近は狭いレンジでの推移が続いています。
1/11高値466円が重要な節目になっています。
2/6高値465円まで買われましたが1/11高値466円を抜けませんでした。
現在週末の重要イベント前ということで株価は硬直しています。
2/10日米首脳会談で良い結果が出て地合いが好転した場合
1/11高値466円を大きく突き抜けることができればじぞくして
一段高を待つのも一策。
1/11高値466円を超えることが出来なければいったん手仕舞いと考えます。
2/10重要イベントを前にして読みづらい時期ですので
決断に迷う際は2/13以降再度コメントをください。
その時点で最善策を模索します。

6751日本無線
2/3に減収減益の決算を発表しました。
2/6、2/7出来高増加し連続陽線を引き目先強い展開になっています。
昔から値動きの良い銘柄で大きく上下に振れますが現時点での上値メドは
以下のとおりです。
上値メド①1440円
上値メド②1500円
明日以降が山場です。

6670MCJ
1/10高値1216円
1/30高値1212円
ダブルトップ形成と考えます。
2/6下落注意サイン①
2/7下落注意サイン②
今週1200円水準まで切り返す力があると下落注意サインは騙しになりますが
1212円~1216円がいったん高値形成になる可能性大です。

4366ダイトーケミカル
1/312高値1059円形成後反落しましたが2/7切り返しました。
相場はまだ生きていますが、900円を大きく割り込み1/28~1/30の
窓を陰線で埋めた場合は一相場終了になります。

9424日本通信
12月以降突発高が3回あります。
いずれも突発高後、急速に元の株価位置に戻ってしまうため
170円買いで吹き値売りがもっともよい投資パターンです。
インパクトのある好材料が出れば別ですが、現在の地合いでは
200円を超えた瞬間が高値形成になっているため
170円買い 200円売り と考えます。
あまりに業績が悪いため初心者の方は手出し無用と考えます。
腕に覚えのある投資家向きの割り切った投資です。

次回の更新は2/8(水)16:00ごろ更新予定です。

トランプ大統領のイスラエル政策(米国大使館移転問題)で
波乱が起きるかもしれません。
米国大使館のエルサレム移転に言及した発言があれば
世界中で物議が巻き起こることになり、地政学リスクが高まります。(2/1記)

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。(1/23記)

買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:初心者の方は安易に信用取引を行わないでください。
  目いっぱいの空売りは目いっぱいの信用買いより危険です。
  現物の目いっぱいの買いはいけませんが
  信用取引の目いっぱいの売買は、墓穴を掘ることになりかねません。
  くれぐれも実戦チャートの勉強の教材としてお使いください。

1/16ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

1/17現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24終値3975円▼105円 この時点で相場は崩れた(1/24記)
1/24下落注意サイン②

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 225採用銘柄 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
2/6大幅増額修正発表によりトレンド変化(2/7記)

3086Jフロント 225採用銘柄 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

買ってはいけない銘柄1/24

9932杉本商事 1/24終値1483円△1円 1/24記
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②

7201日産自動車 1/24終値1122.0円 ▼13.0円 1/24記
現在個別銘柄指数表算出前の為売買サインは不明ですが
今後下値模索する感じがします。

買ってはいけない銘柄2/3記

8703カブドットコム証券 2/3記
1/24下落注意サイン①
2/2下落注意サイン②
切り返しに転じた時に(次の反発)空売り検討

7246プレス工業 2/3記
2/2下落注意サイン①②
次の反発530円~535円水準を空売り検討

8233高島屋 2/3記
1/23下落注意サイン①
1/31下落注意サイン②
次の反発970円水準を空売り検討

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記)
 1/26ロスカット買戻し405円 ▼26円の損だし
8282ケーズHD 寄付き2040円 信用新規売り(1/24記)
 持続中


日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見を境に
楽観論は終りました。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円
その後の高値1/10高値600円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)
その後の高値2/1高値7580円

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?
その後の高値1/10高値1199円

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)
その後の高値12/12高値588円
2/3安値461円は再び底値水準今後の突込みは妙味あり
450円~465円で第一弾の買いその後15円刻みで買い下がりが有効(2/7記)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)
その後の高値12/21高値1040円

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)
その後の高値12/14高値1147円

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
売り目標870円~900円
その後の高値1/10高値903円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円
その後の高値1/10高値10645円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)
その後の高値1/27高値」3190円

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
レンジ上限660円
レンジ下限500円
その後の高値2/6高値775円上昇トレンド継続中

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
下値メド①1300円
下値メド②1200円
その後の安値11/9安値790円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
ハイリスク目標株価1600円~1800円?
その後の高値1/18高値1797円

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
売り目標①4500円
売り目標②4800円
その後の高値1/6高値4010円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円
その後の高値12/1高値3055円
その後下値模索中2/7安値2657円
下値メド2500円~2600円(2/7記)

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
ハイリスク目標株価170円~200円?
その後の高値12/2高値157円

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
売り目標650円~700円
その後の高値2/2高値679.5円

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円
その後の高値2/7高値5884円トレンドは生きています

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円
その後の高値1/20高値6135円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
戻りメド3200円
その後の高値12/15高値3125円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)
その後の高値1/6高値269円

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
戻りメド①2000円
戻りメド②未定
その後の高値1/10高値1767円

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
戻りメド①1680円
戻りメド②未定
その後の高値2/2高値1674円

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定
その後の高値12/19高値4615円

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定
その後の高値2/3高値1529円

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
戻りメド①1000円
戻りメド②未定
その後の高値1/6高値920円
2/7安値811円今後の突込みは買い妙味あり
下値メド750円~780円(2/7記)


2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

2/10日米首脳会談まで不透明相場

2月6日(月)16:00

大引け

日経平均株価

19069.72(9:00)

19075.57(9:03)

18899.40(12:53)

18976.71(15:00)

前日比△56.51 +0.31%

TOPIX

1528.89(9:00)

1530.16(9:03)

1515.34(12:52)

1520.42(15:00)

前日比△5.43 +0.36%


日経平均株価は小幅高で続伸

先週末のNYダウは大幅反発し5営業日ぶりに20,000ドル台回復
欧州主要市場も堅調に推移しました
欧米株高を背景に買い優勢で始まりました
トランプ大統領が金融規制改革法(ドットフランク法)の
見直しに関する大統領令に署名したことで米国金融株が上昇
日本の金融株もその流れを受けて上昇
寄付き時点で19,000円を回復しました

寄付 19069.72(9:00)△151.52

高値 19075.57(9:03)△157.37

寄り付き直後の買い一巡後は
為替が1ドル112円台前半の(10:31 112.21円)円高水準
上げ幅を急速に縮小して前引けを迎えました

後場になると下値模索の展開となりマイナス圏に転落18900円を
下回る場面がありました

安値 18899.40(12:53)▼18.80

再びプラス圏に浮上しましたが、大きく買い上がる動きはなく

大引 18976.71(15:00)△56.51

日経平均株価は小幅高で続伸して引けました

1/10日米首脳会談を目前に方向感の乏しい市場環境になりそうです。


人工知能AI関連銘柄
2352エイジア 1741円買い 
2/6終値2450円 
1/25以降誰かが買っていましたが、2/1にようやく上放れました。
3営業日高値圏で張り付いており、本日上昇第二波動に入りました。
売り目標1 2300円~2500円(到達)
売り目標2 2700円以上(2月中) 

越境EC関連銘柄
3195ジェネレーションパスが先週末から動き出しています。
2/6終値924円
この銘柄は買った後、上がっても単発で終わりなかなか
上昇しませんでしたが今回に期待します。
しかし、勢いがなくなったり、出来高が増加しなければ
即刻成り行きで手仕舞います。
売り目標 未定 いつでも手仕舞えるようスタンバイ

2183リニカルが再び動き出しそうな感触です。
2/6終値1310円
明日以降に期待
売り目標 未定 今週結論

5726大阪チタニウム 5727東邦チタニウム不気味な動きが続いています。
持続して様子見とします。

小ロットの資金でヒットを狙います。
現金ポジションは高めたままで行います。
大きく利食える場面ではありませんので、腹6分目で臨みます。

人間は「腹八分目に医者いらず」
相場の世界は「腹八分目 腹6分目 儲けそこないは良し」
今は腹6分目で十分です。

今は大きく稼ぐ場面ではありません。
大きく稼ぐチャンスは暴落、大幅下落の局面です。
次のピンチを待ち、大きなチャンスにします。

今年も波乱の年になることを前提に投資に臨みます。


コメントをいただきました。

日米成長雇用イニシアチブ
いつもご指導を頂き感謝しております。
日米首脳会談に向け米国への経済協力の原案が
2日明らかになり次のようなものと報じられました。
イニシアチブは
(1)米国内での世界最先端のインフラ実現
(2)世界のインフラ需要の開拓
(3)ロボット・人工知能(AI)の共同研究
(4)サイバー・宇宙における共同対処
(5)雇用と防衛のための対外経済政策連携―の5本柱。
 
これによる日本国内企業銘柄ではどのようなものが
恩恵を受ける対象となりますでしょうか?
なんだか金だけ出して国内企業は潤わないのではないか・・と思ったり
改めてどのような銘柄を選べばよいのか・・と思案しております。
ご体調がすぐれない折恐縮ですがご教示いただきたくお願いいたします。

コメントありがとうございます。
トランプ大統領が就任して2週間以上経過しました。
トランプ大統領の様々な言動に世界中が戸惑っています。

メキシコに対し、犯罪者対策に「米軍を送ってもいい」
オーストラリアに対し、「最悪だ」と言って一方的に電話首脳会談を打ち切る。
イランに対し、軍事行動「排除しない」
多くの暴言により世界は困惑しています。
任期期間4年のうち就任後まだ2週間でこの状態ですから、先が読めない状況が
今後も続くことは覚悟しなければなりません。
安倍総理も稀代の政治家ですので、うまく立ち回ることに日本国民として
大いに期待しますが、期待だけでは投資には勝てません。

トランプ大統領について様々なメディアが、様々な評論家と称される方々の
意見や見通しを報道していますが、これもまた予想して山をはっても
仕方ないことと思います。
私は予想ではなく、将来必ずおこりうることを考え投資に取り入れていく方針です。
日米首脳会談に向け米国への経済協力の原案に関係なく
先進各国は第4次産業革命の派遣を国レベル、企業レベルで先行投資しています。
どの国もどの企業も
FA化(ファクトリーオートメーション)
ロボット、IOT、AI を中心に
今後あらゆる分野で、人間の作業が機械やロボットに置き換えられていくことは
間違いありません。
ファナック、安川電機は世界的なロボットメーカーですが、今後数年後には
AI、IOTを駆使してロボットがロボットを作るようになります。
トヨタを始め、世界の工場は、さらにFA化が進み人手不足、人件費上昇の影響を
受けにくい産業構築を目指しています。

最終的にはAIとIOTとロボットにより供給される世界になっていくことは
間違いありません。
第4次産業革命がものすごい勢いで動き出しています。
「矢は放たれている」のです。
もう後戻りはありません。

日本の国力を上げる様々な新産業と投資テーマ
2020年東京オリンピックまでに新産業バブルが来ることを想定
フィンテックブロックチェーン、ロボット、人工知能、ドローン、自動運転
バイオ再生医療、IoT、電子教科書、遠隔診療、VR Virtual Reality 仮想現実
AR Augmented Reality 拡張現実 、有機EL、ランサムウエア、5G、越境EC
BPP(バーチャルパワープラント) 植物工場 電線地中化
上下水道老朽化関連銘柄(インフラ)

ご期待にそえるようなご返事ではありませんが
第4次産業革命に向かい「矢は放たれている」のです。
絶対に後戻りはありません。

日米成長雇用イニシアチブ 日米首脳会談に向け米国への経済協力の原案に関係なく
志ある日本企業は、新産業と投資テーマに選択と集中を進めています。
上記テーマに沿った中心銘柄のリストに基づき、次の暴落、急落時に買い
株価倍増を目標に投資戦略を構築する方針です。
現在の株価水準でテーマ性のある銘柄を買っても大底ではありませんので
大きくは取れません。
今は現金ポジションを高めたまま小ロットでのヒット狙いといった感じです。
今年来るであろう暴落、急落の場面でホームラン(株価倍増)を狙います。

今はなかなか儲けられません。
コメント欄で最近の売買された銘柄はどのような銘柄か教えていただけませんか
というコメントをいただきました。
以下の内容です。
欲を出せば下落してしまい、単発高か更なる上昇かこれは誰にもわかりません。
「腹八分目 腹6分目 儲けそこないは良し」
で売買結果、過去は振り向かないようにしています。
人生修行といいますが、死ぬまで日々精進し修行の道を進むまでです。


12月~直近

1803清水建設 9/20寄付き買い896円 12/2寄付き1050円売り 

1896大林道路 9/20寄付き買い617円 12/2寄付き709円売り

3454ファーストブラザーズ 買いコスト1916円 12/1 1930円売り

3445RSTECH 10/27寄付き3375円買い 12/9 4200円売り

4726ソフトバンクテクノロジー10/28買い3500円 12/12 3525円手仕舞い

3692FFRI 買いコスト3285円 12/21 4245円利食い

3653モルフォ 買いコスト4950円 12/29 5295円売り

3692FFRI 12/26寄付き買い3950円 12/29 4065円売り

6034MRT 1552円買い 12/29 1731円売り

3933チエル 買いコスト1225円 12/29 1558.5円売り

6656インスペック 10/7 1190円買い 12/29 1353円売り

6077Nフィールド 10/13寄付き買い1410円 12/29 1419円売り

7148FPG 12/12寄付942円買い 12/29 1019円売り

2413エムスリー 買いコスト2759円 12/29 2935円売り

3769GMOPG 12/19寄付き4200円買い 12/29 5050円売り

3076あいHD 12/20寄付き2275円買い 12/29 2339円売り

3064MonotaRo 12/19寄付き2352円買い 12/29 2431円売り

3541農業総合研究所 12/19寄付き4780円買い 12/29 5690円売り

6034MRT 1/5寄付き1740円買い 1/12 1764円手仕舞い

3691リアルワールド 1750円買い 1/11 2076円利食い

2158FRONTEO 10/3寄付き770円買い 1/11 895円利食い

3686DLE 買いコスト650円 1/12 762円利食い

3852サイバーコム 10/26寄付き903円買い 1/11 1021円利食い

6185ソネットメディア 10/26寄付き1965円買い 1/11 2117円利食い

2440ぐるなび 12/20寄付き2281円買い 1/12 2414円利食い

3692FFRI 1/4 4030円買い 1/17寄付き4205円利食い

3696セレス  買いコスト1575円 1/17寄付き1825円利食い

2124JACリクルート 1116円買い 1/17寄付き1350円利食い

9419ワイヤレスゲート 1622円買い 1/17寄付き1751円利食い

2148ITメディア 1/5 626円買い 1/16 641円利食い

6192ハイアス&CO 1/5 1286円買い 1/26 1563円利食い

3688VOYAGE 買いコスト1488円 1/27 1632円利食い

5301東海カーボン 1/24信用新規売り379円 1/26買戻し405円 ▼26円

3933チエル 1/5寄付き1579円買い 2/2 1619円手仕舞い

6656インスペック 1/5寄付き1368円買い 2/2 1601円利食い

6063EAJ 10/7 1585円買い 2/1 1661円利食い

3769GMOPG 1/4 5210円買い 2/2 6000円利食い

6199セラク 1/5 2938円買い 2/1 3835円利食い

3328BEENOS 買いコスト1504円 2/3 1558円手仕舞い

2148ITメディア 1/27 569円 570円買い 2/3 650円 651円利食い



トランプ大統領の日々の言動に為替、株価が上下に振れることになりそうです。
2月10日 日米首脳会談で結果が判明するまでは、日本株は大きく動けません。
野村証券以外の証券株は、個人投資家の売買参加減少を背景に、収益が急速に縮小
野村証券以外は下降トレンド継続中。
買いは見送りが妥当です。

次回の更新は2/7(火)20:00~21:00ごろ更新予定です。

トランプ大統領のイスラエル政策(米国大使館移転問題)で
波乱が起きるかもしれません。
米国大使館のエルサレム移転に言及した発言があれば
世界中で物議が巻き起こることになり、地政学リスクが高まります。(2/1記)

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。(1/23記)

買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:初心者の方は安易に信用取引を行わないでください。
  目いっぱいの空売りは目いっぱいの信用買いより危険です。
  現物の目いっぱいの買いはいけませんが
  信用取引の目いっぱいの売買は、墓穴を掘ることになりかねません。
  くれぐれも実戦チャートの勉強の教材としてお使いください。

1/16ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大


1/17現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24終値3975円▼105円 この時点で相場は崩れた(1/24記)
1/24下落注意サイン②

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 225採用銘柄 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

3086Jフロント 225採用銘柄 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

買ってはいけない銘柄1/24

9932杉本商事 1/24終値1483円△1円 1/24記
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②

7201日産自動車 1/24終値1122.0円 ▼13.0円 1/24記
現在個別銘柄指数表算出前の為売買サインは不明ですが
今後下値模索する感じがします。

買ってはいけない銘柄2/3記

8703カブドットコム証券 2/3記
1/24下落注意サイン①
2/2下落注意サイン②
切り返しに転じた時に(次の反発)空売り検討

7246プレス工業 2/3記
2/2下落注意サイン①②
次の反発530円~535円水準を空売り検討

8233高島屋 2/3記
1/23下落注意サイン①
1/31下落注意サイン②
次の反発970円水準を空売り検討

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記)
 1/26ロスカット買戻し405円 ▼26円の損だし
8282ケーズHD 寄付き2040円 信用新規売り(1/24記)
 持続中

117円台~118円台日経平均株価19,500円~
115円台~116円台前半 居心地の良い水準
114円台前半黄色信号 
113円台半ば 日経平均株価19,000円の攻防18,900円~19,100円
              113.23円→1/17安値18812.86円
111円~112円台日経平均ネックライン18,500円
              112.58円→1/18安値18650.33円
2月上旬
112円台前半 18,800円台

円安、米国株高=日本株上昇
円高、米国株堅調=日本株安
円高、米国株安=日本株大幅下落

日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見を境に
楽観論は終りました。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

2/10日米首脳会談まで不透明

2月3日(金)15:40

大引け

日経平均株価

18996.74(9:00)

19061.26(9:24)

18830.89(11:26)

18916.20(15:00)

前日比△3.62 +0.02%

TOPIX

1515.83(9:00)

1523.61(10:56)

1509.47(11:26)

1514.99(15:00)

前日比△4.58 +0.30%


週末2/3(金)日経平均株価は小反発

海外時間で112円台前半まで進んだ円高は
112円台半ばまで切り返しため日経平均株価は
反発して寄り付きました

寄付 18996.74(9:00)△82.16

寄り後節目である19,000円台を回復する場面がありましたが

高値 19061.26(9:24)△146.68

日銀が通知した国債買い入れオペ(公開市場操作)をきっかけに
債券市場下落、金利上昇、ドル円相場が112円半ばまで急速に円高が進むと
日経平均株価はマイナス圏に転落し下げ幅を拡大して前引けになりました

安値 18830.89(11:26)▼83.69

日銀が指値オペ実施によりプラス圏に浮上
10年債利回りの思惑で本日の日経平均株価は動きました

大引 18916.20(15:00)△3.62

日経平均株価は小反発して引けました


連日のようにトランプ大統領関連のニュースが報道され
そのたびに為替も株価も乱高下します。
海外短期筋の先物主導売買が今の日本市場の中心になっています。
1秒間に数千回の売買で、日本市場は踊らされている状態で
トランプ大統領が発言したことをネタに瞬時に為替、株価が動きます。
個人投資家が海外短期筋と闘っても勝算はありません。
海外短期筋と闘う必要もありませんし、戦わずに海外短期筋の
影響を受けにくい投資スタイルに特化するのが最善と思います。

特定の有力投資家介入や小型株ファンド介入思惑の銘柄を中心に
銘柄を絞り込み、ホームランではなくシングルヒットを狙っています。
腹6~8分目 利食い千人力が今の不透明な相場では有効になりますが
もう少しと欲をかくとやられてしまいます。

昨日1601円で利食った6656インスペックは、本日急落しました。
1444円▼145円
この銘柄はもっと上がりそうな気がしましたが、今の相場は
急騰、上昇に転じてもなかなか長続きしません。

底値水準から動意づいた(上放れた)初動水準を買うと
再び下方向に下落するケースが多く、上放れについて買った銘柄は
不発になっているものがあります。
難しい局面ですので、初心者の個人投資家は今の相場では
様子見が良いと思います。

私は買いポジションが少なくなりましたが、ここから買いたい銘柄は
今のところなく、下落注意サインが目に付く日々です。
日経平均株価はレンジ下限に近づいたため積極的に空売りは行いませんが
次に19400円水準になった時は、買ってはいけない銘柄の空売りを行うつもりです。
タイミングを見ながら、戻りの高値水準で「空売りの待伏せ」を狙います。

地銀株や百貨店株が崩れそうな雰囲気になっています。

空売りの注意点
日経225採用銘柄(225採用小型株)の日経平均先物主導の急騰時は注意です。
失敗例
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記)
 1/26ロスカット買戻し405円 ▼26円の損だし



腹6~8分目 利食い千人力

2148ITメディア 650円 651円で利食い

3328BEENOS 1558円利食い

8771Eギャランティーは連日小型株ファンドが買っているようです。
今月高値を付けるのではないかと思います。
「他力本願のババ抜き」小型株ファンドに株価を上げてもらい売り抜けます。


買ってはいけない銘柄2/3記

8703カブドットコム証券 2/3記
1/24下落注意サイン①
2/2下落注意サイン②
切り返しに転じた時に(次の反発)空売り検討

7246プレス工業 2/3記
2/2下落注意サイン①②
次の反発530円~535円水準を空売り検討

8233高島屋 2/3記
1/23下落注意サイン①
1/31下落注意サイン②
次の反発970円水準を空売り検討



次回の更新は2/6(月)16:00ごろ更新予定です。

トランプ大統領のイスラエル政策(米国大使館移転問題)で
波乱が起きるかもしれません。
米国大使館のエルサレム移転に言及した発言があれば
世界中で物議が巻き起こることになり、地政学リスクが高まります。(2/1記)

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。(1/23記)

買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:初心者の方は安易に信用取引を行わないでください。
  目いっぱいの空売りは目いっぱいの信用買いより危険です。
  現物の目いっぱいの買いはいけませんが
  信用取引の目いっぱいの売買は、墓穴を掘ることになりかねません。
  くれぐれも実戦チャートの勉強の教材としてお使いください。

1/16ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大


1/17現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24終値3975円▼105円 この時点で相場は崩れた(1/24記)
1/24下落注意サイン②

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 225採用銘柄 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

3086Jフロント 225採用銘柄 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

買ってはいけない銘柄1/24

9932杉本商事 1/24終値1483円△1円 1/24記
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②

7201日産自動車 1/24終値1122.0円 ▼13.0円 1/24記
現在個別銘柄指数表算出前の為売買サインは不明ですが
今後下値模索する感じがします。

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記)
 1/26ロスカット買戻し405円 ▼26円の損だし
8282ケーズHD 寄付き2040円 信用新規売り(1/24記)
 持続中

117円台~118円台日経平均株価19,500円~
115円台~116円台前半 居心地の良い水準
114円台前半黄色信号 
113円台半ば 日経平均株価19,000円の攻防18,900円~19,100円
              113.23円→1/17安値18812.86円
111円~112円台日経平均ネックライン18,500円
              112.58円→1/18安値18650.33円

円安、米国株高=日本株上昇
円高、米国株堅調=日本株安
円高、米国株安=日本株大幅下落

日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見を境に
楽観論は終りました。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

高値圏の往来相場

2月2日(木)20:30

大引け

日経平均株価

19152.79(9:00)

19170.63(9:06)

18866.80(14:56)

18914.58(15:00)

前日比▼233.50 -1.22%

TOPIX

1530.08(9:00)

1530.72(9:03)

1507.08(14:56)

1510.41(15:00)

前日比▼17.36 -1.14%


値上がり銘柄数 296


値下がり銘柄数 1634


新高値銘柄数 110


新安値銘柄数 4


騰落レシオ25D 93.6


日経平均25D乖離率 -1.45


TOPIX25D乖離率 -1.41


日経平均株価は大幅反落

前日のNYダウは反発
日経平均株価は続伸して小幅高で始まりました

寄付 19152.79(9:00)△4.71

高値 19170.63(9:06)△22.55

ドル円相場がジリジリと円高方向に振れ
日経平均株価はマイナス圏に転落
その後も日経平均は下値を切り下げ
後場になると先物主導で下げ幅を拡大

安値 18866.80(14:56)▼281.28

日経平均株価は大幅反落して引けました

大引 18914.58(15:00)▼233.50


明日は安倍総理とトヨタ自動車豊田章男社長の
2/10日米首脳会談に向けた会談があり、市場の関心は
来週末の日米首脳会談に焦点が集まります。

日経平均株価はレンジ内の値動きになっています。
直近高値1/27H19486.68円
直近安値1/18L18650.39円

海外投資家は2週連続で売り越しになり、安値では
日銀ETFの買い支えが今のところは有効になっています。
もっともメインプレーヤーの海外短期筋が大量の売り物を
浴びせてくると日銀の買い支えだけでは下値は維持できなくなります。

日経平均株価大引 18914.58円(15:00)▼233.50円
15:00時点のドル円相場 112.58円-112.59円
今晩の海外時間で円相場がさらに円高方向に進むと
日経平均先物が売られ、レンジ下限に近付く場面があるかもしれません。

腹八分目 利食い千人力 儲け損ないは良し
本日も利食えるものは欲をかかずに利食いました。

6656インスペック 後場寄り1601円利食い

3933チエル 寄付き1619円利食い

1769GMOPG 売り指値6000円約定

8771Eギャランティーは本日ザラバ高値2945円△151円まで
買われる場面がありましたが、全く気が付かつきませんでした。
明日の地合いを見て判断します。
今月3000円以上になる感じはしますが。

2148ITメディア 625円△45円
先週の安値付近をヒット狙いで買いましたが本日窓を開けて
出来高急増株価上昇。
明日の地合いを見たうえで判断します。

3328BEENOSは1595円△63円まで買われる場面がありましたが
これも全く気が付かず、明日の地合いで判断します。

トランプ大統領発言、海外短期筋の動向に振り回せれたくないため
さらに現金ポジションを高める方向で相場に臨んでおります。
今の相場環境では、小型株で小幅利食いが精いっぱいです。
50%以上利食える場面ではないため、無理をしないことが肝要です。

決算発表で買われる銘柄と売られる銘柄が明暗を分けています。
私の直近買った8889アパマンは1/30の減額修正で底割れしてしまいました。
この銘柄は10中8、9儲かると思っていましたが、減額修正の
地雷を踏む結果になりました。

2148ITメディアは、1/10高値701円まで買われる場面があったものの
その後反落し、前回は薄利での利食いになったため
再投資の今回は腹6分目程度で利食う予定です。

今の相場は、上昇してもなかなか続かず、すぐに急落してしまいます。
6063EAJは利食って正解でした。
他の銘柄は様子を見たものは下がってしまったため
次の戻りでは確実に利食い千人力とします。

腹八分目ではなく、腹6分目で儲けそこないは良しとするべきなのかもしれません。



コメントのご返事をいたします。

はじめまして。最近ブログを発見して読ませていただいております。
1月19日に大東建託が年初から安くなってきたところで
16685円で買ったのですが、さらに益々安くなっているので損切りしようか
そのまま持ってみるか迷っています。
上昇トレンドが終了してさらに下を目指すと思われますか?
是非ご意見よろしくお願いします。

コメントありがとうございます。
11/1高値17910円
12/1高値18000円
1/6高値18170円
三尊天井形成
1/12下落注意サイン①
1/13下落注意サイン②
現在下値模索中
下値メド①15570円
下値メド②15025円
下値メド①か②で下げ止まると考えます。

ご自身でご判断下さい。


ブロンコビリー(買値2,990円)を損切りするか戻りを待つか迷っています。
また、サイバーダイン(買値1,731円)は長期保有したいと思っています。
ご多忙中申し訳ございませんが、先生のご意見をお聞かせいただければと願っております。

コメントありがとうございます。
3091ブロンコビリーは、1/18発表の今期予想を引き下げたため
1/18以降レンジ下限を割り込み下値模索になっています。
外食産業で利益率NO1で、今後も出店は続き成長は続く見込みです。
17/12期予想EPS145.97円
145.97円×18=2627円 レンジ下限
145.97×23.5=3430円 レンジ上限

株価は、7/11高値3645円天井形成後調整局面入り
おそらく今月に2017年の安値を付けると考えます。
10%ロスカットルールがあるのでしたらそれに従うのが良いですが
今投げると底を投げさせられる形になると考えます。

ステーキの炭火焼、かまどで炊いた魚沼産コシヒカリ、サラダバーが売り物で
私の自宅付近のブロンコビリー店舗は連日盛況です。
近隣の商売敵の「K」「I]は閑古鳥が鳴いているほどです。

今後も成長が続きそうです。
今後ファンドが買ってくれば2017年高値、2018年高値は
3645円を超えると考えます。



次回の更新は2/3(金)16:00ごろ更新予定です。

トランプ大統領のイスラエル政策(米国大使館移転問題)で
波乱が起きるかもしれません。
米国大使館のエルサレム移転に言及した発言があれば
世界中で物議が巻き起こることになり、地政学リスクが高まります。(2/1記)

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。(1/23記)

買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:初心者の方は安易に信用取引を行わないでください。
  目いっぱいの空売りは目いっぱいの信用買いより危険です。
  現物の目いっぱいの買いはいけませんが
  信用取引の目いっぱいの売買は、墓穴を掘ることになりかねません。
  くれぐれも実戦チャートの勉強の教材としてお使いください。

1/16ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大


1/17現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24終値3975円▼105円 この時点で相場は崩れた(1/24記)
1/24下落注意サイン②

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 225採用銘柄 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

3086Jフロント 225採用銘柄 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

買ってはいけない銘柄1/24

9932杉本商事 1/24終値1483円△1円 1/24記
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②

7201日産自動車 1/24終値1122.0円 ▼13.0円 1/24記
現在個別銘柄指数表算出前の為売買サインは不明ですが
今後下値模索する感じがします。

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記)
 1/26ロスカット買戻し405円 ▼26円の損だし
8282ケーズHD 寄付き2040円 信用新規売り(1/24記)
 持続中

117円台~118円台日経平均株価19,500円~
115円台~116円台前半 居心地の良い水準
114円台前半黄色信号 
113円台半ば 日経平均株価19,000円の攻防18,900円~19,100円
              113.23円→1/17安値18812.86円
111円~112円台日経平均ネックライン18,500円
              112.58円→1/18安値18650.33円

円安、米国株高=日本株上昇
円高、米国株堅調=日本株安
円高、米国株安=日本株大幅下落

日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見を境に
楽観論は終りました。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

欲をかかずに利食い千人力

2月1日(火)15:40


大引け

日経平均株価

18926.97(9:00)

19155.79(14:23)

18916.18(9:01)

19148.08(15:00)

前日比△106.74 +0.56%

TOPIX

1511.26(9:00)

1528.59(14:59)

1508.21(9:04)

1527.77(15:00)

前日比△6.10 +0.40%


日経平均株価は3日ぶりに反発

前日のNYダウは3日続落
トランプ大統領の日本を名指しで為替通貨安誘導発言から
海外時間で112円台前半まで円高が進行、売り優勢で始まりました
寄付き時点で19,000円の節目を割り込んでの始まりになりました

寄付 18926.97(9:00)▼114.37

安値 18916.18(9:01)▼125.16

寄り後円高一服となり日経平均株価は切り返しに転じ
下げ幅を急速に縮小、プラス圏に浮上しました
後場は113円台の円高を背景に上げ幅を拡大

高値 19155.79(14:23)△114.45

日経平均株価は3日ぶりに反発して引けました

大引 19148.08(15:00)△106.74


NYダウは前日、一時180ドル超まで下げ幅を広げ
1週間ぶりの安値水準で3日続落して引けました。
海外時間で112円台前半の円安を背景に日経平均株価は
売り優勢で始まりましたが、日本時間では112円60水準 
その後113円台に乗せ、昨日までの下落からの押し目買い
おそらく日銀ETF買いも入った観があり、切り返して引けました。

トランプ大統領の世界を巻き込む大暴走は今後も続きそうです。
その度に海外短期筋の先物主導の売買で日本市場は今後も
荒れることが予想されます。
現在の株価水準を考えますと、米国市場も日本市場も高値圏にあるため
今後の欧州リスクを考えますと一度調整局面があると考えるべきかと
思います。
直近はヒット狙いで少しだけ買っていますが、ヒット狙いの買いポジションも
徐々に減らす方向が無難なのかもしれません。

腹八分目 利食い千人力 儲け損ないは良し


6199セラク 寄付き3835円で利食い
1000円幅利食うつもりでしたが、腹八分目にしました。
大引けにかけて切り返したため、相場は明日につながりそうです。

6063EAJ 寄付き1661円で利食い
なかなか上がらず、上昇をじっと待っていましたが
9/14の急騰急落の前例があったため、「迷った時は売り」
のルールに従い寄付きで手仕舞いました。

2352エイジア 1741円買い 
本日窓を開けて上昇しました。
7月以降相場は枯れきっているため、さらに上があると期待しますが
本日の上昇が単発高かどうかは明日の場味を見ないとわかりません。

5726大阪チタニウム 東邦チタニウムと連動
買った後に減額修正に遭い非常に苦労した銘柄です。
12/8高値1868円を抜いて強い足取りになっています。
株価に勢いがあるためもうしばらく持続します。

5727東邦チタニウム 大阪チタニウムと連動
買った後に減額修正に遭い非常に苦労した銘柄です。
12/12高値893円を抜いて強い足取りになっています。
株価に勢いがあるためもうしばらく持続します。

6656インスペック
寄付きで利食うかどうか考え板情報を見たところ、買い優勢だったため
利食いは明日以降にします。
本日高値引けで終わったため明日につながるかもしれません。

3769GMOPG
1/10高値5820円を超えたため上方向に行く可能性が高まりました。
もう少し持続とします。

8771Eギャランティー
ほぼ間違いなく小型株ファンドの買いが入っているようです。
2500円買いコストの為、3,000円くらいになるまで放置しておくつもりです。
6か月定期預金感覚でしたが、3か月定期預金で利食えそうです。



3186ネクステージ 1600円で空売りのご返事
2016年6月安値598円からの長期上昇トレンド中です。
おそらく10/12高値1942円形成後の調整局面での空売りと思います。
売りコストから800円以上上昇しているためここからの判断は
非常に難しいところです。
1/27高値2530円で上げ一服感はありますが依然として
25日移動平均乖離率が+15%~+20%付近に推移しているため
強いとしか表現できません。
今期予想EPSは145.73円 PERは16.8倍で極端な割高感はありません。
ここまでこじれると策は限られてきます。
①25日移動平均線水準まで押したところを手仕舞う。
②1/27高値2530円を越えた時に手仕舞う。
本日現在では以上の策以外は考えられません。
①Or②のどちらに動くかは2月中旬ごろ判明すると思います。
その時点で迷ったら再度コメントをください。
空売りは、踏み上げ相場になったら致命傷になります。
次回以降はロスカットルールを設定してからになさってください。



次回の更新は2/2(木)20:00~21:00ごろ更新予定です。

トランプ大統領のイスラエル政策(米国大使館移転問題)で
波乱が起きるかもしれません。
米国大使館のエルサレム移転に言及した発言があれば
世界中で物議が巻き起こることになり、地政学リスクが高まります。(2/1記)

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。(1/23記)

買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:初心者の方は安易に信用取引を行わないでください。
  目いっぱいの空売りは目いっぱいの信用買いより危険です。
  現物の目いっぱいの買いはいけませんが
  信用取引の目いっぱいの売買は、墓穴を掘ることになりかねません。
  くれぐれも実戦チャートの勉強の教材としてお使いください。

1/16ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大


1/17現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24終値3975円▼105円 この時点で相場は崩れた(1/24記)
1/24下落注意サイン②

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 225採用銘柄 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

3086Jフロント 225採用銘柄 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

買ってはいけない銘柄1/24

9932杉本商事 1/24終値1483円△1円 1/24記
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②

7201日産自動車 1/24終値1122.0円 ▼13.0円 1/24記
現在個別銘柄指数表算出前の為売買サインは不明ですが
今後下値模索する感じがします。

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記)
 1/26ロスカット買戻し405円 ▼26円の損だし
8282ケーズHD 寄付き2040円 信用新規売り(1/24記)
 持続中

117円台~118円台日経平均株価19,500円~
115円台~116円台前半 居心地の良い水準
114円台前半黄色信号 
113円台半ば 日経平均株価19,000円の攻防18,900円~19,100円
              113.23円→1/17安値18812.86円
111円~112円台日経平均ネックライン18,500円
              112.58円→1/18安値18650.33円

円安、米国株高=日本株上昇
円高、米国株堅調=日本株安
円高、米国株安=日本株大幅下落

日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見を境に
楽観論は終りました。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1187)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR