2017-02

日経平均株価19,000円の攻防

2月8日(水)15:40

大引け

日経平均株価

18951.16(9:00)

19009.24(15:00)

18875.57(11:30)

19007.50(15:00)

前日比△96.82 +0.51%

TOPIX

1518.93(9:00)

1524.36(14:59)

1514.46(11:30)

1524.15(15:00)

前日比△8.00 +0.53%


日経平均株価は反発

前日の米国3指数上昇
欧州主要市場はフランス以外総じて堅調
前日急速に進んだ円高が一服となり
買い優勢で始まりました

寄付 18951.16(9:00)△40.38

日経平均株価は寄り後70円程度上昇する場面がありましたが
買い一巡後はマイナス圏に転落して前引けを迎えました

安値 18875.57(11:30)▼35.21
 
後場になるとジリジリと切り返しに転じ大引けにかけて
日経平均株価は19,000円台を回復、ほぼ高値圏で
反発して引けました

高値 19009.24(15:00)△98.46

大引 19007.50(15:00)△96.82


日経平均株価は、2/10(金)ミニSQを控え19,000円の攻防になっています。
決算発表を受けて上がる銘柄、売り込まれる銘柄の明暗が分かれています。
日米首脳会談を目前に控え連日上下幅が狭くなり、円高を横目で見ながらの
気迷い感が出ています。
高値 19009.24(15:00)△98.46
安値 18875.57(11:30)▼35.21
日経平均上下幅133..67円

SQ前日の明日は、先物主導で荒れる場面があるかもしれません。
しかし、日米首脳会談の結果が判明し、それを株価が反映するのは
2/13(月)ですので、方向性がはっきりするまでは、動かない方が
賢明といえます。

株式投資は丁半博打ではありませんのでイベントに賭けてはいけません。
迷った時分らない時に動くとたいていやられるものです。
米国株は堅調ですが、トランプ大統領の予測のつかない政策、外交に
ドル円相場、日本株相場は方向感のない状態が続いています。
日銀ETF買いを背景に海外短期筋も大きく売り崩す場面ではないため
目先は19,000円の攻防となり、その中で業績の良い銘柄を集中して買う動きは
しばらく続きそうです。

欧州政治リスクの季節も近づいていますので高めている現金ポジションは
そのまま維持し、持ち株は利食い千人力で臨みます。

2352エイジアは2/7高値2470円まで買われましたが押し目らしい押しもなく
非常に底堅い値動きになっています。
持続して様子見とします。

3195ジェネレーションパスは越境ECの人気銘柄で長期低迷していました。
直近動きが変化し始めています。
持続して様子見とします。

2183リニカルは現在レンジ内の値動きになっていますが
切り返しに転じる場面になるかもしれません。
持続して様子、盛り上がらなければ臨機応変に対処



コメント

いつもブログを拝見させて頂いております。
日本トリムのお見立てを伺いたくコメントさせてもらいました。
4200円で購入した玉の損切りを検討しております。
この状況での考え方をご教授頂けますでしょうか。
よろしくお願いします。

コメントありがとうございます。
6788日本トリムは下降トレンド最終局面で4,000円水準が
底値と思われましたが1/30減額修正により底割れしてしまいました。
主力の家庭用電解還元水整水器の風評被害で以前の様な成長性が
減速しているようです。
当社は無関係ですが、一部の水素水の報道が大々的に報じられたため
暫く厳しい状況は続きそうです。
値嵩株は下降トレンドに入り悪材料が出るととことん売り込まれます。
海外投資家の売り、ファンドの売りもかなり出たと思われます。
7/12高値8350円から直近安値2/1安値3860円まで54%の下落で
7か月近くの日柄調整、4490円幅の値幅調整になり
そろそろ底値に近付いているのですが、業績の急回復には
もう少し時間がかかりそうです。
設置面積40%減の透析装置共同開発等、医療関連への投資も進んでいますが
売上比率5%水準です。
1/30減額修正でほぼ悪材料出尽くし感がありますが
2/10日米首脳会談は全くわからず、欧州政治リスクの季節が迫り
全体相場の行方にも影響されます。

10%前後のロスカットルールが決まっているのでしたら
それに従うほかありませんが、このようなケースでは
今後ナンピン買い下がりは行ってはいけません。
今後の動向は、大株主のファンド、海外投資家次第の為なかなか予測できません。
2018年3月期は、17年3月期大幅減額修正で発射位置が低いため
増収増益になる可能性大ですので、余裕資金であれば持続するのも一策です。
多くの投資家は買いコスト5500円以上ですので、切り返しに転じた場合
4200円水準の戻りの可能性は十分考えられます。
前回の下落の規模は
2013/11/11高値9380円から2014/10/30安値2313円
ここまでは下がらないと考えますが、風評被害が完全に落ち着かなければ
底練りは続きそうです。
今後は四半期ベースの業績の動向で株価は動くことになります。

ご自身でご判断下さい。



次回の更新は2/9(木)20:00~21:00」ごろ更新予定です。

買ってはいけない証券株(2/7記) 
1部上場証券会社15社
8601大和証券G 下降トレンド入口
8604野村HD 海外での収益が好調 直近上昇に転じる
8609岡三証券G 横ばいに推移
8613丸三証券 下降トレンド 1/18決算発表大幅減額
8614東洋証券 下降トレンド
8616東海東京FHD 下降トレンド入口
8617光世証券 下降トレンド入口 1/23決算発表赤字
8622水戸証券 下降トレンド 
8624いちよし証券 下降トレンド
8628松井証券 下降トレンド
8698マネックスG 下降トレンド
8703カブドットコム 下降トレンド
8706極東証券 下降トレンド
8707岩井コスモ証券 下降トレンド
8708藍澤証券 下降トレンド

特に減額が大きい4社
8613丸三証券 
1/23下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価880円~900円

8614東洋証券 
1/24下落注意サイン1 2/2下落注意サイン2
下落目標株価230円~240円

8622水戸証券 
1/17下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価280円

8698マネックスG 
1/24下落注意サイン1 1/31下落注意サイン2
下落目標株価 260円~270円

トランプ大統領のイスラエル政策(米国大使館移転問題)で
波乱が起きるかもしれません。
米国大使館のエルサレム移転に言及した発言があれば
世界中で物議が巻き起こることになり、地政学リスクが高まります。(2/1記)

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。(1/23記)

買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:初心者の方は安易に信用取引を行わないでください。
  目いっぱいの空売りは目いっぱいの信用買いより危険です。
  現物の目いっぱいの買いはいけませんが
  信用取引の目いっぱいの売買は、墓穴を掘ることになりかねません。
  くれぐれも実戦チャートの勉強の教材としてお使いください。

1/16ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

1/17現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24終値3975円▼105円 この時点で相場は崩れた(1/24記)
1/24下落注意サイン②

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 225採用銘柄 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
2/6大幅増額修正発表によりトレンド変化(2/7記)

3086Jフロント 225採用銘柄 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

買ってはいけない銘柄1/24

9932杉本商事 1/24終値1483円△1円 1/24記
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②

7201日産自動車 1/24終値1122.0円 ▼13.0円 1/24記
現在個別銘柄指数表算出前の為売買サインは不明ですが
今後下値模索する感じがします。

買ってはいけない銘柄2/3記

8703カブドットコム証券 2/3記
1/24下落注意サイン①
2/2下落注意サイン②
切り返しに転じた時に(次の反発)空売り検討

7246プレス工業 2/3記
2/2下落注意サイン①②
次の反発530円~535円水準を空売り検討

8233高島屋 2/3記
1/23下落注意サイン①
1/31下落注意サイン②
次の反発970円水準を空売り検討

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記)
 1/26ロスカット買戻し405円 ▼26円の損だし
8282ケーズHD 寄付き2040円 信用新規売り(1/24記)
 持続中


日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見を境に
楽観論は終りました。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

2016年10/11~12/13まで銘柄研究1~銘柄研究25

銘柄研究1 JR九州上場関連銘柄
9001東武鉄道 10/11終値504円 10/11記
戻りメド①530円
戻りメド②550円~560円
その後の高値1/10高値600円

銘柄研究2 下降トレンド下げ最終局面2段階、3段階で買い下がりが有効
9616共立メンテナンス 10/13終値5900円 10/13記
戻りメド①7000円(11月上旬想定)
戻りメド②8000円(年内想定)
その後の高値2/1高値7580円

銘柄研究3 不気味なチャート ハイリスク
9619イチネンHD 10/13終値980円 10/13記
何らかの思惑で誰かが買っているようです。
ハイリスク目標株価1080円~1200円?
その後の高値1/10高値1199円

銘柄研究4 利息返還請求も峠を越え、買い下がりが有効
8572アコム 
10/17終値466円 10/17記
売り目標①500円(3カ月)
売り目標②550円(6カ月)
売り目標③600円(6カ月~12カ月)
その後の高値12/12高値588円
2/3安値461円は再び底値水準今後の突込みは妙味あり
450円~465円で第一弾の買いその後15円刻みで買い下がりが有効(2/7記)

銘柄研究5
8628松井証券 減額修正であく抜けか? 買い下がりが有効
10/18終値810円 10/18記
売り目標①850円(決算発表直後)
売り目標②900円(年内)
その後の高値12/21高値1040円

銘柄研究6 中段もち合い上放れか?
1802大林組 10/20終値1011円 10/20記
売り目標1100円前後(1カ月~3カ月)
その後の高値12/14高値1147円

銘柄研究7 JR九州上場で火がつくか?
9005東京急行電鉄 10/20終値763円 10/20記
売り目標870円~900円
その後の高値1/10高値903円

銘柄研究8 JR九州上場で火がつくか?
9020JR東日本 10/20終値9284円 10/20記
売り目標10,000円大台乗せ~10,300円
その後の高値1/10高値10645円

銘柄研究9 下げ最終局面
9039サカイ引越センター
10/26終値2231円 10/26記
戻りメド①2600円(3か月以内)
戻りメド②3000円(6カ月)
その後の高値1/27高値」3190円

銘柄研究10 当面はレンジ内での推移? 
7599IDOM(旧ガリバーインターナショナル)10/27終値532円 10/27記
レンジ上限660円
レンジ下限500円
その後の高値2/6高値775円上昇トレンド継続中

銘柄研究11 強い相場における売買サインの有効性 下降トレンド入りか?
3649ファインテクス 10/27終値1374円 10/27記
9/28高値1676円形成後反落
10/20下落注意サイン①
10/27下落注意サイン②
下値メド①1300円
下値メド②1200円
その後の安値11/9安値790円

銘柄研究12 不気味なチャート ハイリスク
5018MORESCO 11/8終値1479円 11/8記
ハイリスク目標株価1600円~1800円?
その後の高値1/18高値1797円

銘柄研究13
2753あみやき亭 11/16終値3875円 11/16記
10/11追撃買いサイン①
10/19追撃買いサイン②
売り目標①4500円
売り目標②4800円
その後の高値1/6高値4010円

銘柄研究14
3091ブロンコビリー 11/16終値2918円 11/16記
売り目標①3100円
売り目標②3300円~3500円
その後の高値12/1高値3055円
その後下値模索中2/7安値2657円
下値メド2500円~2600円(2/7記)

銘柄研究15 不気味なチャート
9726KNーETC 11/17終値137円 11/17記
ハイリスク目標株価170円~200円?
その後の高値12/2高値157円

銘柄研究16 社運を賭けた選択と集中
6501日立 11/18終値594.4円  11/18記
売り目標650円~700円
その後の高値2/2高値679.5円

銘柄研究17 好業績優良銘柄の逆襲
4452花王 11/21終値5100円 11/21記
戻りメド①5500円
戻りメド②5900円~6100円
その後の高値2/7高値5884円トレンドは生きています

銘柄研究18 好業績優良銘柄の逆襲
9432NTT 11/21終値4386円 11/21記
戻りメド①4700円
戻りメド②4800円~5000円
その後の高値1/20高値6135円

銘柄研究19 好業績優良銘柄の逆襲
9433KDDI 11/21終値2868.5円 11/21記
戻りメド3200円
その後の高値12/15高値3125円

銘柄研究20 子会社インクリメントP
6773パイオニア 11/22終値236円 11/22記
売り目標①300円
売り目標②330円~350円(人気化次第)
その後の高値1/6高値269円

銘柄研究21 注:底値ではないためリスクを伴います 
7779サイバーダイン 12/13終値1670円 12/13記
戻りメド①2000円
戻りメド②未定
その後の高値1/10高値1767円

銘柄研究22 注:底値ではないためリスクを伴います 
6656インスペック 12/13終値1435円 12/13記
戻りメド①1680円
戻りメド②未定
その後の高値2/2高値1674円

銘柄研究23 注:底値ではないためリスクを伴います 
3692FFRI 12/13終値3680円△185円 12/13記
戻りメド①4500円以上
戻りメド②未定
その後の高値12/19高値4615円

銘柄研究24 注:底値ではないためリスクを伴います 
2124JACリクルート 12/13終値1353円△57円 12/13記
戻りメド①1500円~1600円
戻りメド②未定
その後の高値2/3高値1529円

銘柄研究25 注:底値ではないためリスクを伴います 
2158FRONTEO 12/13終値895円△43円 12/13記
戻りメド①1000円
戻りメド②未定
その後の高値1/6高値920円
2/7安値811円今後の突込みは買い妙味あり
下値メド750円~780円(2/7記)


2017年 1/3以降

銘柄研究1
8771Eギャランティー 12/30終値2478円 1/3記
10期連続で最高益更新中 伊藤忠グループ
13/3期 36.17 10.31 10.48 5.79 57.23 17.50 実績
14/3期 37.37 13.00 13.19 7.06 69.15 22.00 実績
15/3期 40.65 15.38 15.62 9.05 88.19 28.00 実績
16/3期 44.22 18.29 18.57 11.12 107.77 34.00 実績
17/3期 50.00 20.50 21.50 12.80 123.70 34.00 予想値  
7/14 3335円高値形成後調整入り
12/19安値2390円(底値)とは断定できませんが
日柄調整期間6カ月以上経過
値幅調整 3335-2390=945円
10期連続で最高益更新を考えると時価で第一弾の買い
底割れに備えて200円刻みの買い下がりの準備ができれば
買いに分ありと考えます。
売り目標①2800円(3カ月)
売り目標②3000円(6カ月)
売り目標③3300円以上(年内)
海外投資家とファンドの買いを待ち
6か月定期感覚で投資に臨みたいところ

銘柄研究2
4577ダイト 1/5終値2312円 1/5記
原薬、医薬品メーカー 今期最高益予想
週足チャートをご覧ください。
8/5高値3440円
1/4高値3510円
4/13高値3455円
典型的な三尊天井形成後調整入り
8/31安値1997円
12/5安値1975円
Wボトム形成
12/20追撃買いサイン①
12/28追撃買いサイン②
2500円水準に200日移動平均線があります。
小型株ファンド介入待ちですが
2500円を突き抜けると2700円水準まで大きなしこりはありません。
売り目標①2700円(3カ月)
売り目標②未定
ファンド介入の場合3000円~3500円


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」


スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1087)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR