2017-05

膠着相場

5月31日(水)15:35

大引け

日経平均株価

19630.33(9:00)

19673.51(10:15)

19589.25(9:16)

19650.57(15:00)

前日比▼27.28 -0.14%

TOPIX

1568.22(9:00)

1571.40(10:15)

1565.25(13:43)

1568.37(15:00)

前日比▼4.30 -0.27%


日経平均株価は小幅ながら4日続落

前日の米国株軟調
1ドル110円台後半の円高が続いていることから
小安く始まりました

寄付 19630.33(9:00)▼47.52

安値 19589.25(9:16)▼88.60

中国のPMIが事前予想を上回ったことから
日経平均株価は下げ幅を縮小
後場の日銀ETF買い期待もあり前引けを迎えました

高値 19673.51(10:15)▼4.34

前引 19660.63(11:35)▼17.22

後場は狭いレンジでの推移となりました(上下幅42.24円)

後場高値19655.36(12:51)▼22.49
後場安値19613.12(13:44)▼64.73

日経平均株価は小幅ながら4日続落して引けました

大引 19650.57(15:00)▼27.28


本日は昨日に続きドル円相場が110円台後半の円高水準に
膠着したため、上にも下にも大きく動けず、切りあがっている
25日移動平均線が昨日に引き続き本日もタッチしました。
4/24以来、25日移動平均はプラスかい離しておりますが
明日以降マイナスにかい離しますとさらに上値が重くなってきます。
6月の米国利上げを前にして米国10年債利回りは低水準に位置したままで
この状況は、6/14FOMCまでは続くことを念頭に投資しなければなりません。

つまり、インデックスは狭いレンジでの推移、主力大型株も一部を除き
動きづらくなりそうです。
6月相場も前半は、個別銘柄に資金が循環物色するものと思われます。
難しい場面ですので、無理に売買する必要はありません。
益が出たものは利食い千人力として、買いポジションを
大きく高める場面でもありません。

近そうで遠い日経平均20,000円ですが
日本市場は、1にも2にも円安=株高ですので
110円台後半の膠着状態では身動きの取れないところです。

早いもので明日からは6月相場入りです。
今年はあと7カ月ありますので、どこかで膠着相場を抜け出して
ボトムピークを形成する場面があるでしょう。
難しい局面、分からない局面では、むやみに動く必要はありません。
休むこと、様子を見ること、立ち止まること
これも個人投資家の特権です。



コメントのご返事

インフラの電力会社についてご質問です。
従来あまり興味なかったのですが、
電力会社の北陸電力を怖いもの見たさで1000円近くでホールドしてます。
足元上昇トレンドにきておりますが、
今後どのように進むとお考えでしょうか。

コメントありがとうございます。
2015年6/2高値1970円 7/22高値1962円天井形成後
長期にわたり下降トレンドになりました。
2016年8/3安値1140円 11/9安値1132円のダブルボトムでも底が入らず
結局4/17安値993円が大底となりました。(週足参照)
以下は日足にて短期的判断
5/19追撃買いサイン①
5/22追撃買いサイン②
5/22 75日移動平均回復
戻りを試す展開になりました。
ここからが難しい場面です。
サプライズが出れば別ですが、大きな窓が待ち構えています。
1/30終値1267円 ~ 1/31寄付き1137円
つまり、1137円を超えても1267円になるのは一苦労ということです。
現在200日移動平均線が切り下がっていますので
これが次の戻りメドになります。
戻りメド①3/29高値1131円
戻りメド②2/13高値1169円~200日移動平均線
1130円を超えた水準では長期下降トレンドの戻り売りを待つ因果玉が
待ち構えているため、次の好材料待ちと考えます。


9984ソフトバンク
再度アドバイスお願いします。9984買値8600円宜しくお願いします。

コメントありがとうございます。
直近の上値の重い相場で、けん引役になっているコア銘柄は
9984ソフトバンクと7974任天堂です。
双方とも現在高値圏ですが、任天堂の方が上昇トレンド継続中です。
ソフトバンクも25日移動平均が上方向に向き
本日9:06に高値更新9084円 2013年12月以来の高値圏にあります。
1/27高値9066円を更新したため、しばらく持続して様子見が良いと考えます。
現在の上昇局面は、5/25の大陽線8834円△322円が基本に位置しています。
この大陽線の寄付きは8546円、つまり買いコスト付近ということになります。
本日現在の見通しをまとめますと
相場に勢いがある限り持続して様子を見る。
買いコスト付近まで下落した場合は、手仕舞とする。
このように考えます。


商社の株価
いつも拝見しております。
さっそくですが、商社全般今期は増配、増益にもかかわらず
株価はこのありさまです。 
その中で三菱商事についてコメントいただければ幸いです。

コメントありがとうございます。
商社株は昔から晩年割安株です。
EPSの高さに比べ万年低PER、配当利回り3%以上は
当たり前になっています。
株価はほぼ一方通行のトレンドになることが多く
トレンドで判断し株価の方向性につくのが良いと考えます。
8058三菱商事を例にしますと
2016年相場では前半が底値理の展開
底値買いサインは無し
8/3追撃買いサイン①
8/4追撃買いサイン②
その後天井売りサインは無し
2/2高値2705.5円天井形成
2/28下落注意サイン①②同時点灯
それ以降は下降トレンド継続中
下値メド①2200円
下値メド②2050円
下値メド1か2どちらで下げ止まるか現時点ではわかりませんが
次の上昇局面に入るためには海外投資家が買い参入しなければ
トレンド転換はできません。
好材料待ち、または海外投資家の本格参入待ちとなりますが
2200円水準はそろそろ下げ止まりになりそうです。
私が新規に買うとしたら、2050円前後になるかどうかはわかりませんが
このあたりで買い検討します。


以上3件のコメントについては本日現在の株価見通しです。
今後の市場環境、業績の推移で株価判断は
大きく変わることがありますのでご注意ください。


次回は、6/1(木)20:00~21:00ごろ更新いたします。

日経平均PERのレンジ13.5倍~16.5倍
17.0倍 買われすぎ
16.5倍 高値圏
15.0倍 適正水準
13.5倍 底値圏
13.0倍 売られすぎ

現在の日経平均EPSとPER
5/30 EPS1399.56円 PER14.06倍
5/29 EPS1400.89円 PER14.05倍
5/26 EPS1401.20円 PER14.05倍
5/25 EPS1401.21円 PER14.14倍
5/24 EPS1399.22円 PER14.11倍
5/23 EPS1398.95円 PER14.02倍
5/22 EPS1398.60円 PER14.07倍

2017年 
研究銘柄3 出遅れの水準訂正 (4/26記)
3696セレス 4/26終値1389円 
12月決算の為、現在の決算発表で減額修正リスクはありません。
フィンテックブロックチェーン関連銘柄として度々人気化しましたが
直近にかけて人気離散で底値模索の展開になりました。
4/13安値1,302円(暫定1番底)
その後1,400円を大きく超える動きは今のところなく底練りになっていますが
全体相場好転から、見直し買いが入る展開が予想されます。
時価近辺での買い
売り目標①1550円~1600円前後
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値1654円△156円 終値1574円△76円
5/9高値1654円まで買われる場面がありましたが
長い上髭を引いて引けました。
大底からの初動の上昇の為、もう少し持続で良いと考えます。

研究銘柄4 出遅れの水準訂正 (4/26記)
2928RIZAP 4/26終値820円
レンジ相場が続いています。
レンジ上限900円~923円
レンジ下限729円~777円
時価近辺での買い
売り目標①880円以上
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値879円まで買われる場面があり間もなく売り目標①です。
上げシロがもう少しあるように思えますが、欲をかきすぎず
腹8分目で対処すれば、相場の格言「利食い千人力」
残りの上昇分は他人におすそ分けくらいの余裕も必要です。
売り目標②900円前後
売った後の上昇 儲けそこないは良いのです。

研究銘柄5 悪材料出尽くし (5/7記)
6773パイオニア 5/2終値205円
17/3期減額修正 4/13安値193円 4/28安値198円
ダブルボトム形成なるか
買い目標200円~203円
売り目標①220円(1~3カ月)
売り目標②240円(3カ月)
売り目標③260円(年内)

研究銘柄6 連続最高益更新 (5/7記)
注:押し目がなければ買い見送り 
4709インフォメデベロプ 5/2終値1224円
5/2史上最高値更新5/2H1280円
この場合は、押し目買い有効です。
注:押し目がなければ買い見送り
買い目標 1170円以下(アンダーの買い指値)
売り目標 1300円以上(10%利食い)

研究銘柄7 3期連続営業増益予想 (5/7記)
4526理研ビタミン 5/2終値4205円
4/17安値3980円で目先底値確認
4500円まで戻り売りが出やすく上値は重いものの
そろそろレンジ下限から抜け出す時期か。
買い目標 4200円以下
売り目標①4500円
売り目標②4800円以上

研究銘柄8 株価横ばいからの脱却 (5/7記)
2413エムスリー 5/2終値2897円
買い目標 時価の押し目水準 出来れば2850円くらい
売り目標①3200円(1カ月)
売り目標②3500円以上(3~6カ月)
5/9追記
株価横ばいからの脱却し始めています。
3,000円台に乗せると機関投資家
個人投資家全員参加の上昇になりそうです。

研究銘柄9 値幅日柄調整完了 (5/7記)
3258ユニゾHD 5/2終値3060円
2016年5/13高値6160円形成後、値幅日柄調整
4/6安値2640円 2番底形成後の反発期待
5/1 追撃買いサイン①②同時点灯
買い目標 時価の押し目水準 出来れば3050円以下
売り目標①3380円(1~3カ月)
売り目標②3800円(3~6カ月)
売り目標③未定 人気化次第

研究銘柄10 不気味な日足(5/8記)
7927ムトウ精工 5/8終値565円
2月に大きく買われた銘柄で3/2高値584円形成後上値が重くなり
その後短期調整に入りました。
4/14安値464円で底打ちとなり、4/28以降連日陽線が立ち
強い足取りになっています。
ハイリスク銘柄の為注意が必要ですが相場は現在進行中で生きています。 
このままでは終わらない日足チャートです。
注:ハイリスクの為チャートの勉強にお使いください

研究銘柄11 レンジ下限のローリスク(5/9記)
3328BEENOS 5/9終値1361円
この銘柄はレンジ下限で買って2~3週間後
切り返したところを欲をかかずに売る銘柄です。
3月までは、レンジ下限が1420円水準でしたが
100円強切り下がりました。
買い目標は時価近辺の押し目狙い
売り目標①1460円前後
売り目標②1560円前後
欲をかきすぎると再びレンジ下限まで下がる場合があります。
腹8分目で欲を抑えれば手堅く利益が入る銘柄です。

研究銘柄12 機関投資家の注目銘柄
6702富士通 高値圏順張り(5/12記)
5/12終値788.6円
富士通の業績が激変しています。
17/3期実績  営業利益1288億6100万円 EPS42.8円
18/3期予想  営業利益1850億円    EPS70.0円
19/3期予想  営業利益1950億円    EPS72.5円
国内外機関投資家、個人投資家、全員参加型の相場展開が予想されます。
時価買い 
売り目標1,000円の大台乗せ

研究銘柄13
8572アコム 順張りの押し目買い(5/12記)
5/12終値485円
利息返還請求は月5,000件ペースでありますが峠は越えています。
18/3期は営業利益713億円 EPS40.2円
19/3期は営業利益750億円 EPS42.6円
時価近辺の押し目買い
売り目標①550円(3か月以内)
売り目標②600円(年内)
昔のサラ金とは違い、メガバンクトップの三菱UFJFGの子会社です。
三菱UFJFGに普通預金がある場合は、リスクを取って
8572アコム 順張りの押し目買いが妙味ありと考えます。

研究銘柄14 思惑含みの低位株
8922日本アセットM 5/23終値125円(5/23記)
ドン・キホーテグループ店舗を軸としたビル賃貸管理事業が主力
1/4高値187円からの値幅日柄調整は最終局面と想定
買い目標 時価近辺の押し目買い
売り目標①140円(1~3カ月)
売り目標②160円(3~6カ月)

研究銘柄15 リスクをとっての順張り
7989立川ブラインド 5/25終値1038円 (5/25記)
今期17/12期は、8期連続の増収増益見通しで
89年12月期の史上最高益を上回る見込みです。
5/25時点での連結予想PER11.1倍は、もう一段の
上昇があっても不思議ではありません。
今世紀最高値更新中のため、戻り売り圧力は一切なし
時価近辺の押し目買い
売り目標 人気化次第で未定
注:今世紀最高値更新中のためリスクを伴います

研究銘柄16
3687フィックスターズ 5/26終値3190円
1/6高値4045円 1/31高値4020円 ダブルトップ形成後調整入り
2/16下落注意サイン①
2/23下落注意サイン②
その後底値買いサインは無し
4/17安値2686円底値形成を確認
5/9 25日移動平均回復
5/23追撃買いサイン①
5/25追撃買いサイン②
5/25 75日移動平均回復
時価近辺押し目買い
売り目標①3500円~3600円
売り目標②人気化次第未定
注:底値圏ではありませんのでリスクを伴います

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

スポンサーサイト

個別銘柄の選別物色の流れ

5月30日(火)21:00

大引け

日経平均株価

19681.11(9:00)

19691.44(14:24)

19570.13(10:42)

19677.85(15:00)

前日比▼4.72 -0.02%

TOPIX

1569.80(9:00)

1573.44(14:51)

1562.78(10:42)

1572.67(15:00)

前日比△2.46 +0.16%


値上がり銘柄数 1092

値下がり銘柄数 751

新高値銘柄数 128

新安値銘柄数 72

騰落レシオ25D 140.9

日経平均25D乖離率 +0.56

TOPIX25D乖離率 +0.86


日経平均株価は小幅ながら3日続落

前日の米国、英国株式市場休場で市場参加者が少ない中
小幅続落で始まりました

寄付 19681.11(9:00)▼1.46

イタリアの総選挙前倒しへの警戒感やギリシャ債務問題の再燃
円が対ユーロで円高が進み、対ドルでも110円台に円安が進み
薄商いの中、じりじりと下げ幅を拡大

安値 19570.13(10:42)▼112.44

寄付き高値でほぼ安値圏で前引けを迎えました

前引 19576.19(11:35)▼106.38

後場になると為替の円高が一服となりじりじりと下げ幅を縮小し
一時プラス圏を回復する場面がありました

高値 19691.44(14:24)△8.87

日経平均株価は小幅ながら3日続落して引けました

大引 19677.85(15:00)▼4.72


本日は欧州リスクが再燃したため円が対ユーロ、対ドルで円高が進み
円高=日本株先物売り
15,600円台を割り込む場面がありました。
直近の膠着相場においては、1ドル110円台、日経平均株価19,500円水準が
岩盤になっており、切り返しに転じています。
本日の日経平均日足(ローソク足)は
通称トンボといい、
一旦は売りこまれたものの戻したローソク足。
底値圏で出てくれば相場の押し戻す力が大きくなってきたことを示しますが
現在は底値圏ではありませんので、為替のわずかな変動に株価が
連動していることがわかります。
1ドル110円台、日経平均株価19,500円水準が岩盤になっているため
底堅い足取りを表すトンボになりました。
5/18、5/19の日経平均日足(ローソク足)は、通称十字線といいますが
この時は19,500円の壁を意識して、為替と連動して切り返したため
その分が下ヒゲとなり、上値が重いことから上ヒゲになり
結局終値は寄り付き水準と同水準になったため、十字線になりました。
要するに日経平均株価は、円相場と連動しているため
1ドル110円台、日経平均株価19,500円水準を意識しての値動きが
続いているということになります。
日経平均EPS1400円水準を背景に、大きく売り崩すこともできず
111円水準の円高の高止まりから、上方向に買われることもありません。
それに加えて、前場のTOPIX下落率が0.4%を終えると日銀ETFが入るため
後場はじりじりと下げ幅を縮小しました。

再び欧州リスクがささやかれていますが、イタリアの政治不安や
金融機関不安、そして耳にタコができるギリシャ不安など
海外短期筋の売りネタですが、様々なリスクよりも円高が
日本株にとって最大の足かせになるということです。

円高の高止まりと様々なリスク要因はありますが、冷静に考えますと
日本企業の想定為替レートは、1ドル108円30銭水準です。
現在の為替水準はその上にあるため、19,500円の岩盤に守られています。
加えて本日の日経平均EPSとPERは EPS1399.56円 PER14.06倍
割安な日本株は、上値は重いものの下値も底堅いことがわかります。

日経平均PERのレンジ13.5倍~16.5倍
17.0倍 買われすぎ
16.5倍 高値圏
15.0倍 適正水準
13.5倍 底値圏
13.0倍 売られすぎ

現在の日経平均EPSとPER
5/30 EPS1399.56円 PER14.06倍
5/29 EPS1400.89円 PER14.05倍

このような状態は、未来永劫続きませんが、米国の6月利上げを目前に
米国10年債利回りが低水準にあるため、日米金利差が縮小傾向
ドル弱含み、円強含みになっています。

インデックスや大型株は一部を除き上値が重く膠着感が強くなっていますが
国内外ファンドや一部の個人投資家は動いています。
森(全体相場)を見ず木(個別銘柄)を見る相場展開になっています。

海外ファンドは、成長株で高ROE、国内外ファンドが
保有中の銘柄を物色しています。
ここで重要なことは、成長性があり高ROEが増加傾向ということです。
一例をあげますと
6869シスメックス 5/30終値6530円
連結ROE21.3% 連結予想ROE21.5%
2010年から7期連続で増収増益、最高益更新
2017/3期減収減益
2015年8/18高値8640円形成後は、ボックス相場
レンジ下限 5/24安値6080円 2/7安値6100円 16/12/9安値6010円
レンジ上限 5/9高値7300円 1/10高値7080円 16/9/23高値7670円      

今回は、5/24安値6080円を底に切り返しに転じる強い値動きになっています。
これは間違いなく国内外ファンドの買いと考えます。
5/26(金)レンジ下限からの大陽線となりました。
「底値水準での大陽線は買い」です。
セオリー通りに5/29寄り付き6310円で買いましたが
以下の水準を考えております。
戻りメド①6800円
戻りメド②7000円超

日米の金利差が縮小傾向にある間は、日経平均19,500円
ドル円相場110円台の岩盤が意識される相場展開が続きそうです。
個別銘柄を選別物色する流れはしばらく続きそうです。


コメントのご返事
6723と2158
先生お元気ですか?
毎日の欠かさずのブログ更新に感謝してます。
毎日の日課にしています。

今後もご無理のないところでご指導くだされば幸いです。
6753 ルネサンスエレクトロニクス。
買いコストは、980円
2158 フロンテオ
買いコストは、730円
ルネサンスは、調整に入ったのでしょうか?まだ相場は生きていますか?
フロンテオは、ようやく、活気ついたように感じますが先生のお見立ての売却は?
以上よろしくお願いいたします。

コメントありがとうございます。
6723 ルネサンスエレクトロニクス 買いコスト980円 の件
3/30高値1261円天井形成後値幅日柄調整入り
相場は下降トレンドに入りました。
もっともよくないのは、
5/12 1031円▼91円  5/15 1029円▼2円
この2本の大陰線です。
この大陰線をきっかけに相場は下方向を試す場面になりました。
5/19の通称トウバ
トウバは始値、終値が近い水準で高値が大きく上の水準にあり
上ヒゲが大きくついている状態。
ヒゲがトンボとは逆ですが、同じく日中の値動きが荒くなっている状態です。
この場合は、売りが優勢ということがわかります。
5/29 25D乖離率-12.70%
5/30 25D乖離率-12.96%
かなり良い水準まで売り込まれ、本日の下ヒゲの882円は
重要な200日移動平均線ラインのサポートがあります。
880円水準が下値メド①で明日以降これを維持できるかどうかです。
しばらくはこの水準でのもみ合いになってもよいのですが
さらに一段安した場合は、底割れになるため再度コメントをください。
その時点で最善策を模索します。

2158 フロンテオ 買いコスト730円の件
私も売買する銘柄ですが、今回の底値水準では買いそびれてしまいました。
昨年10/7高値1025円天井形成後、値幅日柄調整入り
4/17安値559円底値大底形成
5/1 25日移動平均回復
5/16 追撃買いサイン1
5/24 追撃買いサイン2
5/25、5/26戻りのメドの最大の難関200日移動平均の攻防になっています
5/29、5/30押しが入っていますが、本日現在は相場は生きています。
①800円以上は戻り売りが待ち構えているため、上に行くには
さらなる出来高増加が必要です。
②5/25の大陽線の安値713円を割り込み、75日移動平均線を割り込むと
戻りはいったん終了になります。
現在出来高減少傾向にあるため、数日中に5/26高値791円を更新しないと
上値が重くなりそうです。
本日お答えできることはこのくらいですので迷うようでしたら
後日再度コメントをください。

注:本日のコメント内容は今後の株価環境、企業業績の変化で
  方向性は大きく変化します。
  内容はすべて本日現在の投資判断です。 

いただきましたコメントが少したまってしまいましたが
明日以降順番にご返事させていただきます。


次回は、5/31(水)15:30ごろ更新いたします。

日経平均PERのレンジ13.5倍~16.5倍
17.0倍 買われすぎ
16.5倍 高値圏
15.0倍 適正水準
13.5倍 底値圏
13.0倍 売られすぎ

現在の日経平均EPSとPER
5/30 EPS1399.56円 PER14.06倍
5/29 EPS1400.89円 PER14.05倍
5/26 EPS1401.20円 PER14.05倍
5/25 EPS1401.21円 PER14.14倍
5/24 EPS1399.22円 PER14.11倍
5/23 EPS1398.95円 PER14.02倍
5/22 EPS1398.60円 PER14.07倍

2017年 
研究銘柄3 出遅れの水準訂正 (4/26記)
3696セレス 4/26終値1389円 
12月決算の為、現在の決算発表で減額修正リスクはありません。
フィンテックブロックチェーン関連銘柄として度々人気化しましたが
直近にかけて人気離散で底値模索の展開になりました。
4/13安値1,302円(暫定1番底)
その後1,400円を大きく超える動きは今のところなく底練りになっていますが
全体相場好転から、見直し買いが入る展開が予想されます。
時価近辺での買い
売り目標①1550円~1600円前後
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値1654円△156円 終値1574円△76円
5/9高値1654円まで買われる場面がありましたが
長い上髭を引いて引けました。
大底からの初動の上昇の為、もう少し持続で良いと考えます。

研究銘柄4 出遅れの水準訂正 (4/26記)
2928RIZAP 4/26終値820円
レンジ相場が続いています。
レンジ上限900円~923円
レンジ下限729円~777円
時価近辺での買い
売り目標①880円以上
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値879円まで買われる場面があり間もなく売り目標①です。
上げシロがもう少しあるように思えますが、欲をかきすぎず
腹8分目で対処すれば、相場の格言「利食い千人力」
残りの上昇分は他人におすそ分けくらいの余裕も必要です。
売り目標②900円前後
売った後の上昇 儲けそこないは良いのです。

研究銘柄5 悪材料出尽くし (5/7記)
6773パイオニア 5/2終値205円
17/3期減額修正 4/13安値193円 4/28安値198円
ダブルボトム形成なるか
買い目標200円~203円
売り目標①220円(1~3カ月)
売り目標②240円(3カ月)
売り目標③260円(年内)

研究銘柄6 連続最高益更新 (5/7記)
注:押し目がなければ買い見送り 
4709インフォメデベロプ 5/2終値1224円
5/2史上最高値更新5/2H1280円
この場合は、押し目買い有効です。
注:押し目がなければ買い見送り
買い目標 1170円以下(アンダーの買い指値)
売り目標 1300円以上(10%利食い)

研究銘柄7 3期連続営業増益予想 (5/7記)
4526理研ビタミン 5/2終値4205円
4/17安値3980円で目先底値確認
4500円まで戻り売りが出やすく上値は重いものの
そろそろレンジ下限から抜け出す時期か。
買い目標 4200円以下
売り目標①4500円
売り目標②4800円以上

研究銘柄8 株価横ばいからの脱却 (5/7記)
2413エムスリー 5/2終値2897円
買い目標 時価の押し目水準 出来れば2850円くらい
売り目標①3200円(1カ月)
売り目標②3500円以上(3~6カ月)
5/9追記
株価横ばいからの脱却し始めています。
3,000円台に乗せると機関投資家
個人投資家全員参加の上昇になりそうです。

研究銘柄9 値幅日柄調整完了 (5/7記)
3258ユニゾHD 5/2終値3060円
2016年5/13高値6160円形成後、値幅日柄調整
4/6安値2640円 2番底形成後の反発期待
5/1 追撃買いサイン①②同時点灯
買い目標 時価の押し目水準 出来れば3050円以下
売り目標①3380円(1~3カ月)
売り目標②3800円(3~6カ月)
売り目標③未定 人気化次第

研究銘柄10 不気味な日足(5/8記)
7927ムトウ精工 5/8終値565円
2月に大きく買われた銘柄で3/2高値584円形成後上値が重くなり
その後短期調整に入りました。
4/14安値464円で底打ちとなり、4/28以降連日陽線が立ち
強い足取りになっています。
ハイリスク銘柄の為注意が必要ですが相場は現在進行中で生きています。 
このままでは終わらない日足チャートです。
注:ハイリスクの為チャートの勉強にお使いください

研究銘柄11 レンジ下限のローリスク(5/9記)
3328BEENOS 5/9終値1361円
この銘柄はレンジ下限で買って2~3週間後
切り返したところを欲をかかずに売る銘柄です。
3月までは、レンジ下限が1420円水準でしたが
100円強切り下がりました。
買い目標は時価近辺の押し目狙い
売り目標①1460円前後
売り目標②1560円前後
欲をかきすぎると再びレンジ下限まで下がる場合があります。
腹8分目で欲を抑えれば手堅く利益が入る銘柄です。

研究銘柄12 機関投資家の注目銘柄
6702富士通 高値圏順張り(5/12記)
5/12終値788.6円
富士通の業績が激変しています。
17/3期実績  営業利益1288億6100万円 EPS42.8円
18/3期予想  営業利益1850億円    EPS70.0円
19/3期予想  営業利益1950億円    EPS72.5円
国内外機関投資家、個人投資家、全員参加型の相場展開が予想されます。
時価買い 
売り目標1,000円の大台乗せ

研究銘柄13
8572アコム 順張りの押し目買い(5/12記)
5/12終値485円
利息返還請求は月5,000件ペースでありますが峠は越えています。
18/3期は営業利益713億円 EPS40.2円
19/3期は営業利益750億円 EPS42.6円
時価近辺の押し目買い
売り目標①550円(3か月以内)
売り目標②600円(年内)
昔のサラ金とは違い、メガバンクトップの三菱UFJFGの子会社です。
三菱UFJFGに普通預金がある場合は、リスクを取って
8572アコム 順張りの押し目買いが妙味ありと考えます。

研究銘柄14 思惑含みの低位株
8922日本アセットM 5/23終値125円(5/23記)
ドン・キホーテグループ店舗を軸としたビル賃貸管理事業が主力
1/4高値187円からの値幅日柄調整は最終局面と想定
買い目標 時価近辺の押し目買い
売り目標①140円(1~3カ月)
売り目標②160円(3~6カ月)

研究銘柄15 リスクをとっての順張り
7989立川ブラインド 5/25終値1038円 (5/25記)
今期17/12期は、8期連続の増収増益見通しで
89年12月期の史上最高益を上回る見込みです。
5/25時点での連結予想PER11.1倍は、もう一段の
上昇があっても不思議ではありません。
今世紀最高値更新中のため、戻り売り圧力は一切なし
時価近辺の押し目買い
売り目標 人気化次第で未定
注:今世紀最高値更新中のためリスクを伴います

研究銘柄16
3687フィックスターズ 5/26終値3190円
1/6高値4045円 1/31高値4020円 ダブルトップ形成後調整入り
2/16下落注意サイン①
2/23下落注意サイン②
その後底値買いサインは無し
4/17安値2686円底値形成を確認
5/9 25日移動平均回復
5/23追撃買いサイン①
5/25追撃買いサイン②
5/25 75日移動平均回復
時価近辺押し目買い
売り目標①3500円~3600円
売り目標②人気化次第未定
注:底値圏ではありませんのでリスクを伴います

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

マイナス材料に無反応

5月29日(月)15:30

大引け

日経平均株価

19697.18(9:00)

19736.62(10:26)

19627.19(9:20)

19682.57(15:00)

前日比▼4.27 -0.02%

TOPIX

1569.93(9:00)

1575.05(10:26)

1566.41(9:20)

1570.21(15:00)

前日比△0.79 +0.05%

日経平均株価は小幅続落

先週末の米国市場 NYダウは小幅反落
ナスダックは小幅高と高安まちまちの方向感に欠ける展開
週明けの日経平均株価は小反発で始まりました

寄付 19697.18(9:00)△10.34

寄り後、北朝鮮の弾道ミサイル発射の地政学リスクで
一時売りに押されマイナス圏に転落する場面がありましたが

安値 19627.19(9:20)▼59.65

為替がやや円安に振れると再び浮上し

高値 19736.62(10:26)△49.78

19,700円台前半で前引けを迎えました

前引 19717.56(11:35)△30.72

今晩の海外主要市場休場で海外投資家の手控えから
後場は手掛かり材料難から狭いレンジでの推移となり
大引けにかけてマイナス圏に転落しました
日経平均株価は小幅続落して引けました

大引 19682.57(15:00)▼4.27


マイナス材料に無反応
本日早朝の北朝鮮の弾道ミサイル発射はニュース速報で報じられ
その後菅房長官の記者会見がありましたが、防衛関連の
6208石川製作所は、寄り付き1031円△37円で始まり
寄り付き天井の形になり前引けとなりました。
前引け1106円△12円

トランプ大統領のロシア疑惑は娘婿のクシュナー大統領上級顧問が
昨年12月の政権移行期にロシア施設を使って極秘の通信ルートを
開設できないかロシアのキスリャク駐米大使に打診していたと報じられました。
FBIは、米大統領選干渉疑惑に絡みトランプ陣営とロシアの共謀の有無を
捜査しており、クシュナー氏の動向が疑惑解明の焦点となる可能性が出てきました。
このことに対して米国株は無反応、日本市場も無反応になってきました。

現在の日本市場は、為替水準に連動して短期筋の売買が活発になります。
ドル円相場 111円割れは買い 112円は売り
以前とは違い、様々な外部環境に対しては無反応になってきました。
1にも2にも為替水準主導で、日本株は為替ドル円相場に連動しています。

このような市場でも、中小型株、新興銘柄への物色意欲は旺盛です。
インデックスが上値が重く手掛けづらく、個々の銘柄を見ると
好業績銘柄、テーマに沿った銘柄、成長銘柄等、投資妙味のあり銘柄があります。
個人投資家だけではなく、小型株ファンドが参入しています。
インデックスに連動しないため、海外短期筋の影響を受けにくく
投資妙味のある銘柄の多い中小型銘柄、新興銘柄循環物色の流れは
6月も続きそうです。

インデックス、大型株よりも好業績、テーマ性、成長性のある
中小型株、新興銘柄が優勢です。


コメントのご返事

2337いちご
以前ハイリスクとして書かれた事があると思いますが
(その頃は360円あたりだったかな)
現在320円あたりでの動き。
310円付近で何度か底をつけ、個人的には
ここ最近強いなという印象でそろそろ上に行くかな
と思うのですがどう思われるでしょうか? 

システムソフトのコメントありがとうございました
アセット126で買いました
今日129で買い増しましたが、140まで行ってほしいですね。

コメントありがとうございます。
直近のレンジ
下限 5/18安値308円 4/21安値307円 4/6安値302円
上限 5/10高値338円 4/19高値348円
ビル取得にかかる経費がかさみ、ビル投資の利益水準が低下しています。
1/10高値472円から値幅日柄調整 4/6安値302円で底入れ完了と想定。
この間に海外ファンドの売りも出尽くしたと思います。
17/2期が最高益となり、18/2期は減収減益見通しのため、大幅な利食いは
できませんが、レンジ下限に近付いたところは買いと判断します。
315円以下を待ち伏せすれば、かなりの確率で勝つことができると考えます。


オークネット
いつもブログで勉強させて
いただいております。
3964オークネットを上場初値で買い、
持続しております。
このところ商いが薄いながら
ジリ高が続いております。
先生の「利食い千人力」に習いましたら
いつでも良いかとは思いますが、
売り時としてはいかがでしょうか?

コメントありがとうございます。
中古車オークションでは4732USSが最大手で
こちらは実車オークションとネットオークションの2通りあり
3964オークネットは、ネットオークション専業です。
USSオークションは近年頭打ちになり、たまに実車オークションの会場
(横浜大黒ふ頭)に行くのですが、中東諸国を中心に外国人ディーラーが
非常に多く、まるで海外にいるような雰囲気です。
実際のオークションに出品される車の質は、ネットオークションの
3964オークネットの方が信頼度が高いのが現状です。
オークネットで4点のランクであればほぼ間違いなく程度の良い車ですが
4732USSの4点はばらつきがあります。
そのため実車を見ての判断になりますが、ネットオークションのオークネットは
実車を見ないで買うため、品質重視になっております。

この場合は、3964オークネットだけで考えるのではなく
業界最大手の4732USSの株価と併用してみる必要があります。
現在は、3964オークネット、4732USS両銘柄ともに上昇トレンドです。
売り時は、3964オークネット、4732USS両銘柄の日々の株価が重くなった時に
決断なさるのが良いと考えます。
注:一般の方はオークション会場には入れません
私の場合は、友人が外車ディーラーのため同行しビジター券1000円払えば入場できます。
オークネットも会員のみ閲覧可能です。

ジリ高が続いている間は、持続でよいと思います。
25日移動平均のプラスかい離率が縮小したとき、上値を追う勢いがなくなった時
その時には「利食い千人力」を決断なさる時です。


注:本日のコメント内容は今後の株価環境、企業業績の変化で
  方向性は大きく変化します。
  内容はすべて本日現在の投資判断です。 


次回は、5/30(火)20:00~21:00ごろ更新いたします。

日経平均PERのレンジ13.5倍~16.5倍
17.0倍 買われすぎ
16.5倍 高値圏
15.0倍 適正水準
13.5倍 底値圏
13.0倍 売られすぎ

現在の日経平均EPSとPER
5/26 EPS1401.20円 PER14.05倍
5/25 EPS1401.21円 PER14.14倍
5/24 EPS1399.22円 PER14.11倍
5/23 EPS1398.95円 PER14.02倍
5/22 EPS1398.60円 PER14.07倍

2017年 
研究銘柄3 出遅れの水準訂正 (4/26記)
3696セレス 4/26終値1389円 
12月決算の為、現在の決算発表で減額修正リスクはありません。
フィンテックブロックチェーン関連銘柄として度々人気化しましたが
直近にかけて人気離散で底値模索の展開になりました。
4/13安値1,302円(暫定1番底)
その後1,400円を大きく超える動きは今のところなく底練りになっていますが
全体相場好転から、見直し買いが入る展開が予想されます。
時価近辺での買い
売り目標①1550円~1600円前後
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値1654円△156円 終値1574円△76円
5/9高値1654円まで買われる場面がありましたが
長い上髭を引いて引けました。
大底からの初動の上昇の為、もう少し持続で良いと考えます。

研究銘柄4 出遅れの水準訂正 (4/26記)
2928RIZAP 4/26終値820円
レンジ相場が続いています。
レンジ上限900円~923円
レンジ下限729円~777円
時価近辺での買い
売り目標①880円以上
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値879円まで買われる場面があり間もなく売り目標①です。
上げシロがもう少しあるように思えますが、欲をかきすぎず
腹8分目で対処すれば、相場の格言「利食い千人力」
残りの上昇分は他人におすそ分けくらいの余裕も必要です。
売り目標②900円前後
売った後の上昇 儲けそこないは良いのです。

研究銘柄5 悪材料出尽くし (5/7記)
6773パイオニア 5/2終値205円
17/3期減額修正 4/13安値193円 4/28安値198円
ダブルボトム形成なるか
買い目標200円~203円
売り目標①220円(1~3カ月)
売り目標②240円(3カ月)
売り目標③260円(年内)

研究銘柄6 連続最高益更新 (5/7記)
注:押し目がなければ買い見送り 
4709インフォメデベロプ 5/2終値1224円
5/2史上最高値更新5/2H1280円
この場合は、押し目買い有効です。
注:押し目がなければ買い見送り
買い目標 1170円以下(アンダーの買い指値)
売り目標 1300円以上(10%利食い)

研究銘柄7 3期連続営業増益予想 (5/7記)
4526理研ビタミン 5/2終値4205円
4/17安値3980円で目先底値確認
4500円まで戻り売りが出やすく上値は重いものの
そろそろレンジ下限から抜け出す時期か。
買い目標 4200円以下
売り目標①4500円
売り目標②4800円以上

研究銘柄8 株価横ばいからの脱却 (5/7記)
2413エムスリー 5/2終値2897円
買い目標 時価の押し目水準 出来れば2850円くらい
売り目標①3200円(1カ月)
売り目標②3500円以上(3~6カ月)
5/9追記
株価横ばいからの脱却し始めています。
3,000円台に乗せると機関投資家
個人投資家全員参加の上昇になりそうです。

研究銘柄9 値幅日柄調整完了 (5/7記)
3258ユニゾHD 5/2終値3060円
2016年5/13高値6160円形成後、値幅日柄調整
4/6安値2640円 2番底形成後の反発期待
5/1 追撃買いサイン①②同時点灯
買い目標 時価の押し目水準 出来れば3050円以下
売り目標①3380円(1~3カ月)
売り目標②3800円(3~6カ月)
売り目標③未定 人気化次第

研究銘柄10 不気味な日足(5/8記)
7927ムトウ精工 5/8終値565円
2月に大きく買われた銘柄で3/2高値584円形成後上値が重くなり
その後短期調整に入りました。
4/14安値464円で底打ちとなり、4/28以降連日陽線が立ち
強い足取りになっています。
ハイリスク銘柄の為注意が必要ですが相場は現在進行中で生きています。 
このままでは終わらない日足チャートです。
注:ハイリスクの為チャートの勉強にお使いください

研究銘柄11 レンジ下限のローリスク(5/9記)
3328BEENOS 5/9終値1361円
この銘柄はレンジ下限で買って2~3週間後
切り返したところを欲をかかずに売る銘柄です。
3月までは、レンジ下限が1420円水準でしたが
100円強切り下がりました。
買い目標は時価近辺の押し目狙い
売り目標①1460円前後
売り目標②1560円前後
欲をかきすぎると再びレンジ下限まで下がる場合があります。
腹8分目で欲を抑えれば手堅く利益が入る銘柄です。

研究銘柄12 機関投資家の注目銘柄
6702富士通 高値圏順張り(5/12記)
5/12終値788.6円
富士通の業績が激変しています。
17/3期実績  営業利益1288億6100万円 EPS42.8円
18/3期予想  営業利益1850億円    EPS70.0円
19/3期予想  営業利益1950億円    EPS72.5円
国内外機関投資家、個人投資家、全員参加型の相場展開が予想されます。
時価買い 
売り目標1,000円の大台乗せ

研究銘柄13
8572アコム 順張りの押し目買い(5/12記)
5/12終値485円
利息返還請求は月5,000件ペースでありますが峠は越えています。
18/3期は営業利益713億円 EPS40.2円
19/3期は営業利益750億円 EPS42.6円
時価近辺の押し目買い
売り目標①550円(3か月以内)
売り目標②600円(年内)
昔のサラ金とは違い、メガバンクトップの三菱UFJFGの子会社です。
三菱UFJFGに普通預金がある場合は、リスクを取って
8572アコム 順張りの押し目買いが妙味ありと考えます。

研究銘柄14 思惑含みの低位株
8922日本アセットM 5/23終値125円(5/23記)
ドン・キホーテグループ店舗を軸としたビル賃貸管理事業が主力
1/4高値187円からの値幅日柄調整は最終局面と想定
買い目標 時価近辺の押し目買い
売り目標①140円(1~3カ月)
売り目標②160円(3~6カ月)

研究銘柄15 リスクをとっての順張り
7989立川ブラインド 5/25終値1038円 (5/25記)
今期17/12期は、8期連続の増収増益見通しで
89年12月期の史上最高益を上回る見込みです。
5/25時点での連結予想PER11.1倍は、もう一段の
上昇があっても不思議ではありません。
今世紀最高値更新中のため、戻り売り圧力は一切なし
時価近辺の押し目買い
売り目標 人気化次第で未定
注:今世紀最高値更新中のためリスクを伴います

研究銘柄16
3687フィックスターズ 5/26終値3190円
1/6高値4045円 1/31高値4020円 ダブルトップ形成後調整入り
2/16下落注意サイン①
2/23下落注意サイン②
その後底値買いサインは無し
4/17安値2686円底値形成を確認
5/9 25日移動平均回復
5/23追撃買いサイン①
5/25追撃買いサイン②
5/25 75日移動平均回復
時価近辺押し目買い
売り目標①3500円~3600円
売り目標②人気化次第未定
注:底値圏ではありませんのでリスクを伴います

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

週末持ち高調整売り優勢

5月26日(金)15:15

大引け

日経平均株価

19798.49(9:00)

19801.59(9:01)

19686.49(14:54)

19686.84(15:00)

前日比▼126.29 -0.64%

TOPIX

1577.24(9:00)

1577.57(9:01)

1569.29(14:06)

1569.42(15:00)

前日比▼9.00 -0.57%


週末5/26(金)日経平均株価は3日ぶりに反落

米国の利上げが緩やかになる見通しから
円相場は強含みになり売り優勢で始まりました

寄付 19798.49(9:00)▼14.64

高値 19801.59(9:01)▼11.54

週末要因とG7会議が始まるため持ち高を整理する動きが
株価を押し下げる要因になり、利益確定売り優勢

14時過ぎには先物主導で下げ幅を拡大

安値 19686.49(14:54)▼126.64

日経平均株価は3日ぶりに反落して引けました

大引 19686.84(15:00)▼126.29


前日のNYダウは、6日続伸。
米国利上げペースが緩やかになるとの見通しが
買い安心感になり連日強い値動きになっています。
ロシアゲート安は震源地の米国では全値回復になりましたが
連れ安した日本市場は、戻りが鈍くなっています。
NASDAQ、S&P500は史上最高値更新
NYダウもあとわずかで史上最高値
日経平均は、戻りの重い相場展開になっています。

北朝鮮地政学リスクの時も最も危険なはずの韓国株式市場は
史上最高値を更新し、日本市場のみデメリットをもろに受けました。
常に当事国よりも売り込まれるのが日本市場ですが
根本にあるのは為替と日本株の連動性です。

メインプレーヤーの海外短期筋投資家は
円安=日本株先物買い 円高=日本株先物売り

EPS1400円に乗せて顕著な割安感があっても
直近は一段と為替感応度が低下しましたが
111円前後の為替水準では20,000円トライ、その上を買い上げる
動きはありません。

現在のドル円相場においては、米国の利上げベースが緩やかになるとの
市場見通しが優勢となり、円の先高観が高まっています。
当事国の米国よりもロシアゲート不安の影響を最も受けやすい日本市場は
この問題が長引けば長引くほど不安材料として尾を引くことになりそうです。

しかし悪い材料ばかりではありません。
5/8~5/16までの前回の20,000円トライの場面では、公的資金の売りが
大きくのしかかり、株価上昇の勢いをそぐ形になりましたが
直近では売り一巡になってきました。
公的資金の売り圧力が低下したため、これだけでも需給は大きく改善してきます。
114円以上の円安水準がなくても、企業の輸出レートの分岐点108.30円水準を
冷静に受け止めると112円後半~113円台のドル円相場水準で
EPS1400円の企業収益を背景に20,000円トライの場面が
期待できるのではないかと考えます。

業績の良い中小型株、新興銘柄に国内外機関投資家の資金が入っているようです。
為替の円高の影響を受けない好業績の中小型株、新興銘柄への
循環物色はしばらく続きそうです。


研究銘柄16
3687フィックスターズ 5/26終値3190円
1/6高値4045円 1/31高値4020円 ダブルトップ形成後調整入り
2/16下落注意サイン①
2/23下落注意サイン②
その後底値買いサインは無し
4/17安値2686円底値形成を確認
5/9 25日移動平均回復
5/23追撃買いサイン①
5/25追撃買いサイン②
5/25 75日移動平均回復
時価近辺押し目買い
売り目標①3500円~3600円
売り目標②人気化次第未定
注:底値圏ではありませんのでリスクを伴います


コメントのご返事

いつも勉強させていただいています。
自動運転銘柄として、インターアクションの今後の売買について
ご意見いただけないでしょうか?
宜しくお願いします。

コメントありがとうございます。

CMOSイメージセンサー検査用光源装置の受注が好調で
大口受注を受けています。
会社側の予想値は保守的で17/5決算増額修正期待が
期待できるとした見方があります。
3月以降の上昇時には海外投資家の買いが入り
今回の上昇局面でも同じ海外投資家の買いが
背景にあるのではないかという思惑があります。
いずれにしましても特定の投資家の買いが入っている形跡があります。
ここからの新規買いはお勧めできませんが
安いところを買っていらっしゃるのでしたら
4/3高値965円トライの可能性はありますので
上値が重くなり出来高が減少するまで持続して様子見でよいと考えます。
5/22の大陽線 787 839 785 835 △58円 +7.46%
この日の安値785円を割り込んだら手仕舞と考えます。


次回は、5/26(金)15:30ごろ更新いたします。

日経平均PERのレンジ13.5倍~16.5倍
17.0倍 買われすぎ
16.5倍 高値圏
15.0倍 適正水準
13.5倍 底値圏
13.0倍 売られすぎ

現在の日経平均EPSとPER
5/25 EPS1401.21円 PER14.14倍
5/24 EPS1399.22円 PER14.11倍
5/23 EPS1398.95円 PER14.02倍
5/22 EPS1398.60円 PER14.07倍

2017年 
研究銘柄3 出遅れの水準訂正 (4/26記)
3696セレス 4/26終値1389円 
12月決算の為、現在の決算発表で減額修正リスクはありません。
フィンテックブロックチェーン関連銘柄として度々人気化しましたが
直近にかけて人気離散で底値模索の展開になりました。
4/13安値1,302円(暫定1番底)
その後1,400円を大きく超える動きは今のところなく底練りになっていますが
全体相場好転から、見直し買いが入る展開が予想されます。
時価近辺での買い
売り目標①1550円~1600円前後
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値1654円△156円 終値1574円△76円
5/9高値1654円まで買われる場面がありましたが
長い上髭を引いて引けました。
大底からの初動の上昇の為、もう少し持続で良いと考えます。

研究銘柄4 出遅れの水準訂正 (4/26記)
2928RIZAP 4/26終値820円
レンジ相場が続いています。
レンジ上限900円~923円
レンジ下限729円~777円
時価近辺での買い
売り目標①880円以上
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値879円まで買われる場面があり間もなく売り目標①です。
上げシロがもう少しあるように思えますが、欲をかきすぎず
腹8分目で対処すれば、相場の格言「利食い千人力」
残りの上昇分は他人におすそ分けくらいの余裕も必要です。
売り目標②900円前後
売った後の上昇 儲けそこないは良いのです。

研究銘柄5 悪材料出尽くし (5/7記)
6773パイオニア 5/2終値205円
17/3期減額修正 4/13安値193円 4/28安値198円
ダブルボトム形成なるか
買い目標200円~203円
売り目標①220円(1~3カ月)
売り目標②240円(3カ月)
売り目標③260円(年内)

研究銘柄6 連続最高益更新 (5/7記)
注:押し目がなければ買い見送り 
4709インフォメデベロプ 5/2終値1224円
5/2史上最高値更新5/2H1280円
この場合は、押し目買い有効です。
注:押し目がなければ買い見送り
買い目標 1170円以下(アンダーの買い指値)
売り目標 1300円以上(10%利食い)

研究銘柄7 3期連続営業増益予想 (5/7記)
4526理研ビタミン 5/2終値4205円
4/17安値3980円で目先底値確認
4500円まで戻り売りが出やすく上値は重いものの
そろそろレンジ下限から抜け出す時期か。
買い目標 4200円以下
売り目標①4500円
売り目標②4800円以上

研究銘柄8 株価横ばいからの脱却 (5/7記)
2413エムスリー 5/2終値2897円
買い目標 時価の押し目水準 出来れば2850円くらい
売り目標①3200円(1カ月)
売り目標②3500円以上(3~6カ月)
5/9追記
株価横ばいからの脱却し始めています。
3,000円台に乗せると機関投資家
個人投資家全員参加の上昇になりそうです。

研究銘柄9 値幅日柄調整完了 (5/7記)
3258ユニゾHD 5/2終値3060円
2016年5/13高値6160円形成後、値幅日柄調整
4/6安値2640円 2番底形成後の反発期待
5/1 追撃買いサイン①②同時点灯
買い目標 時価の押し目水準 出来れば3050円以下
売り目標①3380円(1~3カ月)
売り目標②3800円(3~6カ月)
売り目標③未定 人気化次第

研究銘柄10 不気味な日足(5/8記)
7927ムトウ精工 5/8終値565円
2月に大きく買われた銘柄で3/2高値584円形成後上値が重くなり
その後短期調整に入りました。
4/14安値464円で底打ちとなり、4/28以降連日陽線が立ち
強い足取りになっています。
ハイリスク銘柄の為注意が必要ですが相場は現在進行中で生きています。 
このままでは終わらない日足チャートです。
注:ハイリスクの為チャートの勉強にお使いください

研究銘柄11 レンジ下限のローリスク(5/9記)
3328BEENOS 5/9終値1361円
この銘柄はレンジ下限で買って2~3週間後
切り返したところを欲をかかずに売る銘柄です。
3月までは、レンジ下限が1420円水準でしたが
100円強切り下がりました。
買い目標は時価近辺の押し目狙い
売り目標①1460円前後
売り目標②1560円前後
欲をかきすぎると再びレンジ下限まで下がる場合があります。
腹8分目で欲を抑えれば手堅く利益が入る銘柄です。

研究銘柄12 機関投資家の注目銘柄
6702富士通 高値圏順張り(5/12記)
5/12終値788.6円
富士通の業績が激変しています。
17/3期実績  営業利益1288億6100万円 EPS42.8円
18/3期予想  営業利益1850億円    EPS70.0円
19/3期予想  営業利益1950億円    EPS72.5円
国内外機関投資家、個人投資家、全員参加型の相場展開が予想されます。
時価買い 
売り目標1,000円の大台乗せ

研究銘柄13
8572アコム 順張りの押し目買い(5/12記)
5/12終値485円
利息返還請求は月5,000件ペースでありますが峠は越えています。
18/3期は営業利益713億円 EPS40.2円
19/3期は営業利益750億円 EPS42.6円
時価近辺の押し目買い
売り目標①550円(3か月以内)
売り目標②600円(年内)
昔のサラ金とは違い、メガバンクトップの三菱UFJFGの子会社です。
三菱UFJFGに普通預金がある場合は、リスクを取って
8572アコム 順張りの押し目買いが妙味ありと考えます。

研究銘柄14 思惑含みの低位株
8922日本アセットM 5/23終値125円(5/23記)
ドン・キホーテグループ店舗を軸としたビル賃貸管理事業が主力
1/4高値187円からの値幅日柄調整は最終局面と想定
買い目標 時価近辺の押し目買い
売り目標①140円(1~3カ月)
売り目標②160円(3~6カ月)

研究銘柄15 リスクをとっての順張り
7989立川ブラインド 5/25終値1038円 (5/25記)
今期17/12期は、8期連続の増収増益見通しで
89年12月期の史上最高益を上回る見込みです。
5/25時点での連結予想PER11.1倍は、もう一段の
上昇があっても不思議ではありません。
今世紀最高値更新中のため、戻り売り圧力は一切なし
時価近辺の押し目買い
売り目標 人気化次第で未定
注:今世紀最高値更新中のためリスクを伴います

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

日経平均EPS1401.21円

5月25日(木)20:35

大引け

日経平均株価

19737.21(9:00)

19850.93(11:29)

19720.12(9:30)

19813.13(15:00)

前日比△70.15 +0.36%

TOPIX

1573.94(9:00)

1582.66(10:45)

1572.60(9:23)

1578.42(15:00)

前日比△3.31 +0.21%


値上がり銘柄数 817 

値下がり銘柄数 1039

新高値銘柄数 220

新安値銘柄数 13

騰落レシオ25D 164.5

日経平均25D乖離率 +2.04

TOPIX25D乖離率 +2.01

日経平均株価は続伸

前日の米国株は堅調
前日よりも為替が対ドルで円高に振れたため
小安く始まりました

寄付 19737.21(9:00)▼5.77

安値 19720.12(9:30)▼22.86

売り一巡後は好業績の内需銘柄が買われ
プラス圏に浮上
10:20過ぎから、先物主導の買いが断続的に入り
3桁の上げ幅になりました

高値 19850.93(11:29)△107.95

後場はOPEC 総会など重要イベントを控え
様子見となり狭いレンジでの推移となりました

大引 19813.13(15:00)△70.15

日経平均株価は続伸して引けました


本日は10:20過ぎ、シカゴ24時間金融先物取引システムの
S&Pミニ先物に買い物が入りにぎわいました。
それに追随して、直後に日本株も先物買いが入り
日経平均は △107.95 上げ幅を拡大しました。
本日の日経平均は、本格的に動いたのは10時過ぎの1時間だけで
それ以外は上値の重い相場でした。

日経平均は続伸しましたが、値上がり銘柄よりも
値下がり銘柄のほうが多くなりました。
値上がり銘柄数 817 
値下がり銘柄数 1039
好業績銘柄やテーマ株が賑わっていますが、循環物色の流れは
日々大きく入れ替わっています。

先行して大きく上昇し天井を付けた銘柄の中には反落に転じ
値幅日柄調整に入ったものも目立ってきました。

4599アグロカネショウ 5/8高値1597円天井形成と想定 値幅日柄調整入り

6101ツガミ 5/8高値932円天井形成と想定 値幅日柄調整入り

これらの銘柄の押し目を買うと調整局面に巻き込まれる可能性大
天井形成後の銘柄は手出し無用です。

それらの銘柄とは逆に、高値圏でもファンドや特定の投資家が
何らかの思惑で買い上がっている強い銘柄も多数あります。

2871ニチレイ5/25高値3155円 連日の高値更新 ファンドの買い

8088岩谷産業 5/25高値722円

2281プリマハム 5/25高値604円

4686ジャスト 5/23高値1646円

1884日本道路 5/22高値586円

8168ケイヨー 5/25高値727円 不気味な上昇

2733あらた 5/25高値3500円

4321ケネディクス 5/25高値592円 不気味な上昇

1824前田建設 5/24高値1223円

7989立川ブラインド 5/24高値1058円


研究銘柄15 リスクをとっての順張り
7989立川ブラインド 5/25終値1038円
今期17/12期は、8期連続の増収増益見通しで
89年12月期の史上最高益を上回る見込みです。
5/25時点での連結予想PER11.1倍は、もう一段の
上昇があっても不思議ではありません。
今世紀最高値更新中のため、戻り売り圧力は一切なし
時価近辺の押し目買い
売り目標 人気化次第で未定

注:上記銘柄は大底ではありませんのでリスクを伴います。
  初心者の方は見るだけにしてチャートの勉強にお使いください。


次回は、5/26(金)15:30ごろ更新いたします。

日経平均PERのレンジ13.5倍~16.5倍
17.0倍 買われすぎ
16.5倍 高値圏
15.0倍 適正水準
13.5倍 底値圏
13.0倍 売られすぎ

現在の日経平均EPSとPER
5/25 EPS1401.21円 PER14.14倍
5/24 EPS1399.22円 PER14.11倍
5/23 EPS1398.95円 PER14.02倍
5/22 EPS1398.60円 PER14.07倍

2017年 
研究銘柄3 出遅れの水準訂正 (4/26記)
3696セレス 4/26終値1389円 
12月決算の為、現在の決算発表で減額修正リスクはありません。
フィンテックブロックチェーン関連銘柄として度々人気化しましたが
直近にかけて人気離散で底値模索の展開になりました。
4/13安値1,302円(暫定1番底)
その後1,400円を大きく超える動きは今のところなく底練りになっていますが
全体相場好転から、見直し買いが入る展開が予想されます。
時価近辺での買い
売り目標①1550円~1600円前後
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値1654円△156円 終値1574円△76円
5/9高値1654円まで買われる場面がありましたが
長い上髭を引いて引けました。
大底からの初動の上昇の為、もう少し持続で良いと考えます。

研究銘柄4 出遅れの水準訂正 (4/26記)
2928RIZAP 4/26終値820円
レンジ相場が続いています。
レンジ上限900円~923円
レンジ下限729円~777円
時価近辺での買い
売り目標①880円以上
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値879円まで買われる場面があり間もなく売り目標①です。
上げシロがもう少しあるように思えますが、欲をかきすぎず
腹8分目で対処すれば、相場の格言「利食い千人力」
残りの上昇分は他人におすそ分けくらいの余裕も必要です。
売り目標②900円前後
売った後の上昇 儲けそこないは良いのです。

研究銘柄5 悪材料出尽くし (5/7記)
6773パイオニア 5/2終値205円
17/3期減額修正 4/13安値193円 4/28安値198円
ダブルボトム形成なるか
買い目標200円~203円
売り目標①220円(1~3カ月)
売り目標②240円(3カ月)
売り目標③260円(年内)

研究銘柄6 連続最高益更新 (5/7記)
注:押し目がなければ買い見送り 
4709インフォメデベロプ 5/2終値1224円
5/2史上最高値更新5/2H1280円
この場合は、押し目買い有効です。
注:押し目がなければ買い見送り
買い目標 1170円以下(アンダーの買い指値)
売り目標 1300円以上(10%利食い)

研究銘柄7 3期連続営業増益予想 (5/7記)
4526理研ビタミン 5/2終値4205円
4/17安値3980円で目先底値確認
4500円まで戻り売りが出やすく上値は重いものの
そろそろレンジ下限から抜け出す時期か。
買い目標 4200円以下
売り目標①4500円
売り目標②4800円以上

研究銘柄8 株価横ばいからの脱却 (5/7記)
2413エムスリー 5/2終値2897円
買い目標 時価の押し目水準 出来れば2850円くらい
売り目標①3200円(1カ月)
売り目標②3500円以上(3~6カ月)
5/9追記
株価横ばいからの脱却し始めています。
3,000円台に乗せると機関投資家
個人投資家全員参加の上昇になりそうです。

研究銘柄9 値幅日柄調整完了 (5/7記)
3258ユニゾHD 5/2終値3060円
2016年5/13高値6160円形成後、値幅日柄調整
4/6安値2640円 2番底形成後の反発期待
5/1 追撃買いサイン①②同時点灯
買い目標 時価の押し目水準 出来れば3050円以下
売り目標①3380円(1~3カ月)
売り目標②3800円(3~6カ月)
売り目標③未定 人気化次第

研究銘柄10 不気味な日足(5/8記)
7927ムトウ精工 5/8終値565円
2月に大きく買われた銘柄で3/2高値584円形成後上値が重くなり
その後短期調整に入りました。
4/14安値464円で底打ちとなり、4/28以降連日陽線が立ち
強い足取りになっています。
ハイリスク銘柄の為注意が必要ですが相場は現在進行中で生きています。 
このままでは終わらない日足チャートです。
注:ハイリスクの為チャートの勉強にお使いください

研究銘柄11 レンジ下限のローリスク(5/9記)
3328BEENOS 5/9終値1361円
この銘柄はレンジ下限で買って2~3週間後
切り返したところを欲をかかずに売る銘柄です。
3月までは、レンジ下限が1420円水準でしたが
100円強切り下がりました。
買い目標は時価近辺の押し目狙い
売り目標①1460円前後
売り目標②1560円前後
欲をかきすぎると再びレンジ下限まで下がる場合があります。
腹8分目で欲を抑えれば手堅く利益が入る銘柄です。

研究銘柄12 機関投資家の注目銘柄
6702富士通 高値圏順張り(5/12記)
5/12終値788.6円
富士通の業績が激変しています。
17/3期実績  営業利益1288億6100万円 EPS42.8円
18/3期予想  営業利益1850億円    EPS70.0円
19/3期予想  営業利益1950億円    EPS72.5円
国内外機関投資家、個人投資家、全員参加型の相場展開が予想されます。
時価買い 
売り目標1,000円の大台乗せ

研究銘柄13
8572アコム 順張りの押し目買い(5/12記)
5/12終値485円
利息返還請求は月5,000件ペースでありますが峠は越えています。
18/3期は営業利益713億円 EPS40.2円
19/3期は営業利益750億円 EPS42.6円
時価近辺の押し目買い
売り目標①550円(3か月以内)
売り目標②600円(年内)
昔のサラ金とは違い、メガバンクトップの三菱UFJFGの子会社です。
三菱UFJFGに普通預金がある場合は、リスクを取って
8572アコム 順張りの押し目買いが妙味ありと考えます。

研究銘柄14 思惑含みの低位株
8922日本アセットM 5/23終値125円(5/23記)
ドン・キホーテグループ店舗を軸としたビル賃貸管理事業が主力
1/4高値187円からの値幅日柄調整は最終局面と想定
買い目標 時価近辺の押し目買い
売り目標①140円(1~3カ月)
売り目標②160円(3~6カ月)

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。



今晩のFOMC議事録

5月24日(水)15:35

大引け

日経平均株価

19777.56(9:00)

19782.81(9:01)

19690.10(11:10)

19742.98(15:00)

前日比△129.70 +0.66%

TOPIX

1577.65(9:00)

1578.22(9:00)

1570.91(9:50)

1575.11(15:00)

前日比△9.89 +0.63%


日経平均株価は反発

前日の米国株上昇
1ドル111円台後半まで弱含んだ円相場を背景に
輸出株中心に買い先行で始まりました

寄付 19777.56(9:00)△164.28

高値 19782.81(9:01)△169.53

日経平均株価は高寄り後、19,700円台後半まで上昇
その後円相場下落が一服感となったため
次第に上げ幅を縮小し前引けを迎えました

安値 19690.10(11:10)△76.82

前引 19707.87(11:35)△94.59

前引け同水準で始まった後場は19,700円台前半の
狭いレンジでの推移となりました

後場寄付 19710.43(12:30)△97.15

後場安値 19702.22(13:28)△88.94

後場高値 19754.82(14:59)△141.54

日経平均株価は反発して引けました

大引 19742.98(15:00)△129.70


本日は、前日の米国株高、111円台後半の円安を背景に
高寄りして始まりました。
5/2~5/8の窓を埋める水準まで買われた後は
買い一巡後は上値が重くなっています。
ドル円相場も111円台後半より一段の円安方向も重い値動きになっています。
為替感応度は以前よりも低下していますが、日経平均20,000円トライの条件は
もう一段の円安です。

日本市場は、好業績主力銘柄の物色は盛んですが、個人投資家主導の
中小型株、新興銘柄の循環物色も賑わいを見せています。
為替が112円台~113円水準の円安方向に振れれば、5/2~5/8の窓を
埋めることになりそうです。
今晩の米国FOMC議事録の内容によって為替、株価が動くことになりそうです。

近くて遠い20,000円トライは、為替と外部要因の後押しがなくては成り立ちません。
そして、海外投資家の買いです。

すべて外国頼みですが、メインプレーヤー海外投資家の市場シェアを考えると
致し方ありません。
円安、海外投資家の買い=日本株上昇


コメントのご返事

いつも仕事帰りの電車で拝読しております。
なかなか日経20.000円届かずもどかしいところですね。

今回御意見お伺いしたいのが、デクセリアルズという昨年?
一昨年IPOした化学メーカーです。
完全為替連動な銘柄な気がしますが、
今後の曲線どのように見られますでしょうか?

コメントありがとうございます。
4980デクセリアルズは
ソニーが完全子会社化したソニーケミカルがファンド保有を経て
再上場した銘柄です。
4/27日に発表した前2017年3月期連結決算は従来予想から上振れし
今2018年3月期の業績予想でも売上高640億円(前期比2%増)
営業利益53億円(同52%増)と大幅増益の見通しになりました。
しかし、昨年4/27に発表した中期経営計画を下方修正になりました。
中期計画が過大だったためですが、このことを嫌気したファンドの一部が
売ってきたものと考えます。
来期2019年3月期についても売上高を710億円から650億円
営業利益も100億円から80億円に下方修正したため
4/28 終値1002円▼151円 -13.10%
窓を開けて大きく下落しました。

当社は為替の影響で収益が大きく変わり、株価はそれに連動するため
一方通行的な値動きになります。
5/18安値930円が目先の底になっていますがこの水準が
底値とは言い切れないところです。
減額修正から15営業日経過
もう少し日柄調整が必要と考えるため、ここからの新規買いは
いかがかと考えます。

注:本日のコメント内容は今後の株価環境、企業業績の変化で
  方向性は大きく変化します。
  内容はすべて本日現在の投資判断です。 


研究銘柄8 株価横ばいからの脱却 (5/7記)
2413エムスリー 5/2終値2897円
買い目標 時価の押し目水準 出来れば2850円くらい
売り目標①3200円(1カ月)
売り目標②3500円以上(3~6カ月)
5/9追記
株価横ばいからの脱却し始めています。
3,000円台に乗せると機関投資家
個人投資家全員参加の上昇になりそうです。
5/24追記
5/23高値3245円で短期波動では買い一巡観が出てきました。
まだ相場は生きていますが、買い材料が出なければ
上値が重くなるかもしれません。



次回は、5/25(木)20:00~21:00ごろ更新いたします。

日経平均PERのレンジ13.5倍~16.5倍
17.0倍 買われすぎ
16.5倍 高値圏
15.0倍 適正水準
13.5倍 底値圏
13.0倍 売られすぎ

現在の日経平均EPSとPER
5/23 EPS1398.95円 PER14.02倍
5/22 EPS1398.60円 PER14.07倍

2017年 
研究銘柄3 出遅れの水準訂正 (4/26記)
3696セレス 4/26終値1389円 
12月決算の為、現在の決算発表で減額修正リスクはありません。
フィンテックブロックチェーン関連銘柄として度々人気化しましたが
直近にかけて人気離散で底値模索の展開になりました。
4/13安値1,302円(暫定1番底)
その後1,400円を大きく超える動きは今のところなく底練りになっていますが
全体相場好転から、見直し買いが入る展開が予想されます。
時価近辺での買い
売り目標①1550円~1600円前後
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値1654円△156円 終値1574円△76円
5/9高値1654円まで買われる場面がありましたが
長い上髭を引いて引けました。
大底からの初動の上昇の為、もう少し持続で良いと考えます。

研究銘柄4 出遅れの水準訂正 (4/26記)
2928RIZAP 4/26終値820円
レンジ相場が続いています。
レンジ上限900円~923円
レンジ下限729円~777円
時価近辺での買い
売り目標①880円以上
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値879円まで買われる場面があり間もなく売り目標①です。
上げシロがもう少しあるように思えますが、欲をかきすぎず
腹8分目で対処すれば、相場の格言「利食い千人力」
残りの上昇分は他人におすそ分けくらいの余裕も必要です。
売り目標②900円前後
売った後の上昇 儲けそこないは良いのです。

研究銘柄5 悪材料出尽くし (5/7記)
6773パイオニア 5/2終値205円
17/3期減額修正 4/13安値193円 4/28安値198円
ダブルボトム形成なるか
買い目標200円~203円
売り目標①220円(1~3カ月)
売り目標②240円(3カ月)
売り目標③260円(年内)

研究銘柄6 連続最高益更新 (5/7記)
注:押し目がなければ買い見送り 
4709インフォメデベロプ 5/2終値1224円
5/2史上最高値更新5/2H1280円
この場合は、押し目買い有効です。
注:押し目がなければ買い見送り
買い目標 1170円以下(アンダーの買い指値)
売り目標 1300円以上(10%利食い)

研究銘柄7 3期連続営業増益予想 (5/7記)
4526理研ビタミン 5/2終値4205円
4/17安値3980円で目先底値確認
4500円まで戻り売りが出やすく上値は重いものの
そろそろレンジ下限から抜け出す時期か。
買い目標 4200円以下
売り目標①4500円
売り目標②4800円以上

研究銘柄8 株価横ばいからの脱却 (5/7記)
2413エムスリー 5/2終値2897円
買い目標 時価の押し目水準 出来れば2850円くらい
売り目標①3200円(1カ月)
売り目標②3500円以上(3~6カ月)
5/9追記
株価横ばいからの脱却し始めています。
3,000円台に乗せると機関投資家
個人投資家全員参加の上昇になりそうです。

研究銘柄9 値幅日柄調整完了 (5/7記)
3258ユニゾHD 5/2終値3060円
2016年5/13高値6160円形成後、値幅日柄調整
4/6安値2640円 2番底形成後の反発期待
5/1 追撃買いサイン①②同時点灯
買い目標 時価の押し目水準 出来れば3050円以下
売り目標①3380円(1~3カ月)
売り目標②3800円(3~6カ月)
売り目標③未定 人気化次第

研究銘柄10 不気味な日足(5/8記)
7927ムトウ精工 5/8終値565円
2月に大きく買われた銘柄で3/2高値584円形成後上値が重くなり
その後短期調整に入りました。
4/14安値464円で底打ちとなり、4/28以降連日陽線が立ち
強い足取りになっています。
ハイリスク銘柄の為注意が必要ですが相場は現在進行中で生きています。 
このままでは終わらない日足チャートです。
注:ハイリスクの為チャートの勉強にお使いください

研究銘柄11 レンジ下限のローリスク(5/9記)
3328BEENOS 5/9終値1361円
この銘柄はレンジ下限で買って2~3週間後
切り返したところを欲をかかずに売る銘柄です。
3月までは、レンジ下限が1420円水準でしたが
100円強切り下がりました。
買い目標は時価近辺の押し目狙い
売り目標①1460円前後
売り目標②1560円前後
欲をかきすぎると再びレンジ下限まで下がる場合があります。
腹8分目で欲を抑えれば手堅く利益が入る銘柄です。

研究銘柄12 機関投資家の注目銘柄
6702富士通 高値圏順張り(5/12記)
5/12終値788.6円
富士通の業績が激変しています。
17/3期実績  営業利益1288億6100万円 EPS42.8円
18/3期予想  営業利益1850億円    EPS70.0円
19/3期予想  営業利益1950億円    EPS72.5円
国内外機関投資家、個人投資家、全員参加型の相場展開が予想されます。
時価買い 
売り目標1,000円の大台乗せ

研究銘柄13
8572アコム 順張りの押し目買い(5/12記)
5/12終値485円
利息返還請求は月5,000件ペースでありますが峠は越えています。
18/3期は営業利益713億円 EPS40.2円
19/3期は営業利益750億円 EPS42.6円
時価近辺の押し目買い
売り目標①550円(3か月以内)
売り目標②600円(年内)
昔のサラ金とは違い、メガバンクトップの三菱UFJFGの子会社です。
三菱UFJFGに普通預金がある場合は、リスクを取って
8572アコム 順張りの押し目買いが妙味ありと考えます。

研究銘柄14 思惑含みの低位株
8922日本アセットM 5/23終値125円(5/23記)
ドン・キホーテグループ店舗を軸としたビル賃貸管理事業が主力
1/4高値187円からの値幅日柄調整は最終局面と想定
買い目標 時価近辺の押し目買い
売り目標①140円(1~3カ月)
売り目標②160円(3~6カ月)

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個別銘柄の循環物色

5月23日(火)21:00

大引け

日経平均株価

19647.74(9:00)

19693.02(9:54)

19585.54(14:52)

19613.28(15:00)

前日比▼65.00 -0.33%

TOPIX

1566.40(9:00)

1570.44(9:54)

1563.37(14:52)

1565.22(15:00)

前日比▼2.43 -0.16%


値上がり銘柄数 978

値下がり銘柄数 904

新高値銘柄数 224

新安値銘柄数 25

騰落レシオ25D 149.5

日経平均25D乖離率 +1.61

TOPIX25D乖離率 +1.76


日経平均株価は3日ぶりに反落

1ドル111円まで強含んだ円高を嫌気し
輸出関連銘柄中心に売り優勢で始まりました

寄付 19647.74(9:00)▼30.54

売り一巡後はプラス圏に浮上する場面がありましたが
ロシアゲートの先行き不透明、円の強含みから
上値は重い展開になりました

高値 19693.02(9:54)△14.74

前日の米国株が堅調だったため売り急ぐ動きは少なく
下値は底堅く推移しました

大引けにかけて為替がやや円高に動くと日経平均は
19,600円を割り込みました

安値 19585.54(14:52)▼92.74

大引けにかけてはやや下げ渋りましたが
日経平均株価は3日ぶりに反落して引けました

大引 19613.28(15:00)▼65.00


本日は寄り付き前8:19ドル円相場は111.00円まで円高が進み
イギリスでコンサート会場のテロが伝わり110円台後半まで
円高が進みました 
前日の米国株は堅調に推移しましたが、円高が重しになり
輸出関連銘柄が利益確定売りに押されました。
米国ワシントンポストは22日、トランプ大統領が今年3月に
国家情報長官と国家安全保障局局長に対し、大統領選で
トランプ陣営がロシアと共謀したことを示すいかなる証拠も
公に否定するよう要請していたことが報じられました。
イギリスのコンサート会場で爆弾テロが発生し少なくても
19名が死亡し約50名が負傷したニュースが報道されました。
結果、円が強含みました。

トランプ大統領の「ロシアゲート」疑惑が、今後どのようになるか
不透明感は残ったままで、すぐに解決に向かうことは考えにくく
上値が重い相場展開になっています。
5/18以降は、5/2~5/8の窓の水準での推移となっており
上にも下にも行きにくい気迷い感が強い「十字線」が目立つ
足取りになっています。
日経平均20,000円の上値の壁は非常に重いのですが
110~111円の円高の割には下値も底堅いといえます。

1400円水準のEPSで14倍のPERは下値も限られています。
米国株は高値水準にあり、円高といっても111円を保っているため
企業の想定為替レートで大きな為替差損が出る企業がないためです。

日経平均PERのレンジ13.5倍~16.5倍
17.0倍 買われすぎ
16.5倍 高値圏
15.0倍 適正水準
13.5倍 底値圏
13.0倍 売られすぎ

現在の日経平均EPSとPER
5/23 EPS1398.95円 PER14.02倍
5/22 EPS1398.60円 PER14.07倍

前期17/3期決算も出そろい、新たな買い材料も乏しいため
インデックスを中心とする主力大型株を積極的にける場面ではありません。
テーマ株、好業績銘柄、中小型株、新興銘柄に資金が循環する流れは
しばらく続きそうです。



コメントのご返事
非公開でいただいたコメントは問題ないところを抜粋させていただきました。

ちょうど一年ほど前から7527システムソフトを見ています。
週足、月足も見るようにしました。
システムソフトは値動き、枚数的に自分に合ってるのでメイン銘柄にしています。
去年4月に300円強を付け、その後130~140でもみ合い、
9月後半東証一部に鞍替えし、200円を付けその後上げ下げしながら
先日の暴落時に123円まで落ち、現在140円あたりで持ち直しの動きです。

この株見てて思ったのは日足も週足も全く窓を開けないということです。
チャートが綺麗すぎて引かれたのもあります。
スマートロックなどの材料もありますが、
今後の予想やどのような印象を持たれたか聞かせていただきたいです。
長々すいません。

コメントありがとうございます。
2005年にアパマンショップHDの傘下に入り、親会社のシステム開発に注力しているため
営業益は好調な時でも微増に留まっています。
そのため万年定位株ですが、年に数回株価が動意づきます。
今年の安値は、4/13L123円
5/1に139円△9円+6.92%V1,740,000株 出来高急増株価上昇後
下値を切り上げる動きになっています。
今後は160円台に乗せるくらいの上昇は見込めます。
人気化次第でその上に行く可能性もあります。
私がこの銘柄を売買するとしたら
25日移動平均かい離率で売買を行います。
25日移動平均-15%水準で株価監視を行い下げが止まったところを買い
買った後は数か月放置し、25日移動平均+15%水準から売り準備
このような感じです。

銘柄の好みは人それぞれですが
同じ低位株の売買を行うのであれば8922日本アセットMのほうが
投資妙味がありそうです。

研究銘柄14 思惑含みの低位株
8922日本アセットM 5/23終値125円
ドン・キホーテグループ店舗を軸としたビル賃貸管理事業が主力
1/4高値187円からの値幅日柄調整は最終局面と想定
買い目標 時価近辺の押し目買い
売り目標①140円(1~3カ月)
売り目標②160円(3~6カ月)


2銘柄についてよろしければ先生のご意見をお伺いできればと思い
はじめてコメント致しました。
1つ目は先生が以前挙げておられた8771Eギャランティで数字だけ見ると
3000越えの頃からそこそこ調整してきているように思えるのですが
今買うにはまだ調整が足りないでしょうか。
2つ目は2124JACリクルートメントで
こちらは1400の上を2度目にブレイクした際に購入しました。
やや鈍化傾向の様子も見えますがこれまで人材系の事業環境が良かったことと
全体相場が再び上向きになりつつあったため売り時を迷っております。
ご意見頂けるようであればぜひ考え方を参考にさせていただきたいと思います。
もしお時間ありましたらどうぞよろしくお願いいたします。

コメントありがとうございます。
8771Eギャランティ
2009年から9期連続増収増益(最高益更新)予想で
地味ながら成長銘柄です。
4/17安値2218円は売られすぎで
レンジ下限 2400円台前半
レンジ上限 2550円 それを超えた場合2800円以上
以上のことから2500円水準を買うとなかなか思うように儲けさせてはくれません。
買うのであれば2400円台前半を待つのがが良いと考えます。

2124JACリクルートメント
4/5高値1951円で材料はすべて織り込み済みとなり
株価は日柄値幅調整入りになりました。
今後の株価推移は以下の2通り考えられます。
①下降トレンド継続(夏場にかけて1400円以下水準まで調整)
②レンジ内での株価推移(1500円台後半~1800円水準)

良い銘柄、好業績銘柄であっても天井をつければ
材料は織り込み済みとなり調整局面入りになります。


注:本日のコメント内容は今後の株価環境、企業業績の変化で
  方向性は大きく変化します。
  内容はすべて本日現在の投資判断です。 


次回は、5/24(水)15:30ごろ更新いたします。

日経平均PERのレンジ13.5倍~16.5倍
17.0倍 買われすぎ
16.5倍 高値圏
15.0倍 適正水準
13.5倍 底値圏
13.0倍 売られすぎ

現在の日経平均EPSとPER
5/23 EPS1398.95円 PER14.02倍
5/22 EPS1398.60円 PER14.07倍

2017年 
研究銘柄3 出遅れの水準訂正 (4/26記)
3696セレス 4/26終値1389円 
12月決算の為、現在の決算発表で減額修正リスクはありません。
フィンテックブロックチェーン関連銘柄として度々人気化しましたが
直近にかけて人気離散で底値模索の展開になりました。
4/13安値1,302円(暫定1番底)
その後1,400円を大きく超える動きは今のところなく底練りになっていますが
全体相場好転から、見直し買いが入る展開が予想されます。
時価近辺での買い
売り目標①1550円~1600円前後
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値1654円△156円 終値1574円△76円
5/9高値1654円まで買われる場面がありましたが
長い上髭を引いて引けました。
大底からの初動の上昇の為、もう少し持続で良いと考えます。

研究銘柄4 出遅れの水準訂正 (4/26記)
2928RIZAP 4/26終値820円
レンジ相場が続いています。
レンジ上限900円~923円
レンジ下限729円~777円
時価近辺での買い
売り目標①880円以上
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値879円まで買われる場面があり間もなく売り目標①です。
上げシロがもう少しあるように思えますが、欲をかきすぎず
腹8分目で対処すれば、相場の格言「利食い千人力」
残りの上昇分は他人におすそ分けくらいの余裕も必要です。
売り目標②900円前後
売った後の上昇 儲けそこないは良いのです。

研究銘柄5 悪材料出尽くし (5/7記)
6773パイオニア 5/2終値205円
17/3期減額修正 4/13安値193円 4/28安値198円
ダブルボトム形成なるか
買い目標200円~203円
売り目標①220円(1~3カ月)
売り目標②240円(3カ月)
売り目標③260円(年内)

研究銘柄6 連続最高益更新 (5/7記)
注:押し目がなければ買い見送り 
4709インフォメデベロプ 5/2終値1224円
5/2史上最高値更新5/2H1280円
この場合は、押し目買い有効です。
注:押し目がなければ買い見送り
買い目標 1170円以下(アンダーの買い指値)
売り目標 1300円以上(10%利食い)

研究銘柄7 3期連続営業増益予想 (5/7記)
4526理研ビタミン 5/2終値4205円
4/17安値3980円で目先底値確認
4500円まで戻り売りが出やすく上値は重いものの
そろそろレンジ下限から抜け出す時期か。
買い目標 4200円以下
売り目標①4500円
売り目標②4800円以上

研究銘柄8 株価横ばいからの脱却 (5/7記)
2413エムスリー 5/2終値2897円
買い目標 時価の押し目水準 出来れば2850円くらい
売り目標①3200円(1カ月)
売り目標②3500円以上(3~6カ月)
5/9追記
株価横ばいからの脱却し始めています。
3,000円台に乗せると機関投資家
個人投資家全員参加の上昇になりそうです。

研究銘柄9 値幅日柄調整完了 (5/7記)
3258ユニゾHD 5/2終値3060円
2016年5/13高値6160円形成後、値幅日柄調整
4/6安値2640円 2番底形成後の反発期待
5/1 追撃買いサイン①②同時点灯
買い目標 時価の押し目水準 出来れば3050円以下
売り目標①3380円(1~3カ月)
売り目標②3800円(3~6カ月)
売り目標③未定 人気化次第

研究銘柄10 不気味な日足(5/8記)
7927ムトウ精工 5/8終値565円
2月に大きく買われた銘柄で3/2高値584円形成後上値が重くなり
その後短期調整に入りました。
4/14安値464円で底打ちとなり、4/28以降連日陽線が立ち
強い足取りになっています。
ハイリスク銘柄の為注意が必要ですが相場は現在進行中で生きています。 
このままでは終わらない日足チャートです。
注:ハイリスクの為チャートの勉強にお使いください

研究銘柄11 レンジ下限のローリスク(5/9記)
3328BEENOS 5/9終値1361円
この銘柄はレンジ下限で買って2~3週間後
切り返したところを欲をかかずに売る銘柄です。
3月までは、レンジ下限が1420円水準でしたが
100円強切り下がりました。
買い目標は時価近辺の押し目狙い
売り目標①1460円前後
売り目標②1560円前後
欲をかきすぎると再びレンジ下限まで下がる場合があります。
腹8分目で欲を抑えれば手堅く利益が入る銘柄です。

研究銘柄12 機関投資家の注目銘柄
6702富士通 高値圏順張り(5/12記)
5/12終値788.6円
富士通の業績が激変しています。
17/3期実績  営業利益1288億6100万円 EPS42.8円
18/3期予想  営業利益1850億円    EPS70.0円
19/3期予想  営業利益1950億円    EPS72.5円
国内外機関投資家、個人投資家、全員参加型の相場展開が予想されます。
時価買い 
売り目標1,000円の大台乗せ

研究銘柄13
8572アコム 順張りの押し目買い(5/12記)
5/12終値485円
利息返還請求は月5,000件ペースでありますが峠は越えています。
18/3期は営業利益713億円 EPS40.2円
19/3期は営業利益750億円 EPS42.6円
時価近辺の押し目買い
売り目標①550円(3か月以内)
売り目標②600円(年内)
昔のサラ金とは違い、メガバンクトップの三菱UFJFGの子会社です。
三菱UFJFGに普通預金がある場合は、リスクを取って
8572アコム 順張りの押し目買いが妙味ありと考えます。


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

底堅さとぬぐえぬ不透明感

5月22日(月)15:25

大引け

日経平均株価

19670.48(9:00)

19722.93(9:09)

19618.73(10:05)

19678.28(15:00)

前日比△87.52 +0.45%

TOPIX

1566.64(9:00)

1568.84(9:24)

1562.05(10:05)

1567.65(15:00)

前日比△7.95 +0.51%


日経平均株価は続伸

先週末の米国株高を背景に買い優勢で始まりました

寄付 19670.48(9:00)△79.72

寄り付き直後には19700円台に乗せる場面がありましたが

高値 19722.93(9:09)△132.17

トランプ大統領の「ロシアゲート」の行方や
FOMC議事要旨公表などの重要日程を控え
上値を買い上げる動きは限定的で前引けにかけて
上げ幅を縮小しました

安値 19618.73(10:05)△27.97

前引 19649.24(11:35)△58.48

後場は前引け水準より高く始まりましたが
19,600円台後半の狭いレンジでの推移となりました

大引 19678.28(15:00)△87.52 

日経平均株価は続伸して引けました


トランプ大統領のロシア疑惑「ロシアゲート」は払しょくされておらず
コーミー前FRB長官の上院での公聴会を控え、北朝鮮情勢に対する警戒感も
相場の重しになっています。
110円台前半に進んだ円高は一服になったものの、111円台と戻りも鈍く
日経平均株価は、5/2より5/8の窓の範囲での推移となっています。

様々な不透明要因はあるものの、日本企業の収益改善を反映して
日経平均EPSの上昇、日経平均PERの低下が、日本市場の下値を
支えていることもあり、為替と外部要因を見ながらの底堅い推移に
なるのではないかと考えられます。
インデックスは上値が重いのですが、好業績のテーマ株や
中小型株は買われ、森(日経平均)を見ず、木(好業績の個別銘柄)を見る
相場展開が続きそうです。

全体相場は重いものの、相場自体は好循環に物色されています。
日経平均20,000円を再度試すには、外部要因の落ち着きと
円安が必須になります。

トランプ大統領就任直後から「トランプ相場」が始まり、トランプ大統領を大歓迎する
相場になりましたが、直近ではトランプ大統領が弾劾され、ペンス副大統領に期待する
流れに大きく変化しています。
トランプ大統領への大きな期待から、ペンス副大統領への期待に変化する流れは
まさに「手の平を返す」という、市場の投資資金の流れの激変はすさまじいものがあります。

日経平均PERレンジ下限13.5倍~上限16.5倍
もたついている日本市場ですが、日経平均PER14倍水準で相場は終わるとは考えにくく
6月上昇の可能性は否定できません。

日本株上昇の条件は
1に円安 2に円安 そして米国株上昇(上がらなくても堅調)

18/3期好業績見通しで変化率の大きい、手あかがついていない銘柄のアンダーを
少しづづ仕込むときと考えます。



次回は、5/23(火)20:00~21:00ごろ更新いたします。

「ミニトランプショック」(5/18記)
米国株安、110円台の円高になった場合は19,500円以下の下値を探ることになります。
米国株が上昇し、112円台の円安方向になった場合は下げ一服になります。

日本株上昇の条件 
114円~115円台の円安=海外投資家の日本株買い=底上げ上昇
日経平均株価20,000円トライ


2017年 
研究銘柄3 出遅れの水準訂正 (4/26記)
3696セレス 4/26終値1389円 
12月決算の為、現在の決算発表で減額修正リスクはありません。
フィンテックブロックチェーン関連銘柄として度々人気化しましたが
直近にかけて人気離散で底値模索の展開になりました。
4/13安値1,302円(暫定1番底)
その後1,400円を大きく超える動きは今のところなく底練りになっていますが
全体相場好転から、見直し買いが入る展開が予想されます。
時価近辺での買い
売り目標①1550円~1600円前後
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値1654円△156円 終値1574円△76円
5/9高値1654円まで買われる場面がありましたが
長い上髭を引いて引けました。
大底からの初動の上昇の為、もう少し持続で良いと考えます。

研究銘柄4 出遅れの水準訂正 (4/26記)
2928RIZAP 4/26終値820円
レンジ相場が続いています。
レンジ上限900円~923円
レンジ下限729円~777円
時価近辺での買い
売り目標①880円以上
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値879円まで買われる場面があり間もなく売り目標①です。
上げシロがもう少しあるように思えますが、欲をかきすぎず
腹8分目で対処すれば、相場の格言「利食い千人力」
残りの上昇分は他人におすそ分けくらいの余裕も必要です。
売り目標②900円前後
売った後の上昇 儲けそこないは良いのです。

研究銘柄5 悪材料出尽くし (5/7記)
6773パイオニア 5/2終値205円
17/3期減額修正 4/13安値193円 4/28安値198円
ダブルボトム形成なるか
買い目標200円~203円
売り目標①220円(1~3カ月)
売り目標②240円(3カ月)
売り目標③260円(年内)

研究銘柄6 連続最高益更新 (5/7記)
注:押し目がなければ買い見送り 
4709インフォメデベロプ 5/2終値1224円
5/2史上最高値更新5/2H1280円
この場合は、押し目買い有効です。
注:押し目がなければ買い見送り
買い目標 1170円以下(アンダーの買い指値)
売り目標 1300円以上(10%利食い)

研究銘柄7 3期連続営業増益予想 (5/7記)
4526理研ビタミン 5/2終値4205円
4/17安値3980円で目先底値確認
4500円まで戻り売りが出やすく上値は重いものの
そろそろレンジ下限から抜け出す時期か。
買い目標 4200円以下
売り目標①4500円
売り目標②4800円以上

研究銘柄8 株価横ばいからの脱却 (5/7記)
2413エムスリー 5/2終値2897円
買い目標 時価の押し目水準 出来れば2850円くらい
売り目標①3200円(1カ月)
売り目標②3500円以上(3~6カ月)
5/9追記
株価横ばいからの脱却し始めています。
3,000円台に乗せると機関投資家
個人投資家全員参加の上昇になりそうです。

研究銘柄9 値幅日柄調整完了 (5/7記)
3258ユニゾHD 5/2終値3060円
2016年5/13高値6160円形成後、値幅日柄調整
4/6安値2640円 2番底形成後の反発期待
5/1 追撃買いサイン①②同時点灯
買い目標 時価の押し目水準 出来れば3050円以下
売り目標①3380円(1~3カ月)
売り目標②3800円(3~6カ月)
売り目標③未定 人気化次第

研究銘柄10 不気味な日足(5/8記)
7927ムトウ精工 5/8終値565円
2月に大きく買われた銘柄で3/2高値584円形成後上値が重くなり
その後短期調整に入りました。
4/14安値464円で底打ちとなり、4/28以降連日陽線が立ち
強い足取りになっています。
ハイリスク銘柄の為注意が必要ですが相場は現在進行中で生きています。 
このままでは終わらない日足チャートです。
注:ハイリスクの為チャートの勉強にお使いください

研究銘柄11 レンジ下限のローリスク(5/9記)
3328BEENOS 5/9終値1361円
この銘柄はレンジ下限で買って2~3週間後
切り返したところを欲をかかずに売る銘柄です。
3月までは、レンジ下限が1420円水準でしたが
100円強切り下がりました。
買い目標は時価近辺の押し目狙い
売り目標①1460円前後
売り目標②1560円前後
欲をかきすぎると再びレンジ下限まで下がる場合があります。
腹8分目で欲を抑えれば手堅く利益が入る銘柄です。

研究銘柄12 機関投資家の注目銘柄
6702富士通 高値圏順張り(5/12記)
5/12終値788.6円
富士通の業績が激変しています。
17/3期実績  営業利益1288億6100万円 EPS42.8円
18/3期予想  営業利益1850億円    EPS70.0円
19/3期予想  営業利益1950億円    EPS72.5円
国内外機関投資家、個人投資家、全員参加型の相場展開が予想されます。
時価買い 
売り目標1,000円の大台乗せ

研究銘柄13
8572アコム 順張りの押し目買い(5/12記)
5/12終値485円
利息返還請求は月5,000件ペースでありますが峠は越えています。
18/3期は営業利益713億円 EPS40.2円
19/3期は営業利益750億円 EPS42.6円
時価近辺の押し目買い
売り目標①550円(3か月以内)
売り目標②600円(年内)
昔のサラ金とは違い、メガバンクトップの三菱UFJFGの子会社です。
三菱UFJFGに普通預金がある場合は、リスクを取って
8572アコム 順張りの押し目買いが妙味ありと考えます。


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


買戻し主体の反発

5月19日(金)15:15

大引け

日経平均株価

19591.41(9:00)

19628.64(14:49)

19497.29(10:01)

19590.76(15:00)

前日比△36.90 +0.19%

TOPIX

1557.72(9:00)

1562.08(14:26)

1549.91(10:00)

1559.73(15:00)

前日比△4.72 +0.30%


週末5/19(金)日経平均株価は小幅反発

前日の米国3指数は小幅反発
ロンドン時間で1ドル110.23円まで進んだ円高が
111円台に落ち着き、買い優勢で始まりました

寄付 19591.41(9:00)△37.55

買い一巡後は、トランプ政権の先行きが不透明で週末要因もあり
売りに押されてマイナス圏に転落、一時19500円台を割り込む場面がありました

安値 19497.29(10:01)▼56.57

後場は日銀ETF買い期待から売り込む動きは限定的で
日経平均株価は切り返しに転じました

高値 19628.64(14:49)△74.78

大引 19590.76(15:00)△36.90

日経平均株価は小幅反発して引けました
 
実需買いよりも前日仕掛けた空売りの買戻しが
株価上昇の引き金になったようです。


横須賀に停泊していた米空母ロナルドレーガンが出港し
行き先が判明しました。
朝鮮半島にいる米空母カールビンソンと合流し、合同軍事訓練を
開始するとのこと。
この米空母2隻による軍事訓練が始まると日本のマスコミが再び騒ぎだし
海外短期筋が、地政学リスクをはやし立てて、売り仕掛けするネタに
なるかもしれません。

窮地に追い込まれているトランプ大統領は、軍事行動をちらつかせて
地政学リスクに民衆の目をそらせることも考えられます。
空母が2隻そろった時点で田植えで忙しい北朝鮮も再び瀬戸際外交に転換です。

前回の地政学リスクの高まりでは、日本のみ大騒ぎになりました。
後日韓国の商社役員の方にうかがいましたが、韓国国内では
大多数が今は戦争にはならないと冷静に考えていたとのこと。
日本のマスコミと海外短期筋がはやし立てていたようです。
海外短期筋の動向に振り回せれないように心がけなければなりません。

トランプ政権をめぐる動きでいましばらく乱高下する相場展開が予想されます。
昨日現金ポジションを高めましたが、あわてずにゆっくりと
18/3期決算見通しの好業績銘柄の「ミニバーゲン価格」を待伏せていく方針です。



コメントの御返事
非公開でいただきましたので差しさわりの無いところだけ
抜粋させていただきました。

現在は、FPGを950円くらいで少し保有しております。
先生は、銘柄を選定する際チャートと、業績どのように選定なさりますか?
FPGは、チャート的に丁度移動平均の真ん中あたりで
これは果たして正しいのかと?
少し反省も含めお恥ずかしいですが、お尋ねしたしだいです。
お時間ございましたらで、結構です。

コメントありがとうございます。
7148FPGは地味ながら毎年増収増益を続けている成長株です。
2015年4月高値1545円形成後は、業績変化率が小さくなり
往来相場になっています。
大まかに表現すると1000円を挟んだ水準でのレンジ相場です。
直近安値は4/13L881円
直近高値は5/11H1087円
トレンドは上に向いています。
5/11H1087円の押し目5/18L994円
昨日はトランプミニショック安の為、誤差が出るかもしれませんが
押し目5/18L994円水準が短期的な底値となり5/11H1087円トライの
場面になるというシナリオが考えられます。
トランプ不安が解決していないため、再び全体相場が混乱した場合は
見通しは変わってしまいますが、3/3高値1149円奪回は分りませんが
5/11高値1087円水準トライの可能性は高いと考えます。
この銘柄は大きな売り材料がないのに、急落する場面が多々あります。
これはファンドの銘柄組み入れ(入れ替え)による場合が多く
4/13L881円~5/11H1087円の上昇局面の裏舞台は某ファンドの
買いの影響によるものと考えます。
17/9期、18/9期も順調に増収増益見通しですので
1000円を割り込み25日移動平均マイナス乖離が大きくなった時はすかさず買い
その後1000円を超えて25日移動平均プラス乖離が大きくなった時は利食いとなります。
この銘柄は収益見通しを確認し問題なければ、25日移動平均乖離率と株価の方向性で
売買なさるのが最も効率の良い売買手法と考えます。
現在は上方向ですので、次の上昇波動は利食いになります。
利食った後は、中途半端な水準では買わずに、1000円の中心株価位置から
下方向に振れた時点で、25日移動平均マイナス乖離拡大で買いです。
あまり複雑に考えず、買いのタイミングは年に2回
売りのタイミングは、天井1回、中or小天井1~2回
このように考えて対処なさってください。



日経平均株価は、6/14米国FOMCまでは
トランプリスク、円高に相場は乱高下する場面がありそうです。

19500円を中心に推移しそうですが、下振れた場合は
安値圏である 13.5倍水準
1396.70×13.5=18855.45
18855.45円くらいの急落があるかもしれません。

もしこの水準があれば、好業績の割安株を買っていくまでです。

  日経平均PER 日経平均EPS
5/18  14.00倍  1396.70円
5/17  14.20倍  1395.41円 
5/16  14.3倍   1392.99円
5/15  14.94倍  1329.98円 
5/12  15.11倍  1315.94円
5/11  15.49倍  1288.68円

4/28  15.95倍  1203.56円
4/27  16.06倍  1198.75円

日経平均
買われすぎ  17.0倍
高値圏    16.5倍

適正水準   15.0倍  
            5/18 14.00倍 割安感あり
安値圏    13.5倍
売られすぎ  13.0倍

本日5/18 19:00前に110.23円まで円高に振れました。
米国株安、110円台の円高になった場合は、19,500円以下の
下値を探ることになります。
米国株が上昇し、112円台の円安方向になった場合は下げ一服になります。

「トランプミニショック」で20,000円トライはいったん遠のきました。
114円台~115円台くらいの円の一段安であれば、20,000円を通過し
115円台後半より円安に振れれば
適正水準15.0倍=20894.85円くらいを目指す可能性は高まります。

日本株上昇の条件 
114円~115円台の円安=海外投資家の日本株買い=底上げ上昇



次回は、5/22(月)15:15ごろ更新いたします。

「ミニトランプショック」(5/18記)
米国株安、110円台の円高になった場合は19,500円以下の下値を探ることになります。
米国株が上昇し、112円台の円安方向になった場合は下げ一服になります。

日本株上昇の条件 
114円~115円台の円安=海外投資家の日本株買い=底上げ上昇
日経平均株価20,000円トライ


2017年 
研究銘柄3 出遅れの水準訂正 (4/26記)
3696セレス 4/26終値1389円 
12月決算の為、現在の決算発表で減額修正リスクはありません。
フィンテックブロックチェーン関連銘柄として度々人気化しましたが
直近にかけて人気離散で底値模索の展開になりました。
4/13安値1,302円(暫定1番底)
その後1,400円を大きく超える動きは今のところなく底練りになっていますが
全体相場好転から、見直し買いが入る展開が予想されます。
時価近辺での買い
売り目標①1550円~1600円前後
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値1654円△156円 終値1574円△76円
5/9高値1654円まで買われる場面がありましたが
長い上髭を引いて引けました。
大底からの初動の上昇の為、もう少し持続で良いと考えます。

研究銘柄4 出遅れの水準訂正 (4/26記)
2928RIZAP 4/26終値820円
レンジ相場が続いています。
レンジ上限900円~923円
レンジ下限729円~777円
時価近辺での買い
売り目標①880円以上
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値879円まで買われる場面があり間もなく売り目標①です。
上げシロがもう少しあるように思えますが、欲をかきすぎず
腹8分目で対処すれば、相場の格言「利食い千人力」
残りの上昇分は他人におすそ分けくらいの余裕も必要です。
売り目標②900円前後
売った後の上昇 儲けそこないは良いのです。

研究銘柄5 悪材料出尽くし (5/7記)
6773パイオニア 5/2終値205円
17/3期減額修正 4/13安値193円 4/28安値198円
ダブルボトム形成なるか
買い目標200円~203円
売り目標①220円(1~3カ月)
売り目標②240円(3カ月)
売り目標③260円(年内)

研究銘柄6 連続最高益更新 (5/7記)
注:押し目がなければ買い見送り 
4709インフォメデベロプ 5/2終値1224円
5/2史上最高値更新5/2H1280円
この場合は、押し目買い有効です。
注:押し目がなければ買い見送り
買い目標 1170円以下(アンダーの買い指値)
売り目標 1300円以上(10%利食い)

研究銘柄7 3期連続営業増益予想 (5/7記)
4526理研ビタミン 5/2終値4205円
4/17安値3980円で目先底値確認
4500円まで戻り売りが出やすく上値は重いものの
そろそろレンジ下限から抜け出す時期か。
買い目標 4200円以下
売り目標①4500円
売り目標②4800円以上

研究銘柄8 株価横ばいからの脱却 (5/7記)
2413エムスリー 5/2終値2897円
買い目標 時価の押し目水準 出来れば2850円くらい
売り目標①3200円(1カ月)
売り目標②3500円以上(3~6カ月)
5/9追記
株価横ばいからの脱却し始めています。
3,000円台に乗せると機関投資家
個人投資家全員参加の上昇になりそうです。

研究銘柄9 値幅日柄調整完了 (5/7記)
3258ユニゾHD 5/2終値3060円
2016年5/13高値6160円形成後、値幅日柄調整
4/6安値2640円 2番底形成後の反発期待
5/1 追撃買いサイン①②同時点灯
買い目標 時価の押し目水準 出来れば3050円以下
売り目標①3380円(1~3カ月)
売り目標②3800円(3~6カ月)
売り目標③未定 人気化次第

研究銘柄10 不気味な日足(5/8記)
7927ムトウ精工 5/8終値565円
2月に大きく買われた銘柄で3/2高値584円形成後上値が重くなり
その後短期調整に入りました。
4/14安値464円で底打ちとなり、4/28以降連日陽線が立ち
強い足取りになっています。
ハイリスク銘柄の為注意が必要ですが相場は現在進行中で生きています。 
このままでは終わらない日足チャートです。
注:ハイリスクの為チャートの勉強にお使いください

研究銘柄11 レンジ下限のローリスク(5/9記)
3328BEENOS 5/9終値1361円
この銘柄はレンジ下限で買って2~3週間後
切り返したところを欲をかかずに売る銘柄です。
3月までは、レンジ下限が1420円水準でしたが
100円強切り下がりました。
買い目標は時価近辺の押し目狙い
売り目標①1460円前後
売り目標②1560円前後
欲をかきすぎると再びレンジ下限まで下がる場合があります。
腹8分目で欲を抑えれば手堅く利益が入る銘柄です。

研究銘柄12 機関投資家の注目銘柄
6702富士通 高値圏順張り(5/12記)
5/12終値788.6円
富士通の業績が激変しています。
17/3期実績  営業利益1288億6100万円 EPS42.8円
18/3期予想  営業利益1850億円    EPS70.0円
19/3期予想  営業利益1950億円    EPS72.5円
国内外機関投資家、個人投資家、全員参加型の相場展開が予想されます。
時価買い 
売り目標1,000円の大台乗せ

研究銘柄13
8572アコム 順張りの押し目買い(5/12記)
5/12終値485円
利息返還請求は月5,000件ペースでありますが峠は越えています。
18/3期は営業利益713億円 EPS40.2円
19/3期は営業利益750億円 EPS42.6円
時価近辺の押し目買い
売り目標①550円(3か月以内)
売り目標②600円(年内)
昔のサラ金とは違い、メガバンクトップの三菱UFJFGの子会社です。
三菱UFJFGに普通預金がある場合は、リスクを取って
8572アコム 順張りの押し目買いが妙味ありと考えます。


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

米国株とドル円相場次第

5月18日(木)20:25

大引け

日経平均株価

19556.99(9:00)

19601.53(9:25)

19449.73(10:09)

19553.86(15:00)

前日比▼261.02 -1.32%

TOPIX

1554.25(9:00)

1558.91(9:25)

1547.99(10:09)

1555.01(15:00)

前日比▼20.81 -1.32%

 
値上がり銘柄数 370

値下がり銘柄数 1574

新高値銘柄数 75

新安値銘柄数 77

騰落レシオ25D 123.7

日経平均25D乖離率 +1.97

TOPIX25D乖離率 +1.75


日経平均株価は大幅安で続落

トランプ大統領の機密漏えい疑惑により
前日の米国株安
1ドル110円台後半の急速な円高
加計学園をめぐる国内政治不安
不透明感の高まりから全面安で始まりました

寄付 19556.99(9:00)▼257.89

高値 19601.53(9:25)▼213.35

大幅安で寄り付いた後も売り物に押され下げ幅を拡大

安値 19449.73(10:09)▼365.15

売り一巡後は前引けにかけては寄り付き水準近くまで
切り返して前引けを迎えました

前引 19529.70(11:35)▼285.18

後場は日銀ETF買いが入るため大きく売り急ぐ動きは限定的
狭いレンジでの推移となりました
大引けにかけてやや下げ幅を縮小しましたが
日経平均株価は大幅安で続落して引けました

大引 19553.86(15:00)▼261.02

ドル円相場 15:00 111.23円~111.24円


トランプ大統領にロシア側への機密漏えい疑惑に対する
FBIへの捜査妨害が浮上、政治的混乱から減税、財政出動など
トランプ政策の先行き不透明感が台頭
昨日の米国3指数はそろって下落、為替はドル安円高に大きく振れました。

NYダウ 20606.93ドル ▼372.82ドル
NASDAQ 6011.24 ▼158.63
S&P500 2357.03 ▼43.64

トランプ大統領が大統領のイスに座っている限り
突発的な「トランプミニショック」は避けられません。

米国株式市場はトランプ米大統領によるロシアを巡る司法妨害の疑惑が広がり
主要3指数がそろって急落。
トランプ大統領が連邦捜査局(FBI)のコミー前長官に
辞任したフリン前大統領補佐官に対する捜査を中止するよう要請していたと
メディアが16日に一斉に報じた。
コミー前長官の突然の解任と、トランプ大統領がロシアのラブロフ外相に
機密情報を漏らしたとされる疑惑も重なり
大統領が掲げる減税や景気刺激策、規制緩和などトランプノミクスの期待が急低下。

「トランプミニショック」
日経平均株価は、GW明け窓を開けての上昇19895.70円 △450円 +2.31%
この日以降20,000円トライの相場展開になりました。
本日の下落により、5/2~5/8の窓の半分以上を埋めてしまいました。

前場は全面安の展開となり 安値 19449.73(10:09)▼365.15 まで下落。
後場は日銀ETF買いが確実に入るため下げ渋り、狭いレンジでの推移となりました。
問題は今晩の米国市場が下げ止まるかどうかです。
アジア株は全面安でしたが、米国、日本市場に比べ下げ率は限定的でした。

今回のトランプショックは、数日で完全に回復することは考えにくく
1週間くらい様子を見たいところです。
その間に変化率の高い好業績銘柄の「ミニバーゲン価格」を買っていきます。

大引 19553.86(15:00)▼261.02
ドル円相場 15:00 111.23円~111.24円

米国株安、110円台の円高になった場合は、19,500円以下の下値を探ることになります。
米国株が上昇し、112円台の円安方向になった場合は下げ一服になります。


本日は、直近集中買いした銘柄を中心にいったん利食いました。
明日以降戻った場合は、「儲けそこない」ですが、儲け損ないは良いのです。
本日押し目を狙っていた好業績で株価が織り込んでいない銘柄を
買いましたが、明日以降も突込みはゆっくり拾っていく方針です。

3769GMOPG 6130円利食い
7940ウエーブロックHD 955円利食い
6817スミダコーポ 1561円利食い
その他の利益の出ている銘柄はいったん利食いましたが、今後突込みがあれば
再投資を行う予定です。


コメントの御返事

ショーワ
工藤先生
いつもブログ楽しみに拝見させて頂いております。
4年半近くになります。有難うございます。
ホンダの部品メーカー ショーワですが
売りが多く日歩が発生している状況ですが
短期、中期ではどの様に見て良いでしょうか?
よろしくお願い致します。

コメントありがとうございます。
7274ショーワは、4/28の決算発表を好感し5/1にS高の1100円まで
買われました。
18/3期は2期ぶりの黒字転換、為替前提レート105円で、足元の為替水準より
円高になっていることから為替次第で上振れの可能性があることが
窓を開けての上昇の背景にあります。
本日5/18全体相場大幅安の影響で、5/1の大きな窓の一部を埋めています。
現時点は、円高と米国株安の動向次第になりますが
ショーワの18/3期予想EPS132.85円 為替前提レート105円で
上振れ余地があることから、1,000円を大きく割り込む場合は
底打ちになりそうです。
1,000円を大きく割り込まなければ上昇トレンドが生きていますので
底堅く推移しそうです。
大株主の上位は、国内外ファンドが占めていますので
ファンドの動向次第です。
9/30安値516円から株価は2倍水準まで買われているため
5/8高値1145円を超えて大きく上昇するためには
市場の落ち着きが前提条件になります。
しばらくは、米国株、ドル円相場に左右されそうです。
時価近辺を挟んだ水準でのもみ合いになる可能性大です。

注:現時点での想定値ですので全体相場の変化や
  同社のサプライズが出た時は投資判断は見直す必要があります。


  日経平均PER 日経平均EPS
5/18  14.00倍  1396.70円
5/17  14.20倍  1395.41円 
5/16  14.3倍   1392.99円
5/15  14.94倍  1329.98円 
5/12  15.11倍  1315.94円
5/11  15.49倍  1288.68円

4/28  15.95倍  1203.56円
4/27  16.06倍  1198.75円

日経平均
買われすぎ  17.0倍
高値圏    16.5倍

適正水準   15.0倍  
            5/18 14.00倍 割安感あり
安値圏    13.5倍
売られすぎ  13.0倍

本日5/18 19:00前に110.23円まで円高に振れました。
米国株安、110円台の円高になった場合は、19,500円以下の
下値を探ることになります。
米国株が上昇し、112円台の円安方向になった場合は下げ一服になります。

「トランプミニショック」で20,000円トライはいったん遠のきました。
114円台~115円台くらいの円の一段安であれば、20,000円を通過し
115円台後半より円安に振れれば
適正水準15.0倍=20894.85円くらいを目指す可能性は高まります。

日本株上昇の条件 
114円~115円台の円安=海外投資家の日本株買い=底上げ上昇



次回は、5/19(金)15:15ごろ更新いたします。

「ミニトランプショック」(5/18記)
米国株安、110円台の円高になった場合は19,500円以下の下値を探ることになります。
米国株が上昇し、112円台の円安方向になった場合は下げ一服になります。

日本株上昇の条件 
114円~115円台の円安=海外投資家の日本株買い=底上げ上昇
日経平均株価20,000円トライ


2017年 
研究銘柄3 出遅れの水準訂正 (4/26記)
3696セレス 4/26終値1389円 
12月決算の為、現在の決算発表で減額修正リスクはありません。
フィンテックブロックチェーン関連銘柄として度々人気化しましたが
直近にかけて人気離散で底値模索の展開になりました。
4/13安値1,302円(暫定1番底)
その後1,400円を大きく超える動きは今のところなく底練りになっていますが
全体相場好転から、見直し買いが入る展開が予想されます。
時価近辺での買い
売り目標①1550円~1600円前後
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値1654円△156円 終値1574円△76円
5/9高値1654円まで買われる場面がありましたが
長い上髭を引いて引けました。
大底からの初動の上昇の為、もう少し持続で良いと考えます。

研究銘柄4 出遅れの水準訂正 (4/26記)
2928RIZAP 4/26終値820円
レンジ相場が続いています。
レンジ上限900円~923円
レンジ下限729円~777円
時価近辺での買い
売り目標①880円以上
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値879円まで買われる場面があり間もなく売り目標①です。
上げシロがもう少しあるように思えますが、欲をかきすぎず
腹8分目で対処すれば、相場の格言「利食い千人力」
残りの上昇分は他人におすそ分けくらいの余裕も必要です。
売り目標②900円前後
売った後の上昇 儲けそこないは良いのです。

研究銘柄5 悪材料出尽くし (5/7記)
6773パイオニア 5/2終値205円
17/3期減額修正 4/13安値193円 4/28安値198円
ダブルボトム形成なるか
買い目標200円~203円
売り目標①220円(1~3カ月)
売り目標②240円(3カ月)
売り目標③260円(年内)

研究銘柄6 連続最高益更新 (5/7記)
注:押し目がなければ買い見送り 
4709インフォメデベロプ 5/2終値1224円
5/2史上最高値更新5/2H1280円
この場合は、押し目買い有効です。
注:押し目がなければ買い見送り
買い目標 1170円以下(アンダーの買い指値)
売り目標 1300円以上(10%利食い)

研究銘柄7 3期連続営業増益予想 (5/7記)
4526理研ビタミン 5/2終値4205円
4/17安値3980円で目先底値確認
4500円まで戻り売りが出やすく上値は重いものの
そろそろレンジ下限から抜け出す時期か。
買い目標 4200円以下
売り目標①4500円
売り目標②4800円以上

研究銘柄8 株価横ばいからの脱却 (5/7記)
2413エムスリー 5/2終値2897円
買い目標 時価の押し目水準 出来れば2850円くらい
売り目標①3200円(1カ月)
売り目標②3500円以上(3~6カ月)
5/9追記
株価横ばいからの脱却し始めています。
3,000円台に乗せると機関投資家
個人投資家全員参加の上昇になりそうです。

研究銘柄9 値幅日柄調整完了 (5/7記)
3258ユニゾHD 5/2終値3060円
2016年5/13高値6160円形成後、値幅日柄調整
4/6安値2640円 2番底形成後の反発期待
5/1 追撃買いサイン①②同時点灯
買い目標 時価の押し目水準 出来れば3050円以下
売り目標①3380円(1~3カ月)
売り目標②3800円(3~6カ月)
売り目標③未定 人気化次第

研究銘柄10 不気味な日足(5/8記)
7927ムトウ精工 5/8終値565円
2月に大きく買われた銘柄で3/2高値584円形成後上値が重くなり
その後短期調整に入りました。
4/14安値464円で底打ちとなり、4/28以降連日陽線が立ち
強い足取りになっています。
ハイリスク銘柄の為注意が必要ですが相場は現在進行中で生きています。 
このままでは終わらない日足チャートです。
注:ハイリスクの為チャートの勉強にお使いください

研究銘柄11 レンジ下限のローリスク(5/9記)
3328BEENOS 5/9終値1361円
この銘柄はレンジ下限で買って2~3週間後
切り返したところを欲をかかずに売る銘柄です。
3月までは、レンジ下限が1420円水準でしたが
100円強切り下がりました。
買い目標は時価近辺の押し目狙い
売り目標①1460円前後
売り目標②1560円前後
欲をかきすぎると再びレンジ下限まで下がる場合があります。
腹8分目で欲を抑えれば手堅く利益が入る銘柄です。

研究銘柄12 機関投資家の注目銘柄
6702富士通 高値圏順張り(5/12記)
5/12終値788.6円
富士通の業績が激変しています。
17/3期実績  営業利益1288億6100万円 EPS42.8円
18/3期予想  営業利益1850億円    EPS70.0円
19/3期予想  営業利益1950億円    EPS72.5円
国内外機関投資家、個人投資家、全員参加型の相場展開が予想されます。
時価買い 
売り目標1,000円の大台乗せ

研究銘柄13
8572アコム 順張りの押し目買い(5/12記)
5/12終値485円
利息返還請求は月5,000件ペースでありますが峠は越えています。
18/3期は営業利益713億円 EPS40.2円
19/3期は営業利益750億円 EPS42.6円
時価近辺の押し目買い
売り目標①550円(3か月以内)
売り目標②600円(年内)
昔のサラ金とは違い、メガバンクトップの三菱UFJFGの子会社です。
三菱UFJFGに普通預金がある場合は、リスクを取って
8572アコム 順張りの押し目買いが妙味ありと考えます。


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

トランプ不安と円高

5月17日(水)15:45

大引け

日経平均株価

19806.78(9:00)

19842.78(11:13)

19764.63(9:09)

19814.88(15:00)

前日比▼104.94 -0.53%

TOPIX

1575.77(9:00)

1577.65(11:13)

1572.37(9:20)

1575.82(15:00)

前日比▼8.41 -0.53%


日経平均株価は反落

海外時間で1ドル112円台半ばまで円高が進んだため
輸出関連銘柄中心に売り優勢で始まりました

寄付 19806.78(9:00)▼113.04

米国の政治、政策に不透明感が出たため日本市場も
買いを見送る動きが見られ、19700円台半ばまで
下げ幅を広げる場面がありました

安値 19764.63(9:09)▼155.19

売り一巡後は下げ幅を縮小しましたが

高値 19842.78(11:13)▼77.04

後場寄り付きは再び売り優勢となりました

後場寄り 19790.47(12:30)▼129.35

円高が重しになり上値の重い展開となりました

日経平均株価は反落して引けました

大引 19814.88(15:00)▼104.94


トランプ不安が相場の重しに

トランプ大統領が過激派組織イスラム国に関する機密情報を
ロシアに漏らしたとする報道が伝わりましたが米国株への影響は
限定的になりました。
一方、1ドル112円台半ばまでドル安円高が進み、本日の
日経平均株価20,000円トライは円高終息待ちとなりました。

本日は19,700円台半ばまで下値を試す場面がありましたが
さらに売り込む動きは限定的で、押し目を狙う動きの方が勝り
円高を背景に上値は重いものの、下値の岩盤も堅いことが分りました。
GW明けに5/8以降、20,000円の上値の売り圧力と押し目を買う動きで
狭いレンジでの推移となっています。

5/8以降のレンジ
下限 19705.13~19740.63円
上限 19998.49円

114円台~115円台の円安がなければ、仮に20,000円を付けたとしても
さらにその上を目指すことは難しく、企業収益好転によるEPS上昇も
なかなか株価に反映されません。

日経平均20,000円に近ずくと大きな売り物が待ち構えていますが
GPIFを中心とした公的資金の売りがかなりの水準になっているようです。
下値では日銀のETF買いが待ち構えているため、公的資金の
上値での売りと下値での買い支えが交差し、日本市場は
さらにいびつなマーケットになっています。
コア銘柄を中心に大型株の高値をむやみに買っても儲かりません。
公的資金と海外短期筋の売買でいびつになっている日本市場では
これらの影響を受けにくい投資をしなくてはなかなか良い結果を
出すことができません。

森(全体相場)を見ず、木(個別銘柄)を見て相場に臨む場面が
もうしばらく続きそうです。


コメントの御返事

6471
ご無沙汰しています。
6471日本精工買値1520円アドバイスお願いします。

コメントありがとうございます。
同社は、1916年設立でベアリング国内最大手で世界でも
トップクラスのメーカーです。
自動車関連製品が売り上げの71% 産業機械が27%になっています。
2018/3期はトヨタを始め主要自動車メーカーは、減収減益見通しになっており
トヨタは2年連続の減益を嫌気して上値の重い相場展開になっています。
為替だけではなく、ガソリン価格の安値水準が続き、主力の北米市場で
大型車が売れ、燃費の良い日本車が苦戦しているためです。

2017/3期決算は減収減益となり、今期18/3期は増収増益見通しです。
しかし、市場の評価は同社の自動車向け売上71%のため、会社側の
2018/3期増収増益予想を素直には評価していません。
株価は底値を模索する動きになっており、4/17安値1404円を割り込んできました。
5/17 9:39安値1393円
さらに下値を試すとすれば1,300円台の攻防が想定できますが
現水準で下げ止まったとしても、1400円台でのもみ合いになりそうです。
1520円の買いコストまで戻るようでしたらいったん手仕舞った方がよさそうです。
よほどのサプライズが出なければ、3/17高値1739円に迫る相場にはならないと考えます。
現時点での想定レンジ1350円~1500円
 
注:現時点での想定値ですので全体相場の変化や
  同社のサプライズが出た時は投資判断は見直す必要があります。


  日経平均PER 日経平均EPS
5/16  14.3倍   1392.99円
5/15  14.94倍  1329.98円 
5/12  15.11倍  1315.94円
5/11  15.49倍  1288.68円

4/28  15.95倍  1203.56円
4/27  16.06倍  1198.75円

日経平均
買われすぎ  17.0倍
高値圏    16.5倍

適正水準   15.0倍  5/16 14.3倍 割安感あり  

安値圏    13.5倍
売られすぎ  13.0倍

5/16EPS14.3倍1392.99円×適正水準15.0倍=20894.85

以上のことから理論的には、日経平均株価20,000円の大台乗せは
通過点で、上げシロが残っています。
問題は為替水準のみです。
113円台前半~113円台半ばでは、上値が重くなります。
112円台の為替水準では日経平均は一段安になります。

114円台~115円台くらいの円の一段安であれば、20,000円を通過し
115円台後半より円安に振れれば
適正水準15.0倍=20894.85円くらいを目指す可能性は高まります。

日本株上昇の条件 
114円~115円台の円安=海外投資家の日本株買い=底上げ上昇



6077Nフィールド 4/26買い1284円
ようやく動き出しました。
出来高急増株価上昇 1461円 △87円 V334,300株
1500円以上は戻り売りの玉が待ち構えているため
出来高の増加が必要です。
この銘柄は国策銘柄の為不安はありませんが
このまま一気に高値を目指すとは考えにくく
中長期売り目標2,000円の為、数か月中に再び押し目があれば買い増しし
中長期で臨みます。

7940ウエーブロックHD 5/8寄付き720円買い
連日の大商いになっています。
本日5/17高値更新1073円まで買われましたが上髭を引いた陰線で引けました。
18/3期予想EPS112.39円はまだ株価は織り込む余地があると考えます。

注:上記銘柄はチャートの勉強用に掲載しました。
  大底ではありませんのでリスクを伴います。
  初心者の方は見るだけにしてチャートの勉強にお使いください。


次回は、5/18(木)20:00~21:00ごろ更新いたします。

☆☆☆全体相場は青信号☆☆☆
現在の上昇波動は、4/17 18224.68円 を起点とします。
通常、海外投資家の買いで上昇波動に入ると2カ月くらいは持続します。
用心深く差し引いて1カ月半とすると
4/17~1カ月半=5月末~6月上旬
現時点では、5月末~6月上旬くらいまで全体相場安全 と考えます。
(5/9記)

トランプ大統領のロシア疑惑に要注意(5/16)
112円台の円高が上値の重しになる(5/17)

2017年 
研究銘柄3 出遅れの水準訂正 (4/26記)
3696セレス 4/26終値1389円 
12月決算の為、現在の決算発表で減額修正リスクはありません。
フィンテックブロックチェーン関連銘柄として度々人気化しましたが
直近にかけて人気離散で底値模索の展開になりました。
4/13安値1,302円(暫定1番底)
その後1,400円を大きく超える動きは今のところなく底練りになっていますが
全体相場好転から、見直し買いが入る展開が予想されます。
時価近辺での買い
売り目標①1550円~1600円前後
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値1654円△156円 終値1574円△76円
5/9高値1654円まで買われる場面がありましたが
長い上髭を引いて引けました。
大底からの初動の上昇の為、もう少し持続で良いと考えます。

研究銘柄4 出遅れの水準訂正 (4/26記)
2928RIZAP 4/26終値820円
レンジ相場が続いています。
レンジ上限900円~923円
レンジ下限729円~777円
時価近辺での買い
売り目標①880円以上
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値879円まで買われる場面があり間もなく売り目標①です。
上げシロがもう少しあるように思えますが、欲をかきすぎず
腹8分目で対処すれば、相場の格言「利食い千人力」
残りの上昇分は他人におすそ分けくらいの余裕も必要です。
売り目標②900円前後
売った後の上昇 儲けそこないは良いのです。

研究銘柄5 悪材料出尽くし (5/7記)
6773パイオニア 5/2終値205円
17/3期減額修正 4/13安値193円 4/28安値198円
ダブルボトム形成なるか
買い目標200円~203円
売り目標①220円(1~3カ月)
売り目標②240円(3カ月)
売り目標③260円(年内)

研究銘柄6 連続最高益更新 (5/7記)
注:押し目がなければ買い見送り 
4709インフォメデベロプ 5/2終値1224円
5/2史上最高値更新5/2H1280円
この場合は、押し目買い有効です。
注:押し目がなければ買い見送り
買い目標 1170円以下(アンダーの買い指値)
売り目標 1300円以上(10%利食い)

研究銘柄7 3期連続営業増益予想 (5/7記)
4526理研ビタミン 5/2終値4205円
4/17安値3980円で目先底値確認
4500円まで戻り売りが出やすく上値は重いものの
そろそろレンジ下限から抜け出す時期か。
買い目標 4200円以下
売り目標①4500円
売り目標②4800円以上

研究銘柄8 株価横ばいからの脱却 (5/7記)
2413エムスリー 5/2終値2897円
買い目標 時価の押し目水準 出来れば2850円くらい
売り目標①3200円(1カ月)
売り目標②3500円以上(3~6カ月)
5/9追記
株価横ばいからの脱却し始めています。
3,000円台に乗せると機関投資家
個人投資家全員参加の上昇になりそうです。

研究銘柄9 値幅日柄調整完了 (5/7記)
3258ユニゾHD 5/2終値3060円
2016年5/13高値6160円形成後、値幅日柄調整
4/6安値2640円 2番底形成後の反発期待
5/1 追撃買いサイン①②同時点灯
買い目標 時価の押し目水準 出来れば3050円以下
売り目標①3380円(1~3カ月)
売り目標②3800円(3~6カ月)
売り目標③未定 人気化次第

研究銘柄10 不気味な日足(5/8記)
7927ムトウ精工 5/8終値565円
2月に大きく買われた銘柄で3/2高値584円形成後上値が重くなり
その後短期調整に入りました。
4/14安値464円で底打ちとなり、4/28以降連日陽線が立ち
強い足取りになっています。
ハイリスク銘柄の為注意が必要ですが相場は現在進行中で生きています。 
このままでは終わらない日足チャートです。
注:ハイリスクの為チャートの勉強にお使いください

研究銘柄11 レンジ下限のローリスク(5/9記)
3328BEENOS 5/9終値1361円
この銘柄はレンジ下限で買って2~3週間後
切り返したところを欲をかかずに売る銘柄です。
3月までは、レンジ下限が1420円水準でしたが
100円強切り下がりました。
買い目標は時価近辺の押し目狙い
売り目標①1460円前後
売り目標②1560円前後
欲をかきすぎると再びレンジ下限まで下がる場合があります。
腹8分目で欲を抑えれば手堅く利益が入る銘柄です。

研究銘柄12 機関投資家の注目銘柄
6702富士通 高値圏順張り(5/12記)
5/12終値788.6円
富士通の業績が激変しています。
17/3期実績  営業利益1288億6100万円 EPS42.8円
18/3期予想  営業利益1850億円    EPS70.0円
19/3期予想  営業利益1950億円    EPS72.5円
国内外機関投資家、個人投資家、全員参加型の相場展開が予想されます。
時価買い 
売り目標1,000円の大台乗せ

研究銘柄13
8572アコム 順張りの押し目買い(5/12記)
5/12終値485円
利息返還請求は月5,000件ペースでありますが峠は越えています。
18/3期は営業利益713億円 EPS40.2円
19/3期は営業利益750億円 EPS42.6円
時価近辺の押し目買い
売り目標①550円(3か月以内)
売り目標②600円(年内)
昔のサラ金とは違い、メガバンクトップの三菱UFJFGの子会社です。
三菱UFJFGに普通預金がある場合は、リスクを取って
8572アコム 順張りの押し目買いが妙味ありと考えます。


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

トランプ大統領のロシア情報漏えい疑惑

5月16日(火)21:00

大引け

日経平均株価

19953.06(9:00)

19998.49(9:32)

19862.41(11:28)

19919.82(15:00)

前日比△49.97 +0.25%

TOPIX

1587.79(9:00)

1590.70(9:33)

1580.46(11:27)

1584.23(15:00)

前日比△4.23 +0.27%

値上がり銘柄数 1130

値下がり銘柄数 767

新高値銘柄数 234

新安値銘柄数 17

騰落レシオ25D 145.7

日経平均25D乖離率 +4.29

TOPIX25D乖離率 +4.05


日経平均株価は3日ぶりに小幅反発

前日の欧米株高、ドル円相場が113円台半ばで円高一服感から
買い優勢で始まりました

寄付 19953.06(9:00)△83.21

高値 19998.49(9:32)△128.64

20,000円の大台に迫る場面がありましたが売りに押され
急速に上げ幅を縮小し前引け間際にマイナス圏に転落する場面がありました

安値 19862.41(11:28)▼7.44

後場は切り返しましたが上値は重く
19,900円を挟んだ水準でのもみ合いになりました

大引 19919.82(15:00)△49.97

日経平均株価は3日ぶりに小幅反発して引けました


GW連休明けの5/8の上昇以降、節目である20,000円の大台に
トライする場面が続いています。
本日は、20,000円の1円51銭手前まで肉薄する場面がありましたが
売り物に押され上げ幅を縮小して引けました。
やはりメインプレーヤーの海外投資家が買い上がるには、為替水準が
さらに一段の円安水準でないと為替と連動している日経平均株価は
上値が重いのは致し方ありません。

日経平均株価20,000円の大台乗せばかり市場の関心が集中していますが
連日の決算発表もほぼ出そろい日経平均EPSが上昇し
日経平均PERが低下しています。

  日経平均PER 日経平均EPS
5/16  14.3倍   1392.99円
5/15  14.94倍  1329.98円 
5/12  15.11倍  1315.94円
5/11  15.49倍  1288.68円

4/28  15.95倍  1203.56円
4/27  16.06倍  1198.75円

日経平均
買われすぎ  17.0倍
高値圏    16.5倍

適正水準   15.0倍  5/16 14.3倍 割安感あり  

安値圏    13.5倍
売られすぎ  13.0倍

5/16EPS14.3倍1392.99円×適正水準15.0倍=20894.85

以上のことから理論的には、日経平均株価20,000円の大台乗せは
通過点で、上げシロが残っています。
問題は為替水準のみです。
113円台前半~113円台半ばでは、上値が重くなります。
114円台~115円台くらいの円の一段安であれば、20,000円を通過し
115円台後半より円安に振れれば
適正水準15.0倍=20894.85円くらいを目指す可能性は高まります。

日本株上昇の条件 
114円~115円台の円安=海外投資家の日本株買い=底上げ上昇



コメントの御返事させていただきます。

今年のバーゲンセールについて

毎日の更新ありがとうございます。
いつも拝見させいただいております。
今後年内の日経平均と為替の動向について
教えていただきたいと思いましてコメントさせていただきました。
5月GW後相場が上向きに動いていて
日経平均は20000円を超す勢いの状況が続いています。
おそらく越えると予測して、さらなる上昇は見込めるのか気になるところです。
(20500~21000円ぐらいは目指すのか)
フランス大統領選挙も無事通過して
今後のイベントリスクが軽減したのではないかと思います。
去年に比べおおきなイベントが少ないような。
下げる場面はあるのでしょうか。

加熱感のある相場での買いは個人的によくわからないところがあります。
順張りとしての買いなのかもしれませんが
今買うと高値掴みになりそうな気がします。
買いのタイミングがよくわかりません。
4月に下げた時も買い遅れてしまいました。

今年はバーゲンセールの買い場の可能性はいかがなものでしょうか。
上昇気流の中ですが6月上旬以降の動向が気になります。
ご教授いただけるとありがたく思います。
よろしくお願いいたします。

コメントありがとうございます。
日経平均株価20,000円の大台乗せは通過点で
その後の上げシロがあると考えています。
本日の本文に記載しました通りですが
日本株上昇は海外投資家の買いなくしてはあり得ません。

114円台~115円台くらいの円の一段安であれば、20,000円を通過し
適正水準15.0倍=20894.85円くらい目指す可能性が高まります。
日本株上昇の条件 
114円~115円台の円安=海外投資家の日本株買い=底上げ上昇

以上のように考えていますが、なかなか思うようにはいかないのが相場です。
今考えているシナリオは、明日以降外部環境の変化で
変更せざる得なくなるかもしれません。

トランプ大統領のロシア疑惑が再び問題になってきました。
今晩のNY市場に大きな影響がなければよいのですが
ドル安円高、米国株安は、間違いなく日本株下落につながります。

このように不確定要因が出るたびに、投資判断を見直す必要があります。
一言ではお答えできないため、頂きましたコメントの御答えは
日々のブログで申し上げてまいります。


いつも拝見させていただいております。
凸版印刷を空売りしているとのことですが、
今後の動きはどのようにお考えでしょうか。

コメントありがとうございます。
この時に空売りをした銘柄は2銘柄です。
空売りはあくまで短期勝負です。
長期下降トレンドの場合を除くとどんなに長くても
1カ月くらいと考えます。
結果はブログに記載したと記憶しております。
以下のとおりです。

空売り4/11 8282ケーズHD 2068円 新規売り
4/17寄付き1972円買戻し 利益96円
100円以上利食うつもりが相場が強いため手仕舞いました。
 
空売り4/14 7911凸版印刷 1113円 新規売り
4/21 1086円買戻し 利益27円
数日で30円~50円幅狙いましたが、225採用銘柄の為
手仕舞いました。

日銀のETF買いが市場全体をいびつにしているため
下値が限られており、不利と考え買戻ししました。
逆に先高観から他の銘柄を仕込みました。
売られすぎの3769GMOPG、セレスなどかなり多くの銘柄を買いました。


住友金属鉱山について

1570円で買って持っています。
決算で下がってるのですがこの先、期待しても無駄でしょうか?
損切りか長期保有か迷っています。

コメントありがとうございます。
銅価格が今後下落するのを見越して5713住友金属鉱山と5714DOWAHDが
売り優勢になっています。
5/11発表の会社予想では
18/3期予 売上8550億円 営業益750億円 増収減益
銅価格上昇を見込んでの決算予想です。
海外投資家は売り優勢、それに対して会社側は銅価格上昇見込みです。

どちらが正しいかは今後の銅相場次第ですが
先行して5713住友金属鉱山と5714DOWAHDが売り優勢になっているため
「相場は相場に聞け」という相場格言が先行しているため
相場は今後も弱含みになりそうです。
金属市況で業績が激変するため、相場が一方通行的な値動きになりやすい銘柄です。
次の相場判断は、4-6期決算待ちです。
下落途中のナンピンは厳禁です。
すぐに買値まで戻るには、大きなサプライズが必要です。

ご自身でご決断下さい。
もし長期保有なさるのでしたら1カ月以上経過した時点で再度コメントをください。
その時点で最善策を講じます。


6471
ご無沙汰しています。
6471日本精工買値1520円アドバイスお願いします。

コメントありがとうございます。
お久しぶりです。
この銘柄はご返事に時間がかかるため明日とさせていただきます。


日経平均20,000円乗せよりも個別株の上がったところは利食い千人力です。

6092エンバイオHD 5/16寄付き910円で利食いました。

3769GMOPG 7,000円台乗せはあるのではないかと考えます。
勢いがなくなった時点で利食い検討。
3696セレス底値でうまく買えたもののやや上値が重くなっていますが
6月には1,800円くらいあるのではないかと考えます。
6245ヒラノテクシードは、1400円水準がいったん利食いかもしれません。
6817スミダコーポは、3/21高値1831円トライがあるのではないかと思います。
7940ウエーブロックHDは、もう一段高するまで持続します。
買いコスト720円の2倍水準が目標ですが、明日以降の地合いを見て考えます。
7927ムトー精工ももう一段高を考えています。


トランプ大統領に振り回されたくありませんが
今晩のNY市場の株価、為替動向に要注目です。


次回は、5/17(水)15:15ごろ更新いたします。

☆☆☆全体相場は青信号☆☆☆
現在の上昇波動は、4/17 18224.68円 を起点とします。
通常、海外投資家の買いで上昇波動に入ると2カ月くらいは持続します。
用心深く差し引いて1カ月半とすると
4/17~1カ月半=5月末~6月上旬
現時点では、5月末~6月上旬くらいまで全体相場安全 と考えます。
(5/9記)

トランプ大統領のロシア疑惑に要注意(5/16)

2017年 
研究銘柄3 出遅れの水準訂正 (4/26記)
3696セレス 4/26終値1389円 
12月決算の為、現在の決算発表で減額修正リスクはありません。
フィンテックブロックチェーン関連銘柄として度々人気化しましたが
直近にかけて人気離散で底値模索の展開になりました。
4/13安値1,302円(暫定1番底)
その後1,400円を大きく超える動きは今のところなく底練りになっていますが
全体相場好転から、見直し買いが入る展開が予想されます。
時価近辺での買い
売り目標①1550円~1600円前後
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値1654円△156円 終値1574円△76円
5/9高値1654円まで買われる場面がありましたが
長い上髭を引いて引けました。
大底からの初動の上昇の為、もう少し持続で良いと考えます。

研究銘柄4 出遅れの水準訂正 (4/26記)
2928RIZAP 4/26終値820円
レンジ相場が続いています。
レンジ上限900円~923円
レンジ下限729円~777円
時価近辺での買い
売り目標①880円以上
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値879円まで買われる場面があり間もなく売り目標①です。
上げシロがもう少しあるように思えますが、欲をかきすぎず
腹8分目で対処すれば、相場の格言「利食い千人力」
残りの上昇分は他人におすそ分けくらいの余裕も必要です。
売り目標②900円前後
売った後の上昇 儲けそこないは良いのです。

研究銘柄5 悪材料出尽くし (5/7記)
6773パイオニア 5/2終値205円
17/3期減額修正 4/13安値193円 4/28安値198円
ダブルボトム形成なるか
買い目標200円~203円
売り目標①220円(1~3カ月)
売り目標②240円(3カ月)
売り目標③260円(年内)

研究銘柄6 連続最高益更新 (5/7記)
注:押し目がなければ買い見送り 
4709インフォメデベロプ 5/2終値1224円
5/2史上最高値更新5/2H1280円
この場合は、押し目買い有効です。
注:押し目がなければ買い見送り
買い目標 1170円以下(アンダーの買い指値)
売り目標 1300円以上(10%利食い)

研究銘柄7 3期連続営業増益予想 (5/7記)
4526理研ビタミン 5/2終値4205円
4/17安値3980円で目先底値確認
4500円まで戻り売りが出やすく上値は重いものの
そろそろレンジ下限から抜け出す時期か。
買い目標 4200円以下
売り目標①4500円
売り目標②4800円以上

研究銘柄8 株価横ばいからの脱却 (5/7記)
2413エムスリー 5/2終値2897円
買い目標 時価の押し目水準 出来れば2850円くらい
売り目標①3200円(1カ月)
売り目標②3500円以上(3~6カ月)
5/9追記
株価横ばいからの脱却し始めています。
3,000円台に乗せると機関投資家
個人投資家全員参加の上昇になりそうです。

研究銘柄9 値幅日柄調整完了 (5/7記)
3258ユニゾHD 5/2終値3060円
2016年5/13高値6160円形成後、値幅日柄調整
4/6安値2640円 2番底形成後の反発期待
5/1 追撃買いサイン①②同時点灯
買い目標 時価の押し目水準 出来れば3050円以下
売り目標①3380円(1~3カ月)
売り目標②3800円(3~6カ月)
売り目標③未定 人気化次第

研究銘柄10 不気味な日足(5/8記)
7927ムトウ精工 5/8終値565円
2月に大きく買われた銘柄で3/2高値584円形成後上値が重くなり
その後短期調整に入りました。
4/14安値464円で底打ちとなり、4/28以降連日陽線が立ち
強い足取りになっています。
ハイリスク銘柄の為注意が必要ですが相場は現在進行中で生きています。 
このままでは終わらない日足チャートです。
注:ハイリスクの為チャートの勉強にお使いください

研究銘柄11 レンジ下限のローリスク(5/9記)
3328BEENOS 5/9終値1361円
この銘柄はレンジ下限で買って2~3週間後
切り返したところを欲をかかずに売る銘柄です。
3月までは、レンジ下限が1420円水準でしたが
100円強切り下がりました。
買い目標は時価近辺の押し目狙い
売り目標①1460円前後
売り目標②1560円前後
欲をかきすぎると再びレンジ下限まで下がる場合があります。
腹8分目で欲を抑えれば手堅く利益が入る銘柄です。

研究銘柄12 機関投資家の注目銘柄
6702富士通 高値圏順張り(5/12記)
5/12終値788.6円
富士通の業績が激変しています。
17/3期実績  営業利益1288億6100万円 EPS42.8円
18/3期予想  営業利益1850億円    EPS70.0円
19/3期予想  営業利益1950億円    EPS72.5円
国内外機関投資家、個人投資家、全員参加型の相場展開が予想されます。
時価買い 
売り目標1,000円の大台乗せ

研究銘柄13
8572アコム 順張りの押し目買い(5/12記)
5/12終値485円
利息返還請求は月5,000件ペースでありますが峠は越えています。
18/3期は営業利益713億円 EPS40.2円
19/3期は営業利益750億円 EPS42.6円
時価近辺の押し目買い
売り目標①550円(3か月以内)
売り目標②600円(年内)
昔のサラ金とは違い、メガバンクトップの三菱UFJFGの子会社です。
三菱UFJFGに普通預金がある場合は、リスクを取って
8572アコム 順張りの押し目買いが妙味ありと考えます。


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

底堅い相場

5月15日(月)15:25

大引け

日経平均株価

19753.46(9:00)

19869.85(15:00)

19740.63(9:02)

19869.85(15:00)

前日比▼14.05 -0.07%

TOPIX

1572.11(9:00)

1580.00(15:00)

1571.69(9:01)

1580.00(15:00)

前日比▼0.71 -0.04%

日経平均株価は続落

ドル円相場が113円台前半まで進み
北朝鮮のミサイル発射が報道され
外部環境の悪化から売り優勢で始まりました

寄付 19753.46(9:00)▼130.44

安値 19740.63(9:02)▼143.27

寄り付き直後に安値を付けた後は好業績銘柄を物色する動きから
下値は底堅く下げ渋る展開になりました

大引けにかけて下げ幅を急速に縮小し先週末終値に迫りました

高値 19869.85(15:00)▼14.05

日経平均株価は続落して引けました

大引 19869.85(15:00)▼14.05


日経平均株価は、地政学リスクや急速に進んだ円高を背景に
4/17安値18224.68円まで下げる場面がありましたが
地政学リスクの落ち着き、欧州政治リスクの落ち着きから
買われすぎた円相場は、円安方向に向かいました。

日経平均株価は、GW明けの5/8には窓を開けて反発し
今まで越えられなかった節目をあっさりと上回りました。
5/8 19895.70円 △450.00円 +2.31%
この日以降、日経平均株価20,000円の大台トライを目指しましたが
先物で20030円を付けたものの現物では5/11高値19989.94円までにとどまり
上値の重さに押し戻されています。

いきそうでいかない20,000円大台乗せを阻む要因は
期待ほど触れない円安です。(5/11 114.37円)
114円前半の円安では、日経平均20,000円まで買いあがる勢いはなく
トランプ大統領のFBI長官解任から再びトランプ政策リスクがでてきました。
本日は113円台前半の円高方向に振れたため、19,700円台の下値模索に
なりましたが、売り圧力は限定的といえます。

底は想定以上に固いものの、為替の円安がなかなか進まず
主力大型株よりも個々の好業績銘柄物色が相場を支えています。
20,000円の大台回復は近そうで遠い道のりになっていますが
一段の円安がそのカギを握っています。

暫くは個別銘柄物色となるのは仕方ありませんが、円安次第の
相場展開は続きそうです。
円安=日本株上昇

コメントの御返事は明日とさせていただきます。


研究銘柄10 不気味な日足(5/8記)
7927ムトウ精工 5/15終値612円
5/12(金)株価は乱高下しました。
580 581 535 562 ▼26円
本日は、624円まで買われる場面があり
今回の相場はこのままでは終わらないと考えています。
2017/3期 営業益5.53億円 EPS40.15円
2018/3予 営業益8.00億円 EPS77.51円
この変化を今後株価がどこまで織り込んでくるか注目です。


チャートの学習用銘柄
注:ここからの新規買いは非常に危険ですので
見るだけになさってください。

7940ウエーブロックHD 5/15終値1031円 △150円S高
2009年業績悪化により上場廃止
工場集約化、生産効率化を推進しインテリアのサンゲツと資本業務提携し
2017年4月10日に東証2部再上場
ウエーブロックHD社長の木根渕氏は、1部指定替えに積極的。
サンゲツとの提携で生産能力を30%引き上げた壁紙の新工場が
来期に大きく寄与するとみられる。
レーダー波や光を透過する金属調加飾フィルムが自動運転者向け部材として
大量採用されるとの思惑がある。
時価700円水準の株価は割安と考えらたため5/8寄付き720円で買いましたが
このときは天井圏でした。
5/11出来高急増株価上昇し、5/12には出来高1102万5200株を記録
同社の発行株式1112万株とほぼ同水準の出来高になりました。
本日も出来高が減少せず5/12の長い上髭を埋める大陽線になり
S高になったため、意外高があるのではないかと考えます。


研究銘柄2銘柄、先週末5/12は時間の関係で
終値まで記載できませんでしたので
本日改めて記載いたしました。
終値は5/12付で記載しました。

研究銘柄12 機関投資家の注目銘柄
6702富士通 高値圏順張り(5/12記)
5/12終値788.6円
富士通の業績が激変しています。
17/3期実績  営業利益1288億6100万円 EPS42.8円
18/3期予想  営業利益1850億円    EPS70.0円
19/3期予想  営業利益1950億円    EPS72.5円
国内外機関投資家、個人投資家、全員参加型の相場展開が予想されます。
時価買い 
売り目標1,000円の大台乗せ

研究銘柄13
8572アコム 順張りの押し目買い(5/12記)
5/12終値485円
利息返還請求は月5,000件ペースでありますが峠は越えています。
18/3期は営業利益713億円 EPS40.2円
19/3期は営業利益750億円 EPS42.6円
時価近辺の押し目買い
売り目標①550円(3か月以内)
売り目標②600円(年内)
昔のサラ金とは違い、メガバンクトップの三菱UFJFGの子会社です。
三菱UFJFGに普通預金がある場合は、リスクを取って
8572アコム 順張りの押し目買いが妙味ありと考えます。


次回は、5/16(火)20:00~21:00ごろ更新いたします。

☆☆☆全体相場は青信号☆☆☆
現在の上昇波動は、4/17 18224.68円 を起点とします。
通常、海外投資家の買いで上昇波動に入ると2カ月くらいは持続します。
用心深く差し引いて1カ月半とすると
4/17~1カ月半=5月末~6月上旬
現時点では、5月末~6月上旬くらいまで全体相場安全 と考えます。
(5/9記)

2017年 
研究銘柄3 出遅れの水準訂正 (4/26記)
3696セレス 4/26終値1389円 
12月決算の為、現在の決算発表で減額修正リスクはありません。
フィンテックブロックチェーン関連銘柄として度々人気化しましたが
直近にかけて人気離散で底値模索の展開になりました。
4/13安値1,302円(暫定1番底)
その後1,400円を大きく超える動きは今のところなく底練りになっていますが
全体相場好転から、見直し買いが入る展開が予想されます。
時価近辺での買い
売り目標①1550円~1600円前後
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値1654円△156円 終値1574円△76円
5/9高値1654円まで買われる場面がありましたが
長い上髭を引いて引けました。
大底からの初動の上昇の為、もう少し持続で良いと考えます。

研究銘柄4 出遅れの水準訂正 (4/26記)
2928RIZAP 4/26終値820円
レンジ相場が続いています。
レンジ上限900円~923円
レンジ下限729円~777円
時価近辺での買い
売り目標①880円以上
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値879円まで買われる場面があり間もなく売り目標①です。
上げシロがもう少しあるように思えますが、欲をかきすぎず
腹8分目で対処すれば、相場の格言「利食い千人力」
残りの上昇分は他人におすそ分けくらいの余裕も必要です。
売り目標②900円前後
売った後の上昇 儲けそこないは良いのです。

研究銘柄5 悪材料出尽くし (5/7記)
6773パイオニア 5/2終値205円
17/3期減額修正 4/13安値193円 4/28安値198円
ダブルボトム形成なるか
買い目標200円~203円
売り目標①220円(1~3カ月)
売り目標②240円(3カ月)
売り目標③260円(年内)

研究銘柄6 連続最高益更新 (5/7記)
注:押し目がなければ買い見送り 
4709インフォメデベロプ 5/2終値1224円
5/2史上最高値更新5/2H1280円
この場合は、押し目買い有効です。
注:押し目がなければ買い見送り
買い目標 1170円以下(アンダーの買い指値)
売り目標 1300円以上(10%利食い)

研究銘柄7 3期連続営業増益予想 (5/7記)
4526理研ビタミン 5/2終値4205円
4/17安値3980円で目先底値確認
4500円まで戻り売りが出やすく上値は重いものの
そろそろレンジ下限から抜け出す時期か。
買い目標 4200円以下
売り目標①4500円
売り目標②4800円以上

研究銘柄8 株価横ばいからの脱却 (5/7記)
2413エムスリー 5/2終値2897円
買い目標 時価の押し目水準 出来れば2850円くらい
売り目標①3200円(1カ月)
売り目標②3500円以上(3~6カ月)
5/9追記
株価横ばいからの脱却し始めています。
3,000円台に乗せると機関投資家
個人投資家全員参加の上昇になりそうです。

研究銘柄9 値幅日柄調整完了 (5/7記)
3258ユニゾHD 5/2終値3060円
2016年5/13高値6160円形成後、値幅日柄調整
4/6安値2640円 2番底形成後の反発期待
5/1 追撃買いサイン①②同時点灯
買い目標 時価の押し目水準 出来れば3050円以下
売り目標①3380円(1~3カ月)
売り目標②3800円(3~6カ月)
売り目標③未定 人気化次第

研究銘柄10 不気味な日足(5/8記)
7927ムトウ精工 5/8終値565円
2月に大きく買われた銘柄で3/2高値584円形成後上値が重くなり
その後短期調整に入りました。
4/14安値464円で底打ちとなり、4/28以降連日陽線が立ち
強い足取りになっています。
ハイリスク銘柄の為注意が必要ですが相場は現在進行中で生きています。 
このままでは終わらない日足チャートです。
注:ハイリスクの為チャートの勉強にお使いください

研究銘柄11 レンジ下限のローリスク(5/9記)
3328BEENOS 5/9終値1361円
この銘柄はレンジ下限で買って2~3週間後
切り返したところを欲をかかずに売る銘柄です。
3月までは、レンジ下限が1420円水準でしたが
100円強切り下がりました。
買い目標は時価近辺の押し目狙い
売り目標①1460円前後
売り目標②1560円前後
欲をかきすぎると再びレンジ下限まで下がる場合があります。
腹8分目で欲を抑えれば手堅く利益が入る銘柄です。


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

好業績銘柄を選別するとき

5月12日(金)14:00

本日は都合により大引け前に更新させていただきます。

全体相場は、20,000円を目前に足踏みが続いていますが
底は堅いといえます。
本日の下落、それに対しSQ値19,991円、幻のSQ値とは言えませんが
短期的には少し上値が重くなるかもしれません。

間もなく決算発表が出そろってきますが、こればかりは
フタを開けてみないことには分りません。
機関投資家は決算発表が出そろうまでは本格的に動けなくなっています。

全体相場は、5月中に20,000円を超えを考えておりますが
暫くは上値の重い相場展開があるかもしれません。
本日の113円台の為替水準では、20,000円到達は難しいところです。

日本株上昇の条件は、
1にも2にも円安 そして米国株堅調、地政学リスクの落ち着きです。
円安は、トランプ大統領のツイッター発言で瞬時に円高に振れることが
懸念されますが、米国10年債利回り次第といえます。(日米金利差拡大=円安)

基本的には5月中~6月上旬くらいまで相場は、青信号と考えておりますが
懸念材料も少し出ています。

1、大型減税とインフラ投資の先送りの不信感?
 トランプ大統領のFBI長官解任は物議をよんでいますが、再び減税や
 インフラ投資がうまくできないとの不信感が台頭することになると
 トランプ大統領特有の地政学リスクを高めて国民の目をそらす政策が
 あり得るということです。

2、上海総合指数のジリ安は続くのか?
 上海総合指数がじりじり切り下がっています。
 この不気味な状況が今後も続くと日本株の足を引っ張ることになります。

今すぐに相場が黄色信号から赤信号になるとは考えていませんが
上記1と2のことは頭の片隅にとどめておいた方が良いでしょう。
114円台半ばから後半の円安水準、できれば115円の円安が
日本株上昇の牽引になることは間違いありません。
為替水準に要注目です。


昨日アステラス製薬についてコメントの御返事させていただきましたが
本日当面の下値メド1408.5円を割り込んできました。

昨日のコメントの御返事より抜粋
1358円になる可能性は否定できませんが、極めて低いと思います。
外国人比 51.6% の為、ここから海外投資家の売りが出れば別ですが
ここからの買い下がりは有効と考えます。
時価押し目買い/1500円~1530円売り目標
5/12追記
5/12 13:12現在 安値1396円になっています。
海外投資家の売りが断続的に出ているようです。
当面の下値メド1408.5円を割り込んだため、16/4/7安値1358円が
次の下値メドになります。
機関投資家は決算発表が出そろうまでは本格的に動けない時ですので
来週くらいが底値を形成するものと考えます。
1358円に近づいた水準の押し目買い、買い下がりで
10%値上がりを利食う方針を考えております。
今後突込みがあった際は、私も買うことを前提に検討します。

研究銘柄12 機関投資家の注目銘柄
6702富士通 高値圏順張り(5/12記)
富士通の業績が激変しています。
17/3期実績  営業利益1288億6100万円 EPS42.8円
18/3期予想  営業利益1850億円    EPS70.0円
19/3期予想  営業利益1950億円    EPS72.5円
国内外機関投資家、個人投資家、全員参加型の相場展開が予想されます。
5/12 13:54 789円
時価買い 
売り目標1,000円の大台乗せ

研究銘柄13
アコム 押し目買いにつきましては5/15に記載いたします。
13;57 488円

次回は、5/15(月)15:15ごろ更新いたします。

☆☆☆全体相場は青信号☆☆☆
現在の上昇波動は、4/17 18224.68円 を起点とします。
通常、海外投資家の買いで上昇波動に入ると2カ月くらいは持続します。
用心深く差し引いて1カ月半とすると
4/17~1カ月半=5月末~6月上旬
現時点では、5月末~6月上旬くらいまで全体相場安全 と考えます。
(5/9記)

2017年 
研究銘柄3 出遅れの水準訂正 (4/26記)
3696セレス 4/26終値1389円 
12月決算の為、現在の決算発表で減額修正リスクはありません。
フィンテックブロックチェーン関連銘柄として度々人気化しましたが
直近にかけて人気離散で底値模索の展開になりました。
4/13安値1,302円(暫定1番底)
その後1,400円を大きく超える動きは今のところなく底練りになっていますが
全体相場好転から、見直し買いが入る展開が予想されます。
時価近辺での買い
売り目標①1550円~1600円前後
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値1654円△156円 終値1574円△76円
5/9高値1654円まで買われる場面がありましたが
長い上髭を引いて引けました。
大底からの初動の上昇の為、もう少し持続で良いと考えます。

研究銘柄4 出遅れの水準訂正 (4/26記)
2928RIZAP 4/26終値820円
レンジ相場が続いています。
レンジ上限900円~923円
レンジ下限729円~777円
時価近辺での買い
売り目標①880円以上
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値879円まで買われる場面があり間もなく売り目標①です。
上げシロがもう少しあるように思えますが、欲をかきすぎず
腹8分目で対処すれば、相場の格言「利食い千人力」
残りの上昇分は他人におすそ分けくらいの余裕も必要です。
売り目標②900円前後
売った後の上昇 儲けそこないは良いのです。

研究銘柄5 悪材料出尽くし (5/7記)
6773パイオニア 5/2終値205円
17/3期減額修正 4/13安値193円 4/28安値198円
ダブルボトム形成なるか
買い目標200円~203円
売り目標①220円(1~3カ月)
売り目標②240円(3カ月)
売り目標③260円(年内)

研究銘柄6 連続最高益更新 (5/7記)
注:押し目がなければ買い見送り 
4709インフォメデベロプ 5/2終値1224円
5/2史上最高値更新5/2H1280円
この場合は、押し目買い有効です。
注:押し目がなければ買い見送り
買い目標 1170円以下(アンダーの買い指値)
売り目標 1300円以上(10%利食い)

研究銘柄7 3期連続営業増益予想 (5/7記)
4526理研ビタミン 5/2終値4205円
4/17安値3980円で目先底値確認
4500円まで戻り売りが出やすく上値は重いものの
そろそろレンジ下限から抜け出す時期か。
買い目標 4200円以下
売り目標①4500円
売り目標②4800円以上

研究銘柄8 株価横ばいからの脱却 (5/7記)
2413エムスリー 5/2終値2897円
買い目標 時価の押し目水準 出来れば2850円くらい
売り目標①3200円(1カ月)
売り目標②3500円以上(3~6カ月)
5/9追記
株価横ばいからの脱却し始めています。
3,000円台に乗せると機関投資家
個人投資家全員参加の上昇になりそうです。

研究銘柄9 値幅日柄調整完了 (5/7記)
3258ユニゾHD 5/2終値3060円
2016年5/13高値6160円形成後、値幅日柄調整
4/6安値2640円 2番底形成後の反発期待
5/1 追撃買いサイン①②同時点灯
買い目標 時価の押し目水準 出来れば3050円以下
売り目標①3380円(1~3カ月)
売り目標②3800円(3~6カ月)
売り目標③未定 人気化次第

研究銘柄10 不気味な日足(5/8記)
7927ムトウ精工 5/8終値565円
2月に大きく買われた銘柄で3/2高値584円形成後上値が重くなり
その後短期調整に入りました。
4/14安値464円で底打ちとなり、4/28以降連日陽線が立ち
強い足取りになっています。
ハイリスク銘柄の為注意が必要ですが相場は現在進行中で生きています。 
このままでは終わらない日足チャートです。
注:ハイリスクの為チャートの勉強にお使いください

研究銘柄11 レンジ下限のローリスク(5/9記)
3328BEENOS 5/9終値1361円
この銘柄はレンジ下限で買って2~3週間後
切り返したところを欲をかかずに売る銘柄です。
3月までは、レンジ下限が1420円水準でしたが
100円強切り下がりました。
買い目標は時価近辺の押し目狙い
売り目標①1460円前後
売り目標②1560円前後
欲をかきすぎると再びレンジ下限まで下がる場合があります。
腹8分目で欲を抑えれば手堅く利益が入る銘柄です。


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

決算発表は明暗の分かれ目

5月11日(木)21:00

大引け

日経平均株価

19943.95(9:00)

19989.94(13:36)

19906.35(9:50)

19961.55(15:00)

前日比△61.46 +0.31%

TOPIX

1587.61(9:00)

1588.84(13.36)

1581.90(9:49)

1586.86(15:00)

前日比△1.67 +0.11%


値上がり銘柄数 979


値下がり銘柄数 877


新高値銘柄数 253


新安値銘柄数 12


騰落レシオ25D 126.2


日経平均25D乖離率 +5.26


TOPIX25D乖離率 +4.93


日経平均株価は小幅続伸

為替が1ドル114円台前半の円安水準を好感し
買い先行で始まりました

寄付 19943.95(9:00)△43.86

寄り後は短期的な過熱感を意識して上げ幅を縮小

安値 19906.35(9:50)△6.26

下値は可成り底堅くじり高基調で、20,000円にあと10円幅まで迫りましたが

高値 19989.94(13:36)△89.85

本日は大きな節目である20,000には届かずに大引と迎えました

大引 19961.55(15:00)△61.46

日経平均株価は小幅続伸して引けました


日経平均25日移動平均乖離率が連日短期的過熱水準の5%に
乖離しているため、積極的に上値を買い上がる動きはなく
されとて売り物に押される場面もなく、底堅さを感じる
相場展開になっています。

日経平均先物6月限は、後場に一時2万円を付けたものの
現物指数の大台乗せにはなりませんでした。
昨日決算発表の2大時価総額上位企業は
ソフトバンクの増収増益に対し、トヨタは2期連続減益になりました。
日経平均寄与度1位 ソフトバンクG +19.96円
以下 2位テルモ +14.07円 3位東京エレク +13.12円
本日は心理的な大きな節目である20,000円に届きませんでしたが
時間の問題でしょう。
明日は5月限日経225オプションSQ(ミニSQ)で
無事通過すれば需給的に軽くなり、一段高が期待できるとする
市場関係者は多く、期待したいところです。

世界的株高を背景に主要市場で最も割安な日本株を海外投資家が
どこまで買ってくるかが当面の注目点です。
米国NASDAQ指数 史上最高値更新
ドイツDAX指数 史上最高値更新
韓国総合指数 史上最高値更新

グローバルマネーが有利な投資先を求めて世界主要市場に
資金流入しています。

4月に海外投資家の買いが入るという期待は、4/17安値18224.68円までは
まったく無縁でしたが、後半になりその勢いが増し、19,600円の節目を
一気に抜いた力は海外投資家の第4週の大幅買い越しによるものでした。
 
投資主体別売買動向(東証)4月海外投資家
     現物    先物    合計
第1週 △908億  ▼3036億  ▼2128億円
第2週 △1027億  ▼650億   △377億円
第3週 △2770億  ▼3514億  ▼744億円
第4週 △2849億  △5697億  △8546億円

日本株の構図 円安=日本株上昇 は今も全く変わりませんので
更なる円安に期待する場面です。


コメントの御返事させていただきます。

アステラス

いつも拝見させていただいています。
御身体の調子はいかがでしょうか?
日経は上昇してきておりますが、アステラスの株価について
意見をお聞かせ願えますでしょうか?
今期減益予想を出して株価急落しており、ここ数日は
調整に入ったように見えるのですが、
まだ下落すると思われますか?
16年4/8の1358円がサポートになるか、
それとも、そのまま下値を探して下落するか・・・。

コメントありがとうございます。
17/3期第4四半期が大きく下振れしたのですが
2016年、2017年も同様です。
例年と違う点は、17/3期第1四半期が絶好調で、その後が右肩下がりに
なった点と18/3期が減収減益見込みということです。
株価は4/27、4/28、5/1連続大陰線でレンジ下限の1450円を下回り
本日5/11安値1408.5円の下ヒゲがひとまず底値になる可能性大。
明日以降、1408.5円を割り込まなければ、1500円台回復
くらいの戻りは十分ありそうです。
レンジ下限を割り込んだ為、1500円を大きく超えるような上昇は
好材料待ちになるでしょう。
当面の下値メド1408.5円
1358円になる可能性は否定できませんが、極めて低いと思います。
外国人比 51.6% の為、ここから海外投資家の売りが出れば別ですが
ここからの買い下がりは有効と考えます。

時価押し目買い/1500円~1530円売り目標



実戦チャート
注:以下の銘柄はハイリスクハイリターンですので
  初心者の方は見るだけにしてください。

実戦チャート1
5355日本ルツボ 5/11終値197円
4/13安値165円を起点として、株価は急騰しています。
4/27出来高急増株価上昇
175 201 175 177 △3円 V540,000株
この日の上髭分を本日の上髭で埋めましたが、このまま
終わらないような日足の足取りです。
2007年~2008年に次ぐ利益水準が予想されます。
明日以降も出来高が減少しなければ233円~253円トライの場面が
あるかもしれません。
2015/5高値233円
2013/9高値253円
その前の高値はさかのぼること2007年7月高値472円
89年11月高値1680円の大相場を形成した時は、往年の仕手株として
自分も買っていました。
今の私は、昔のような無謀な投資はしませんが
おもしろい足取りの為ご紹介しました。
日足チャートの勉強になさってください。
ハイリスクハイリターンのチャートで、来週末までには結果が判明するでしょう。
ハイリスクハイリターンですので、初心者の方は見るだけにしてください。

実戦チャート2
7940ウエーブロックHD 5/11終値865円 △150円
2009年業績悪化により上場廃止 2017年4月10日東証2部再上場
工場集約化、生産効率化を推進しインテリアのサンゲツと資本業務提携し
2017年4月10日に東証2部再上場
ウエーブロックHD社長の木根渕氏は、1部指定替えに積極的。
サンゲツとの提携で生産能力を30%引き上げた壁紙の新工場が
来期に大きく寄与するとみられる。
レーダー波や光を透過する金属調加飾フィルムが自動運転者向け部材として
大量採用されるとの思惑がある。

会社予想
  売上 営業益 経常益 純利益 
17/3 264億 12億 15億 9.5億 

東洋経済予想 
  売上 営業益 経常益 純利益 1株益 配当の順
17/3 264億 12億 15億 9.5億 85.4円 0
18/3 270億 13億 16億 10億 89.9円 0 

以上のことから5/8(月)寄付きで買った銘柄ですが
発行株式1112万株
本日の出来高急増は、8,145,500株
この銘柄はこのままでは終わらない足取りです。
ハイリスクハイリターンですので、初心者の方は見るだけにしてください。

実戦チャート3
6817スミダコーポ 5/11終値1618円 △111円
3/21高値1831円形成後急落、4/18安値1221円で底値形成
私が目を付けた点は、
4/11終値1300円 ▼278円 -17.62% V2,158,500株
これ以降、底値圏で出来高が増加したままで、株価が切り上がってきたことです。
この足取りはまず間違いなく、だれかが何らかの思惑で買っているということです。

単位100万円  売上 営業益 経常益 純利益 1株益 
16/12期 81052 5696 4805 3087 1株益133.0円 

東洋経済予想 単位100万円
  売上 営業益 経常益 純利益 1株益 
17/12 87000 6000 5000 3300 1株益142.2円 
18/12 90000 7000 6000 4000 1株益172.3円 

売上営業利益ともに今後も成長が続く見込みです。
時価近辺の株価水準は割安感ありことから5/8寄付きで買った銘柄ですが
4/10終値1578円 4/11終値1300円 この大きな窓を
出来高を伴って、連続陽線で埋めてきたこの足取りは尋常ではありません。
明日上昇すると追撃買いサイン①②が同時点灯します。

注:上記銘柄はチャートの勉強用に掲載しました。
  大底ではありませんのでリスクを伴います。
  初心者の方は見るだけにしてチャートの勉強にお使いください。

その他にも直近様々な銘柄を買いましたが、1銘柄地雷を踏んでしまいました。

3895ハビックス 5/1 1348円買い
5/11終値1121円▼241円
営業利益変化率極めて高い
16/3期 営業利益6.41億円 EPS 58.46円
17/3期予想 営業利益14.92億円 EPS 124.28円(2/6増額修正)
当社は、紙おむつや生理用品向けの素材を提供するメーカー
主な販売先は、新興国で売り上げが拡大中の4452花王
紙おむつでアジアトップの8113ユニチャーム
直近、4452花王と8113ユニチャームの業績拡大を背景に
最高益水準が今後も続く見込み。

4/3高値1420円を超えれば順張りで高値形成まで持続方針と判断したのですが
5/10発表の18/3期が、増収減益見通しでそれを嫌気した目先筋が
本日投げてきました。

決算発表を通過するまでは、全くわかりません。
想定を大きく上回った銘柄は大きく買われ、想定に達しなかった銘柄は
売りたたかれます。

研究銘柄10 不気味な日足(5/8記)
7927ムトウ精工は高値圏で膠着していますが決算発表日5/12(金)
週明け5/15(月)には明暗がわかります。
会社/東洋経済 乖離率180%(会社事前予測弱気、東洋経済強気)

会社予想
  売上 営業益 経常益 純利益 1株益 配当
17/3 220億 1.5億 1.0億 0.8億       

東洋経済予測
17/3 230億 4.2億 6.0億 4.4億 56.9 0  2017.3.17
18/3 270億 7.0億 6.5億 4.7億 60.7 8  2017.3.17



決算発表が進み、好業績を背景に日経平均EPSが
順調に切り上がっています。

日経平均EPSの上昇
最終的に1300円台乗せは確実視(5/10EPS1303.21円)

16.5倍 高値圏 欲をかかずに買いポジションゼロを目指す
16.0倍~16.5倍 現金ポジションを高める
15.5倍 適正レベル 好循環の展開場面
15.0倍 適正レベル
14.5倍 適正レベル下限
13.5倍 安値圏 買い準備
13.0倍前後 バーゲンセール 

当面のレンジ予想
日経平均EPS 1300円とする(5/10EPS1303.21円)
2017年5月~12月相場 13.5倍~16.5倍とする
EPS1300円×16.5倍=21450円 買われすぎ水準
EPS1300円×16.0倍=20800円 現金ポジションを高める
EPS1300円×15.0倍=19500円 適正水準
EPS1300円×13.5倍=17550円 安値圏 買い準備
EPS1300円×13.0倍=16900円 バーゲンセール
上記水準の前提条件は 1ドル113円~115円の為替水準です。
日本株は、メインプレーヤーの海外投資家の動向で上下します。
円安、米国株上昇=日本株上昇
円安、米国株堅調=日本株堅調
急速な円高、米国株安=日本株急落
円高、米国株軟調=日本株軟調

本日大引け 19961.55円 △61.46円 日経平均PER15.49倍
5/11EPS1288.67円
(5/10EPS1303.21円)
19961.55円÷EPS1288.67円=14.49

☆☆☆全体相場は青信号 適正水準☆☆☆

全体相場は上方向に向いています。


次回は、5/12(金)大引け前14時ごろ更新いたします。

☆☆☆全体相場は青信号☆☆☆
現在の上昇波動は、4/17 18224.68円 を起点とします。
通常、海外投資家の買いで上昇波動に入ると2カ月くらいは持続します。
用心深く差し引いて1カ月半とすると
4/17~1カ月半=5月末~6月上旬
現時点では、5月末~6月上旬くらいまで全体相場安全 と考えます。
(5/9記)

2017年 
研究銘柄3 出遅れの水準訂正 (4/26記)
3696セレス 4/26終値1389円 
12月決算の為、現在の決算発表で減額修正リスクはありません。
フィンテックブロックチェーン関連銘柄として度々人気化しましたが
直近にかけて人気離散で底値模索の展開になりました。
4/13安値1,302円(暫定1番底)
その後1,400円を大きく超える動きは今のところなく底練りになっていますが
全体相場好転から、見直し買いが入る展開が予想されます。
時価近辺での買い
売り目標①1550円~1600円前後
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値1654円△156円 終値1574円△76円
5/9高値1654円まで買われる場面がありましたが
長い上髭を引いて引けました。
大底からの初動の上昇の為、もう少し持続で良いと考えます。

研究銘柄4 出遅れの水準訂正 (4/26記)
2928RIZAP 4/26終値820円
レンジ相場が続いています。
レンジ上限900円~923円
レンジ下限729円~777円
時価近辺での買い
売り目標①880円以上
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値879円まで買われる場面があり間もなく売り目標①です。
上げシロがもう少しあるように思えますが、欲をかきすぎず
腹8分目で対処すれば、相場の格言「利食い千人力」
残りの上昇分は他人におすそ分けくらいの余裕も必要です。
売り目標②900円前後
売った後の上昇 儲けそこないは良いのです。

研究銘柄5 悪材料出尽くし (5/7記)
6773パイオニア 5/2終値205円
17/3期減額修正 4/13安値193円 4/28安値198円
ダブルボトム形成なるか
買い目標200円~203円
売り目標①220円(1~3カ月)
売り目標②240円(3カ月)
売り目標③260円(年内)

研究銘柄6 連続最高益更新 (5/7記)
注:押し目がなければ買い見送り 
4709インフォメデベロプ 5/2終値1224円
5/2史上最高値更新5/2H1280円
この場合は、押し目買い有効です。
注:押し目がなければ買い見送り
買い目標 1170円以下(アンダーの買い指値)
売り目標 1300円以上(10%利食い)

研究銘柄7 3期連続営業増益予想 (5/7記)
4526理研ビタミン 5/2終値4205円
4/17安値3980円で目先底値確認
4500円まで戻り売りが出やすく上値は重いものの
そろそろレンジ下限から抜け出す時期か。
買い目標 4200円以下
売り目標①4500円
売り目標②4800円以上

研究銘柄8 株価横ばいからの脱却 (5/7記)
2413エムスリー 5/2終値2897円
買い目標 時価の押し目水準 出来れば2850円くらい
売り目標①3200円(1カ月)
売り目標②3500円以上(3~6カ月)
5/9追記
株価横ばいからの脱却し始めています。
3,000円台に乗せると機関投資家
個人投資家全員参加の上昇になりそうです。

研究銘柄9 値幅日柄調整完了 (5/7記)
3258ユニゾHD 5/2終値3060円
2016年5/13高値6160円形成後、値幅日柄調整
4/6安値2640円 2番底形成後の反発期待
5/1 追撃買いサイン①②同時点灯
買い目標 時価の押し目水準 出来れば3050円以下
売り目標①3380円(1~3カ月)
売り目標②3800円(3~6カ月)
売り目標③未定 人気化次第

研究銘柄10 不気味な日足(5/8記)
7927ムトウ精工 5/8終値565円
2月に大きく買われた銘柄で3/2高値584円形成後上値が重くなり
その後短期調整に入りました。
4/14安値464円で底打ちとなり、4/28以降連日陽線が立ち
強い足取りになっています。
ハイリスク銘柄の為注意が必要ですが相場は現在進行中で生きています。 
このままでは終わらない日足チャートです。
注:ハイリスクの為チャートの勉強にお使いください

研究銘柄11 レンジ下限のローリスク(5/9記)
3328BEENOS 5/9終値1361円
この銘柄はレンジ下限で買って2~3週間後
切り返したところを欲をかかずに売る銘柄です。
3月までは、レンジ下限が1420円水準でしたが
100円強切り下がりました。
買い目標は時価近辺の押し目狙い
売り目標①1460円前後
売り目標②1560円前後
欲をかきすぎると再びレンジ下限まで下がる場合があります。
腹8分目で欲を抑えれば手堅く利益が入る銘柄です。


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

先高観

5月10日(水)14:00


決算発表が進み、好業績を背景に日経平均EPSが
順調に切り上がっています。

日経平均EPSの上昇
最終的に1300円台乗せは確実視
5/9 1272.80円
5/8 1272.10円
5/2 1267.65円
5/1 1266.26円
4/28 1203.56円

日経平均PERで考える売買タイミング
(海外短期筋の影響を受けにくい勝ち残る投資)

16.5倍 高値圏 欲をかかずに買いポジションゼロを目指す

16.0倍~16.5倍 現金ポジションを高める

15.5倍 適正レベル 好循環の展開場面

15.0倍 適正レベル

14.5倍 適正レベル下限

13.5倍 安値圏 買い準備

13.0倍前後 バーゲンセール 

当面のレンジ予想

日経平均EPS 1300円とする

2017年5月~12月相場 13.5倍~16.5倍とする

EPS1300円×16.5倍=21450円 買われすぎ水準
EPS1300円×16.0倍=20800円 現金ポジションを高める

EPS1300円×15.0倍=19500円 適正水準

EPS1300円×13.5倍=17550円 安値圏 買い準備
EPS1300円×13.0倍=16900円 バーゲンセール

上記水準の前提条件は 1ドル113円~115円の為替水準です。
日本株は、メインプレーヤーの海外投資家の動向で上下します。
円安、米国株上昇=日本株上昇
円安、米国株堅調=日本株堅調
急速な円高、米国株安=日本株急落
円高、米国株軟調=日本株軟調

本日前引 19903.06円 日経平均PER15.31倍

19903.06円÷EPS1300円=15.31

☆☆☆全体相場は青信号 適正水準☆☆☆

全体相場は上方向に向いています。


本日は病院での検査の為時間を早めて更新させていただきました。


次回は、5/11(木)20:00~21:00ごろ更新いたします。

☆☆☆全体相場は青信号☆☆☆
現在の上昇波動は、4/17 18224.68円 を起点とします。
通常、海外投資家の買いで上昇波動に入ると2カ月くらいは持続します。
用心深く差し引いて1カ月半とすると
4/17~1カ月半=5月末~6月上旬
現時点では、5月末~6月上旬くらいまで全体相場安全 と考えます。
(5/9記)

2017年 
研究銘柄3 出遅れの水準訂正 (4/26記)
3696セレス 4/26終値1389円 
12月決算の為、現在の決算発表で減額修正リスクはありません。
フィンテックブロックチェーン関連銘柄として度々人気化しましたが
直近にかけて人気離散で底値模索の展開になりました。
4/13安値1,302円(暫定1番底)
その後1,400円を大きく超える動きは今のところなく底練りになっていますが
全体相場好転から、見直し買いが入る展開が予想されます。
時価近辺での買い
売り目標①1550円~1600円前後
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値1654円△156円 終値1574円△76円
5/9高値1654円まで買われる場面がありましたが
長い上髭を引いて引けました。
大底からの初動の上昇の為、もう少し持続で良いと考えます。

研究銘柄4 出遅れの水準訂正 (4/26記)
2928RIZAP 4/26終値820円
レンジ相場が続いています。
レンジ上限900円~923円
レンジ下限729円~777円
時価近辺での買い
売り目標①880円以上
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値879円まで買われる場面があり間もなく売り目標①です。
上げシロがもう少しあるように思えますが、欲をかきすぎず
腹8分目で対処すれば、相場の格言「利食い千人力」
残りの上昇分は他人におすそ分けくらいの余裕も必要です。
売り目標②900円前後
売った後の上昇 儲けそこないは良いのです。

研究銘柄5 悪材料出尽くし (5/7記)
6773パイオニア 5/2終値205円
17/3期減額修正 4/13安値193円 4/28安値198円
ダブルボトム形成なるか
買い目標200円~203円
売り目標①220円(1~3カ月)
売り目標②240円(3カ月)
売り目標③260円(年内)

研究銘柄6 連続最高益更新 (5/7記)
注:押し目がなければ買い見送り 
4709インフォメデベロプ 5/2終値1224円
5/2史上最高値更新5/2H1280円
この場合は、押し目買い有効です。
注:押し目がなければ買い見送り
買い目標 1170円以下(アンダーの買い指値)
売り目標 1300円以上(10%利食い)

研究銘柄7 3期連続営業増益予想 (5/7記)
4526理研ビタミン 5/2終値4205円
4/17安値3980円で目先底値確認
4500円まで戻り売りが出やすく上値は重いものの
そろそろレンジ下限から抜け出す時期か。
買い目標 4200円以下
売り目標①4500円
売り目標②4800円以上

研究銘柄8 株価横ばいからの脱却 (5/7記)
2413エムスリー 5/2終値2897円
買い目標 時価の押し目水準 出来れば2850円くらい
売り目標①3200円(1カ月)
売り目標②3500円以上(3~6カ月)
5/9追記
株価横ばいからの脱却し始めています。
3,000円台に乗せると機関投資家
個人投資家全員参加の上昇になりそうです。

研究銘柄9 値幅日柄調整完了 (5/7記)
3258ユニゾHD 5/2終値3060円
2016年5/13高値6160円形成後、値幅日柄調整
4/6安値2640円 2番底形成後の反発期待
5/1 追撃買いサイン①②同時点灯
買い目標 時価の押し目水準 出来れば3050円以下
売り目標①3380円(1~3カ月)
売り目標②3800円(3~6カ月)
売り目標③未定 人気化次第

研究銘柄10 不気味な日足(5/8記)
7927ムトウ精工 5/8終値565円
2月に大きく買われた銘柄で3/2高値584円形成後上値が重くなり
その後短期調整に入りました。
4/14安値464円で底打ちとなり、4/28以降連日陽線が立ち
強い足取りになっています。
ハイリスク銘柄の為注意が必要ですが相場は現在進行中で生きています。 
このままでは終わらない日足チャートです。
注:ハイリスクの為チャートの勉強にお使いください

研究銘柄11 レンジ下限のローリスク(5/9記)
3328BEENOS 5/9終値1361円
この銘柄はレンジ下限で買って2~3週間後
切り返したところを欲をかかずに売る銘柄です。
3月までは、レンジ下限が1420円水準でしたが
100円強切り下がりました。
買い目標は時価近辺の押し目狙い
売り目標①1460円前後
売り目標②1560円前後
欲をかきすぎると再びレンジ下限まで下がる場合があります。
腹8分目で欲を抑えれば手堅く利益が入る銘柄です。


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

日経平均EPSの上昇余地

5月9日(火)20:00

大引け

日経平均株価

19915.64(9:00)

19917.45(9:01)

19838.71(12:35)

19843.00(15:00)

前日比▼52.70 -0.26%

TOPIX

1585.77(9:00)

1586.83(9:33)

1580.12(12:35)

1581.77(15:00)

前日比▼4.09 -0.26%


値上がり銘柄数 918


値下がり銘柄数 950


新高値銘柄数 290


新安値銘柄数 1


騰落レシオ25D 118.6


日経平均25D乖離率 +5.07


TOPIX25D乖離率 +4.99


日経平均株価は4日ぶりに反落

1ドル113円台に進んだ円安を背景に小幅続伸して
19,900円台に乗せて始まりました

寄付 19915.64(9:00)△19.94

高値 19917.45(9:01)△21.75

前日までの急ピッチの上昇で短期的な過熱感から
20,000円の大台を目前に上値が重い展開となり
前日終値を意識した狭いレンジでの推移となりました

安値 19838.71(12:35)▼56.99

19,900円を割り込む水準から大きく売り込む動きはなく
19,800円台でのもみ合いになり
4日ぶりに小幅反落して引けました

大引 19843.00(15:00)▼52.70


前日までの急ピッチの上昇で昨日の25日移動平均乖離率が
短期的にやや過熱水準とされる5.0%を越えました。
上昇ピッチの速さを警戒し、本日は利益確定売りや
戻り売りが優勢となりました。

日経平均株価
5/9 +5.07%
5/8 +5.52%
5/2 +3.29%

TOPIX
5/9 +4.99%
5/8 +5.41%
5/2 +3.16%

輸送用機器、鉄鋼、非鉄金属の大型株、コア銘柄は軟調さが
目立ちましたが、空運、金属製品、建設は堅調な値動きになりました。
中小型株、新興銘柄の一角や好業績銘柄、出遅れバリュー株が
物色の中心になりました。
これらの銘柄には個人投資家の買いが入り、相場は底堅くなっています。
インデックス、大型株は、海外投資家主導の為、海外勢の買いが入らなければ
上値が重くなります。
幸い1ドル113円台の円安水準になったため、もう一段円安が進めば
海外投資家主導の日本株上昇、待望の20,000円の大台乗せの可能性は残っています。
114円台後半~115円水準の円安になれば上値余地が見えてくるでしょう。

日経平均EPSの上昇
5/9 1272.80円
5/8 1272.10円
5/2 1267.65円
5/1 1266.26円
4/28 1203.56円
トヨタ、ソフトバンクの決算を控え、日経平均EPSの上昇余地が残っています。

114円台後半~115円水準の円安+日経平均EPSの上昇
これが日経平均株価20,000円大台乗せ 更なる上昇の条件になります。 

コア銘柄の決算発表に注目です。

海外投資家主導の20,000円トライになるまでは、中小型株、新興銘柄の一部
好業績銘柄、テーマ株に個人投資家の資金が循環するものと考えます。

現在の上昇波動は、4/17 18224.68円 を起点とします。
通常、海外投資家の買いで上昇波動に入ると2カ月くらいは持続します。
用心深く差し引いて1カ月半とすると
4/17~1カ月半=5月末~6月上旬
現時点では、5月末~6月上旬くらいまで全体相場安全 と考えます。



研究銘柄11 レンジ下限のローリスク(5/9記)
3328BEENOS 5/9終値1361円
この銘柄はレンジ下限で買って2~3週間後
切り返したところを欲をかかずに売る銘柄です。
3月までは、レンジ下限が1420円水準でしたが
100円強切り下がりました。
買い目標は時価近辺の押し目狙い
売り目標①1460円前後
売り目標②1560円前後
欲をかきすぎると再びレンジ下限まで下がる場合があります。
腹8分目で欲を抑えれば手堅く利益が入る銘柄です。


過去掲載分について

研究銘柄3 出遅れの水準訂正 (4/26記)
3696セレス 4/26終値1389円 
売り目標①1550円~1600円前後 売り目標②未定
5/9追記
5/9高値1654円△156円 終値1574円△76円
5/9高値1654円まで買われる場面がありましたが
長い上髭を引いて引けました。
大底からの初動の上昇の為、もう少し持続で良いと考えます。

研究銘柄4 出遅れの水準訂正 (4/26記)
2928RIZAP 4/26終値820円
レンジ相場が続いています。
レンジ上限900円~923円
レンジ下限729円~777円
時価近辺での買い
売り目標①880円以上
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値879円まで買われる場面があり間もなく売り目標①です。
上げシロがもう少しあるように思えますが、欲をかきすぎず
腹8分目で対処すれば、相場の格言「利食い千人力」
残りの上昇分は他人におすそ分けくらいの余裕も必要です。
売り目標②900円前後
売った後の上昇 儲けそこないは良いのです。

研究銘柄8 株価横ばいからの脱却 (5/7記)
2413エムスリー 5/2終値2897円
5/9追記
株価横ばいからの脱却し始めています。
3,000円台に乗せると機関投資家、個人投資家全員参加の上昇になりそうです。


次回は、5/10(火)14:30~15:00ごろ更新いたします。

☆☆☆全体相場は青信号☆☆☆
現在の上昇波動は、4/17 18224.68円 を起点とします。
通常、海外投資家の買いで上昇波動に入ると2カ月くらいは持続します。
用心深く差し引いて1カ月半とすると
4/17~1カ月半=5月末~6月上旬
現時点では、5月末~6月上旬くらいまで全体相場安全 と考えます。
(5/9記)

2017年 
研究銘柄3 出遅れの水準訂正 (4/26記)
3696セレス 4/26終値1389円 
12月決算の為、現在の決算発表で減額修正リスクはありません。
フィンテックブロックチェーン関連銘柄として度々人気化しましたが
直近にかけて人気離散で底値模索の展開になりました。
4/13安値1,302円(暫定1番底)
その後1,400円を大きく超える動きは今のところなく底練りになっていますが
全体相場好転から、見直し買いが入る展開が予想されます。
時価近辺での買い
売り目標①1550円~1600円前後
売り目標②未定

研究銘柄4 出遅れの水準訂正 (4/26記)
2928RIZAP 4/26終値820円
レンジ相場が続いています。
レンジ上限900円~923円
レンジ下限729円~777円
時価近辺での買い
売り目標①880円以上
売り目標②未定

研究銘柄5 悪材料出尽くし (5/7記)
6773パイオニア 5/2終値205円
17/3期減額修正 4/13安値193円 4/28安値198円ダブルボトム形成なるか
買い目標200円~203円
売り目標①220円(1~3カ月)
売り目標②240円(3カ月)
売り目標③260円(年内)

研究銘柄6 連続最高益更新 (5/7記)
注:押し目がなければ買い見送り 
4709インフォメデベロプ 5/2終値1224円
5/2史上最高値更新5/2H1280円
この場合は、押し目買い有効です。
注:押し目がなければ買い見送り
買い目標 1170円以下(アンダーの買い指値)
売り目標 1300円以上(10%利食い)

研究銘柄7 3期連続営業増益予想 (5/7記)
4526理研ビタミン 5/2終値4205円
4/17安値3980円で目先底値確認
4500円まで戻り売りが出やすく上値は重いものの
そろそろレンジ下限から抜け出す時期か。
買い目標 4200円以下
売り目標①4500円
売り目標②4800円以上

研究銘柄8 株価横ばいからの脱却 (5/7記)
2413エムスリー 5/2終値2897円
買い目標 時価の押し目水準 出来れば2850円くらい
売り目標①3200円(1カ月)
売り目標②3500円以上(3~6カ月)

研究銘柄9 値幅日柄調整完了 (5/7記)
3258ユニゾHD 5/2終値3060円
2016年5/13高値6160円形成後、値幅日柄調整
4/6安値2640円 2番底形成後の反発期待
5/1 追撃買いサイン①②同時点灯
買い目標 時価の押し目水準 出来れば3050円以下
売り目標①3380円(1~3カ月)
売り目標②3800円(3~6カ月)
売り目標③未定 人気化次第

研究銘柄10 不気味な日足(5/8記)
7927ムトウ精工 5/8終値565円
2月に大きく買われた銘柄で3/2高値584円形成後上値が重くなり
その後短期調整に入りました。
4/14安値464円で底打ちとなり、4/28以降連日陽線が立ち
強い足取りになっています。
ハイリスク銘柄の為注意が必要ですが相場は現在進行中で生きています。 
このままでは終わらない日足チャートです。
注:ハイリスクの為チャートの勉強にお使いください


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

出遅れ株割安株の底上げ相場

5月8日(月)15:25

大引け

日経平均株価

19709.01(9:00)

19929.48(14:54)

19705.19(9:01)

19895.70(15:00)

前日日△450.00 +2.31%

TOPIX

1569.15(9:00)

1587.23(14:58)

1568.83(9:01)

1585.86(15:00)

前日比△35.56 +2.29%

連休明けの日経平均株価は大幅高で3日続伸

先週末発表の米国雇用統計が予想を上回る内容になり
対ドルで円安方向へ
5/7フランス大統領選挙決選投票も当初予想通りの
マクロン氏が当選し、対ユーロで円安進行へ
日経平均株価は寄り付き段階で昨年来高値を更新して始まりました

寄付 19709.01(9:00)△263.31

安値 19705.19(9:01)△259.49

その後も順調に上げ幅を拡大し19,800円台に乗せました
前場高値 19804.20(11:15)△358.50

前引 19795.19(11:35)△349.49

大幅高で前引けになりましたが、後場も堅調に始まり
19,800円台に乗せて始まりました
後場寄付 19806.94(12:30)△361.24

後場も堅調に推移し19,900円台に乗せる場面がありました

高値 19929.48(14:54)△483.78

日経平均株価は一気に節目を抜き大幅高で3日続伸して引けました

大引 19895.70(15:00)△450.00


重要イベント全て無事通過し、対ドル、対ユーロで円安進行
5/4米国FOMC
5/5米国雇用統計
5/7フランス大統領選挙決選投票

GW中の海外時間での先物市場で日経平均節目である19,600円水準を
一気に抜け、本日の寄り付き段階から大きな窓を開け買い先行で始まりました。

GW明けの日本市場上値の重かった節目を一気に突破
日経平均の節目
以下の一覧の右側が、米国10年債利回り
1、12/21高値19592.90円 ドル円H 118.06円  2.55%
2、1/5高値19615.40円 ドル円H 118.18円(1/4)2.37%
3、1/27高値19486.68円 ドル円H 115.30円  2.49% 
4、2/13高値19519.44円 ドル円H 114.17円  2.43%
5、3/2高値19668.01円 ドル円H 114.18円  2.49%
6、3/13高値19656.48円 ドル円H 114.92円  2.62%

日経平均 次の節目
2015年
12/1高値20012.40円

2015年の三尊天井
6/24高値20952.71円
7/21高値20850.00円
8/11高値20946.93円

海外投資家が日本株組み入れ比率を上げるため主力大型株に
買いを入れているようです。
20,000円の大台乗せは通過点となり、次の節目に向かって
今月はどこまで上昇するかに注目が集まります。

一気に節目を抜き、大型株指数、中型株指数、小型株指数
揃ってまんべんなく買われたため、強い相場展開は
5月中~6月にかけて続きそうです。

明日以降も決算発表が出てきますが、好業績を背景に
日経平均EPSの上昇を株価が織り込む動きも加わり
円安、日経平均EPS上昇=日本株買い
メインプレーヤーの海外投資家中心に、国内機関投資家から
個人投資家まで全員参加型の幅広い銘柄の底上げ相場が続きそうです。


研究銘柄10 不気味な日足(5/8記)
7927ムトウ精工 5/8終値
2月に大きく買われた銘柄で3/2高値584円形成後上値が重くなり
その後短期調整に入りました。
4/14安値464円で底打ちとなり、4/28以降連日陽線が立ち
強い足取りになっています。
ハイリスク銘柄の為注意が必要ですが相場は現在進行中で生きています。 
このままでは終わらない日足チャートです。
注:ハイリスクの為チャートの勉強にお使いください


次回は、5/9(火)20:00~21:00ごろ更新いたします。

2017年 
研究銘柄3 出遅れの水準訂正 (4/26記)
3696セレス 4/26終値1389円 
12月決算の為、現在の決算発表で減額修正リスクはありません。
フィンテックブロックチェーン関連銘柄として度々人気化しましたが
直近にかけて人気離散で底値模索の展開になりました。
4/13安値1,302円(暫定1番底)
その後1,400円を大きく超える動きは今のところなく底練りになっていますが
全体相場好転から、見直し買いが入る展開が予想されます。
時価近辺での買い
売り目標①1550円~1600円前後
売り目標②未定

研究銘柄4 出遅れの水準訂正 (4/26記)
2928RIZAP 4/26終値820円
レンジ相場が続いています。
レンジ上限900円~923円
レンジ下限729円~777円
時価近辺での買い
売り目標①880円以上
売り目標②未定

研究銘柄5 悪材料出尽くし (5/7記)
6773パイオニア 5/2終値205円
17/3期減額修正 4/13安値193円 4/28安値198円ダブルボトム形成なるか
買い目標200円~203円
売り目標①220円(1~3カ月)
売り目標②240円(3カ月)
売り目標③260円(年内)

研究銘柄6 連続最高益更新 (5/7記)
注:押し目がなければ買い見送り 
4709インフォメデベロプ 5/2終値1224円
5/2史上最高値更新5/2H1280円
この場合は、押し目買い有効です。
注:押し目がなければ買い見送り
買い目標 1170円以下(アンダーの買い指値)
売り目標 1300円以上(10%利食い)

研究銘柄7 3期連続営業増益予想 (5/7記)
4526理研ビタミン 5/2終値4205円
4/17安値3980円で目先底値確認
4500円まで戻り売りが出やすく上値は重いものの
そろそろレンジ下限から抜け出す時期か。
買い目標 4200円以下
売り目標①4500円
売り目標②4800円以上

研究銘柄8 株価横ばいからの脱却 (5/7記)
2413エムスリー 5/2終値2897円
買い目標 時価の押し目水準 出来れば2850円くらい
売り目標①3200円(1カ月)
売り目標②3500円以上(3~6カ月)

研究銘柄9 値幅日柄調整完了 (5/7記)
3258ユニゾHD 5/2終値3060円
2016年5/13高値6160円形成後、値幅日柄調整
4/6安値2640円 2番底形成後の反発期待
5/1 追撃買いサイン①②同時点灯
買い目標 時価の押し目水準 出来れば3050円以下
売り目標①3380円(1~3カ月)
売り目標②3800円(3~6カ月)
売り目標③未定 人気化次第


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

連休最終日臨時更新

5月7日(日)14:40
連休最終日臨時更新

5月2日(火)

日経平均株価

19335.72(9:00)

19464.30(10:16)

19335.02(9:00)

19445.70(15:00)

前日比△135.18 +0.70%

連休前5/2(火)日経平均株価は続伸

4/17安値18224.68円で底値形成後、円高一服、北朝鮮リスクの落ち着きで
海外短期筋を中心とした売り勢力の買戻しが一気に進み株価は急速に
切り返してきました。
4/25以降は、売り方の買戻しだけではなく実需の買いも加わり
連休前の5/2(火)には、19464.30円 長く続いたレンジ相場の
上限付近まで戻りました。

重要指標5/5(金)米国4月雇用統計は、事前予想値の20万人を大きく超え
米国の6月利上げがさらに高まりました。
5/7(日)フランス大統領選挙決選投票も事前予想では無事通過見込み。

SGX日経平均先物 19725.00円 △230.00円
ドル円相場 112.71円~112.74円
NYダウ 21006.94ドル △55.47ドル
NASDAQ 6100.75 △25.42
S&P500 2399.29 △9.77
欧州主要市場はそろって上昇

日経平均の節目
以下の一覧の右側が、米国10年債利回り
1、12/21高値19592.90円 ドル円H 118.06円  2.55%
2、1/5高値19615.40円 ドル円H 118.18円(1/4)2.37%
3、1/27高値19486.68円 ドル円H 115.30円  2.49% 
4、2/13高値19519.44円 ドル円H 114.17円  2.43%
5、3/2高値19668.01円 ドル円H 114.18円  2.49%
6、3/13高値19656.48円 ドル円H 114.92円  2.62%

連休明けの日経平均株価は、海外での先物価格にさや寄せする形で
昨年来最高値3/2高値19668.01円 を越える可能性が高まりました。
3/2のドル円相場は、114.18円 米国10年債利回り 2.49%
直近のドル円相場 112.71円~112.74円 米国10年債利回り 2.350%
ドル円相場、10年債利回りともに3/2とはやや開きがあるものの
日経平均EPS上昇、日経平均PER低下の収益見通し改善を織り込む形になり
節目越えから、20,000円の大台乗せにトライが期待できる場面です。

5/8(月)以降、17/3期決算発表がピークを迎えます。
事前予想値を上回る銘柄は買われ、予想値に届かない銘柄は失望売りに押される
決算発表特有の値動きになり、全体相場はEPSの上昇でレンジ切り上げの展開が
予想され、5月~6月上昇期待となりそうです。


研究銘柄5 悪材料出尽くし (5/7記)
6773パイオニア 5/2終値205円
17/3期減額修正 4/13安値193円 4/28安値198円ダブルボトム形成なるか
買い目標200円~203円
売り目標①220円(1~3カ月)
売り目標②240円(3カ月)
売り目標③260円(年内)

研究銘柄6 連続最高益更新 (5/7記)
注:押し目がなければ買い見送り 
4709インフォメデベロプ 5/2終値1224円
5/2史上最高値更新5/2H1280円
この場合は、押し目買い有効です。
注:押し目がなければ買い見送り
買い目標 1170円以下(アンダーの買い指値)
売り目標 1300円以上(10%利食い)

研究銘柄7 3期連続営業増益予想 (5/7記)
4526理研ビタミン 5/2終値4205円
4/17安値3980円で目先底値確認
4500円まで戻り売りが出やすく上値は重いものの
そろそろレンジ下限から抜け出す時期か。
買い目標 4200円以下
売り目標①4500円
売り目標②4800円以上

研究銘柄8 株価横ばいからの脱却 (5/7記)
2413エムスリー 5/2終値2897円
買い目標 時価の押し目水準 出来れば2850円くらい
売り目標①3200円(1カ月)
売り目標②3500円以上(3~6カ月)

研究銘柄9 値幅日柄調整完了 (5/7記)
3258ユニゾHD 5/2終値3060円
2016年5/13高値6160円形成後、値幅日柄調整
4/6安値2640円 2番底形成後の反発期待
5/1 追撃買いサイン①②同時点灯
買い目標 時価の押し目水準 出来れば3050円以下
売り目標①3380円(1~3カ月)
売り目標②3800円(3~6カ月)
売り目標③未定 人気化次第


次回は、5/8(月)15:15ごろ更新いたします。

2017年 
研究銘柄3 出遅れの水準訂正 (4/26記)
3696セレス 4/26終値1389円 
12月決算の為、現在の決算発表で減額修正リスクはありません。
フィンテックブロックチェーン関連銘柄として度々人気化しましたが
直近にかけて人気離散で底値模索の展開になりました。
4/13安値1,302円(暫定1番底)
その後1,400円を大きく超える動きは今のところなく底練りになっていますが
全体相場好転から、見直し買いが入る展開が予想されます。
時価近辺での買い
売り目標①1550円~1600円前後
売り目標②未定

研究銘柄4 出遅れの水準訂正 (4/26記)
2928RIZAP 4/26終値820円
レンジ相場が続いています。
レンジ上限900円~923円
レンジ下限729円~777円
時価近辺での買い
売り目標①880円以上
売り目標②未定

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

日経平均20000円台乗せの条件

5月2日(火)20:45

大引け

日経平均株価

19335.72(9:00)

19464.30(10:16)

19335.02(9:00)

19445.70(15:00)

前日比△135.18 +0.70%

TOPIX

1542.57(9:00)

1552.83(10:15)

1542.55(9:00)

1550.30(15:00)

前日比△10.53 +0.68%


値上がり銘柄数 1487


値下がり銘柄数 436


新高値銘柄数 167


新安値銘柄数 6


騰落レシオ25D 102.8


日経平均25D乖離率 +3.29


TOPIX25D乖離率 +3.16


連休前の日経平均株価は続伸

北朝鮮地政学リスクの後退
1ドル111円台後半と弱含みの円相場
落ち着いた外部環境と為替水準を背景に
続伸して始まった日経平均株価は

寄付 19335.72(9:00)△25.20

安値 19335.02(9:00)△24.50

寄付きを安値にジリジリと上げ幅を拡大しました

高値 19464.30(10:16)△153.78

買い一巡後も底堅く19,400円台での推移で前引けを迎えました

前引 19446.18(11:35)△135.66

後場は底堅い前場の流れを引き継ぎ、連休を前にして
狭いレンジでの推移となりました
後場の値幅は36円

後場高値 19449.92(13:16)△139.40

後場安値 19413.92(14:24)△103.40

日経平均株価は続伸し、この日の高値圏で引けました

大引 19445.70(15:00)△135.18


4/24(月)以降、相場の流れが変化しています。
国内機関投資家の買いが間違いなく入っているようですが
メインプレーヤーの海外短期筋の買い、長期運用の海外投資家の資金も
日本市場に入っていることが感じられる 相場の強さが伝わっています。

本日の日本市場の強さには、以下の買い材料がありました。

1、111円台後半まで円安が進む。

2、トランプ大統領が条件が整えば、北朝鮮金正恩委員長との会談の
 可能性を否定しない姿勢を示したことが伝わる。

3、米議会与野党幹部が前週末、9月末までの予算案をまとめることで合意
 政府機関の閉鎖が回避される見通しになった。
 (トランプリスクの低下)

それだけではなく、4/17 1ドル108.13円まで進んだ円高が
円安方向に動き出しているため、好調な企業業績を背景に
日経平均EPSの上昇を冷静に相場に織り込み始めています。

日経平均株価は、12/21~3/13まで
6回にわたり20,000円トライのチャンスがありましたが
上値の重さから到達できませんでした。

以下の一覧の右側が、米国10年債利回り
①12/21高値19592.90円 ドル円H 118.06円  2.55%
②1/5高値19615.40円 ドル円H 118.18円(1/4)2.37%
③1/27高値19486.68円 ドル円H 115.30円  2.49% 
④2/13高値19519.44円 ドル円H 114.17円  2.43%
⑤3/2高値19668.01円 ドル円H 114.18円  2.49%
⑥3/13高値19656.48円 ドル円H 114.92円  2.62%

しかし、今回は海外投資家次第とはいえ、到達する可能性が高まっています。
5/1に、日経平均が上昇したのにPERが急低下したのは、好調な企業業績を背景に
日経平均EPSが上昇したためです。

4/27 日経平均 19251.87円 PER16.06倍 EPS1198.75円
4/28 日経平均 19196.74円 PER15.95倍 EPS1203.56円

5/1 日経平均 19310.52円 PER15.25倍 EPS1266.26円 PERが急低下 EPS上昇
5/2 日経平均 19445.70円 PER15.34倍 EPS1267.65円 

4/28EPS1203.56円
5/1EPS1266.26円 △62.7円
62.7円上昇したため、62.7×15.0倍=940.5
日経平均EPS62.7円の上昇で940円くらいの上げ余地が発生したことになるわけです。

一覧の右側が、ドル円相場高値                ドル円相場H
①12/21高値19592.90円 日経平均終値PER16.57倍 EPS1173.48円 118.06円
②1/5高値19615.40円  日経平均終値PER16.60倍 EPS1175.95円 118.18円
③1/27高値19486.68円  日経平均終値PER16.60倍 EPS1172.73円 115.30円
④2/13高値19519.44円  日経平均終値PER15.74倍 EPS1236.29円 114.17円
⑤3/2高値19668.01円  日経平均終値PER16.18倍 EPS1209.19円 114.18円
⑥3/13高値19656.48円  日経平均終値PER16.27倍 EPS1206.75円 114.92円

4/27終値 19251.87円 PER16.06倍 EPS1198.75円 111.27円
4/28終値 19196.74円 PER15.95倍 EPS1203.56円 111.07円

5/1終値 19310.52円 PER15.25倍 EPS1266.26円 111.91円
5/2終値 19445.70円 PER15.34倍 EPS1267.65円 112円台前半

米国6月利上げ観測が高まり、先物市場では70% 6月利上げを織り込みました。
今後6月利上げ論がほぼ固まれば、米国10年債利回りの上昇
日米金利差拡大からドル高円安に振れて来るでしょう。
現在のドル円相場は、112.27円ですので、米国6月利上げ観測が高まり日米金利差拡大から
更なる円安方向に進む可能性が高く、5/1の日経平均EPSの上昇、そして今後も上昇し
ほぼ間違いなく1,300円台前半水準に乗せてくるため、海外投資家次第ではありますが
日経平均株価20,000円台乗せの可能性が高まってきたということになります。

注:5/5米国4月の雇用統計発表 事前予測20万人増加
  これが前回並みに低い数値になると6月利上げの確率が低下し
  112円台前半まで進んだ円安の流れが、円高方向に巻き戻され
  日本株上昇ムードにクギを刺すことになりかねません。

日経平均EPS1310円として
本日の水準15.34倍 1310×15.34=20095円
PER15.5倍 1310×15.5=20305円

ドル円相場が115円台まで進み、相場に勢いがつき16倍まで買われた場合
1310×16.0=20960円

日本株20,000円台乗せの条件(日経平均EPS1300円台はほぼ確実)
1、地政学リスクの落ち着き
2、6月の米国利上げ 米国10年債利回り上昇
日米金利差拡大による115円水準の円安

115円台の円安(米国長期金利上昇期待) 日経平均EPS1300円台乗せ(確実視)
以上の条件が整えば、メインプレーヤーの海外投資家の日本株買い
日経平均株価20,000円台乗せ の可能性が高まります。


昨日は、8035東京エレクトロンが好決算と18/3期大幅増収増益予想の発表から
急騰しました。
5/1 14695円 △1730円 +13.34% 寄与度1位 65.78円

本日は、7951ヤマハが17/3期営業益大幅増益 今期18/3期も営業益大幅増益予想
5/2 3630円 △535円 +17.29% 寄与度1位 20.34円

東証1部値上がり率ランキング 10%以上上昇銘柄
1位7951ヤマハ 3630円 △535円 +17.29%
2位6222島精機 4805円 △700円S高 +17.5%  
3位3769GMOPG 5620円 △700円S高 +14.23%
4位6340渋谷工 3385円 △375円 12.46%
5位3667enish 1161円 △111円 +10.57%

GW明け決算発表が出そろうまでは、好業績銘柄に資金が集中し
それらの銘柄は大幅高となり、増益でも事前予想値に届かない銘柄
減額修正銘柄は、売り込まれ2極化になってくるでしょう。
その後は、現金ポジションを高めている個人投資家が
小型株、テーマ株に資金を循環させてくるのではないでしょうか。

1、108円水準の円高が112円台前半まで円安方向に振れたこと
2、北朝鮮地政学リスクがひとまず落ち着いてきたこと
3、日経平均EPSの上昇、日経平均PERの低下、日経平均EPSの着地点1300円台乗せ
以上のことから、連休明けも外部要因で急展開がなければ
先高観が見えてきました。

日経平均20,000円台トライの可能性が高まってきました。
注:5/5米国4月の雇用統計発表 20,000円トライ相場への関門

次回は、連休中に1度更新致します その次は5/8(月)15:15ごろ更新いたします。

連休明け、20,000円トライ相場への関門
注:5/5米国4月の雇用統計発表 事前予測20万人増加
  これが前回並みに低い数値になると6月利上げの確率が低下し
  112円台前半まで進んだ円安の流れが、円高方向に巻き戻され
  日本株上昇ムードにクギを刺すことになりかねません。

2017年 
研究銘柄3 出遅れの水準訂正 (4/26記)
3696セレス 4/26終値1389円 
12月決算の為、現在の決算発表で減額修正リスクはありません。
フィンテックブロックチェーン関連銘柄として度々人気化しましたが
直近にかけて人気離散で底値模索の展開になりました。
4/13安値1,302円(暫定1番底)
その後1,400円を大きく超える動きは今のところなく底練りになっていますが
全体相場好転から、見直し買いが入る展開が予想されます。
時価近辺での買い
売り目標①1550円~1600円前後
売り目標②未定

研究銘柄4 出遅れの水準訂正 (4/26記)
2928RIZAP 4/26終値820円
レンジ相場が続いています。
レンジ上限900円~923円
レンジ下限729円~777円
時価近辺での買い
売り目標①880円以上
売り目標②未定

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

決算結果で明暗が分かれる

5月1日(月)15:20

大引け

日経平均株価

19154.03(9:00)

19311.21(15:00)

19144.62(9:00)

19310.52(15:00)

前日比△113.78 +0.59%

TOPIX

1531.45(9:00)

1540.03(14:58)

1530.31(9:30)

1539.77(15:00)

前日比△7.97 +0.52%

日経平均株価は3日ぶりに反発

先週末の米国市場は3指数そろって小反落
日本市場は連休前を意識して売り優勢で始まりました

寄付 19154.03(9:00)▼42.71

安値 19144.62(9:00)▼52.12

寄り付き直後切り返しに転じプラス圏に浮上
ジリジリと上げ幅を広げ前引けになりました

前場高値 19292.68(10:45)△95.94
前引 19274.99(11:35)△78.25

後場も前引けの流れを引き継ぎ、堅調に始まりました
ドル円相場が円安方向に振れ好業績決算を発表した
ハイテク銘柄物色が相場をけん引し、高値圏でのもみ合いになり
大引けにかけて上げ幅を広げこの日の高値圏で引けました

高値 19311.21(15:00)△114.47

日経平均株価は3日ぶりに反発して引けました

大引 19310.52(15:00)△113.78


決算の状況で明暗が分かれる結果になっています。
本日の日経平均寄与度1位は、8035東京エレクトロン 寄与度65.78円

半導体関連銘柄に海外投資家、国内機関投資家の買いが集中しています。
IOT 自動車 関連の半導体需要が活発になっているため
今後もこの流れが続きそうです。
関連銘柄
7735SCREEN
6857アドバンテスト
6146ディスコ
4063信越化学
3436SUMCO
今後は、5G関連でも半導体需要が拡大する見込みです。
中国では、国策として半導体投資が活発になっています。
中国で受注が好調の6506安川電機も海外投資家が
今後買い上がってくる可能性が高く、その場合は
8137サンワテクノスが連動して上昇することになります。
6506安川電機上昇=8137サンワテクノス上昇

GW明けの決算発表が出そろうまでは、個々の企業業績で
明暗が分かれる展開になりますが、その後は2018年3月期の
EPS上昇分を株価が織り込む形になるでしょう。
米国では6月利上げ論が活発になってきます。
現在の市場予測は、68%~72%の確率となっています。
6月利上げとなれば、日米金利差が拡大し「ドル高円安」に動きます。
円安112円の壁を突破し、114~115円水準に振れた場合は、
円安=日本株買い  海外短期筋が先物主導で買い上がり
20,000円トライの場面があるでしょう。

5/5米国雇用統計 事前予想20万人増加 を上回れば6月利上げの確率が
さらに上昇しドル高円安が進みそうです。
円安112円の壁を突破出来るかどうかが注目点です。

個人投資家は、大きな評価損が少ないため再び中小型株、新興銘柄に
資金が循環することが予想されます。
以下の項目が必須条件です。
1、地政学リスクの低下
2、米国景気の持続と減税、公共投資
3、円安112円の壁を突破し、114~115円水準に振れること
(6月米国利上げ)

上記のシナリオ通りになった場合は、5月~6月上昇期待
日経平均20,000円トライの可能性

買い一巡後は夏場から秋ごろまでのどこかで調整局面となり
もう1度買い場があるかもしれません。
現時点ではこのように考えていますが、日々変化する世界情勢
日本株にとって最も重要な為替動向を見定めて、修正して参ります。

本日も小型の好業績銘柄中心に新規買いを行いました。 
目いっぱいの買いはしませんが、好業績銘柄を買って
1~2カ月で利食う予定です。
あくまで資金の一部を振り分けての投資です。


次回は、5/2(火)20:00~21:00ごろ更新いたします。

取り越し苦労で終わればよいのですが
GW 過去3年間は3%ほど急落する場面があり
海外短期筋の動向には要注意です。
GW明けの5/8(月)まで警戒

2016年
4/28 16666.05円 ▼624.44円 -3.61%
5/2 16147.38円 ▼517.67円 -3.11%

2015年
4/30 19520.01円 ▼538.94円 -2.69%
5/7 19291.99円 ▼239.64円 -1.23%

2014年
5/7 14033.45円 ▼424.06円 -2.93%

日本人が休んでいるときにスキをついて
円買い、先物売り を仕掛けてくる可能性があることを用心します。
GW明けの5/8(月)まで警戒

2017年 
研究銘柄3 出遅れの水準訂正 (4/26記)
3696セレス 4/26終値1389円 
12月決算の為、現在の決算発表で減額修正リスクはありません。
フィンテックブロックチェーン関連銘柄として度々人気化しましたが
直近にかけて人気離散で底値模索の展開になりました。
4/13安値1,302円(暫定1番底)
その後1,400円を大きく超える動きは今のところなく底練りになっていますが
全体相場好転から、見直し買いが入る展開が予想されます。
時価近辺での買い
売り目標①1550円~1600円前後
売り目標②未定

研究銘柄4 出遅れの水準訂正 (4/26記)
2928RIZAP 4/26終値820円
レンジ相場が続いています。
レンジ上限900円~923円
レンジ下限729円~777円
時価近辺での買い
売り目標①880円以上
売り目標②未定

M&Aの神様の教え 
日本電産 永守重信会長兼社長 過去52回の企業買収で減損ゼロ すべて成功
日本企業による海外企業へのM&Aは、88%が失敗 成功はわずか2%
10%は、成功でも失敗でもどちらでもないとしている。(永守氏)
永守氏は、買収戦略では「高値掴みをしないことが大切」
買収戦略のポイント「価格、経営への関与、相乗効果」としている。
永守氏曰く 「M&A成功の秘訣は、買収金額の上限を決めたうえで
出来るだけ安く買うこと」だそうです。
値段が折り合わない時は、安く買えるまで諦めず何年でも交渉し
買収金額の上限を決して超えない範囲で買収するそうです。
すなわち、良い企業を安く買うことに徹するということ

儲かる見込みのある良い企業を安く買えるまで諦めずに交渉する。
「高値掴みをしないことが大切」
このことは株式投資も同じです。
収益のしっかりした優良企業
年率2ケタ増益が続いている成長企業
3年後、5年後、成長の続く見込みのある杯グロース銘柄
第4次産業革命期でのテーマ性のある銘柄
良い銘柄を1年に1度~2度の急落、暴落のバーゲン価格で買う。
中途半端な局面、中途半端な水準では買わないこと
腕に覚えのあるプロの投資家は別ですが、一般の個人投資家は
海外短期筋や国内機関投資家と同じ土俵で戦う必要はありませんし
年がら年中、売買を繰り返す必要もありません。
株価が高値圏の時、中途半端な水準、分からない時、迷った時
休んで様子を見ることが最善策です。
「休むも相場」は、個人投資家の特権であり、最大の武器です。
「儲けそこないは良し」として、できる限り無駄な行動は慎む
これが今の相場で個人投資家が生き残る唯一の道と考えます。

本格的に買う場合は、年に1度~2度のバーゲン価格に限る
鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス 徳川家康公
下がらぬなら下がるまで待とう株式投資

それ以外の小さなチャンスでは、
現金ポジションを確保したうえで資金の一部を振り分けての投資

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1168)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR