FC2ブログ

2018-05

円買い、株式先物売り

5月23日(水)15:25

大引け

日経平均株価

22868.79(9:00)

22949.73(9:50)

22649.85(10:41)

22689.74(15:00)

前日比▼270.60 -1.18%

TOPIX

1803.67(9:00)

1810.84(9:49)

1791.72(10:41)

1797.31(15:00)

前日比▼12.26 -0.68%

日経平均株価は、大幅安で続落

前日の米国株軟調、円安一服の流れを受けて
売りが先行して始まりました

寄付 22868.79(9:00)▼91.55

高値 22949.73(9:50)▼10.61

10:10過ぎに先物に仕掛け的な売り物が出ると
為替も連動し、ドル安円高に振れ、急速に下げ幅を拡大

安値 22649.85(10:41)▼310.49

大幅安で前引けを迎えました

前引 22712.38(11:30)▼247.96

後場は前引けを割り込んで始まりましたが
日銀ETF買い思惑からさらに売り込む動きは
限定的になり安値圏でのもみ合いになりました

大引 22689.74(15:00)▼270.60

日経平均株価は大幅安で続落して引けました
(3/28以来の差上げ幅)

日経平均株価 下げ率-1.18%
TOPIX 下げ率-0.68%


前日のの米株式相場の下落を受けて、主力株に売りが先行
日経平均株価は続落して始まりました。

トランプ米大統領が米朝首脳会談の開催延期を示唆
北朝鮮情勢の改善期待がやや後退しました。
外国為替市場で円相場が1ドル=110円台後半に上げ幅を広げ
海外ヘッジファンドなどから日経平均先物に仕掛け的な売りが出ました。
昨日までの膠着相場で、指し値の買い注文が少なく
わずかな売りでも相場が下がりやすい状況であったため
急速に下げ幅を拡大しました。
午前の東京株式市場で日経平均株価の下げ幅は300円を超え
2万2600円台半ばを付けました。
安値 22649.85(10:41)▼310.49

5/21に日経平均株価は、23,000円の節目を回復しましたが
その後は上値の重さが目立ち、膠着感を強めていたため
相場の基調に追随する商品投資顧問(CTA)が
上昇トレンドは一服したと判断し、日経平均先物に
機械的に利益確定売りを出したようです。
(海外短期筋の円買い、株式先物売り)
この流れが波及し、一気に崩れたものと思われます。

日経平均マイナス寄与度上位銘柄
ファストリ -64.56
ソフトバンクG -18.03
ファナック -14.66
ダイキン -10.20

日経平均株価 下げ率-1.18%
TOPIX 下げ率-0.68%

本日の先物主導の急落が、1日間の限定的なものかどうかは
現時点ではわかりませんが、以前の様にすべての銘柄に
売りが波及するものではありませんでした。

トランプ米大統領が米朝首脳会談の開催延期を示唆
今後もトランプ大統領の動向で、海外短期筋主導の
日本株乱高下の可能性があります。
6/12の米朝首脳会談中止、国内政局不安次第では
5月下旬より6月にかけての戻り期待にも影響することを
覚悟する場面になりました。

1570日経レバ 5/7 20050円買い 保有中
本日前場の先物主導の下落時に成り行きで利食いました。
20770円約定

5333日本ガイシについて
5333日本ガイシが下げ幅拡大 製品の受け渡し検査で社長会見
午前中ごろから下げ幅を広げ、13:18安値1985円 
同社は製品の受け渡し検査に関する問題で23日15時から
名古屋で記者会見を開く。
会見の一報が市場に伝わり売りが出ました。
会見には大島卓社長らが出席。
5/23終値2006円▼112円


次回の更新は、5/24(木)20:00~21:00頃の予定です。

株価指数先物を利用した「空中戦」が主体の相場は
5月下旬より6月にかけて、今まで相場の圏外だった
中小型株、新興銘柄に物色の流れが進んでくるものと
考えます。
5月下旬より6月は、個人投資家に好環境の地合いになることに
十分期待できそうです。

不安材料を常に見直し、高値圏では利食い優先とする

中東情勢の不透明感、それによる原油価格上昇は、石油資源を
海外に依存する日本にとって大きなリスクになることは忘れてはいけません。
米中の経済摩擦は、ひとまず落ち着きましたが、完全に解決したわけでは
ありませんし、11月の中間選挙を控えたトランプ大統領は
票獲得のためなら手段を択ばず、今後も様々な問題をツイッターで
過激な発言をしてくるものと思われます。

中東情勢不安、トランプ大統領の中間選挙を意識した無謀な発言には
今後も注意が必要です。
6月の上昇を見極めたうえで、買いポジションの整理を行います。


株式投資で最も大切なことは、資金的余裕と精神的余裕です。
信用取引の目いっぱいの買いは墓穴を掘ることになりかねません。
初心者の方がトレンドに乗ってとんとん拍子に勝つと
しだいに分相応の枠を超えてしまいます。
資金的余裕と精神的余裕を常に頭の片隅にとどめて
欲を抑えて、腹八分目のつもりで投資に臨んでください。
どんな時も株式投資において100%はありません。
自信過剰になった時こそ、墓穴を掘ることになるものです。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (62)
株式日記 (1457)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR