fc2ブログ

2022-10

森(インデックス)を見ず、木(個別銘柄)を見る。

2022年10月23日(日)12:15

10月21日(金)東京マーケット
日経平均株価
 前場
寄付 26903.50(9:00)▼103.46
高値 26985.38(9:49)▼21.58
安値 26875.36(9:11)▼131.60
前引 26951.59(11:30)▼55.37 -0.21%
TOPIX前引 1888.44(11:30)▼6.97 -0.37%
 後場
寄付 26978.08(12:30)▼28.88
高値 26984.04(12:31)▼22.92
安値 26869.38(15:00)▼137.58
大引 26890.58(15:00)▼116.38 -0.43%

TOPIX
1889.21(9:00)
1891.49(9:01)
1881.98(15:00)
1881.98(15:00)
前日比▼13.43 -0.71%

値上がり銘柄数 350
値下がり銘柄数 1422
新高値銘柄数 30
新安値銘柄数 28

騰落レシオ25D 80.3
日経平均25日移動平均乖離率 +0.50%
TOPIX25日移動平均乖離率 -0.68%

前場
10/20(木)の米国株が連日の長期金利上昇を受けて続落した流れを受けて
朝方は売り優勢で始まりました。
寄付 26903.50(9:00)▼103.46
日経平均は寄り後、前日終値水準に迫る場面がありましたが
安値 26875.36(9:11)▼131.60
売り一巡後は下げ幅を縮小
高値 26985.38(9:49)▼21.58
27,000円の壁を超えることはできず、26,900円台での推移が続きました。
本日前場時点では米国株安、米国株先物の影響は限定的となりました。
前引 26951.59(11:30)▼55.37 -0.21%
後場
米国株指数先物が下げ幅を縮め、短期筋が先物買いを入れたため
下げ幅を縮小して始まりました。
寄付 26978.08(12:30)▼28.88
高値 26984.04(12:31)▼22.92
先物買いが一巡すると日経平均は上値が重くなり、大引けにかけて
利益確定売りに押され、前場安値を下回りました。
安値 26869.38(15:00)▼137.58
週末10/21(金)日経平均は続落して引けました。
大引 26890.58(15:00)▼116.38 -0.43%

週末10/21(金)の主要国株 米国株は3日ぶりに反発 
日経平均先物 27150円△250円 先々週末26,570円▼480円
NYダウ 31,082.56ドル△748.97ドル 先々週末29,634.83ドル▼403.89ドル
ナスダック 10,859.716△244.872 先々週末10,321.388▼327.764
S&P500 3,752.75△86.97 先々週末3,583.07▼86.84
10年債利回り 4.226%▼0.004% 先々週末4.022%△0.080%
NY原油 85.14ドル△0.63ドル 先々週末85.55ドル▼3.56ドル
ドル円 147.70円~147.72円 先々週末148.72円~148.74円
上海総合指数 3,038.9291 △3.8787 先々週末3,024.3905▼16.8141
欧州市場 
ドイツDAX 12,730.90▼36.51 先々週末12,437.81△82.23
イギリスFTSETM100 6,969.73 △25.82 先々週末6,858.79△8.52
フランスCAC40 6,035.39 ▼51.51 先々週末5,931.92△52.73

週末10/21(金)米国株は主要3指数そろって2%を超える大幅高で
3日ぶりに反発しました。
21日朝、ウォールストリートジャーナルが、FRBは11月のFOMCで
12月会合での利上げ幅縮小について協議するとの報道で
一時4.33%まで上昇していた長期金利が、4.2%水準まで下がり
ハイテク、グロース、景気敏感株中心に幅広い銘柄に買戻しが入りました。
週明け以降も米国株は、長期金利の動きに連動して荒い値動きが続きそうです。
21日に一時1ドル151円90銭台となり、32年ぶりの安値を更新。
22日未明、政府日銀が円買いドル売り為替介入に踏み切ったことを発表。
ドル円 147.70円~147.72円

10月21日(金)
日経平均終値 26890.58円 ▼116.38 -0.43% 
日経平均先物 27150円 △250円

週末の米国株が3日ぶりに大幅高で反発し、日経平均先物は連動して
27150円で引けたため、10/24(月)は反発して始まります。

11月1日、2日米国FOMC +0.75%利上げほぼ織り込み
11月8日アメリカ中間選挙
12月13日、14日米国FOMC +0.5% or +0.75%の利上げに警戒
好決算と長期金利上昇の綱引きとなり、日本株も米国株に連動する
方向感に欠ける荒れた相場展開が考えられます。
個別銘柄は、売り一巡感が出た銘柄も見受けられます。

森(インデックス)を見ず、木(個別銘柄)を見る。

2022年相場
日経平均株価 
高値圏 1/5高値29388.16円 8/17高値29222.77円
安値圏 3/9安値24681.74円(年初来安値)
 5/12安値25688.11円 6/20安値25520.23円 10/3安値25621.96円
10/21(金)200日移動平均27229.30円 75日移動平均27491.79円
200日移動平均 21年12/24~直近10/21までの移動平均
今の株価水準は、中間値に位置しています。  
10月21日(金)
日経平均終値 26890.58円 ▼116.38 -0.43% 
日経平均先物 27150円 △250円

インデックスは、中間値に位置していますが、様々な要因で
株価が底値圏にある銘柄は多々あります。
その中には無借金で、ROE17%以上 増収増益で最高益予想の銘柄もあります。
今の日本株は、米国長期金利と米国株の動向で、メインプレーヤーの海外短期筋が
先物主導で売り買いを繰り返し荒れ相場になっていますが、異常値まで売り込まれた銘柄や
底練りが続き、下がらなくなっている底値圏と思われる銘柄があります。

日本市場は間もなく決算発表が本格化となります。
今後インデックスは米国株と長期金利次第で、再び下がる可能性がありますが
株価水準が底値圏に達した銘柄に資金を分散して、少しづつ買い始めます。
1銘柄を1度に買わず、2回に分けて買い下がるつもりで複数の銘柄底値買いを行います。

今年前半の底値圏の監視銘柄で、更なる突込みを狙いすぎて
買えなかった銘柄が多々あり、ピンポイントで最安値の買いを意識しすぎていました。
株価が半値や三分の一になった銘柄の底値買いは、下げシロが10%程度あっても
あまり気にしないで、2回に分けて買い下がることで買い逃しを
できるだけなくすことができると考えなおしました。

前回の底値買い監視銘柄で、更なる突込みを変えず買い逃した銘柄

4933I-NE 
21年6/14高値6890円天井形成後本格調整局面
22年1/27安値2336円底値形成後底練りが続く中、更なる突込みの場面を
待ち伏せしましたが、2000円水準の突っ込みはなく買うことはできませんでした。

9279ギフト
2022年底値圏 6/17安値1979円 5/12安値2004円 3/9安値1977円
この銘柄も更なる突込み狙いでしたが、「押し目待ちに、押し目なし」
結局1800円水準の突っ込みはなく、買えませんでした。

このような安値圏に放置されている内容の良い銘柄のバーゲン価格が多々あります。
日経平均、TOPIXは中途半端な水準に位置していますが、未だに底練りしている
好内容の銘柄、下がりにくくなった水準を第一弾の買いを行うのも
リスクをついっての底値買いと思います。

週明け10/24(月)日経平均、TOPIXは、反発して買い優勢で始まりますが
米国株などの外部要因に短期筋の売買が活発に動くため、インデックスの先行きは
全く予想ができません。

淡々と「売られすぎの好内容銘柄」の底値圏の買いを行います。



株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村



次回は、10/24(月)大引け前更新いたします。

ブログ更新時刻
(月)(水)(金)大引け前に更新
(火)(木)20:00前に更新
(日)(祝)休み 相場急変時は臨時に更新 

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (140)
株式日記 (2754)
株式投資 (17)
空売り (1)
未分類 (25)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR