fc2ブログ

2023-02

日本株底堅いと見るか上値が重いと見るか

2023年2月9日(木)18:00更新

明日2/10(金)の更新時刻は通常より遅れ、20:00までに更新とさせていただきます。

前日2/8(水)の米国株
NYダウ 33,949.01ドル ▼207.68ドル -0.60%
ナスダック 11,910.520 ▼203.266 -1.67%
S&P500 4,117.86 ▼46.14 -1.10%
米国10年債利回り 3.620% ▼0.055%
NY原油 78.52円
ドル円 130.89円 2/8

前日の米穀株主要3指数は揃って反落。
FRB高官発言がタカ派寄りと受け止められ、利上げ早期停止観測
年内の利下げ期待が後退しました。
8日、FRBウォラー理事が講演で、インフレ抑制について
努力は報われ始めたが、まだこれからだ 長い戦いになるかもしれないと
金融引き締め継続を示唆しました。
ニューヨーク連銀ウィリアムズ総裁も十分に引き締め的な金融政策を
継続する必要があると述べました。
幅広い銘柄が利益確定売りに押されました。
ハイテク株比率の高いナスダック指数は、▼1.67%の大幅反落になりました。

2月9日(木)東京マーケット
日経平均株価
 前場
寄付 27453.40(9:00)▼153.06
高値 27521.66(10:31)▼84.80
安値 27424.69(9:12)▼181.77
前引 27479.86(11:30)▼126.60 -0.46%
TOPIX前引 1980.07(11:30)▼3.90 -0.20%
 後場
寄付 27487.93(12:30)▼118.53
高値 27635.38(14:53)△28.92
安値 27487.93(12:30)▼118.53
大引 27584.35(15:00)▼22.11 -0.08%

TOPIX
1976.31(9:00)
1987.92(14:51)
1975.85(9:12)
1985.00(15:00)
前日比△1.03 +0.05%

値上がり銘柄数 980
値下がり銘柄数 761
新高値銘柄数 60
新安値銘柄数 9

騰落レシオ25D 128.7
日経平均25日移動平均乖離率 +2.52%
TOPIX25日移動平均乖離率 +2.19%

前日の米国株は、政府高官のタカ派寄り発言から主要3指数は揃って反落。
日経平均先物も連動して値下がりしたため、寄付きは先物にサヤ寄せして
売り優勢で始まりました。
寄付 27453.40(9:00)▼153.06
日経平均は、寄付き直後に▼181.77円値下がりしましたが
安値 27424.69(9:12)▼181.77
売り一巡後は下げ渋り、27,500円台を回復しました。
高値 27521.66(10:31)▼84.80
前引 27479.86(11:30)▼126.60 -0.46%
 後場
後場の取引は前引け水準で始まりました。
寄付 27487.93(12:30)▼118.53
安値 27487.93(12:30)▼118.53
米国株価指数先物が堅調に推移し、朝方安かった中国上海株、香港株が上昇に転じたため
先物買いが入り下げ幅を縮小し、一時プラス圏に転じる場面がありました。
高値 27635.38(14:53)△28.92
日経平均株価は小幅に3営業日続落して引けました。
大引 27584.35(15:00)▼22.11 -0.08%

日経平均は、前日の米国株安を背景に寄付き直後に▼181.77円値下がりしましたが
その後しだいに買いが優勢となり、後場大引け直前に一時プラス圏に浮上しました。
27,500円を意識した短期筋が、大引けにかけて買い戻した模様で、底堅さがありました。
しかし、2/6以降27,800円以上を買い上がる動きは今の段階では見られません。

決算発表を見渡すと上方修正より下方修正が多くなっています。
著名な証券関係者によると2023年の日本株は、米国や欧州よりも優位となり
日経平均は33,000円、中には35,000円を予想している方もいます。
日銀の新総裁によるさらなる金融政策修正と円高懸念、人手不足と賃上げによる
企業のコスト上昇懸念。
インフレで賃上げできる企業と賃上げのできない企業の2極化が
鮮明になるのではないかと思います。

◎銘柄研究
2282日本ハム 2/9終値3670円
2017年6/15高値7320円最高値形成後、本格調整局面に入り
2018年10/31安値3655円 週足で長い下ヒゲを引き底入れになりました。
その後はコロナショック安値2020年3/19安値2900円を除くと
3700円水準が下値メドになっています。
2019年以降、4800円~5000円水準がレンジ上限でしたが、業績低迷により
レンジが一段下がってきました。
1/31決算発表で減額修正
決算発表後、悪材料出尽くしから2/1高値3960円まで買われましたが
3連続陰線を引き、直近安値3630円まで値下がりました。
直近の株価を見る限りでは、3500円~3800円での値動きになっています。
2月の米国株楽観相場次第では、11/4安値3490円に迫る場面は否定できません。
2023年相場想定レンジ 3300円~4000円
2/9時点時価総額3752億8600万円
時価総額5000億円以上の銘柄群から外れてしまいました。
売上高利益率1.3% 予想ROE3.5%
人工肉関連銘柄ですが、売上高利益率、予想ROEが極めて低いため
BPS4681円 PBR0.77倍 
2強化相場の目毛組になっています。
本業の利益を表す営業利益の減額拡大のため、あえて買う銘柄ではありませんが
月に一度は株価をチェックしています。

日経平均日足チャート 2022年8/17高値29222.77円以降の日足チャートをご覧ください。
戻り高値が切り下がっており、今後の上げシロはさほど大きくないように感じられます。
2022年11/24高値28502.39円トライがあるかどうかわかりませんが、この水準からの
買いは見送るべきと考えます。




株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


明日2/10(金)の更新時刻は通常より遅れ、20:00までに更新とさせていただきます。
2/11(土)は休ませていただき、2/12(日)13:00までに更新いたします。
ブログ更新時刻
(月)(水)(金)15:05 大引け前に更新する日もあります
(火)(木)20:00前に更新
(土)(日)(祝)休み 相場急変時は臨時に更新 
直近は相場が変動するため(日)13:00前に更新しています。

コロナとの共存生活が始まっています。
手洗い、消毒、うがい、は予防の基本です。
自信を守る健康管理、今後も継続なさることをお勧めします。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (140)
株式日記 (2754)
株式投資 (17)
空売り (1)
未分類 (25)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR