fc2ブログ

2023-02

相場の波動と日柄を考える

2023年2月14日(火)17:55更新

前日2/13(月)の米国株
NYダウ 34,245.93ドル △376.66ドル +1.11%
ナスダック 11,891.789 △173.669 +1.48%
S&P500 4,137.29 △46.83 +1.14%
米国10年債利回り 3.703% ▼0.033%
NY原油 79.17ドル
ドル円 132.13円 2/13

前日2/13(月)の米国株は、主要3指数そろって1%を超える大幅高で引けました。
14日発表、1月米国消費者物価指数(CPI)発表前日にもかかわらず
インフレ鈍化が示されるとの期待が高まり、ハイテク株を中心に買いが広がりました。
13日発表、ニューヨーク連銀の1月消費者調査で、3年先の予想物価上昇率が
2.7%と2年3カ月ぶりの低水準となったことが相場の後押しにつながりました。
NYダウは続伸し、ハイテク株比率の高いナスダック指数は4営業日ぶりに反発しました。
欧州主要国株もそろって上昇しました。

2月14日(火)東京マーケット
日経平均株価
 前場
寄付 27705.37(9:00)△278.05
高値 27721.82(9:01)△294.50
安値 27553.18(10:32)△125.86
前引 27579.61(11:30)△152.29
 後場
寄付 27577.60(12:30)△150.28
高値 27625.41(14:59)△198.09
安値 27561.22(12:30)△133.90
大引 27602.77(15:00)△175.45 +0.64%

TOPIX
1994.70(9:00)
1996.80(9:03)
1987.80(10:32)
1993.09(15:00)
前日比△15.42 +0.78%

値上がり銘柄数 1458
値下がり銘柄数 330
新高値銘柄数 86
新安値銘柄数 12

騰落レシオ25D 130.1
日経平均25日移動平均乖離率 +1.88%
TOPIX25日移動平均乖離率 +1.91%

前日の米国株は、14日の1月CPI発表前に主要3指数そろって
1%を超える大幅高となり、欧州主要国株もそろって上昇しました。
連動高となった日経平均先物にサヤ寄せして始まりました。
寄付 27705.37(9:00)△278.05
高値 27721.82(9:01)△294.50
寄付き直後に△294.50上昇しこの日の高値を付けた後は
前引けにかけて伸び悩みました。
安値 27553.18(10:32)△125.86
前引 27579.61(11:30)△152.29
 後場
後場の商いは前引け水準で始まりましたが
寄付 27577.60(12:30)△150.28
安値 27561.22(12:30)△133.90
27,600円を挟んだ水準で売り買い交錯となり狭いレンジでの
相場展開になりました。
高値 27625.41(14:59)△198.09
日経平均は反発して引けました。
大引 27602.77(15:00)△175.45 +0.64%

全体相場の値動きを表すTOPIXは、本日高値1996.80(9:03)まで上昇し
2/10高値1999.37の目前まで上昇し堅調さを保っています。
日経平均は、昨日の下げを大半埋めたものの、27,800円台の戻り売りを
買い上がることができるかどうか短期筋の動向次第です。

◎米国株の「楽観相場」がどこまで続くか
日経平均上昇波動
2022年10/3安値25621.96円~11/24高値26502.29円(前回の上昇相場)
値幅2880.33円の上昇 日柄35営業日
直近の上昇局面1/4安値25661.89円~2/14(火)継続中 直近高値2/6高値27821.22円
値幅2159.22円 日柄28営業日

米国株の「楽観相場」次第ですが、崩れなければ短期筋の先物買い、売り方の買い戻しの流れが
続く可能性があります。
2月のどこかで米国株が上げ一巡し、日本株も調整に入る可能性があります。
このことは常に用心しなければなりません。
日経平均上昇波動の日柄を35営業日とすると2/24(金)になります。

前回上昇時日経平均高値圏滞在日数
2022年11/8~12/16 27営業日

今回75日移動平均、200日移動平均到達の1/24を起点とすると
2/14までの高値圏滞在日数は、15営業日 
27営業日まで高値圏を維持すると3/3(金)になります。

プライム市場騰落レシオ25D
2022年7/20 119.9 ~8/24 116.0 日柄25営業日
1/27 122.2 ~本日2/14 130.1 日柄13営業日 

上記の日柄を考えると2/24(金)~3/3(金)が相場の転換期になる可能性があります。
現在のようなAI主導の市場環境で相場の予想をしても当らないし無意味です。
予想はせず、日柄と波動を十分に考慮して、相場がいつ急落しても大丈夫なように
買いポジション、現金ポジションのコントロールだけは怠らないようにします。

短期筋対策底値買い銘柄17 
4369トリケミカル研究所 決算発表11/30通過 次回決算発表3/15
10/24寄付き2082円買い
2/14終値2351円 10/24以降高値 11/25高値2619円
2022年9/30安値1760円 大底 12/29安値1880円 2番底
連結売上高利益率 38.18% 自己資本比率78.5% 
半導体、光ファイバー、太陽電池の製造工程で使用する
高純度化学薬品メーカー、多品種少量生産に強み。
ニッチ市場で高シェア 業績は半導体の生産動向との連動性が強い。
中国、韓国、東南アジアを開拓中、2020年に台湾に新工場建設。
売上 営業益 経常益 純益 EPS 単位百万円(EPS円単位)
連22.1  11,574 2,976 5,294 4,095 126.3(最高益更新)
連23.1予 14,100 3,680 6,700 5,230 160.9
連24.1予 15,600 4,030 6,730 5,250 161.6
2022年高低 1/4高値3745円 9/30安値1760円大底 12/29安値1880円2番底
2121年高低 1/14高値5043円 7/20安値2914円
2020年高低 12/30高値4233円 3/17安値1479円(コロナショック)
11/30(水)15:00決算発表
第3四半期 75%で中立
売上71.9% 営業益76.6% 経常益83.7% 純益83.6% EPS83.6%
前年同期比 売り上げ+18.9% 営業利益+20.0% 経常益+37.7%
寄り付き直後に貸株を使った売りに押される場面がありましたが
売り方の買戻しが入り株価は切り上がり、2582円まで買われました。
12/5以降、ナスダック指数軟調の影響を受け下がり、12/29安値1880円2番底
今後の成長性、企業内容は問題ありませんが、半導体関連のため上値が重くなりそうです。
米国株の乱高下に今後も振り回されそうです。
戻りメド1 2500円 11/25高値2619円
戻りメド2 2900円 これ以上は半導体関連の回復次第です
2023年相場想定レンジ 1760円~2900円
直近高値2/2高値2430円
1/24以降、中段持ち合いが続いています。
上値をとる動きが見られないと判断した場合は、いったん利食うことも選択肢とします。

短期筋対策底値買い銘柄18 
7725インターアクション 10/24寄付き1425円買い 決算発表1/12通過
2/14終値1456円 10/24以降高値 11/25高値1673円 
11/4安値1338円 1番底形成
連結売上高利益率 19.14% 自己資本比率81.0% 負債/売上13.7%
半導体撮像素子CMOSセンサー・CCD検査用の光源装置を設計・販売。
同分野ではニコンや若狭光学研究所などを抑えて世界首位。
イメージセンサーの検査用光源装置と瞳モジュールが
スマートフォン向けに活況。
自動運転に不可欠な車載向けの需要を有望視。
主要取引先 ソニーG サムスン
売上 営業益 経常益 純益 EPS 単位百万円(EPS円単位)
連22.5  6,017 1,130 1,196  761  69.6
連23.5予 7,623 2,200 2,224 1,459 134.4(7/12会社予想)
連23.5予 7,623 2,220 2,224 1,459 134.4(10/12会社予想)
連23.5予 7,623 2,200 2,224 1,459 134.0(1/12会社予想)
連24.5予 9,800 3,100 3,130 2,050 188.7
2022年高低 1/5高値2650円 11/4安値1338円 1番底形成
2021年高低 9/13高値2930円 5/13安値2074円
2020年高低 1/6高値3220円 10/29安値1577円
コロナショック時安値3/19安値1702円
2019年高低 12/30高値3205円 6/3安値1272円
光源装置は採算よい海外軸に積み上がった受注残消化本格化。
ソニー新工場関連が後半上乗せ 好採算の瞳モジュールは国内増
海外向けも後半初出荷、後半にかけて営業利益急回復見込み。
10/12決算発表 第1四半期 25%で中立
売上23.8% 営業益19.8% 経常益21.3% 純益22.0% EPS23.4%
7月まで2000円を挟んだ水準でのもみ合いが続いていましたが
その後株価は大きく値下がりしました。
11/4安値1338円で底が入り、11/25にかけて戻りを試す場面となりました。
11/25高値1673円
しかし、その後は戻り高値が右肩下がりになり、緩やかな下降トレンドです。
レンジ相場ともいえますが
レンジ下限1400円~1420円
レンジ上限1600円
投資家の買いコストは1700円~2200円 2400円~2600円
英国系ファンドの買いは1900円台
2023年想定レンジ 1400円~2200円
1600円水準の戻りを待つか。その直前で利食うか。
次の戻りを見て決断します。

◎銘柄研究
9783ベネッセHD
進研ゼミなど通信教育最大手 傘下に東京個別指導学院
少子高齢化の日本では、教育産業の競争の激化が続いています。
一定の子供の人数の争奪戦が今後も続きます。
直近安値1/16安値1907円は、2003年以来20年ぶりの安値水準です。
長期で見ると2017年7/21高値4540円からの長期下降トレンドは
2021年1/5安値1946円でいったん底を付け、7/8高値2814円まで戻るも
直近安値1/16安値1907円を付け、底練りが続いています。
12/7安値1923円 1/16安値1907円 2/13安値1917円
これでトリプルボトム形成となるか?
1/16安値1907円を割り込み一段安になるか?
連日見ているチャートです。
2023年想定レンジ 1800円~2400円

上記銘柄については、2/14時点のコメントです。
今後の相場環境や個別材料によっては株価が大きく変動します。
チャートの勉強用にご紹介しました。




株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


次回の更新は、2/15(水)15:05の予定です。

ブログ更新時刻
(月)(水)(金)15:05 大引け前に更新する日もあります
(火)(木)20:00前に更新
(土)(日)(祝)休み 相場急変時は臨時に更新 
直近は相場が変動するため(日)13:00前に更新しています。

コロナとの共存生活が始まっています。
手洗い、消毒、うがい、は予防の基本です。
自信を守る健康管理、今後も継続なさることをお勧めします。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (159)
株式日記 (2778)
株式投資 (17)
空売り (1)
未分類 (25)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR