fc2ブログ

2023-02

上値の重い日経平均株価 

2023年2月19日(日)11:55更新

2023年2月17日(金)
日経平均株価
 前場
寄付 27484.60(9:00)▼211.84
高値 27608.59(10:34)▼87.85
安値 27466.61(9:00)▼229.83
前引 27537.36(11:30)▼159.08 -0.57%
TOPIX前引 1992.20(11:30)▼8.89 -0.44% 
 後場
寄付 27502.30(12:30)▼194.14
高値 27524.90(12:43)▼171.54
安値 27482.06(14:30)▼214.38
大引 27513.13(15:00)▼183.31 -0.66%

TOPIX
1988.21(9:00)
1997.24(10:34)
1987.17(9:00)
1991.93(15:00)
前日比▼9.16 -0.46%

値上がり銘柄数 619
値下がり銘柄数 1134
新高値銘柄数 60
新安値銘柄数 19

騰落レシオ25D 126.7
日経平均25日移動平均乖離率 +0.99%
TOPIX25日移動平均乖離率 +1.29%

前日2/16(木)の米国株は主要3指数そろって1%を超える大幅反落
日経平均先物も連動安となりました。
朝方は売り優勢で始まりました。
寄付 27484.60(9:00)▼211.84
安値 27466.61(9:00)▼229.83
日経平均は、寄付き直後を安値にじりじりと下げ幅を縮小
円相場が一時1ドル134円台後半まで円安が進み、短期筋が先物買いを入れた模様。
円安=日経平均先物買い
高値 27608.59(10:34)▼87.85
27,600円台に乗せると利益確定売りが断続的に出て
前引けにかけて再び弱含みとなりました。
前引 27537.36(11:30)▼159.08 -0.57%
 後場
後場の取引は前引け水準を下回って始まりました。
寄付 27502.30(12:30)▼194.14
高値 27524.90(12:43)▼171.54
後場の値動きは27,500円を挟んだ水準での一進一退となりました。
安値 27482.06(14:30)▼214.38
週末2/17(金)日経平均株価は、反落して引けました。
大引 27513.13(15:00)▼183.31 -0.66%

週末2/10(金)の主要国株 
日経平均先物 27,510円△50円 +0.18% 先々週末27,590円▼60円-0.21%
NYダウ 33,826.69ドル△129.84ドル+0.38% 先々週末33,869.27ドル△169.39ドル+0.50%
ナスダック 11,787.272▼68.562-0.57% 先々週末11,718.120▼71.459-0.60%
S&P500 4,079.09▼11.32-0.27% 先々週末4,090.46△8.96+0.21%
10年債利回り 3.820%▼0.040% 先々週末3.736%△0.070%
NY原油 76.33ドル▼2.16ドル 先々週末79.76ドル△1.70ドル
ドル円 134.13円-134.15円 先々週末131.38円-131.40円
上海総合指数 3,224.0243▼25.0052-0.76% 先々週末 3,260.6734▼9.7092-0.29%
欧州市場 
ドイツDAX 15,482.00▼51.64-0.33% 先々週末15,307.98▼215.44-1.38%
イギリスFTSETM 8,004.36▼8.17-0.10% 先々週末7,882.45▼28.70-0.36%
フランスCAC 7,347.72▼18.44-0.25% 先々週末 7,129.73▼58.63-0.81%

2/17(金)米国株、NYダウは反発、ナスダック指数、S&P500指数は続落。
直近発表の物価指標がインフレ継続を示し、FRBの早期利上げ停止観測が後退
ハイテク株比率の高いナスダック指数が売り優勢となりました。
1月米国小売売上高前月比3.0%増加、市場予想1.9%増加
1月米国消費者物価指数(CPI)前月比0.5%上昇、市場予想0.4%上昇

昨年末以降、インフレ鈍化見通しでFRBは春に利上げを停止し
米国景気後退はソフトランディングになる期待で「楽観論」が2023年年初からの
米国株高を支えてきましたが、直近発表の物価指標がインフレ継続を示し
長期金利は2月2日(木)の3.33%から2月17日は一時3.92%まで急上昇しました。
10年債利回り 3.820%▼0.040%
FRBの早期利上げ停止観測が後退し、年後半には利下げに転換するとの
市場観測は来年以降に先送りされる見通しになり、年初からの米国株「楽観相場」が
どこまで続くか? 不透明感が増してきました。
ハイテク株比率の高いナスダック指数は、2/2高値12269.56以降
上値が重くなってきました。
日経平均株価も2/6高値27821.22円以降、上値が重くなりました。
全体相場の値動きを表すTOPIXは、日経平均より強く2/16高値2002.22まで
上昇しています。

2月17日(金)
日経平均終値 27513.13円 ▼183.31円 -0.66%
日経平均先物 27,510円 △50円 +0.18%
週末、日経平均は27,500円を挟んだ水準での推移となりました。

◎米国株の「楽観相場」がどこまで続くか
2022年10/3安値25621.96円~11/24高値26502.29円(前回の上昇相場)
値幅2880.33円の上昇 日柄35営業日
直近の上昇局面1/4安値25661.89円~2/6高値27821.22円
値幅2159.33円 2/17(金)までの日柄31営業日
米国株の「楽観相場」次第ですが、崩れなければ日本株も底堅く推移する見通しです。

米国長期金利の上昇(2月17日は一時3.92%まで急上昇)
恐怖指数VIXが20を超えの上昇に注意。

週末の日経平均株価は、27,500円を挟んだ水準でのもみ合いになり
27,800円~28,000円の上値が一段と遠のきました。
今後の米国株と短期筋の動向には注意が必要です。

2022年東証プライム市場連結PERの推移
1/5 15.65倍 その後の株価急落で 3/8 13.05倍
その後の高低 3/29 14.67倍 9/30 12.93倍
13.5倍を中心に、14倍超えがレンジ上限 13倍水準がレンジ下限になりました。
通常ですと増額修正が多くなりEPSが上昇している時は、相場の一段高が期待されますが
EPSが伸び悩み低下傾向の時は、相場の上値が次第に重くなります。

2022年TOPIX高値圏のPER 
8/17高値2006.99プライム市場連結PER14.08倍 
11/24高値2023.39 プライム市場連結PER13.89倍 

◎銘柄研究
3538ウイルプラス 2/17終値1157円
ジープ、フィアット、BMW、ボルボなどの輸入車販売
今期予想EPS183円 配当利回り3.47%
好業績ですが今から買うということではありませんが
レンジ相場が一段切り上がっています。
12/23安値1022円 2/13安値1064円
11/25高値1212円 2/14高値1248円
短期目線で見ると1070円~2/14高値1248円
約2週間周期で、レンジ上限、下限を付けています。

9613NTTデータ 2/17終値1876円 
2/9大陽線を引き2137円まで買われ、レンジ上限を突き抜け2200円以上に行くか
見ていましたが、買いは続かず2/10、2/13,2/14、3連続陰線を引き
このままレンジ下限の1900円割れまで下がるかどうか見ていましたが
2/10~2/16まで5連続陰線を引き、2/16安値1894円の安値引けとなりました。
翌2/17安値1865円まで下がりましたが、短期波動はかなりの水準まで値下がりしました。
2022年安値圏 10/3安値1820円 6/17安値1802円
2月末までの短期波動の底値メド 1820円~1850円
2月末までに短期波動の底値を付けて、2050円~2100円くらいまでの戻りがありそうです。

2130メンバーズ 2/17終値1526円
四季報事前予想では、連続最高純益
2/2 2023年3月期第3四半期(22年4月-12月)連結業績と
通期計画の減額修正を発表
第3四半期の営業利益は、6億700万円(前年同期比38.8%減)
通期の営業利益は従来予想の22億円から12億円(前期比36.0%減)に下振れ
24年3月期も今期同様収益の低下見込み。
四季報の事前予想の連続最高純益を見込んで、年末年始の底値買いを行った場合は
1900円水準の買いになりましたが、減額修正を受けて株価は一段安となり
2/17安値1523円まで下落し、まだ底打ち感が見られません。
2022年2月~10月 株価は2500円~3000円超の推移が続いたため
多くの投資家の買いコストは、2700円~2800円水準と考えます。
直近の連日の株価底割れは、投げが投げを呼んでいる状況です。
短期筋の貸株の空売りも次第に増加しており、短期的に戻りを試す場面での
値ぼれ買いは行わない方が良いと思います。
今期23年3月期減額修正、来期24年3月期も収益低下見込みのため
今後も日柄値幅調整が続く可能性大。

6194アトラエ 2/17終値1033円
2021年までグロース株として、PER100倍くらいまで買われていた銘柄ですが
営業利益の伸び悩みから株価は下値模索の展開になり、2/15以降1000円の
攻防になっています。
株価は2021年9/1高値2849円 11/19高値2829円 ダブルトップ形成から
70%近く下落して、「半値八掛け二割引」に迫っています。
ここまで値下がりしても予想PER39.1倍で、割安感はありません。
成長株が営業利益が伸び悩み、営業減益になったための株価下落です。
短期筋の貸株の売りが次第に増加しており、今後安値圏からさらに
空売りが急増する可能性は否定できず。
需給悪の状況は今後も続きそうで、値ぼれの買いは行わないのが良いと思います。

9783ベネッセHD 2/17終値1959円
進研ゼミなど通信教育最大手 傘下に東京個別指導学院
少子高齢化の日本では、教育産業の競争の激化が続いています。
一定の子供の人数の争奪戦が今後も続きます。
直近安値1/16安値1907円は、2003年以来20年ぶりの安値水準です。
長期で見ると2017年7/21高値4540円からの長期下降トレンドは
2021年1/5安値1946円でいったん底を付け、7/8高値2814円まで戻るも
再び長期下降トレンドになり、直近安値1/16安値1907円を付け
下げ止まりました。
12/7安値1923円 1/16安値1907円 2/13安値1917円
これでトリプルボトム形成となるか?
1/16安値1907円を割り込み一段安になるか?
今後の可能性としては、全体相場が崩れないことを条件に
目先はレンジ相場になるのではと考えます。
短期的な想定レンジ 1900円~2000トビ台

上記銘柄についてのコメントは2/17時点のものです。
今後の全体相場や銘柄独自の材料で株価は変動します。
チャートの勉強にお使いください。




株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


次回の更新は、2/20(月)15:05に更新します。

ブログ更新時刻
(月)(水)(金)15:05 大引け前に更新する日もあります
(火)(木)20:00前に更新
(土)(日)(祝)休み 相場急変時は臨時に更新 
直近は相場が変動するため(日)13:00前に更新しています。

コロナとの共存生活が始まっています。
手洗い、消毒、うがい、は予防の基本です。
自信を守る健康管理、今後も継続なさることをお勧めします。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (157)
株式日記 (2774)
株式投資 (17)
空売り (1)
未分類 (25)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR