fc2ブログ

2023-05

決算発表終了 インデックス所上昇どこまで続くか

2023年5月16日(火)18:30更新

前日5/15の米国株
NYダウ  33,348.60ドル △47.98ドル +0.14%
ナスダック 12,365.209 △80.466 +0.65%
S&P500  4,136.28 △12.20 +0.29%
米国10年債利回り  3.505% △0.033%
NY原油 71.49ドル
ドル円 135.96円-135.98円 16日 11:28

前日5/15の米国株は主要3指数そろって上昇
NYダウは、6営業日ぶりに反発。
米国債務上限問題を巡る交渉に対する過度な警戒感が和らぎ
15日朝発表、5月の製造業景況指数は-31.8
前月プラス10.8から大幅に悪化し、景気悪化懸念から
NYダウは140ドル近く下げる場面がありました。
NYダウは先週末まで5日続落していたため
自律反発狙いの買いが優勢となりました。
しかし、米国債務上限問題はまだ決着しておらず、上値も限定的でした。

5月16日東京マーケット
日経平均株価
 前場
寄付 29838.01(9:00)△211.67
高値 29890.59(10:08)△244.25
安値 29786.23(9:23)△159.89
前引  29828.71(11:30)△202.37 +0.68%
TOPIX前引 2122.85(11:30)△8.00 +0.38%
 後場
寄付 29872.68(12:30)△246.34
高値 29916.56(12:36)△290.22
安値 29819.87(14:24)△193.53
大引 29842.99(15:00)△216.65 +0.73%

TOPIX
2124.92(9:00)
2127.77(12:35)
2119.61(9:22)
2127.18(15:00)
前日比△12.33 +0.58%

値上がり銘柄数 995
値下がり銘柄数 767
新高値銘柄数 332
新安値銘柄数 54
騰落レシオ25D 148.8△9.5
日経平均25日移動平均乖離率 +4.01%
TOPIX25日移動平均乖離率 +3.92%

米国債務上限問題を巡る交渉に対する過度な警戒感が和らぎ
前日5/15の米国株は主要3指数そろって上昇。
連動して上昇した日経平均先物にサヤ寄せして買い先行で始まり
日経平均は、29800円台に乗せて始まりました。
前場高値は29,900円に迫りました。
高値 29890.59(10:08)△244.25
前引  29828.71(11:30)△202.37 +0.68%
後場も引き続き買い優勢となり前引けを上回って始まり
直後に29,900円台に乗せ△290.22円上昇しました。
買い一巡後はやや伸び悩むも29,800円台を維持して引けました。
日経平均は4日続伸し、2021年9月以来の高値で引けました。
大引 29842.99(15:00)△216.65 +0.73%

短期筋対策底値買い銘柄32
9517イーレックス ★決算発表5/12
4/17寄付き1824円買い 
売上 営業益 経常益 純益 EPS 単位百万円(EPS円単位)
連22.3  230,502 12,498 13,761 9,653 163.4
連23.3予 290,000 15,800 14,700 8,000 135.2(四季報春号)
連24.3予 308,000 16,500 16,500 8,700 147.0(四季報春号)
5/12決算発表
連23.3  296,312 14,884 15,295 9,186 155.2(5/12決算発表)
連24.3予 228,000  7,700  7,500 4,400(5/12会社予想)
★5/12決算発表 四季報では24年3月期増収増益予想で会社比強気
にこちゃんマークでしたが、大幅な減収減益予想となりました。
5/15(月)市場の判断待は売りで、1371円▼400円-22.59% 
出来高は比例配分の約定で、151,400株で約10倍の売り物が残りました。
本日寄付き1401円でロスカットしました。
最近の損をした銘柄は、四季報内容を確認しての底値買いです。
この銘柄は、中長期投資で2800円目標で、九分九厘儲けられると楽しみにしていた銘柄です。
決算発表を楽しみにしていましたが、四季報内容を確信しての底値買いは通用しなくなり
営業利益予想が外れて半減するような小型株投資は通用しなくなったことをつくづく感じました。
四季報記者の方は、1人で100社以上の銘柄を担当しており、これらすべての銘柄をカバーしきれません。
これは仕方ないことで、読者は自己責任で判断しなければなりません。
今後の小型株投資は、事前予想に頼らず、大底形成後、需給悪や悪材料で
さらに売り込まれ、3年来安値、10年来安値、場合によっては上場来安値になった銘柄の
「どん底買い」に徹することに決めました。
会社予想が控えめな発表をする時価総額上位銘柄の底値、大底買いを運用の70%として
小型株は「どん底買い」で30%程度の運用比率にすることに決めました。
短期筋のAI主導の相場で、個人投資家が生き残り、相場で勝つには
今の相場に通用する勝ちパターンを作らなければなりません。

2023年相場は現在高値更新中ですが、いずれ急落、場合によってでゃ暴落の場面が
あることを前提に徐々に現金ポジションを高め、夏場から秋口にかけての買いの場面に備えます。
まずはこの上昇相場がいつまで続くか?
5月をクリアしても
6/9メジャーSQ直前の6月上旬相場にかけて、潮目の変化が来ることに十分注意して
すぐに逃げる準備はしておきます。

6104芝浦機械 5/16終値3870円△700円
こちらは東洋経済の記事が参考になり、昨年末ダブルボトム狙いの買い候補でした。
同じ小型株でも明暗がくっきり分かれ、更なる研究力が求められる時代です。

7816スノーピーク 5/16終値1960円▼165円-7.76%
1909円▼216円まで下落する場面がありました。
四季報の見出しは「最高益」
5/15第1四半期 売上前年同期比-8.6% 営業利益前年同期比-72.6%
翌5/16市場の判断は売りで急落しました。
2021年11/29高値4490円から株価は低迷期に入りましたが
この銘柄も底値大底買いではなく、株価はどん底まで下がるのを待ち今後注目します。

短期筋対策底値買い銘柄27
6098リクルートHD 3/23寄付き3563円買い ☆決算発表5/15悪材料出尽くし感
5/16終値4010円 直近高値5/16高値4064円
求人情報検索エンジン「インディード」、生活情報分野の販促人材メディア
人材派遣の3本柱
売上 営業益 経常益 純益 EPS 単位百万円(EPS円単位)
22.3  2,871,705 378,929 382,749 296,833 181.7
23.3予 3,425,000 400,000 402,000 301,000 190.9(四季報春号)
23.3予 3,425,000 341,000 362,000 270,000 169.5(3/23会社予想)
23.3  3,429,519 344,303 367,767 269,799 168.6(5/15決算発表)
24.3予 3,500,000 415,000 417,000 312,000 183.9(5/15会社予想)
3/23に今期23年3月期予想を発表
今期は増収営業減益見通しですが、アメリカの子会社が従業員の約15%にあたる
2,400名の人員削減を22日に発表しており、来期2024年3月期の収益改善につながるとして
買いが優勢になりトレンド転換の可能性。
3/23寄り付き前に気配値が強く買いサインを先回りして買いました。
5/15決算発表無事通過、悪材料出尽くし感から上昇、4000円台に乗せました。
3/23寄付き3563円買い 2023年想定レンジ3/16安値3284円~4800円
このまま保有します。
時価総額6兆8,008億円の時価総額上位銘柄

短期筋対策底値買い銘柄25
9007小田急 3/7寄付き1651円買い ☆決算発表4/28無事通過
5/16終値2132円 5/16高値2133円
3/6終値1650円買いサイン 3/7寄付き1651円基準値で買い
3/8追撃買いサイン1,2 3/24 75日移動平均回復
4/4 200日移動平均回復 
売上 営業益 経常益 純益 EPS 単位百万円(EPS円単位)
連22.3  358,753 6,152 4,699 12,116 33.4
連23.3予 391,400 21,600 19,000 11,500 31.6
連23.3予 391,400 21,600 19,000 11,500 ---(2/8会社予想) 
連23.3予 391,400 21,600 19,000 36,400 100.2(3/23会社予想)
連23.3  395,159 26,601 25,119 40,736 112.1(4/28決算発表)
4/28 13:15決算発表を好感し買い優勢となりました。
4/26、4/27空売りが増加、売り崩されましたが、4/28 13:15好決算内容を受けて
買い優勢となりました。 
踏み上げ相場 連日の高値更新5/16高値2133円
    出来高 現物売り 貸株の空売り 貸株の空売りの比率
5/16 
5/15 896,600 544,400 299,000 33.3% 高値2111円
5/12 1,598,700 712,100 786,000 49.2% 高値2092円
5/11 695,400 347,200 300,100 43.2%
5/10 984,800 456,700 470,700 47.8%
5/9 1,355,600 651,300 604,200 44.6%
5/8 1,801,800 940,900 723,500 40.2%
5/2 1,245,900  643,500 483,400 38.0% 高値2010円
5/1 2,157,300 1,172,200 758,100 35.1% 
☆決算発表4/28 13:15無事通過 貸株の空売り低下
4/28 2,299,600 963,000 967,700 42.1%
4/27 1,467,400 604,400 811,700 55.3% 空売り増加
4/26  974,300 314,300 584,200 60.0% 空売り増加
4/25 1,142,100 498,200 530,600 46.5%
4/24 1,004,000 444,200 421,600 42.0%
4/21  853,000 339,100 431,700 57.3% 貸株の空売り増加
4/20 1,092,500 426,300 586,100 53.6%
4/19 1,163,000 499,900 564,600 48.5% 高値1883円
4/18は、個人投資家の信用新規売りが増加
返済売りと合計すると148,100株の信用売り 貸株の売りは続いています。
4/18  960,800 328,700 484,000 50.4% 4日連続50%超
4/17  730,500 262,900 405,500 55.5% 3日連続50%超
4/14 1,302,000 396,600 830,900 63.8% 高値1851円
4/13 1,011,100 405,000 523,500 51.8%
4/12 1,487,400 651,500 720,400 48.4%
4/11 1,175,000 528,500 596,000 50.7%
4/10 1,091,200 612,000 380,800 34.9% 高値1818円
4/7  1,750,200 1,070,400 584,000 33.4%
4/6 1,758,900 994,500 705,200 40.1%
4/5  1,012,300 480,800 477,700 47.2%
4/4 1,174,800 616,600 478,500 40.7%
4/3 1,095,500 575,700 451,000 41.2%
3/31 1,268,500 424,600 786,100 62.0%
2021年2/16高値3485円からの調整局面は2年1カ月続きました。
長期調整局面明けのため、上昇トレンドはしばらく続く可能性大。
3/7寄付き1651円買い 直近高値5/16高値2133円
2023年想定レンジ3/16安値1580円~2300円 勢いがつけば2500円水準
このまま保有します。

短期筋対策底値買い銘柄24
4307野村総研 3/7寄付き3050円買い ☆決算発表4/27無事通過
5/16終値3575円 5/16高値3595円
売上 営業益 経常益 純益 EPS 単位百万円(EPS円単位)
22.3  611,634 106,218 104,671 71,445 120.6
23.3予 690,000 115,000 113,000 77,000 130.1(四季報春号)
23.3  692,165 111,832 108,499 76,307 128.9(4/27決算発表)
24.3予 720,000 117,000 115,000 78,000 131.8(4/27会社予想)
4/27決算発表、増収増益を好感して買い優勢で始まり大幅高になりました。
積み上がっていた空売りの買戻しが入り上昇率を拡大しました。
3/6終値3045円買いサイン 翌3/7寄付き3050円基準値で買い
3/29追撃買いサイン1 4/3追撃買いサイン2 75日移動平均回復
4/28高値3430円 200日移動平均超え
2021年12/16高値5170円からの調整局面 3/16安値2908円底値形成
上昇トレンドに入りました。 直近高値5/16高値3595円
    出来高 現物売り 貸株の空売り 貸株の空売りの比率
5/16 
5/15 1,500,500 801,400 634,700 42.3%
5/12 1,666,300 882,800 686,900 41.2%
5/11 1,286,400 684,500 565,800 44.0%
5/10 2,212,200  1,139,900 1,020,000 46.1% 高値3560円
5/9 3,963,400 1,579,600 2,244,600 56.6%
5/8 3,429,400 1,323,500 1,970,000 57.4%
5/2 1,409,700 757,000 615,200 43.6%
5/1 1,875,600 871,300 938,800 50.1% 高値3435円
4/28 5,157,400 3,279,400 1,538,000 29.8%
☆決算発表4/27無事通過
4/27 2,815,900 1,168,600 1,411,000 50.1%
4/26 1,652,700  780,100  819,400 49.6%
4/25 1,819,200 1,007,300  750,900 41.3%
4/24 1,623,300  839,300  748,600 461%
4/21 1,918,100 955,400  925,300 48.2%
4/20 1,995,100 1,004,300 937,600 47.0%
4/19 2,944,300 1,403,900 1,393,100 47.3%
4/18 1,958,400  979,500 806,700 41.2%
4/17 1,363,000 558,000 763,800 56.0% 貸株の空売り増加
4/14 1,523,700  839,200 569,900 37.4%
4/13 1,633,800 911,500 600,500 36.8%
4/12 989,700  558,300 396,100 40.0%
4/11 1,317,400 750,200 498,400 37.8%
4/10 842,200  529,200 287,900 34.2%
4/27決算発表を好感し大陽線を引き3430円まで買われ5/1高値3435円
積み上がっていた空売りの買戻しが入りました。
3/7寄付き3050円買い 2023年想定レンジ3/16安値2908円~4300円
安値からの上昇波動の日柄2か月~2.5か月を想定
このまま保有します。

短期筋対策底値買い銘柄23 買いサイン前に底値圏ピンポイント買い
2801キッコーマン 3/7寄り付き6430円買い ☆決算発表4/27無事通過
5/16終値8120円 高値5/1高値8210円 
売上 営業益 経常益 純益 EPS 単位百万円(EPS円単位)
23.3予 607,000 54,000 57,800 41,500 216.7(四季報春号)
24.3予 645,000 57,000 61,000 44,000 229.8(四季報春号)
23.3予 596,700 52,800 56,200 40,700(8/4会社予想)
23.3  618,899 55,370 60,797 43,733 228.4(4/27決算発表)
24.3予 637,500 53,500 59,600 43,900 229.2(4/27会社予想)
2/24安値6170円 3/2安値6210円 ダブルボトム
買いサイン出る前に買い 3/7寄付き6430円で第一段の買いをピンポイントで入れました。
3/8終値6520円買いサイン 翌3/9寄付き6510円基準値
3/27追撃買いサイン1 3/29追撃買いサイン2 75日移動平均回復
2021年12/29高値10140円からの1番底 2/24安値6170円
3/16安値6260円 ダブルボトム
日足、週足、月足どれも理想的な上昇トレンドです。
4/27決算発表、増収増益を好感して買い優勢で始まり大幅高になりました。
積み上がっていた空売りの買戻しが入り上昇率を拡大しました。
売り方の買戻しが入り理想的な踏み上げによるトレンド転換 高値5/1高値8210円で
上げ一服 売り方の買戻しによるもう一段の上昇期待 
  出来高 現物売り 貸株の空売り 貸株の空売りの比率
5/16 
5/15 524,900 178,100 312,600 59.6% 連続陽線踏み上げの上昇 
5/12 821,200 359,000 400,600 48.8% 陽線を引き下げ止まりか
5/11 524,800 206,800 305,200 58.2% ザラ場安値7710円陰線
5/10 426,900 196,600 210,500 49.3% ザラ場安値7780円陰線
5/9 567,300 198,000 320,000 56.4% ザラ場安値7780円陽線
5/8 690,100 216,000 445,300 64.5% 空売り急増売り崩し陰線
5/2 654,600 237,200 383,000 58.5% 空売り増加陰線
5/1  1,126,200 554,300 458,800 40.7% 年初来高値更新8210円
4/28 2,031,500 1,011,600 732,800 36.1%踏み上げ8030円△850円
☆決算発表4/27無事通過
4/27  786,500 409,300 341,600 43.4% 引け後決算発表
4/26  822,500 440,500 345,200 41.2% 6連続陰線
4/25  575,900 338,400 207,300 36.0% 現物売り増加
4/25現物売り 338,400株と前日の2倍の利食い売りに押され5連続陰線
4/24  379,200 158,200 184,700 48.7% 50%割れ
4/21  504,500 204,500 280,300 55.6% 17日連続50%超
4/20  565,300 230,800 287,700 50.9% 16日連続50%超
4/19  582,400 175,300 374,600 64.3% 15日連続50%超
4/18  513,600 165,800 283,700 55.2% 14日連続50%超
4/17  570,600 207,700 327,500 57.4% 13日連続50%超
4/14  922,700 291,700 588,700 63.8% 12日連続50%超
4/13  545,600 202,600 320,700 58.8% 11日連続50%超
4/12  590,900 218,000 302,100 51.1% 10日連続50%超
4/11  593,200 184,800 360,400 60.8% 9日連続50%超
4/10  402,800 148,100 236,500 58.7%
4/7  647,200 243,100 369,800 57.1%
4/6  873,700 331,200 498,500 57.1%
4/5 852,800 302,200 504,200 59.1%
4/4   686,000 249,400 396,600 57.8%
4/3 574,300 221,300 301,300 52.5%
3/31 1,054,900 282,300 733,500 69.5%
3/30 634,200 259,300 344,600 54.3%
3/29 854,700 423,800 387,600 45.3%
4/27決算発表を受けて、買い優勢となり踏み上げ相場になりました。
5/1高値8210円で上げ一服
5/11安値7710円で下げ止まり、再度の踏み上げに期待
3/7寄り付き6430円買い 2023年想定レンジ 6170円~8500円
逆指値7610円 リスクヘッジ 買戻しによる一段高を待ちます。

短期筋対策底値買い銘柄22 買いサイン前に大底圏ピンポイント買い
2413エムスリー 3/7寄付き3247円買い ★決算発表4/28減額修正で通過
5/16終値3078円 安値更新5/8安値2993.5円
売上 営業益 経常益 純益 EPS 単位百万円(EPS円単位)
23.3予 233,000 77,000 79,700 53,000 78.1(四季報春号)
★決算発表4/28減額修正で通過
23.3  230,818 71,983 74,318 49,028 72.2(4/28決算発表)
24.3予 250,000 75,000 75,000 50,000(4/28会社予想)
新型コロナ感染が収束に向かいワクチン接種支援などの収益が減るため
24年3月期、売上は140億円減少
オンラインで記者会見した谷村格社長は、コロナ関連の需要減は売上約140億円
マイナス影響があるとして、コロナ以外の既存事業は16%増え、鈍化は一過性とみているとのこと。
四季報営業利益予想を大きく下回りました。
5/1市場の判断は、「売り」でしたが、長い下ヒゲを引き下げ止まり、翌5/2陽線を引き下げ一服感。
5/1減額修正を機に2/27安値3156円 3/2安値3158円ダブルボトムを割り込み
5/8安値2993.5円で下げ止まった模様。
2021年1/8高値10675円からの最安値5/8安値2993.5円
   出来高 現物売り 貸株の空売り 貸株の空売りの比率
5/16 
5/15 1,852,900 918,600 738,100 39.3%
5/12 2,316,400 1,346,100 806,600 34.8%
5/11 1,753,800 825,400 754,400 43.0%
5/10 2,444,800 1,262,600 920,700 37.7%
5/9 3,067,800 1,414,600 1,142,700 37.2%
5/8 3,657,300 1,832,200 1,283,400 35.4% 2021年来安値2993.5円
5/2 5,823,900 2,866,700 2,015,400 34.6% 2021年来安値3012円
5/1 3,422,900 2,043,700  912,800 26.7%
決算発表4/28大幅減額修正 5/1、5/2の株価に反映
4/28 1,920,400  871,300 819,500 42.7%
4/27 1,607,600  729,300 713,100 44.4%
4/26 2,757,900 1,389,200 1,069,700 38.8%
4/25 1,475,500  818,600 538,500 36.5%
4/24 1,093,600  550,400 394,000 36.0%
4/21 1,127,100  470,100 496,200 44.0%
4/20 1,328,300  570,700 586,000 44.1%
4/19 1,925,500 1,030,300 731,600 38.0%
4/18は大規模な現物買いが入り株価は3474円まで買われました。
売り物薄の中、現物買い1,862,800株
4/18 2,131,200   958,700  747,200 35.1% 高値3474円
4/17 1,263,900  449,700  653,500 51.7%
4/14貸株の空売りによる売り仕掛けが入りましたが、それを上回る現物買いが入りました。
現物買い2,465,700株
4/14 2,646,600  793,100 1,610,200 60.8%
4/13 1,436,700 608,100 649,200 45.2%
4/12 1,311,200 655,500 510,900 39.0%
4/11 1,984,100  686,300  992,100 50.0% 
4/10 1,339,800  497,900  656,100 49.0%
4/7  1,190,800 537,000 520,500 43.7%
4/6  1,738,600 723,100 850,100 48.9%
4/5  1,790,500 838,800 788,200 44.0%
4/4  2,126,100 1,113,700 820,800 38.6%
4/3  2,005,200  696,100 934,400 46.6%
3/31 2,810,000 799,300 1,782,800 63.4%
3/30 1,901,300 563,100 1,133,900 59.6%
3/29 2,008,900 793,300  997,300 49.6%
3/28 2,236,500 825,400 1,128,600 50.5%
3/27 1,611,300 613,000  821,200 51.0%
3/24 1,862,600 652,000  970,500 52.1%
4/28減額修正後修正
2021年1/8高値10675円からの最安値5/8安値2993.5円下げ止まった模様
3/7寄付き3247円買い 2023年想定レンジ 2993.5円~4000円
上値は重いもののこのまま保有します。

短期筋対策底値買い銘柄28
7354ダイレクトマーケティングミックス 3/24寄付き1278円買い 
☆決算発表無事5/10通過
5/16終値1447円
電話を軸にした営業・マーケティングの代行、支援、コンサル
NTTドコモ、NTT比率高い
売上 営業益 経常益 純益 EPS 単位百万円(EPS円単位)
22.12  34,674 5,770 5,730 3,803 85.1 最高益
23.12予 36,000 5,800 5,760 3,770 82.3(2/14会社予想)
2020年10月IPO~直近の週足チャートをご覧ください。
3/23安値1242円で底値形成と考えての買いです。
しかし、貸株の空売りに売り崩されました。
4/27上場来安値更新 4/27安値1177円 底値形成
    出来高 現物売り 貸株の空売り 貸株の空売りの比率
5/16 
5/15 142,900 63,500 70,900 49.6%
5/12 190,400 95,500 72,800 38.2%
5/11 468,800 226,100 191,000 40.7%
5/10 176,200 62,700 101,800 57.8%
5/9 94,800 32,300 60,000 63.3%
5/8 139,600 49,000 87,000 62.3%
5/2 66,900 32,300 32,200 48.1%
5/1  72,800 23,800 46,100 63.3%
4/28 72,100 30,300 40,500 56.2%
4/27 106,500 43,600 54,700 51.4% 上場来安値1177円
4/26 78,100 34,600 40,800 52.2% 安値1197円
4/25 62,400 31,500 28,900 46.3%
4/24 47,400 22,900 20,400 43.0% 
4/21 83,300 32,100 45,700 54.9% 安値1207円
4/20 71,000 24,700 38,900 54.8% 安値1241円
4/19 94,400 35,700 56,400 60.0% 安値1257円
4/18 37,800 18,600 18,700 49.5%
4/17 54,900 26,100 26,900 49.0%
買い物薄の時、貸株の空売りで売り崩しています。
上場来安値2020年10/27安値1189円 4/27最安値更新1177円
決算発表5/10 2023年12月期第1四半期 進捗率25%で中立
売上前年同期比-14.4% 進捗率24.1% 営業利益-39.5% 進捗率28.1%
決算内容は非常に悪かったのですが、朝方から買いが優勢となり買い気配で
5/11寄付き1367円△60円 その直後に1443円△136円まで上昇
買い一巡後は売り物に押され1330円△23円
翌5/12も乱高下し高値1424円 安値1330円 終値1353円△23円
5/1675日移動平均を超えるようせんを引き1471円まで買われました。
トレンドは転換した模様ですが、複数のAIが介入しているようです。
5/16買い優勢 200日移動平均1576円超えなるか。
このまま保有します。

相場は連日の高値を更新していますが、いつでもにhゲル準備は怠りません。




株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


次回更新は、5/17(水)15:05までに更新いたします。
ブログ更新時刻
(月)(水)(金)15:05 大引け前に更新する日もあります
(火)(木)20:00前に更新
(土)(日)(祝)休み 相場急変時は臨時に更新 
直近は相場が変動するため(日)13:00前に更新しています。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (140)
株式日記 (2754)
株式投資 (17)
空売り (1)
未分類 (25)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR