fc2ブログ

2023-06

メジャーSQ直前先物主導の乱高下

2023年6月7日(水)15:05更新

前日の米国株
NYダウ 33,573.28ドル △10.42ドル +0.03%
ナスダック 13,276.418 △46.989 +0.35%
S&P500 4,283.85 △10.06 +0.23%
米国10年債利回り 3.673% ▼0.011%
NY原油 71.85ドル
ドル円 139.26円-139.28円 7日 10:14

前日の米国株は主要3指数そろって小幅反発。
6日、オーストラリア準備銀行が、2会合連続で利上げを決定。
利上げ据え置きが予想されていたため、世界的なインフレ懸念が
意識され、NYダウは一時160ドル下げる場面がありました。
13日、14日、米国FOMC 利上げ見送り観測が高まりましたが
インフレの高止まり次第では、7月、9月利上げ再開が警戒されました。
ハイテク株比率の高いナスダック指数は、2022年4月以来の高値で反発して引け
相場全体の安心感につながりました。
欧州主要国株も揃って小幅に上昇。

6月7日(水)東京マーケット
日経平均株価
 前場
寄付 32618.78(9:00)△112.00
高値 32708.53(9:06)△201.75
安値 31992.58(10:10)▼514.20
前引 32039.34(11:30)▼467.44 -1.44%
TOPIX前引 2215.01(11:30)▼21.27 -0.95%
日経平均前場上下幅 715.95円
 後場
寄付 32097.20(12:30)▼409.58
高値 32294.33(13:00)▼212.45
安値 31913.74(15:00)▼593.04 -1.82%
大引 31913.74(15:00)▼593.04 -1.82%
日経平均後場上下幅 380.59円

日経平均は続伸して始まり、寄付き直後には32,700円台に乗せ
△201.75円上昇し、33年ぶり高値を更新しました。
買い一巡後は急速に伸び悩みマイナス圏に転落し、32,000円の大台割れとなり
▼514.20円値下がりしました。
週末9日に6月メジャーSQを目前に控え、短期筋の売買で相場は高値波乱になりました。
前引 32039.34(11:30)▼467.44 -1.44%
前場規模別指数 11:30
大型株 2,138.32 ▼26.99 -1.25%
中形株 2,459.93 ▼13.65 -0.55%
小型株 3,761.72 ▼1.08 -0.03%
大型株中心に売りが広がりました。
日経平均マイナス寄与 -10円以上
東京エレク -69.64円
ファストリ -57.95円
アドバンテスト -53.54円
ダイキン -40.67円
信越化学 -15.76円
ソフトバンクG -12.20円
第一三共 -10.87円
プライム値上がり 758銘柄 値下がり 984銘柄 変わらず 92銘柄
メジャー直前の(水)は荒れるといいますが、明日はSQ前日
上振れるか下振れるか、短期筋の空中戦が活発になりそうです。
後場の日経平均は前引け水準から、やや下げ渋って始まりました。
32,300円に近付くと利益確定売りに押され上値は重くなりました。
13:51 日経平均は瞬時に31965.27円まで値下がりし
13:52 32159円まで戻りました。
AIが植田日銀総裁発言に過剰に反応した模様で瞬時の戻しました。
売り一巡後は、32,100円台で売り買い交錯となり、大引けにかけて
再び下げ幅を広げ下値を探る展開になりました。
日経平均、TOPIXは、5営業日ぶりに反落して引けました。
日経平均は安値引けとなりました。
メジャーSQ直前の乱高下で、引けにかけての下げは気にかかりました。
明日も荒れ相場を覚悟します。

2801キッコーマン 6/6終値8597円
本日6/7高値8684円 年初来高値更新後全体相場急落により
陰線を引きました。
5/25以降連日50%超の貸株の空売り
   出来高 現物売り 貸株の空売り 貸株の空売りの比率
6/6 458,600 208,500 219,200 47.8% 貸株の空売り9日ぶりに50%割れ
6/5 554,300 228,900 281,500 50.8% 4連続陽線
6/2 382,900 156,100 205,800 53.7% 3連続陽線
6/1 479,100 198,500 260,000 54.3%
5/31 1,454,400 612,300 806,000 55.4% 安値8120円
5/30 481,200 142,600 323,100 67.1% 大規模な売り仕掛け 陰線
5/29 804,800 262,100 504,800 62.7% 年初来高値8600円売り仕掛け陰線
5/26 450,100 146,600 278,900 62.0% 大規模な売り仕掛け失敗
5/25 488,700 161,000 308,100 63.0% 大規模な売り仕掛け失敗
6/7(水)は、6営業日ぶりに陰線を引きましたが、積み上がっている空売りの買戻しが
続く見込みのため、6月相場もう少し見極めて判断します。
22年6/17安値6450円からの上昇、8/18高値9200円まで買戻しの踏み上げ
今回もこのように上昇するか分かりませんが、売り方は不利のまま買戻しが迫られています。
リスクヘッジの逆指値5/31安値8120円-30円=8090円(6/7設定)
8090円逆指値が約定になるか、9,000円水準を売ることができるかどうか。

6/6プライム市場 3営業日続落銘柄数5銘柄
7日続落銘柄
6036KeePer技研 6/6終値5010円
2022年 1/25安値1716円 3/8安値1721円 ダブルボトム形成
1ねん3か月上昇し、5/16高値5990円最高値を更新し天井形成。
5/31に25日移動平均を割り込み、6/2安値4810円でいったん下げ止まりました。
5500円以上の戻り高値を待ち、「空売り」検討。
月足チャートをご覧ください。
21年9月高値4170円、22年8月高値4585円、5/16最高値5990円
これだけの3段上げ相場終了後は、通常1年ほど調整局面になりますが。
現在75日移動平均の攻防で2番天井回復を待ちます。
2023年想定レンジ 5/16高値5990円最高値~4200円
VTホールディングス
5/28 一部売り 20.02% - 16.47% 5/30終値5480円

9830トラスコ中山 6/6終値2221円
2022年6/17安値1654円から緩やかな上昇トレンドになっています。
2023年相場では、200日移動平均線が下値サポートになっています。
5/31安値2098円 200日移動平均2096円 その後高値6/7高値2242円
3/14安値2022円 200日移動平均1991円 その後高値4/3高値2288円 
5/1高値2419円
野村證券他
5/31 新規に買い 0 - 5.02% 5/31終値2098円
6/7時点200日移動平均2102円 

小型株相場が来るかどうか
2148アイティメディア 6/6終値1281円 直近安値5/31安値1234円
IT系ネットメディア運営、ソフトバンク子会社SBメディアHDが大株主
2020年10/14高値3070円上場来高値形成後本格調整局面が長引き
5/31安値1234円まで下落し、「どん底値水準」
直近にかけても下値模索が続く原因
1,貸株の空売りが連日続いている需給悪
2,2020年10/14以降、押し目を拾っていた投資家のロスカット、失望売りが
 連日続いており、それに拍車をかける貸株の空宇入り
短期筋のAIはほとんどの銘柄に介入していますが、この銘柄は長い間下降トレンドのため
短期筋のAIのうりの標的にされやすい銘柄であり、株価は大底圏を割り込み
異常値のどん底圏に入りました。
現在の日本株は、33年ぶりの高値を更新中ですが、中小型株の多くは
資金循環物色にはならず、短期筋の売りの標的にさらされています。
そろそろ下げ止まり反発に転じても良いころ合いと考えます。
AIは売り続けていますが、さらりにくくなってきました。
買いは凍結中ですが、例外として「どん底値」を買うことも選択肢と考えています。
自己資本比率87.0% 有利子負債1億円でほぼ無借金
ROE24.9% 予想ROE25.4% 連結予想PER12.4倍
利益剰余金51億円 予想配当利回り2.34% 売上高利益率22.1%
売り一巡後の戻り1 1450円 戻り2 1600円

4440ヴッツ
組み込みソフト・自動運転開発用ソフトを手がけ、仮想環境上で自動車を
走行させるためのシミュレーションツールを提供 
主要顧客 トヨタ自動車、アイシン
2020年8月の大相場以来のトレンド転換の可能性。
連日の戻り高値を更新

本日6/7日経平均は、AIがヘッドライン報道に反応し乱高下しました。
瞬時に戻りましたが、33年ぶり高値を連日の更新後の急落。
今後も海外短期筋と長期運用の海外投資家が、日本株の動向を掌握しています。
中小型株相場が来るかどうかは、全体相場次第になります。
本日は引け味の悪さが気になるメジャーSQ直前、魔の水曜日でした。
1357日経ダブルインバース
1570日経レバレッジ
共に大商いとなりました。
1563グロースコア 6/7高値2749円年初来高値更新後、長い十字線



株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村



次回更新は、6/8(木)20:00までに更新します。
ブログ更新時刻
(月)(水)(金)15:05 大引け前に更新する日もあります
(火)(木)20:00前に更新
(土)(日)(祝)休み 相場急変時は臨時に更新 
直近は相場が変動するため(日)13:00前に更新しています。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (157)
株式日記 (2774)
株式投資 (17)
空売り (1)
未分類 (25)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR