fc2ブログ

2023-10

9006京浜急行 10/17終値1211円  株価位置2.54

2023年10月17日(火)18:20更新

前日10/16(月)の米国株
NYダウ 33,984.54ドル △314.25ドル +0.93%
ナスダック 13,567.984 △160.750 +1.19%
S&P500 4,373.63 △45.85 +1.05%
米国10年債利回り 4.710% △0.085%
NY原油 86.65ドル
ドル円 149.60円-149.61円 17日 16:20

前日の米国株は主要3指数そろって上昇しました。
FRBが次回FOMCで政策金利を据え置くとの見方が優勢となり
株式相場の下支えになりました。
直近、FRB高官の発言が、政策金利据え置きと受け止められる
ハト派発言が目立っています。
一方、イスラエルとハマスの軍事衝突が続いており、地政学リスクの高まりが
長期金利上昇につながっているため、
政策金利据え置き予想と中東地政学リスクの高まりが日々の相場を
短期目線で乱高下させており、今後もこの流れは続く見込みです。

10月17日(火)東京マーケット
日経平均株価
 前場
寄付 32063.79(9:00)△404.76
高値 32260.77(9:16)△601.74
安値 31912.02(11:09)△252.99
前引 31944.31(11:30)△291.28 +0.92%
TOPIX前引 2286.36(11:30)△12.82 +0.56%
 後場
寄付 31974.23(12:30)△315.20
高値 32058.32(12:37)△399.29
安値 31901.39(12:46)△242.36
大引 32040.29(15:00)△381.26 +1.20%

TOPIX
2298.09(9:00)
2310.05(9:16)
2281.85(11:09)
2292.08(15:00)
前日比△18.54 +0.82%

値上がり銘柄数 1362
値下がり銘柄数 411
新高値銘柄数 31
新安値銘柄数 26
騰落レシオ25D 86.0
日経平均25日移動平均乖離率 -0.47%
TOPIX25日移動平均乖離率 -2.10%

外部要因で一喜一憂の日本市場

米国金融引き締めの警戒感後退とイスラエル情勢の落ち着きへの期待で
日経平均株価は、全面高で始まりました。
取引開始直後にバイデン大統領が18日にイスラエルを訪れると発表。
前日の米国株高を背景に先物の売り方が買い戻しに動き
日経平均は32,000円の大台に乗せて始まると直後に△601.74円上昇しました。
高値 32260.77(9:16)△601.74
バイデン大統領イスラエル訪問報道で買戻しが入りましたが
買い戻し一巡後は、イスラエルとハマスの軍事衝突が現在も続いいるため
地政学リスクが相場の重しになり伸び悩んで前引けを迎えました。
後場の取引は、前引けを上回って始まりましたが、32,000円を挟んでの
一進一退になりました。

昨日10/16(月)日経平均 高値31999.79円 安値31564.31円 
終値31659.03円▼656.96円-2.03% 上下幅435.48円
本日10/17(火)日経平均 高値32260.77円 安値31901.39円
終値32040.29円△381.26円+1.20% 上下幅359.38円
相場全体は、中等地政学リスク、米国長期金利、原油価格の動向で
全面高・全面安が続いています。
海外短期筋のAI主導で連日外部要因に振り回される荒れ相場になっています。

日本市場の相場を動かしているのはAIです。
個別銘柄で見てもほぼすべてといっていいくらい、AIが介入しています。
間もなく決算発表本格化を迎え、決算発表内容をAIがどのように反応するか
個別銘柄もAIの判断待ちになります。

「需給はあらゆる材料に優先する」
四半期決算や様々なIRや全体相場の動向で、相場が一時的に振れることはあっても
株価はAI主導で需要と供給の規模を反映します。
売り手は「供給」であり、買い手が「需要」で、買いが売りより多ければ株価は上昇し
反対に売りが買いより多ければ(今の相場は貸株を使った空売りに注意)価格は下落します。
相場というものは、最終的には売り手と買い手の力関係で決まるのですが
2021年以降は、短期筋のAI主導相場が、より一層日本市場を席捲するようになったため
ほぼすべての銘柄に介入している「貸株の空売り」比率には要注意しなければなりません。
「人知」でここまで下がったという感覚とは違い、百万分の一秒を競うといわれる
AIの空売りの標的になると需給が悪化し続けて、ありえない異常値まで値下がるケースが
増加しています。
株価位置(低位置の底値圏)と貸株の空売り比率を常に研究しなければなりません。

330日間終値ベースでの株価位置
2022年6/15~本日10/17までの株価位置
0低 --- 100高 で数値化
短期筋のAIによる空売りで大きく売り込まれた銘柄は様々です。
AI主導の日本市場では、安値圏で買ってもさらに一段安まで売り込まれる可能性は常にあります。
一流株の底値圏、かなりの安値水準で買えば、底割れしてもリバウンドの場面を待てば
利食いのチャンスを得られる可能性は高まります。
330日間終値ベースでの株価位置で様々な銘柄を株価分析します。

◎銘柄研究 参考銘柄
レンジ相場下限割れ
9006京浜急行 10/17終値1211円 時価総額3339.47億円
2022年6/15~本日10/17までの株価位置
0低 --- 100高 で数値化 10/17 株価位置2.54
レンジ上限9/14高値1398円からの調整局面 
10/5安値1201.5円(9/14からの日柄14営業日)
10/16安値1208.5円(9/14からの日柄20営業日)
底値圏の滞在日数 10/3~本日10/17まで10営業日
下記記載しましたが、前回の底値圏滞在日数22営業日に対し
本日時点で10営業日、今後10営業日程度の日柄を想定すると
10/31(火)で日柄20営業日になります。
今回は、11/10決算発表がハードルに加わりますが
2024年3月期 増収増益期予想
決算発表内容が下振れしなければ、
12月までの想定レンジ1150円~1380円
10/17終値1211円 11/10決算発表

前回の底値圏の滞在日柄
2/21終値1244円▼28円 ~ 3/29終値1267円△19円
底値圏滞在日数 日柄22営業日 この間の安値3/16安値1220円

安値3/16安値1220円~その後の戻り高値5/18高値1412円
日柄41営業日 上昇値幅192円

明日は、7564ワークマン 10/17終値4130円 時価総額3380.28億円
022年6/15~10/17までの株価位置
0低 --- 100高 で数値化 10/17 株価位置0.00
について、記載いたします。




株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


次回更新は、10/18(水)15:05までに更新いたします。
通常ブログ更新時刻
(月)(水)(金)15:05 大引け前に更新する日もあります
(火)(木)20:00前に更新
(土)(日)(祝)休み 相場急変時は臨時に更新 
直近は相場が変動するため(日)14:00前に更新しています。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。


«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (137)
株式日記 (2754)
株式投資 (17)
空売り (1)
未分類 (25)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR