fc2ブログ

2023-12

昨日の大幅高は帳消しの荒れ相場

2023年12月7日(木)17:55更新

前日12/6の米国株
NYダウ 36,054.43ドル ▼70.13ドル -0.19%
ナスダック 14,146.712 ▼83.200 -0.58%
S&P500 4,549.34 ▼17.84 -0.39%
米国10年債利回り 4.107% ▼0.067%
NY原油 69.63ドル
ドル円 147.06円-147.07円 7日 10:20

前日の米国株は主要3指数そろって下落。
8日発表、11月米国雇用統計結果を見極めたい様子見ムードが強く
主力銘柄は利益確定売りに押されました。
朝方発表、11月ADP全米雇用リポート
非農業部門の雇用者数 前月比10万3000人増加
市場予想12万8000人増加を下回り
労働市場の過熱感が弱回ったことが相場の下支えになりました。

12月7日(木)東京マーケット
日経平均株価
 前場
寄付 33165.72(9:00)▼280.18
高値 33195.87(9:03)▼250.03
安値 32876.43(10:46)▼569.47
前引 32899.94(11:30)▼545.96 -1.63%
TOPIX前引 2358.87(11:30)▼28.33 -1.19%
前場プライム市場 値上がり209銘柄 値下がり1414銘柄 変わらず36銘柄
 後場
寄付 32861.89(12:30)▼584.01
高値 32916.55(13:12)▼529.35
安値 32814.69(14:56)▼631.21
大引 32858.31(15:00)▼587.59 -1.76%

TOPIX
2369.61(9:00)
2372.58(9:21)
2354.30(15:50)
2359.91(15:00)
前日比▼27.29 -1.14%

値上がり銘柄数 249
値下がり銘柄数 1382
新高値銘柄数 61
新安値銘柄数 39
騰落レシオ25D 109.3-13.5
日経平均25日移動平均乖離率 -0.42%
TOPIX25日移動平均乖離率 +0.06%

12/8(金)メジャーSQ前日の日経平均は、売り優勢で始まると
全面安の展開になりました。
日経平均は昨日の大幅高を帳消しにする大幅反落になり
前引けにかけて一段安になりました。
安値 32876.43(10:46)▼569.47
前引 32899.94(11:30)▼545.96 -1.63%
後場の取引は前引けを下回って始まり、32,800円台の安値水準での
一進一退になり、値幅は101.86円
一時▼631.21円値下がりする場面がありました。
安値 32814.69(14:56)▼631.21
日経平均は大幅安で反落して引けました。
大引 32858.31(15:00)▼587.59 -1.76%

連日先物主導で荒れ相場が続いています。 右数値は騰落レシオ
12/7(木)32858.31円▼587.59円-1.76% 109.3-13.5
12/6(水)33,445.90円△670.08円+2.04% 122.8+15.3
12/5(火)32,775.82円▼455.45円-1.37% 107.5-14.3
昨日の上昇で、11/15の窓埋めによる下振れを回避できたかと思いましたが
再び短期筋のAIが売ってきました。
11/14寄付き32760.51円  安値32667.40円の陰線 15日の窓埋め

12/7安値32814.69(14:56)▼631.21
12/5安値32726.68円

12/7時点 75日移動平均32362.10円
心理的な節目 32,000円
短期筋のAIが、上下どちらかに動き波動が大きいと判断すると
トレンドに追随して値幅が大きくなります。
メジャーSQ直前の思惑もありますが、翌日の相場の動きも定まらない相場です。

大きく上昇したら「逆指値」を入れて対処。
一流株が異常値まで売り込まれたら、大底買いして上昇波動を待つ。
あるいは、大底形成した一流株が、上昇に転じたら「買いサイン」で買う。
これ以外は何もしないでチャンスの場面を待つのも相場。
短期筋のAIと同じ土俵で戦うべからず。

◎銘柄研究 参考銘柄

全面安の場面での「赤札銘柄」
9008京王電鉄 12/7終値4307円△59円 高値4420円
朝方逆行高になり、日経平均採用銘柄上昇率ランキング1位
中型株上昇率ランキング1位になりましたが、伸び悩み長いウワヒゲを引いて
陰線で引けました。
11/30 売りは出切った模様で、空売り比率急減
今後6か月 戻りメド5200円以上
 出来高 現物売り 貸株の空売り 貸株の空売りの比率 ★売り仕掛け
12/6  982,100 720,000 217,500 22.1% 空売り減少
12/5  834,200 572,000 207,000 24.8% 空売り減少
12/4  830,400 566,900 217,300 26.2% 空売り減少
12/1   998,400 703,400 209,000 20.9% 空売り減少
11/30 9,890,300 6,967,400 2,791,300 28.2% 空売り急減
   出来高急増9,890,300株の大商いで、MSCI需給不安は一巡した模様。
   11/30現物買い9,726,000株
11/29 1,574,200 492,400 917,900 58.3% ★売り仕掛け
   11/29現物買い1,398,800株
11/28 1,613,700 567,000 872,700 54.1% ★売り仕掛け
   11/28現物買い1,542,200株 ☆☆☆トレンド転換
11/27 1,462,100 419,300 956,000 65.4% ★★売り仕掛け
   11/27現物買い1,287,100株 空売り比率65.4%でも売り崩せず

「逆指値」銘柄
4704トレンドマイクロ 12/7終値8190円▼230円-2.73%
10/4安値5420円底値形成 10/26安値5449円2番底
10/4安値5420円~12/6高値8444円まで
日柄42営業日 2か月 値幅3024円
逆指値水準7,900円~7990円水準
さらに一段高した場合は、逆指値を少しづつ切り上げます。
権利付最終日 12/27(水) 権利落日 12/28(木)
12/6(水)11:09高値8444円△163円 年初来高値
どこまで上昇するか見ながら、逆指値を尺取り虫のように切り上げます。
上昇中の高値圏銘柄は、「逆指値」を入れるのが今の時代背景に最も合っていると考えます。

中期目線
3769GMPOPG 12/7終値8265円▼401円-2.99%
っ直近高値11/29高値9043円で上昇一服になりました。
10/31安値5810円からの上昇相場、上昇波動2か月前後を想定に
上昇第2波動待ち。
12/7時点75日移動平均8091円 下値サポート
中期目線で9600円~10500円

12月下旬に底打ち待ち
9450ファイバーゲート 12/7終値922円
直近安値12/7安値914円円 1000円割れから下げが加速してきました。
このチャートを見ると個人投資家が、押し目を買っては投げ、再び値ごろ感から
下値を上手く買ったつもりでも底割れしているという状況です。
この銘柄は、下がっている割に貸株の空売り比率は少なく
現物売りのロスカットが連日続いていることによる需給悪化です。
年末くらいに「底値形成」となりそうです。
12/7時点で、底値確認できず

超割高銘柄
2695くら寿司 12/7終値3695円
12/4高値3805円 1番天井を想定
3期実績PER 高値平均158.1倍 安値平均103.1倍
23年10月期予想PER 380.92倍 来期予想PER 84.90倍
2番天井を待ち、空売りのタイミングを待ちます。

比較企業
3563Food&LIFE Companiesスシロー 12/7終値2855円
トレンドはまだ生きています。
12/5高値2981.5円
3期実績PER 高値平均89.8倍 安値平均37.3倍
24年9月期予想PER 50.4倍




株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


米国雇用統計12/8(金)(日本時間22:30)
今週末12/8(金)は、メジャーSQ
来週末12/15(金)は、日本でのSQにあたる「クアドルプル・ウィッチング」
12/12、12/13米国FOMC
12/18,12/19日銀金融政策決定会合


次回更新は、12/8(金)15:05までに更新します。
通常ブログ更新時刻
(月)(水)(金)15:05 大引け前に更新する日もあります
(火)(木)19:00前に更新
(土)(日)(祝)休み 相場急変時は臨時に更新 
直近は相場が変動するため(日)13:00前に更新しています。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (137)
株式日記 (2754)
株式投資 (17)
空売り (1)
未分類 (25)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR