fc2ブログ

2024-02

気になる悪材料も頭の片隅に

2024年2月1日(木)18:05更新

前日1/31(水)の米国株
NYダウ 38,150.30ドル ▼317.01ドル -0.82%
ナスダック 15,164.012 ▼345.885 -2.23%
S&P500 4,845.65 ▼79.32 -1.61%
米国10年債利回り 3.918% ▼0.114%
NY原油 76.34ドル
ドル円 146.70円-146.72円 2/1 13:00

前日の米国株は主要3指数そろって反落しました。
米国FOMC後のパウエル議長発言内容を市場はややタカ派ととらえ
売りが広がりました。
長期金利は3.9%台に低下しました。
FOMC声明、追加利上げに含みを持たす文言を削除し
インフレ率が持続的に2%に向かっているとのより大きな確信を持つまで
政策金利の引き下げが適切になるとは考えていないとの文言を加え
FOMC後、記者会見でパウエル議長はインフレ動向を見極めたいとの
姿勢を鮮明にし、利下げを始める時期について、3月会合の時までに
確信に至っているとは考えにくいと述べました。
3月利下げ観測をパウエル議長が会見で否定すると相場の下げは加速。
NYダウ、S&P500指数は、最高値圏のため議長発言を機に
売りが広がりました。
ハイテク株比率の高いナスダック指数は、-2.23%の大幅安になりました。
前回のFOMC後の会見でパウエル氏が語った政策金利は引き締め局面の
ピークに達しているか、それに近い水準にあるというハト派発言が
昨日の会見では、ややタカ派になったための米国株下落でした。
米国株安を受けて、日経平均先物も大きく下がりました。

2月1日(木)東京マーケット
日経平均株価
 前場
寄付 36008.56(9:00)▼278.15
高値 36146.36(9:12)▼140.35
安値 35940.06(10:00)▼346.65
前引 36024.29(11:30)▼262.42 -0.73%
TOPIX前引 2531.05(11:30)▼20.05 -0.79%
 後場
寄付 35987.62(12:30)▼299.09
高値 36037.87(14:32)▼248.84
安値 35924.60(13:46)▼362.11
大引 36011.46(15:00)▼275.25 -0.76%

TOPIX
2533.10(9:00)
2543.88(9:12)
2527.17(10:00)
2534.04(15:00)
前日比▼17.06 -0.67%

値上がり銘柄数  485
値下がり銘柄数 1121
新高値銘柄数 142
新安値銘柄数 12
騰落レシオ25D 127.5-10.4
日経平均25日移動平均乖離率 +2.67%
TOPIX25日移動平均乖離率 +2.69%

前日1/31FOMC後のパウエル議長発言を受けて、米国株は売りが広がりました。
長期金利は3.9%台まで低下しましたが、ハイテク株比率の高いナスダック指数は
-2.23%の大幅安となり、相場全体に利益確定売りが広がりました。
日経平均先物も連動安したため、寄付きは売り優勢で始まりました。
前場の日経平均は、36,000円を挟んだ水準での一進一退になりました。
安値 35940.06(10:00)▼346.65
前引 36024.29(11:30)▼262.42 -0.73%
後場の取引も上値は重く、36,000円を挟んだ水準での小動きになりました。
後場高値 36037.87(14:32)▼248.84
後場安値 35924.60(13:46)▼362.11
後場値幅 113.27円
月初2/1(木)日経平均は、反落しましたが、36,000円を保って引けました。
大引 36011.46(15:00)▼275.25 -0.76%

昨日1/31騰落レシオは、137.9まで上昇しましたが、本日2/1は
騰落レシオ25D 127.5-10.4
12/18 92.2 から切り上がっています。
12/18を起点に2か月間、120以上を維持できるとすれば
日柄的に2/18くらいになります。
いずれにしましても、メインプレーヤー2つの外国人
短期筋のAIと長期運用の海外投資家の買い次第です。
2/1
値上がり銘柄数  485
値下がり銘柄数 1121

★決算発表
2413エムスリー 2/1終値2057円▼297.5円
四季報の事前予想では、「会社比強気」でしたが
営業益反発。25年3月期は前期買収フル寄与。米国の構造改革も進み海外復調。
決算発表内容は芳しくありませんでした。
1/31決算発表
決算発表 単位百万円(EPS円単位)第3四半期のため進捗率75%で中立
売上179,189 前年同期比+2.3% 進捗率69.7%
営業益54,963 前年同期比-6.5% 進捗率69.5%
経常益57,325 前年同期比-4.9% 進捗率72.5%
純益36,614 前年同期比-6.8% 進捗率69.7%
EPS53 前年同期比-6.8% 進捗率69.7% 
新型コロナウイルスのワクチン接種支援など関連事業の需要減が響き
4~12月期の第3四半期の減益は2期連続となりました。
24年3月期通期の業績予想は据え置き。
2021年1/8高値10675円買われすぎの高値からの底値を割り込みました。
明日以降、2000円の攻防になるかもしれませんが、大幅な減益ではないため
来週には落ち着くものと思われます。
2023年3月期実績EPS72.2円 24年3月期予想EPS77.3円
3期実績PER 高値119.1倍 安値46.6倍
2/1終値2057円÷72円として計算=PER28.6倍
2/1終値2057円÷今期予想EPS73.6円として計算=PER27.9倍
コロナショック時安値2319円÷EPS31.9円=72.69倍
本日から2月になったため、2024年3月期も残り2か月を切りましたので
相場が落ち着けば、2025年3月期を見据えた値動きになると思います。
1/25高値2527.5円まで買われる場面がありましたが、再び振出しに戻りました。

大底圏で、「四季報」内容を信じて決算発表前に買うことは
今のAI主導の日本市場では、想定外の結果になりかねません。
株価水準は、並の企業の株価水準と変わらなくなりました。
新型コロナウイルスのワクチン接種支援など関連事業の需要減が続きましたが
コロナ特需がなくなっただけで、今後も成長が見込める超優良企業です。
どん底値で投げさせられないようご注意ください。

日経平均は反落しましたが、36,000円を大きく割り込むことなく
高値圏での推移が続いています。
最高値圏にある米国株、欧州主要国株も高値圏での推移が続いています。
FRBパウエル議長発言が、期待したタカ派発言ではなかったため、3月の利下げ期待が
低下しましたが、海外投資家の日本株に対する注目度は引き続き好調です。

一方、非常に好調な「インバウンド景気」は、11月低下しました。
これが11月一時的な低下なのか、12月、1月も好景気一服となるか?
今後の報道を待つばかりです。
決算発表のハードルを通過するまでは、動けませんが
この欧米中心の世界同時株高が、どこまで続くかです。
海外投資家が本格的に買い上がってから、2か月くらいで買い一巡になる傾向があるため
2月末、3月月初くらいまで今の相場が続くかどうかです。

今後も決算発表が続くため「二極化相場」になります。
インデックスが高値圏での個別銘柄の買いは、リスクを伴うことは頭の片隅に留めてください。
3月、4月、調整局面が来ることを前提に相場に臨みます。

1月31日、トランプ前大統領は日本製鉄による米国鉄鋼大手USスチールの買収に
反対すると表明しました。 日経報道
「私なら瞬時に阻止する。絶対にだ」
「今、USスチールは日本に買収されようとしている。ひどい話だ」
2024年11月米国大統領選挙
夏場以降動けなくなりそうです。




株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


次回更新は2/2(金)15:05までに更新します。
通常ブログ更新時刻
(月)(水)(金)15:05 大引け前に更新する日もあります
(火)(木)19:15までに更新
(土)(日)(祝)休み 相場急変時は臨時に更新 
直近は相場が変動するため(日)13:00前に更新しています。
当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
投資によるリスクは、すべて自己責任で行ってください。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (157)
株式日記 (2774)
株式投資 (17)
空売り (1)
未分類 (25)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR