fc2ブログ

2024-02

2/9時点、危険信号は出ていないものの「上げシロ」はわずか

2024年2月11日(日)12:45更新

2月9日(金)東京マーケット
日経平均株価
 前場
寄付 36915.44(9:00)△52.16
高値 37287.26(9:44)△423.98
安値 36807.03(9:01)▼56.25
前引 37029.91(11:30)△166.63 +0.45%
TOPIX前引 2562.20(11:30)▼0.43 -0.02%
 後場
寄付 37003.75(12:30)△140.47
高値 37140.08(13:08)△276.80
安値 36897.42(15:00)△34.14
大引 36897.42(15:00)△34.14 +0.09%

TOPIX
2560.96(9:00)
2576.38(9:44)
2552.09(9:01)
2557.88(15:00)
前日比▼4.75 -0.19%

値上がり銘柄数 565
値下がり銘柄数 1048
新高値銘柄数 98
新安値銘柄数 23
騰落レシオ25D 104.9 -6.9
日経平均25日移動平均乖離率 +3.08%
TOPIX25日移動平均乖離率 +1.75%

前日2/8(木)の米国株は主要3指数そろって3日続伸し
NYダウ、S&P500指数は連日の最高値を更新。
長期金利が上昇したもののナスダック指数は3日続伸となり
日経平均先物も連動高しました。
朝方は、日経平均先物上昇の割に伸び悩んで始まりました。
寄付 36915.44(9:00)△52.16
安値 36807.03(9:01)▼56.25
一時マイナス圏に転落する場面がありましたが、利益確定売り一巡後は
急速に上昇する場面がありました。
高値 37287.26(9:44)△423.98
買い一巡後は、前引けにかけて伸び悩みました。
前引 37029.91(11:30)△166.63 +0.45%
TOPIX前引 2562.20(11:30)▼0.43 -0.02%
日経平均が連日の高値更新の勢いの割に本日もプライム市場全体では
値下がり銘柄の方が多く、日経平均寄与度上位大型株主導の
高値更新でした。
TOPIXは伸び悩んで小幅安で前引けを迎えましたが
2576.38(9:44)まで上昇し高値を更新しました。

後場の取引も堅調に始まり、日経平均は前引け水準を挟んでの展開になりました。
TOPIXは、再びプラス圏に浮上しましたが、日経平均優位の展開が続きました。
日本市場は、週明け2/12(月)休場のため、後場は利益確定売りが出やすく
上値は重くなりました。
週末2/9(金)日経平均は伸び悩みましたが、ザラ場高値を更新し続伸して引けました。
TOPIXも伸び悩みましたが、ザラ場高値を更新しました。
2/9(金)SQに絡み、日経平均2/9高値37287.26円まで上昇
TOPIXは、2/9高値2576.38まで上昇しバブル後高値を更新しました。

2/9(金)の主要国株
日経平均先物 37,150円△260円 先週末36,400円△280円
NYダウ 38,671.69▼54.64-0.14% 先週末38,654.42△134.58+0.34%
ナスダック 15,990.664△196.949+1.24% 先週末15,628.954△267.312+1.74%
S&P500 5,026.61△28.70+0.57% 先週末4,958.61△52.42+1.06%
10年債利回り 4.162%△0.008% 先週末4.021%△0.144%
NY原油 76.60ドル△0.38ドル 先週末72.41ドル▼1.41ドル
ドル円 149.26円-149.28円 先週末148.28円-148.30
上海総合指数 2,865.9032△36.2076+1.27% 先週末2,730.1520▼40.5883-1.46%
欧州市場 
ドイツDAX 16,926.50▼37.33-0.22% 先週末16,918.21△59.17+0.35%
イギリスFTSETM 7,572.58▼22.90-0.30% 先週末7,615.54▼6.62-0.08%
フランスCAC 7,647.52▼18.11-0.23% 先週末7,592.26△3.51+0.04%

2/7(金)の米国株 NYダウは4日ぶりに反落、S&P500指数は
5000ポイントの大台に乗せて、最高値を更新して引けました。
ハイテク株比率の高いナスダック指数は、長期金利上昇したものの
+1.24%続伸しました。
米国株は高値圏で利益確定売りが相場の上値を押さえましたが
半導体関連、ハイテク関連中心に買いが入りました。

日経平均2/9(金)終値36897.42円 △34.14円 +0.09%
TOPIX2/9(金)終値2557.88 ▼4.75 -0.19%
日経平均先物37,150円 △260円
日本市場は、2/12(月)休場のため、週明けの米国株の動向を
織り込んでの取引になります。

2/9時点
日経平均PER16.07倍  2/5日経平均PER16.35倍
日経平均2/9(金)終値36897.42円÷PER16.07倍=日経平均EPS2296円
先週末2/2(金)日経平均EPS2252.8円
プライム連結PER16.11倍
2023年相場(6月~12月)の日経平均PERのレンジ
上限 9/19PER16.11倍 下限12/18PER14.42倍
日経平均EPS2296円×PER16.5倍=37884円
日経平均EPS2296円×PER17.0倍=39032円
日経平均EPS2296円×PER15.0倍=34440円
日経平均EPS2296円×PER14.5倍=33292円

増えすぎたポートフォリオ配分のリバランス
GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)にとって
日本株の上昇は、ポートフォリオ上、上限であるウェイト25%超過になるため
日本株高値圏では、今後もリバランスの売りが出て相場の重しになります。
月末にリバランス売りが出るため、これを先取りするAIの動向には
注意しなければいけません。

◎2024年3月以降のリスク

11/31FOMC後のパウエル議長発言で、米国の3月利下げの確率は低下しました。
米国株高の背景には、2024年3月から米国金利引き下げを織り込んで先取りしての
大幅な上昇です。
仮に、2024年3月以降の早期の利下げがなかった場合、米国株は買われすぎ
だったことになり、米国株に連動してバブル後高値を更新中の日本株も
米国株が急落した場合、大きく下がることには注意しなければなりません。
米国長期金利上昇に過敏に反応しなくなっている米国株ですが
過度な長期金利上昇には要注意です。
2/9(金)10年債利回り 4.162%△0.008%
4.3%超(黄色信号)には要注意です。
12/27 3.79%まで低下しこれがボトムになっています。

2/9(金)SQに絡み、日経平均2/9高値37287.26円まで上昇
TOPIXは、2/9高値2576.38まで上昇しバブル後高値を更新しました。

2/16(金)米国SQ 直前は相場が荒れる可能性

2024年相場
中東でくすぶるリスク
3月末にかけては年金の売りや日経平均の入れ替え
日銀マイナス金利の出口模索 米国金利引き下げの時期と引き下げの回数
米国、中国の景気減速の行方
11月の米国大統領選挙

日経平均、TOPIXバブル崩壊後高値を一気に更新したため
新規の買いは凍結します。
この上昇相場も上がり続けるわけではありません。
おそらく、天井形成後、しばらく高値もみ合いが1か月~2か月程度続き
その後やや大きな調整局面が来るものと考えます。
2月天井、3月中旬~4月にかけて株価本格調整を想定。
米国大統領選挙を控え、7月~9月は積極買いはできず
米国株中心に株価低迷になる可能性があります。

日経平均の推移
2023年1/4安値25716.86円 直近高値37287.26円
値上がり幅11570.40円
この間の調整場面
7/3高値33753.73円 30526.88円
この間の値下がり幅3226.85円

日経平均38,000円説 40,000円説がありますが
直近高値37287.26円からの「上げシロ」はわずかになっています。

「2/9時点、危険信号は出ていないものの、警戒レベルまで到達しています」
インデックスの「上げシロ」は少なくなっています。
インデックスが大きく崩れると相場全体に売りが広がるため注意が必要です。
ここで問題なのは、全体相場が急落すると今まで上昇していない銘柄までが
需給悪の影響を受けるということです。
2月中に売りの算段をして現金ポジションを高値ていく方針です。
利益の出ない銘柄もロスカットするかどうかは今後の相場を見てからの判断としますが
そろそろ「空売りの候補銘柄」をリストアップしようと思います。

企業収益に対し株価が超割高と考えられる銘柄の研究
本日はなぜこんなに買われるのかと思う銘柄1銘柄ご紹介しますが
すぐに空売りするわけではありませんのでご注意ください。

8267イオン 2/9終値3590円
2022年6/17安値2145円からの上昇は、1年8カ月になり
3/9高値3627円からの上昇幅1482円
2021年2/16高値3675円上場来高値
コロナショック後、「巣ごもり需要」で、株価は史上最高値を付けました。
この最高値に迫っており、トレンドは生きているため、もう一段高がありそうです。
3月、4月には最高値を更新するのではないかと見ております。
イオンの売上高利益率 0.3% 1万円売って、利益は30円
ヨーカ堂、ヨークフーズ単独では赤字に比べると黒字ですが
このような収益構造に対して配当性向は93.3% 予想配当利回り1.00%
有利子負債が多く、 負債/連結売上38.1%
今期連結PER143倍 来期予想連結PER93.0倍
連結ROE2.2% 連結予想ROE3.3%
BPS1161円 PBR3.1倍 外国人比12.7%
今期24年2月期予想 連結売上9兆5000億円 営業利益2400億円

30年間増収増益が続いている食品スーパー
8279ヤオコー 2/9終値8435円
今期24年3月期予想 連結売上5740億円 営業利益263億円
売上高利益率は、4.8%まで伸びるのではという記事がありました。
1万円売って、利益は480円
有利子負債は少なく、負債/連結売上16.5%
今期連結PER20.7倍 来期予想連結PER20.5倍
連結ROE11.2% 連結予想ROE11.3%
BPS3644円 PBR2.3倍 外国人比11.4%

総合スーパーと食品スーパーを単純に比較はできませんが
今や総合スーパーは「不要な時代」になりつつあります。

買われすぎの銘柄の天井形成をじっくり監視しますとともに
他の買われすぎ銘柄のリストを作成し始めます。

実質賃金は2年連続で減少 今後も賃上げが焦点に
総務省の家計調査によると、23年12月の2人以上の世帯の消費支出は
物価変動の影響を除いた実質で前年同月比▼2.5%減

物価が上昇するなか、実質賃金が伸び悩んでおり、消費者の節約志向は根強い。
8267イオンは23年9月と12月に計60品目のPBを値下げ。
大豆や食用油など一部の原材料価格が安定してきためですが
12月には鍋つゆなど季節商品のほか、ホットケーキミックスや食用油などの定番商品
日用品などを対象に3%〜26%値下げしました。

以上ご参考まで




株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


☆様々なネット詐欺にご注意ください☆
警察庁は、2024年2月8日、2023年のの犯罪情勢をまとめました。
インターネットを悪用した詐欺被害が2023年に約772億円に上り
前年から倍増したことが分かりました。


ブログ更新時間がやや遅くなります。
次回更新は2/13(火)20:00までに更新します。
通常ブログ更新時刻
(月)(水)(金)15:05 大引け前に更新する日もあります
(火)(木)20:00までに更新
(土)(日)(祝)休み 相場急変時は臨時に更新 
直近は相場が変動するため(日)13:00前に更新しています。
当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
投資によるリスクは、すべて自己責任で行ってください。


«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (157)
株式日記 (2774)
株式投資 (17)
空売り (1)
未分類 (25)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR