fc2ブログ

2024-02

米国ラッセル2000に注目

2024年2月18日(日)12:10更新

2月16日(金)東京マーケット
日経平均株価
 前場
寄付 38517.37(9:00)△359.43
高値 38865.06(10:01)△707.12
安値 38361.55(10:59)△203.61
前引 38505.89(11:30)△347.95 +0.91%
TOPIX前引 2624.53(11:30)△32.68 +1.26%
プライム値上がり1401銘柄  値下がり225銘柄 本日は全体相場地合い良好
 後場
寄付 38596.19(12:30)△438.25
高値 38831.16(12:56)△673.22
安値 38456.71(14:44)△298.77
大引 38487.24(15:00)△329.30 +0.86%

TOPIX
2616.04(9:00)
2639.32(13:14)
2613.09(11:00)
2624.73(15:00)
前日比△32.88 +1.27%

グロース指数 大陽線を引き潮目の変化か?
728.26(9:00)
754.44(14:55)
721.43(9:00)
753.25(15:00)
前日比27.55 +3.80% 200日移動平均超え

値上がり銘柄数 1391
値下がり銘柄数 237
新高値銘柄数 146
新安値銘柄数 27
騰落レシオ25D 96.8 +3.1
日経平均25日移動平均乖離率 +5.67%
TOPIX25日移動平均乖離率 +3.29%

前日2/15(木)の米国株は主要3指数そろって続伸
中小型株で構成する株価指数ラッセル2000は2%超上昇し
幅広い銘柄に買いが波及しました。
大幅に上昇した日経平均先物にサヤ寄せして
東京エレク、アドバンテストなどの半導体関連やファストリなど
寄与度上位値嵩株中心に買いが広がりました。
日経平均は38,800円台に乗せ、本日のバブル後高値を更新し
一時△707.12円上昇しました。
高値 38865.06(10:01)△707.12
(バブル時高値38915.87円)
買い一巡後は、利益確定売りに押され前引けにかけて伸び悩みました。
後場の取引は、前引け水準を上回って始まると先物買いが断続的に入り
再び38,800台に乗せ、高値圏で一進一退になりましたが
13:47を過ぎると利益確定売りにに押されました。
週末2/16(金)日経平均は、大引けにかけて伸び悩みましたが
バブル後高値を更新し続伸して引けました。
TOPIXも2/13高値2613.94を超え、高値を更新しました。

2/16(金)の主要国株
日経平均先物 38,310円▼300円 先週末37,150円△260円
NYダウ 38,627.99▼145.13-0.37% 先週末38,671.69▼54.64-0.14%
ナスダック 15,775.654▼130.520-0.82% 先週末15,990.664△196.949+1.24%
S&P500 5,005.57▼24.16-0.48% 先週末5,026.61△28.70+0.57%
10年債利回り 4.282%△0.057% 先週末4.162%△0.008%
NY原油 79.22ドル△1.19ドル 先週末76.60ドル△0.38ドル
ドル円 150.22円-150.24円 先週末149.26円-149.28円
上海総合指数 2,865.9032△36.2076+1.27% 先週末2,865.9032△36.2076+1.27%
欧州市場 
ドイツDAX 17,117.44△70.75+0.41& 先週末16,926.50▼37.33-0.22%
イギリスFTSETM 7,711.71△114.18+1.50% 先週末7,572.58▼22.90-0.30%
フランスCAC 7,768.18△24.76+0.31% 先週末7,647.52▼18.11-0.23%

2/16(金)の米国株 主要3指数そろって反落しました。
17日発表、1月米国卸売物価指数(PPI)が市場予想を上回り
米国早期利下げ観測が後退し長期金利が上昇、主力株中心に
利益確定売りが広がりました。
1月のPPIは、前月比0.3%上昇、上昇率は5カ月ぶりの大きさで
市場予想0.1%上昇を上回り、インフレ沈静化に時間がかかっていることが確認されました。
NYダウ、S&P500指数は連日の最高値を更新しており、今まで物色の対象外だった
中小型株が循環物色されるかどうか? 
2/15(木)中小型株で構成する株価指数ラッセル2000は2%超上昇、2/16は反落。
米国株中小型株物色が今後も続くかどうか注目です。
ラッセル2000上昇=東証グロース指数上昇
週末米国時間の日経平均先物は反落しました。

日経平均2/16(金)終値38487.24円 △329.30円 +0.86%
TOPIX2/16(金)終値2624.73 △32.88 +1.27%
日経平均先物38,310円▼300円
週明け2/19(月)東京マーケットは、やや売り先行で始まります。

半導体関連、寄与度上位の値嵩株中心に買われている銘柄は一握りの
大型株で、昨日まで他の中小型株は、上昇相場の圏外にありました。
2/15(木)米国市場では、中小型株で構成する株価指数ラッセル2000は2%超上昇し
買いが広がってきました。
翌2/16(金)は残念ながら主要3指数が反落し、ラッセル2000の買いは続きませんでした。
今後も米国株で、中小型株買いが継続的に広がってくると
日本市場もそれが意識されるため、米国ラッセル2000上昇が続くことに期待します。
2/16(金)東証グロース指数大陽線を引き200日移動平均突破
米国ラッセル2000上昇=東証グロース指数上昇が続くか。
来週2/19(月)以降、物色が広がり、循環物色相場に期待します。

決算発表が出そろい二極化相場が進行しました。
プライム騰落レシオ25D 2/16 96.8 +3.1 
騰落レシオ2024年H 1/31 137.9 
ここから急落し、2/15 93.7まで低下しました。
それに対し日経平均は連日の上昇で、2/16高値38865.06円 
バブル後高値を更新しました。
TOPIXも2/16高値2639.32まで上昇し高値更新。
週末2/16(金)は、前日2/15(木)の米国ラッセル2000の上昇を受けて
グロース指数2/169終値753.3△27.55+3.80%
幅広い銘柄に買いが広がりましたが、週末の米国株は総じて反落し
ラッセル2000も値下がりしました。

直近の日本株上昇のけん引役は、一握りの大型株で
多くの銘柄は昨年の高値から売り込まれています。

2023年新高値銘柄数
9/15 387銘柄 9/4 418銘柄 7/31 350銘柄 6/14 372銘柄
2023年の日経平均、TOPIXの株価位置はこの時点ではるかに下ですが
2/16(金)にかけて新高値を更新しています。

1,2024年1月 海外投資家の現物買い 2兆円超え
2,1月短期筋は、先物売り越し(この売り越しが2月相場踏み上げ加速となる)
3,2月相場海外投資家の現物買い=短期筋の買戻し=踏み上げ相場加速
4,インデックス上昇に対し、プライム騰落レシオ下落
5,2024年相場 新高値銘柄数1/11 231銘柄をピークに減少。
2/16新高値銘柄数146銘柄で伸び悩み(物色が広がっていないことになります)

日経平均、TOPIXの上昇はどこまで続くか分かりませんが
上げシロは残りわずかになっていると考えるのは間違いなさそうです。
後は高値圏の日柄(高値圏の滞在日数)です。
2月は続きそうですが、この上昇相場が、3月いっぱい続くかどうかは
警戒しなければならないと思います。
3月にかけて、少しづつ現金ポジションを高めていこうと考えています。
2023年相場は、個人投資家の売りをすべて海外投資家が買い上げ
本格的な上昇相場になりました。
2024年相場も1月の上昇、2月の上昇、現時点で二段上げになっています。

今後の動向は米国株次第になりますので、米国株と米国長期金利の動向には
十分注意しなければなりません。
日経平均、TOPIXが調整局面入りすると今まで上がっていなかった銘柄も連動安になります。
安くて良い銘柄はかなりありますが、買いのタイミングを間違えると
AIの空売りの標的にされる可能性が高く、このことは常に用心しなければなりません。

腕に覚えのある短期投資家は別ですが、一般の個人投資家は
「今から新規買いはするべからず。」




株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


(火)(木)ブログ更新時間がやや遅くなります。
次回更新は2/19(月)15:05までに更新します。
通常ブログ更新時刻
(月)(水)(金)15:05 大引け前に更新する日もあります
(火)(木)20:00までに更新
(土)(日)(祝)休み 相場急変時は臨時に更新 
直近は相場が変動するため(日)13:00前に更新しています。
当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
投資によるリスクは、すべて自己責任で行ってください。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (157)
株式日記 (2774)
株式投資 (17)
空売り (1)
未分類 (25)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR