fc2ブログ

2024-02

「継続前提に疑義注記」 一般の個人投資家は手出し無用

2024年2月20日(火)19:05更新
2/19(月)プレジデントデーで米国株は休場

2月20日(火)東京マーケット
日経平均株価
 前場
寄付 38510.37(9:00)△39.99
高値 38742.33(10:30)△271.95
安値 38387.00(11:06)▼83.38
前引 38438.64(11:30)▼31.74 0.08%
TOPIX前引2634.19(11:30)▼5.50 -0.15%
グロース250前引764.38(11:30)▼1.11 -0.15%
前場プライム値上がり782銘柄 値下がり818銘柄
 後場
寄付 38351.36(12:30)▼109.02
高値 38466.41(14:51)▼3.97
安値 38288.04(12:38)▼182.34
大引 38363.61(15:00)▼106.77 -0.28%

TOPIX
2645.75(9:00)
2648.92(9:00)
2625.07(12:38)
2632.30(15:00)
前日比▼7.39 -0.28%

グロース指数 765.2▼0.27 -0.4%

値上がり銘柄数 702
値下がり銘柄数 899
新高値銘柄数 145
新安値銘柄数 5
騰落レシオ25D 97.7 -5.9
日経平均25日移動平均乖離率 +4.72%
TOPIX25日移動平均乖離率 +3.18%

前日の米国株は休場。
日経平均は小幅に可幅に反発して始まりました。
寄り後は前日終値を挟んでの小動きでしたが10時過ぎに先物主導で
上値を試す展開になり38,700円台に乗せ△271.95円上昇しました。
買い一巡後は前引けにかけて、マイナス圏に沈みました。
前引 38438.64(11:30)▼31.74 0.08%
TOPIX前引2634.19(11:30)▼5.50 -0.15%
後場の取引は、前引けを下回って始まりました。
寄り付き直後にこの日の安値を付けましたが、下げは限定的で
安値 38288.04(12:38)▼182.34
売り一巡後は、前日終値付近まで戻しましたが
日経平均は続落して引けました。

2/19(月)プレジデントデーで休場
米国時間21日、半導体大手エヌビディアの決算発表
決算内容を米国市場でどのように判断するかで、日本の半導体関連銘柄
特に東京エレク、アドバンテストの株価に大きな影響をあたえるでしょう。
両銘柄が、上昇すれば日経平均は上昇し、逆に下げれば日経平均を押し下げます。
半導体大手エヌビディアの決算発表は、日本市場では2/22(木)に反映されますが
2/23(金)は、日本市場休場のため、結果が大きな下押し圧力になると
休場明け2/26(月)の日本市場は、2日分の織り込みスタートになります。

◎銘柄研究 参考銘柄
先週2/15(木)米国の中小型株ラッセル2000指数が上昇し
日本市場でも一部の小型株に物色が広がり始めました。

4053サンアスタリスク 
2/13出来高急増株価上昇1043円△88円+9.21%V1,203,500株
動きがおかしいので見ていましたが、2/16安値919円まで下がり、本日で3連続陽線。
まだ相場は初動で生きています。

7816スノーピーク 2/20終値1138円△150円+15.18%V245,300株
1138円S高買い気配
空売りの買戻しが、明日以降も踏み上げる模様です。

6194アトラエ 2/20終値490円
2021年 9/1高値2849円 11/19高値2827円ダブルトップ形成後調整局面入り
2023年6/27安値700円で底打ちとなり、9/6戻り高値1187円
直近にかけて再び調整局面に入り、2/20安値472円
このあたりで底が入りそうですが、会社の決算予想値から「低進捗率」に問題があります。
企業によっては決算予想値を「企業内の達成困難な高い目標値」をそのまま掲げる企業が
ありますが、四半期決算のたびに減益になり、被害を受けるのは高々と上げたIRを信じて
投資している個人投資家です。
当社は、23年2/10の四半期決算以降、直近2/9決算発表まで
5四半期連続の営業減益です。
16年8月の上場来安値393円にかなり近づいてきました。
本業以外、プロバスケチームを運営し、足を引っ張っています。
本業に専念せず2足の草鞋を履く企業は、4755楽天Gが代表格ですが
本業以外の儲からない事業に手を出し、赤字の泥沼に入り込む企業は
投資の対象外にした方がよさそうです。

小型株に物色が広がり始めると「買ってはいけない銘柄」も突然物色され始めます。

5216倉元製作所 2/20終値115円△30円+35.29%V3,428,000株
昨日から出来高が急増しおかしな値動きになっています。
「継続前提に疑義注記」 一般の個人投資家は投資対象外
利益剰余金 -2憶9300万円 負債/売上 95.2% BPS20円

日経平均、TOPIXは高値圏を維持していますが、先週末から買いが
広がり始めた全体相場はなかなか続きません。
グロース指数 765.2▼0.27 -0.4%
値上がり銘柄数 702
値下がり銘柄数 899
新高値銘柄数 145
新安値銘柄数 5
騰落レシオ25D 97.7 -5.9
地合いが大きく好転していないため、騰落レシオは重たくなっています。
2/15 93.7 2/16 96.8 2/19 103.8 2/20 97.7

米国時間21日、半導体大手エヌビディアの決算発表
決算内容を米国市場でどのように判断するか?
今週の重要イベントです。




株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


(火)(木)ブログ更新時間がやや遅くなります。
次回更新は2/21(水)15:05までに更新します。
通常ブログ更新時刻
(月)(水)(金)15:05 大引け前に更新する日もあります
(火)(木)20:00までに更新
(土)(日)(祝)休み 相場急変時は臨時に更新 
直近は相場が変動するため(日)13:00前に更新しています。
当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
投資によるリスクは、すべて自己責任で行ってください。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (157)
株式日記 (2774)
株式投資 (17)
空売り (1)
未分類 (25)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR