2017-07

中小型株新興銘柄個人投資家参戦

1月30日(月)15:35

大引け

日経平均株価

19371.28(9:00)

19390.97(9:14)

19295.80(10:40)

19368.85(15:00)

前日比▼98.55 -0.51%

TOPIX

1542.62(9:00)

1543.99(14:10)

1535.97(10:36)

1543.77(15:00)

前日比▼5.46 -0.35%


日経平均株価は4日ぶりに反落

先週末のNYダウが軟調、為替がドル安円高に振れ
売り優勢で始まりました

寄付 19371.28(9:00)▼96.12

高値 19390.97(9:14)▼76.43

先週末までに3営業日で680円近く上昇した反動もあり
次第に利益確定売りに押され下げ幅を拡大

安値 19295.80(10:40)▼171.60

売り一巡後は押し目買いが控えており
19,300円台での狭いレンジでの値動きになりました

大引 19368.85(15:00)▼98.55

日経平均株価は4日ぶりに反落して引けました


昨年10月までに海外投資家は8兆円規模の売り越しになりました。
この中には、海外短期筋の先物売りやオイルマネーの原油価格暴落による
投資資金回収の売りも含まれています。
その後のトランプラリー以降、11月以降海外投資家は現先合計で
4兆円規模の買い越しになり直近の日本株上昇の立役者になりました。

現在は10-12期決算発表が本格化、2月上旬には出そろいその後は
2017/3期見通し、2018/3期予想が出てきます。
現在の為替水準が更なる急速な円高方向に振れなければ
増収増益になるのは確実で、それに伴い日経平均EPSが上昇し
日経平均PERが低下します。
為替水準が114円~115円水準で、米国株が高止まりしていれば
今後も海外投資家が、日本株を買ってくる可能性は高いと考えます。

しかし、その反面トランプ大統領の動向、欧州の政治リスク
イタリアを始めとする欧州金融機関リスクが日本市場にとっての
不安要因になります。
トランプ政権のイスラエル政策と中東諸国の関係も不透明感があります。

ここからは、日本企業増額修正による海外投資家の買い期待と
様々な市場を巡る不安要因との綱引きになりそうです。

株価位置が高いため、大底買いによる大幅利食いは望めません。
ここからは、利益の出た銘柄は欲をかかず利食い優先とし
新規買いに関しては、小ロットの買いにとどめ、現金ポジションは
高める方向で臨みます。

インデックスはさえませんが、中小型株、テーマ株、新興銘柄に
物色が広がっています。
個人投資家の市場参加が増加しているのがその背景にあると考えます。

人工知能AI関連銘柄の2352エイジアが動き出してきました。
ここからの買いはお勧めできませんが、長い間低迷していた株価が
節目を超えた場合、上放れる可能性が高まります。
節目10/17高値1972円 1/30節目を超える
7月以降何度も単発高がありましたが、長続きせず下方向に押し戻されていました。
2,000円に乗せるようだと本物です。
売り目標1 2300円~2500円(3か月~6カ月)
長期売り目標3000円(6か月~12カ月)
1741円買い 

テーマ株として人気のある銘柄6656インスペックが動き出しました。
ここからの買いはお勧めできませんが、長い間低迷していた株価が
節目を超えた場合、上放れる可能性が高まります。
節目12/7高値1543円 1/30節目を超える
9月以降単発高がありましたが、長続きせず下方向に押し戻されていました。
1,700円を超えると本物です。
そのためには更なる出来高増加が条件になります。
売り目標1 2000円
売り目標 未定 人気化次第
1/5寄付き1368円買い

8期連続最高益更新 8期連続増収増益
8771Eギャランティイ
出来高が増加し上昇トレンドに転換したようです。
これはまず間違いなくファンドの買いでしょう。
連日アンダーをコツコツ拾っている感じです。
定期預金感覚で中長期投資
売り目標3000円~3335円以上 ファンド介入人気化次第
1/5寄付き2500円買い

以下の銘柄について簡単にコメントいたします。

4726ソフトバンクテクノロジー
買っている方はすべてが利食い圏になっているため
ここから上にはしこりがありません。
直近は間違いなくファンドの買いが入っているようです。
トレンドは上方向に向いているため、半年くらい持つつもりで
持続しても良いかと考えます。
その際は、最悪の状況も考慮し25日移動平均線を下回った場合は
即刻手仕舞うなどのルールを決めておけばよいと思います。

3653モルフォ
現在6,000円を挟んだ水準でのもみ合いになっています。
トレンドは上昇トレンド継続中の為、25日移動平均を
割り込まなければ持続しても良いと考えます。
1/6高値6620円を出来るだけ早く上回らなければ投資妙味は薄れてきます。
上回れば、8,000円くらいの高値があっても全く不思議ではありません。

3696セレス
直近は下値不安なく1800円を挟んでの展開になっています。
フィンテックブロックチェーンのテーマ株であり
人気銘柄ですので、うまく物色が広がれば急騰する可能性があります。
1/10高値1878円が目先の節目です。
これを上回れば2,000円相場になり、その後の人気化次第で
上手くすればその上があるかもしれません。

6670MCJ
この銘柄は上昇トレンド継続中で尋常ではない足取りです。
本日の急騰で相場が生きていることが確認できました。
おそらく2月のどこかで天井形成になりそうです。

4366ダイトーケミ
この銘柄も上昇トレンド継続中で尋常ではない足取りです。
本日の急騰で相場が生きていることが確認できました。
おそらく2月のどこかで(2月上旬か?)天井形成になりそうです。



次回の更新は1/31(火)20:00~21:00ごろ更新予定です。

トランプ大統領の政策は、
アメリカ本土での生産を強要し、白人労働者の雇用を拡大させるものですが
日本の主力企業の進めてきた安い人件費、より安い生産コストを求めて
多国籍でビジネスを展開するグローバル戦略は、非常に厳しさを
増してくることが予想されるため、自動車関連、自動車部品関連銘柄への
投資は、今後は要注意です。(1/23記)

買ってはいけない銘柄(空売り候補銘柄)
チャートの勉強になさってください
注:初心者の方は安易に信用取引を行わないでください。
  目いっぱいの空売りは目いっぱいの信用買いより危険です。
  現物の目いっぱいの買いはいけませんが
  信用取引の目いっぱいの売買は、墓穴を掘ることになりかねません。
  くれぐれも実戦チャートの勉強の教材としてお使いください。

1/16ブログ更新後の下落注意サイン銘柄

8282ケーズHD 1/17終値2040円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/23下落注意サイン②
1/24終値2006円▼41 この時点で相場は崩れた(1/24記)

9025鴻池運輸 1/17終値1495円 1/17記
1/16下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大


1/17現時点での下落注意サイン銘柄

6282オイレス工業 1/17終値2020円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

2503キリンHD 1/17終値1855円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で
12/13高値1984.5円1番天井と想定
1/6高値1968.5円2番天井と想定

8397沖縄銀行 1/17終値4110円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大
1/24終値3975円▼105円 この時点で相場は崩れた(1/24記)
1/24下落注意サイン②

5101横浜ゴム 1/17終値2020円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大
1/24下落注意サイン②

6902デンソー 1/17終値4922円 1/17記
1/17短期下落注意サイン①
この時点で短期下降局面になる可能性大

5214日本電気硝子 1/17終値611円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

3086Jフロント 1/17終値1642円 1/17記
1/17下落注意サイン①
この時点で下降局面になる可能性大

買ってはいけない銘柄1/24

9932杉本商事 1/24終値1483円△1円 1/24記
1/16下落注意サイン①
1/23下落注意サイン②

7201日産自動車 1/24終値1122.0円 ▼13.0円 1/24記
現在個別銘柄指数表算出前の為売買サインは不明ですが
今後下値模索する感じがします。

空売り銘柄
5301東海カーボン 寄付き379円 信用新規売り(1/24記)
 1/26ロスカット買戻し405円 ▼26円の損だし
8282ケーズHD 寄付き2040円 信用新規売り(1/24記)
 持続中

サポートライン
サポートライン① 25日移動平均線 1/12に41営業日ぶりにマイナス乖離
サポートライン② 25日移動平均線ー1% 1/16攻防中 1/17-2.40%
サポートライン③ 日経平均株価心理的節目19,000円 1/17終値18813.53円
サポートライン④ 日経平均株価心理的節目18,500円 1/18安値18650.33円

117円台~118円台日経平均株価19,500円~
115円台~116円台前半 居心地の良い水準
114円台前半黄色信号 
113円台半ば 日経平均株価19,000円の攻防18,900円~19,100円
              113.23円→1/17安値18812.86円
111円~112円台日経平均ネックライン18,500円
              112.58円→1/18安値18650.33円

円安、米国株高=日本株上昇
円高、米国株堅調=日本株安
円高、米国株安=日本株大幅下落

日本時間1/12(木)午前2時すぎトランプ次期大統領公式記者会見を境に
楽観論は終りました。
1/20トランプ大統領就任後「不確定な状況」に警戒

日本市場の関門①1/20前後 トランプ大統領就任 
             このころからギリシャ債務問題再燃に注意
             トランプ発言に注意
日本市場の関門②4/20前後 トランプ大統領ハネムーン期間終了
 100日の時点でのマスコミの報道 トランプ政治の論争に注意
 欧州政治リスク、中東情勢、ベネズエラリスクに要注意
          
2017年のリスク要因(欧州の政局、移民問題リスク)
ギリシャ債務返済と欧州選挙日程(欧州リスク)
2月ギリシャ債務返済(1月下旬ころから要注意)
3月オランダ総選挙(欧州政治リスクに要注意)
4、5月フランス大統領選挙(欧州政治リスクに要注意)
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

2017年のリスク要因
中東諸国に要注意
サウジアラビアの経済情勢と財政問題
その他の中東諸国の財政問題
原油価格次第

2017年のリスク要因
ベネズエラ発の中南米危機
国家財政の90%を石油資源に頼るベネズエラは
原油価格低迷によるハイパーインフレが続いています。
2016年予想 500%のハイパーインフレ
2017年予想 2200%のハイパーインフレ
中国が7.6兆円の融資を行っていますが
どこまで支えられるかが今後の焦点です。
中国と原油価格次第

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/1133-41a619c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1168)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR