FC2ブログ

2021-02

注目の19社解説

1月20日17:20


今日は、直近に掲載した注目の19社について

コメントいたします。




以下が1月6日記事です。



1月6日 13:30


安倍ノミクス相場がミニバブルになる?

この上昇が春ごろまで続くことを仮定して

戦略銘柄を公開します。

順張り投資にはリスクが伴います。

ロスカットできない方は手出し無用。

(私は年に1度~2度ぐらいしか動きませんが、
 ブログを面白くするためにあえて公開します)




ミニバブル期待短期順張り13社


5938 LIXIL 1975円

6502 東芝 350円

6503 三菱電機 754円

6971 京セラ 8060円

6981 村田製作所 5270円

7751 キャノン 3420円

8031 三井物産 1335円

8053 住友商事 1137円

8058 三菱商事 1710円

8306 三菱UFJFG 484円

8411 みずほFG 163円

8591 オリックス 9860円

8766 東京海上 2482円





ローリスク上昇期待3社


4527ロート製薬 999円

4739伊藤忠テクノ 3600円

6594日本電産 5220円






大穴株


8369京都銀行 751円






天井付近新規買い不適格銘柄


2670ABCマート 3770円

2651ローソン 5980円




以上が1月6日記事です。





5938 LIXIL 1975円

1月18日 H 2121円

日経平均が堅調に推移する限り上値が望めると思います。


6502 東芝 350円

1月18日 H 375円 

日経平均が堅調に推移する限り、まだ出遅れて先高感があります。



6503 三菱電機 754円

1月15日 H 785円

日経平均が堅調に推移する限り、まだ出遅れて先高感があります。



6971 京セラ 8060円

1月18日 H 8380円

日経平均が堅調に推移する限り上値が望めると思います。

9000円トライが当面のメド



6981 村田製作所 5270円

1月18日 H 5450円

日経平均が堅調に推移する限り上値が望めると思います。

6000円トライが当面のメド



7751 キャノン 3420円

現在、モミ合っていますが、

日経平均が堅調に推移する限り上値が望めると思います。

4000円トライが当面のメド



8031 三井物産 1335円

1月11日 H 1394円

現在調整中、5大商社は再び上値トライへ。



8053 住友商事 1137円

現在調整中、5大商社は再び上値トライへ。


8058 三菱商事 1710円

1月18日 H 1818円

私がブログで紹介した1400円割れは

やはり底値でした。

このような底値買いが「株式投資勝利の法則」です。

同時期に、双日の100円割れも書いた記憶があります。

確か3か月定期預金のつもりと表現したと思います。



8306 三菱UFJFG 484円

現在高値でモミ合い中。

外国人投資家がさらに買いあがるならば

このままの値段で甘んじるわけがありません。



8411 みずほFG 163円

みずほFGの121円どころは買い

と書いたことを記憶していますが、

実は外国人投資家がこの数年間一番売り越した

銘柄の一つなのです。

持たざるリスク=みずほFG買いにつながります。



8591 オリックス 9860円

調整後、再び上値トライになりそうです。



8766 東京海上 2482円

1月11日 H 2723円

当面のメドは、2900円~3000円





ローリスク上昇期待3社


4527ロート製薬 999円

1月18日 H 1149円

これから騒がれる花粉症関連株

今年は東京の花粉の量が前年の

6倍ぐらいになることを前提に選んだのです。

値段よりも時期、(2月~3月)の皆が買いだして

過熱した時に売ればいいだけです。



4739伊藤忠テクノ 3600円

1月16日 H 3915円

これは「株式投資勝利の法則」の待ち伏せ買いの

投資手法です。

とりあえず、4300円~4400円



6594日本電産 5220円

昨年12月19日 L 4550円が歴史的安値になると思います。

数か月後の過熱した高値を売り抜ける

これが、「株式投資勝利の法則」の基本です。




大穴株


8369京都銀行 751円

これが典型的な右肩上がりの上昇トレンドです。

私が昨年6月4日に買い出動した銘柄です。

安倍ノミクスは予想できなかったので、

10月末の700円どころで売却。

この銘柄は、京都銘柄(京都本社のハイテク銀行のメインバンク)

として、京セラ、村田製作などの大株主で

ハイテク、輸出企業のファンドのような存在です。

昔から、ハイテク連動の銀行株として監視しています。

円安=京都銀行買い

任天堂がさえないのが残念ですが。




天井付近新規買い不適格銘柄


2670ABCマート 3770円

1月18日 

3350 3390 3290 3360 ▼225円

 L 3290円

円高メリット株が天井付近でいられるわけもなく、

他人が気付く前に動くこと。の例として書いたつもりです。


2651ローソン 5980円

6100円台を維持していますが、

実は Yahoo!のニュースを見て、取り上げたものです。

コンビニ業界に淘汰の足音? アマゾンは怖いネットの脅威、成長鈍化も

デフレ不況で販売が低迷するスーパーや百貨店を尻目に、

売上高を伸ばして「小売業の勝ち組」とされてきた、コンビニエンスストアの

成長が2012年半ばから足踏みしている。

総店舗数は50000点を超えたことで市場の飽和状態がささやかれる一方で

利便性の高いネット通販の台頭で業界の垣根を越えた競争も激化。

コンビニ業界では13年以降、生き残りをかけて再編だけではなく淘汰を迫る

足音が高まる可能性もある。

業界トップのセブンイレブン独り勝ちというのが実情だ。

11月の既存店売上でもセブンは前年同期比0.3%増とプラスを維持したが

ローソンなど主要各社は軒並みマイナスとなりました。

一日当たりの全店の平均売上高(日販)でも、682000円と

トップのセブンに対し、2位ローソンは558000円、3位のファミリーマートは537000円

と水をあけられている。

さらに4位のサークルKサンクスは481000円と上位3社と下位各社の開きも大きい。

という記事を見ました。

その報道が事実ならば、株価にも織り込んでくるのではないか?

と思いました。

海外展開活発化との綱引きになるでしょうが。




以上途中経過です。

ここで申し上げますが、私は何も買っていませんし、

空売りもしていません。

ブログ読者の皆さんへの為だけに書きました。


ここからの新規買いはしてはリスク度大ですのでご注意ください。





「株式投資勝利の法則入門編」受講ご希望のメール

多数いただいております。

ありがとうございます。

メールが届いているか不安などメッセージもいただきました。

本来ならば、常識的にすぐに返信して開講すべきなのですが

現在の相場自体、期待感から加熱相場が続いております。


皆様は当然のことながら、「株式投資勝利の法則」に

大きな期待を持って臨んでいらっしゃるでしょうから

現在の相場に対して、丁度良い冷却期間と考えて

開講までもうしばらくお待ちください。



以前から申し上げておりますように

「株式投資勝利の法則」は

大底で買い出動し、加熱したところを売り抜け

そして相場が大きく崩れたところを、空売りする

投資手法です。


現在の状況からすると当面、買い出動、空売りをする

局面にはなりません。







2月10日(日)にすべての皆様にテストメール送信いたします。

そのメールを返信メール(テストメール)に代えさせていただきます。

難病を抱えています私は、お陰様であと8年ぐらいは生きられそうです。


ご縁あって「株式投資勝利の法則」をご愛読くださった方が

勝ち組投資家として、これからの厳しい時代を生き残れますように

最大限の努力をしてまいります。


それが、相場の世界に生きた 私の人生の集大成となるように

考えております。


株式投資に100%はありませんので、あくまで余裕資金で行ってください。

借金投資、信用取引の目いっぱい投資はおやめください。

これから来るであろう首都圏直下型地震など

突発的な想定外のリスクがあることをお忘れなく。





2月10日テストメール内容は

衰退する企業

滅びる企業

生き残る企業

どう投資するかをテーマにいたします。

すべてメール配信を基本に行います。


2月10日からは、徐々にではありますが

私の研究銘柄すべてをお見せします。

私が、買い出動、空売りを予定しているすべてを教材にします。

内容はすべて実践で行います。

掲載銘柄には A B C のランクをつけ

優先順位、リスク度、ボトムピークを

単純明快にします。

周期的に買われそうな仕手系銘柄は

企業業績内容に不安のない銘柄を絞って

待ち伏せできるように、タイミングを見計らって

タイムリーに不定期に教材として配信も考えています。

当然、このような銘柄群は Cランク銘柄になります。

Aランクは 「指標銘柄」「監視銘柄」(時価総額1千億円以上)

Bランクは 小型株で内容の良い銘柄(トリドールクラスの銘柄)

Cランクは 仕手系銘柄の待ち伏せです。



現在の相場に熱くならずに

もうしばらくお待ちくださいませ。


今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

明日の更新は大引け前を予定しております。

少しでも参考になった方はお手数ですが、

ランキング3箇所クリックお願いいたします。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/116-6214fa10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (73)
株式日記 (2023)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (19)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR