2017-06

個人投資家の特権は休むこと様子を見ること

4月5日(水)15:45

大引け

日経平均株価

18900.70(9:00)

18941.94(9:09)

18773.94(13:07)

18861.27(15:00)

前日比△51.02 +0.27%

TOPIX

1509.90(9:00)

1513.44(9:08)

1497.94(13:06)

1504.66(15:00)

前日比△0.12 +0.01%


日経平均株価は反発

前日の米国株高、急速に進んだ円高一服
外部環境がひとまず落ち着いたことから
買戻しが入り18,900円を回復して始まりました

寄付 18900.70(9:00)△90.45

高値 18941.94(9:09)△131.69

買い一巡後は、利益確定売りに押され
ジリジリと上げ幅を縮小して前場を終了

前引 18861.68(11:35)△51.43

後場寄 18818.22(12:30)△7.97

後場寄付き直以後、日経平均はマイナス圏に転落
18,800円を挟んでのもみ合いになりました

安値 18773.94(13:07)▼36.31

日経平均株価は反発して引けました

大引 18861.27(15:00)△51.02


日経平均株価は12/12に19,000円台に乗せ、それ以降は
ボックス圏での推移となっています。
この間、主力大型株は調整局面に入り、個人投資家好みの中小型株
新興銘柄物色が相場の中心になり、3月のIPO相場も活況になり
好循環の小型株相場が続いていました。

高値圏で推移していた 東証2部、JASDAQ、マザーズが
直近高値波乱になってきました。
売り越しの続いている海外投資家が買い越してこないため
主力大型株も全く動けず、世界のけん引役である米国市場も
トランプ大統領の政策実行能力が懐疑的となり調整局面に入りました。

4月はフランス大統領選挙第1回目 欧州政治リスクが迫ってきました。
ロシアでのテロがあり、再び欧州では難民受け入れに反対する勢力が
優勢になっています。
選挙は水物であり、昨年のイギリスのEU離脱やトランプ大統領の当選は
事前予測とは全く異なる結果になりました。
フランス大統領選挙で、極右勢力のルペン候補が当選することも否定できません。

日本株は押し目待ち水準を割り込みましたが、今後のイベントを考えますと
「値惚れ買い」は危険です。
現在の調整がどこまで続くかはわかりませんが
分らない時、迷った時は、何もせず休むのが最善策です。

個人投資家の唯一の特権は休むこと様子を見ることです。
今は、特権を生かす時と考えます。


ブログ読者様へ

活況だった新興銘柄は微妙な株価位置になっています。
今後の重要イベントのことを考え、無理のない投資を心掛けてください。
投資で最も大切なことは儲けることよりも損をしないことです。
高値圏での買いは大きなリスクを伴います。
底値圏での買いは上昇まで時間がかかりますが
高値圏の買いよりもリスクは小さくなります。
儲け損ないは良いのです。
損をできるだけ少なくするのが、相場で生き残るためには最も大切です。



コメントの御返事

アズジェントについて!
いつもお世話になっております。
現在アズジェント(4288)1539円×300株を保有しているのでが
地合いがかなり悪いので押し目かロスカットか迷っております。
よろしければご意見お聞かせ下さいm(__)m

コメントありがとうございます。
3/8高値1748円形成後調整に入り、25日移動平均ラインの攻防になりました。
相場は生きていて3/23安値1290円で下げ止まり
3/29終値1560円 △240円 出来高を伴い窓を開けての急騰になりました。
買いコストから考えますとここでの買いと思われますが
その後の新興銘柄地合い悪化により、戻りは4/3高値1649円までで
連続陰線を引き、再び25日移動平均の攻防になっています。
本日現在相場は生きていますが、全体相場軟調の局面
新興銘柄も危険水域に入っているため、明日以降
25日移動平均線を大きく下回ると、難しい局面になります。

テーマ性のある人気銘柄ですが、ここからの買い増しは
リスクが大きいためいかがかと思います。
このような時はぜひ月足チャートをご覧ください。
A 2010年10/12史上最高値1939円形成後の株価推移
B 2017年3月の上髭を引いた大陽線と4月の出来高減少の陰線

順張りの高値圏での買いは、ロスカット値を決めることが非常に重要です。
1539円の買いでしたら
10%ロスカット 1385円 になります。
もう少し我慢する場合は
3/23安値1290円割れ がロスカット値になります。

現在の地合い悪化局面では、物色の資金回転が速くなり
人気離散となれば、苦労することにもなりかねません。
改めてロスカット値を設定し、その株価を逆指値になさることが
現時点での最善策と考えます。

本日の株価水準が最も微妙な境目で
7分3分で 上昇の可能性は3分と日経平均株価は反発考えます。
ご自身でご決断下さい。



次回の更新は 4/6(木)20:00~21:00頃の更新予定です。

4/6.4/7米中首脳会談 通商、対立の恐れ?
トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は
4/6.4/7米フロリダ州パームビーチで首脳会談を行います。
トランプ政権発足後、米中首脳による直接会談は初。
北朝鮮の核・ミサイル開発や南シナ海情勢、通商・為替政策などが主要議題。

4/18日米経済対話初会合 為替、自動車要注意 農産物も課題?
4/18に都内で開催が予定されている日米経済対話の初会合に
米国のロス商務長官がペンス副大統領とともに出席する方向であることが
明らかにななりました。
ロス商務長官は対日貿易赤字の解消を重要事項と明言しており
通商関係で厳しい対日要求が出てくる可能性があります。

米国の貿易不均衡国は、中国、日本、ドイツ、メキシコです。
その中で最も早く経済対話を行うのは、4/18日米経済対話初会合です。
今後、中国、ドイツ、メキシコとの経済対話を控えているため
通商関係で厳しい対日要求が出てくる可能性が極めて高く
為替と自動車には、注意が必要です。
イベントを控えしばらくの間は、ドル高円安になる可能性は極めて低く
円高の動向には注意が必要です。
直近弱い足取りの自動車関連銘柄も更なる一段安に要注意です。

3月のNYダウは、トランプ相場が始まって以来、月間ベースで
初のマイナスになりました。
これは5か月ぶりで、今後調整局面入りする可能性が高まりました。

円高、米国株調整局面 = 日本株軟調 
最悪の場合は 円高ドル安、米国株安 = 日本株下落

欧州の政治日程とトランプ関連のイベント
4/6.4/7米中首脳会談 通商、対立の恐れも
4/18日米経済対話初会合 為替、自動車要注意
4月下旬以降ハネムーン期間終了、トランプ批判の広がりに要注意
4/23(日)フランス大統領選挙 1回目(欧州政治リスクに要注意)
5/7(日)フランス大統領選挙 2回目(欧州政治リスクに要注意)
5月 米国税制改革案概要が判明 議会共和党と難航(トランプリスク)
さらに、欧州の銀行システムは1兆ユーロの不良債権を抱えています。
ギリシャ債務とイタリア、ポルトガル金融機関不良債務問題
9月ドイツ総選挙(欧州政治リスクに要注意)

相場には毎年 天底 があります。
調整がどこまで長引くかは現段階ではわかりませんが
最悪の場合は 底 を試す展開も考えられますので
フランス大統領選挙が終るまでは、一切の新規買いはせず
現金ポジションを高めたまま 「休むも相場」が賢明と考えます。
相場が崩れかかっているときや下降トレンドに入った時は
「値ぼれ買い」は危険行為になります。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」


スポンサーサイト

コメント

ありがとうございます!

昨日のアズジェント(4288)ですが朝一で1370円でロスカットする事が
出来ました。ありがとうございました。
(ひょっとして午後にETFの買いが入って地合いが好転するのでは?とかヨコシマ
な考えもあったのですが・・・)
本当に環境が悪化している間は手出し無用でした。
工藤先生がいつも書いておられるのについ買ってしまって情けないですm(__)m

ゴールデンチャートの件

工藤様にご指導いただき、愛用しておりましたゴールデンチャートが使えなくなり
困っております。重要指標の比較ができなくなり、見慣れた指標がなく…。
有料版を使ったほうが良いのか?、何か無料サイトの指標が活用できますか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/1179-0ebcbf49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1150)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR