2017-10

決算発表は明暗の分かれ目

5月11日(木)21:00

大引け

日経平均株価

19943.95(9:00)

19989.94(13:36)

19906.35(9:50)

19961.55(15:00)

前日比△61.46 +0.31%

TOPIX

1587.61(9:00)

1588.84(13.36)

1581.90(9:49)

1586.86(15:00)

前日比△1.67 +0.11%


値上がり銘柄数 979


値下がり銘柄数 877


新高値銘柄数 253


新安値銘柄数 12


騰落レシオ25D 126.2


日経平均25D乖離率 +5.26


TOPIX25D乖離率 +4.93


日経平均株価は小幅続伸

為替が1ドル114円台前半の円安水準を好感し
買い先行で始まりました

寄付 19943.95(9:00)△43.86

寄り後は短期的な過熱感を意識して上げ幅を縮小

安値 19906.35(9:50)△6.26

下値は可成り底堅くじり高基調で、20,000円にあと10円幅まで迫りましたが

高値 19989.94(13:36)△89.85

本日は大きな節目である20,000には届かずに大引と迎えました

大引 19961.55(15:00)△61.46

日経平均株価は小幅続伸して引けました


日経平均25日移動平均乖離率が連日短期的過熱水準の5%に
乖離しているため、積極的に上値を買い上がる動きはなく
されとて売り物に押される場面もなく、底堅さを感じる
相場展開になっています。

日経平均先物6月限は、後場に一時2万円を付けたものの
現物指数の大台乗せにはなりませんでした。
昨日決算発表の2大時価総額上位企業は
ソフトバンクの増収増益に対し、トヨタは2期連続減益になりました。
日経平均寄与度1位 ソフトバンクG +19.96円
以下 2位テルモ +14.07円 3位東京エレク +13.12円
本日は心理的な大きな節目である20,000円に届きませんでしたが
時間の問題でしょう。
明日は5月限日経225オプションSQ(ミニSQ)で
無事通過すれば需給的に軽くなり、一段高が期待できるとする
市場関係者は多く、期待したいところです。

世界的株高を背景に主要市場で最も割安な日本株を海外投資家が
どこまで買ってくるかが当面の注目点です。
米国NASDAQ指数 史上最高値更新
ドイツDAX指数 史上最高値更新
韓国総合指数 史上最高値更新

グローバルマネーが有利な投資先を求めて世界主要市場に
資金流入しています。

4月に海外投資家の買いが入るという期待は、4/17安値18224.68円までは
まったく無縁でしたが、後半になりその勢いが増し、19,600円の節目を
一気に抜いた力は海外投資家の第4週の大幅買い越しによるものでした。
 
投資主体別売買動向(東証)4月海外投資家
     現物    先物    合計
第1週 △908億  ▼3036億  ▼2128億円
第2週 △1027億  ▼650億   △377億円
第3週 △2770億  ▼3514億  ▼744億円
第4週 △2849億  △5697億  △8546億円

日本株の構図 円安=日本株上昇 は今も全く変わりませんので
更なる円安に期待する場面です。


コメントの御返事させていただきます。

アステラス

いつも拝見させていただいています。
御身体の調子はいかがでしょうか?
日経は上昇してきておりますが、アステラスの株価について
意見をお聞かせ願えますでしょうか?
今期減益予想を出して株価急落しており、ここ数日は
調整に入ったように見えるのですが、
まだ下落すると思われますか?
16年4/8の1358円がサポートになるか、
それとも、そのまま下値を探して下落するか・・・。

コメントありがとうございます。
17/3期第4四半期が大きく下振れしたのですが
2016年、2017年も同様です。
例年と違う点は、17/3期第1四半期が絶好調で、その後が右肩下がりに
なった点と18/3期が減収減益見込みということです。
株価は4/27、4/28、5/1連続大陰線でレンジ下限の1450円を下回り
本日5/11安値1408.5円の下ヒゲがひとまず底値になる可能性大。
明日以降、1408.5円を割り込まなければ、1500円台回復
くらいの戻りは十分ありそうです。
レンジ下限を割り込んだ為、1500円を大きく超えるような上昇は
好材料待ちになるでしょう。
当面の下値メド1408.5円
1358円になる可能性は否定できませんが、極めて低いと思います。
外国人比 51.6% の為、ここから海外投資家の売りが出れば別ですが
ここからの買い下がりは有効と考えます。

時価押し目買い/1500円~1530円売り目標



実戦チャート
注:以下の銘柄はハイリスクハイリターンですので
  初心者の方は見るだけにしてください。

実戦チャート1
5355日本ルツボ 5/11終値197円
4/13安値165円を起点として、株価は急騰しています。
4/27出来高急増株価上昇
175 201 175 177 △3円 V540,000株
この日の上髭分を本日の上髭で埋めましたが、このまま
終わらないような日足の足取りです。
2007年~2008年に次ぐ利益水準が予想されます。
明日以降も出来高が減少しなければ233円~253円トライの場面が
あるかもしれません。
2015/5高値233円
2013/9高値253円
その前の高値はさかのぼること2007年7月高値472円
89年11月高値1680円の大相場を形成した時は、往年の仕手株として
自分も買っていました。
今の私は、昔のような無謀な投資はしませんが
おもしろい足取りの為ご紹介しました。
日足チャートの勉強になさってください。
ハイリスクハイリターンのチャートで、来週末までには結果が判明するでしょう。
ハイリスクハイリターンですので、初心者の方は見るだけにしてください。

実戦チャート2
7940ウエーブロックHD 5/11終値865円 △150円
2009年業績悪化により上場廃止 2017年4月10日東証2部再上場
工場集約化、生産効率化を推進しインテリアのサンゲツと資本業務提携し
2017年4月10日に東証2部再上場
ウエーブロックHD社長の木根渕氏は、1部指定替えに積極的。
サンゲツとの提携で生産能力を30%引き上げた壁紙の新工場が
来期に大きく寄与するとみられる。
レーダー波や光を透過する金属調加飾フィルムが自動運転者向け部材として
大量採用されるとの思惑がある。

会社予想
  売上 営業益 経常益 純利益 
17/3 264億 12億 15億 9.5億 

東洋経済予想 
  売上 営業益 経常益 純利益 1株益 配当の順
17/3 264億 12億 15億 9.5億 85.4円 0
18/3 270億 13億 16億 10億 89.9円 0 

以上のことから5/8(月)寄付きで買った銘柄ですが
発行株式1112万株
本日の出来高急増は、8,145,500株
この銘柄はこのままでは終わらない足取りです。
ハイリスクハイリターンですので、初心者の方は見るだけにしてください。

実戦チャート3
6817スミダコーポ 5/11終値1618円 △111円
3/21高値1831円形成後急落、4/18安値1221円で底値形成
私が目を付けた点は、
4/11終値1300円 ▼278円 -17.62% V2,158,500株
これ以降、底値圏で出来高が増加したままで、株価が切り上がってきたことです。
この足取りはまず間違いなく、だれかが何らかの思惑で買っているということです。

単位100万円  売上 営業益 経常益 純利益 1株益 
16/12期 81052 5696 4805 3087 1株益133.0円 

東洋経済予想 単位100万円
  売上 営業益 経常益 純利益 1株益 
17/12 87000 6000 5000 3300 1株益142.2円 
18/12 90000 7000 6000 4000 1株益172.3円 

売上営業利益ともに今後も成長が続く見込みです。
時価近辺の株価水準は割安感ありことから5/8寄付きで買った銘柄ですが
4/10終値1578円 4/11終値1300円 この大きな窓を
出来高を伴って、連続陽線で埋めてきたこの足取りは尋常ではありません。
明日上昇すると追撃買いサイン①②が同時点灯します。

注:上記銘柄はチャートの勉強用に掲載しました。
  大底ではありませんのでリスクを伴います。
  初心者の方は見るだけにしてチャートの勉強にお使いください。

その他にも直近様々な銘柄を買いましたが、1銘柄地雷を踏んでしまいました。

3895ハビックス 5/1 1348円買い
5/11終値1121円▼241円
営業利益変化率極めて高い
16/3期 営業利益6.41億円 EPS 58.46円
17/3期予想 営業利益14.92億円 EPS 124.28円(2/6増額修正)
当社は、紙おむつや生理用品向けの素材を提供するメーカー
主な販売先は、新興国で売り上げが拡大中の4452花王
紙おむつでアジアトップの8113ユニチャーム
直近、4452花王と8113ユニチャームの業績拡大を背景に
最高益水準が今後も続く見込み。

4/3高値1420円を超えれば順張りで高値形成まで持続方針と判断したのですが
5/10発表の18/3期が、増収減益見通しでそれを嫌気した目先筋が
本日投げてきました。

決算発表を通過するまでは、全くわかりません。
想定を大きく上回った銘柄は大きく買われ、想定に達しなかった銘柄は
売りたたかれます。

研究銘柄10 不気味な日足(5/8記)
7927ムトウ精工は高値圏で膠着していますが決算発表日5/12(金)
週明け5/15(月)には明暗がわかります。
会社/東洋経済 乖離率180%(会社事前予測弱気、東洋経済強気)

会社予想
  売上 営業益 経常益 純利益 1株益 配当
17/3 220億 1.5億 1.0億 0.8億       

東洋経済予測
17/3 230億 4.2億 6.0億 4.4億 56.9 0  2017.3.17
18/3 270億 7.0億 6.5億 4.7億 60.7 8  2017.3.17



決算発表が進み、好業績を背景に日経平均EPSが
順調に切り上がっています。

日経平均EPSの上昇
最終的に1300円台乗せは確実視(5/10EPS1303.21円)

16.5倍 高値圏 欲をかかずに買いポジションゼロを目指す
16.0倍~16.5倍 現金ポジションを高める
15.5倍 適正レベル 好循環の展開場面
15.0倍 適正レベル
14.5倍 適正レベル下限
13.5倍 安値圏 買い準備
13.0倍前後 バーゲンセール 

当面のレンジ予想
日経平均EPS 1300円とする(5/10EPS1303.21円)
2017年5月~12月相場 13.5倍~16.5倍とする
EPS1300円×16.5倍=21450円 買われすぎ水準
EPS1300円×16.0倍=20800円 現金ポジションを高める
EPS1300円×15.0倍=19500円 適正水準
EPS1300円×13.5倍=17550円 安値圏 買い準備
EPS1300円×13.0倍=16900円 バーゲンセール
上記水準の前提条件は 1ドル113円~115円の為替水準です。
日本株は、メインプレーヤーの海外投資家の動向で上下します。
円安、米国株上昇=日本株上昇
円安、米国株堅調=日本株堅調
急速な円高、米国株安=日本株急落
円高、米国株軟調=日本株軟調

本日大引け 19961.55円 △61.46円 日経平均PER15.49倍
5/11EPS1288.67円
(5/10EPS1303.21円)
19961.55円÷EPS1288.67円=14.49

☆☆☆全体相場は青信号 適正水準☆☆☆

全体相場は上方向に向いています。


次回は、5/12(金)大引け前14時ごろ更新いたします。

☆☆☆全体相場は青信号☆☆☆
現在の上昇波動は、4/17 18224.68円 を起点とします。
通常、海外投資家の買いで上昇波動に入ると2カ月くらいは持続します。
用心深く差し引いて1カ月半とすると
4/17~1カ月半=5月末~6月上旬
現時点では、5月末~6月上旬くらいまで全体相場安全 と考えます。
(5/9記)

2017年 
研究銘柄3 出遅れの水準訂正 (4/26記)
3696セレス 4/26終値1389円 
12月決算の為、現在の決算発表で減額修正リスクはありません。
フィンテックブロックチェーン関連銘柄として度々人気化しましたが
直近にかけて人気離散で底値模索の展開になりました。
4/13安値1,302円(暫定1番底)
その後1,400円を大きく超える動きは今のところなく底練りになっていますが
全体相場好転から、見直し買いが入る展開が予想されます。
時価近辺での買い
売り目標①1550円~1600円前後
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値1654円△156円 終値1574円△76円
5/9高値1654円まで買われる場面がありましたが
長い上髭を引いて引けました。
大底からの初動の上昇の為、もう少し持続で良いと考えます。

研究銘柄4 出遅れの水準訂正 (4/26記)
2928RIZAP 4/26終値820円
レンジ相場が続いています。
レンジ上限900円~923円
レンジ下限729円~777円
時価近辺での買い
売り目標①880円以上
売り目標②未定
5/9追記
5/9高値879円まで買われる場面があり間もなく売り目標①です。
上げシロがもう少しあるように思えますが、欲をかきすぎず
腹8分目で対処すれば、相場の格言「利食い千人力」
残りの上昇分は他人におすそ分けくらいの余裕も必要です。
売り目標②900円前後
売った後の上昇 儲けそこないは良いのです。

研究銘柄5 悪材料出尽くし (5/7記)
6773パイオニア 5/2終値205円
17/3期減額修正 4/13安値193円 4/28安値198円
ダブルボトム形成なるか
買い目標200円~203円
売り目標①220円(1~3カ月)
売り目標②240円(3カ月)
売り目標③260円(年内)

研究銘柄6 連続最高益更新 (5/7記)
注:押し目がなければ買い見送り 
4709インフォメデベロプ 5/2終値1224円
5/2史上最高値更新5/2H1280円
この場合は、押し目買い有効です。
注:押し目がなければ買い見送り
買い目標 1170円以下(アンダーの買い指値)
売り目標 1300円以上(10%利食い)

研究銘柄7 3期連続営業増益予想 (5/7記)
4526理研ビタミン 5/2終値4205円
4/17安値3980円で目先底値確認
4500円まで戻り売りが出やすく上値は重いものの
そろそろレンジ下限から抜け出す時期か。
買い目標 4200円以下
売り目標①4500円
売り目標②4800円以上

研究銘柄8 株価横ばいからの脱却 (5/7記)
2413エムスリー 5/2終値2897円
買い目標 時価の押し目水準 出来れば2850円くらい
売り目標①3200円(1カ月)
売り目標②3500円以上(3~6カ月)
5/9追記
株価横ばいからの脱却し始めています。
3,000円台に乗せると機関投資家
個人投資家全員参加の上昇になりそうです。

研究銘柄9 値幅日柄調整完了 (5/7記)
3258ユニゾHD 5/2終値3060円
2016年5/13高値6160円形成後、値幅日柄調整
4/6安値2640円 2番底形成後の反発期待
5/1 追撃買いサイン①②同時点灯
買い目標 時価の押し目水準 出来れば3050円以下
売り目標①3380円(1~3カ月)
売り目標②3800円(3~6カ月)
売り目標③未定 人気化次第

研究銘柄10 不気味な日足(5/8記)
7927ムトウ精工 5/8終値565円
2月に大きく買われた銘柄で3/2高値584円形成後上値が重くなり
その後短期調整に入りました。
4/14安値464円で底打ちとなり、4/28以降連日陽線が立ち
強い足取りになっています。
ハイリスク銘柄の為注意が必要ですが相場は現在進行中で生きています。 
このままでは終わらない日足チャートです。
注:ハイリスクの為チャートの勉強にお使いください

研究銘柄11 レンジ下限のローリスク(5/9記)
3328BEENOS 5/9終値1361円
この銘柄はレンジ下限で買って2~3週間後
切り返したところを欲をかかずに売る銘柄です。
3月までは、レンジ下限が1420円水準でしたが
100円強切り下がりました。
買い目標は時価近辺の押し目狙い
売り目標①1460円前後
売り目標②1560円前後
欲をかきすぎると再びレンジ下限まで下がる場合があります。
腹8分目で欲を抑えれば手堅く利益が入る銘柄です。


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/1203-a451f8b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1230)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR