fc2ブログ

2024-02

方向感に欠け2万円を挟んでの推移

7月19日(水)15:15

大引け

日経平均株価

19970.78(9:00)

20032.46(11:26)

19947.26(9:01)

20020.86(15:00)

前日比△20.95 +0.10%

TOPIX

1616.85(9:00)

1623.70(11:26)

1614.90(9:01)

1621.87(15:00)

前日比△1.39 +0.09%


日経平均株価は小幅反発

為替の円高を背景に小安く始まりました

寄付 19970.78(9:00)▼29.13

安値 19947.26(9:01)▼52.65 

寄り付き直後に安値を付けると内需株に押し目買いが入り
切り返しに転じ20,000円台に乗せてきました

高値 20032.46(11:26)△32.55

前引 20021.49(11:35)△21.58

後場は上値が重く、20,000円を挟んだ狭いレンジでの
推移となりました

大引 20020.86(15:00)△20.95 

日経平均株価は小幅反発して引けました


米国株は高値圏で堅調に推移。
ゴールドマンサックスがダウ工業株30種を押し下げたため
NYダウは反落
NASDAQ指数が過去最高値を更新
S&P500 終値としての最高値を更新
それに対して日経平均株価は、いまだに20,000円水準での推移で
方向感に欠ける相場が続いています。

6/2以降の日経平均株価のレンジ
レンジ上限
6/2高値20239.81円 ドル円 6/2 111.71円
6/20高値20318.11円 ドル円 6/20 111.79円
6/29高値20266.59円 ドル円 6/29 112.14円
7/10高値20200.88円 ドル円 7/11 114.47円

レンジ下限
6/15安値19755.34円 ドル円 6/15 109.28円
7/7安値19856.65円 ドル円 7/7 113.11円

為替感応度は低下していますが、111円台を超える円高になると
20,000円の大台を割り込んでいます。
111円台後半~112円水準が、日経平均株価20,000円の
攻防ラインと考えるのが一つの目安になります。

日本株上昇の必須条件は、米国株高と円安です。
20200円~20300円には想定以上の上値の壁があります。
米国3指数の史上最高値更新とドル円相場115円を超える円安が
同時進行しないことには、20200円~20300円の大きな節目を
超えることは困難になりそうです。

現在の狭いレンジ内の推移では、なかなか儲かりません。
今年は猛暑で連日暑い日が続き、首都圏では適度の
お湿りがほしいところです。
株式市場においても、日銀ETF買いがアンダーを買い支えているため
適度のお湿り(適度の安値)がほしいところです。
株式投資は値幅が利益になるため、膠着相場が長引くと
投資妙味に欠ける投資の場と化してしまいます。

儲からないとき、わからないとき、迷ったときは
休んで様子を見ることと、買いポジションを減らし
現金ポジションを高めることは、最大のリスクヘッジになります。

儲けそこないは良しとして、休むも相場です。


7940ウエーブロックHD
3営業日続伸、大幅高で6/23につけた上場来高値1390円を
約1カ月ぶりに更新
今期2018年3月期の第2四半期累計(17年4~9月)増額修正
今期18/3期の連結業績予想の上方修正を発表
当期純利益12億5000万円から14億3000万円(29%増益)に増額
1株利益146円に増額予想
今後もファンドの買い、個人投資家の買いが入ると考え
このまま年後半相場に期待して持続します。
EPS146×12=1752
1700円くらいを年後半の売り目標にします。


次回は、7/20(木)20:00~21:00 頃更新いたします。

株式投資で最も大切なことは、資金的余裕と精神的余裕です。
信用取引の目いっぱいの買いは墓穴を掘ることになりかねません。
初心者の方がトレンドに乗ってとんとん拍子に勝つと
しだいに分相応の枠を超えてしまいます。
資金的余裕と精神的余裕を常に頭の片隅にとどめて
欲を抑えて、腹八分目のつもりで投資に臨んでください。
どんな時も株式投資において100%はありません。
自信過剰になった時こそ、墓穴を掘ることになるものです。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/1252-a0576b7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (136)
株式日記 (2752)
株式投資 (17)
空売り (1)
未分類 (25)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR