2017-08

TOPIX年初来高値更新

7月27日(木)20:30

大引け

日経平均株価

20026.58(9:00)

20176.39(14:09)

20005.20(9:26)

20079.64(15:00)

前日比△29.48 +0.15%

TOPIX

1620.39(9:00)

1636.53(14:07)

1619.46(9:26)

1626.84(15:00)

前日比△5.96 +0.37%


値上がり銘柄数 991

値下がり銘柄数 884

新高値銘柄数 163

新安値銘柄数 2

騰落レシオ25D 108.4

日経平均25D乖離率 -0.01

TOPIX25D乖離率 +0.50


日経平均株価は小幅ながら2日続伸

1ドル111円を割り込んだ円高を嫌気し
売り優勢で始まりました

寄付 20026.58(9:00)▼23.58

安値 20005.20(9:26)▼44.96

売り一巡後は前日好決算内容の銘柄が買われ
日経平均はプラス圏に浮上
続伸して前引けを迎えました

前引 20093.41(11:35)△43.25

13時30分を過ぎると海外投資家の買いと思われる
買いが断続的に入り上げ幅を拡大

高値 20176.39(14:09)△126.23

買い一巡後は急速に述べ悩み上げ幅を縮小しました

大引 20079.64(15:00)△29.48

日経平均株価は小幅ながら2日続伸して引けました


昨日の米国株3指数そろって上昇、史上最高値を更新しました。
昨日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では
ハト派的との見方が広がったFOMC声明文を受け
外為市場でドル安円高が進行しました。
米国株は上昇したものの為替の円高が重しになり
寄付きは反落して始まりました。
決算発表を受けて、事前予想値を上回った銘柄は物色され
期待値に届かなかった銘柄や減額になった銘柄は売り込まれています。

日経平均株価は、20200円~20300円の上値の壁が大きくのしかかり
上値は重いのですが、TOPIXは緩やかながら上方向に向かっています。
日経平均25D乖離率 -0.01
TOPIX25D乖離率 +0.50

本日TOPIXは、年初来高値を更新しました。
TOPIX高値1636.53

日経平均、全体相場の流れを見る限りでは、夏枯れ相場で
方向感に欠けますが、好業績銘柄を物色する動きはあります。
3月期決算企業の四半期決算が集中するこの時期は
強い銘柄は買われ、弱い銘柄は売られ、その他材料のない銘柄は
蚊帳の外になり、物色は強弱2極化の流れになります。
そして、仕手系材料株が動き出すのもこのような時期です。
内容の伴わない材料株は手出し無用ですが、財務内容の良い低位株には
面白い銘柄があります。


初心者のチャートの勉強1 レンジ上限4度目のトライなるか
2112塩水港精糖 7/27終値251円 (7/27記)
レンジ上限付近まで株価は切り返してきました。
本日7/27高値252円はレンジ上限の節目でありこの水準になると
株価は押し戻されています。
6/26高値250円 6/13高値252円 5/10高値253円 
3/10高値272円以降、今回は4度目のトライになるかどうかの場面です。
直近の株価はおとなしくなっていますが、当社は往年の仕手株です。
明日以降253円買い となれば上方向に振れる可能性が高まります。
253円買いになった場合は、次の節目は272円になります。
連結予想PER11.3倍 連結予想ROE10.3% 連結BPS217円
三菱商事系でいたってまともな低位株です。

今買いというものではありませんが、初心者の方の
チャートの勉強になるためご紹介いたしました。

難しい相場ですが、チャートを少し見ると面白い銘柄があります。
毎日忙しくしている方は、週末の1時間でもチャートをご覧になっては
いかがでしょうか。
初心者の方は、あまり難しく考えずに身近な銘柄や興味のある銘柄
話題の銘柄、何でも構いませんので、まずは現在の株価位置を確認します。

よくテレビで放映される「賢い主婦の節約上手」などでおなじみのことです。
特売チラシを見て、安値リスト、底値リストをノートに記入し
各スーパーの特売のパターンを把握することで、来週の週末はどこのスーパーで
どの商品が特売になるなど、事前に予想して先を読みながらさらに
賢い買い物をする姿は「節約上手の賢人」そのものです。
これを株の世界にも応用してみてはいかがでしょうか。
まず第一にチャートで株価が安値圏にあるものを探します。
そして、週足で1年間、2年間の株価推移を見たうえで
会社四季報などで業績の推移を見ます。
業績が悪くないのに安い銘柄があったら、ノートにコードNOと銘柄名を記入。
当然ですが、好業績で安値圏にある銘柄は、監視を続けます。
そしてリストの銘柄の株価を、毎日できなければ、週末に
株価推移をチェックするのです。

賢い主婦が、よい品物を安く買うのと同じです。

良い銘柄が安値圏にある場合は、しっかりノートに記入し
自分なりにその後の株価推移を追跡するのです。
これをやるだけでも、飛躍的に相場の腕が上がります。


現在は私自身本格的に買う時期ではなく、現金ポジションを徐々に高めている時期ですので
今後ブログで初心者が負けにくくなる方法を書いていきます。

決算発表が本格化していますが、出そろったときは8月の夏休みの時期になります。
8月も夏枯れ相場か、2極化相場になりそうです。
日本株上昇の必須条件は、円安と米国はじめ主要国株高です。

日経平均は軟調でも、TOPIXは新高値をとってきました。
良い銘柄、強い銘柄を買う意欲はある相場です。
夏枯れ相場、2極化相場は、銘柄選択が非常に難しいものです。
難しい時期は、売買は休んでチャートの勉強をなさってはいかがでしょうか。



次回は、7/28(金)15:30 頃更新いたします。

6/2以降の日経平均株価のレンジ

レンジ上限
6/2高値20239.81円 ドル円 6/2 111.71円
6/20高値20318.11円 ドル円 6/20 111.79円
6/29高値20266.59円 ドル円 6/29 112.14円
7/10高値20200.88円 ドル円 7/11 114.47円

レンジ下限
6/15安値19755.34円 ドル円 6/15 109.28円
7/7安値19856.65円 ドル円 7/7 113.11円

米欧の金融引き締めの流れには今後注意が必要(8月下旬以降)
FRBは早ければ9月にも工程表に沿ってバランスシートの圧縮に着手か。
6/27のドラギECB総裁の発言以降、ECBの出口戦略に市場が注視。

株式投資は値幅が利益になるため、膠着相場が長引くと
投資妙味に欠ける投資の場と化してしまいます。
儲からないとき、わからないとき、迷ったときは
休んで様子を見ることと、買いポジションを減らし
現金ポジションを高めることは、最大のリスクヘッジになります。
儲けそこないは良しとして、休むも相場です。
相場は強いのですが、儲かる相場ではありません。
早めの夏休みとして、じっくり構える時と考えます。

株式投資で最も大切なことは、資金的余裕と精神的余裕です。
信用取引の目いっぱいの買いは墓穴を掘ることになりかねません。
初心者の方がトレンドに乗ってとんとん拍子に勝つと
しだいに分相応の枠を超えてしまいます。
資金的余裕と精神的余裕を常に頭の片隅にとどめて
欲を抑えて、腹八分目のつもりで投資に臨んでください。
どんな時も株式投資において100%はありません。
自信過剰になった時こそ、墓穴を掘ることになるものです。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/1258-a82e0f53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1191)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR