FC2ブログ

2018-12

本日の日足は陽の丸坊主

2月13日(火)20:35

大引け

日経平均株価

21742.45(9:00)

21968.10(15:00)

21700.78(9:08)

21968.10(15:00)

前日比△144.07 +0.66%

TOPIX

1734.31(9:00)

1751.03(15:00)

1731.58(9:00)

1751.03(15:00)

前日比△9.73 +0.56%


値上がり銘柄数 1579

値下がり銘柄数 419

新高値銘柄数 50

新安値銘柄数 4 

騰落レシオ25D 101.7

日経平均25D乖離率 +1.39

TOPIX25D乖離率 +0.66

日経平均株価は4日続伸

前日のNYダウは反落、為替は1ドル106円台前半の
強含み、国内政治不安を背景に売り先行で始まりました

寄付 21742.45(9:00)▼81.58

寄り後、先物主導で下値を試すものの底堅く

安値 21700.78(9:08)▼123.25

売り一巡後はジリジリと下げ幅を縮小し
一時プラス圏に浮上する場面がありました

前場高値 21842.26(10:49)△18.23

前引 21789.45(11:35)▼34.58

後場は1時を過ぎると為替が円高一服から対ドルで円安方向に振れ
同時に日経平均はジリジリと上値を試す展開になりました
大引けにかけて一段高になり高値引けで取引を終了

高値 21968.10(15:00)△144.07

大引 21968.10(15:00)△144.07

日経平均は4日続伸して引けました


前日のNYダウの下落や為替の対ドルの円高、森友問題を背景に
売りが先行して始まりました。
円相場が1ドル=106円台前半まで強含み
このため輸出関連銘柄中心に売りが先行

寄り付き直後に海外短期筋が、森友問題を背景に円買い株式先物売り
を仕掛けてきましたが、短期的な上値メドとなっていた
25日移動平均21694円を昨日、約1カ月半ぶりに上回ったため
下値を売り急ぐ動きは追随せず、底堅い値動きでした。

市場関係者によると円高進行で海外ヘッジファンドによる
輸出関連株の売りが目立つものの、以前のように
売りが売りを呼ぶことにはならず、売り方も買戻しのタイミングを
探っているようです。
もう一方のメインプレーヤーである長期運用の海外投資家は
円高基調と日本国内の政局問題から様子見の模様。

後場13時を過ぎると円高が一服し、その後106円台後半まで円安に振れ
円売り・ドル買いが強まるのと同時に日経平均は切り返しに転じ
プラス圏に浮上後もじりじりと上値を切り上げる展開になり
大引けにかけて一段高になりこの日の高値で引けました。

米国の輸入制限発動の影響や財務省による決裁文書の書き換え問題などを受けて
相場の先行きへの警戒感が強く、手控えムードが優勢でしたが、後場にかけて
先物主導でじりじりと上値を試す展開になりました。
しかし、商いは薄く本日の上昇は、先物主導の上昇でした。
これは売り方の買戻しとみて間違いないようです。

トランプ相場始まってから、今年の1月第1週(年初のロケットスタート)まで
海外投資家は、7兆円買い越していました。
その後直近にかけて7兆円の売り越し
先物5.1兆円
実需1.9兆円
短期間にここまで下落したのは、5兆円を超える先物売りがその背景にあります。
仮に、5兆円の先物売り金額の40%が、今後買い戻してくるとすると
2兆円くらいの売り方の買戻しが予想されます。
日経平均は、ダブルボトムである3/5安値20937.26円から戻りを試す
展開になりました。
本日の上昇で過度なリスクシナリオへの警戒感は、ひとまず和らいだとみられます。

日経平均株価が4日続伸したことで、市場参加者のリスク選好姿勢が回復
後場には円を売ってドルを買う動きが広がり、売り方も買戻しを
迫られたのは間違いなさそうです。

日経平均株価のチャートをご覧ください。
1/23高値24129.34円形成
1/30 25日移動平均マイナス乖離
米国発の暴落、世界同時株安 円高
2/6ザラバ安値21078.71円▼1603.37円
2/14安値20950.15円底打ち後
2/19高値22152.85円 2/27高値22502.05円の戻り高値は
25日移動平均に押し戻されました。
昨日は32営業日ぶりに25日移動平均回復。
そして本日は高値引けの陽線。
この陽線は、「陽の丸坊主」と言い、強い足です。

NYダウは25,000ドルの大台も出戻し、NASDAQ指数は
1/26史上最高値7505.77を更新しました。
3/12終値7588.32△27.51

本日夕方の欧州時間では1ドル107円台まで円安が進み
今後は大規模な実需買いは期待できませんが、売り方の
2兆円規模の買戻しが、控えています。
明日以降も引き続き、ドル円相場と米国株の動向を注視しながら
戻りを試す場面に期待します。

今週末の世論調査による安倍政権支持率の内容によっては
来週、海外短期筋が売り仕掛けしてくる可能性があります。
支持率が極度に低下した場合は、再び政局不透明になります。
これには注意が必要です。

あれほど心配していた「北朝鮮リスク」は遠のき
米国株も大きく戻しましたが、1年前からの森友問題の蒸し返しが
最大の火種になってきたことは、皮肉なものです。
国民のための、日本のための国会での貴重な議論は
国策、政策の議論ではなく、マスコミ、野党をあげての
スキャンダルに発展しつつあります。

このような政治でも、企業は日々生き残りをかけて
収益を伸ばしています。
日本企業の稼ぐ力は、たびたびの円高を乗り越えて
史上最高水準に達しています。
目先は売り方の買戻しでどこまで上昇できるかが
注目点です。



次回更新は、3/14(水)15:30 頃の予定です。

3/8日経電子版の記事に大和証券の2017年主要企業企業業績予想と
2018年度の経常益の見通しが出ておりました。

2017年度主要企業業績と18年度経常益(大和証券発表3/8)
大和証券は8日、2017年度の主要企業(金融を除く)200社を対象に試算
経常利益が前期比18.8%増になりそうだと発表
円相場の前提は対ドルを1ドル=110円で据え置いた
対ユーロは1ユーロ=135円と5円円安方向に見直した
原油価格は1バレル60ドルと、10ドル引き上げた

18年度の経常利益は今期推定比から8.6%増える見込み
足元では円高圧力が増しているが18年度は1ドル=95円くらいの
円高水準にならない限り増益は確保できると分析
新たに発表した19年度予想については10.2%増益を見込む


現在の株式市場では、素人の個人投資家が安易に初めても
勝ち続けることは非常に難しいと思います。
優良銘柄の安値圏、底値圏での買いが最も安全で有効です。
海外短期筋の影響を受けにくい投資をおすすめします。

☆☆☆2018年2/16現在安値圏の優良銘柄☆☆☆ 
臨時更新2/18(日)記載

2/16(金)時点 
1部上場時価総額5000億円以上銘柄数270銘柄
270銘柄すべてチェックしました
安値圏にある銘柄で最高益予想の銘柄一覧 
コードナンバー順 下段は直近安値と暴落前の高値

1802大林組 基準株価 2/19寄付き1178円 
2/16終値1169円
2/16安値1142円 11/9高値1609円

1928積水ハウス 基準株価 2/19寄付き1899円 
2/16終値1883円
2/14安値1823円 11/9高値2219.5円
2/20(火)
1928積水ハウス和田勇会長退任が実態は解任だったことが明らかに
2月1日付のトップ人事を巡り、和田勇会長(現取締役相談役)の
退任が実態は解任だったことが明らかになったと日本経済新聞が報じた。
和田氏が注力してきたとされる海外事業への影響や、経営体制の
混乱などを懸念した売りが出ました。

2269明治HD 基準株価 2/19寄付き8140円 
2/16終値8070円
2/15安値7920円 12/12高値10170円

3291飯田GHD 基準株価 2/19寄付き1919円 
2/16終値1902円  
2/15安値1884円 1/25高値2276円

4005住友化学 基準株価 2/19寄付き673円
2/16終値667円 
2/15安値643円 1/9高値882円

4021日産化学 基準株価 2/19寄付き3975円
2/16終値3940円 
2/13安値3780円 1/9高値4805円

4182三菱ガス化学 基準株価 2/19寄付き2633円 
2/16終値2624円 
2/14安値2549円 1/5高値3555円

4507塩野義製薬 基準株価 2/19寄付き5622円 
2/16終値5583円 
2/14安値5396円 11/17高値6465円

6770アルプス電気 基準株価 2/19寄付き2804円 
2/16終値2778円
2/14安値2679円 11/22高値3845円

6988日東電工 基準株価 2/19寄付き8260円 
2/16終値8110円
2/14安値7965円 11/7高値11750円

8591オリックス 基準株価 2/19寄付き1894.5円 
2/16終値1868円
2/14安値1810.5円 1/24高値2216.5円

8802三菱地所 基準株価 2/19寄付き1875円 
2/16終値1856.5円 
2/14安値1822.5円 1/22高値2218円

9020JR東日本 基準株価 2/19寄付き10290円
2/16終値10215円
2/15安値9937円 1/15高値11615円

9021JR西日本 基準株価 2/19寄付き7620円 
2/16終値7541円
2/16安値7483円 1/25高値8636円  

9142JR九州 基準株価 2/19寄付き3315円 
2/16終値3290円
2/9安値3220円 11/10高値3675円 

9432NTT 基準株価 2/19寄付き4794円 
2/16終値4702円
2/14安値4545円 11/30高値5905円 

9735セコム 基準株価 2/19寄付き7849円 
2/16終値7719円
2/14安値7509円 11/9高値9118円


レンジ下限チャート妙味の人気銘柄1 (2/20記)
2148ITメディア 2/20終値658円 基準価格2/21寄付き667円 
2/14安値611円で底入れ
株価が突発高する習性があり、3月中、遅くても4月には
750円トライの場面がありそうです。

レンジ下限チャート妙味の人気銘柄2 (2/20記)
3264アスコット 2/20終値320円 基準価格2/21寄付き324円
2/6安値285円 2/9安値291円 2/14安値294円
底値が切り上がり2/19の大陽線
300円割れ水準で底値確認
周期的にも3月中に380円トライの場面がありそうです。

株式投資で最も大切なことは、資金的余裕と精神的余裕です。
信用取引の目いっぱいの買いは墓穴を掘ることになりかねません。
初心者の方がトレンドに乗ってとんとん拍子に勝つと
しだいに分相応の枠を超えてしまいます。
資金的余裕と精神的余裕を常に頭の片隅にとどめて
欲を抑えて、腹八分目のつもりで投資に臨んでください。
どんな時も株式投資において100%はありません。
自信過剰になった時こそ、墓穴を掘ることになるものです。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

スポンサーサイト

コメント

6099 エラン

お久しぶりでございます。
毎日のブログ更新、誠にありがとうございます。とても心強く感じています。

6099 エランに注目しており、1600円でもっています。

入院していた義父のお見舞いで病院に通っていた経験から、応援したいと思うようになりました。中~長期で保有したいと考えています。
しかし、このような上値がわからない銘柄に投資したことがないため、
どういう場合に手仕舞いした方がよいのかがわかりません。
アドバイスいただけましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/1412-49288bbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (62)
株式日記 (1510)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR