FC2ブログ

2020-08

GWを控え日経平均のみ上昇

4月27日(金)15:10

大引け

日経平均株価

22466.66(9:00)

22495.56(14:49)

22357.53(9:19)

22467.87(15:00)

前日比△148.26 +0.66%

TOPIX

1778.56(9:00)

1780.38(9:00)

1771.58(11:01)

1777.23(15:00)

前日比△5.10 +0.29%


週末、月末4/27(金)日経平均株価は続伸

前日の米国株高、米長期金利上昇一服を背景に
買い先行で始まりました

寄付 22466.66(9:00)△147.05

前場高値 22488.28(9:00)△168.67

日経平均は寄付きから22,500円の節目に接近
日経平均寄与度上位銘柄ファナックの今期大幅減益を嫌気した
売りに押され指数を圧迫、設備投資関連銘柄が重しになり
日経平均は、やや伸び悩んで前引けを迎えました

安値 22357.53(9:19)△37.92

前引 22413.85(11:35)△94.24

後場はGWを控え、様子見ムードが広がり狭いレンジでの
推移になりましたが、大引け間際に買戻しが入り、上げ幅を拡大
寄り付き直後の高値を更新しました

高値 22495.56(14:49)△175.95

大引 22467.87(15:00)△148.26

ファナック 日経平均寄与度 -89.98円
日立建機 日経平均寄与度 -10.39円


前日の米国株3指数は業績期待を背景に揃って大幅高
NYダウ 24322.34ドル △238.51ドル
ナスダック指数 7118.68 △114.94
S&P500 2666.94 △27.54
市場予想を上回る四半期決算を発表したフェイスブックが大幅高
IT関連銘柄中心に買いが先行しました。
米国10年債利回りが低下したことも買い材料になりました。

好調な米国株高を背景に日経平均株価は、買い優勢で始まりました。
2019年3月期の増益見通しを示した半導体関連株などに買いが集まり
株価をを押し上げています。
今期に大幅減益を見込むと発表したファナックが大幅安となり
日経平均を押し下げました。
2018年3月期決算発表が本格化し、京セラやアドテストなど
今期の増益見通しを示した銘柄に買いが集まりました。

朝方は好業績銘柄を中心に買いが先行し、日経平均は寄り付き直後に
168円高となる場面がありましたが買い一巡後は伸び悩む展開になりました。
ファナックの減益見通しを受け、安川電など設備投資関連株の業績に
慎重な見方が出たことも相場全体の重荷となりました。

明日以降、ゴールデンウイークに入るため、後場は方向感のない
相場展開になりました。
中小型株は連休を控え、いったん手仕舞う動きから軟調に
推移するものが目立ちました。
個別銘柄はさえないものの、日経平均は大引けにかけて
買戻しが入り、寄り付き直後の高値を更新しました。

海外投資家、4月第3週 4週連続の買い越し
個人投資家、4月第3週 4週連続の売り越し

連日指数のみ強い値動きが続いています。
日経平均が連日上昇するのに、個別銘柄の大半は相場の圏外にあります。
2月、3月に日経平均先物を大きく売り越していた海外短期筋が
買い戻しているための現象です。
いかに史上最大規模、先物を売っていたことがわかります。

1ドル109円台の為替水準、外部要因の落ち着きを背景に
GW,決算発表後は、しだいに物色が波及してくるものと思われます。


3647ジースリーホールディングについて
昨日出来高急増株価上昇、本日4/27高値141円まで買われましたが
連休を前に陰線で引けました。
5/1、5/2に出来高を維持して、3/13高値152円トライの場面が
あるかどうかが注目点です。
2/6安値101円で完全に底が入り、出直り基調のため下値も限定的と考えます。
GWで仕掛けずらいため、5/7以降にずれ込むような感触です。
4/26、4/27の出来高増加が、今後も続くかどうかで株価も連動してきます。
出来高減少であればいったん手を引くことになりそうですが
下値は限定的と考えます。


次回の更新は 5/1(火)20:00~21:00 頃の予定です。

4月、5月に期待
8604野村HD 4/11終値634.6円(4/11記)
1/24高値756.5円京成後、暴落により3/26安値589.3円まで下落。
3/26安値589.3円が底値と想定
その後600円台固めから本日25日移動平均回復。
この数年、野村HDよりも大和証券Gの方が株価が上回っていましたが
現時点での初動の上昇は、野村の方が優勢になっています。
来週の日米首脳会談で不透明感が残りますが
日経平均が4月、5月堅調に推移すればもう一段の上昇がありそうです。
2018年売り目標700円~750円

底練り最終段階
8306三菱UFJFG 4/5終値699.7円(4/5記)
1/16高値894.4円 その後の暴落で現在底値模索中。
3/26安値674.6円 4/4安値680.5円
これがダブルボトムになるかどうかは今晩の米国株次第です。
3/27の大幅反発の時は、翌日反落。
今回も4/4安値680.5円から大幅反発。
今晩の米国株が続伸すると明日は買戻しで上昇が期待できます。
普通預金に入れておいてもほぼゼロ金利です。
下値メドは650円割れ水準ですが、このあたりから
買い始めてもよいと考えます。
時価水準で買い、底割れした場合は、15円間隔で買い下がりが
有効と考えます。
2018年売り目標800円~850円

アベノミクス以来安値圏
8585オリコ 4/3終値167円(4/3記)
1/12高値188円形成後、暴落後底値模索中
2/14安値166円 3/5安値166円 3/23安値166円 4/3安値166円
これが直近安値ですが、面白いことに2012年12/16安倍政権発足後
これが最安値です。
18/3期、19/3期、ともに小幅増益見通し。
筆頭株主は、みずほ銀行48.6%
2位株主は、伊藤忠商事16.5%
特定株比79.2%
浮動株1.6%
166円では買えませんが、167円に指値を入れてあれば
166円がつけば約定になります。
2018年 1/12高値188円 安値直近の166円
2017年 2/1高値231円 9/8安値171円
2016年 2/12安値171円 6/1高値242円
地味な銘柄ですが底値水準を買って、6カ月定期、1年定期預金のつもりで
保有すれば20%くらいは上昇すると思います。
167円で買ったとすると202円が、20%利食い目標水準になります。
15%だと193円水準です。
私は買いませんが、株式市場には
初心者の個人投資家にも、少額資金でローリスクの投資法は
探せばきっと見つかります。
2018年売り目標200円~220円

ボックス相場の下限(3/30記)
3807フィスコ 3/30終値314円
年初来高値1/5 442円 年初来安値2/26 298円
株価はほぼボックス圏にあり、現在レンジ下限に位置しています。
レンジ下限 300円~310円水準
レンジ上限 360円~400円超水準
310円前後の押し目を拾えば、4月、5月の上昇時には
レンジ上限に到達する可能性大。
チャートの勉強にお使いください。
2018年売り目標400円~450円

ボックス相場の下限(3/29記)
3264アスコット 3/29終値315円
直近安値3/26 299円
18年1月以降直近までの高値
2/28高値367円 1/29高値384円 1/16高値376円
会社四季報の内容と日足チャート1年分をご覧になり
勉強なさってください。
会社四季報春号では、
上期は物件の売却少なく低調。
ただ、前期の増資資金を元手に仕込んだ案件が下期に顕在化。
付加価値化した中古不動産の販売が牽引するうえ
小規模賃貸マンション開発も上乗せ
営業益急挽回 となっております。
以上のことから、18年4月~9月に収益拡大が見込めるということです。
2018年売り目標380円~450円

海外短期筋主導の積み上がっている先物売りの40%くらいは
今後の相場好転の場面で買戻しが見込めます。
2001年~2017年、4月は17年連続海外投資家は日本株を
大幅買い越ししています。
4月、5月は相場の転機になることを考えております。

株式投資で最も大切なことは、資金的余裕と精神的余裕です。
信用取引の目いっぱいの買いは墓穴を掘ることになりかねません。
初心者の方がトレンドに乗ってとんとん拍子に勝つと
しだいに分相応の枠を超えてしまいます。
資金的余裕と精神的余裕を常に頭の片隅にとどめて
欲を抑えて、腹八分目のつもりで投資に臨んでください。
どんな時も株式投資において100%はありません。
自信過剰になった時こそ、墓穴を掘ることになるものです。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ブログの更新ありがとうございます。
いつも楽しみに拝見して、参考にさせていただいてます。
昨年3980円で購入しましたFFRIですが、逆日歩のついた売り長で、株価は底値圏だと思いますが、株価がなかなか浮上しません。売却した方がよいのか迷っております。アドバイスをいただければありがたいです。
よろしくお願いします。

日本システム技術

毎日拝読しており勉強させていただいております。
医療用ビックデータとして少量ですが先月から買い始め、2000株程集まってきました。
なかなか上昇せず、含み損もそこまで大きくないため他銘柄に資金回すため売却も考えておりますが、もう少し様子見すべきでしょうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/1444-76d19ef2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (72)
株式日記 (1892)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (19)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR