FC2ブログ

2019-10

日経平均株価11日ぶりに小幅反落

9月18日(水)15:05

大引け
日経平均株価
22014.65(9:00)
22027.86(9:00)
21942.03(12:46)
21960.71(15:00)
前日比▼40.61 -0.18%

日経平均株価は、11日ぶりに小幅反落

原油相場が反落し、前日の米国株は3指数そろって反発
日経平均株価は小幅続伸して始まりました
寄付 22014.65(9:00)△13.33
高値 22027.86(9:00)△26.54

寄り後マイナス圏に転じる場面がありましたが
前場安値 21962.73(9:29)▼38.59

下値は限定的で、前日終値を挟んだ水準でのもみ合いになり
小幅続伸して前引けを迎えました
前引 22012.72(11:30)△11.40 +0.05%

後場は、日本時間19日未明の米国FOMC結果発表を
見定めたいとする流れから、持ち高を整理するための
売りに押され、本日の安値を付け下値圏でのもみ合いになりました
安値 21942.03(12:46)▼59.29

大引けにかけて下げ渋りましたが
日経平均株価は11日ぶりに小幅反落して引けました

大引 21960.71(15:00)▼40.61 -0.18%


前日の米国株3指数は揃って反発
原油相場が反落し、原油高による収益悪化への警戒感が
和らいだ消費関連株が反発し、相場を支えました。
一方上値は重く、18日までの米国FOMCの結果を見極めたいとして
様子見ムードが強く方向感に乏しい展開となりました。
FOMCでは前回会合に続き0.25%の利下げが確実視されていますが
今後の政策を占ううえで、参加者の政策金利見通し(ドットチャート)や
パウエルFRB議長の会見内容を見極めたいという投資家が多かった。

サウジアラビアのエネルギー相が17日、週末の石油施設への攻撃で
減った生産が、月内に攻撃前の水準を回復すると述べたことが報道されました。
9月末には日量1100万バレルの生産能力を回復すると述べ、攻撃前の供給体制に
早期に復帰するとの認識を示したもので、攻撃によって国営石油会社
サウジアラムコは、全体の生産量のおよそ60%に相当する日量570万バレルが
停止に追い込まれたとしていた。
一時的な生産停止は輸出に大きな影響を及ぼさなかったと指摘。
備蓄からの引き出しや他の油田からの調達などにより、9月も顧客に
契約分の石油を届けられると強調しました。

前日までは、数か月はかかるとの一部報道がありましたが
想定より回復が早いと受け止められ、原料高やガソリン高による
消費抑制への警戒感から前日に売られた日用品のP&Gやマクドナルドなどが
買割れました。

米国がサウジの石油施設への攻撃を巡って批判したイランの最高責任者
ハメネイ師は、17日、政府のどのレベルにおいても米国とは対話しないと
述べたことが伝わり、米国とイランとの関係緊張が長引くとの見方が優勢となりました。

サウジアラビアの生産停止が長引くという見通しが、修正され
中東問題は、米国とイランの対立は長引く模様ですが、月内生産量回復の報道から
ひとまず落ち着きなした。

前日の米国株反発で日経平均株価は、小幅続伸して始まりましたが
間もなく下げに転じ、前日終値を挟んだ水準での狭いレンジでの
もみ合いになりました。
日経平均は前日までに10日続伸したため、利益確定売りも出て降り
高値圏での売り買い交錯になりました。

買戻し主導で22,000円の大台を回復しましたが、昨年の27年来高値を付けた
10/2高値24448.07円形成時も買戻しが主導した高値形成でした。
この時は売りポジションのほとんどが買い戻され、踏み上げによる
高値形成でしたが、現時点で積み上がっている裁定解消売りの動向次第では
もう一段高の可能性を秘めています。

米国株は史上最高値圏に迫る水準まで戻り、米国株高、高支持率では
トランプ大統領の過激発言に要注意ですが、直近支持率が低下しています。
大統領は、米国株高、尚且つ、高支持率時に強硬な言動を行うため
直近支持率低下が足かせになっています。
しかし、何を言い出すかわからない大統領ですので
今後も大統領発言にふるまわされる相場展開が続くことを覚悟して
相場に臨まなければなりません。
中東地政学リスクは長引きそうですが、昨日のサウジ生産停止による不透明感が
月内生産量回復の報道により、ひとまず落ち着いたため
10月の米中通商協議直前くらいまで、保有銘柄の値上がりを待ちたいところです。

米国FOMC結果をどのように織り込むか見定めます。


2120LIFULL
8/20高値662円まで買われましたが、その後もみ合いが続いていました。
本日13:50時点で 11:15高値675円まで買われ堅調に高値圏で推移しています。
昨日安値605円から一気に切り返しに転じ、高値を抜いてきたため
再び先高観が出てきました。

6961エンプラス
年初来高値7/25高値3670円に迫ってきました。
本日は小動きですが、短期に高値更新できるかどうか見定めて
判断します。


次回は、9/19(木)20:00~21:00 頃更新予定です。

市場の商いの過半数が人工知能を駆使したプログラム取引です。
株式投資で 勝ち残る、生き残るためには、人工知能に
勝たなくてはなりません。
個人投資家には特権があり、その特権を最大限生かすことが
人口知能に打ち勝つ方法と考えます。

◎個人投資家の特権
①迷った時、分からない時は様子を見ること、休むことができます。
②頻繁に売買する必要がないため、相場が年初来安値圏まで
日柄、値幅調整の進んだ銘柄の中から内容の良い銘柄を買って
気長に上昇を待つのも個人投資家ならではの最大の特権です。
海外短期筋、国内外機関投資家がプログラム売買を行っても
個人投資家は、「良品安価」年に1度~2度の大バーゲン価格で買えば
人工知能の売買にも勝ち残るばかりではなく、
人工知能の資金を奪い取ることも可能と考えます。

一般の投資家は買ったとたんに不安になることが多いのです。
中途半端な水準での売買、目いっぱいの投資をすることで
資金的余裕、精神的余裕がなくなります。
資金的余裕、精神的余裕が株式投資の生命線です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて
1人でも多くの読者の皆様が、より良い成果を
上げられますことをお祈り申し上げます。

記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/1777-da2cc55f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (64)
株式日記 (1705)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (19)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR