FC2ブログ

2020-08

買戻し優勢

1月22日(水)12:55

前引け
寄付 23835.49(9:00)▼29.07
高値 23992.73(11:26)△128.17
安値 23831.10(9:00)▼33.46
前引 23985.50(11:30)△120.94 +0.51%

中国の新型肺炎の感染拡大への懸念が売りを誘い
前日の米国株は、主要3指数揃って反落しました。
新型肺炎の感染拡大の経済への影響が警戒され
アジアと欧州の株式相場が下げ、米国株にも売りが波及しました。
21日には人から人への感染が判明し、米疾病対策センターが
米国でも感染者を確認したと発表。
旅行やレジャー需要に響くとの懸念から、空運、旅行予約サイト
ホテル、カジノ株の下げが目立ちました。

中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の
世界的な感染拡大を懸念し、買いが手控えられ
小幅続落して始まりました。
寄付 23835.49(9:00)▼29.07
安値 23831.10(9:00)▼33.46

前日に軟調だった香港ハンセン指数が底堅く推移したため
過度な警戒感がやや後退し、買い戻しが入り日経平均株価は
切り返しに転じ、前引けにかけて上げ幅を広げました。
高値 23992.73(11:26)△128.17
前引 23985.50(11:30)△120.94 +0.51%

昨日の新型コロナウイルスによる肺炎リスクによる
リスクをはやし立てて、海外短期筋が株価指数先物売り
インバウンド関連、空運株などに空売りが入りましたが
本日は買戻しが優勢となり、その下げのかなりの部分を
取り返しましたが、新型コロナウイルスによる肺炎の
感染拡大リスクは、中国の春節に伴う大型連休終了まで
不透明要因になります。
年初の米国とイランの軍事衝突リスクで2020年相場が始まり
今回の新型コロナウイルスによる肺炎による不透明要因。
米国市場がけん引して世界主要国同時株高により相場が高値圏に
位置していますが、昨年末にはなかった不透明要因、リスク要因が
出てきました。
日本株は、メインプレーヤー海外短期筋主導で、相場が新興国並みに
乱高下するため、高値圏での株価変動は今後も注意が必要です。

一般の個人投資家は、海外短期筋と同じ土俵で戦わず
良い銘柄の売られすぎの水準、いわゆるバーゲン価格で良い株を買う
これに尽きると考えます。

1/15に買った5銘柄
1、旅行運営企業
2、バイオ関連銘柄
3、不動産関連銘柄
4、検索集約サイト運営企業
5、ブログ公開銘柄 1332日本水産
この中の旅行関連銘柄は、6191エアトリですが
新型コロナウイルスにより、どこまで影響が広がるかどうかは
全く予想がつきませんが、すぐに収束はできないと思いました。
今後の感染拡大規模にもよりますが、インバウンド関連、空運株
旅行関連株などが、最も悪影響を受けます。
そのため、エアトリを本日寄付きで手仕舞いました。

6191エアトリ 1/15 1957円買い
会社四季報で、営業益V字回復 増配とあり
9月以降のレンジ下限付近で1/15に買いましたが
新型コロナウイルスによる肺炎のリスクを考え
1/22寄付き1933円で手仕舞いました。

8227しまむら
歴史的な暖冬で、20/2期業績の下振れがあるのではないかと考えます。
12月に9400円前後を空売りするつもりで監視していましたが
急落してしまったため、タイミングを逸してしまいましたが
もう一段安がありそうな感じです。

8275フォーバル
9435光通信が、長期保有を目的とした純投資として
保有残高を拡大させおり、夏場からみている銘柄です。
12/30大納会に大陽線を引き、1/14高値1243円まで買われる場面がありました。
東証1部ですが、日々の出来高が少なく、本日1/22前引け時点で
出来高が1800株です。
株価は2000年以降、最高値付近に位置していますが
今期予想EPS90.2円で内容の良い銘柄です。
順張り投資は行わないため、見ているだけですが、光通信の買い増しの思惑は
このままでは終わらないと考えます。


次回更新は、1/23(木)20:00~21:00 頃更新します。

ブログ更新時間は、以下の通りです。
(火)(木)20:00~21:00
(月)(金)15:05
(水)正午過ぎ
(土)(日)(祝日)市場休場日は休み

◎個人投資家の特権
①迷った時、分からない時は様子を見ること、休むことができます。
②頻繁に売買する必要がないため、相場が年初来安値圏まで
日柄、値幅調整の進んだ銘柄の中から内容の良い銘柄を買って
気長に上昇を待つのも個人投資家ならではの最大の特権です。
海外短期筋、国内外機関投資家がプログラム売買を行っても
個人投資家は、「良品安価」年に1度~2度の大バーゲン価格で買えば
人工知能の売買にも勝ち残るばかりではなく、
人工知能の資金を奪い取ることも可能と考えます。

一般の投資家は買ったとたんに不安になることが多いのです。
中途半端な水準での売買、目いっぱいの投資をすることで
資金的余裕、精神的余裕がなくなります。
資金的余裕、精神的余裕が株式投資の生命線です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて
1人でも多くの読者の皆様が、より良い成果を
上げられますことをお祈り申し上げます。

記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

コメント

いつもお世話になります、ブログ楽しみにしています。

本日JACリクルートメント(2124)を底値と見て1800で購入しました。配当取りのための長期のつもりですが、工藤さんのお見立ていかがでしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/1856-38b21d66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (72)
株式日記 (1894)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (19)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR