2017-08

相場は強いが外国人次第

4月18日15:05


大引け前


本日は、前日の海外株の落ち着きから、寄り付きから買い先行で始まりました。

買われていた業種は、銀行、電機、自動車、小売り、精密、不動産


昨日まで堅調だった8604野村HDは利益確定売りに押されてマイナス圏で

推移しています。

それとは対照的に、8601大和証券Gは、12:31現在大幅高で新高値を

更新しました。(822円)




4/14、4/15の両日を節目に調整局面入りも覚悟しましたが主力株中心に

大変強い相場展開になっています。

以前からこの相場はバブル化しているとのコメントをしておりますが

その中でもほとんど上昇していない銘柄(市場性の乏しい銘柄)があります。

相場自体がバブルになっても、上がらない銘柄が徐々に増えつつあるということです。



株価は6か月先の景気、業績を織り込む先行指標と言われますが、

グローバル化が急速に進む現在、企業の存続すら問われる厳しい時代になっています。


このバブル相場は、中長期で考えるとさらなる上値を試す展開があると思いますが

この相場が、最後の日本株全体のかさ上げ相場になるであろうことを予測しておきます。



アベノミクスの3本の矢は来年度も経済成長率を1.4%前後押し上げる見込みですが

国の歳入の倍以上の国家予算を消費し続け、まともな少子化政策もないまま

いずれ来るであろう、外国人投資家による日本株売りのXデーは確実に迫りつつあります。


百貨店で高額商品が売れだしたなどの報道が連日のようにされていますが

23年前のバブルのような華やかさは今の日本には見られません。



バブル当時は私も30歳そこそこで、連日のように証券会社の若手社員たちが押し寄せてきました。

大学出たての若手社員は、大手、準大手証券ともなるとタクシーで押しかけてきました。

理由を聞くと

「時間がもったいないので、支店長命令でタクシーを使っています。」

当時の4大証券は、

「億ロット以外は客じゃない」

とまで言っていました。

つまり1億円の預かり資産で顧客として扱われるのです。



当時の日本には、人々の活気も、夢も、消費意欲もありました。

デパートで高額商品が売れているぐらいでニュースに報道されるようでは

たかが知れています。


誰もが消費し、そんなことが当たり前になるような時代には2度とならないでしょう。

円安がさらに進んでも、円安メリットの輸出産業は、海外に出て生産活動をしなければ

グローバル経済に取り残されて、やがて淘汰されてしまうことは周知の事実です。


規制緩和で、これから日本で新しい産業が続々と出現し、好景気が持続することも考えにくく、

世界一の財政赤字、少子高齢化、産業の空洞化は手つかずのまま消費税が2段階で上がり

そして奈落の底へと落ちていくような予感がするのは私だけではないと思います。


日本は少子高齢化が進み、生産労働者人口の減少はだれにも止められません。

国の財政赤字も5年後はどうにもならない水準に達しようとしています。

日銀がいくら必死になって日本国債を買っても、少子高齢化、生産労働者の減少は

避けては通れません。


1年後、2年後、3年後は分かりませんが、再び外国人投資家による

日本企業売りは現実となってくることを、常に頭の片隅に入れておいてください。





幸いに、株式投資の世界は、買いでも空売りでも稼ぐことができます。

天底のパターンをうまく見極めれば、サラリーマンの方でも諸語とは普通にしながら

ザラ場を気にすることなく、気楽に投資することも可能です。

堅実に大きく値幅を稼ぐ方法は、

一流銘柄の底値買いに徹することだと確信しています。


いつの時代も、どんな相場も

「谷深ければ、山高し」

天井をつければ

「山高ければ、谷深し」

その繰り返しです。

現在の相場はバブル化して、高い山に行きついていませんので

空売りは非常に難しいです。

あえてこの時期に、難しいことをしなくてもよいではありませんか。

難しいとき、分からない時は

「休むも相場」

これは明言です。


気が付いたら15:00になってしまいました。


大幅高で引けました。

強い相場ですが難しくなっています。



本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日は20時~21時に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」工藤庄司



スポンサーサイト

コメント

TDF

TDFは19日ぐらいに決着がつきそうとの見通しを立てていらっしゃいましたが、
その見通しにはお変りはありませんでしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/189-185fd29c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1188)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR