fc2ブログ

2024-02

米国株時間外先物に連動

5月18日(月)15:05

日経平均株価
前場
寄付 20097.62(9:00)△60.15
高値 20188.47(11:29)△151.00
安値 19999.10(9:54)▼38.37
前引 20177.79(11:30)△140.32 +0.70%
後場
寄付 20194.33(12:30)△156.86
高値 20197.59(14:45)△160.12
安値 20116.66(13:16)△79.19
大引 20133.73(15:00)△96.26 +0.48%


週末5/15(金) 
日経平均先物 20010円▼30円 
NYダウ 23685.42ドル△60.08ドル 
ナスダック 9014.56△70.83 
S&P500 2863.70△11.20 

東京マーケット 前場
日本国内新型のコロナウイルス感染者数の伸びが鈍化し
日本も経済活動を再開する期待から買い先行で始まりました。
寄付 20097.62(9:00)△60.15
寄り後は、米中対立懸念から一時マイナス圏に転落する場面もあり
売り買い交錯になりました。
安値 19999.10(9:54)▼38.37
米国株時間外株価指数先物が上昇し堅調に推移し
海外短期筋の先物買いが入り、前引けにかけて
日経平均株価を押し上げました。
高値 20188.47(11:29)△151.00
前引 20177.79(11:30)△140.32 +0.70%

東京マーケット 後場
後場は前場高値を上回って始まりましたが
寄付 20194.33(12:30)△156.86
さらに買い上がる動きは限定的で、しだいに
上値が重くなりました。
安値 20116.66(13:16)△79.19
14:20過ぎから先物買いが入り後場寄り付きを上回りました。
高値 20197.59(14:45)△160.12
その後大引けにかけて伸び悩んだものの
日経平均株価は続伸して引けました。
大引 20133.73(15:00)△96.26 +0.48%


内閣府が朝方発表した1~3月期GDP速報値は
前期比年率3.4%減 市場予想4.8%減を上回りましたが
市場の反応は限定的でした。
本日は、米国株時間外先物が高く推移したため
海外短期筋の先物買いが入り、昼の時間帯にかけて
上値を試す場面がありましたが、後場寄り付きが高値となり
さらに上値を買い上がる勢いはなく、伸び悩みました。

世界一の景気敏感国、日本企業の収益悪化、5月末~6月にかけての
新型コロナウイルスの感染拡大第2波には要警戒です。

日経平均株価3/19安値 安値 16358.19(13:00)▼367.36 1番底
TOPIX3/17安値 1199.25(9:08)▼37.09 1番底
その後の戻り
日経平均株価 5/11高値20534.88円
TOPIX 5/11高値1484.81

日経平均5月下旬~7月の想定レンジ
17,500円~20,500円
TOPIX5月下旬~7月の想定レンジ
1300~1480 

2020年相場5月~12月
1、トランプ大統領の突然発動される対中国政策に注意
2、現在の株高は、4-6期に底打ち後、回復に転じるシナリオです
  7-9期景気回復が想定以上に落ち込むと株価は下落に転じます。
3、トランプ大統領が、11月に再選を果たした場合、対中国圧力は
  さらに高まります。
4、米国の研究機関の多くが秋以降冬場にかけてコロナウイルス
  第2波に要注意と警鐘を鳴らしています。
  ワクチン、特効薬開発には1年~2年はかかるといわれています。
 
5月~12月は、いつ急落になってもおかしくありません。
新型コロナウイルスの感染拡大第2波リスク、トランプ大統領の
対中国強硬発言リスク、5月末~6月相場は不透明のため
売れるものは売って、現金ポジションを高め相場に臨みます。


4344ソースネクスト
年初来高値1/15高値598円
年初来安値3/17安値211円
5/6以降上昇トレンド中
5/15安値は、下ヒゲを引いての陰線で安値306円
直近の値動きは、25日移動平均を割り込んだ水準を買い
プラス15%乖離水準を利益確定となります。
全体相場次第ですが、5/15安値306円が目先の底と見ます。

3556リネットジャパン
3月の新型コロナ暴落により、3/13安値293円まで下落
その後順調に戻りを試すものの、5/15の中間期決算発表内容が
嫌気されて、5/15安値388円まで売り込まれ、週明けの本日も
朝方398円まで売り込まれる場面がありました。
その後出来高を伴って、10:27高値478円まで買われる場面が
ありました。
後場は14:03時点で出来高は少なく415円水準で推移していますが
明日以降の値動きに注目します。

3965キャピタルAP
5/14大引け後の決算発表内容を嫌気して大幅安となり
本日5/18安値581円まで値下がりしました。
コロナウイルスによる暴落でレンジが下がり、決算発表の内容が
悪かったため、再度売り込まれました。
この銘柄の通常の株価位置は、1500円水準ですが、今後収益が
どこまで回復するかで、戻りを試す展開になる見込みです。
現時点の想定レンジは 580円~680円 を想定します。


7744ノーリツ鋼機
4/21寄付き1110円買い
本日5/18高値1466円まで買われる場面がありました。
長期運用方針で、このまま保有します。

2929ファーマフーズ
4/6寄付き680円 675円 670円買い 買いコスト675円
先週末5/15安値835円
相場はまだ生きており、本日切り返しに転じました。
長期宇尿方針で、このまま保有します。


次回は、5/19(火)20:00~21:00 頃更新します。

経済再開期待と実勢悪、感染再拡大との綱引きを今後の株価は
どのように織り込むか見定める場面です。
この株価水準で、大きく買いポジションをとるべからず。
個別銘柄の買いはあくまで小ロットとし、深入りするべからず。
5月、6月は、次の下落局面を待つのが投資方針です。
そのため現金ポジションを高め、小ロットの買いとします。

◎個人投資家の特権
①迷った時、分からない時は様子を見ること、休むことができます。
②頻繁に売買する必要がないため、相場が年初来安値圏まで
日柄、値幅調整の進んだ銘柄の中から内容の良い銘柄を買って
気長に上昇を待つのも個人投資家ならではの最大の特権です。
海外短期筋、国内外機関投資家がプログラム売買を行っても
個人投資家は、「良品安価」年に1度~2度の大バーゲン価格で買えば
人工知能の売買にも勝ち残るばかりではなく、
人工知能の資金を奪い取ることも可能と考えます。

一般の投資家は買ったとたんに不安になることが多いのです。
中途半端な水準での売買、目いっぱいの投資をすることで
資金的余裕、精神的余裕がなくなります。
資金的余裕、精神的余裕が株式投資の生命線です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて
1人でも多くの読者の皆様が、より良い成果を
上げられますことをお祈り申し上げます。

記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/1933-2aa1d345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (136)
株式日記 (2752)
株式投資 (17)
空売り (1)
未分類 (25)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR