2017-08

ビジネスモデル崩壊

バブル崩壊から22年経った今も、日本株は低迷しています。

超円高、昨年の東日本大震災とタイの洪水、世界最高水準の法人税と電気料金、自由貿易協定の進展なし。

日本企業は、輸出型製造業が中心産業でなければ国家が成り立ちません。

80円が限界線と言われながら、それ以上の円高で輸出型企業は苦しんでいます。

世界通貨安戦争の中、政府日銀当局は国の産業の衰退に対して、まったく打つ手なしになっています。


かつての世界のソニーは、韓国サムスンの20分の1の時価総額まで衰退し、日本の政治は3流だが、経済は1流  とまで言われた時代が、遠い過去になってしまいました。



6701NEC 2000年7月高値3450円 2012年7月24日安値96円

6753シャープ 2007年4月高値2445円 2012年6月15日安値164円

6758ソニー 2000年3月高値16950円 2012年9月6日安値849円

8604野村HD 2007年2月2870円 2012年6月4日安値241円

昔は国際優良株と言われ、世界中の投資家が買っていた日本の超一流企業が壊滅的状態になってしまいました。

企業は、もはや日本で生き残りはできず、中小企業まで海外に生産拠点を移転しています。

世界の経済大国日本も、現在ではそのビジネスモデルが崩壊し、有力企業のリストラが相次いで行われています。

しかし、いつの時代もビジネスチャンスがあるものです。

2413エムスリー

3397トリドール

4452花王

4825ウエザーニュース

6455モリタHD

6376日機装

7453良品計画

7956ピジョン

8113ユニチャーム

9843ニトリHD

このような時代の変革を乗り越え、成長し続けている勝ち組企業が、100社ほどあります。

本来商売とは、良いものを安く仕入れれば儲かるものです。

株式投資の世界は、高くなった天井付近になるとあわててみんなが買いだします。

プロといわれる投資家までもが、天井付近で買って、安値で投げています。

私の「株式投資勝利の法則」は、年に1度の暴落時の底値圏で、一流株を買い、3~4か月後の皆が買いだす高値圏で売り抜ける投資法です。

日経平均下値は8000円~8300円ぐらい。
高値は、年に1度、10000円。

非常に単純に投資ができ、ローリスクで、リターンが得られます。

皆さんの、年がら年中売買を繰り返す 「株中毒」にならないようにしたほうがいいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/2-990cd20e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1191)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR