fc2ブログ

2024-02

休日を前に伸び悩み

21年
2月22日(月)15:05

日経平均株価
前場
寄付 30281.78(9:00)△263.86
高値 30458.13(10:10)△440.21
安値 30242.38(11:29)△224.46
前引 30250.83(11:30)△232.91 +0.78%
後場
寄付 30187.25(12:30)△169.33
高値 30306.15(13:34)△288.23
安値 30089.18(12:34)△71.26
大引 30156.03(15:00)△138.11 +0.46%


2021年2/19(金)週末の主要国市場 
日経平均先物 30180円△140円 
ドル円相場 105.44円~105.46円 
NYダウ 31494.32ドル△0.98ドル
ナスダック 13874.463△9.107 
S&P500 3906.71▼7.26 
10年債利回り 1.338%  2週前1.208% 3週前1.167%
上海総合指数 3696.1680△20.8109   
欧州市場 
ドイツDAX 13993.23△106.30   
イギリスFTSETM100 6624.02△6.67 
フランスCAC40 5773.55△45.22  
NY原油 59.01ドル▼1.51 

週末の米国株は高安まちまち
NYダウ、ナスダック指数は小幅に上昇しましたが
利益確定売りに押され上値の重い展開。
18日夕刻、イエレン財務長官がCNBCのインタビューで
1.9兆ドル規模の新型コロナ経済対策の必要性を改めて訴え
大型の対策が成立して米国景気を支えるとの見方が
相場の下支えになりました。
ファイザーの新型コロナワクチンが1回の接種で高い予防効果を
得られたとの研究結果が公表されました。
従来の-60度~-80度ではなく、-15度~-25度での保管が可能とする
データを米国食品医薬品局に提出したことも発表。
ワクチンが普及しやすくなり、経済活動の再開が進むと期待感が
相場の下支えになりました。
一方、米国10年債利回りが一時1.36%まで上昇し、1年ぶりの
高水準になり、長期金利が上がるとPERが高い主力ハイテク銘柄の
相対的な割高感が意識されやすいため、これらの銘柄は軟調に推移しました。


東京マーケット 前場
日経平均株価は、17日(水)以降反落に転じ
一時3万円の大台を割り込むなど弱含みで週末を迎えたため
買戻しの動きが優勢となり反発して始まりました。
寄付 30281.78(9:00)△263.86
日経平均は高寄り後上げ幅を広げ、米国株時間外株価指数先物高から
先物買いが断続的に入り、一時440円超上昇する場面がありましたが
高値 30458.13(10:10)△440.21
買い一巡後は次第に伸び悩み、寄り付き水準を下回って
前場の取引を終えました。
安値 30242.38(11:29)△224.46
前引 30250.83(11:30)△232.91 +0.78%

東京マーケット 後場
午前上昇していた米国株価指数先物が下落に転じ
海外短期筋が日経平均先物に売り物を出し
前引け水準を下回って始まりました。
寄付 30187.25(12:30)△169.33
後場寄り直後、上げ幅を急速に縮めましたが
安値 30089.18(12:34)△71.26
売り一巡後は再び切り返しに転じましたものの
日本市場は明日休場のため、買い上がる動きも限定的でした。
高値 30306.15(13:34)△288.23

日経平均株価は伸び悩むも、4日ぶりに反発して引けました。
大引 30156.03(15:00)△138.11 +0.46%


日経平均株価4日ぶりの反発

先週末の米国株はNYダウ、ナスダック指数の小幅な上昇にとどまました。
日経平均株価は週初、15日(月)16日(火)急騰後、17日(水)以降
反落に転じ弱含みで週末を迎えました。
週末2/19(金)の日経平均株価と日経平均先物
日経平均 30017.92円▼218.17円 -0.72%
日経平均先物 30180円△140円

本日2/22(月)寄り付き前の日経平均先物が上げ幅を拡大したため
今週のスタートは、再び日経平均先物主導で寄与度上位銘柄
大型株主導の上昇になりました。
毎週(月)は、高くなるのが目立ちますが、本日で4週連続
月曜日は、日経平均株価上昇スタートとなりました。
個人投資家好みの中小型株は、さえないスタートになりましたが
3月にかけて全体相場が買い一巡後は、幅広い銘柄に物色が
広がることに期待します。

決算発表が出そろい、四季報で強気見通しの保有銘柄が
四半期決算のハードルで値下がりしたり、上方修正後上昇に
転じたかに見えた銘柄が、先週末にかけての中小型株の
下落局面の影響を受けたり、含み益の一部が減少しました。
全市場、全銘柄ベースで四半期決算内容を精査する重要な
時期になりました。
4月から始まる来年度の投資に大きく影響を及ぼすため
全銘柄、1から洗い直し作業です。

17日、日本でも新型コロナのワクチン接種が始まりました。
日本での新型コロナウイルスワクチン接種開始をきっかけに
日本経済再開を意識し、市場での物色の変化が目立ちました。
今までコロナにより大きく収益を悪化させていた空運株、電鉄株
レジャー、旅行などの銘柄を中心に売り方の買戻しを加速させ
それに追い打ちをかけて、買い物が入り株価は上昇に転じました。
米国10年債利回りが1.338%と1年ぶりの上昇となり
8306三菱UFJFGなどメガバンク中心に金利差拡大期待の買いが
株価を押し上げました。

期末(年度末)の持ち合い解消売り
毎年年度末にかけて、企業の持ち合い解消売りが市場全体の需給を
悪化させる注意すべき時期です。
コロナによる過剰流動性相場で株価は大きく上昇し、昔から持っている
保有株には莫大な含み利益が発生し、その大きな含み利益を会社の未来へ向けて
有効に投資する大きなチャンス到来です。
年度末の持ち合い解消売りが出た場合、株価は弱含みになります。
この傾向は大型株ほど持ち合い解消売りが出る可能性があるため
3月末までは、需給面で注意が必要です。

年度末までの短期はやや警戒、中長期ではバブル相場に期待。
1,主要国の金融政策に変更の兆しが出ない限り
  過剰流動性相場は続くものと思われる。
2,相場の終焉は、コロナワクチンがいきわたり
  経済回復が見え始めたころと考えます。

2021年半ばくらいまでは、過剰流動性相場は継続し
大不況の株高は持続するものと思われます。


突っ込み待ち
6553ソウルドアウト 
2/1安値1496円直近安値
その後、5連続陽線を引き、7月末の大きな窓埋めになり
2/5高値1860円まで上昇するも、200日移動平均に阻まれ
いったん下押し。
昨年8月以降底練りが続いていましたが、ようやく
トレンドが出てきました。
1600円に近付く場面を待ち伏せ
短期で10%程度利食えるのではないか?
2/16終値1661円
2/17終値1810円
2/18終値1712円
2/22陰線3本引き突っ込み待ちの展開。

突っ込み待ち
6776天昇電気 
医療廃棄物専用容器を手がけることから、新型コロナワクチン
接種に伴い注射器や針の廃棄物が増加するため、同社の
医療廃棄物専用容器の需要が拡大するとの思惑。
電気自動車の普及=車体の軽量化
当社の自動車用プラスチック成型品の需要拡大の思惑。
12/15高値991円まで上昇
買い一巡後12/23安値495円まで下落するも
その後も急騰急落が続いています。
直近レンジ上限 770円水準
直近レンジ下限 1/16安値556円
600円水準、できれば600円割れの突っ込み狙い
春にかけてもう一相場あるのではないか?
このまま終わらないと思います。
2/16安値604円 終値646円
2/18終値602円
2/22 600円を挟んで小動きになりましたが
更なる突込みの待ち伏せ。

今期増額修正
6629テクノホライゾン
1/29増額修正を好感して2/5高値1144円まで買われましたが
直近のインデックス、大型株相場の圏外にあり伸び悩み。
1000円を挟んでの推移 2/16安値996円 終値1004円
1000円を割り込んで下方向に向かうか?
もう一段高となるか?
テーマ性豊富な銘柄ですが、やや癖の悪い銘柄で
四半期決算を好感して上がっても、下方向に押し戻されます。
得に買う銘柄ではありませんが、チャートの勉強になります。
2/17安値939円 今回も癖の悪さで、上昇は継続しません。
下値を探る展開となり、2/19安値930円
これでいったん下げ止まった感触。
今後の短期的な想定レンジ
950円~1080円を想定(2/22)


次回は、2/23(水)15:05 更新予定です。

2021年相場の有力なテーマ
クリーンエネルギー関連、EV関連が中核
DX クラウド、ITサービス、マイナンバー、サイバーセキュリティー
月額課金などのサブスクリプション、eコマース
AI,自動運転、バイオ再生医療、5G,半導体、電子部品
防災国土強靭化、M&A

 
6571QBネットHD (1/20記載)
コロナショック後の戻り高値5/25高値2293円
直近安値1/18安値1336円(上場来最安値)
底練りが続いています。
1336円が大底になるかどうか?
6月決算銘柄のため四半期決算発表時期が重なり
決算を通過しなければ何とも言えないところです。
人はだれしも髪の毛が伸び続けるため
「ヘアカット」はなくならない業種です。
2/18高値1857円 これで短期的な上げ一服を想定

6748星和電機(1/19記載)業績予想下振れ2/15
1/19安値652円 直近のレンジ下限
1/20(水)13:40時点 652円 10:51安値647円
さらに大きく割り込むともう一段安がありますが
全体相場が大きく下がらなければ630円~645円で
短期調整完了か?
1/20(水)13:40時点 652円 10:51安値647円
75日移動平均の攻防
1/22安値641円でいったん下げ止まり
2/8高値723円
2/9安値641円まで下落、これが目先安値になるのではないか
と思われましたが、直近業績予想が芳しくなくレンジ下限値を
割り込みました。
600円水準で下げ止まるか?
20年10/30安値589円

7731ニコン(12/30記載)
10/20安値620円は、コロナショック安値を下回り
直近にかけても底練りが続いています。
2020年高低 1/20高値1397円 10/20安値620円
2019年高低 1/25高値1895円 8/26安値1276円
620円~630円水準から、一定間隔の値幅、日柄を考えて買い下がり
2021年~2022年にかけての戻りメド 1000円
20年12/30大納会終値 651円
2/16高値930円 上昇トレンド継続中

4555沢井製薬(12/23記載)
コロナショック安値3/17安値4585円
本日12/23安値4635円 14:12時点
まもなく底入れになりそうです。
2021年想定戻りメド 1、5300円 2、5700円
20年12/30大納会終値 4680円
2/18高値5030円 直近レンジ上限

7752リコー(12/23記載)
11/6安値625円コロナショック安値を割り込みました。
本日12/23安値660円 14:12時点
目先下値メド11/6安値625円 ここまで下がらずに底入れとなるか?
2021年想定戻りメド 1、760円 2、800円
20年12/30大納会終値 677円
2/17高値975円 戻りを試す展開

4506大日本住友製薬(12/22記載)
コロナショック安値3/19安値1166円
その後の安値10/28安値1180円
2020年高低 1/14高値2191円 3/19安値1166円
2019年高低 3/12高値2987円 9/3高値1661円 
12/22時点で下値を探る値動きとなり、12/22安値1284円
年末年始の突っ込み狙い
2021年想定戻りメド 1、1600円 2、1800円
12/29子会社が抗がん剤で米国ファイザーと契約したと発表
20年12/30大納会終値 1523円
2/8高値1894円 

8593三菱UFJリース(12/16記載)
直近安値10/30安値437円 コロナショック安を下回り底値確認
時価478円換算の予想配当利回り 5.33%
2020年高低 2/4高値728円 10/30安値437円
2019年高低 12/20高値726円 5/14高値494円 
12/11安値466円付近から買い下がり
2021年想定戻りメド 1、580円 2、700円
20年12/30大納会終値 495円 
2/17高値599円 目先上げ一服

8410セブン銀行(12/11記載)
直近安値 12/8安値216円 底打ち感あり
時価218円換算の予想配当利回り 5.05%
2020年高低 1/7高値367円 12/8安値216円
2019年高低 12/17高値364円 2/5高値350円 8/29安値267円
220円以下を買い下がり
2021年想定戻りメド 1、260円 2、290円~300円
20年12/30大納会終値 218円
2/9高値249円

4503アステラス製薬(12/11記載)
直近安値10/29安値1426円 12/8安値1470円
1493円時点での予想配当利回り 2.81%
2020年高低 2/7高値1987円 3/17安値1406円 10/29安値1426円
2019年高低 12/19高値1917円 8/6安値1375円
1480円水準から買い下がり
2021年想定戻りメド 1、1680円 2、1900円~2050円
20年12/30大納会終値 1594円
2/8高値1849.5円


お詫び
ブログ開設以来、いただきました様々なコメントへのご返事を
書き続けてきましたが、最近では両手の指に障害が生じ
ご返事もままならなくなりました。
加えて、大引け後に全市場銘柄の日足チャートのチェックを
2.3時間かけて毎日行っており、時間的な余裕もなくなってきました。
コメントのご返事ができない分、今後は研究している銘柄の一部をブログに
事前にご紹介させていただきます。
よろしくお願いいたします。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (136)
株式日記 (2752)
株式投資 (17)
空売り (1)
未分類 (25)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR