FC2ブログ

2021-04

3月期末の下げ止まりに期待

21年3月25日(木)19:45

日経平均株価
前場
寄付 28457.33(9:00)△51.80
高値 28757.37(11:21)△351.85
安値 28414.92(10:37)△9.40
前引 28707.27(11:30)△301.75
後場
寄付 28683.53(12:30)△278.01
高値 28821.83(14:30)△416.31
安値 28595.76(12:40)△190.24
大引 28729.88(15:00)△324.36 +1.14%

TOPIX
1940.76(9:00)
1962.05(14:33)
1939.73(9:01)
1955.55(15:00)
前日比△26.97 +1.40%

値上がり銘柄数 1925
値下がり銘柄数 228

新高値銘柄数 36
新安値銘柄数 0

騰落レシオ25D 117.6

日経平均25D乖離率 -2.45
TOPIX25D乖離率 +1.02

前日の米国株
NYダウ 32,420.06ドル ▼3.09ドル
ナスダック 12,961.890 ▼265.807
S&P500 3,889.14 ▼21.38
前日の米国株は、主要3指数そろって続落
ハイテク株比率の高いナスダック指数は
2%を超える大幅続落となりました。
欧州で感染力の強い新型コロナ変異ウイルスの感染が拡大し
世界経済の正常化が遅れることが懸念され、前日売りが優勢となった
景気敏感株など中心に買いが広がり、NYダウは朝方からプラス圏での
推移となり、一時上げ幅を364ドルまで拡大する場面がありました。
ハイテク株比率の高いナスダック指数が、下げ幅を拡大するとNYダウは
引けにかけて利益確定売りに押されマイナス圏に沈みました。


東京マーケット 前場
昨日の米国株は主要3指数そろって続落し
ナスダック指数は大幅安となったものの
日経平均株価は昨日までの4営業日で1811.23円
値下がりしており、リバウンド狙いの買いが入り
反発して始まりました。
寄付 28457.33(9:00)△51.80
寄り後、景気敏感株中心に買いが入り246円高まで
上昇しましたが
28652.44(9:15)△246.92
戻りは鈍いと見た海外短期筋が売り物を出し
前日終値に迫る場面がありました。
安値 28414.92(10:37)△9.40
売り一巡後は再び戻りを試す展開となり
前引けにかけて買われ、351円上昇しました。
前日に大きく下落した中国上海総合指数が売り一巡後
上昇に転じたことも支援材料になりました。
高値 28757.37(11:21)△351.85
前引 28707.27(11:30)△301.75

東京マーケット 後場
後場は前引けからの上げ幅を縮めて始まると
直後に伸び悩みましたが、前場に比べ下値は限定的となり
寄付 28683.53(12:30)△278.01
安値 28595.76(12:40)△190.24
買戻しが優勢となり、後場後半にかけて
戻りを試す展開になりました。
416円超値上がりしましたが、期末の売りを警戒する動きから
買い一巡後は引けにかけてやや伸び悩みました。
高値 28821.83(14:30)△416.31

日経平均株価は5営業日ぶりに1%を超える大幅反発して引けました。
大引 28729.88(15:00)△324.36 +1.14%


3月期末まで国内外機関投資家のリバランスを目的とした売りや
金融機関など中心に持ち合い解消売りが出やすく、前日までの
4営業日で1811.23円の大幅下落していた割に戻りは鈍くなりました。
先週の日銀ETF買いにおいて、今後日経平均は買わず
すべてTOPIX型への運用とする政策変更のショック安が
続いています。
日銀政策変更を利用した海外短期筋の日経平均寄与度上位値嵩株売り
日経平均先物売りが、ここまで下がるかといったくらいの短期間の
売り崩しとなりましたが、来週3/29(月)、3/30(火)には
機関投資家による、配当再投資の先物買いが入るため
昨日3/24安値28379.06円、かなりの水準まで売り込まれた感があります。
昨日、本日ともに、下値は75日移動平均が、下値サポートになりました。

25日、バイデン大統領は、就任後初の記者会見に臨みます。
メディアでは、大統領が3兆ドル規模の経済対策を検討中だと
可能性もあり、会見の内容と米国株式相場の動向
そして長期金利が再び上昇に転じないか?
見極める必要があります。
明日も引き続き米国株の動向次第の相場展開となりますが
来週3/29(月)、3/30(火)機関投資家による
配当再投資の先物買いが入る好需給もあり
海外短期筋が再び先物買い主導で買い上がるかどうか
重要な転換期といえます。

昨日の欧州での感染力の強い新型コロナ変異ウイルスの感染が拡大し
世界経済の正常化が遅れることが懸念され一段安しましたが
ドイツ、イギリス、フランス、欧州主要市場はさほど値下がりしておらず
日経平均株価の独歩安となりました。
やはり今回の日経平均株価の大幅反落局面は、日銀の政策変更の
タイミングが悪く、海外短期筋の標的になったための
想定以上の下落と考えます。
3月期末の需給不安の中、買い手不在時に短期筋のまとまった売り物が
ここまで急落を招いた日銀のタイミングの悪さと思います。

3/18高値30485.00円 4営業日後 3/24安値28379.06円
2105.94円の調整、75日移動平均水準
かなりの確率で目先の底値圏と考えます。

4月からは、金融相場から業績相場に移行することに期待します。


4588オンコリスバイオF 3/24 1198円買い
開発中の新型コロナウイルス感染症治療薬「OBP-2011」
変異型コロナウイルスに対する有効性を実験で確認できたと発表
昨日長い下ヒゲを引いての大幅高となったため、本日はさらに
上値を試すのではないか? と期待していました。

4563アンジェス 寄り付き前の発表
カナダのバイオ企業と共同開発している新型コロナウイルス治療薬
「AV-001」の第1相臨床試験で良好な結果を得られたと発表。

4588オンコリスバイオFは、1350円で寄り付き、1365円まで上昇したのちは
上値が重く、これはダメだと判断し成り行きで売りました。
対照的に4563アンジェスは、ストップ高になりました。
まさに期待先行で買いが続かずとなりました。


V字回復予想銘柄1
1518三井松島HD 2/26 1015円買い 順張り
21.3期 営業利益 2憶円予想(四季報新春号)
21.3期 営業利益 14憶円予想(3/19発売四季報春号)
22.3期 営業利益 12憶円予想(四季報新春号)
22.3期 営業利益 29憶円予想(3/19発売四季報春号)
上昇トレンド継続中、上値余地あり
4月、5月相場に期待
直近高値3/22高値1115円

V字回復予想銘柄2
6461日本ピストンリング 2/26 1085円買い
21.3期 営業利益 -14億円赤字予想(四季報新春号)
21.3期 営業利益 -2憶円赤字、赤字減少予想(3/19発売四季報春号)
22.3期 営業利益 12憶円予想(四季報新春号)
22.3期 営業利益 26憶円予想(3/19発売四季報春号)
週足ベースで上値余地が高く、4月にかけて一段高を想定。
直近高値3/23高値1256円

V字回復予想銘柄3
6470大豊工業 2/26 764円買い
21.3期 営業利益  0予想(四季報新春号)
21.3期 営業利益 7憶円予想(3/19発売四季報春号)
22.3期 営業利益 24憶円予想(四季報新春号)
22.3期 営業利益 56憶円予想(3/19発売四季報春号)
4月にかけて一段高を想定。
直近高値3/23高値1169円

V字回復予想銘柄4
6932遠藤照明 3/10平均約定633円買い 
21.3期 営業利益 3.5億円予想(四季報新春号)
21.3期 営業利益 16憶円予想(3/19発売四季報春号)
22.3期 営業利益 10憶円予想(四季報新春号)
22.3期 営業利益 21憶円予想(3/19発売四季報春号)
週足ベースで上値余地があり、4月にかけて一段高を想定。
直近高値3/22高値705円

3989シェアリングテクノロジー 買いコスト250円
1/28安値218円 3/5安値218円
ダブルボトムで底打ち確認。
3/22出来高急増し、275円まで買われ長い上ヒゲを引き
3/23も思惑含みの買いが断続的に入り、283円まで買われる
場面がありました。
12/16高値289円を超え、300円台に乗せると一段高の可能性。
今後の出来高増加が条件。
売り目標1 400円


次回更新は、3/26(金)15:05 更新いたします。

2021年相場の有力なテーマ
クリーンエネルギー関連、EV関連が中核 全個体電池
DX クラウド、ITサービス、マイナンバー、サイバーセキュリティー
月額課金などのサブスクリプション、eコマース
AI,自動運転、バイオ再生医療、5G,半導体、電子部品
防災国土強靭化、M&A

お詫び
ブログ開設以来、いただきました様々なコメントへのご返事を
書き続けてきましたが、最近では両手の指に障害が生じ
ご返事もままならなくなりました。
加えて、大引け後に全市場銘柄の日足チャートのチェックを
2.3時間かけて毎日行っており、時間的な余裕もなくなってきました。
コメントのご返事ができない分、今後は研究している銘柄の一部をブログに
事前にご紹介させていただきます。
よろしくお願いいたします。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (73)
株式日記 (2054)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (19)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR