fc2ブログ

2024-02

短期的には29500円~30,000円のもみ合い

4月13日(火)19:50

日経平均株価
前場
寄付 29605.69(9:00)△66.96
高値 29879.59(11:24)△340.86
安値 29573.79(9:06)△35.06
前引 29848.41(11:30)△309.68 +1.05%
後場
寄付 29838.37(12:30)△299.64
高値 29897.11(12:35)△358.38
安値 29728.11(14:23)△189.38
大引 29751.61(15:00)△212.88

TOPIX
1957.91(9:00)
1971.78(12:35)
1955.89(9:06)
1958.55(15:00)
前日比△3.96 +0.20%

値上がり銘柄数 1110
値下がり銘柄数 975

新高値銘柄数 77
新安値銘柄数 21

騰落レシオ25D 116.2

日経平均25D乖離率 +0.84
TOPIX25D乖離率 -0.41

前日4/12の米国株
NYダウ 33,745.40ドル ▼55.20ドル
ナスダック 13,849.999 ▼50.186
S&P500 4,127.99 ▼0.81
前日の米国株主要3指数は揃って反落
NYダウ、S&P500指数は、先週末最高値を更新しており
利益確定売りが上値を押さえました。
決算発表シーズンを目前に控え、企業業績を背景に
銘柄選別が進んでいます。
主要3指数は揃って高値圏に位置していますが
恐怖指数VIXは、20を割り込んだ水準にあり
株価に対する警戒感はあまりなく、これから本格化する
経済活動再開に向け、銘柄選別が加速する模様。


東京マーケット 前場
前日の米国株主要3指数は揃って反落したものの
日経平均株価は、前日安値引けで29538.73円まで値下がりし
短期リバウンド狙いの買いが入り、反発して始まりました。
寄付 29605.69(9:00)△66.96
安値 29573.79(9:06)△35.06
寄り付き直後伸び悩みましたが、9:15過ぎに
日経平均寄与度上位銘柄が相場をけん引、先物買いが入り
前引けにかけて上値を試す展開になり日経平均株価は
一時340円超上昇する場面がありました。
アジア株が堅調に始まり、下支えになりました。
高値 29879.59(11:24)△340.86
前引 29848.41(11:30)△309.68 +1.05%

東京マーケット 後場
昼休み時間に株価指数先物が上げ幅を広げたことから
後場寄り付き直後にこの日の高値を更新しました。
寄付 29838.37(12:30)△299.64
高値 29897.11(12:35)△358.38
買い一巡後は、米国株時間外株価指数先物が軟調に推移したため
伸び悩みましたが、中国3月の貿易統計で、中国の内需の強さが確認され
相場の下支えになりました。
安値 29728.11(14:23)△189.38

日経平均株価は、反発して引けました。
大引 29751.61(15:00)△212.88

昨日の日経平均株価は、米国株高を背景に寄り付きこそ
3桁の上昇で始まりましたが、大引けにかけて下値を探る展開となり
安値引けとなり、29538.73円で引けました。
4/7以降日経平均は、29,500円に近付くと先物主導で上昇し
30,000円水準では、利益確定売りに押し戻される相場展開になっています。
4月相場は国内機関投資家の多くは、売りからスタートしており
決算発表本格化を目前に、様子見姿勢が強くなっています。
主要国株価は、米国株主導で高値更新しているものの
日本株がこの流れに乗れず取り残されています。

世界的な株高は崩れておらず、間もなく始まる国内企業の
決算内容を選別する流れになる見込みです。

4/13東証1部 25日移動平均 
+乖離銘柄数 783
+10%以上乖離銘柄数 52
-乖離銘柄数 1392
-10%以上乖離銘柄数 13
相場全体の地合いは、軟調さが目立ちますが、決算発表を境に
個別株物色の流れに変化していくものと思われます。

本日全市場時価総額1000億円以上の銘柄のチャートを
一通りチェックしました。
4/12(月)
東証1部時価総額1000億円以上 732銘柄
全市場時価総額1000億円以上 842銘柄
安値圏に位置する一流企業

2229カルビー 
直近安値4/12安値2757円 3/4安値2758円
20年10/2高値3560円

4536参天製薬
直近安値4/12安値1412円 3/5安値1370円
20年9/29高値2216円

4716日本オラクル
直近安値4/12安値10500円
1/21高値14170円

2269明治HD
直近安値4/9安値6900円 2/26安値6760円
20年8/4高値8990円

2212山崎製パン
直近安値4/12安値1710円
2/15高値2145円

8385伊予銀行
直近安値4/8安値617円 3/1安値612円 1/29安値600円
3/19高値755円

9757船井総研
直近安値 4/9安値2081円 3/5安値2083円
20年12/3高値2675円 2/8高値2615円

7564ワークマン
直近安値3/31安値7680円 3/2安値7540円
20年11/9高値9880円 7/30高値10490円

7747朝日インテック
直近安値4/13安値2965円 3/11安値2959円
20年12/30高値3825円 12/1高値3880円


次回更新は、4/14(水)15:05 更新いたします。

2021年相場の有力なテーマ
クリーンエネルギー関連、EV関連が中核 全個体電池
DX クラウド、ITサービス、マイナンバー、サイバーセキュリティー
月額課金などのサブスクリプション、eコマース
AI,自動運転、バイオ再生医療、5G,半導体、電子部品
防災国土強靭化、M&A

お詫び
ブログ開設以来、いただきました様々なコメントへのご返事を
書き続けてきましたが、最近では両手の指に障害が生じ
ご返事もままならなくなりました。
加えて、大引け後に全市場銘柄の日足チャートのチェックを
2.3時間かけて毎日行っており、時間的な余裕もなくなってきました。
コメントのご返事ができない分、今後は研究している銘柄の一部をブログに
事前にご紹介させていただきます。
よろしくお願いいたします。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (136)
株式日記 (2752)
株式投資 (17)
空売り (1)
未分類 (25)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR