fc2ブログ

2023-12

週末の需給悪の状況を見極めて判断

7月7日(水)15:05

日経平均株価
前場
寄付 28262.40(9:00)▼380.81
高値 28434.99(10:40)▼208.22
安値 28161.75(9:02)▼481.46
前引 28363.82(11:30)▼279.39 -0.98%
後場
寄付 28390.86(12:30)▼252.85
高値 28402.04(12:30)▼241.17
安値 28252.03(14:16)▼391.18
大引 28366.95(15:00)▼272.26 -0.96%


前日7/6の米国株
NYダウ 34,577.37ドル ▼208.98ドル
ナスダック 14,663.640 △ 24.315
S&P500 4,343.54 ▼8.80
米国10年債利回り 1.350%
NY原油 73.39ドル
NYダウは5営業日ぶりに反落
6月の米国サプライマネジメント協会(ISM)
非製造業景況感指数が低下、米国景気回復へ不透明感が出ました。
景気敏感株中心に売り優勢となりました。
米長期金利が一時、1.34%まで低下し2月下旬以来の水準ななり
金融株が売られる一方で、高PERのハイテク株や
一部のハイグロース株は底堅く推移し、相場を下支えしました。
ハイテク株比率が高いナスダック指数は3日続伸し
連日の最高値を更新しました。
6月のISM非製造業景況感指数は60.1
前月から3.9ポイント低下、市場予想63.3を下回りました。
サービス業の業況回復ペースが鈍化していることが
相場の重しになりました。
休場明けの米国株安、景気回復不透明感の台頭から
欧州主要国株も売り優勢となりました。


東京マーケット 前場
前日の米国非製造業景況感指数が低下し、景気敏感株中心に売り優勢となり
NYダウが反落し、欧州主要国株もつれ安した流れを受けて
日本市場では買い手不在の中、海外短期筋の先物主導で
海外株安以上に売りが先行して始まりました。
寄付 28262.40(9:00)▼380.81

寄付き時点での米国株先物は、0.1%~0.2%程度の下げで
買い手不在の中、明日、明後日の8000億円規模の需給悪を見越して
短期筋の売り仕掛けが断続的に強まり、一時481円値下がりする
場面がありました。
安値 28161.75(9:02)▼481.46
売り一巡後は買戻しが入りやや下げ渋りましたが
高値 28434.99(10:40)▼208.22
前引けにかけて上値が重く、戻りは限定的になりました
前引 28363.82(11:30)▼279.39 -0.98%

東京マーケット 後場
後場も引き続き日本独自の買い材料に乏しく
前引け水準で始まりました
寄付 28390.86(12:30)▼252.85
高値 28402.04(12:30)▼241.17
後場寄り付き後、短期筋の先物主導で再び下値を探る展開となりました
391円値下がりしました
安値 28252.03(14:16)▼391.18
売り一巡後は買戻しが入りましたが上値は限定的でした

日経平均株価は大幅反落して引けました。
大引 28366.95(15:00)▼272.26 -0.96%


6日発表、6月米国サプライマネジメント協会(ISM)
非製造業景況感指数が市場予想を下回り米国非製造業の
景気回復に不透明感が出ました。
6日発表、5月ドイツ製造業新規受注が市場予想に反し
前月比で減少し景気回復期待に不透明感が出ました。

◎7/8(木)~7/9(金)株価指数連動型ETF決算日
上場投資信託(ETF)の分配金捻出のための売り
決算で分配金を支払うため、必要な資金を捻出しなければならず
7/8(木)~7/9(金)先物と現物株に売りが出る可能性が高まります。
日銀が大量保有するETFの分配金は再投資に回らない見込みで
全体で8000億円規模の売りが想定され需給悪化が懸念されます。
海外短期筋が売り仕掛けを行う可能性が今週の需給不安要因です。
(これは特殊要因による一時的な売りで、短期筋が売り仕掛けを行う可能性)

オリンピック開催を目前に控え、未だに開催内容、観客動員数も
決まっておらず、東京都を中心にインド型変異種ウイルス拡大が
広まっているため、今週末にかけて短期筋の先物主導で
大荒れの相場も覚悟しなければなりません。

1,東京都を中心に一都三県でインド型変異種ウイルスが広がり
 感染再拡大がほぼ確実視されていること
2,目前に開催されるオリンピックパラリンピックの入場者数が
 未だに決まらず、人流の増加による感染加速リスクが不透明のまま
 世界から選手や大会関係者が、多数訪日することへの感染拡大リスク
3,9月の衆議院解散前に8月には「選挙対策のばらまき経済対策」を
 行うことが、プラス材料と見ていましたが、現状の政府菅政権の
 対応のまずさが、選挙敗北のリスクになってきたこと

都のモニタリング会議結果
東京都の新規感染者数は、連日増加傾向にあり感染再拡大は
避けられない見込みです。
都が開催したモニタリング会議結果は、現状の感染ペースが続くと
4週間後の7/28に新規感染者が1000人を超えるとの試算が示されました。
この状況でオリンピックパラリンピック開催となれば
感染者数のさらなる増加への警戒感が高まり、6月上旬にかけて高まった
日本の経済再開期待は、しばらくは難しいものと思われます。

東京都議選は、自民党が第1党に復帰したものの、議席数は伸びず
選挙の行方を大きく左右する無党派層の支持を得られませんでした。
このことは9月と思われる衆議院解散選挙で、自民党の獲得議席減少の
不透明感が台頭し、政局不透明感を最も警戒する海外投資家の
日本株買いが遠のきそうです。

メインプレーヤー海外投資家が、日本株を買わない理由は上記要因が
考えられます。

7/8(木)、7/9(金)の大引けにかけて、合計で8000億円規模の売り物が
自動的に出ることは確実で、それを見越して海外短期筋の
先物売り仕掛けがどのくらいの規模出るか要注目です。


6656インスペック 本日寄付き2356円で手仕舞いました。
今後レンジ下限の突っ込みを再投資します。

9519レノバ 長期保有目的国策銘柄
14:32時点 4945円 △425円 最高値を更新
1/13史上最高値4835円トライの場面は年後半になるのでは
と考えていたところ非常に強い値動きになりました。
目先の値動きは気にせず、このまま保有し続けます。
6517イーレックス 7/7高値2933円 も同様に保有し続けます。

7/8(木)、7/9(金)の大引けにかけて、8000億円規模の売り物が
需給不安を招くため、本日ここであえて買う必要はありませんでしたが
7/9(金)の後場の突っ込みに買う銘柄を考えています。
明日も買いは控え、明後日7/9(金)後場に買う準備を整えることにします。
今晩、明日の米国株が下がると短期筋の売り仕掛けの規模が
大きくなる可能性が高まるため、そのことも十分考慮し
週末のチャンスを見極めます。




次回の更新は 7/8(木)20:00 更新いたします。

お詫び
ブログ開設以来、いただきました様々なコメントへのご返事を
書き続けてきましたが、最近では両手の指に障害が生じ
ご返事もままならなくなりました。
加えて、大引け後に全市場銘柄の日足チャートのチェックを
2.3時間かけて毎日行っており、時間的な余裕もなくなってきました。
コメントのご返事ができない分、今後は研究している銘柄の一部をブログに
事前にご紹介させていただきます。
よろしくお願いいたします。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (95)
株式日記 (2726)
株式投資 (16)
空売り (1)
未分類 (24)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR