FC2ブログ

2021-02

6か月先を考えての投資

6月2日16:15



大暴落後にマスコミや評論家の方々の報道、コメントが多くなりました。

個人投資家の不安をあおる報道も目にします。

皆が大騒ぎするときは、意外と買い場だったりもします。

米国系ヘッジファンドの売りに提灯が付き

信託銀行(年金運用)、生損保までが売ってきました。


売りたい投資家、不安で投げる投資家が一段落するまでは

もう少し荒い相場展開が続きそうです。




今後の株価の行方を考えるには

トヨタ、日立の株価に注目です。


7203トヨタ 6010円 


6501日立 700円


2社ともに、25日移動平均線近辺で持ちこたえています。



6月14日SQまでには今後の見通しが見えてきそうです。

「買い準備」のままスタンバイです。


今は上がるか下がるかの議論をしても仕方のないことです。

ヘッジファンドのくれたチャンスを生かすか、損をするかは

自身の決断の時です。


「ピンチこそチャンス」



安倍総理は「有能な、したたかな政治家」です。

道半ばの政策のまま株安、円高を放置するとは思えません。

私はこの暴落はありがたいチャンスと、前向きに考えています。

トヨタの今期想定為替レートは直近の為替レートより

10%もマイナス乖離しています。

9月中間期はしっかりと増額修正してくるはずです。

そんな株価をとことん売りたたくことはしないでしょう。





コメント

アメリカの行方
外資系、先物を使ってのこのボラの高い動き。
証拠金を吊り上げ、個人に投げさせ、
下げさせ美味しい所は根こそぎ拾ってる動きにも見えます。
半年押し目らしい押し目なく上がってきてのこの暴落、
しかしアメリカ株は史上高値更新の高値圏から大して動いていません。
この高値圏がもう巻き戻しがあっても可笑しくないと思いますと、
連動するだろう日本株も更なる大きな下げもありそうで怖い気がしております。
アメリカはこのままリーマン以前の高値更新も何もととせず上昇しつづけるのでしょうか?
| 2013-06-01 00:00 | 皐月 |


コメントありがとうございます。

今回の大暴落の仕掛け人は米国系のヘッジファンドです。

困ったことに日本の年金運用の信託銀行、生損保が提灯を付けて

利食ってきました。

そして、高値で買った個人投資家が大量の投げ玉を出して

歴史的な大暴落になりました。


その後も追証発生で、目いっぱい信用で建玉を持っていた方は

総投げ状態です。


週末にNYダウが200ドルを超える下げになり

(月)は先物売り主導で始まりそうです。

米国は金融緩和の出口戦略転換の時期が噂され

その反面、シェール革命による資源大国になる将来性

などが交錯して、高値圏で推移しています。


米国株との連動性の高い日本株は、米国株に何かあれば

一緒に下がりますが、そのことよりも

中国のシャドーバンキングの問題もあります。


6月以降の相場展開に不安があるようでしたら

現金ポジションを高めることです。

6月、7月先行き不透明な時期でもあります。

米国市場も調整に入る可能性はありますが

現時点では五分五分ぐらいかと思います。






素人にはわからない
おはようございます。
荒い相場が続いてますね、

今朝も起きたらNY大変なことに(T-T)
これでは素人は怖くて、
月曜投げちゃいますね

勘やニュースだけでは、勝てない
のをつくづく痛感してます。
ホント個人から根こそぎ奪おうって
ミエミエです。
選挙までまだありますから
ファンドや大口投資家の考えのさきよみ
(笑)
絶対無理ですね
アルゴには叶わない!

チャートに忠実に
儲けそこないはよしとして

と常に工藤さんの言葉

を繰り返し

参戦します、

ちょっと前に
東芝、新日鉄の
押し目狙ってますが、この乱高下で全然わからなくなってしまいました。

日曜の指数表マッテマス


| 2013-06-01 08:46 | 星香 |


コメントありがとうございます。

調整は、値幅、日柄で判断します。


5月23日高値

日経平均株価 15942.60円

TOPIX 1289.77

5月30日安値

日経平均株価 13555.66(14:44)

TOPIX 1129.07(14:44)


日経平均平均株価は、立会日数6日で15%の下落 ▼2386.94円

TOPIXは、立会日数6日で12.6%の下落 ▼160.7


値幅的にはかなり良いところまで来ました。

あとは日柄調整です。

これだけ大きな下げでしたが、6月14日SQまでは

米国系ヘッジファンドの売り仕掛けへの注意が必要です。

もうひと押しありそうです。

5401新日鉄 250円割れ

6502東芝 470円割れ

そのあたりがあれば買う価値はあります。

投げ玉を拾って儲ける時期が来そうです。

不安のあまり持ちきれなくなって投げる玉を拾う人は

逆に儲かるものです。

最近は「株を買いたい個人投資家」がいなくなりました。

そのような不安な時にチャンスはあるものです。

半年後に上がりそうな銘柄は輸出関連企業から出そうです。

今週のことを考えて不安になるよりも

6か月先のことを考えることが大切です。




いつもありがとうございます。
お陰様で落ち着いて投資出来て感謝しております。
前に東京電力の空売りについて質問しましたが
その後の動きを見ると無謀に空売りしなくて良かったです。
今後もよろしくお願い申し上げます。

| 2013-06-01 11:37 | リン |


コメントありがとうございます。

電力株の空売りはしなかったのですね。

上げ相場で空売りをしてはいけないことは

「株式投資勝利の法則」の基本です。

今後も株価のトレンドを学んで

ぜひ勝ち組投資家になってください。

個人投資家でもやり方次第では

外国人投資家、機関投資家に勝つことができます。

1年中売買を繰り返すのではなく、1流株の安いところを仕込み

過熱したところを確実に利食うことが大切です。

資金と心の余裕がない時、迷った時は、何もしないことです。

儲けそこなっても良いのです。

いくらでもチャンスはやってきます。






アベノミクス相場に勝つ
投資家向けの教材『相場格言名言大全800』をINFOTOPで販売開始しました。
アベノミクス相場に勝つ為の相場格言・名言を800件以上収録した、
トレーダー必見の投資必携書と考えております。

下記ホームページを是非ご覧頂ければ幸いです:
http://www.geocities.jp/tanakas44_0425

アベノミクス相場に勝つための羅針盤は、古今東西を通じて幾百年の風雪に堪えた
人間心理の不変性を言い表わした相場格言や名言であり、
■ 相場で勝ち続けている時
■ 相場で負け込んでいる時
■ 相場の判断に迷った時 など
投資行動の意思決定を行う上で相場格言は、“相場の教え、 諭し・戒め”は、どれもこれもトレーダーの目線に立った
「目から鱗が落ちる」内容で相場に必見、必携書、座右の書となります。

“相場の神髄は格言・名言にあり”と言われるように、相場格言には相場の道理と取り組みの極意が
永年語り継がれ、正に相場の奥義である。
多忙な全ての投資家、トレーダーさん、ミセス・ワタナベさんが、日々活用できるデジタル相場格言・名言集です。

貴ブログに本資料をPR或いはアフィリエート頂ければ、お互いWIN-WIN関係格言の構築になろうかと存じます。

| 2013-06-01 15:24 | tanakas |


ぜひ拝見させていただきます。

せっかく良いお話をいただいたのですが

私自身が全く欲のない世捨て人ですので

PR、アフィリエートはご辞退させていただきます。

今後のご成功心よりお祈り申し上げます。

ありがとうございます。






本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日の大引け前に更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」











コメント

自動車関連

いつもお世話になっております。

自動車関連としてトヨタやホンダやデンソーやケーヒンの押し目を狙っていましたが、
最近の乱高下ですっかり混乱してしまいました。
工藤様はいくらぐらいを狙うべきとお考えでしょうか?
ご教示頂けると幸いです。

よろしくお願いいたします。

コア銘柄

バブルのコア銘柄ということで野村やみずほを買い下がっているのですが、
どのあたりまで買い下がるべきでしょうか?またはどのあたりで待ち伏せるべきでしょうか?

野村やみずほとは別にインフラ関連のコア銘柄ということで日立に注目しているのですが、
これもいくらぐらいで待ち伏せるべきでしょうか?

指数表

こんばんは。
プロのとても真似のできない相場観を聞かせていただき感謝しております。

最近は個別の話が多いので指数表に関しての記事も期待しています。

そこでお尋ねしたいのは、
去年の4月の天井啓示した指数の内容を今年の上昇相場では
既に指数の内容は超えていると思われるのですが、指数は天井を示さないのは
なぜか?

もしその相場によって値を変えるならば、一般的に考えるテクニカルの固定観念の
打破になると思うのですが。。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/224-28d40993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (73)
株式日記 (2023)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (19)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR