fc2ブログ

2024-03

参考銘柄

11月23日(火)16:45配信 日本市場は休場 

株式投資勝利の法則をご愛読いただき御礼申し上げます。
この度、以前から悪化していた「大動脈弁狭窄症」の手術を
受けることになりました。
11/24(水)入院
11/27(土)手術の予定となりました。
2週間くらいの入院予定です。
ブログは、11/23(火)更新後、しばらくお休みさせていただきます。
12/8(水)で入院後2週間ですので、このあたりで通常通りの
ブログの更新ができる予定です。
今後ともよろしくお願いいたします。

本日はチャート野勉強になる銘柄をご紹介いたします。
注:米国株が崩れないことが前提条件です。

◎参考銘柄一覧
順不同

ボックス相場
6622ダイヘン
国内シェア首位の小型変圧器、大型変圧器、制御通信機器、溶接機器ロボット
プラズマ電源など半導体製造関連機器などへ多角化。
好業績で安定感のある企業です。
株価は典型的なボックス相場です。
レンジ下限 4500円前後
レンジ上限 5000円~5200円
2021年高低 9/17高値5250円 3/5安値4330円

4088エアウォーター
産業ガス2位、医療用酸素で首位
2020年11月以降、株価は1800円を挟ん差水準での推移が続いています。
業績が安定しているため、全体相場の急落暴落がなければ株価の変動は
少ないといえます。
レンジ下限 1650円前後
レンジ上限 1900円前後
2021年高低 3/22高値2104円 7/9安値1597円

7726黒田精工 
精密加工技術生かした直動関連機器、精密金型
ボールネジや金型などが主力。
11/12増額修正後株価は反落
今後の想定レンジ
レンジ下限 1900円~1950円
レンジ上限 2400円前後
2021年高低 7/28高値3165円 3/5安値1410円

3962チェンジ 
地方自治体企業のDXを支援
18年11月にふるさと納税サイトを運営するトラストバンクを買収
コロナショック安値20年4/3安値585円から切り返しに転じ
大相場になり、9/28高値6390円まで上昇 天井形成後
直近まで調整が続きました。
11/11安値1824円で大底確認
11/22高値2557円まで切り返しに転じました。
11/16の大陽線の高値2319円 この水準の押し目待ち
2500円~2700円水準の戻り売りが少ないため
このまま一段高になる可能性も高く、その場合は深追い厳禁

3446ジェイテック 
研究実験施設向け高精度X線集光ミラーと各種自動細胞培養装置が
収益の柱 2018年2月IPO
2018年3/5高値13490円 その後コロナショック時安値3/17安値1652円
コロナショック後
20年10/7戻り高値4910円
直近安値10/5安値1962円
22年6月期予想EPS25.6円
23年6月期予想EPS63.2円
黒字が定着し、収益が伸びるかがカギになります。

8140リョーサン 
独立系半導体商社の大手、ルネサスエレ製が主力
車載向けは、ルネサス火災の影響を受けたものの増益予想。
11/18安値2200円 10/14安値2147円 8/23安値2063円
下値が切り上がっています。
レンジ下限 2200円
レンジ上限 2400円~2500円
2021年高低 3/17高値2507円 1/4安値1857円
昔から地味な会社ですが、BPS3824円 利益剰余金570億円
内容の良い企業です。
週足、月足、で株価位置を確認してください。

2929ファーマフーズ 
卵黄由来のサプリや化粧品通販が主力
機能性素材ギャバは乳酸菌による発酵法の生産技術を確立し
グリコ、日ハム、明治等が国内主要取引先。
国立がん研究センターとの治療薬開発が進む。
広告宣伝と研究開発費増で営業益横ばい圏予想で
株価は横ばいが続いています。
かつて、1000円以下の水準で手がけましたが
4/20高値3820円まで上昇するとは思いませんでした。
「株価は中途半端な水準」
以前は、年前半で集中して広告宣伝費をかけ1Q、2Qは
業績低迷で、期末にかけて収益が拡大するパターンでしたが
業績が伸び収益が拡大したため、1年を通して広告宣伝を行っています。
次の四半期決算は12月、予想値に届かない場合は下振れする可能性があり
ここでの押し目買いは禁物です。
2021年高低 4/2高値3820円 安値1/8安値1877円 

6038イード 
Webサイトを多数運営
典型的なレンジ内での商い
レンジ下限 800円水準
レンジ上限 900円水準
2021年高低 

6101ツガミ 
小型自動旋盤の首位
50年近く前、倒産の危機にあった同社は、再建の神様
大山梅雄氏により見事に再建され、収益力の高い企業になりました。
学生時代に大きく稼がしていただいた銘柄で、今も株価をチェックしています。
レンジ下限 1460円
レンジ上限 1700円
2021年高低 9/15高値2023円 3/4安値1452円

3906ALBERT 
AI技術用いたビッグデータ分析主体
SBI系の持分法適用会社
2015年話題のIPO銘柄
18年11/29高値」16730円 4/2高値15700円
コロナショック安値20年4/6安値2800円
レンジ下限 4500円
レンジ上限 5200円
2021年高低 1/25高値7490円 8/18安値4180円
2022年2月の決算発表のハードル 内容次第

6969松尾電機 
コンデンサー大手 自動車用主力でデンソー向け3割強
自動車の生産回復で想定上回る拡大。
レンジ下限 11/11安値883円
レンジ上限 1100円
22/3期、23/3期連続増益予想、9/15高値1444円トライの可能性も。

5401日本製鉄 
9/14高値2381円形成後、調整局面
全体相場が崩れないことを前提に1800円水準が短期底値圏か?
11/4高値2120円トライから、2200円相場へ期待
海外投資家の介入待ち

5411JFEHD 
9/7高値1950円形成後、調整局面
直近安値1376円 7/9安値1227」円までは下がらない見込み。
1300円~1330円の突っ込み待ち
その場合の売り目標1700円~1800円
海外投資家の介入待ち

以上、チャートの勉強にお使いください。
見ている銘柄多数ありますが、この続きは退院後ブログ再開時に
ご紹介いたします。




「主要国株は高値圏」来年は米国テーパリング後の利上げ懸念に要注意
米国株 NYダウ、ナスダック指数、S&P500指数 最高値水準を維持
欧州市場 ドイツDAX、フランスCAC40 最高値水準を維持
イギリスFTSETM100高値水準を維持
今後も米国株が、大崩れしない限り底堅さは続きそうです。

「短期的には楽観、中長期では警戒」米国株次第
日経平均、TOPIXの日足チャートは、ともに高値が切り上がっていて
良い足取りになっています。
米国株や外部要因次第では、いったん押しが入るかもしれませんが
米国株が崩れなければ、再び30,000円の大台にトライする場面がありそうです。
しかし、インデックスの株価位置を見ると8合目以上の位置にあります。
個人投資家は、高値圏では、徐々に現金比率を高めるべきと考えます。
現時点ではまだ早いですがいつの時代も高値圏に迫った時は
「備えあれば患いなし」です。

◎2022年相場は、米国利上げ観測浮上により、波瀾に注意
2021年高低 9/14高値30795.78円 8/20安値26954.81円 上下幅3840.97円
2020年高低 12/29高値27602.52円 3/19安値16358.19円 上下幅11244.33円
2019年高低 12/17高値24091.12円 1/4安値19241.37円 上下幅4849.75円
2018年高低 10/2高値24448.07円 12/26安値18948.58円 上下幅5499.49円
2017年高低 11/9高値23382.15円 4/17安値18224.68円 上下幅5157.47円

2021年相場は、短期筋主導で短期的には上下波動ともに、荒れた相場になりましたが
大暴落はなく、現時点での日経平均上下幅はわずかに3840.97円にとどまっています。
通常日経平均の上下幅は、5,000円水準ですが、今の株価水準29,000円台後半の率にすると
6,000円~7,000円水準になるかと思います。
昨年のコロナショック暴落は、100年に1度といわれる異常な事態でしたが
トランプ政権下2018年のクリスマスの暴落時、12/26安値18948.58円
この株価水準の時でも上下幅5499.49円ありました。

2022年相場は、米国のテーパリング終了後の金利引き上げが意識される年です。
現時点で、日経平均株価の上下幅を予想しても仕方ありませんが
年間の上下幅6,000円として考えると
日経平均 32,000円~26,000円
日経平均 31,000円~25,000円
日経平均 30,000円~24,000円
年間の上下幅5,000円として考えると
日経平均 32,000円~27,000円
日経平均 31,000円~26,000円
日経平均 30,000円~25,000円
上記のようなレンジになります。

◎個人投資家の堅実な銘柄選びのポイント
コロナによって多くの企業が収益悪化に苦しんでいます。
四季報秋号を見ると以下の項目が多くの銘柄に記載されています。
◎継続前提に重要事象 113銘柄
◎継続前提に疑義注記 32銘柄
一般の個人投資家は、これら銘柄への投資は、リスク管理の観点から
売買を控えるべきです。

お詫び
ブログ開設以来、いただきました様々なコメントへのご返事を
書き続けてきましたが、最近では両手の指に障害が生じ
ご返事もままならなくなりました。
加えて、大引け後に全市場銘柄の日足チャートのチェックを
2.3時間かけて毎日行っており、時間的な余裕もなくなってきました。
コメントのご返事ができない分、今後は研究している銘柄の一部をブログに
事前にご紹介させていただきます。
よろしくお願いいたします。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (140)
株式日記 (2754)
株式投資 (17)
空売り (1)
未分類 (25)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR