fc2ブログ

2022-05

米国長期金利上昇

2022年1月5日(水)14:10

前日1/4の米国株
NYダウ 36,799.65ドル △214.59ドル
ナスダック 15,622.719 ▼210.080
ナスダック 4,793.54 ▼3.02 
米国10年債利回り  1.651% 
NY原油  76.85ドル

前日の米国株 NYダウは、続伸し最高値を更新。
ハイテク株比率の高いナスダック指数、ナスダック指数は反落。
新型コロナウイルスの感染が拡大しても米国経済の回復期待から
景気敏感株を中心に買わました。
長期金利が一時1.68%まで上昇し、昨年11月下旬以来の水準になり
金融株が買われた半面、高PERのハイテク株、グロース株が
利益確定売りに押されました。


1/5(水)東京マーケット
前日大幅高で反発した日経平均株価は、本日は小幅に反落して始まりました。
TOPIXは、続伸して始まり、TOPIX寄与度上位銘柄トヨタ自動車は
買い気配で始まり、4%を超える大幅高で続伸しました。
前日上昇のけん引役の一角半導体関連株に売りが目立つ一方
自動車株など大型株の上昇が相場を下支えしました。
トヨタがここまで上昇する背景には、海外投資家の新規資金が
流入していることは間違いなく、国内勢の買いも誘った模様。

昨日に続きトヨタなど自動車関連株中心に主力大型株が買われた一方
マザーズ指数は、前場時点で12/21安値942.64を割り込み大陰線を引きました。
前引け 938.65(11:30)▼38.09 -3.90%
その後後場にかけて、マザーズ指数の下げ幅は拡大。

昨年12月記録的なIPOラッシュにより、多くの個人投資家は保有株を売って
IPO銘柄に乗り換えるための換金売りを行いましたが、IPO銘柄が不発に終わり
保有株の売りと新たに買ったIPO銘柄の大幅下落により、ダブルパンチになった例が多く
しばらくマザーズ指数や小型株軟調が続く可能性があります。
今から海外投資家の買っているトヨタを買うのではなく、異常値まで叩き売られた
良い銘柄があるため、指標銘柄トヨタ自動車はじめ自動車関連銘柄の値動きを見ながら
異常値まで売り込まれた良い銘柄の突っ込みを待ちます。
「谷深ければ山高し」
最悪の需給悪を乗り越えれば、それなりの戻りは期待できると考えます。


4258網屋 1/5記
セキュリティ関連の自社ソフトやサービス開発
データセキュリティ事業ではログ管理ソフトが主力商品で
外部からのサイバー攻撃検知やテレワーク下での労務管理などで活用
公募価格 1,970円
12/22初値 2100円 12/23高値2388円 1/5安値1601円


4935リベルタ 12/30記
ベビーフットなどコスメを筆頭にトイレタリー、機能性アパレル、ミリタリーウォッチ
健康美容雑貨、アスリート向け加工食品などを独自に企画し、国内外の協力工場で
ファブレス生産し60か国以上に輸出販売を行う。
売上 営業益 経常益 純益 EPS 単位百万円(EPS円単位)
連21.12予 5,400 300 300 180 60.7
連22.12予 5,900 360 360 250 84.3
2020年IPO銘柄 20年12/27高値2159円
その後長期にわたり下降トレンドが続き、12/27安値675円
12/29安値675円 このあたりが底値圏と見ました。
今後の予想値どうりに進捗すれば
下値メド 675円水準(年初米国株が急落しないことを条件に)
戻りメド1 800円
戻りメド2 900円

7817パラ マウントベッドHD 12/22記
医療、介護用ベッドでシェア7割
売上 営業益 経常益 純益 EPS 単位百万円(EPS円単位)
連21.3  87,171 11,582 13,461 8,611 148.2
連22.3予 85,900 12,600 13,400 9,250 159.1
連23.3予 86,000 12,700 13,500 9,450 162.5
年初来高値」2498円 その後調整局面に入り、6/21安値1907円で下げ止まり
9/17高値2355円まで上昇したものの、直近にかけて再び下値を探る相場展開。
12/14安値1878円年初安値更新
今後の短期想定レンジ 1900円~2200円
2022年1/4 4連続陽線を引き、11/29安値1891円 12/14安値1878円 
ダブルボトム形成を想定。
1/5高値1998円

7039ブリッジインターナショナル 12/22記
電話やメールで行う非対面型営業(インサイドセールス)で
法人営業を支援するサービスを展開
買収の研修事業(今期売上15億円、営業益1.4億円)上乗せ
連20.12  3,646 438 441 293  82.7
連21.12予 5,700 600 600 430 115.8
連22.12予 6,700 800 800 570 153.5
6月以降横ばいトレンドが続き、11/22高値3300円まで買われ年初来高値を更新。
その後のオミクロンショックの影響を受け12/21安値2512円まで値下がりしました。
短期的な想定レンジ 2400円~2800円
注:米国株急落がないことを前提に
2022年1/4 再び75日移動平均を割り込み、弱含みになっています。
1/5安値2455円

4461第一工業製薬 12/21記
凝集剤、合成糊料など工業用薬剤首位。技術力に定評
売上 営業益 経常益 純益 EPS 単位百万円(EPS円単位)
連21.3  59,140 4,485 4,314 2,563 252.0
連22.3予 62,000 5,500 5,200 3,700 363.3
連23.3予 65,000 5,800 5,500 3,900 383.0
2021年高低 1/7高値4510円 12/21安値2960円
明日以降の全体相場が急落しないことを条件に
12/1安値2977円 12/21安値2960円 ダブルボトムの可能性
戻りメド1 3,500円~3,700円
戻りメド2 4,000円~4,200円
2022年1/4 75日移動平均が戻りを重くしました。

3933チエル 12/20記
学校教育向けICT事業が柱
23年3月期も学習部門の安定成長が続く見込み
売上 営業益 経常益 純益 EPS 単位百万円(EPS円単位)
連21.3  4,082 513 490 360 46.6
連22.3予 4,450 570 570 400 52.8
連23.3予 4,790 620 620 440 58.1
コロナ後高値20年6/17高値2720円(修正株価)
その後本格調整局面となり、12/17安値979円
完全に底入れした感触はなく、もう一段下に突っ込んだところを待ち伏せ
買い目標 950円前後
売り目標1300円~1400円

1842年創業の名門企業
2531宝HD 12/17記
清酒・焼酎、みりん最大手 傘下に宝酒造とタカラバイオ
売上 営業益 経常益 純益 EPS 単位百万円(EPS円単位)
連21.3  278,443 21,595 21,929 10,574 53.5
連22.3予 291,000 36,000 36,400 17,300 87.5
連23.3予 285,000 30,000 30,500 14,500 73.3
国内酒類は原料高騰響くが、海外は業務用回復想定超、家庭用も販路拡大。
9/18高値1642円 9/30高値1635円 10/18高値1623円 11/4高値1629円
高値圏で推移していましたが、11/4以降陰線が続き、19陰線 3陽線
オミクロンショックもあり、12/2安値1180円で底値圏に到達した模様。
12/2安値1180円 12/20安値1190円 ダブルボトム形成の感触
全体相場が大きく崩れないことを条件に今後の想定レンジ
レンジ下限 1180円前後 12/2安値1180円
レンジ上限 1400円~1500円
次の決算発表のハードル2022年2月上旬
予想配当利回り 2.31%

アフターコロナ関連
8233高島屋 12/17記
東京、大阪など全国展開する老舗百貨店
売上 営業益 経常益 純益 EPS 単位百万円(EPS円単位)
連21.2  680,899 -13,496 -13,637 -33,970 -203.7
連22.2予 764,000  6,000  6,000  2,300  13.8
連23.2予 830,000  16,000  16,000  9,000  54.0
2021年高値6/9高値1388円 その後75日移動平均が直近にかけて下向き
下値模索の場面は、オミクロンショック時安値12/2安値977円で下げ一服感
世界に広がっているオミクロン株が、今後日本に広がるかどうかには要注意
全体相場が大きく崩れないことを条件に今後の想定レンジ
短期的下値 977円前後 直近安値12/2安値977円
戻りメド1 1200円
2月にかけて、日本国内でオミクロン株感染拡大になるかが焦点。
1/5高値1102円

万年バリュー株
1332日本水産 12/22記
水産大手 冷食など食品比重大 国内・南米で養殖 傘下に日水製薬
売上 営業益 経常益 純益 EPS 単位百万円(EPS円単位)
連21.3  656,491 18,079 22,750 14,452 46.5
連22.3予 673,000 24,500 28,000 17,000 54.6
連23.3予 690,000 26,500 30,000 18,000 57.8
9/27高値666円 10/14高値689円 11/8高値683円
三尊天井形成後反落、12/14矢っすね521円で下げ止まるかどうかは
今晩のFOMCを受けての明日の日本株の動向を見なければ分かりませんが
値ごろ感が出てきました。
全体相場が大崩れしないことを前提に
短期的な下値メド 500円~521円を想定
1/4高値558円 25日移動平均回復






次回更新は、1月6日(木)20:00までに更新させていただきます。

◎2022年相場は、米国利上げにより、波瀾に注意
2021年高低 9/14高値30795.78円 8/20安値26954.81円 上下幅3840.97円
2020年高低 12/29高値27602.52円 3/19安値16358.19円 上下幅11244.33円
2019年高低 12/17高値24091.12円 1/4安値19241.37円 上下幅4849.75円
2018年高低 10/2高値24448.07円 12/26安値18948.58円 上下幅5499.49円
2017年高低 11/9高値23382.15円 4/17安値18224.68円 上下幅5157.47円

2021年相場は、短期筋主導で短期的には上下波動ともに、荒れた相場になりましたが
大暴落はなく、現時点での日経平均上下幅はわずかに3840.97円にとどまっています。
通常日経平均の年間の上下幅は、5000円前後です。
昨年のコロナショック暴落は、100年に1度といわれる異常な事態でしたが
トランプ政権下2018年のクリスマスの暴落時、12/26安値18948.58円
この株価水準の時でも上下幅5499.49円ありました。

2022年相場は、米国のテーパリング終了後の金利引き上げが意識される年です。
現時点で、日経平均株価の上下幅を予想しても仕方ありませんが
年間の上下幅6,000円として考えると
日経平均 32,000円~26,000円
日経平均 31,000円~25,000円
日経平均 30,000円~24,000円
年間の上下幅5,000円として考えると
日経平均 32,000円~27,000円
日経平均 31,000円~26,000円
日経平均 30,000円~25,000円
上記のようなレンジになります。

◎個人投資家の堅実な銘柄選びのポイント
コロナによって多くの企業が収益悪化に苦しんでいます。
四季報秋号を見ると以下の項目が多くの銘柄に記載されています。
◎継続前提に重要事象 113銘柄
◎継続前提に疑義注記 32銘柄
一般の個人投資家は、これら銘柄への投資は、リスク管理の観点から
売買を控えるべきです。

お詫び
ブログ開設以来、いただきました様々なコメントへのご返事を
書き続けてきましたが、最近では両手の指に障害が生じ
ご返事もままならなくなりました。
加えて、大引け後に全市場銘柄の日足チャートのチェックを
2.3時間かけて毎日行っており、時間的な余裕もなくなってきました。
コメントのご返事ができない分、今後は研究している銘柄の一部をブログに
事前にご紹介させていただきます。
よろしくお願いいたします。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (74)
株式日記 (2313)
株式投資 (7)
空売り (1)
未分類 (23)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR