FC2ブログ

2021-02

7月相場は正念場

6月28日16:05



今週は中国リスクに振り回され、相場にとって大きな流れは

変わっていないのですが

本日はドレッシング買いだけではなく、ヘッジファンドが

動いてきました。

ヘッジファンドの円売りドル買い、日本株買いです。

板が薄いのも手伝って大きく上がりました。

米国系ヘッジファンドの力の大きさには感服しました。

この上昇が期末特有なものか?

来週(7月)以降の相場に期待したいところです。


昨日も書きましたが、月足チャートが面白い形になってきました。


25日ぶりに25日移動平均乖離率がプラス乖離しました。

75日移動平均乖離率もプラス乖離しました。


5/23高値から日本株を売りたたいたヘッジファンドが買い転換

それがいつまで続くのか?


米国QE出口戦略の行方、中国リスクも終わっていません。

外部要因の影響を受けやすい日本株にとって

7月相場は正念場になります。




前引け

日経平均株価

13383.92(9:00)

13648.81(11:36)

13354.70(9:10)

13648.81(11:36)

前日比△435.26 +3.3%



TOPIX

1112.79(9:00)

1134.42(11:22)

1111.55(9:01)

1133.66(11:30)

前日比△34.83 +3.2%



寄付きは前日のNY株高、円安の流れで買い先行で始まりました。


9:45以降 円は、対ドル、対ユーロで一段と円安方向に振れる。

9:57 日経平均 13516.43円 △302.88円


上海総合が堅調なことで先物にまとまった買い物が入り

前引けは高値引けで引けました。



大引け

日経平均株価

13383.92(9:00)

13724.44(14:37)

13354.70(9:10)

13677.32(15:28)

前日比△463.77 +3.5%



TOPIX

1112.79(9:00)

1139.76(13:21)

1111.55(9:01)

1133.84(15:00)

前日比△35.01 +3.2%





後場も外国人買いが入り堅調に推移

調整していた金融不動産を中心に全面高




先日ブログに書きましたが、

「大底買い」ではありませんので不本意ですが

今年初の「買い出動」しました。

10銘柄指値をして6銘柄買えました。

指値は6/20大引け時に決めた値段で

それ以上は1円も上げませんでした。

たとえ数円違いで買い逃しても良いのです。

儲けそこないは一切気にせず、過ぎたことは忘れます。

過去を振り返っても仕方ないことです。

次のチャンスで儲ければよいのです。



6/21約定分

5802住友電工 1120円 売り目標1400円以上

6501日立 620円 売り目標780円以上

7267ホンダ 3420円 売り目標4200円以上

7751キャノン 3165円 売り目標4000円以上

8031三井物産 1199円 売り目標1500円以上


6/25約定分

8058三菱商事 1685円 売り目標 2000円以上


本日は、日経平均株価13677.32円 △463.77円

目先の戻しは外国人投資家次第ですが

13600円台では底値付近ではありません。

上値を買えば買うほどリスクは増大します。

もう1度下がる可能性も否定できず、上値を追いかける行為は危険です。

腕に覚えのある投資家以外は高値を追う順張り投資は控えるべきです。

株式投資初心者は、年に1度~2度のチャンスで買うことをお勧めします。


情けないことにこの国の株式相場は、1にも2にも外国人投資家次第です。






コメント
毎回コメントに対する返答ありがとうございます。

本日結果的にあがったものの何か内部要因があったわけでもなく、

新高値銘柄数8、新安値銘柄数78とすっきりしなく、なんだか不穏なものを感じています。

中国の問題も解決したわけでなく、ドル円も円安に向かっているわけでもないので

初心者ができることはBOX圏の下で少し買っておくか、

それすらも不安ならポジション0で様子をみるといったところでしょうか?

また、本日ちょっとびっくりしたのは日立が安値608をつけたことです。

なにか悪材料みたいなものがでたのでしょうか?

最近日立の動きが大きいような気がします

| 2013-06-27 20:44 | toki |


コメントありがとうございます。

とりあえず、中国株、アジア株が落ち着き、米国株も堅調

為替も落ち着きひとまず底割れを回避できたようです。

6月は海外ファンドの銘柄入れ替えの時期でもあります。

7月が正念場になります。

現在12:36 日経平均△427.69円上がるのは結構なことですが

単なるドレッシング買いとは思えません。



大きく上昇するということは、メインプレーヤーの外国人投資家が

買っているということです。


日立は大きな材料もなく、銘柄入れ替えによる外国人投資家の売りだと思います。

これは一過性のもので心配はいりません。






いつも参考にさせて頂いています。
工藤様の10銘柄に不動産株が含まれておりませんが、

まだ下値があると見ているのでしょうか?

三井不動産や三菱地所はいち早く調整に入り、

6/21に底値を付けたように見えるのですが、

参考までお考えをお聞かせ頂けたら幸いです。
| 2013-06-27 21:11 | Tommy |


コメントありがとうございます。

おっしゃる通り6/21~6/25で底が入ったことは間違いないでしょう。

10銘柄に証券、不動産が入っていないのは、

「株式投資勝利の法則入門編講座」受講の方の大半が初心者の投資家です。

大手不動産、大手証券は中国リスクで、万が一のさらなる暴落があった場合には

初心者にはリスクが大きいので除外しました。


証券、金融、不動産株は調整が終わり、外国人買いが入り底打ちしたようです。

あとはどこまで戻るかです。

為替と外国人投資家次第です。

大手不動産と連動するのは、9020JR東日本です。






本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、7/1(月)16:00ごろに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

コメント

政府PKO

いつもわかりやすく明快な解説をありがとうございます。

さて。政府PKOの噂についてお伺いします。

「参議院選後にアベクロバブルの第2幕」という読みもある一方、「安倍政権としては参院選までに株価を上げなければ意味がない」という声もあり、「だから政府は、選挙にあわせてPKOを仕掛けてくるのではないか?」との噂を聞いたことがあります。

実際、6月初旬の連日暴落の局面では、政府が年金機構を動員したりして、12860円、続いて12660円に「防衛ライン」を敷いて底割れを食い止めた、という人もいます。そして、7月はPKOにも性根を入れ、参院選の投票日まで尻上がりに日経平均を高値誘導すべく、年金と郵貯の2大ファンドでやるのでは、という観測です。

私には板を読んだり、チャートを分析したりする能力がありませんので、この噂が本当かどうか確認するすべがありません。工藤先生の見立てでは、外資系に加えて、政府系のファンドが動いている様子はありますでしょうか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

もう1度今から買うとしたら

いつもお世話になっております。
チャイナリスクに怖がってしまい、金曜日に、購入した三井物産を売ってしまいました。
これから下がった時に購入するとすれば再度三井物産なのでしょうか?(もう下がらないかもしれませんが・・・)
個人的には丸紅が意外と調整中で今からでも遅くないように感じられますがいかがでしょうか?
P.S.やはり場中で値段を見ると値動きが激しく、大切なお金を減らしたくないのでつい売りたくなってしまいます。我ながら情けない次第です。トホホ

中国資本のファンドについて

中国資本のファンドについて話があがったりしていますが、実際はどうなのでしょうか?
実際の影響力やこれからの動きなどが気になっています。アメリカのように大株主になって経営にも影響力を持つようになってくるのでしょうか?また、このファンドの動きと中国リスクは関係したりするのでしょうか?

いつも参考にさせていただいております。

金曜日に「外国ファンドがヘッジなしの買いを入れていた。
通常ヘッジなしの買いは有り得ず憶測を呼んでいる 」と言っていたのですが、
これは外国の長期資金と考えてよいのでしょうか?
またこの場合のヘッジとは為替ヘッジのことでしょうか?

いつもありがとうございます。
儲けそこないは構わないの一言には勇気づけられます。あせらずにすみます。
三井物産は少しの利益で確定しましたがまた安い所を狙いたいと思います。

10銘柄について

入門編の10銘柄についてですが、
ブログでは「指値は外しません。」とのことでしたが、
日曜日の入門編では「買いはここまででしばらく様子を見ます。」という表現になっていました。
これは「指値を外して様子を見る。」という方針になったという理解でよろしいのでしょうか?

お手数ですがよろしくお願いいたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/247-d664f6db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (73)
株式日記 (2023)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (19)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR