fc2ブログ

2024-02

6月に続きCPRショック安の余波

2022年9月14日(水)11:35

前日9/13(火)の米国株
NYダウ 31,104.97ドル ▼1,276.37ドル -3.94%
ナスダック 11,633.574 ▼632.837 -5.15%
S&P500 3,932.69 ▼177.72 -4.32%
米国10年債利回り 3.413% ▼0.057%
NY原油 87.80ドル
欧州市場 
ドイツDAX 13,188.95 ▼213.32 -1.59%
イギリスFTSETM100 7,385.86 ▼87.17 -1.16%
フランスCAC40 6,245.69 ▼87.90 -1.38%

前日の米国株主要3指数は揃って5営業日ぶりに大幅反落
欧州主要国株も揃って1%を超える値下がりになりました。
CPIは前年同月比8.3%上昇 7月の8.5%から減速しましたが
市場予想8.0%を上回り、エネルギーと食品を除くコア指数の上昇率は6.3%
7月5.9%を上回り、市場予想6.0%を上回りました。
この結果を受けてFRB)の利上げ加速を警戒した売りが広がり
前日まで上昇していた米国株は大幅安の展開になりました。
家賃や医療サービスなど幅広い項目で上昇がみられ、インフレが
今後も続くことを市場は受け止めました。
20-21日FOMCで通常の4倍にあたる1.0%の利上げ観測が浮上しました。
2年国債利回り、10年国債利回りが上昇
高PERのハイテク株グロース株が大幅安となり、ハイテク株比率の高い
ナスダック指数は、▼632.837 -5.15%の下げ率となりました。
機関投資家が運用の指標とするS&P500指数は、直近4100台に乗せ
安堵感が広がりましたが、昨日の▼177.72 -4.32%の大幅安により
再び3900に近付きました。
NYダウは、▼1,276.37ドル -3.94% ▼1,276.37ドル -3.94%
今年最大の下げ幅になりました。
今回のCPRショックは6月に続き株価急落になりましたが
今月末までにどの水準まで値下がりするか要注目になります。


9月14日(水)東京マーケット
日経平均株価
 前場
寄付 28132.70(9:00)▼481.93
高値 28141.92(9:01)▼472.71
安値 27795.64(9:12)▼818.99
前引 27991.82(11:30▼622.81 -2.18%

前日の米国株は、CPI結果を受けて主要3指数は揃って5営業日ぶりに大幅反落
2年債利回り、10年債利回りが上昇し、ハイテク株比率の高いナスダック指数は
▼5.15%の大幅安になりました。
その流れを受けて、日経平均先物も大きく値下がりし、寄付きは先物にサヤ寄せして
大幅反落して始まりました。
寄付 28132.70(9:00)▼481.93
高値 28141.92(9:01)▼472.71
寄付き時点では多くの銘柄が売り気配のまま寄り付いておらず
次第に値が付き始めると日経平均の下げ幅は拡大し▼818.99値下がりしました。
売り一巡後は次第に下げ渋りましたが、前場の日経平均、TOPIXは大幅安で反落しました。

6月に続きCPIショック
結果発表の直前まで、急速に戻りを試していた米国株は総崩れとなりました。
昨日は、著名な証券関係者が、日経平均は秋相場で30,000円の大台を目指すという
内容を示されていましたが、日本株相場は米国株と長期金利の動向に連動するため
9月相場はまだ予断を許さない展開が考えられます。

9月13日発表、消費者物価指数(CPI)予想に反し6月に続きショック安
9/16(金)米国クアドルプル・ウィッチング
日本でのSQ(特別清算指数)に当たる「クアドルプル・ウィッチング」
9月20~21日のFOMC 市場は0.75%の利上げを織り込むも1.0%利上げ観測浮上

◎銘柄研究

8697日本取引所G 
傘下に東証、大阪取引所、東京商品取引所をもつ国内唯一の総合取引所グループ
2022年高低 1/13高値2553.5円 5/19安値1811円
2021年高低 9/14高値3059円 2/26安値2293.5円           
直近安値9/6安値2026.5円 6/30安値1936円
今後2000円割れを待ち、突っ込み買い
1年保有して2500円を売り目標

2484ビジネスブレークスルー
オンライン強みの生涯学習企業
面白い日足チャートの銘柄としてご紹介いたします。
私の買う銘柄ではありませんが、400円水準を買って
買えたら売れるまで440円付近で売り指値を入れておくといった銘柄です。

私の買う銘柄ではありませんが、チャートの勉強にお使いください。


日経平均、TOPIXの昨年9月以降の1年間の日足チャートをご覧ください。
8/17高値29222.77円からの下落は、昨日9/7安値27268.70円で下落第一波動
その戻りは買戻しが断続的に入り9/13高値28659.76円まで戻りました。
そして、9/13米国CPRショック安により再び株価は下振れし下落第二波動入りした模様。
9月相場は波乱の展開を8月末から警戒していましたが、再び黄色信号が点灯しました。
今後も米国株次第ですが、下落第二波動に備える場面です。
中途半端な株価水準での買いは短期筋のAIの餌食になりますのでご注意ください。

ピンチの局面を待ち、10月相場にかけての底値買いを準備します。
「備えあれば憂いなし」
買う銘柄を厳選し、相場のさらなる下落を待つ場面と考えます。
読書の秋 「会社四季報秋号9/16(金)発売
今後の下落局面に底値買いする銘柄を厳選する時期です。




株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村



次回更新は9/15(木)20:00前更新予定です。
ブログ更新時刻
(月)(水)(金)大引け前に更新
(火)(木)20:00前に更新
(日)(祝)休み 相場急変時は臨時に更新

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (137)
株式日記 (2754)
株式投資 (17)
空売り (1)
未分類 (25)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR