fc2ブログ

2023-02

欧米中央銀行大幅利上げ継続を受け株価下落の流れ

2022年9月23日(金)11:10

前日9/22(木)の米国株
NYダウ 30,076.68ドル ▼107.10ドル -0.35%
ナスダック 11,066.805 ▼153.387 -1.36%
S&P500 3,757.99 ▼31.94 -0.84%
米国10年債利回り 3.710% △0.181%
NY原油 83.58ドル
欧州市場 
ドイツDAX 12,531.63 ▼235.52 -1.84%
イギリスFTSETM100 7,159.52 ▼78.12 -1.07%
フランスCAC40 5,918.50 ▼112.83 -1.87%

日経平均先物 26,790円 ▼240円 -0.88%
9月23日(金)東京マーケットは休場

前日9/22(木)米国株主要3指数は3営業日続落となりました。
米国FRB,欧州ECBが大幅な利上げを継続し、世界景気減速懸念が広がり
景気敏感株、消費関連株中心に売りが優勢となりました。
米国長期金利が3.7%を超え11年ぶりの水準になったため
高PERののハイテク株、グロース株が売られ
ナスダック指数は▼1.36%の大幅安になりました。
FRBは21日のFOMCで3会合連続で0.75%の大幅利上げを決めました。
今後の年内2回の会合で、合計1.25%の利上げを行う模様。
現在3.1%の政策金利を23年に4.6%に引き上げ
24年も4%近い水準を維持する見通しを示しました。
金融引き締めが長期化し、米国景気が減速する不透明感が
引き続き米国株の重しになりました。
欧米の中央銀行の大幅利上げ継続を受け、欧州主要国株は
揃って1%を超える大幅安となりました。

今晩23日(金)も米国株、欧州主要国株下落の流れが続くと
連休中の日経平均も連動して一段安になるため要注目の場面です。


昨晩も様々な銘柄のチャートをチェックしました。
以下の銘柄、チャートの勉強にお使いください。

上場来最高値形成後、本格調整局面

7701島津製作所 
21年9/14高値5550円上場来最高値形成
その後本格調整となり、3/15高値3685円で底を付け
5/23高値4875円 6/8高値4840円 7/22高値4895円 戻り高値
9/22安値3760円 現在下値模索中。
連続最高益予想、円安メリット銘柄
日足、週足、ともに底値圏に見えますが、月足で見ると中途半端な水準
上場来最高値を付け本格調整に入った銘柄は、2年、3年は買い見送りが妥当。
「日足」「週足」「月足」を見て判断しなければなりません。
連続最高益予想を株価はいち早く織り込んだため、月足が買い見送りサインとなります。

4465ニイタカ 
2020年6/22高値6720円 上場来最高値形成
21年7/19安値2000円 調整完了
その後はレンジ相場が続いています。
9/22高値2466円 週明けもう少し上昇する可能性がありますが
レンジ上限で買いは厳禁です。

1973NECネッツエスアイ
20年7/30高値2335円 上場来最高値形成
20年12/11安値1690円 21年6/3安値1700円 調整後安値
21年9/15高値2289円戻り高値
2022年相場 7/27高値2008円 1/31安値1530円 9/21安値1592円
直近にかけて下値模索の展開。
「日足」「週足」「月足」を見て判断
「日足」「週足」は安値圏に迫っていますが、「月足」は買い見送りと判断。
上場来最高値を付け本格調整に入った銘柄は、2年、3年は買い見送りが妥当。
比較企業
7518ネットワンシステムズ
20年10/14高値5140円 上場来最高値
「日足」「週足」「月足」ともに中途半端な水準で買いサインは出ていません。

上記2銘柄は2020年にテーマ株として買われた「5G関連銘柄」です。
5Gコア銘柄、6754アンリツとともに買われ、直近にかけても調整局面が続いています。
大相場を出した銘柄の本格調整局面は、基本的に買いは見送りになります。
「日足」「週足」が安値圏でも「月足」を見ると買い見送りと判断します。

6194アトラエ 
レンジ下限に迫り、9月~10月底値形成となりそうです。
以前もブログに記載いたしましたが、この銘柄底値を買えば50%以上取れるも混みの銘柄ですが
EPS20円程度の銘柄のため、買う気になれない銘柄です。
おそらく10月にかけて底値形成となるでしょうが、見るだけで買いません。
今後6か月の想定レンジ 1300円~1900円

6184鎌倉新書 
6194アトラエ同様に毎年底入れ後株価は上昇します。
この銘柄もEPS11円程度の銘柄のため、底値と判断しても買えない銘柄です。
相場は生きておりもう一段上昇する可能性があります。
2022年高低 9/14高値893円 3/9安値392円

3593ホギメディカル
7/27高値3565円 8/17高値3580円 9/12高値3530円
トリプルトップ崩れの空売り監視銘柄でしたが、「空売り」のタイミングが遅れ
空売り見送りとしました。
9/21安値3370円まで下がりましたが、9/22高値3460円まで出来高を伴って買われました。
AIが介入している模様です。
やはり「三尊天井崩れ」と判断します。
今後の下値メド 3100円~3200円
利幅が少ないため「空売り」見送りです。

5463丸一鋼管 
9/22出来高を伴って高値3105円まで上昇。
レンジ上限付近ですが、レンジ下限が2800円水準のため、利幅が取れず
「空売り」不可と判断します。




株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


今晩米国株が波乱の場面では、適時にブログを更新いたします。
次回更新は9/26(月)大引け前更新予定です。
ブログ更新時刻
(月)(水)(金)大引け前に更新
(火)(木)20:00前に更新
(日)(祝)休み 相場急変時は臨時に更新 

9月、10月相場は米国株次第ですが、相場が下がることに警戒します。
8月に現金ポジションを高めたまま値下がりを待ちます。

AIが主導する現在の日本市場
個人投資家最大の武器
時を味方につける
短期筋は100万分の1秒を競う高速商い
機関投資家は、相場を休むことは許されない。
個人投資家は、分からないとき、迷った時、様子を見ることができ
最大の武器である休むことができる。
とことん売り込まれ、これ以上、下がりようがない株価まで値下がりした
好内容の優良企業、グローバルニッチ企業を大底買いして
上がるまでじっと待つことができる。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (74)
株式日記 (2502)
株式投資 (9)
空売り (1)
未分類 (23)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR