fc2ブログ

2023-02

連休明けの日本株は逆風スタート

2022年9月25日(日)12:30

先週末9/23(金)NYダウは、3万ドルの大台割れ
21日のFOMCで、0.75%の利上げを決定後、米国株安が世界株安に波及
9/23(金)日本市場は休場のため、休場明けの9/26(月)全面安の
逆風スタートになります。

9/21(水)の米国株 
21日のFOMCで、0.75%の利上げを決定
NYダウ 30,183.78ドル ▼522.45ドル -1.70%
ナスダック 11,220.192 ▼204.859 -1.79%
S&P500 3,789.93 ▼66.00 -1.71%
米国10年債利回り 3.529% ▼0.033%
NY原油 83.26%

9/21(水)の米国株は、主要3指数そろって大幅安で続落。
FRBは21日のFOMCで、0.75%の利上げを決定し、インフレ抑制対策として
今後も大幅利上げを続ける方針を示しました。
パウエル議長会見中NYダウは、300ドル超上昇する場面がありましたが
会見終了後はマイナス圏に転落し、引けにかけては下げ幅を拡大しました。
NYダウは、6/17以来3カ月ぶりの安値水準となりました。
多くの機関投資家が運用の参考指標とするS&P500指数は▼1.7%安
3789.93で取引を終えました。
3カ月ごとに公表されるFOMCメンバーの政策金利見通しドットチャートは
政策金利が2022年末は中央値で4.4%、23年末は4.6%となり
前回6月時点の予想は、2022年末は中央値3.4%、23年末3.8%から
大幅に切り上がりました。
今回の利上げで政策金利は3.00%~3.25%となり、中立金利の2.5%を上回り
金利上昇による景気減速、株価下落が警戒されました。
パウエル議長は、インフレ抑制に向けて金融引き締めを続ける考えを述べ
痛みを伴わない方法があれば良いと願うが、それはないと発言しました。
景気悪化や株価下落は容認し、インフレ抑制を優先する姿勢を改めて示しました。

9月22日(木)東京マーケット
日経平均株価
 前場
寄付 27053.58(9:00)▼259.55
高値 27111.74(10:02)▼201.39
安値 26955.18(10:42)▼357.95
前引 27047.37(11:30)▼265.76 -0.97%
TOPIX前引 1908.55(11:30)▼12.25 -0.64%
 後場
寄付 27055.43(12:30)▼255.70
高値 27197.07(13:22)▼116.06
安値 27055.43(12:30)▼255.70
大引 27153.83(15:00)▼159.30 -0.58%
TOPIX大引 1316.12(15:00)▼4.68 -0.24% 

TOPIX
1904.17(9:00)
1918.75(13:39)
1903.14(10:36)
1316.12(15:00)
前日比▼4.68 -0.24%

値上がり銘柄数 626
値下がり銘柄数 1105
新高値銘柄数 9
新安値銘柄数 87

騰落レシオ25D 83.3 ▼6.2 下値余地あり
日経平均25日移動平均乖離率 -3.24% 下値余地あり
TOPIX25日移動平均乖離率 -2.03% 下値余地あり

FRBは21日のFOMCで、0.75%の利上げを決定
注目のパウエル議長発言内容は、改めてタカ派内容を示し米国株は大幅続落となり
それに連動して日経平均先物が下落。
朝方は幅広い銘柄に売りが広がりました。
寄付 27053.58(9:00)▼259.55
高値 27111.74(10:02)▼201.39
日経平均は10時までは、27,000円台を維持していましたが、アジア主要国株が
大幅安となり、先物主導で下げ幅を広げ、27,000円の大台を割り込みました。
安値 26955.18(10:42)▼357.95
売り一巡後はやや下げ渋りました。
前引 27047.37(11:30)▼265.76 -0.97%
TOPIX前引 1908.55(11:30)▼12.25 -0.64%
前場は、一時日経平均27,000円割れとなりましたが、下げ渋って引け
全体相場の値動きを表すTOPIXは、▼0.64%、幅広い銘柄が売られる場面がありましたが
大崩れしませんでした。
後場は前引け水準で始まりましたが、米国株時間外株価指数先物が下げ渋り
午前安かったアジア主要国株も下げ幅を縮小したため、大引けにかけて
買戻しが入りました。
後場高値 27197.07(13:22)▼116.06
日経平均は続落して引けました。
大引 27153.83(15:00)▼159.30 -0.58%

9月23日(金)東京マーケットは休場

9/23(金)主要国市場  
日経平均先物 26,420円▼610円 先々週末27,350円±0円
NYダウ 29,590.41ドル▼486.27ドル 先々週末30,822.42ドル▼139.40ドル
ナスダック 10,867.926▼198.879 先々週末11,448.404▼103.953
S&P500 3,693.23▼64.76 先々週末3,873.33▼28.02
10年債利回り 3.686%▼0.024% 先々週末3.451%▼0.002%
NY原油 79.43ドル▼4.06ドル 先々週末85.40ドル△0.30ドル
ドル円 143.31円~143.33円
上海総合指数 3,088.3695 ▼20.5401 先々週末3,126.3977▼73.5210
欧州市場 
ドイツDAX 12,284.19▼247.44 先々週末12,741.26▼215.40
イギリスFTSETM100 7,018.60▼140.92 先々週末7,236.68▼45.39
フランスCAC40 5,783.41▼135.09 先々週末6,077.30▼80.54

日本市場休場中の週末9/23(金)
米国株主要3指数は大幅安で4営業日続落
欧州主要国株式も軒並み大幅安となり、米国発の世界同時株安の展開になりました。
NYダウは、6月に付けた年初来安値2万9888ドル78セントを下回りました。
機関投資家が運用の指標とするS&P500指数、ハイテク株比率の高いナスダック指数
ともに6月の年初来安値に接近しました。
今後も続く見通しのFRB大幅利上げ金融引き締めが米国景気後退不透明感となり
幅広い銘柄が売られ、米欧の急速な長期金利上昇が米国株、欧州主要国株安を
加速させました。
米国10年債利回りは、一時3.82%と2010年4月以来、12年ぶりの水準に上昇
恐怖指数VIXは、一時3カ月ぶりに30を上回りました。
世界景気減速懸念から原油価格は1月以来の安値を付けました。

9月22日(木)
日経平均終値 27153.83円 ▼159.30円 -0.58%
9月23日(金)
日経平均先物 26,420円 ▼610円 -2.25%
日経平均と日経平均先物は200円のギャップがあります。
26,420円+200円=26,620円

この続きは、9/26(月)正午過ぎ頃ブログを更新いたします。



株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


次回更新は9/26(月)正午頃更新予定です。
ブログ更新時刻
(月)(水)(金)大引け前に更新
(火)(木)20:00前に更新
(日)(祝)休み 相場急変時は臨時に更新 

9月、10月相場は米国株次第ですが、相場が下がることに警戒します。
8月に現金ポジションを高めたまま値下がりを待ちます。

AIが主導する現在の日本市場
個人投資家最大の武器
時を味方につける
短期筋は100万分の1秒を競う高速商い
機関投資家は、相場を休むことは許されない。
個人投資家は、分からないとき、迷った時、様子を見ることができ
最大の武器である休むことができる。
とことん売り込まれ、これ以上、下がりようがない株価まで値下がりした
好内容の優良企業、グローバルニッチ企業を大底買いして
上がるまでじっと待つことができる。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (74)
株式日記 (2505)
株式投資 (9)
空売り (1)
未分類 (23)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR