fc2ブログ

2023-02

下がりきっていない株価の買い厳禁

2022年12月26日(月)11:35

12/25(日)ブログを更新いたしましたので
是非ご覧ください。

週末12/23(金)の主要国株 
日経平均先物 26,220円△70円 先々週末27,280円▼190円
NYダウ 33,203.93ドル△176.44ドル+0.53% 先々週末32,920.46ドル▼281.76ドル-0.84%
ナスダック 10,497.863△21.744+0.20% 先々週末10,705.414▼105.112-0.97%
S&P500 3,844.82△22.43+0.58% 先々週末3,852.36▼43.39-1.11%
10年債利回り 3.747%△0.067% 先々週末3.487△0.041%
NY原油 79.35ドル△1.86ドル 先々週末74.50ドル▼1.61ドル
ドル円 132.82-132.84 先々週末136.55-136.57
上海総合指数 3,045.8664▼8.5649-0.28% 先々週末3,167.8576▼0.7902-0.02%
欧州市場 
ドイツDAX 13,940.93△26.86+0.19% 先々週末13,893.07▼93.16-0.66%
イギリスFTSETM100 7,473.01△3.73+0.04% 先々週末7,332.12▼94.05-1.26%
フランスCAC 6,504.90▼13.07-0.20% 先々週末6,452.63▼70.14-1.07%

週末12/23(金)米国株は主要3指数は反発。
米国原油先物相場が上昇し、収益押し上げ期待から石油株などエネルギー関連銘柄が買われ
相場の下支えになりました。
金融引き締め長期化警戒感は根強く、NYダウはマイナス圏に転落する場面がありました。
朝方発表、11月米国個人消費支出(PCE)の物価指数(エネルギー食品を除くコア指数)
前年同月比4.7%上昇と市場予想4.6%上昇を上回りました。
長期金利が上昇し、ハイテク株比率の高いナスダック指数の上値を押さえました。
10年債利回り 3.747%△0.067%

12月23日(金)
日経平均終値 26235.25円 ▼272.62 -1.03%
日経平均先物 26,220円 △70円

12月26日(月)東京マーケット
日経平均株価
 前場
寄付 26299.54(9:00)△64.29
高値 26438.65(9:06)△199.40
安値 26294.85(9:00)△59.60
前引 26369.77(11:30)△134.52 +0.51%
TOPIX前引 1900.06(11:30)△2.12 +0.11%

週末12/23(金)米国株は主要3指数は反発したものの
金融引き締め長期化警戒感は根強く、上値を大きく買い上がる動きは限定的
日経平均は上昇した先物にサヤ寄せして反発して始まり、寄り付き直後に
△199.40上昇しましたが、買いは続かず26,300円台での小動きになりました。
先週末米国株が下げ止まったことから、日銀ショック安は26106.38円で
ひとまず落ち着いたことになりますが、仮に年末相場は下げ一服の
小康状態になったとしても、2023年年初から米国株が崩れると
日本株はそれに連動して、底が抜けることは否定できません。

2022年相場は、年初1/5高値29388.16円 3/9安値24681.74円
日柄 42営業日 値幅 ▼4706.42円下落
1年の日経平均の上下幅が、通常4000円~5000円
このことを考えると今年は年初から大荒れ相場になり
1年間の高値と安値を付けた形になりました。
その後も荒れた相場が続きましたが、26,000円を割り込んでも
買戻しや押し目を拾う動きで2日、3日で26,000円台を回復しました。

2023年相場は、引き続き波乱に警戒と考えております。
日本株は、12/20(火)正午の日銀ショックの影響を受けて
本日前場、26,300円水準に位置しております。
年初から1月、2月にかけて米国株が下落することになり
日経平均が2000円ほど下がるとすると
26300-2000=24300円
日銀ショック安で一段下がった株価は、1月、2月相場急落になることは否定できず
その場合は、絶好の底値買いのチャンスになることに期待して相場に臨みます。
売られすぎの「お宝銘柄」絞り込んだため、年明けはこれらの銘柄中心に
相場急落の場面をじっくり待つことにします。

先々週末時点で、空売り監視銘柄を30銘柄ほどリストアップしていましたが
12/20(火)寄付き7061日本ホスピス2481円新規売り しただけで
正午の日銀ショックにより多くの銘柄が値下がりしてしまい
空売りはその後中止しました。
昨晩、プライム市場全銘柄の中から改めて空売り候補銘柄を厳選し
新たな空売り候補銘柄を作成しています。
年明け相場は、新規の買いではなく、空売りから始めることになりそうです。

今言えることは相場全体に、先高観は乏しいため、下がりきっていない銘柄の値ぼれ買いは
する場面ではないということです。
1月、2月相場、大底買い、底値買いのチャンスが来ることを信じ
ピンチの局面をじっと待つことから2023年相場が始まりそうです。

2022年 1/5高値29388.16円 3/9安値24681.74円 値幅 4706.42円
2021年 9/14高値30795.78円 8/20安値26954.81円 値幅 3841.93円

2023年相場を今から予想しても仕方ありませんが 年間の上下幅を4,500円として
考えてみます。
高値30,000円とすると安値25,500円
高値29,500円とすると安値25,000円
高値29,000円とすると安値24,500円 
高値28,500円とすると安値24,000円
上記の根は葉を考慮した安値水準を考える限りでは、今買う場面ではありません。

「中途半端な水準の買いは厳禁」
「大底買いに徹すること」



株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村



次回更新は、12/27(火)20時までに更新いたします。

ブログ更新時刻
(月)(水)(金)大引け前に更新
(火)(木)20:00前に更新
(日)(祝)休み 相場急変時は臨時に更新 

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (74)
株式日記 (2505)
株式投資 (9)
空売り (1)
未分類 (23)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR