fc2ブログ

2024-03

日経平均は9営業日ぶりに小幅反落

2023年4月19日(水)15:05更新

前日4/18の米国株
NYダウ 33,976.63ドル ▼10.55ドル -0.03%
ナスダック 12,153.412 ▼4.312 -0.03%
S&P500 4,154.87 △3.55 +0.08%
米国10年債利回り 3.576% ▼0.028%
NY原油 80.89ドル
ドル円 134.10円-134.11円 19日 9:39

前日の米国株は主要3指数ほぼ横ばい圏で高安まちまち。
NYダウは、構成銘柄数30銘柄中、上昇が15銘柄、値下がりが15銘柄
市場の関心は、決算発表内容に向かっており、主力企業決算が出そろうのを
待っての判断待ちの投資家が多く、相場は方向性に欠けました。
そのため主要3指数の上下率は、0.1%0に満たない小動きとなりました。

4月19日東京マーケット
日経平均株価
 前場
寄付 28619.84(9:00)▼38.99
高値 28677.22(9:15)△18.39
安値 28531.54(10:31)▼127.29
前引 28590.40(11:30)▼68.43 -0.24%
TOPIX前引 2034.17(11:30)▼4.72 -0.23%
 後場
寄付 28563.46(12:30)▼95.37
高値 28610.10(15:00)▼48.73
安値 28539.05(12:52)▼119.77
大引 28606.76(15:00)▼52.07 -0.18%

前日の米国株は主要3指数ほぼ横ばい圏で高安まちまち。
日経平均は昨日までに8日続伸し、28,700円に迫る水準まで上昇したため
寄付きから利益確定売りが優勢となり、マイナス圏スタートになりました。
寄り後、プラス圏に浮上しましたが上値は重く、再び利益確定売りが優勢となり
▼127.29円値下がりし、やや下げ渋って前引けを迎えました。
後場は狭いレンジでの推移となり、28,500円台での推移となりました。
日経平均は引けにかけて下げ渋り28,600円台まで戻りましたが
9営業日ぶりに反落して引けました。

買いサイン銘柄研究
4726SBテクノロジー 4/18終値2078円 
2020年7/28高値4180円天井形成後本格調整局面入り
2022年12/29安値1811円 大底
1/20買いサイン 翌1/24寄付き1914円基準値
1/27追撃買いサイン1 2/2追撃買いサイン2 75日移動平均回復
しかし、その後の高値3/9高値2113円どまりで
2000円を挟んでのレンジ相場になりました。
買いサインの翌日が基準値となり買いのタイミングとなりますが
1/24寄付き1914円で買っても結果としては、2100円どまりで上値が重くなっています。
このような場合は、買いサインから日柄3か月をルールに定めていますので
長期保有目的以外は、利食いどころを考える時になります。
しかし、4/18の下ヒゲを引いての陽線は、先高観があり
4/18時点、8日続伸銘柄のため、もう少し様子を見るのが良いということになります。

下降トレンド転換の境目
7735SCREEN 4/18終値10630円
2022年10/12安値7520円からの戻り相場は、3/24高値11900円で上昇一服感。
3/9高値11660円 3/24高値11900円 4/11高値11330円 三尊天井形成
4/14、4/17,の陰線で、相場は崩れかかり「三尊天井崩れ」と考えます。
目先は75日移動平均〈10423円)が下支えになるかどうか要注目です。
次は、10,000円の大台の攻防になります。
6月、7月にかけて、9,000円割れの可能性は否定できず。

短期筋対策底値買い銘柄15 ブログ公開 長期保有 
9247TREHD 2022年8/15 1423円買い 
4/18終値1268円 
2022年8/15 1423円買い その直後に9/1高値1769円まで上昇しましたが
その後の株価はさえず、4/13安値1217円上場来安値
この水準は底値圏ですが、トレンドが出ないため戻り売りと考えていました。
しかし、じっくりとチャートと出来高を見ると4/13安値1217円上場来安値の下ヒゲ
4/14の下ヒゲを見る限りでは、これで大底形成と考えました。
4/18寄付き1259円で買い増ししました。
4/27決算発表が今後のハードルですが、直近出来高が増え続けており
4/14に売りが出切った感触があり、短期筋のAIあるいはファンドの買いが
アンダーに控えており、値が上がらないように買っていることがわかります。
日足、週足どちらを見ても底が入った感触です。
誰かが何らかの目的で買っています。
明日以降どこかで上昇に転じる可能性があるのでは、と考えます。
資源リサイクル、産業廃棄物処理、一時的な落ち込みはあっても
3年先、5年先も有望な企業です。
BPS1218円 EPS114.9円 PBR1倍でPER11倍の時価は底値圏と考えます。
決算発表で内容が芳しくないと売られる可能性は否定できませんが
ここからさらに大きく売り込まれる可能性は低いのではないか、と考えます。
買いコスト1341円で、短期筋のAIと戦います。
   出来高 現物売り 貸株の空売り 貸株の空売りの比率
4/18 489,700 221,600 211,200 43.1%
4/17 408,200 235,800 127,700 31.3%
4/14 644,800 478,400 113,900 17.7%
4/13 508,100 343,600 126,400 24.9%
4/12 396,400 265,500 109,800 27.7%
4/11 445,800 333,900  79,400 17.8%
4/10 377,800 261,700  91,700 24.3%
4月からの下げは、貸株の空売りや信用買いの返済売りなどよりも
連日現物売りが需給悪化をもたらしました。
昨日朝方は、AIが1293円まで買い上がりましたが、いったん手を引き
上ヒゲを引いての陽線でしたが、本日4/19はやや売り優勢となりました。
出来高減少陰線
上昇のきっかけ待ちです。

短期筋対策底値買い銘柄31 ブログ公開銘柄
3064モノタロウ 4/12寄付き1761円買い 決算発表4/27 買いサイン適合銘柄
工場・工事用間接資材のネット通販 個人と小規模業者が主な顧客
売上 営業益 経常益 純益 EPS 単位百万円(EPS円単位)
連21.12  189,731 24,129 24,302 17,552 35.3
連22.12  225,970 26,213 26,398 18,658 37.6
連23.12予 265,195 32,030 31,986 22,789 45.9(2/2会社予想)
連24.12予 310,000 38,000 38,000 27,000 54.3(四季報春号)
2022年8/1高値2726円 8/19高値2725円 ダブルトップ形成後の調整局面は
3/16安値1598円 4/6安値1636円ダブルボトムで底値確認
4/11終値1728円買いサイン 翌4/12寄付き1761円基準値で買い
4/17追撃買いサイン1 4/189 75日移動平均回復
トレンド転換の可能性
買いサイン適合銘柄 連続最高益、増配予想
4/12寄付き1761円買い 2023年想定レンジ3/16安値1598円~2500円
決算発表4/27がハードル
貸株の空売りは、4/10 64.3%ピークとなりこの日は陰線を引きましたが
翌4/11は陽線を引き終値1728円買いサイン その後は空売りの圧力が
低下し始め、4/18に踏み上げになった可能性
   出来高 現物売り 貸株の空売り 貸株の空売りの比率
4/18 2,461,500  1,150,000 962,300 39.1% 信用新規売り、返済売りが増加
4/17 1,726,200   694,500 914,300 53.0% 
4/14 1,971,500   782,400 972,600 49.3%
4/13 1,823,700  707,000 913,900 50.1%
4/12 2,686,300  1,110,600 1,286,300 47.9%
4/11 2,879,100  1,123,100 1,398,700 48.6%
4/10 1,537,500  402,900  988,000 64.3%
4/7 1,782,000  679,000  978,300 54.9%
4/6 2,043,900  984,100  938,400 45.9%
4/5 1,691,900  826,100  794,000 46.9%
4/4 1,950,600  837,900 980,000 50.2%
4/3 1,685,000  651,800  868,700 51.6%
売り方の買戻しによる踏み上げ相場に期待するのですが、決算発表4/27
ハードルになります。

◎監視銘柄
9500番台底打ち後買いサイン点灯銘柄1 4/17買い
3/24 4/4貸株の空売りが増加したものの直近にかけては減少。
売り主体は、現物売りと信用のロスカット売りです。
5/12決算発表がハードルになりますが、あえて4/17買いました。
6か月保有で50%程度の上昇期待です。
1年後、3年後、5年後も社会にとって必要な企業であり、成長が続く見込みです。
そのため3か月に1度の決算で少し下振れても一切気にせず、保有します。
追撃買いサイン1、2、75日移動平均は初動のため未達。
   出来高 現物売り 貸株の空売り 貸株の空売りの比率
4/18 437,600 201,900 181,300 41.4%
4/17 627,900 334,800 223,600 35.6%
4/14 410,300 224,200 99,600 24.3%
4/13 212,100  91,900 99,900 47.1%
4/12 244,100 131,200 80,800 33.1%
4/11 227,600 140,500 51,700 22.7%
4/10 209,000 123,000 64,300 30.8%
7カ月にわたり売り込まれたため4/10以降の現物株、空売りは減少し
売りものはほぼ出切ったように見えましたが、4/17もまとまった額の現物売りが出ました。
しかし、陽線を引きと良い足取りでした。
ここから半年後に1000円くらい上がるのではないか と期待する銘柄です。
4/18 まとまった売りに押され、4/19連続陰線
底値圏にあり、相場は上に行くと思います。

短期筋対策底値買い銘柄22 
2413エムスリー 3/7寄付き3247円買い 決算発表4/28
4/18終値3461円
2/27安値3156円 3/2安値3158円で底入れ感
3/24以降貸株の空売りと現物売りに押されていましたが
大きく下がらなくなっています。
4/4(火)は、貸株の空売りは38.6%まで減少しましたが
110万株を超える現物売りが相場の重しになりました。
4/5以降は売りが減少しています。
4/14貸株の空売り増加しましたが、4/18陽線を引き75日移動平均回復。
売り方が不利になり、今後の買戻し主導のトレンド転換に期待します。
   出来高 現物売り 貸株の空売り 貸株の空売りの比率
4/18は大規模な現物買いが入り株価は3474円まで買われました。
4/18 2,131,200   958,700  747,200 35.1% 
4/17 1,263,900  449,700  653,500 51.7%
4/14 2,646,600  793,100 1,610,200 60.8%
4/13 1,436,700 608,100 649,200 45.2%
4/12 1,311,200 655,500 510,900 39.0%
4/11 1,984,100  686,300  992,100 50.0% 
4/10 1,339,800  497,900  656,100 49.0%
4/7  1,190,800 537,000 520,500 43.7%
4/6  1,738,600 723,100 850,100 48.9%
4/5 1,790,500 838,800 788,200 44.0%
4/4 2,126,100 1,113,700 820,800 38.6%
4/3  2,005,200 696,100  934,400 46.6%
3/31 2,810,000 799,300 1,782,800 63.4%
3/30 1,901,300 563,100 1,133,900 59.6%
3/29 2,008,900 793,300  997,300 49.6%
3/28 2,236,500 825,400 1,128,600 50.5%
3/27 1,611,300 613,000  821,200 51.0%
3/24 1,862,600 652,000  970,500 52.1%
今後上昇すると買戻しを迫られ、踏み上げになる可能性があります。
3/7寄付き3247円買い 2023年想定レンジ 2/27安値3156円~4800円
米国ナスダック指数が下がるとグロース株の当社株も重くなります。

短期筋対策底値買い銘柄23
2801キッコーマン 4/18終値7400円 4/18高値更新7420円
2/24安値6170円 3/2安値6210円でダブルボトム形成後
3/8終値6520円買いサイン 翌3/9寄付き6510円基準値
3/27追撃買いサイン1 3/29追撃買いサイン2 75日移動平均回復
トレンドが転換し、売り方が不利になってきました。
貸株の空売りが続いています。
  出来高 現物売り 貸株の空売り 貸株の空売りの比率
4/18  513,600 165,800 283,700 55.2% 14日連続50%超
4/17  570,600 207,700 327,500 57.4% 13日連続50%超
4/14  922,700 291,700 588,700 63.8% 12日連続50%超
4/13  545,600 202,600 320,700 58.8% 11日連続50%超
4/12  590,900 218,000 302,100 51.1% 10日連続50%超
4/11  593,200 184,800 360,400 60.8% 9日連続50%超
4/10  402,800 148,100 236,500 58.7%
4/7  647,200 243,100 369,800 57.1%
4/6  873,700 331,200 498,500 57.1%
4/5   852,800 302,200 504,200 59.1%
4/4   686,000 249,400 396,600 57.8%
4/3 574,300 221,300 301,300 52.5%
3/31 1,054,900 282,300 733,500 69.5%
3/30 634,200 259,300 344,600 54.3%
3/29 854,700 423,800 387,600 45.3%
4/18時点の200日移動平均7522円 売り方の踏み上げになり連日新高値更新。
2022年7月22日以来の陽線を引いての26週移動平均回復
4/18時点で週足8連続陽線
底打ち後の月足連続2陽線
買戻しによる踏み上げはまだこれから。
4/19高値7450円まで買われ陰線を引きました。
相場はまだ生きています。

短期筋対策底値買い銘柄24
4307野村総研 3/7寄付き3050円買い 決算発表4/27
4/18終値3270円 4/18高値3270円
3/6終値3045円買いサイン 翌3/7寄付き3050円基準値で買い
2021年12/16高値5170円からの暫定一番底 2/27安値2933円
3/16安値2908円底割れ
現物売りと貸株の空売り(大規模ではない)が続いていますが
株価はじりじりと切り上がっています。
3/7寄付き3050円買い 2023年想定レンジ 2800円~3800円
2022年7月15日以来の陽線を引いての26週移動平均回復
4/13トレンド転換を想定 月足、週足買いサイン 
4/13トレンド転換の兆候
毎週末2021年12月~現在の株価位置を確認してください。
4/18追記
トレンド転換し、目先の目標は200日移動平均3402円
4/19追記
じりじりと切り上がり、目先の戻りは、200日移動平均。

短期筋対策底値買い銘柄25
9007小田急 3/7寄付き1651円買い 
4/18終値1879円 4/18高値1880円年初来高値
3/6終値1650円買いサイン 3/7寄付き1651円基準値で買い
2021年2/16高値3485円からの本格調整、3/16安値1580円大底を想定
4/4時点、貸株の空売りは減少してきました。
4/13以降再び貸株の空売りが増加。
    出来高 現物売り 貸株の空売り 貸株の空売りの比率
4/18は、個人投資家の信用新規売りが増加
返済売りと合計すると148,100株の信用売り 貸株の売りは続いています。
4/18  960,800 328,700 484,000 50.4% 4日連続50%超
4/17  730,500 262,900 405,500 55.5% 3日連続50%超
4/14 1,302,000 396,600 830,900 63.8% 2日連続50%超
4/13 1,011,100 405,000 523,500 51.8%
4/12 1,487,400 651,500 720,400 48.4%
4/11 1,175,000 528,500 596,000 50.7%
4/10 1,091,200 612,000 380,800 34.9% 高値1818円
4/7  1,750,200 1,070,400 584,000 33.4%
4/6 1,758,900 994,500 705,200 40.1%
4/5  1,012,300 480,800 477,700 47.2%
4/4 1,174,800 616,600 478,500 40.7%
4/3 1,095,500 575,700 451,000 41.2%
3/31 1,268,500 424,600 786,100 62.0%
(3/31の陰線は空売りによる需給悪)
3/24追撃買いサイン1、2 75日移動平均回復
4/4 200日移動平均回復 
4/13高値1842円
買戻しによる踏み上げに入った模様。
3/7寄付き1651円買い 2023年想定レンジ 3/16安値1580円~2000円

短期筋対策底値買い銘柄27
6098リクルートHD 3/23寄付き3563円買い 決算発表5/15
4/18終値3846円 
求人情報検索エンジン「インディード」、生活情報分野の販促人材メディア
人材派遣の3本柱
売上 営業益 経常益 純益 EPS 単位百万円(EPS円単位)
22.3  2,871,705 378,929 382,749 296,833 181.7
3/23に今期23年3月期予想を発表
23.3予 3,425,000 341,000 362,000 270,000 169.5(3/23会社予想)
今期は増収営業減益見通しですが、アメリカの子会社が従業員の約15%にあたる
2,400名の人員削減を22日に発表しており、来期2024年3月期の収益改善につながるとして
買いが優勢になりました。
直近にかけて現物売りと貸株の空売りが続いていましたが、トレンド転換の可能性。
3/23寄り付き前に気配値が強く買いサインを先回りして買いました。
結果として、3/23終値3660円買いサイン 翌3/24寄付き3672円基準値
4/13追撃買いサイン1 2、75日移動平均は未達
日経平均採用銘柄のため連動し、4/4戻り高値を付けた後は連続陰線になりました。
4/18、トレンド転換に入った模様
多くの投資家の想定買いコスト4100円~5000円
3/23寄付き3563円買い 2023年想定レンジ3/16安値3284円~4800円
時価総額上位銘柄のため、買いサインから3か月のタイムリミットは適用しません、
4/19追記
4/18は陽線を引き強い足取りでしたが、4/19ネガティブ報道が出て陰線を引きました。




株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


次回更新は、4/20(木)20:00までに更新いたします。
ブログ更新時刻
(月)(水)(金)15:05 大引け前に更新する日もあります
(火)(木)20:00前に更新
(土)(日)(祝)休み 相場急変時は臨時に更新 
直近は相場が変動するため(日)13:00前に更新しています。

コロナとの共存生活が始まっています。
手洗い、消毒、うがい、は予防の基本です。
自信を守る健康管理、今後も継続なさることをお勧めします。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (140)
株式日記 (2754)
株式投資 (17)
空売り (1)
未分類 (25)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR