fc2ブログ

2024-02

日経平均25Dマイナス乖離TOPIX25Dプラス乖離

2023年8月8日(火)18:00更新

前日8/7の米国株
NYダウ 35,473.13ドル △407.51ドル +1.16%
ナスダック 13,994.398 △85.160 +0.61%
S&P500 4,518.44 △40.41 +0.90%
米国10年債利回り 4.090% △0.046%
NY原油 81.96ドル
ドル円 143.23円-143.24円 8日 11:22

前日の米国株は主要3指数そろって反発。
7日、ニューヨーク連銀ウィリアムズ総裁が、FRB政策金利について
ピークにかなり近づいている、インフレ率が低下していれば名目金利を
来年に引き下げるのは自然なことだと述べました。
利下げ期待の買いが入り、NYダウは一時△430円まで買われる場面がありました。
NYダウは4営業日ぶりに反発、ナスダック指数は5営業日ぶりに反発しました。

東京マーケット
8月8日日経平均株価
 前場
寄付 32430.61(9:00)△176.05
高値 32539.88(10:07)△285.32
安値 32238.59(11:03)▼15.97
前引 32358.10(11:30)△103.54 +0.32%
 後場
寄付 32371.58(12:30)△117.02
高値 32426.24(14:40)△171.68
安値 32316.06(13:43)△61.50
大引 32377.29(15:00)△122.73 +0.38%

TOPIX
2294.15(9:00)
2300.27(10:08)
2286.29(11:03)
2291.73(15:00)
前日比△7.80 +0.34%

値上がり銘柄数 993
値下がり銘柄数 772
新高値銘柄数 144
新安値銘柄数 16
騰落レシオ25D 95.7
日経平均25日移動平均乖離率 -0.72%
TOPIX25日移動平均乖離率 +0.70%

前日8/7の米国株、NYダウは4営業日ぶりに反発、ナスダック指数
S&P500指数は5営業日ぶりに反発。
米国株高を受けて、買い優勢で始まりました。
日経平均は10時過ぎに32,500円台の乗せ△285.32円上昇しましたが
買い一巡後は利益確定売りに押され上げ幅を縮め、小幅にマイナス圏に
沈む場面がありましたがさらに一段下値を売りたたく動きはなく
前引けにかけて3桁の上昇で前場の取引を終えました。
後場の取引は、前引け水準で始まりましたが
中国経済鈍化により、中国関連銘柄が軟調となり、日経平均株価も32,300円台での
狭いレンジでの推移となりました。
前場のような短期筋の積極買いは見られず、上下幅は110.18円にとどまりました。
8日昼発表、中国7月貿易統計、米ドル建ての輸出・輸入ともに前年同月比の
落ち込み幅が前月より拡大し、市場予想も下回りました。
日経平均は続伸して引けました。

◎銘柄研究
2127日本M&A 8/8終値722.7円
直近高値7/27高値1120.5円からの業績悪化による急落の場面は
8/4安値687.3円 8/7反発連続陽線で、目先いったん底打ちにも見えましたが
8/8の陰線で戻りの重さが気になりました。
2023年4月~2023年6月(第1四半期)営業利益前年同期比52.6%減益
信用取り組みが極めて悪く、買い長になっています。
8/4の信用残高がどのくらい買い残が減少しているか見なければ分かりませんが
取り組みが改善しているようには思えません。
信用期日売りも今後出続けることが考えられ、短期筋が貸株の空売りを
仕掛けてくることも考えられ、日柄調整が足らない状況です。
7/31以降出来高増加が連日続いており、8/7時点、貸株の空売りは少なく
現物売り(ロスカット)が続いています。
信用残高
   売り残  買い残  信用倍率
7/28 255,400 4,822,800 18.8倍
7/21 345,200 5,270,100 15.2倍
7/14 253,300 5,308,200 20.9倍
  出来高 現物売り 貸株の空売り 貸株の空売りの比率
8/7 14,627,900 6,785,600 4,184,900 28.6%
8/4 15,309,000 7,628,600 4,676,600 30.5%
8/3 17,696,000 8,361,400 5,767,900 32.6%
8/2 24,918,500 9,572,900 9,881,800 40.0%
8/1 24,716,000 10,571,300 7,144,500 28.9%
7/31 26,279,700 17,051,500 4,678,400 17.8%
日本M&Aショック安
6080M&Aキャピタル直近安値8/4安値2622円 8/8安値2638円
6196ストライク8/2安値2814円で下げ止まり

9262シルバーライフ 8/8終値1197円 決算発表9/11
高齢者向け配食サービスのFC本部運営
2023年3/6高値2010円からの調整が長引き、8/3安値1188円安値更新
  出来高 現物売り 貸株の空売り 貸株の空売りの比率
8/8 
8/7  54,000 25,000 24,700 45.7%
8/4  83,600 34,800 31,700 37.9% 安値1176円
8/3 168,700 50,500 101,100 59.9% 売り仕掛け 空売り急増
8/2 112,900 22,300 83,600 74.0% 売り仕掛け 空売り急増
8/1 114,800 56,800 47,400 41.3%
7/31 169,700 68,800 67,000 39.5%
7/28 327,100 242,600 49,500 15.1% 
7/27 219,400 120,900 23,200 10.6% 返済売り増加70,100
今後は、しばらく底練りになるか、切り返しに転じるか、短期筋のAIが
安値水準からさらに売り崩しを図るか。
要注目です。

2371カカクコム 8/8終値1702円
時価総額3433.00億円
グルメサイト「食べログ」と価格比較サイト「価格.com」を運営
四季報最新「続伸」
広告費などの増加こなし営業益続伸 最高純益 増配
★決算発表8/3
決算発表 単位百万円(EPS円単位) 第1四半期のため進捗率25%で中立
売上15,362 前年同期比+9.6% 進捗率22.6%
営業益5,171 前年同期比-3.8% 進捗率19.0%
経常益5,296 前年同期比-6.2% 進捗率19.6%
純益3,651 前年同期比-12.5% 進捗率19.8%
EPS18 前年同期比-11.0% 進捗率19.9%
四季報事前予想と乖離が生じ、市場の判断は売りでした。
5月中旬以降直近にかけて買った投資家の投げが出て株価は急落しました。
8/3,8/4,8/7、8/8、4連続陰線を引き、3月、4月の安値を下回り
コロナショック時安値2020年4/3安値1691円を割り込み一段安になるのかどうか。
貸株の空売り比率は低く、連日まとまった現物売りが出ています。




株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


次回更新は、8/9(水)15:05までに更新いたします。
通常ブログ更新時刻
(月)(水)(金)15:05 大引け前に更新する日もあります
(火)(木)20:00前に更新
(土)(日)(祝)休み 相場急変時は臨時に更新 
直近は相場が変動するため(日)13:00前に更新しています。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (136)
株式日記 (2752)
株式投資 (17)
空売り (1)
未分類 (25)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR